一日中家で過ごしている婆さんは、ずっとテレビの前に陣取って、大好きな番組を見ているのです。

もちろん、朝はNHKの連続の朝ドラが大好きで毎日見ているのですが、それだけでは飽き足らず、BS番組も追っかけて繰り返し同じものを見ているようです。

毎回見るたびに何かに感動して、何を話しかけても気が付かないぐらい集中しているようです。

これほど興味を持つことがあれば生きがいもあるだろうと思い、今は暖かく見守っているのですが。

そして、毎週放送される夜の連続ドラマも好きなものがあって、毎週それも欠かさずに見ています。

そして、その番組が始まると決まって言う台詞が「もう一週間経ってしまったのね」「時間が経つのは速いね」という言葉です。

番組と同じで、毎回同じセリフを聞かされる方も「そういえば、一週間が過ぎてしまったのか」と感じてしまうのです。

「年を取れば取るほど一年が速くなる」とよく言いますが、本当に年を取ると一年も速く感じるのでしょうか?もしそうなら、一週間ぐらいはあっという間なのでしょうか?

時間の流れについて、真剣に考えた人が多いようです。

単純に考えると、8歳の子供が考える1年は、その子供の生きてきた人生の8分の1であることに対して、80歳のお婆さんにとっての1年は、人生の80分の1に過ぎないのです。

子供は1年は長く感じて、80歳のお婆さんは短く感じることでしょう。

長いか短いかは、今現在に進行している時間の体感速度ではなく、過去を振り返った時に感じる時間の長さの印象によって決まるようです。

例えば、自分が小学校に通っていた頃を懐かしく思い出す時には、脳に記憶しておいた過去の情報を振り返っているのです。

その時の1年間という時の流れも振り返ってみると、それはどれくらいの長さに感じるかという感覚の違いによるのです。

このように、過去を振り返ってみて時間が長い短いと感じるだけでなく、今の時間が短い長いと人によって感じ方が異なることもります。

何かの良い回答を今か今かと待っている場合には、時間はとても長く感じます。

しかし、上司から何かの調査を頼まれていた時などは、期限が来るのがとても速く感じてしまいます。

「もう明日の朝には報告しなくてはいけない!」と時間が経つのが速く感じてしまいます。

嫌だと思っていることは、とても時間が短く感じるものです。

これと同じ感覚ですが、好きなことを楽しんでいる時は、とても短く感じてしまうのです。

そして、苦しいことをしている時には、とても時間が長く感じてしまうものです。

誰にも平等に与えられた時間ですが、私たちが体感する時間というものは、人や状況によって大きく変わることが分かります。

何かに集中している時もそうです。

好きなことややるべきことに集中していると、時間が速く感じることがあります。

やりたいことがたくさんある状態なのです。

あれもしよう、これもやりたいとワクワクしながら次の一手を考えているのです。

このように、次から次と考えている時には、あれからどれくらい経ったのだろうと考える暇などありません。

そうしながらも、時間はどんどん過ぎていく訳です。

ある時に、ふと我に返って時間を意識するようになると、ビックリするぐらい時間が過ぎてしまっているのです。

つまり、好きなことに集中して没頭してしまうと、時間のことを考える暇がなくなり、時間の意識が無くなるので速く過ぎたように思えるのです。

誰か他人が近くにいて、絶えず時間のコールをしていれば、しれ程時間が速く過ぎるとは感じられないはずなのです。

時間の流れが速いと感じる人は、何かに集中していて時間のことを忘れているためなのです。

集中しているということは、没頭することがたくさんあって、どれからやろうかとワクワク感で頭がいっぱいになっている証拠でもあります。

では、時間の流れが速いと感じている人は、どのような生活を送っているのでしょうか?

時間の流れが速い人は充実した毎日を送っている!

