CoCoSiA(ココシア)

仕事がないのは正直辛い…会社に行っ...(続き6)

たとえば、取引先に出向いてコミュニケーションをとってみましょう。

先日納品した商品の使い心地を確認すれば、「もっとこうして欲しい」と希望を言われるかもしれません。

そこでひとつ、仕事が生まれますよね。

とくに何もなくても、雑談をしているうちに困っている話を耳にするかもしれません。

その困りごとを解消するお手伝いが、仕事になることもあります。

もちろん、上司や先輩とのコミュニケーションで、「本当はもっとこんな仕事をしていきたい」なんて話が出る可能性もあります。

将来もっと良い仕事をしていくために、あなたの空いた時間が役に立つかもしれないのです。

仕事はコミュニケーションから生まれるものです。

新たな仕事を開拓できれば、会社にとってもプラスになるし、自分の暇も解消できます。

多くの人と日頃からコミュニケーションをとって、仕事のチャンスを逃さないようアンテナを立てておきましょう。

仕事を見つけてモチベーションを上げよう!

いかがでしたか?

今回は『会社に行っても仕事がない人がやるべき5個の対処法』をご紹介してきました。

仕事がないというのは、楽なのではなく辛いものです。

でも、その状況を変えるのは自分!自分で考えて行動すれば、きっと「仕事がない」という状況にも陥らないはずです。

自分で考えて、どんどん仕事を見つけていきましょう。

自分で仕事を見つけられるようになれば、もう怖いものはありません!