恋愛というのは全ての生き物の中で、人間だけにしかありません。

動物は繁殖の為に子供を作りますが、それは生き物として当たり前の行動となります。

人間のように恋愛をしてから子孫を残すというやり方は、全ての生物にはない事です。

高度な知能を持った人間のみ、恋愛という過程を楽しむ事は出来ます。

ですが果たしてあなたが今までしていたのは本当の恋愛なのか?
本当の恋愛とはどういうものなのか、自分は出来ていたかチェックしていきましょう。

本当の恋愛って何?

そもそも恋愛に本当というのはありますが、そんなものあるのか?と疑う方もいるでしょう。

漫画やドラマを見ていると、曖昧な恋愛をしている方おりませんか?
一時の感情、愛と恋の違い、遊び、浮気心などですね。

遊びや浮気は男性に多く見られますが、女性でも遊ぶ人はいます。

男性はともかく、女性の遊びと浮気は非常に質が悪いです。

特に若い女性ほどリスクのある遊びを好む方が多いんですよ。

恋愛に本当以外あるの?

恋愛に本当なんてあるのと思うかもしれませんが、よく漫画に多く見られませんか?

一時の感情で好きになってしまう事、遊び感覚で付き合ってしまう事、浮気をするなどですね。

浮気以上に最近多く見られているのが、遊びで付き合うという事です。

遊びで付き合うというのは、若い方が刺激欲しさにやる事なのですが、残念ながらそこに本当の愛などありません。

肉欲と性欲のみの嫌な関係で終わり、多くの女性が泣いた経験もあるでしょう。

しかし厄介なのは女性が遊びをしているという点です。

若さ故に刺激を求めるのは良いのですが、遊び感覚で恋愛をしていると後々ひどい目にあう形となります。

あなたがこれまでしてきた恋愛は、本当に恋愛だったのでしょうか。

一時の感情

吊り橋効果というのはご存知でしょうか?

特殊な状況下におかれるとそれを恋愛だと錯覚してしまい、男女が恋に落ちてしまうという面白い現象です。

吊り橋のような不安定な場所ですと、自然と恐怖と緊張でドキドキしてしまいますよね。

そのせいもあって男女が一緒にいると、恐怖か恋愛か判断つかないような状態になり恋に落ちてしまうというものなのです。

ただ大半は一時の感情であるため、冷静になるとそれは間違いだったと気づく方の方が多いんですよ。

別に吊り橋のような状況下でなくとも、旅行先で知り合ったとかそういうドキドキするような場面では誰にでもある事なのです。

吊り橋理論をご存知の方はいるかもしれませんが、実際体験しても頭が理解していないので判断できないという方も少なくありません。

特に女性は感情を大きく左右されやすい生き物ではあるので、吊り橋効果に陥りやすいのでご注意くださいませ。

恋と愛の違い


恋と愛との違いって分かりにくいですよね。

定義は人それぞれによって違いますが、簡単に言ってしまうと将来を共にできるかどうかでしょう。

恋人としてであれば恋となります。

愛は恋以上に深く、将来一緒に共にしたいと考えるのが愛ですね。

結構複雑でわかりくいかもしれませんが、恋というのは楽しむものとも言えます。

しかし愛は将来を共にしたい人間なので、恋止まりであればそれ以上いく事はありません。

たまにこの人は恋人としてならいいけどという言葉を聞いた事はないでしょうか?