「超忙しいので、時間が経つのが速いわ!」などとぼやいている人がいますが、一日中動きまくって働いている人は、時間が過ぎるのはアッという間だそうです。

1週間どころか1ヶ月もすぐに終わってしまうようです。

季節もどんどんと変わっていって、ちょっと気を許すと一年間もすぐに終わっていくようです。

このように、何かに没頭する時には、そのことだけを一生懸命に考えているので、脳はそのこと以外のことはおろそかになってしまうのです。

ご飯の時間を忘れてしまって食事を抜いてしまったり、約束していたことも忘れてしまいます。

それらのことに対して、無意識の状態になるのです。

研究者が何かに集中してしまうと、周りのことが見えなくなってしまい、まったく時間の概念を忘れてしまうのです。

学生が卒論を書き上げる時も同じようなことになります。

普段は自分のペースに合わせてゆっくりと生活していたのですが、就活も無事に終わってあとは単位を取って卒業するだけとなります。

その前に立ちはだかっているのが、卒論なのです。

図書館に入り浸って資料を集め、自宅の部屋に閉じこもって卒論を仕上げます。

わき目も振らずに卒論の資料つくりに没頭するのです。

提出期限に印を入れたカレンダーを見ながら、集中してしまうのです。

この時には、一日があっという間に過ぎてしまうように感じるものです。

時間の流れが速く感じるのです。

言い換えると、充実した日が続いているのです。

充実した毎日が続くと、時間の経過に意識が向く回数が激減するのです。

すなわち、時間に対する観念が無くなっている状態なのです。

最近では、何時間も時間を忘れてスマホに没頭している人を見かけます。

家に帰ってから、食事をした後はずっとスマホをいじっているのです。

アプリでゲームをやっているのです。

こんな人も、スマホのゲームに集中していることから、その意味では充実した時間を過ごしていると思われます。

だから、朝方までついゲームを行ってしまうのです。

時間を忘れるほどに充実した毎日を送っているとも言えるのです。

仕事かスマホか、はたまた彼女との恋愛に没頭するかは人それぞれですが、集中すると時間が経つのは速いものです。

時間は、大事に使うべきです。

時間の流れが速いと感じる人ってどんな人?


時間の流れが速いと感じる人というのは、別の見方をすれば没頭するものが存在するということでもあります。

何に没頭するかは人によって異なりますが、まずは時間を忘れるくらい集中するようなものを持っているというのが条件でしょう。

では、どんなことに集中しているのかを探ってみました。

常に新しいことに挑戦している

興味のある分野で、新しいことにチャレンジするとか、新しいことを始めてみることでも集中することができます。

年を取ってからプログラミングに挑戦したり、ゴルフを始めたり、麻雀を覚えて楽しんだりと、新しい行動に挑戦すると注意力が必要になってきます。

自然に脳が敏感になって五感が研ぎ澄まされてくるのです。

常に新しいことに挑戦していると、その瞬間瞬間に脳は速いペースで感覚や情報を処理しているからです。

時間の感覚が失われてしまうのです。

脳の中の意識には、その瞬間は時間という概念が外されてしまっているのです。

だから、常に新しいことに挑戦していれば、時間の流れは速く感じるはずです。

高校球児が、時間を忘れて素振りに没頭してしまうのも同じことです。

相手投手が攻めてくるコースや球種を想定して、その都度振り方を考えて素振りをするからです。

逆に、ただ百回素振りしろと命令されると、時間が経つのが遅く感じて速く終えたいと思い、いい加減な練習になってしまうこともあるのです。

忙しい毎日を送っている

今日は珍しいことに、三人もの来客が予定されています。

しかも、仕事が終わった後に、彼女との久しぶりの食事をすることになっていて、すでに人気のレストランを予約しているのです。

このレストランは、有名なシェフの料理が楽しめるということで、予約も難しいのですが何とかネットで予約がとれたのです。

彼女とはもう3年も交際していて、彼女の誕生日でもあるのでプロポーズも計画しているのです。

人生の大事なイベントを成功させたいと力を入れているのです。

そんな中での来客との商談を予定しているのです。

それぞれのお客さんとの交渉の段取りや資料作りも終わっていて、あとは上手く進めるだけです。

それぞれの時間配分も決めているので、就業時間には終えたいと思っています。

このように、終わりが決まっている時には、必要な事柄は時間内で完了するように、全精力を集中するのです。

商談の時に予想される質問も想定して、そつのない回答まで準備しています。

実際にお客さんが来られて商談が始まると、相手の行動や言葉にも集中して対応します。

一時も気を抜くこともなく、集中しっぱなしなのです。

開始時間と終わりの時間だけを脳にインプットしておいて、その間は仕事のことだけを考えます。

何とか三人の来客との商談を終えると、今度は彼女とのデートの方に意識を集中させます。

このようなスケジュールで忙しい一日を終えると、なんて速い一日なんだと感じるはずです。

同じことを淡々と繰り返すような仕事ではなく、毎日新しいお客さんと接したリ、新しい出来事が起こるような忙しい職場なら、毎日の時間が経つのは非常に速いと感じるはずです。

