皆さん、仕事をしている方会社勤めをしている人も多いと思いますが、皆さんの職場はどのような感じですか?

やはり環境によってはストレスフルになってしまうのも無理はありません。

やはり、会社は一日の中で一番長くいる場所です。

大体正社員でフルタイムで働いているのであれば、たいていは8時間は在籍することになります。

睡眠時間を覗いたら、本当に長い時間会社にいますよね。

できれば、会社に長くいてもそこまでストレスのたまらないような職場があればいいですね。

もちろん、やりがいを持って取り組んでいるのであればそのような環境であってもそこまで苦にはならないのかもしれません。

ですが、やはり終身雇用が崩れてきたとは言え、たいていの人は長く勤めることを前提にしています。

では、そのストレスフルになる原因の会社にはどのような特徴があるのでしょうか?
これから就職を考えている方や、転職を考えている方はそのストレスフルになる会社の特徴を抑え、環境の良い職場に行きたいものですね。

️ストレスフルになる会社の特徴20個!

ストレスフルになる可能性のある会社の特徴は20個あります。

様々な特徴がありますが、残業や休日出勤等の雇用形態から、上司の性格、人間関係など様々な問題があります。

確かに、雇用形態の方でしたらあらかじめ早く話を聞くなどして、対処ができるものですが、人間関係はやはり入ってみないとわからないところがあります。

職場の雰囲気で判断することもできるかもしれませんが、おおよそは分かってもなかなか判断がつかないということもありますよね。

そのような事はありますが、いろいろなアンテナを張って少しでもヒントを得ることによって、会社に入ってもいいけどもうやめたくなってしまった事は減ります。

では、ストレスフルになる会社の特徴を挙げていきましょう。

残業を強いられる


やりがいを持って仕事をしているうちは、残業になってもそこまで苦にはならないかもしれません。

ですが、残業を強いるということになれば話は別です。

したくもない仕事を長時間させられるのは辛いものがあります。

残業は、案外しんどくなる原因の1つですので、もし就職や転職などをお考えの方は、残業について聞くことが大切です。

もちろん会社によって本当のことを答えてくれないことがあります。

残業が全くないと言っていたにもかかわらず、残業がとてもたくさんあったと言うような事態結構あるものです。

ですが、正直に答えてもらえる可能性もありますので、やはり聞かないことには何とも言えないところがあります。

ですので、残業についてはしっかりと確認をしましょう。

そして、残業があると言う時も、残業手当が出るのかという確認も大切です。

中には、みなし残業という制度が取り入れられているところもあるかもしれませんが、残業代が出ないところはやめておいたほうが無難です。

休日出勤させられる

休日出勤も強要されるとなればかなり辛いものがあります。

やはり仕事をしていれば、週に2回、最低でも1回ぐらいは何も仕事をせずにゆっくりと休む時間が必要です。

人間はずっと働き続けるって言うのはかなり辛いものがあります。

こちらもまた、 正直に答えてくれるかわかりませんがどれぐらい休日出勤の可能性があるのかを確認しておきましょう。

頻度が少なく大丈夫そうだと思ったら、そこで働いても問題ありませんが、頻繁に休日出勤があるのであれば少々考えものです。

ですが、残念ながらこちらも正直に答えてもらえない可能性があります。

上司の性格が悪い


やはり仕事をしていく上で、上司の指示は必ず聞くものですし、上司抜きで仕事をする事は難しいです。

ですので上司の性格が悪いと、仕事がとても辛いものになります。

ですので上司との関係性に悩んでいる人も大変多く、会社勤めをするにおいての悩み事のトップ10に入るのでは?と思うくらいに多くの人が悩んでいます。

著者もまた会社勤めをしていたときは、性格が悪くとても問題のある上司の指示を聞いて仕事をするという事はやはりありました。

著者の場合は、どうにかしておだてて動いてもらったところがあります。

上司のタイプにもよりますが、褒めておくと素直に動いてくれるようなタイプの人であれば褒めておだてて、「助かりました!」と言っておくととても喜ぶような人だと、うまくこちら側の思惑通りに操縦することができます。

