おおらかな人って、一緒に居てとても安心出来る人だったりしますよね。

筆者は女性なので、お付き合いするならおおらかな男性がいいなって思います。

男性側も、結婚するならおおらかな女性がいいなって思う人が多いんでしょうね!

おおらかな人って、周りの人もおおらかにしてくれる。

そんな雰囲気を持っているし、筆者自身はおおらかとは言えない性格なので、おおらかな女性になりたいものだなって、ちょっと憧れたりもします。

つい先日も、借りているアパートの駐車場に他の車が停まっていて…

その車はお隣の車なので間違えちゃったみたいなんですけど、それだけでちょっとイライラしちゃったりして。

速攻で管理会社に電話を入れてしまいました。

実は、先日注意してもらったばっかりなのに、今も同じ車が筆者の借りている駐車場に停まっているんです。

で、今日もイライラしてしまって…。

こんなことでこんなにイライラする自分って、なんかやだなぁって思ったんです。

どうしたらおおらかになれるんでしょう。

きっとお隣さんの方が、小さいことにこだわらないおおらかな人だったりするのかもしれませんね。

おおらかな人の特徴21個

さて今回は、筆者のようにおおらかになりたいと願う人のために、おおらかな人の特徴をまとめてみました。

おおらかな人の特徴から、おおらかさとは何かを一緒に考えてみませんか?

“おおらか”とは、主に“心がゆったりしてこせこせしない”性格のことを言います。

因みに“こせこせ”って皆さん意味をご存知ですか?

恥ずかしながら筆者は「こせこせ?せこせこじゃなくて?」って思ってしまったので、解説しておきます(笑)

“こせこせ”は、“気持ちにゆとりが無く、小さいことにこだわり落ち着きが無いこと”を言うんだそうです。

まさに筆者のことです。

さて今回は、筆者のようにこせこせすることなく、おおらかになりたいと願う人のために、おおらかな人の特徴をまとめてみました!

おおらかな人の特徴から、おおらかさとは何か一緒に考えてみましょう。

ただもちろん、おおらかさっていうのは、性格や気質のようなものなので、そう簡単には変えられないのかもしれません。

でもおおらかな人の特徴を見てみると、意識して真似できそうなこともあるんです。

おおらかな人の特徴を学びつつ、自分でも出来そうなことをピックアップしてみましょう!

日々の生活に意識して取り入れてみたら、少しはおおらかな人になれるかもしれません♪

いつも笑顔

おおらかな人の特徴としてまず挙げられるのは、“いつも笑顔”なこと。

おおらかな人っていうと、いつもニコニコ、優しげな笑顔でいる印象がありますよね!

おおらかな人は、心に余裕がある人でもあります。

些細なことにこだわることもないし、ともなればもちろん、苛立つこともない。

そんなおおらかな人だから、いつも笑顔でいることが出来るんですよね。

それに、笑顔は人に伝染するともいいます。

ミラー効果といって、笑顔の人と対面するとこっちも笑顔になっちゃうんですよね。

おおらかな人と一緒にいて穏やかな気持ちになれるのは、自分もいつのまにか笑顔になれるからなのかもしれません。

また、笑顔でいると、脳も「今、楽しい♪」って思うという話を聞いたことがありませんか?口角をあげるだけでも脳は楽しいと勘違いしちゃうと言います。

こんなことからも、おおらかな人と一緒にいると、幸せな気持ちになれるのがわかりますよね?

笑顔なら、意識すればできるそうですよね!

日々の笑顔を心掛け、周囲の人を幸せな気持ちにさせる存在になりたいものですよね♡

ゆとりがある

おおらかな人は、“ゆとりがある”のも特徴です。

おおらかな人がおおらかなのは、ゆとりがあることが全てな気もしますよね!

ゆとりがあるから笑顔でいられるし、ゆとりがあるから小さいことにもこだわらないんです。

それにおおらかな人は、ゆとりがある性格ってだけじゃなく、ゆとりを作るように心がけた行動をしていたりもするそうですよ!