忙しい毎日を送っていると、時間は速く感じるものです。

メリハリを付けるのが苦手

新しいことが起こらないと、脳はあまり刺激を受けないようです。

朝から晩まで決められた作業を淡々とこなしていく仕事では、一日が長く感じてしまうのです。

例えば、1万個の封筒に宣伝用のパンフレットを折りたたんで入れていく作業を三人で実施することになると、最初は雑談でもしながら手を動かしていたが、だんだんと口数も少なくなっていき、黙々と作業をするだけになります。

こんな時間は、非常に長く感じるものです。

速く終わらせたいという気持ちが先行して、退屈な作業になっていくのです。

時間の流れが遅く感じられるのです。

こんな時は、慣れた作業をするので脳も経験済みです。

経験済みや体験済みのことを繰り返すだけなので、脳は新しいことに集中できなくなるのです。

集中できないと余計なことや時間のことを気にしてしまうので、時間が長く感じるのです。

こんな時には、脳に刺激を与えるために、ちょっとしたメリハリをつけてやることも大事です。

作業をする人を時々入れ替えたり、ある一定時間ごとにティータイムを設けて休憩するとか、メリハリをつけることも必要です。

脳に刺激を与えて工夫をするようになったり、作業効率も上がって早く済むかもしれません。

メリハリで、脳に刺激を与えましょう。

楽しい時間を過ごしている


苦しい時間は長く感じるし、楽しい時間はあっという間に過ぎ去るように思えます。

楽しい時間を過ごしている人は、時間の流れが速く感じているはずです。

この話をするときに、ぜひ考えていただきたいのが「相対性理論」なのです。

かの天才的な物理学者であるアインシュタインが説いたものですが、時間や空間についての理論なのです。

この中で印象に残っていることは、この世で一番スピードが速いものは光です。

そしてこの光のスピードに近づくと時間の進行が遅くなるということです。

光よりも速く進むと、老化しないのです。

といっても理解できないことですが、そのアインシュタインが相対性理論について分かりやすいたとえ話をしていたのです。

それは「熱いストーブの上に手を置くと、1分でも1時間に感じられる。

でも、きれいな女の子と座っていると、1時間が1分に感じられる。

それが相対性です」とのことです。

同じ時間でも、好きな女性とデートしている時のように、楽しい時間を過ごしていると、相対的に時間は短く感じられるというわけです。

集中力が高い

集中力というと、スポーツの世界でよく語られます。

故障から一変して冬季五輪のフィギュアスケートで連覇した羽生結弦選手を思い浮かべます。

リンクに上がって滑る寸前の集中力のすごさといえば、TV画面を見ていてもヒシヒシと感じてしまうほどです。

彼だけにとどまらず、スピードスケートでの活躍した小平選手や高木選手なども、スタート寸前には競技に勝つことに集中しているようです。

滑り切ったタイムもそうですが、滑っている間の時間の流れもものすごく速かったと思います。

何かに集中している時間は、ものすごく速く進むように感じるものです。

受験生もそうです。

受験勉強に集中いている人は、あれも覚えておこうとかあれも復習しておこうとか、頭の中をフル回転させながら勉強に集中するのです。

この勉強の時間というのは、本当に速く過ぎてしまって時間が足らないと感じているはずです。

サラリーマンでも、忙しい仕事が終わってから、何人かの仲の良い仲間と一緒に行きつけの居酒屋でお酒を飲んでいると、時間の過ぎ去るのが速いのです。

気が付くと、もうこんな遅い時間になっていると慌ててしまうのです。