上司が暴力的

確かに上司の性格が悪いのは問題ですが、暴力的ということになれば、それ以前の話になります。

できればすぐにやめた方が良いです。

もちろん「頭を殴られた」とか「平手打ちをされた」というようなこともあるかもしれませんが、物を投げつけられるのもまた暴力のうちです。

もし仮に、暴力を振るわれたとしたら身体的なダメージがあったような場合は、病院に行って診断書もらっておくことが大切です。

また日常的にそのようなことがある場合は、日ごろからどのような暴力を受けたかというメモ書きも有力な証拠になります。

よく、セクハラの時にそのようなメモを書くことで証拠になるということがありますが、これは暴力に対しても言えるのですね。

もし、社内でも、その上司が怖いがために見て見ぬふりをする人たちがいるのであれば、誰に相談したらいいかと悩むかもしれませんが、意外にも地域の労働基準監督署などの社外にもそのような相談ができるところはあります。

やはり日本はまだまだ、転職に関してあまり理解のないところがあります。

ですので、辞める事について躊躇するかもしれませんが、心身ともに壊れてしまっては意味がありません。

ですのでそのような職場は早めに退職するようにしましょう。

上司の説教が多すぎる

確かに暴力を振る割れるというと怖いですが、説教もまた大変なものです。

もちろん会社のために大切と言うことであれば、説教も意味があるかもしれません。

ですが、それが多すぎたり、一回の説教が長すぎると仕事に支障をきたします。

そのような時は、説教のかわし方を覚えましょう。

中には説教でも的を得ているものもあれば、理不尽なものもあります。

説教をされたときは、いろいろと反論をすると火に油を注ぎます。

なるべく彼や彼女の話を折らないように気を付けましょう。

そして「力足らずで申し訳ありません。」と謝っておき、もしできれば上司の立場になって考えるということも視野に入れましょう。

あまりにも理不尽と言うことであれば、今日の夕ご飯のことを考えたり、説教の内容と全く関係 ないことを考えましょう。

とはいっても、こちらも人間です。

あまりの言われようにカッとなる事もあるでしょう。

反論したり怒鳴りちらしてしまいそうであれば、心の中でカウントをして、心を沈めるようなことをすることも大切です。

上司と揉めてしまうと、さらに説教もヒートアップしますし、より説教が長くなったり多くなる可能性があります。

ですので、なるべくうまくやり過ごすことが大切です。

ただ、的を得ている説教に関しては、自分のために怒ってくれていると思うことも大切です。

無理難題を課せられる

無理難題を押し付けられるのもまたストレスが溜まる原因です。

例えばよくありがちなのが、新人の方が質問をすると、「そのようなそんなこともわからないのか!」と言って何も教えないと言うものです。

確かに「そう言われても…。」と思うような事はありません。

ただ、無理難題を押し付ける人の中には、嫌いだからとか、むかつくから仕事を押し付けるのではなく期待を込めて仕事を色々とお願いすることもあります。

とにかくそのような場合は挑戦してみる姿勢を家大切です。

無理だと思って何もしないのではなく、やはりやろうとしてもできなかったと言う方が印象がまた違います。

もしあまりにも無理難題と言うことであれば、一旦保留にして「考える時間を下さい。」と言うのも悪くありません。

とにかく、「少しお時間をいただけますか?」と質問して、保留にし、考える時間を取りましょう。

このような無理難題を押し付けられると嫌な気持ちになる事もありますが、これをやって退けたら、あなたの評価はぐっと上がります。

ですので、無理と決めずにやってみる姿勢こそが大切です。

ノルマ設定が高すぎる

事務職などの内勤の方だとノルマと言うとあまりピンとこないかもしれませんが、営業の方でしたらノルマ設定がかなりしっかりとあるのではないでしょうか?

