CoCoSiA(ココシア)

仕事がないのは正直辛い…会社に行っても仕事がない人がやるべき5個の対処法


会社に行っても仕事がない…その状況が辛くて悩んでいませんか?

仕事がなくてお給料がもらえるのは、一見楽なようにも思えます。

でもほとんどの人が、仕事がない状況に耐えられません。

仕事へのモチベーションが保てないのはもちろんのこと、自分の価値も見いだせなくなってしまうからです。

そんな人のために今回は『会社に行っても仕事がない人がやるべき5個の対処法』をご紹介します。

仕事がなくて辛いと感じている人でも、やるべきことは必ずあります!それを見つけて、仕事へのモチベーションを上げていきましょう。

この記事の目次

仕事がないのは正直辛い?会社に行ってもすることがない人もいるのでは?

会社に行くものの、毎日暇な時間を過ごしている…そんな状況に居るのは辛いものですよね。

会社に行っても仕事をしている充実感がなく、働く意味を見出せなくなってしまいます。

仕事はお金さえもらえればいいというものではなく、やはり意味や意義が必要なのです。

そのため、仕事がない状況が続くと転職を考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、転職にはリスクもありますよね。

希望の転職先が見つからないこともありますし、給料が下がってしまう可能性もあります。

ですから転職する前に、まずは今の会社で自分がなぜ「仕事がない」という状況に陥っているのか…それを把握するのが先決なのでは?そのうえで、本当に自分にやれることがないのかを考えてみましょう。

今の自分の状況としっかり向き合い、変えていこうと努力することで、「仕事がない」という悩みからも解放されるかもしれません。

なぜ仕事がない?会社に行っても仕事がない人の5つの理由

決して楽ではなく、辛い立場に立たされる「仕事がない」という状況。

会社に行って仕事がないのはなぜなのでしょうか?それには、5つの理由が考えられます。

1.自分の仕事を全て終えたから


会社に行っても仕事がない人の理由として、まず挙げられるのが、自分の仕事を終えてしまったことです。

会社に行って、やることがゼロの人はいないはずですよね?このご時世、会社だって、まったく仕事がない人を雇うほどの余裕はありません。

でも、仕事がなくなり就業時間を持て余してしまう人がいます。

その理由には、2パターンが考えられます。

ひとつは、仕事スピードが速いことです。

仕事のスピードが速い人は、遅い人と比べて早く仕事を終えてしまいます。

そのため、就業時間を持て余してしまうわけですね。

そしてもうひとつは、与えられている仕事量自体が少ないことです。

就業時間に対して仕事量が少なければ、どんな人でも仕事がなくなり、時間を持て余すことになるのです。

仕事のスピードが速くて時間が余ってしまう場合は、上司が与えるべき仕事量を見誤っているのかもしれません。

ですので、仕事が終わるごとに報告しにいけば、「もっと仕事量を増やしても大丈夫なんだな」と認識してもらえ、仕事量を増やしてもらえるかもしれませんね。

一方で仕事量が少ない場合、その理由は、会社としてそもそも仕事量が少ないこと、上司の仕事配分が上手くできていないこと、仕事を任せられないと思われていることの3つが考えられます。

何が理由で仕事がないのかを把握しなければ、仕事がない状況から脱するのは難しいです。

ですから、まずは自分の状況や会社の状況を把握しましょう。

2.仕事を与えてもらえてないから

会社に行っても仕事がない人の理由としては、仕事を与えてもらえてないことも考えられます。

仕事を与えてもらえてないのは、仕事量が少ない理由と同じ。

会社全体の仕事が少なく、各自に与えられる仕事がないことがまずひとつ。

また、仕事はあるものの上司が上手く仕事を割り振れていないこと、仕事を任せられないと思われていることが、仕事を与えてもらえない主な理由でしょう。

会社全体の仕事量が減っている場合、それは会社の危機的状況ということにもなります。

その場合は会社全体のことを考え、新規取引先を獲得するなどの工夫をする必要がありますよね。

自分で外からの仕事を開拓してくることで、会社の業績も上がり自分の仕事も、立場も確保することができるでしょう。

一方で、仕事を与えてもらえてないのには、上司の裁量不足も考えられます。

上司は、その部内においてひとりひとりの仕事能力やスピードを把握し、適切な人物に適切な量の仕事を割り振らなければなりません。

それが上手くできていないと、仕事量が多すぎて終わらなかったり、逆に仕事量が少なくて時間を持て余したりしてしまいます。

上司が割り振りを見誤っている場合は、仕事がなくなったら報告することで、新たな仕事を与えてもらえるはずです。

そして問題なのは、仕事を任せられないと思われていることです。

仕事を任せるのに不安がある場合、上司は仕事を振ることができません。

つまり、仕事ができない人には振る仕事もないということです。

あなたが実際に仕事ができない人なのか、上司による勘違いなのかは分かりません。