待ち望んで産まれて来てくれた子供…でも子育てをしていると心配事や不安も多いですよね。

子供との生活を楽しみにしていたのにもかかわらず辛くなってしまうこと有りませんか?

今回はそんな育児ストレスを抱えているママさんの育児ストレスを感じる瞬間についてご紹介しますね♪

沢山のママたちが抱えている育児ストレス

赤ちゃんが産まれると嬉しい反面、育児に追われる生活となってしまい自分のことにも構うことができず、毎日が楽しくない…

そんな状況になっていませんか?

うちの子の成長は大丈夫なのか?今日は良く泣くけど大丈夫なの?子育てがはじめてで親御さんも近くにいない…

そんな子育て相談する相手がいないと些細なことでも不安が増幅されて多大なストレスとなってしまいます。

子育ての不安は誰にだってあるものです。

正しい子育て方法なんて実際はありません。

赤ちゃんにしてあげなければならないことは

母乳やミルクをあげること
うんちやおしっこをとってあげること
抱っこをしたりスキンシップをとること
寝かせてあげること
沐浴をしてあげること
服を着替えさせてあげること

などお母さんが毎日していることを赤ちゃんにもしてあげるだけなんです。

赤ちゃんの内は大人が当たり前にできることが出来ないです。

そこでお母さんやお父さんが手助けをして同じことをしてあげるだけなんです。

お母さんやお父さんが毎日何をしているのか考えて赤ちゃんにも同じことをしてあげれば良いだけですよ。

なにも悩むことなんてありません。

育児ストレスを感じてしまった場合やどうしたら良いのか分からなくなった場合には、自分がしていることを赤ちゃんに置き換えて考えてみて下さい。

こうされたら嬉しいなってことを赤ちゃんにしてあげて下さい。

あなたの子供ですのであなたが嬉しと思うことは赤ちゃんも嬉しく思いますよ。

それでは育児ストレスについて具体的に説明していきますね。

1. 育児ストレスの定義とは?


育児ストレスとは、子育てについてどうしたら良いんだろう?悩んだり、相談する人がいなかったり、子育て自体が嫌になってしまうことが育児ストレスになります。

簡単に言ってしまえば、子育て、赤ちゃんのことに対して起こる全ての悩みや不安などが育児ストレスなんです。

この育児ストレスに振り回されてしまうと、自暴自棄にもなってしまい、社会から閉ざされた家の中で取り残されてしまった気持ちななってしまいます。

本当は待ち望んだ子供と一緒にいられる楽しい時間なのに…
場合によっては育児ストレスを継続的に受けてしまうとその不安感からうつ病などの精神疾患、ひどいとネグレクトなど待ち望んだ赤ちゃんに対して危害がお腰部行動に出てしまう可能性もあります。

幼児虐待などの原因もこの育児ストレスが要因となってひきおこされるケースもあります。

悩んだって良いんです。

悩んで不安になるからこそこうした方が良いかなと試行錯誤して成長していけるんです。

先輩ママに相談しても良いですし、今ですとインターネットなどで悩みを解決する方法を見つけても良いですよね。

誰でも必ず悩んで迷って不安になっているんです。

あなただけではありませんよ。

同じ悩みを抱えている人は沢山います。

ただ、抱え込んで言えない…そんな人が多いんです。

あえて、あなたから発信してみてはどうですか?同じ悩みを持ったヒットの交流や共感、解決法など知ることができますよ。

楽しく子育てしないと損ですよ!ストレスは人間ですので必ず抱えることになります。

そのストレスを忘れるぐらい赤ちゃんって一緒にいて楽しいですよ。

ただ、そこにいるってだけで幸せを感じさせてくれます。

泣き止まない時だって不安や何で泣いてるの?泣き止んでよって思わずに今日は元気が良いね。

お腹すいたのかな?眠たいから身体を温めて深部温度を下げるために泣いているのかな?
おむつを替えてほしいのかな?なんて考えているとそういえば泣き止んでるね?って悩んでいたことが嘘のように楽しく赤ちゃんと過ごせますよ。

2. みんな必ず育児ストレスを感じているの?