効果が出るからこそやりがいがあるところがありますが、その一方でノルマ設定が高すぎるとそれがストレスの要因になります。

もし、ノルマ設定が高すぎてつらいのであれば、明日までにどれぐらいできるのかや、期限を伸ばしたら達成できるのかなど、少しずつのノルマを設定し直すことでその高すぎるノルマを達成できる可能性があります。

セブンイレブンでノルマについて取り上げているものがありましたが、ノルマではなく「希望」という言葉に言い換えるのだそうです。

そうすれば、どんなに目標が高くてもそれに押しつぶされることなく向かって生きるそうです。

ですので、ノルマではなく「希望」と思うことで押しつぶされそうなプレッシャーから解放されることもあるかもしれません。

ルールがキツすぎる

ルールがきつすぎるのもまたストレスの要因です。

具体例を挙げると、介護福祉士などもそうなのではないでしょうか?
やはり、人の命を預かる事ですので当然ルールは色々とあり、それが厳しい傾向にあります。

確かに、職業からルールがきつくならざるを得ないところがあるかもしれません。

ですが、もしかしたら慣れればそのルールに則って自然と行動出来るかもしれません。

ですのでルールがきつすぎるだけであれば、少し仕事を続けてみるのもいいかもしれません。

ですが、明らかにその仕事に向いていないということであったり、人間関係が悪いということであれば、転職を考えてみてもいいかもしれません。

それは、自分がどれだけ耐えられるかということもあります。

ですので、やめるタイミングは、精神が潰れる前にということが大切です。

人間関係がギスギスしている

やはり、仕事は1人ではできません。

会社では、例えば1人事務と言う事はあるかもしれませんが、たいていは人間がいて人間関係があります。

その人間関係がギスギスしていると、仕事が大変辛いものになります。

もし、人間関係がギスギスしてどうしても辛いのであれば、試してみてほしいことがあります。

それは、やはり人間として基本の挨拶、ありがとうと言うお礼の言葉、ごめんなさいと言う謝罪の言葉を徹底するのです。

著者の昔の先生が言っていましたが、夫婦仲が非常に悪くなったときに、そこを意識していることによって夫婦関係が再び良くなったと言っていました。

やはり、このような基本的なことが人間関係の改善に役立つのですね。

また、そのようなギスギスした職場であれば、悪口があるかもしれませんがそのような悪口を言わず、話し合うことが大切です。

また、できれば飲み会等の企画を計画することによって腹を割って話すような機会もありますし、ギスギスした人間関係が改善する可能性もあります。

そのようなことを色々とやってもどうしてもということであれば転職を視野に入れてもいいかもしれません。

争いが多い

争いが多いとまた、非常にストレスになります。

ですので、その争いの原因が何かにもよりますが、仕事上でどうしても譲れないことであればなるべく腹を割って話すっていうことが大切です。

ただ、どうにもこうにも話し合いも通用しないと言う人もいるかもしれませんね。

そのような時は上司など上の立場の人に相談すると良いでしょう。

その上司が問題と言うことであればさらに上の立場の人か、社長などに相談する手もあるかもしれません。

もちろん、社風によっては、気軽に社長に会えないような会社もあるかもしれませんし、一概には言えません。

ですが、どうしても直接言いづらいような立ち話で困った人がいる場合は上の立場の人に言ってもらうと良いでしょう。

クレームが多い

クレームが多いのもまたストレスが溜まります。

お客様からのクレームですので、こちらは謝罪するしかありません。

人によっては口汚く罵られるようなこともあります。

このような環境だと仕事が辛い傾向にありますね。

コールセンターの仕事の求人を見たことがありますか?
とても時給が高いにもかかわらず、頻繁に求人が出ていますね。

それはいったいなぜだと思いますか?
それは、そのようなお客様からの口汚い罵りなどがあり、精神的に参ってしまう人が多いからです。

ですので、クレームが多く辛い時に生き残る方法としては、コールセンターで長く働いている方の意見を参考にするといいかもしれませんね。

そのような方の話を聞いていると、例えば「今から殴りに行くぞ!」と言われても臆することなく口では謝罪をしながら、「来れるものなら来てみろ!」と心の中で舌を出すと言うのです。

