皆さんは遠距離出会いの経験はありますか?

その遠距離恋愛はうまくいきましたか?それともうまくいきませんでしたか?

経験がない人にはなかなか理解できないことかもしれません。

ただ、やはり最近は全国で店舗営業所を構えているようなところもあり、転勤で遠距離恋愛状態になってしまうこともあります。

基本的に、たとえ単身赴任で結婚しているような関係であっても難しいと言われる状態ですので、婚姻等の法的なつながりがないと、さらにもろい関係になってしまいます。

この記事では、遠距離恋愛での別れの前兆サイン5個と別れを回避する方法5選を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

遠距離恋愛での別れの前兆?実はうすうす気付いていた?

やはり、普通の恋愛に比べて、遠距離恋愛は非常に難しいところがあります。

やはり、出会いはあって親睦を深めるからこそ意味があると言っても良いでしょう。

もちろん、遠距離恋愛で結婚までたどり着く人、会わない状態で恋愛状態を維持できる人もいるかもしれません。

ですが、たいていはそのようなわけにはいかないところもあるでしょう。

では、遠距離恋愛の傾向についていろいろと見ていきましょう。

遠距離恋愛から結婚にたどり着くカップルは多くない

確かに遠距離恋愛から、結婚にたどり着くカップルもいることにはいます。

ですが、そのゴールにたどり着けない人も多くいるのです。

それはいったいなぜなのでしょうか?見ていきましょう。

なかなか会えないのが一番の原因

やはり1番の原因は、なかなか会えないことです。

やはり友情関係にしても恋愛関係にしても、複数回会っていくことで親睦を深めていくところがあります。

恋愛については、自分は大丈夫!と思っていても、友情関係だと心当たりがある人も多いのではないのでしょうか?

例えば引っ越しを経験された方でしたら、引っ越す前のお友達と交流関係はありますか?

そのお友達と、文通をしていたりすると言うことであれば、交流がまだ続いていると言っても良いでしょう。

ですが、ほとんどの場合は疎遠になっているのではないのでしょうか?

それは何故かと言うと、やはり基本的に新しい環境の友達と馴染んで行かないといけないところがあり、そちらの方でいっぱいいっぱいになるからです。

例外として、転校先でうまくいかずいじめられていると言うことであれば、そのような昔の友達と交流関係を深め続けることがあかもしれません。

ただ相手側も、目の前の友達との交友関係に忙しくなってくると、転校していった友達の事についてあれこれと文通をしたり親睦を図ることがなかなか難しくなるところがあります。