赤ちゃんがいる人はみんな育児ストレスを抱えています。

不安になるのは当たり前です。

育児に関して悩むのは当たり前です。

悩むからこそ成長していけるんです。

何も成長しているのは赤ちゃんだけでは無いんですよ。

赤ちゃんが成長すると同時にママさんとしても一緒に成長しているんです。

赤ちゃんが1歳になればママさんもママさん暦1歳ですよね。

はじめての赤ちゃんなら悩むのは当然です。

だって赤ちゃんと同じママさん年齢は0歳なんですから!
実際の年齢なんて関係ありません。

ママさんになったその時がママさんのはじまりですから。

ママさん、いうなればまだまだ生まれたての赤ちゃんなんです。

産まれたてと生まれたて、一緒に悩んで試行錯誤してどうしたら楽しいかな?って共に成長していきたいですね。

赤ちゃんもママさんも毎日できることがどんどん増えて成長していきます。

赤ちゃんが産まれるまで母乳をあげたことなんて無いですよね。

赤ちゃんの服もロンパースなんて聞いたことありました?
はじめてのことばかりでママさんも成長過程ですよね赤ちゃんと同じなんです。

誰もが不安で悩んでいます。

でも悩んでばかりではなく赤ちゃんの成長や毎日の変化に癒されているんです。

育児ストレスを継続的に感じてひどくなってしまうと赤ちゃんの癒しに気付かなくなってしまいます。

一度赤ちゃんをあらためて見てみましょう。

愛おしくありませんか?
産まれた時よりも大きく成長していませんか?
ママさんも同じだけ大きくなっているんですよ。

この子のためにしてあげたいなってことをしてあげるだけで良いんです。

不安に思ったことはノートなどに書いて相談できる人などにあった際に聞けばいいんです。

あなただけでは無いんですよ育児ストレスを抱えているのは。

育児ストレスをママが感じる8の瞬間


育児ストレスを感じてしまうのはいったいどんな時なんでしょうか?
沢山ある育児ストレスの中から主に感じやすいケースについてなぜ育児ストレスを感じてしまうのか?その場合はどうしたら良いのか?を分かりやすくご紹介していきます。

1 子供がいつまでも泣きやまない

子供が泣き止まないと育児ストレスを感じることが多いですよね。

子供が泣き止まない時の場所によっても育児ストレスを受ける量も違ってきます。

例えばお家の中で泣き止まない場合、自分一人が赤ちゃんのお世話をしていて何で泣き止まないの?抱っこしているのに…ミルク作っても飲まないし…おむつを見てもしていないし…もう!なんで?
って育児ストレスを感じますよね。