忙しい時は早めに行動をして、時間に追われることがないようにしたりと工夫をするそうなんです。

そうすることで、あとで時間がなくなってイライラしたりすることなく、渋滞に巻き込まれても余裕があれば「ま、いっか。」と静かに待てたりするようです。

確かに、慌ただしい時間の中に身を置くと、心に余裕がなくなっていっぱいいっぱい。

イライラしだして笑顔も忘れ、周囲の人にあたったりもしちゃいますよね。

時間が無いって言うのは、思っている以上に自分を追いつめて、悪循環を生んでしまうということです。

筆者も最近、月末に仕事に追われて余裕がなくなりがちです。

そうすると、肌荒れを起こしたりして、表情も心もどんより。

心に余裕を持つって簡単には出来ないって思っていましたが…心に余裕を持つというのは、時間に余裕を持つってことでもあるんですね。

それなら自分の努力と工夫次第!

心に余裕をつくる為に、時間に気を配る。

心掛けてみたいですね♪

なぜか安心する

一緒に居ると“なぜか安心する”存在であるのも、おおらかな人の特徴と言えますよね。

あの独特の雰囲気って何なんでしょう?

一緒に居るだけで、気持ちがどんどん穏やかな海のごとく静かになっていきます。

α派でも出しているのかな?不思議な癒し効果ですよね。

これは先ほども例に挙げたように、笑顔の効果もありますよね!

それに、ゆとりがあるのも人に安心を与える理由なのでしょう。

また、おおらかさには“物腰が柔らかで心に余裕がある”という意味も含まれています。

ですので、いつでものんびり構えているし、細かいことを気にしないぶん度量も大きい!そんな性格のおおらかな人には、独特の包容力があるんですよね。

一緒に居て気を遣わされることもなく、焦らされることもなく、落ち着いていられる。

なので、一緒に居て沈黙があったとしても、そわそわさせられることもないんですよね。

静かにお互いの時を大切にすることが出来るんです。

気をもむ必要もない上に、おおらかさで包んでくれる。

それがおおらかさというものなのでしょう。

きっと、自分の時間を大切にしているから、人の時間も大切に出来るんです。

それが、周囲の人の“安心”を生み出しているのでしょう。

こんなおおらかさを習得するのには、ちょっと時間が必要かもしれませんが、歳を重ねるごとにおおらかさを身につけていけたら…それはとても素敵なことですよね♡

行動もゆったりと

おおらかな人は“行動もゆったりと”している特徴がありますよね。

これもやっぱり、時間と心にゆとりがあることが関係しているのでしょう。

時間に余裕があれば、心にゆとりが生まれ、せかせかと行動する必要もなくなるんですよね!

いつもせかせかしている人と一緒に行動していると、こっちまで焦らされるものです。

その点おおらかな人とは、時がゆったりと流れているように感じさせられるんですよね。

自分に余裕を持つと、相手にも余裕を与えられる。

おおらかさって、本当に素敵です。

ただ、時間に余裕があっても心に余裕が持てない人もいるんですよね…。

筆者の父なんですけど(笑)

いつも、出かける1時間前には準備を済ませ、出かける予定時刻にあわせて準備をする母をじっと待っています。

一見おおらかさがあるようにも見えるんですけど、出かける予定時刻が近づくとそわそわしだすんです。

もちろん行動もそわそわ。

時間があっても落ち着きません。

渋滞に巻き込まれても十分に時間があるのに、イライラしだしちゃうんです。

なので、一緒にいる母や私は気が休まりません。

時間に余裕を持ち、心に余裕を生み、行動もゆったりとしていくまでには…慣れが必要なのかな?おおらかさを身につけるまでの道のりは、長いものなのかもしれませんね。

小さなことでも幸せを感じられる

おおらかな人は“小さなことでも幸せを感じられる”んだそう。

小さなことで幸せを感じられるって言うのは、人生お得感がありそうですよね♪

普通の人や、ましてイライラしがちな人は、尚更感じられていないだろう幸せを幸せと思えるんだとしたら、人より幸せになれることも時間も多いってことです。

日々の時間がゆったり流れ、ぬくぬくと幸せに浸れる…そんな風に生きられたら、とっても幸せなんでしょうね!