ですので、手紙などで文通を始めようとしても、いざとなって言う時に、なかなか返事が返ってこずそこから疎遠になってしまったと言うこともあるでしょう。

なかなか、会わない友達とこういう関係を深め続けるというのは非常に難しいところがあるのです。

それは、恋愛関係においてはもっと顕著に現れるところがあります。

寂しくて浮気してしまうパターンも


やはり、恋人が目の前にないのは寂しいところがあります。

ですので、ついつい実際に存在して気楽に会える人いいなと思ってしまうところがあります。

寂しい思いをしているところに、他の異性からのアプローチがあるとぐらっときてしまうところがあります。

男性は、寂しがりでついつい浮気をしてしまうなんてことも言われていますが、女性もそのような現象はあります。

例えば、なかなか会えないので寂しくて連絡を頻繁に取っていたけれど、疲れているなどで早々に電話を切られるとあると、なんだか寂しく感じられてしまうものです。

そんなところに、新しい目の前にいる男性が優しくしてくれるとはそのような人に心が動かされることもあります。

ですので、男性は浮気をしがちなんて言われるけれど遠距離恋愛に関しては、それは例外で、男女問わずそのようなことになってしまうこともあります。

やはり、人間は寂しいとか心細いというネガティブな感情の時に、目の前に現れた異性に関して心動かされることが多くあります。

ですので、意中の人と恋人関係になるにはその人が落ち込んでいる時を狙うと良い等という話もある位です。

ですので、遠距離恋愛はそれほどに距離が開きやすく、浮気に走りやすいところがあるようです。

信頼関係がないと成り立たない

やはり、重要なのは信頼関係があるかどうかです。

例えば、目を離した隙にすぐには浮気をしてしまうようなパートナーだと信頼できず、不安になるでしょう。

そして遠距離恋愛というと、目が届かないところに相手がいるっていうことです。

ですので、いざその恋人を騙そうと思ったらどうとでもできる状態です。

ですので極端な例を言えば、例えば新しい恋人と会ってきたその帰りに連絡を取るっということだってできるのです。

そして、だんだんと仕事が忙しくなってきたと言い訳をし、自然消滅を狙うことだって十分に可能です。

やはり恋人同士という関係は非常に不安定なものです。

相手の精神状態と自分の精神状態だけつながっているので、そのつながりが切れたらすぐにダメになってしまう関係なのです。

ですので非常に脆い関係性だと言っても良いでしょう。

やはり、信頼関係を持ち、頻繁にお互いに連絡を取り合おうと言う心持ちがないと遠距離恋愛はうまくいきません。

遠距離恋愛での別れの前兆サイン5個!この様なことがあれば注意を!

やはり、遠距離恋愛って言うと距離も離れます、関係性も不安定になります。

ですので、やはりだんだんとうまくいかず別れてしまうと言うようなカップルもいるのです。

また、下記のような曲が出てくるとだんだんとそのような遠距離恋愛がうまくいかなくなる前兆であるとも言われています。

ですので、そうならないように気をつけるようにするということが重要です。

1.徐々に連絡を取らなくなる


やはり、遠距離恋愛がどんどんとってうまくいかなくなるところとしては、徐々に連絡を取り合わなくなるところから増えてきます。

例えば、嫌だなと思う恋人と別れたいとか友達とフェードアウトしたい時に使われる手が、徐々に連絡を取らなくなると言う手段です。

よくそのような相談を行った時や、そのような距離の取り方についての方法について書かれているものとしては、4回のうち3回は参加し1回は断ると言うのを繰り返し、だんだんと4回のうち2回、4回のうち1回と言うふうに段階を踏んで、だんだんとフェードアウトすると言う方法です。

さらには、連絡方法についても、LINEやメールなどが主になっていき、そして返信を遅くすると言うようなこともよく使われる方法です。

恋人同士と言うことであれば、初めはフェードアウトしたいなんて思う事はないでしょう。

ですが、忙しかったりすることで、自然とそのようになってしまうこともあります。

最初は毎日していたのに少しずつ頻度が空く

やはり、遠距離恋愛になってはじめのうちは、やはり恋愛感情も残っていますし何とかして毎日連絡取り合おうと言うようになってきます。

ですが、相手の方もそちらの生活もあるし、自分のほうも目の前の生活があります。

例えば、彼氏が転勤になって遠距離恋愛になってしまったのであれば、その彼氏さんは、新しい仕事にも慣れていかないといけないですし、新しく人間関係もできてきますので、その人間関係の維持が忙しくなってきます。

職種によっては残業などがあり、本当に時間的に連絡を取ることが難しくなってくることもあるでしょう。

ただそのように、忙しくして連絡をとることがおざなりになってだんだんと距離ができてしまうところがあります。

2.電話をしなくなる

やはり、遠距離恋愛となると日本とは言えど、飛行機でないといけないような距離感であったりすることもあるでしょう。

そんなふうに直接会うことが難しい時非常に有効なのが電話です。

こちらは、出向くことなく声を聞くことができるようになります。

ですが、電話しなくなるとなると、だんだんと距離が開き続けるようになります。

とは言えど、初めからそのようになったと言うわけではなく、なんとなく相手が忙しそうだからと気を遣って電話を控えるうちに、だんだんと電話での連絡ができなくなってくるところもあります。

確かに遠距離出会いの難しいところは、電話を遠慮することなくできれば良いのですが、時間がなくて忙しいから電話ができない現象が出てきたときに、それを押して無理に電話をしていても間関係が悪くなってきますし、そうではなくてもだんだんと間隔が開き続けるところもあります。