ただ単に眠たいから泣いているだけの場合もあるんですよ。

眠たいなら泣かなくても寝れば良いのにって思いました?
私達人間は良質な睡眠のためには内臓などの深部体温を下げる必要があります。

この深部体温を下げるためには手先や足先などの末端の温度をあげてそこから深部体温を放出して下げることで眠りを誘発できるんです。

赤ちゃんの場合泣くことで全身が真っ赤になって熱くなりますよね。

その熱くなった部分から深部体温を放出しているんです。

深部体温が下がったら自然と眠りにつくことができます。

昔はなんだ泣き疲れて寝ちゃったなんて言っていましたがちゃんと理由があったんです。

赤ちゃんが泣くのには必ず理由があります。

まだ言葉が話せなく意思疎通ができません。

その為お母さんに何かを伝えるために泣いているんです。

鳴くのをやめさせようとは思わず泣いている原因を見つけてあげることが泣き止ませる最短の方法です。

泣き止まない状態が外出先であった場合には育児ストレスが多大なモノになります。

まわりの人からも白い目で見られたり母親として大丈夫?なんて思われたりもします。

でも、泣いて良いんですよ。

赤ちゃんの仕事は泣くことですから!泣くことで声を出すために必要な筋肉など、食べ物を食べるための筋肉など色々な成長に欠かせない行為なんです。

全くなかない方がむしろ心配なんです。

産まれてすぐになく赤ちゃんより産声をあげない、泣かない赤ちゃんの方が心配ですよね。

赤ちゃんは泣いた方が良いんです。

泣いている赤ちゃんを白い目で見る人は何にも分かっていないだけなんです。

そんな人はまだママさん暦0歳にもなっていないママさんやパパさんにもなれていないひとなんですから。

しかし、泣くのが仕事だからと言ってほっといて良いわけでは無いですよ!
鳴いている原因を見つけてあげて下さい。

まずはミルクやおむつなど、次にベビーカーなどでは背中に汗がびったりで暑いのかもしれませんよ。

赤ちゃんはママさんより地面に近いため地面からの輻射熱でママさんが思っているよりも暑かったりします。

ベビーカーなら抱っこをしてみる、抱っこをしてるのであれば下ろしてみる、体制を変えてあげることで案外すぐに泣き止む場合もあります。

泣き止ませようとは思わずにどうして泣いているの?って赤ちゃんの気持ちになって案が得てあげることです。

自分や周りのために泣き止ませる?いいえ赤ちゃんが何かを伝えているのでそれを理解して分かってあげることです。

これさえわかれば泣き止まないことが育児ストレスになることは無くなります。

2. 子供が全く言うことを聞かない

子供が自分のいうことを聞かなくなってイライラすることってありますよね。

コレも育児ストレスです。

しかし、いうことを聞かなくなることは成長した証ですので本当は喜ばしいことなんですよ。

なんでいうことを聞かなくなるのが成長の証なの?全然うれしくないんですけど…
そう思う人もいますよね。

でもいつまでもママのいうことを聞いて何をするにも報告をして自分で決める事をしない子になったらどうですか?
ママさんのいうことは聞くけど…自分では何にも決められず帰ってお母さんに聞いてから決まるって子供になってしまいますよ。

そんな人…どうですか?
いうことを聞かなくなって反抗してくるということは自分の意志が出来た証拠なんです。

自分の中で考えて思ったことと違うから反抗していうことを聞かなくなるんです。

そこを無理強いしないで本人の意思を尊重するのも時には必要です。

ただ、まだまだ子供ですので良いことと悪いことの区別が明確にできていません。

やりたいからやりたくないからで判断しているんです。

やって良いことと悪いことで判断していないんです。

ここで間違ったことまで本人の意思を尊重してしまっては大人になってから分別のつかない大人に成長してしまいます。

このいうことの聞かなくなった時期に入ったら何なの?いうこと聞かなくてイライラするって思うのではなく、いうことを聞かないことについてそれはこうこうこういう理由だからこうしなさいと明確に説明して良いことなのか悪いことなのかを理解させることが必要です。

そう考えるとイライラしないで良いことと悪いことを理解させなければと思うことでいっぱいになりませんか?
育児ストレスなんて感じなくなりますよ。

この時期には権利と義務、主張なども同時に理解させることも重要です。

自分のやりたいことばかりを主張してやらせていてはたとえそれが良いことであってもダメなんです。

やりたいことをするためには先に義務を果たしなさいと教えることです。

やることをやったらあなたにやりたいことをやらせてあげるってことです。

ゲームがやりたいからやらせるのではなくゲームをやりたいのであれば先にお片づけをしてお片付けができたらその分ゲームをして良いよと教えるのです。

そうすることで逆にお片付けしたからゲームして良い?って成長することができます。

子供も親もいつまでたっても成長し続けていくんです。

いうことを聞かなくなったのはむしろ喜ぶべきことだったんです。

3. 自分の子だけ発達が遅い気がした時

自分の子供だけ成長が遅いと感じた時になんでだろう?食事もバランスを考えて食べさせているのに…
なんて不安になったりどうしたら良いのか悩んで育児ストレスを感じてしまいますよね。

でも、人間一人一人違って当たり前なんです。

誰一人同じ人なんていないです。

一人一人違って良いんです、むしろ違っていないとおかしいです。

成長のスピードは人それぞれなんですね。

例えば背の高さが他の人よりも低いから体型が小さいから成長が遅いんじゃないかな?って思っている人…実は他の子よりも言葉を多く覚えていて他の子からしたら、うちの子あんなに話せないけど成長が遅いのかな?なんてあなたの子供の方が成長が早いと思っているのかもしれません。

