CoCoSiA(ココシア)

ストレスフルになりがちな会社の20個の特徴


皆さん、仕事をしている方会社勤めをしている人も多いと思いますが、皆さんの職場はどのような感じですか?

やはり環境によってはストレスフルになってしまうのも無理はありません。

やはり、会社は一日の中で一番長くいる場所です。

大体正社員でフルタイムで働いているのであれば、たいていは8時間は在籍することになります。

睡眠時間を覗いたら、本当に長い時間会社にいますよね。

できれば、会社に長くいてもそこまでストレスのたまらないような職場があればいいですね。

もちろん、やりがいを持って取り組んでいるのであればそのような環境であってもそこまで苦にはならないのかもしれません。

ですが、やはり終身雇用が崩れてきたとは言え、たいていの人は長く勤めることを前提にしています。

では、そのストレスフルになる原因の会社にはどのような特徴があるのでしょうか?
これから就職を考えている方や、転職を考えている方はそのストレスフルになる会社の特徴を抑え、環境の良い職場に行きたいものですね。

️ストレスフルになる会社の特徴20個!

ストレスフルになる可能性のある会社の特徴は20個あります。

様々な特徴がありますが、残業や休日出勤等の雇用形態から、上司の性格、人間関係など様々な問題があります。

確かに、雇用形態の方でしたらあらかじめ早く話を聞くなどして、対処ができるものですが、人間関係はやはり入ってみないとわからないところがあります。

職場の雰囲気で判断することもできるかもしれませんが、おおよそは分かってもなかなか判断がつかないということもありますよね。

そのような事はありますが、いろいろなアンテナを張って少しでもヒントを得ることによって、会社に入ってもいいけどもうやめたくなってしまった事は減ります。

では、ストレスフルになる会社の特徴を挙げていきましょう。

残業を強いられる


やりがいを持って仕事をしているうちは、残業になってもそこまで苦にはならないかもしれません。

ですが、残業を強いるということになれば話は別です。

したくもない仕事を長時間させられるのは辛いものがあります。

残業は、案外しんどくなる原因の1つですので、もし就職や転職などをお考えの方は、残業について聞くことが大切です。

もちろん会社によって本当のことを答えてくれないことがあります。

残業が全くないと言っていたにもかかわらず、残業がとてもたくさんあったと言うような事態結構あるものです。

ですが、正直に答えてもらえる可能性もありますので、やはり聞かないことには何とも言えないところがあります。

ですので、残業についてはしっかりと確認をしましょう。

そして、残業があると言う時も、残業手当が出るのかという確認も大切です。

中には、みなし残業という制度が取り入れられているところもあるかもしれませんが、残業代が出ないところはやめておいたほうが無難です。

休日出勤させられる

休日出勤も強要されるとなればかなり辛いものがあります。

やはり仕事をしていれば、週に2回、最低でも1回ぐらいは何も仕事をせずにゆっくりと休む時間が必要です。

人間はずっと働き続けるって言うのはかなり辛いものがあります。

こちらもまた、 正直に答えてくれるかわかりませんがどれぐらい休日出勤の可能性があるのかを確認しておきましょう。

頻度が少なく大丈夫そうだと思ったら、そこで働いても問題ありませんが、頻繁に休日出勤があるのであれば少々考えものです。

ですが、残念ながらこちらも正直に答えてもらえない可能性があります。

上司の性格が悪い


やはり仕事をしていく上で、上司の指示は必ず聞くものですし、上司抜きで仕事をする事は難しいです。

ですので上司の性格が悪いと、仕事がとても辛いものになります。

ですので上司との関係性に悩んでいる人も大変多く、会社勤めをするにおいての悩み事のトップ10に入るのでは?と思うくらいに多くの人が悩んでいます。

著者もまた会社勤めをしていたときは、性格が悪くとても問題のある上司の指示を聞いて仕事をするという事はやはりありました。

著者の場合は、どうにかしておだてて動いてもらったところがあります。

上司のタイプにもよりますが、褒めておくと素直に動いてくれるようなタイプの人であれば褒めておだてて、「助かりました!」と言っておくととても喜ぶような人だと、うまくこちら側の思惑通りに操縦することができます。

上司が暴力的

確かに上司の性格が悪いのは問題ですが、暴力的ということになれば、それ以前の話になります。

できればすぐにやめた方が良いです。

もちろん「頭を殴られた」とか「平手打ちをされた」というようなこともあるかもしれませんが、物を投げつけられるのもまた暴力のうちです。

もし仮に、暴力を振るわれたとしたら身体的なダメージがあったような場合は、病院に行って診断書もらっておくことが大切です。

また日常的にそのようなことがある場合は、日ごろからどのような暴力を受けたかというメモ書きも有力な証拠になります。