その時点で恋と愛との違いがはっきりでていると言っても良いでしょう。

遊び

遊びで恋愛をする人間はいます。

この辺りはもの凄く質の悪いものなので、自覚はしておいた方が良いですよ。

何故なら遊び感覚となると、後から後悔する事になるからです。

男性はともかく、女性の場合は遊ぶのはしんどいのでやめた方が無難でしょう。

それは恋愛ではなく、単純に刺激が欲しいのと性欲を満たしたいだけの獣以下の行為にしかなりません。

基本的に遊びは20代前半くらいまでの若い方によく見られます。

体力、性欲を持て余しているだけに過ぎないので、恋愛としては当てはまりません。

相手だけでなく、自分をも苦しめる行為でしかない事に気が付いてない方も非常に多いんです。

子供がいるのにも関わらず異性の友達と遊ぶ方はいます。

本人からしてみれば楽しければ良いと思うかもしれませんが、みっともないだけなのでやめましょう。

遊んでいる人間は誠実さがないので、たくさんの方から嫌われてしまいます。

浮気する心

浮気はまだ遊びよりマシとは言いませんが、その中間くらいなものですね。

ただ伴侶もしくは恋人に愛想を尽きてしまっている状態か、単純にちょっと興味本位で遊んでみたいだけなのかそれに尽きます。

いずれにせよ浮気する人間には恋はあっても、愛はありません。

伴侶と別れるからというのが定番の理由ですが、それは所詮口だけでしかないでしょう。

体よい性欲のはけ口でしかないからです。

本当に浮気が原因で別れてしまう方も中にはいますが、大体略奪愛なんてろくなものではないですよ。

本当の恋愛をする10個の方法

本当の恋愛をするにあたり、どうすればうまくいくのか理解をしなければなりません。

遊びや浮気をする人間は、今まで本当の恋愛をしてはいないという事だと自覚をしましょう。

教材として悪いのは恋愛漫画ですね。

恋愛漫画は教材にすべきものではありません。

相手を尊重し、自分の事ばかりではなく相手の事を考えられるようにならないと、本当の恋愛とはいえないんですよ。

自分本位で恋愛をする人間は多いのですが、独りよがりの人間は恋愛する事などできません。

どんな事に気を付けなければならないか、また自分に足りない個所を調べる事も大切です。

1.お互いの気持ちを1つにする


恋愛はお互いの気持ちを1つにしなければいけません。

阿吽の呼吸ともうしますか、そのくらいのレベルでないととてもできないですね。

どちらかの気持ちが一方的に強くても、こういうのはダメなんですよ。

相手も同じように自分の事も考えてもらわないと成立しません。

お互いの気持ちを1つになんてわからないでしょうが、結構難しいものです。

気持ちの割合で言えば女性4:男性6くらいがちょうど良いかもしれませんね。

どちらかだけが想っていてはダメ

女性の気持ちが強すぎてしまうと、極端に冷めやすくなってしまうのであまり良い事はありません。

なんでもほどほど程度がちょうどいいくらいです。

ちょっとした事でギャーギャー言うような女性や、器の小さい男性が相手にされないのはそういう理由があります。

お互いの気持ちを1つにと言っても、相手の気持ちや自分の気持ちを無視して押し付けてはいけません。

こういうのはお互いを尊重しないとうまくいかないんですよ。

気持ちの割合で女性4:男性6くらいがちょうど良いとは言いましたが、これには大きな理由があります。

女性の気持ちが強すぎてしまった場合、高確率で相手から飽きられてしまうのが目に見えているからです。

男性というのは狩猟本能が強いため、自分から頭を下げるような女性は好まないのですよ。

だからと言って束縛すれば良いものではありません。

反対に男性の気持ちが強すぎてしまっても、女性は迷惑がる事があるのでバランス的にはいまいちですね。

一定の距離を保つのがベストともいえるでしょう。

2.相手のことを理解してあげる

これは別に恋愛に限った事ではありませんが、相手の事を理解するのいうのは人間のコミュニケーションで一番重要な事です。