楽しくていろんな話に集中していると、時間の流れが速く感じるのです。

時計を見る習慣があまりない

集中力が高い時には、時間のことを忘れてしまうということと同じように、時計を見る習慣があまりない人も、時間のことを忘れてしまいがちです。

自分の部屋に時計を置いていないという人もいますが、私なんかは不安で仕方なくなることと思います。

最近では、TVや電気製品、PCやスマホにもデジタルの日時の表示が付いています。

時間に関心を持てば、いつでも見られるはずなのです。

休日に街を歩いていても、自然に時計を見つけてしまうのです。

ビルの屋上やビルのエントランス、地下街のお店の壁の掛け時計など、ついつい見つけてしまうのは私の習慣なのでしょうか。

暇な休日といえども、昼までにあれをして、ここに確認の電話やメールをして、といろいろとスケジュールがあります。

そこで、タイミングよく処理するためにも時計を見て時間を確認しておく必要があるからです。

しかし、たまに時計を見る習慣があまりない人もいます。

時間を確認するのは、自分の腹時計とお天道様(太陽のこと)の動きだけです。

「お腹がすいてきたからぼちぼちお昼だなあ!」「日が陰ってきたから夕方が近いなあ。家に帰るか!」などと、大体の時間を高精度で感じるようです。

季節によって、太陽の角度や影の長さなどで時間を感じるのです。

田舎暮らしの人にとっては、どこにでも時計がセットされていることはありません。

自分で腕時計を持ち歩くか、太陽の動きで時間を想像するしかありません。

このような生活では、時間という概念は薄れてしまっているのです。

日暮れになって、「もう一日も終わりだなあ」と時間が過ぎるのが速く感じてしまうのです。

時計を見る習慣があまりない人は、時間の感覚が無くなり、絶えず時間を気にすることもないので、気が付けばもうこんな時間と驚くのです。

時間が流れるのが速いのです。

時間の流れが速いのはどんな時なのか

誰でも時間は平等に与えられているのですが、時間の流れが速いという人と遅いという人がいることは間違いありません。

どちらかの人が、間違っているという訳でもないのです。

あなたも、時間の流れがものすごく速くて、あっという間に終わってしまって、もっと楽しみたかったと嘆いたこともあるはずです。

どうでもよい講義が始まると、速く終われと心の中で叫んだこともあるはずです。

そんな時には、時間がゆっくりと進んでいるように感じるのです。

自分でも時間の流れがいろいろとあると感じますが、ではどんな時に時間の流れが速く感じるのかを考えてみました。

仕事の繫忙期

農家も作物の収穫の時期には、ものすごく忙しいようです。

作物は同じような時期に一斉に実るからです。

キュウリや白菜、リンゴやミカンなど、収穫して洗浄して箱に詰めて出荷するという工程は、一日単位で新鮮なうちに仕上げないと傷んでしまって評価が落ちるからです。

このような繁忙期には、朝早くから畑に出て夜中に箱詰めが終わるまでは、あっという間の時間に感じるようです。

サラリーマンでも、お盆や年末年始の休日が増える頃には、仕事の段取りでとても忙しくなるのです。

繁忙期にはいろんな出来事も重なってしまい、気が休まる暇もないので時間の流れもものすごく速く感じるようです。

仕事の繁忙期には、やることに振り回されてしまい、時間の流れは速いのです。

休みの日

休みの日まで家に仕事を持ち帰る人もいますが、たいていはゆっくりとできるはずです。

朝も寝床でゆっくりとできるし、満員電車に乗らずに済むし極楽なのです。

嫌な上司の顔を見なくていいし、好きなことをして時間を過ごせるのでとても楽しいのです。