それがまた遠距離恋愛の難しいところなのです。

Lineやメールでのやり取りが主になる

LINEのメールは相手が忙しい時間についても気にせずに連絡が取れるところがあります。

相手方も、LINEやメールを確認できる時にすることができるので、そのようなところが良い1面なのです。

最近は、手紙よりはそのようなLINEやメール等を主に使う人も多いでしょう。

ですが、それがなかなか会えなくなり電話をしなくなると関係が薄くなってくるところがあります。

3.会わなくなる

やはり遠距離恋愛で1番ネックになるのは会わなくなることです。

やはり、遠距離恋愛とは言っても、電車で行くことができたり、ギリギリでも新幹線で行ける距離であれば何とか会うことができます。

ですが飛行機でしか行けない距離であったりすると、会うことが難しくなっています。

やはり、人間、親戚なので、違つながっているとか婚姻関係があると言うことでないと、だんだんと関係が薄くなってきます。

ですので、会わなくなったら黄色信号と思って間違いないです。

ですので、もし遠距離恋愛であっても関係性を維持したいということであれば、例え会うのにお金がかかるような状態であっても、そのお金を貯めて会いに行く事も重要であると言えるでしょう。

年に数回から1回だけなどは注意!

やはり、そんなにしょっちゅう会うわけにはいかないという関係性もあるにはあります。

お互いに社会人だと、特にそれは顕著でしょう。

例えばサービス業なので土日が休みではないと言うことになると、ますます会う機会が減ってしまうものです。

ただ、年に数回と言うだけならまだしも、年に1回だけと言うことであれば注意が必要です。

例えば遠距離恋愛に縁がない方であっても、地元を離れている方であれば友達関係でそのような心当たりがある人も多いのではないのでしょうか。

お正月などに実家に帰り、地元の友達に会っているというような関係性です。

そのような関係性だと 確かに友達関係ではあるけれど関係性が薄いということはないでしょうか?
そんなに頻繁に連絡を取り合わないし、会社や地元の学校の人とは仲がいいかもしれないけれど 比較的関係性は薄いところがあります。

ですのでそのような薄い関係性を続けても差し支えのない友達関係なら大丈夫ですが、恋愛だけでその関係性になると、ゆくゆくは別れに繋がってしまう可能性が高いです。

ですので極力会う努力をした方がいいのは言うまでもありません。

お互いの誕生日やイベントも会わない

やはり恋人同士にとっては、お互いの誕生日やイベントことは重要です。

遠距離恋愛の寂しさを感じるのはそのような用事がある時ではないのではないでしょうか?

誕生日なのに何もお祝いの一言がなかったという時に寂しさを感じる人も多いです。

バレンタインやクリスマスなどは恋人同士にとって非常に重要な行事と言っても良いのではないかと思われます。

最近はクリスマスで一人でいる人のことを「クリボッチ」というように言われているようです。

そのように日本人はクリスマスに恋人や友人と過ごすことを重要視していますのでこの時に恋人はいない状態というのは耐え難いものがあるのです。

ですのでこの時に備えて会うためのお金を貯めておくということも重要なぐらいに恋人との関係性を維持するのには重要な行事です。

それなのにこのイベントごとに会わないと言うとその恋人同士の危機は迫っていると言ってもいいでしょう。

このような時に目の前にいる異性に心を奪われてしまうことはよくあります。

それは女性に目移りしやすい男性だけではありません。

女性であってもその寂しさからグラッときてしまうということはあるのです。

4.相手のSNSなどの更新がなくなる

最近はSNSも発達していてたとえ離れていてもその人がどうしているかというのが一目でわかるようになっています。

ともすればそれを基に恋人の様子を把握している人もいるのではないのでしょうか?