見るところが違えば結果も当然違います。

例えば卒業証書などを入れる筒を思い浮かべて下さい。

真下から見たら〇に見えますよね、でも真横から見たら長い棒に見えますよね。

少し斜めから見たら円筒状ですね。

見る角度で結果が違います。

これと同じで一ヵ所だけでみたら成長は遅いのかもしれませんが全体で見たら確実に成長をしているはずです。

人間生き続ける限り成長し続ける生き物です。

何も心配をする必要はありませんよ。

あなたのお子さん独自の得意分野を伸ばそう好きなことを伸ばそう苦手なことを無くそうなど何でも良いんです。

あなたの思うように育ててあげたら。

いずれ学校などへ行ったら同じ内容の勉強をしだします。

それまでにあなたの育て方で個性を引き出してあげましょう。

成長にことで育児ストレスを感じる必要なんてないですよ。

4. 自分の時間が全然持てない

子供に付きっきりでお世話をしていて自分の時間が全然持てないと育児ストレスとなってしまいます。

でも自分の時間って一体何なのでしょうか?お買い物に行きたい?お友達と遊びたい?自分の時間をいざ持ったとしたらどうですか?
いざ旦那さんが子供を見てくれる、親御さんが見てくれると言っても小さくてお世話をしなければいけない子供(赤ちゃん)だと自分の時間と貰った時間でも赤ちゃんのことを考えてしまいませんか?
お買い物に行っても赤ちゃんのモノに目がいき赤ちゃんグッズなどを買ってしまいませんか?
お友達と遊んでいても赤ちゃんのお話になったり赤ちゃんのことが気になって夜遅くまで遊ぶなんてできないのでは?
ということは、赤ちゃんのお世話をしている時間…その時間も自分の時間なのではありませんか?
赤ちゃんに合わせているようで自分の都合でお世話をしていませんか?
この時間はミルクの時間だからって寝ている赤ちゃんを起こしてミルクや母乳をあげていませんか?
沐浴の時間も赤ちゃんではなくママやパパの都合でしていますよね。

そう考えると赤ちゃんのお世話って赤ちゃんの時間ではなく自分の時間なのでは?
そう考えるとお世話も苦ではなくなりますよ。

あなたの都合で休んだって良いんです。

赤ちゃんは赤ちゃんでアウアウ言って案外勝手に遊んでいますよ。

それを横目に読書や好きなことをしても良いんです。

育児を義務だと思わないで下さい。

自分がしたいから、愛おしいから、可愛いから、大きく育ってほしいからなど何だって良いんです理由を付けてあげることで肩の荷が下りますよ。

やらなければいけないと思って育児をしていると、この時間はお昼寝しなければいけないのに何で寝てくれないの?なんて型にはめて考えてしまい折角二人っきりで今しかない一瞬の可愛い表情を見逃してしまいますよ。