そのような方は、「何か言われても所詮電話口だから何もできないし、専門職でもないのに看護師さん並みの時給が貰えて幸せ!」とまでおっしゃっています。

あまり、人の言われることに影響しない人に向いているようですね。

それは人のタイプにもよるので一概には言えませんが、クレームの多い会社で生き残るには、それぐらいの図太さが必要なようです。

意見を取り入れてもらえない

意見を取り入れてもらえないのもまた辛いものがありますね。

仕事より良くしようとして意見を出しているにもかかわらず、意見を取り入れてもらえないと何のために意見を言ったのか分からなくなることがあります。

意外と、そのような意見が衝突してしまうようなときは、ちょっとのことで改善することもあると言うのです。

それは、もし違う意見を言われたとしても、「なるほど。確かにそのような考えもありますね。」と言った人の意見を素直に聞き入れることです。

よく衝突してしまう原因としては、反対意見を言われたときに自分を否定されてしまったと思い込んで強く反論するところがあり、そこで激しくぶつかり合ってしまうという一面があるのです。

そして、人が意見を言っている時に話を折ってはいけません。

なるべく最後まで聞いてあげて、共感してあげることこそが大切なのです。

ついつい、相手が言いかけているところで自分の意見を言ってしまうところがある人は気をつけてみましょう。

そのようなちょっとしたことで、自分の意見も聞き入れてもらえる可能性も上がってきます。

仕事に追われ寝る時間がない

人間にとって睡眠は大切です。

仕事に追われて寝る時間がないのであれば、仕事が辛いものになるのも大変うなずけるものがあります。

もし、できれば仕事より効率よくできる方法などを上司に相談したりするのもが1番です。

やはり睡眠を削ってでも仕事となると、ミスも出てくるでしょうし、逆に仕事の効率を悪くしているところもあると思われます。

そうは言っても、会社勤めをしているとこのようなお願いを聞き入れてもらえるとは限らず、逆にもっとしんどくなるようなことを提案されるという事態もあり得ます。

もしどうしてもということであれば転職を視野に入れても良いでしょう。

著者も昔は結構忙しい仕事に行ったことがあります。

結局は転職をしましたが、普通に帰れるのはとても良かったです。

人によっては、仕事が楽しくてそのような睡眠を削ってもいいと思えるくらいにやりがいがあると言う人もいるでしょう。

でも、それがしんどいと思うのであれば、環境を変えるっていうのも一案です。

プレッシャーをかけてくる

やはり、ストレスになる原因としてはプレッシャーをかけてくるというのもあるのではないでしょうか?

もちろん期待をかけてそのようなことを言っているとしたら嬉しいものがありますが、やはりそれがストレスになるのでは逆効果ですよね。

では世の人たちはそのプレッシャーをかけられたときはどのようにしているのでしょうか?

色々と調べていると、やはりプレッシャーをかけられる現場かなりあるようです。

そのような対処法としては、プレッシャーをかけられたと思わずフォローしてもらえたと思うようにすると仰っている人がいました。

確かに、フォローしてもらえたと言うことであれば、良い意味に捉えられますよね。

またその嫌なプレッシャーをかけられたと言う質問した人はアルバイトの方だったのですが、「アルバイトだったら適当にすればいいじゃないの?」と言うような声も多かったです。

どのようにそのプレッシャーをうまくかわすかは自分次第といったところですね。

いじめがある

いじめがある会社もまた良くないですよね。

もし、味方がいると言うことであればそのような人に相談してみるといいかもしれません。

もしかしたらあなたの味方になってくれるかもしれません。

ただ、周りがそれを黙認していると言うような状態でしたらどうしたらいいか悩ましいところがありますよね。

もちろん上司などに相談するのもありです。

ただ残念ながら必ず動いてくれるとは限りません。

もし、可能であれば転職を視野に入れても良いでしょう。

その上で労働基準監督署などに相談する手もあります。

もちろん転職せずに労働基準監督署に相談する方法もありますのでベストだと思うことを選んでください。

ただ、いじめに関して言うと、このようなことを言うのは大変悲しいものがありますが、やはりいじめられる方が悪いと言うのではありませんが、残念ながらいじめられやすい傾向はあります。