もしあなた自身、自分の意見を無視されて相手が意見を押し付けてきたらどんな気持ちになるでしょうか?
やっぱりいい気持ちにはなりませんよね。

相手の気持ちを理解しないで自分の気持ちを押し付ける人間は、独りよがりも良い所です。

独りよがりの人間はとても多いですが、それは他者からみれば裸の王様でしかありません。

相手の事を理解しないと、恋愛以外にも支障は出てくると思って下さいませ。

自分の考えばかり押し付けない

自分の考えを押し付ける人間ほど鬱陶しいものはありません。

先日今務めている後輩の男性に、新しい仕事は何をするのかと聞かれました。

私は諸事情があって今の勤務先を辞めるのですが、辞めた後はフリーランスとして働くと答えたのです。

しかし何故かその後輩は難色を示し、私には個人の仕事は向かない、協調性がないから今の仕事を継続すれば良いではないかと言われました。

別に他者に何を言われようが勝手ですし、どうでも良いレベルです。

私に残れと言って来たのは、辞めたら後輩に負担がかかるからという理由だったのかもしれません。

後輩には以前からフリーランスとして働いている事も話していましたが、どうもフリーランスの仕事を見下しているようで、いい気はしていませんでした。

自分の考えを押し付け、あまつさえ相手のやりたい事を否定する人間だなと軽蔑しましたね。

私はフリーランスの仕事を気に入っていますが、確かに給料は高いものではないでしょう。

しかし自分のやりたい事をやったら良いという旦那の意見をもらい、私は自分を貫き通すつもりです。

意見があるのは別に良いのですが、相手の立場や状況を一切無視し、自分の考えを押し付けるような人間は最低としか言いようがありません。

自分が正しいという傲慢な判断なので、友達としてもちょっと嫌ですね。

本人に自覚がないのは勝手ですが、この状態を継続していくといつか嫌われる事になるのは覚えておいた方が良いでしょう。

3.ときには辛く苦しい時もある

本当に時々レベルかもしれませんよ。

恋愛で苦しいと感じるのは自分次第でしょう。

何に苦しさを感じるのかは、ものすごく微妙ですね。

私自身の経験からは、自分の至らなさでしょうか。

何名かの男性と付き合ってきましたが、うまくいったのは旦那だけでした。

過去に付き合った男性と上手く行かなくなってしまったのは、すべて自分のせいだった気がします。

今でも結構言われている事が多いのですが、私にはできていない所があまりにも多すぎたのです。

それを自覚して何とか直そうと努力はしているのですが、なかなか難しいですね。

2人で乗り越えていくこと

困難に思うのはお互いというよりも、本当はどうなのでしょうか?
世の中には正解というものはありません。

2人で乗り越えるというよりも、自分で自覚をしてどうすれば良いか考えなければいけませんよ!
相手が一緒だと甘えてしまう事があるため、相手に協力してもらうのは最低限度のみにしましょう。

どうやって乗り越えるかと申しますと、そんなに難しい話ではないです。

病気や借金などはどうしようもないですが、それ以外であれば何とでもなりますよ。

人間は解決策を探さない限り、壁を突き破る事はできませんからね。

4.相手を許す

相手を許していますか?
全てに対して許すという選択肢は重要です。

相手を許さないという選択肢は、自らを殺していると思って下さいませ。

よっぽど許せない事があっても、許さないという選択肢は間違っていると言っても良いでしょう。

正確に申しますと、許す許さないという考えは捨てた方が良いですね。

全てにおいてどちらでも良いという選択肢を取りましょう。

許す許さないという選択肢をしてしまうと、自らの選択肢を縮めることになります。

現実の選択肢はゲームのように2択や3択のみではありません。

そしてそのどれかにも正解というものはないんですよ。

相手を許すというのはあまり良い選択肢とは言えない状況もありますよね?