SNSはそのような利点があるのですが、その一方で離れているとそれを断てばそこでの関係性が切れるところがあります。

元々SNSをしない人であればまだしも、ともすればSNSとともに生きているぐらいの人が更新をしなくなったら、注意が必要です。

SNSの更新が途絶えるということは色々な可能性が考えられます。

他に意中の人ができている可能性も

可能性としては他に意中の人ができたということがありえます。

やはり遠距離恋愛であっても堂々と浮気をしているということを言う人はそんなにいません。

大抵の場合はどうにかして隠したいと思っているのではないかと思われます。

ですのでそのような意中の人と会っている時はあえてSNSを更新しないとという手も使われているのではないかと思われます。

色々なSNSがあるので一概には言えませんが、ひょっとしたらブロックされている可能性もなきにしもあらずです。

ですので更新が無くなったと思ったらひとまずはブロックをされていないかを確認しましょう。

私はあまり馴染みがないのでよくわからなかったので調べたのですが、最近若い人の間でインスタグラムが流行っています。

そのインスタグラムの方法を見ると仮にブロックをされると表示を見ることができなくなると言われています。

そしてフォローしようと思ってもユーザーが回答しないと出ることがあるのです。

ですのでもしSNSの更新がなくなったらまずはブロックをされていないか確認しましょう。

そしてできるならば頻繁に連絡を取るようにしましょう。

単に忙しいということもある

ただ単に忙しくてSNSを更新できなかったということもあります。

例えば新社会人になって遠距離恋愛になったということであればその環境に適応するのに精一杯なのかもしれません。

やはり学生と社会人とでは時間の使い方が違います。

新入社員であれば色々と研修などもありますし覚えることもたくさんあります。

ですので本当に忙しくて時間が取れないということも十分にあります。

もしそうであれば特に浮気をすることなく真面目にやっていることが多いですので、その点では安心です。

もし相手の方が社会人で自分が学生ということであれば自分から会いに行ったり連絡を取ってあげると良いでしょう。

もしかしたらそのような存在が励みになるということもあります。

ただ忙しくて連絡が取れないから少し待ってほしいと言われたら素直に持つようにしましょう。

ここで自分の都合を優先するとそれが別れの原因になってしまうこともあります。

5.相手のことを気にしなくなる

やはり始めはいなくて寂しいとか心配したりしてもだんだんと相手のいない生活に慣れてしまうということはよくあることです。

著者の学生時代に不登校の子がいたのですが、初めはいないことに関して非常に噂になったものです。

ですがその不登校の時期が過ぎるとだんだんとその子がいないことに関してあまり気にしないような状態になっていたのです。

先生の働きかけで手紙を書くということはあったようですが、それがなければ全く無視されているような状態でした。

このようにいない状態がずっと続くと、そのうちいなくても気にならなくなるというところあるのです。

このような不登校を例に挙げるとそのようなことからますます学校に行きにくくなるというようなことはあるのです。

それは遠距離恋愛であっても同じです。

いない方が自然で、いるとなんだか落ち着かないという状態になってしまうと遠距離恋愛としては危険な状態であると言えます。

いなくてもいい存在になっている

いなくても当然というような感じになると、だんだんとその人から心が離れてしまうところがあります。

例えば著者の子供の学校でも転校をするなどでいなくなってしまうということはあります。

初めはとても寂しがる子も多いのですが、それが過ぎるとだんだんといない状態が自然になってきてしまうのです。

そうなるとだんだん距離が出てきます。

そのような過程を経ていなくてもいい存在になってきてしまうと言う事は遠距離恋愛であってもよくあることです。

恋愛感情というと、結びつきが強いことから遠く離れても大丈夫な気がしますが、意外とそのようなことがあるとだんだんと心も離れていってしまうのです。

違う人に魅力を感じ始めたら注意

確かに離れていても心はつながっているというのは非常に良いことです。

ですが、やはり人は接点が少なくなるとだんだんと心も離れていってしまうところがあります。

その第一歩として、違う人に魅力を感じ始めると言うことがあると注意が必要です。

やはり恋人関係の友達関係にしても、目の前でにいる人に魅力を感じるようになってきてしまうものです。

それは、子供時代に転校の経験がある人であればそれがわかるところもあるでしょう。

自分が転校していなくても友達が転校していなくなったと言うことがあっても友達関係が続いているというケースもあるにはありますが非常に稀です。

子どもたちの友達関係についてもそうなので、恋愛関係と言うとますますそのような傾向があります。

そして違う人に魅力を感じ始めたらほぼその遠距離恋愛は終わりを迎えていると言っても良いでしょう。

遠距離恋愛でも別れを回避する方法5選!適度な距離を保とう!