ですので、もしいじめにあったのであれば、今一度自分を見つめ直すことが大切です。

休憩を取らせてもらえない

休憩を取らせてもらえないのも辛いものがありますね。

やはり人間は働き続けるというと効率が落ちるところがあります。

なるべく休憩は確保したいものですよね。

もし、休憩を取らせてもらえないのであれば、その普通の勤務時間以上の給与の請求ができます。

またみんな意外と知らないところがありますが、営業時間前後の朝礼等の集まりや、掃除時間なども請求できます。

ですので、ひとまずは休憩を取らせてもらえず働かされた時間というのも記録しておきましょう。

その上で、労働基準監督署等に相談に行くとその金額を請求できることもあります。

ただ注意点としては、そのようなところに行くと会社によっては居づらくなる可能性もなきにしもあらずです。

ですので、とことん戦う!という姿勢が大切になります。

ですので、もしづらくなるリスクを気にするのであれば、思い切って転職をするのも視野に入れた方がいいかもしれません。

責任を押し付けられる

いろいろと責任を押し付けられるのもまた辛いものがありますね。

残念ながら、そのような責任を押し付けられるような環境は業績が悪化する近道だと言われているのです。

この責任については捉え方次第といったところです。

責任を取るような仕事ができたと誇りに思い、どんどんとその責任を負っていく方法もありますし、それが嫌だと思ったら違う会社に転職するのもありです。

やはり、責任を取る立場は上の立場になるということです。

ただ、責任の責任でも、ミスの押し付けられる事になると、さらに大変です。

著者の経験がありますが、著者自身は事務職だったのですが、営業の方にミスを押し付けられるようなこともありました。

そのような時はやはり反論したほうがいいです。

そうでないと、どんどんと色々とミスを押し付けられることがあります。

学歴や出身で差別される

学歴や出身等で差別されるのも辛いものがありますね。

たとえ、どんなに仕事が優秀でも、自分より学歴が高いだけで優先されると面白くないところがあります。

ですが、残念ながらまだまだ学歴による差別はあります。

やはり、学歴が高いという事は、勉強という苦行に立ち向かう能力があると評価されるところがあるのです。

それは残念ながら就職活動の時からあります。

ただ、可能性としては仕事でのアピールがうまくいけば、そのような学歴なども関係なく出世が出来るような可能性もなきにしもあらずです。

ですが、もしどうしてもその枠からどうしても外れることができないのであれば、思い切って転職を視野に入れた方がいいかもしれませんね。

競争が激しすぎる

やはり、この世界において競争は必須です。

全く競争がないっていうのも考えもので、ゆとり教育も競争しないことが問題視されたところがあります。

ですが、競争が激し過ぎるのも人間関係がギスギスするような傾向にあります。

やはり、不景気ですのでその不景気の中に生き残るためにどの企業も必死です。

ですので、その企業内においても競争が激しくなるところはうなずけるところがあります。

もちろん、そのような競争に挑んでいくという前向きな姿勢があるのでしたら非常に良いですね。

ですがその競争が激しすぎてストレスが溜まり、どうしてもしんどいのであれば、そこまで競争が激しくないところに行くのも1つの選択肢です。

例えばですが、営業よりかは事務職の方があまり競争がない傾向にあります。

人数が多いよりかは少ないよりかは、比較の対象が少なくなるので競争はそこまでありません。

このように環境を変えるのも1つの手です。

勤務地が遠すぎる

勤務地が遠すぎるのも意外にもストレスの元になります。

やはり、電車に揺られるとなると、座れるならまだしも、2時間以上も立っているのは辛いです。

その上で仕事があり、さらに帰るために長時間電車に乗るのであれば疲れもピークに達することでしょう。

都心に勤務をされている方でしたら、それぐらいの時間は当然なのかもしれません。

ただ、東京都は最低賃金が非常に高く、それだけ長い通勤時間をかけて行っても給与が高いということでそのような選択をしている人も多いことでしょう。

ただ、どうしてもそれが辛いのであれば、なるべく通勤時間が近いところに引っ越すのも手です。

東京都内でも、少々賃貸物件のグレードを落とすと、比較的手頃な物件が見つかる可能性もあります。

もしくは、どうしても心身ともに辛いのであれば、地方などに転職するのも手です。

️日々の仕事でストレスが溜まる!