浮気をした、自分を裏切ったという場合、当然大半の人は許せないと思うでしょう。

はっきり言いますが、人間というのはいつも同じ気持ちとは限りません。

相手が自分を嫌になる事も想定しておく必要があると考えて下さいませ。

私の旦那は許す許さないという選択肢というよりかは、去る者は追わないという考え方を持っています。

その上で何をするにしても別に良いよとは言いますよ。

ただしもし自分の元から去った場合、私を追いかける事はないと話しています。

自分から去った人間を追いかける事はしないという事です。

これを事前に聞いている分、喧嘩した時家出や軽はずみな行為は一切できない事を暗示しています。

引き止めも一切ありませんので、自分からやり直したいと言ってもその時点で終了してしまうのです。

事前にこういう対策を取っておくと、下らないしがらみに取りつかれるような事はなくなるでしょう。

いがみ合っている時でも許すことからはじめよう

許さないというのはそもそも自分のプライドの高さを示しています。

人間にとってプライドというのは、単なる足かせのようなものでしかありません。

自分へのプライドにかけて相手を許す事が出来ないのです。

プライドというのはくだらないものですけどね。

人間のいらない感情の1つとされているのが、怒りといわれています。

怒りを人にぶつけるのは良い事ではありませんし、相手も自分も嫌な気持ちにしかなりません。

許す事などできないとおもうかもしれませんが、気にしなければ良いのです。

ただし同じ事を何度も繰り返すような事をしているのであれば、さすがに信用は出来ないと伝えましょう。

いがみ合っている時ではなく、あえて冷静な時に言うと相手にもダメージを与える事が出来ます。

自分が正しい事を言っていても、相手に通じない事はよくある事です。

さすがに笑って許されないような事をした人間は、信用は出来なくなってしまうので許す許さないではない事は理解してくださいませ。

浮気や遊びだった場合はさすがに許せるレベルではありませんが、相手を起こっても仕方がありません。

5.妥協することも大事

妥協というと言い方は悪いかもしれませんが、良く言うと相手のいい所を見ようという意味にとらえて下さいませ。

人間なのでどこか欠陥はあります。

自分自身に欠陥がない人間などおりませんよ。

この部分こそ相手の何を許すか、それに尽きます。

妥協するとしてもどうするかですね。

はっきり言えば単純な事です。

下らない事でうじうじ悩んでいても仕方がないでしょう。

はげが嫌、わきがが嫌、何でもかんでも嫌と決めつけてしまうのはすべてにおいてよくありません。

相手のいい部分を見てきめて下さい。

これは許せないけど、自分が何とかすれば行けると思ったらよいのです。

物事を楽観的に解決する方向へもっていかないとしんどいですよ。

ただ浮気や遊びなどは妥協できない部分でもあるため、そういうのは妥協する必要はありません。

お互いに納得のいく解決をする

必ずしもお互いに納得いくかどうかといわれるとわかりません。

相手からすればうるさいと思われてしまうので、こういう時は自分の意見を押し付けてはいけないのです。

例とすれば私の場合、旦那に清潔感がない所でしょうか。

旦那は私にとってある意味で言えば理想的な人間ではあります。

しかし体臭、足が臭い、おならも臭い、げっぷもするという最低な部分が目立ち、付き合った当初はドン引きでした。

友達に話した所、全員無理と言っていましたからね。

別に他の人がどう言おうと気にしなければ良いのです。

相手からすれば単なるおせっかいとなる部分もあるので、いかに上手く誘導できるかどうかにかかってきます。

こういう時自分の意見を押し付けてしまうと、相手と喧嘩になってしまう元になるので、強要は絶対にしてはいけません。

6.自分よりも大事にしよう

自分の事も大切ですが、一番は相手を大切にしなければいけません。

相手を優先しすぎてもだめですが、尊重すべき所は尊重しましょう。

何故相手の事を優先しなければいけないのか、相手の都合や立場を考えなければ恋愛は成り立たないのですよ。

自分優先にしてしまう人はたくさんいます。

しかし自分優先にしてしまった場合、相手はあなたの事を鬱陶しいと思ってしまうのです。

別に振り回されるのが好きな方もいますが、優しさが見当たりませんよね。

相手の事を大切にできない人間は、誰とも付き合う事は出来ません。

特に恋愛というのは、家族や友達よりも近しい存在であるため、素を見せてしまう事が多いです。

女性の多くは自分よりも相手に尽くす方ばかりですが、中には面倒くさがりの女性もたくさんいます。

自分の事を優先する人間はけち臭い人間であるという自覚を持っておいた方が良いですよ!