起きてから、あれを楽しんで遊ぼうとか、買い物に出かけようとか、楽しいことを計画して過ごせるのです。

楽しいことが自由にできる時間は、ものすごく大切なものです。

しかし、気が付くともうお昼になり、昼ご飯を食べてから好きなことを始めてもすぐに夕方になってしまいます。

「もう一日が終わるのかあ」と一日がなんだか速く感じてしまうのです。

思う存分楽しいことをやり切っていないと思うと、余計に時間が速く過ぎるように思ってしまいます。

土日が休みの人は、もう一日休日があると思い直しますが、自由に楽しめる時間があると思うだけで楽しくなって、無駄に過ごしてしまうこともあるようです。

休みの日は、ゆっくりできると思っていても、時間の流れは速いものです。

趣味の時間

何かの好きな趣味の時間も、それに没頭していると時間の流れは速く感じてしまうものです。

絵を描いたり楽器を演奏したりする趣味では、もっと上達してやろうとチャレンジしている時には、それに集中してしまうので、時間はあっという間に過ぎてしまうようです。

サッカーやテニスなどのスポーツでも、もっと高度な技術を身に着けたいという向上心があれば、練習にも集中するので時間は速く過ぎていくのです。

好きな趣味の時間は、速く流れるようです。

誰かと一緒にいるとき

好きな人と一緒にいる時には時間は速く流れ、嫌いな人と一緒にいる時は時間がゆっくり流れるように感じるのは私だけではないようです。

誰とどのような場面で一緒にいるかで、時間の流れは変わってくるようです。

友達

近所のスーパーのレジの片隅で、奥様同士が久しぶりにばったりと出会ったようで、早速おしゃべりが始まりました。

しばらくご無沙汰の時間を埋めるように、お互いの近況報告をまず始めたようです。

それからお互いの子供の様子や、家族のことやご近所の人の話題など、楽しそうに話しています。

別に、その人たちを観察している訳でもないのですが、親しい友達と会っている時は話に夢中になっているようです。

すると、どちらも時間に気が付いて「もうこんなに時間が経ってしまったわ。次の予定があるからここらで!」と言って別れるのです。

時間が流れるのが速いのです。

恋人

恋人もそうです。

大事なパートナーであれば、なおさら会っている時は楽しいのです。

期待に胸を膨らませてデートしたのですから、何をするにもとても興奮して楽しいのです。

会っていると、あれもこれもと考えてしまうので、時間という概念を忘れてしまいます。

相手とのひと時ひと時が短く感じてしまい、デートが終わるころにはもっと話したいことややりたいことがまだ残っている状態で、時間が足らないと感じているはずです。

時間が流れるのが速いのです。

寝ているとき

疲れていてぐっすり眠ると、朝目覚めた時に「ええっ、もう朝か!」などと感じることがあります。

7時間ほど眠ったことを覚えていないのです。

ぐっすり眠ると、時間は速く過ぎてしまいます。

しかし、何かの不安があって目が冴えてしまうと、なかなか寝付けなくて時間が過ぎるのが遅く感じてしまうのです。

ぐっすり眠るのはノンレム睡眠のことで、この間は脳は覚醒していない状態です。

時間はアッという間に過ぎてしまいます。

寝付けない時や眠りが浅い時には、睡眠はレム睡眠と呼ばれる睡眠を取ることになり、覚醒しやすいので時間の感覚は蘇ってしまうようです。

毎日が充実している人の特徴9選!

「あの人はなんだか毎日が充実しているように思える。毎日楽しそうだから」という人がご近所にいるはずです。

顔も生き生きとしているし、会話もしっかりしていて健康そうに見えるのです。

では、毎日が充実している人は、どのような特徴があるのでしょうか?