筆者はおおらかな性格とは言えないとお話しましたが、もともとはおおらかさも持ち合わせていたように思います。

昔ある時、車のフロントガラスに猫の歩いた足跡が付いていたんです。

それが可愛くてキュンとしちゃって、当時の彼に「見て~♡」と写メを送ったら、「普通はイラつくことなのに、可愛いって思えて幸せだね」って返信が来たんです。

「そっか、普通は怒るのか~」ってその時は思った記憶があります。

よく考えたら、昔の私っておおらかさもあったよな~って。

いつから変わっちゃったんでしょう?

おおらかさってもともとの性格なんだろうなって思うけど、日々に忙殺されて生きていると、おおらかさって無くなっちゃうものなんですね。

でも逆を言えば、取り戻すことも出来るってことですよね。

おおらかさは、やっぱり意識すれば身に付くものかのかも♡

話を聞くのが上手

おおらかな人には“話を聞くのが上手”という特徴もあるんですよね!

何だかおおらかな人って完璧な人物みたいですね。

先日、優男について色々調べてたんですけど、優男とおおらかな人って同じなのかもって思いました。

おおらかな人が、人の話を効くのが上手っていうのは、やっぱり心にゆとりがあるからなんでしょうね。

度量が大きいと、それだけ人を受け入れられるだけの器があるってことです。

自己顕示欲ってものも無いと思うので、口を挟んで自分の意見ばかり言ってくるようなこともありません。

広い心で相手の話も受け入れられちゃうんですね!

それに、おおらかな人は時間に追われていることも無いので、話を終わらそうって気持ちも浮かんでこないのでしょう。

話を遮ることなく、静かに、優しい笑顔で相手の話を聞けるのだと思います。

人の話を上手に聞ける、そんなおおらかさを身につけたいものですよね!

柔軟性がある

“柔軟性がある”のもおおらかな人の特徴です。

柔軟性があるということは、適応能力があるということでもあります。

状況や環境に適応し、その置かれた場所で考えや態度を変化させることが出来るんですよね。

ということは、やはり柔軟性があるおおらかな人は、イライラすることも少なく、不安になったりすることも少ない。

心が乱されるようなこととは無縁ということです。

これが頑固だったり、かたくなな性格だったりすると、自分の納得のいかない事を言われたら自分を主張しなければならないし、

考えを曲げることが出来なければそれだけ、周囲との対立も生みます。

周りの環境に適応できる力が無ければ、ちょっといつもと違う環境に置かれただけで、不安で心がかき乱されることでしょう。

「ま、いっか♪」「なるほど、そんな考えもあるんだ~」と、柔軟に対応出来れば、仕事も日常もどんどん楽しいものに変わっていくのかもしれませんね!

考え方を否定しない

“考え方を否定しない”のも、おおらかな人。

柔軟性があるという特徴の所でもお話したように、「そんな考え方もあるんだ」という受け入れる気持ち。

これが、おおらかな人にはあるということですよね。

先ほど、考えを曲げなければ周囲との対立を生むとお話しましたが、この場合の曲げるというのは、自分の意見を押さえつけるってこととはちょっと違います。

それではただ我慢して耐えるだけになってしまいますよね?我慢して耐えるっていうのは、苦しいことです。

その状態で笑顔でいられるかって言ったら…無理がありますよね?

おおらかな人の、考えを否定しないという姿勢はきっとこう。

自分の考えは自分の考えとしてあって、それ以外に他の人にはまた違う考え方があることを受け入れる。

つまり、自分を押し殺すことなく、かといって自分の意見のみが正しいという訳でもなく、相手を尊重するということ。