7.お互いに一人になることも大事

束縛がだめという理由はこういう所から来ています。

お互いが一人になる時間帯も必要です。

ずっと一緒にいると精神的にしんどくなってきます。

女性の多くは週に1回会える時に会いたいという方は多いのですが、自分の時間も作らないとペースが崩れてしまいますよ。

彼氏を優先しすぎてはいけないというのはそういう所から来ています。

お互い趣味や好きな事、そして女性は自分磨きの時間が必要でしょう。

恋人を優先しすぎるあまり、自分の時間が取れなくなってイライラしている方を何人もみた事があります。

全て身から出たさびなのですが、その愚かさに気が付いていないのはなんとも言い難いですね。

恋人だからずっと一緒にいなければいけない、大事にしろって一緒にいろってことなんじゃないの?と思うかもしれませんがそれは大きな間違いですよ。

友達や家族と遊ぶ時間は必要ですし、恋人は自分の恋人であっても所有物ではありません。

たまには会わない日も作る事が大切です。

たまには一人で自由な時間を過ごそう

週に1回ペースで会うのがベストですが、たまにはお互い予定を作ってのんびりするのも良いでしょう。

社会人になると精神的にも肉体的にも疲れやすくなってしまいます。

その為のんびりした時間を持つというのが出来なくなってしまう事も多いです。

特に恋愛は体力と気力がいるので、面倒くさいという意見があるのはそういう理由だったりします。

私の友達で恋愛に溺れやすい傾向の女性がいるのですが、週1回以上会いたいと言っている方がいました。

はっきり言って面倒くさい以外の何物でもありません。

週1回以上会うのは、ごくごくたまになら良いでしょう。

しかし毎回毎回頻繁に会っていると、ありがたみも何もなくなってしまうんですよね。

自由な時間がないとつまらない人間だと思われてしまいます。

たまに会えるからこそ、ありがたみというものは理解が出来るのです。

自由な時間を過ごす事によって、気力もリフレッシュできますよ。

女性の場合、生理が来たら強制的に会わないという日を作るのがベストでしょう。

生理が来たらしんどくて何もできませんし、行動に制限がかかりやすくなるので、わざわざしんどい中恋人に会うと余計ストレスになります。

たまには一人で自由な時間を過ごしましょう。

8.相手を信じる

相手の事を信じられなくなってしまったら、それは恋愛としては終わりです。

別にもう目的に相手を信じろと言っている訳ではありません。

相手を疑い過ぎてもいけないと言っているだけですね。

束縛傾向のある人間はまず相手の事を一切信用していません。

その上自分の要望を相手に押し付けてくるので、自分勝手も良い所です。

相手を信じられない人間というのは、自分に自信がない人間である事を証明しています。

信じると言っても難しいと思うでしょう?
反対に疑い過ぎてもだめです。

全てを信じるというよりも、この人はこういう人だというのを理解しておくと、相手の事を信じられるようになりますよ。

相手をよく観察する事で理解する事が出来ます。

こればかりは時間をかけないと難しいでしょう。

大体3か月か半年くらいあれば、相手がどういう人物であるかはわかってくるものです。

ちょっとした言動で見抜くくらいになればベストです。

疑ってかかったり不信感を抱いてはダメ

もしあなた自身、何もやっていないのにこんな事をしたと濡れ衣を着せられてしまったらどう思いますか?
やっぱりいい気はしないですよね。

疑うのは良いかもしれませんが、反対に信じてもらえないというのは凄く悲しい事です。

ただ普段からの行動で信用されていないケースもあるので、そこは判断が難しい所でもあります。

不信感を相手に抱かせるようであれば、それはそれで終わりですけどね。

怪しいなと思っても感情的に相手に言ってはいけません。

こういう時は駆け引きが上手くなれば、自然と相手がぼろを出します。

言葉の誘導というものです。

相手に対して不快にさせないように、言葉を選びながら話してみましょう。

直情的に相手にこうなんだろう!?というと、高確率で喧嘩になります。