育児をしていると日々が早く感じあっという間に過ぎてしまいます。

すぐに幼稚園、保育園、小学生、中学生、高校生になってしまいますよ。

あの頃は可愛かったな…そんな時期なんてアッという間です。

育児ストレスなんて考えていないで型にはめずに今したいことをしたら良いんです。

お昼寝なんてしなくても良いんですよ、他にしたいことがあればそれをしたら良いんです。

先にご紹介した大人と同じ衣、食、住など当たり前のことをしていれば大丈夫ですよ。

マニュアルにとらわれず育児をしながら自分の時間を作る。

それが出来て来ると育児自体が自分の時間になってしまいます。

5. 睡眠時間がしっかり取れない

育児をしていると小さい赤ちゃんの内は3時間おきに起きて寝てを繰り返して休む暇もないぐらいですよね。

それを横にパパは気にもしないで寝ていたりすると…なんでこの人起きないの?いる時ぐらいお世話してよ。

なんて思ってしまいますよね。

でも…これはしょうがないんですよ、小さい赤ちゃんの内はママにしか分からない周波数で泣いているんですから。

ママには自分のお腹にいたことで赤ちゃんが泣いてお世話をしてほしいって気持ちがすぐに分かるんですが、パパのお腹にはいなかったのでこのサインが分からないんです。

ママにしか分からない特別なサインを赤ちゃんは出しているんですよ。

知っていましたか?ママだけの特権なんですよママにお世話をしてほしいからママにだけわかる方法で知らせていたんです。

愛おしくないですか?そんな時には赤ちゃんに話しかけてあげて下さいママにお世話して欲しいの?カワイイねなんて。

そんな風にお話をしているとママの声はパパには届くので起きてお世話するから休んでなんて言ってくれますよ。

何で起きないの!って怒って起こして無理矢理世話をさせていませんか?
そんなことをしたら夫婦仲が悪くなってしまいますよ。

赤ちゃんだって本当はママにお世話してもらいたいのに…でも仲良しで優しくパパに変わってあげれば赤ちゃんも安心してパパでも良いよってなるんですよ。

この3時間おきのお世話タイムもアッいう間に過ぎてしまいあの時はなかなか寝られなかったな、なんて良い思い出になったりしますよ。

ママだけの特権のこのハッピータイムを苦痛に思っては勿体ないですよ。

この子は私だけにお知らせをしていたのね♪ちょっと待っててねいまお世話をしてあげるからねって愛おしく思ってあげて下さい。

赤ちゃんもママの気持ちがきっと分かるはずです。

あなたの気持ちが伝わっていますよ。

6. 子育て方法に自信が無い

子育て方法が分からなくどうしたら良いのか悩んでしまって…かといって相談する相手もいない。

そんなことがあると育児ストレスに押しつぶされそうになりますよね。

どうしてうちの子はこうなんだろう?なんて悩んでしまうことは誰にだってあります。

人間は得てして他人と比べてしまいます。

他の子よりも優れているところがあってもそこでは無くて自分の子ができなくて他の子が出来る事ばかりに目がいってしまいます。

1ヵ月検診で他の子を見てそれまで感じなかった感情が芽生えてしまうことだってあります。

でもねお母さん、それで良いんですよ!
人と違って良いんです。

むしろ違っていないと個性がないつまらない子になってしまいますよ。

育児に正解なんて無いんです。

正解がないからみんな色々考えて大人も色々研究をして本をかいたり色々しています。

正しい方法が本当に有るのならばみんな同じことをしたら良いんですが、残念ながら正しい方法は無いんです。

というよりどの子育て方法も間違っているし正解でもあるんです。

正解にするのか間違いにするのかは当然親御さんも関係するのですが生活環境や成長していく上で出会う仲間、先制、先輩、後輩などの人や場所タイミングなどでどれもが正解でもあり間違いでもあるんです。

例え間違ったことでも間違いだったと学んで正しい方法を見つける事ができれば間違ったことも正しい事を知るための必要過程になるんです。

間違ったままですと間違いなのですが、そこから正解が分かれば正解までの道のりなんです。

もっと簡単に言えば1+1=2の式がありますよね。

これを1+1=3と間違えたとします。

のちに説明を受けたり自分で正しい方法を見つけて式から答えを導き出すことができれば、なぜ3になってしまったのか間違えてしまった理由も分かりスムーズに正解を出した人よりもより濃くものごとを理解することができるんです。

子育ても同じで間違った方法なんて無いんです。

あなたが思う良いと思うことをしてあげれば良いんですよ。

あとは成長していくにつれて自分の意志が出来てきて取捨選択を子供自身がしていきます。

悩んで当たり前なんです。

誰でも人生の正解なんて知らないんですから。

いつ自分が死んでいつ何が起こるのかなんて誰も分かりません。

今良いと思うことをしたら良いんです。

明日のことを考えて、未来のことを考えて悩んでいる時間は本当にもったいないですよ。

今しかないその可愛い表情を見逃してしまいます。

今日、今日だけを精一杯過ごした人にだけ素晴らしい明日がやってくるんです。

今日精一杯やってあげたいことをしなければ、明日も今日と同じで考えているだけで終わってしまいます。

明日は来ないんです。

再び今日がやってくるだけなんです。

あれこれ考えずに今日を精一杯過ごすことを考えましょう!

そうしたら育児ストレスなんてどこかへいってしまいます。

7. 頼れる人がいないと感じた時

近くに育児について相談する相手や頼る人がいないととっても不安ですよね。

ほんの些細なことでもこの世の終わりのように思ってしまって多大な育児ストレスを抱える事になってしまいます。

しかし、誰もが育児は不安で悩んで試行錯誤しながら子供のためにはどうしたら良いのかな?こうしてあげたいなと思って育児をしているんです。

誰もが悩んでいます。

頼れる人がいないと感じているのはもしかしたら勘違いかもしれませんよ。

冷静になってまわりを見たら頼れる人は沢山いるはずです。

あなたにとって頼れる人の定義って何ですか?