ですがせっかく縁があって恋人同士になったので、例え遠距離恋愛になってもうまくやっていきたいところありますよね。

もちろん遠距離恋愛であってもそれを実らせて結婚した人もいます。

ですので、どうにかしてうまく行きたいと言うことであれば、下記のことに気をつけていきましょう。

1.定期的に会う時間を作る

やはり、基本的に恋人関係の間柄であれば会うことに意味があります。

やはり友達関係にしてもそうですが恋愛関係と言うとそれが特に顕著ですので、定期的に会う時間を作るようにしましょう。

とはいっても、距離的になかなか頻繁にはことが難しいこともあるかもしれません
飛行機等を使わないといけないとなるとそのお金も馬鹿にならないところがあります。

ですが、飛行機の予約についても料金の安い航空会社を使うとか、かなり前もって予約することでどうにかできるところがあります。

ですので、そのような工夫をしてでも極力会うようにしましょう。

交通機関にもよるので一概には言えませんが、夜間バスなどそのような比較的安い料金で行ける交通機関を使えるのであれば、そのようなものを使うのも手です。

もし夜間バスが安全上心配だと言うことであれば、日中に運行しているバス選ぶのも良いでしょう。

数ヶ月に1回会うようにする

やはり頻度も重要です。

年に1回とかではなく、3ヶ月に一塊会うようにしましょう。

そして、1番恋人と会えなくて残念に思うのは、お互いの誕生日やクリスマスやバレンタインの行事です。

その時に、街に溢れかえる恋人を見て寂しく感じるところがあります。

その寂しさを感じたときに、他の魅力的な異性が現れてしまうことでその異性に心奪われてしまうところがあります。

ですので、その期間は必ず外さないようにしましょう。

とは言っても、クリスマスやバレンタインなどなどそのような行事は必ず休日とは限りません。

平日であることも多いでしょう。

確かにお互いに社会人だとその日にぴったりと会うと言うのは非常に難しいところがあるかもしれません。

ですが、そのイベントの前の土日に会うとか、そのイベントの後の土日に会うなどでどうにか調整をするようにしましょう。

2.適度に会いに行く

そして、その行事を押さえた上で適度に会いに行くことが重要です。

やはりそのような会えるかどうかと言う距離感も恋人関係を維持することができるかというのは非常に重要です。

ともすれば、法律的につながっている夫婦であっても、その会いに行くというのは非常に重要なのです。

むしろそのような夫婦である場合は、奥さんが仕事を辞めてでもついていくところがあるのです。

やはりそれは何故かと言うと、そのように法的につながっている夫婦でさえなかなか会えなくなると難しいところがあるからです。

浮気の心配もあるのかもしれないけれど、家族のつながりとして非常に心配になってしまうところがあるのです。

ですので、まだ結婚前であれば、そのような法的なつながりもなく非常に脆い関係性であるといえます。

ですので、そのような関係性を乗り越えて結婚に結びつけていくには極力顔と顔を合わせる関係性こそが重要なのです。

お互いが行ったり来たりする関係を作る

そして遠距離恋愛となると、自分ばっかりが経費を負担しているかどうかも精神的な負担につながっていくところがあります。

お金を使って恋人に会いに行くのが自分ばっかりとなると、相手が自分を思ってくれているのだろうか?と思ってしまうところがあります。

やはり、例えば独身で実家暮らしであっても経済的な事は重要なことですので、どちらか一方が負担ばかりしている状態は避けたいものです。

ですので、お互いに行き来するような関係性を作ることが重要です。

もし、それが難しくてかなり離れているということであれば、中間地点で会うような妥協点を設けてもいいかもしれませんね。

とにかく、お互いに負担に思わない位に頻繁に行ったり来たりするということが遠距離恋愛を続けるコツです。

3.連絡は遅くて1週間を目途にする

いろいろな企業があるので一概には言えませんが、それでも1週間のうちに全く休みがないのは非常に考えにくいところがあります。

もしそうであれば、転職を考えても良いかもしれません。

ですので、忙しいとは言えどなるべく1週間以内に連絡をするようにすることを心がけましょう。

たとえ平日は仕事で忙しくでも土日なら時間があるということもあるのではないのでしょうか?
もちろんサービス業であれば、土日が出勤日である事はあっても平日に休みと言うこともあります。