また相手の本心を知りたい時は、大体顔を見れば把握可能出来ますよ。

言葉、仕草、表情を見ていれば何となくわかってくるものです。

それに一緒にいれば相手が嘘をついている事も理解できますからね。

人を信用できないという人間は、自分の事すら信用できない悲しい人間です。

9.自然体でいる

最初の内は相手に良く見せたいという気持ちの方が強いでしょう。

そのため自然体でいる事が中々できなかったという方もいるほどです。

相手が年上だとそういうのがよくあるそうですよ。

同年代だと結構気楽に接する事は出来るんですけどね。

ただ自然体にするにしても、礼儀だけは忘れてはだめですよ。

素というよりも汚い部分だけは見せないようにしましょう。

まれに女性で平気でおならをしたりげっぷをしたりする方はいますが、男性のいない所でやって下さい。

そんな人はいないだろうと思うかもしれませんが、たまにいるんですよ。

自然体でいるというのは、自分の汚い所を見せるという訳ではありません。

男女共に嫌だと思われてしまう行為ですからね。

最低限の礼儀だけはわきまえましょう。

素を出して相手と接する

素を見せてもらえると嬉しいと思いませんか?
反対に素を見せてもらえないと、なんだか信頼されていないような気持ちがしていい気はしません。

これは男性よりも女性の方が圧倒的に多いでしょう。

女性は変な見栄を張りたがってしまうのか、淑やかな感じに見せるように努力をしている方がたくさんいます。

しかしほとんどは付け焼刃な事が多いので、うまくいかない方も多いんですよ。

男性には本性などバレていないと思うかもしれませんが、実は男性の方が見抜くのが上手かったりします。

女性は嘘を付く生き物ですが、男性は別に素で接する事ができるんです。

もちろん最初はお互い遠慮している部分があるので、堂々と行ける方はいませんけどね。

私は気を付けていたつもりなのですが、最初から隠せる人間でなかったために旦那には全てバレていました。

ボロが出やすい事は良いのかもしれませんが、微妙な所でもあります。

10.言いたいことはハッキリ言う

たまにため込んでしまう方っていませんか?
言いたい事を言えずに我慢してしまう方って結構多いんですよね。

こういう時我慢するのは女性でしょう。

女性が我慢するのは限界寸前なので、よく爆発する事があります。

恋愛ではどちらかが我慢してはいけません。

素直に相手に言う事が大切です。

我慢して付き合ってもらって何が嬉しいのでしょう?
後から嫌だったと言われた方が悲しい気がします。

言いたい時は遠慮せずはっきりと言う方が相手のためですよ。

空気を読んで言えなかったというのは単なる言い訳でしかありません。

相手からすれば何でその時に言わなかったのかという風に、責められる事になりますからね。

本当の恋愛をしたいのであれば、良い所も悪い所も全て突っ込んでいく方がお互いの為でしょう。

まとめ

本当の恋愛をしてきたという風に自称をしている方は多いかもしれませんが、大半は恋愛ごっこでしかないのですよ。

恋愛というのはいつの間にか落ちているケースが多いのです。

好きな人が出来た、いるというのは別に悪い事ではありません。

上手く付き合う事が出来たらその後はどうすべきか考えましょう。

自分勝手に振る舞い、上手く行かなかった、いつも恋愛に失敗している女性はたくさんいます。

それだけなら良いのですが、良い大人になって子供を作って上手くいかなくなってしまい挙句離婚をするというのは、それは恋愛自体の問題となりますからね。

離婚をする人間というのは、恋愛が出来ていない人間なのです。

何となく離婚をする人間は何か問題があるのでは?と思われてしまうケースが多いのですが、まさしくその通りですよ。

本当の恋愛が出来ない人間は、結婚する資格などありません。

結婚してもその後他の男性に目移りしてしまう方がいるのはそのせいです。

恋愛も普通の人間関係と同じですが、距離が近いので何でも許されるとは思わないでください。

どんな時も相手の事を尊重しなければなりません。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718