やはり仕事と言うと、ストレスがどうしてもつきものです。

それは避けられないところがありますが、ストレスフルになってどうにもこうにも辛い状態ということになれば話は別です。

ですので、うまくその仕事のストレスを発散できれば1番いいですね。

また、いろいろとそのようなストレスをためない方法も試していきましょう。

️それ、会社が原因かも?

なぜ、ストレスが溜まるのかというと、仕事ばかりではなく会社自体が原因であることもあります。

人間関係はもちろんですが、労働環境にもよってストレスが溜まりやすい環境があるかもしれません。

ですので、もしどうしようもないのであれば、転職を視野に入れるのも悪くありませんが、色々とできる対処法はあります。

では、そのストレスフルな環境である会社でうまくやっていくにはどうしたらいいのでしょうか?

️ストレスフルから解放されるには?

やはり、ストレスフルな状態が良くありません。

うまく発散する必要があります。

確かに、仕事をせずに生活ができればそれが1番良いですが、やはり生きていくにはそれなりにお金を稼ぐ必要があり、仕事から解放されるのも難しいものがあります。

ですので、自分に合ったストレス解消法を考えていきましょう。

自分にあったストレス発散法を見つける

やはり、ストレスフルな状態から解放される方法はいろいろあります。

ですが、自分に合った方法と合わない方法があります。

合わない方法を選ぶと、逆にストレスが溜まることがありますので、自分にできそうだなと思うようなストレス解消法を見つけていきましょう。

では、いろいろなストレス解消方法を一つ一つ見ていきましょう。

不満や意見はしっかり伝える

もし、はっきりと意見が言える性格の方でしたら、不満や意見をしっかりと伝えてみましょう。

やはり人間言わないとわからないところがあります。

ですので、意外と言えばすぐに解決することもあるのです。

ですので、もしそのように色々と言いたいことがあるのに言えずにストレスを溜めているのであれば、思い切って伝えてみる方法もありです。

ただあまりにも強い口調で言うと逆に反撃されることもありますので、言葉を選ぶことは大切です。

受け流す

もし、色々と意見を言ったりすることが難しいということであれば受け流すことが大切です。

はっきりと意見が言えるタイプの方であっても、もし意見を言ったことによって逆に攻撃をされたりするということであればこの方法を取り入れるのが1番です。

人は変えられないですのでなるべく気にしないようにするという方法です。

意外ときつい態度で接されたり、きついこと言われても平気な人にこの受け流していると言う人が大変多いです。

味方を作る

もし、理不尽な扱いを受けていて辛いのであれば、味方を作ることを視野に入れても良いでしょう。

同じような立場の人はいませんか?
もしかしたらその方も同じようなことを思っているかもしれません。

著者自身も、各営業所の事務員の1人で仕事をしていましたが、他の営業所の方と上司の口で盛り上がったことがあります。

やはり味方がいると大変心強いですよね。

メンタルを強くする

こちらが1番手っ取り早いですが、1番難しいことです。

メンタルを強くすることで、少々嫌な事が起きても気にならないところがあります。

ですので、なるべく気を強く持って仕事するようにしましょう。

もちろん言い返すような方法も良いですが、何を言われても気にしないと受け流す方法でのメンタルの強さも仕事には非常に大切です。

ですので、人に変わってもらうよりも自分が変わる方が早いですので、メンタルを強くしましょう!

思い切って転職する

やはり、色々としてもどうしようもない環境はあります。

そのような時は思い切って転職しましょう。

どんなにメンタルを強くするといっても、自分ばかりが嫌な思いをするということであれば、いつか潰れてしまう可能性もあります。

やはり、生活の為、すなわち生きるために仕事をしているのです。

仕事のために生きづらい状況になっては本末転倒です。

ですので、思い切って転職をすると言う手も視野に入れましょう。

️ストレスフルな会社、うまく対策を見つけよう

もし普通ストレスフルの会社で大変辛い状況であれば、なるべくうまい対処法を見つけて対処できればそれが一番ベストなことです。

ですがどうしてもうまくいかず精神的なストレスで潰されてしまいそうであれば転職を視野に入れ、自分に適した環境を手に入れることも必要になってきます。