子育てをある程度して子供が大きくなった人のこと?自分の親御さんのこと?近くにそんな人がいないから?

チョット待って下さい頼れる人、沢山いますよ。

私、友達少ないし、そもそも結婚している友達いないし…親も県外ですぐには会えないし…そう思っている人!それぞれの地区には相談窓口がありますよ。

なんでも気軽に聞いて活用して良いんです。

子供が産まれた病院や検診に行った際の医師など沢山いますよ頼れる人は。

一番近くに旦那さんもいますよね。

旦那は頼りない…そんな風に思っていませんか?

旦那さんはただ単に自分が出ていくとダメなんじゃないかと遠慮しているのかもしれませんよ。

旦那さんもママさんと一緒にパパさん暦が一緒の赤ちゃんなんです。

頼りなくても一緒に考えることはできますよね。

悩みを共感するだけで育児ストレスなんてどこかへいってしまいますよ。

ただ、最初から怒った口調は良くないですよ。

赤ちゃんのお世話に挑戦してみる?なんておむつ替えてみる?まずはおしっこの時に言って見てはいかかですか?

あたふたする姿を見て私の方が頼れる存在だってママさんがパパさんを教える先生になれますね。

そうすることで家庭内も円満になってパパさんも出来る事が増えて一緒に楽しく育児ができますよ。

いつの間にか誰かに頼って相談しようなんて思わなくなりますよ。

今度はこうしたいねここに連れて行こうかなんてパパさんも育児に積極的になって育児で悩む事よりもどこに連れて行こうか?どんな服を買おうかななんて他の悩みが多くなって育児は楽しくなります。

頼れる人を探すのではなくママさんが頼れる人になってしまえば良かったんですね。

【子育てママの苦悩については、こちらの記事もチェック!】

8. 社会に取り残されているのではないかと感じてしまう

育児に忙しく外に出て働いたりお洒落をして出かけたりしなくなってしまうと社会から取り残された気分に感じてしまうことがあります。

なんで私だけって思ってしまうんですね。

コレが育児ストレスとなって育児じたいをしたくないなんで私がしなくてはいけないの?って思ってしまいます。

この感情の育児ストレスはひどくなってしまうとうつ病などの精神疾患からネグレクトなどの幼児虐待にもつながってしまう非常に危険な感情なのです。

でも、よく考えてみて下さい。

子供さんがいない人からしたら子供のことを知っている人が勝ち組に見えていますよ。

子育てをしているあなたが周りからしたら勝ち組だったんです!

そう思ったら育児に誇りを持って悠然と育児ができませんか?

子供を連れてのお買い物も勝ち組なんですよと思ってお買い物をしたら優雅にできますよね。

子育て中でもたまにお出かけをしてオシャレを楽しむ時間や最新の好きな雑誌などをパパさんに買ってきてもらって育児中に息抜きがてら自分お時間を作って読んでみるだけでも取り残されているなんて思わなくなりますよ。

他にも赤ちゃんグッズの最新トレンドは赤ちゃんがいる人しか知りませんよ。

赤ちゃんがいない人からしたらヌー〇やピジョ〇などの赤ちゃんがいたら当然知っているブランドも知らないんですよ。

あなたの方が社会に出たら知っていることが多い知識人いつの間にかなっているんです。

すごくないですか?赤ちゃんを育てることで自然と知ることになる事が社会に出たら知らない人の方が多い知識だなんて。

世の中のほとんどの人はオムツを替えたことが無いんですよ。

哺乳瓶にあんな沢山の種類があることすら知らないんですよ。

最先端のみんなが知らないトレンドを知っていると思ったら社会に全然取り残されていませんよね。

むしろ社会の皆よりも一歩も二歩も先に行っているかもしれませんよ。

子育てをすることでは絶対に社会に取り残されるなんてことは無いんです。

自信を持って育児をしましょう!