ですので、なるべく連絡は1週間以内に取るようにしましょう。

もちろんそれ以上に連絡を取れれば非常に良いのは今でもありませんが、やはり仕事を抱えている人だとそうもいかないところもあります。

ですので、負担にならない程度に、だけど頻度を下げないようにというのが非常に重要です。

1週間以上経ってしまうと気にしなくなってしまう

やはり、初めは連絡がなくて寂しいと思っていても、だんだんとそれが当然になってしまうと、だんだんと連絡がないことに関して気にならなくなってしまうところがあります。

そして気にならなくなったところに他の気になる異性が出てきてしまうと遠距離恋愛は終わりを迎えます。

ですので、自分の存在を忘れないようにすると言う意味でも、1週間以内は必ず厳守するようにしましょう。

時にはビデオ通話をすると安心する

ときにはビデオ通話も大変お勧めです。

やはり顔と顔を合わせる事はできなくても、最近はそのようなビデオ通話をすることで会うことが叶わなくても顔と顔合わせることができます。

最近は多くの人はネット回線を引いているので、Skypeを使えば良いのではないのでしょうか?

著者自身も、なぜ海外に住んでいる人がそこに住んでいるのかと言う番組をよく見ますが、多くの人は日本人の家族の人とSkypeを使って話しているところ見ます。

ですので、そのように世界中に離れた人でもそのようなビデオ通話を使っていますので、日本で離れている場合でしたら、なおのことこのようなビデオ通話も可能になります。

中には海外に行ってしまっている人もいるかもしれませんが、ネット回線の状況が比較的良好なところであると、日本ではない国でもそのような通話することは可能です。

4.ペア物を用意しておく

遠距離恋愛になるとなかなか会うことが難しくなります。

ですが、これを見れば自分のことを思い出してくれると言うものを身に付けておくのも良いでしょう。

それはペアのものです。

これを見ると、相手もこのペアのものを使っているに違いないと言う思いから、一体感を感じるところがあります。

遠距離になっても身に付けておけるもの

やはり、遠距離恋愛になったとしても、問題なく身に付けておけるものは大変お勧めです。

ですので、男性が女性に贈るものもあるのかもしれませんが、逆に女性から男性に送っても不自然ではないものを送るのが大変良いのではないかと思われます。

ネックレスや指輪がベスト

極力、体に身に付けておくものが良いのに越した事はありません。

ネックレスや指輪であれば、比較的身に付きやすいところもあるかもしれません。

ただそのようなもの男性が身に付けても不自然ではないものを選ぶのは言うまでもありません。

5.将来のことを話し合っておく

そして何より重要なのは、あらかじめ将来の事について話し合っておくことです。

遠距離恋愛の話し合いがないままに離れてしまうと、だんだんと自然消滅をしていき終わりを迎えることが多いです。

例えば遠距離恋愛であっても2年以内に結婚しようというような約束があればそれを励みに離れることに覚悟決まることもあります。

そのような約束さえやれば寂しさも乗り越えられていきます。

遠距離恋愛が終わる日がくること

やはりずっと遠距離恋愛の状態というのも辛いものがあります。

ですので、遠距離恋愛ではなく何年耐えたら夫婦になれるという具体的な約束あるとその辛い気持ちを乗り越えられるようになります。

別れの前兆サインを見逃さないように

やはり、離れる状態での恋愛と言うと非常に難しいところがあり、それは友情関係でも同じです。

ですので、別れにつながる危険な兆候のサインを見逃さず、距離を詰めていくことで遠距離恋愛を無事に乗り越えていくことができます。