自分から楽しいことを探している

「何か楽しいことがないかな?」という考えは、誰もが抱えている願望なのです。

ところが、毎日楽しそうで充実しているように見える人もいるのです。

そのような人は、楽しいことがやってくるのを待つのではなくて、自分から楽しいことを手に入れるように行動しているようです。

待っているだけではだめで、自分から動くことが大事なのです。

興味心が高い

交友関係が広くて毎日の予定が詰まっているという人も、ただ待っているのではありません。

興味心が高くて、絶えず楽しいことを探しているのです。

あちらで楽しそうなイベントの広告があると、出かけてみようと思い、友人を誘って出かけるのです。

興味心が高いので、ポジティブに行動できるようです。

自分の気持ちを大切にしている

毎日が充実している人というのは、決して他人のことを羨ましく思ったり、自分のことを悲観したりすることはありません。

あくまでも、自分の気持ちを大切にしているのです。

好きなことだけをしている

自分の好きなことができれば、時間も忘れるくらい没頭できます。

だから、好きなことをたくさん作るのです。

仕事は好きなことだけをすることはできないので、趣味の世界で好きなことに集中するのです。

好きな人と過ごしている

好きな人と好きなことを共有できれば、これに勝るものはありません。

好きな人と、時間の許す限り過ごして楽しんでいるのです。

チャレンジ精神がある

新しいことにチャレンジすることも、充実した生活を送るには必要なことです。

もしも失敗したら大変だと、行動を起こす前から後ろ向きに考えるようでは精神的に老化してしまいます。

失敗もまた楽しいのです。

失敗談をしながら次のチャレンジを考えているので、人生も充実するのです。

忙しくても楽しむ気持ちを忘れない

充実した生活を送るには、何をするときでも楽しくなければなりません。

心から楽しいと感じることほど、充実感が得られるからです。

どんなに忙しくても、忙しいとは一言も言わないで、笑顔で楽しむのです。

いつでも、どんな時でも楽しむ気持ちは忘れないのです。

切り替えが早い

ONとOFFの切り替えが上手いのです。

大事な仕事の話が終わると、楽しむ方のスイッチがONに切り替わり、楽しむことに集中できるのです。

ぐずぐずしないで、さっさと切り替えることができるのです。

未練たらしく後ろを振り返ることなどないのです。

ともかく、切り替えが早いのです。

ポジティブ

何かの不都合なことがあっても、それはこれから起こる新しいことへのきっかけだと考えるのです。

さらに状況が悪くなるとは考えません。

その経験を活かして、この先にはもっと楽しいことが待っているとポジティブに考えるのです。

毎日が充実している人は、何事もポジティブに考えて新しいことでもチャレンジできる性格なのです。

他人と自分を比べない

充実した生活をしている人は、決して他人のことと自分とを比較することはしません。

自分は自分で、自分の考え方や行動には自信を持っているからです。

自信をもって楽しむことができているのです。

細かいことで優劣をつけても、自分が生きていく上では意味がないことも知っているのです。

他人と自分を比べないのです。

無駄な時間を過ごさない

無駄に時間を使わないことは大事です。

時間には限りがあって、自分の一生にも限りがあるのです。

だから、今現在の楽しい生活に集中して、時間を有効に使うのです。

無駄な時間を過ごさないように気を付けているようです。

計画を立てるのが苦手

あまり詳細な計画を立てて、自分を追い込むことに抵抗があるようです。

これをやろうと決心したら、そのことに集中して作業や行動に没頭します。

目標を決めて、そこにまっしぐらに進むのです。

そこに到達するための一途な行動が、充実した活動に見えるのです。

細かな計画を立てて、地道に進んでいくのは苦手なのです。

一人の時間も楽しんでいる

たとえ一人であろうとも、充実した生活を送ることに問題はありません。

何人であろうとも、自分は自分で楽しく行動することに抵抗はありません。

傍に誰もいなくても、行動は同じことなのです。

好きなことに気持ちを集中するときは、一人でもできることです。

一人の時間も楽しむことができる強い意思を持っているからです。

年齢を重ねれば重ねるほど時間の流れが速い!後悔しないように過ごそう

年齢が高くなれば、それにつれて時間の流れが速く感じるようです。

中高年のサラリーマンが、年の瀬に「1年経つのは本当に速いね!また正月が来るよ!」などと感慨深く語っている光景をよく見かけます。

年を重ねていくと、理由はともかくとして、時が経つのが速く感じることは間違いないようです。

そして、口癖のように「若い時に、もっといろいろとやっておけばよかった。

今からでは私はもう遅いよ!」と後悔の弁を述べるのです。

このように、時間の感覚は後で振り返ってみてようやく気付くもののようです。

速い遅いは、過去を振り返った時に感じる時間の長さなのです。

しかし、間違いがないことは、誰にでも時間は平等に与えられているということです。

仕事でも私生活でも、好きなことに没頭して行動していると、振り返った時には時間は短く感じるようです。

それだけ、充実した時間を使っていたことになります。

目的もなくだらだらと生活していても、なんだかすぐに時間が過ぎてしまったと感じる時もあります。

あとは、時間が流れた間に何をしたか、どんな実績を残したのか、充実した時間だったと思えるのかが、その差になってきます。

時間を無駄に使ってきたかな?と後悔しないように、今を何かに集中して時間を有効に使ってください。