人によってこだわりの強さは違いますが、そのこだわりが強すぎるようなときには、周りの人にはどのような影響があるのでしょうか。

こだわりが強いというのは色々な面でのこだわりがありますから、一概にどのようなものであるとはいえません。

職人気質の人がこだわりの強さを言及されるということももちろんあるでしょう。

ですが、こだわりの強さは、例えば潔癖症のような形で出てしまうこともありますよね。

こだわりが、世間一般で言うネガティブな方向に出てしまっているようなときには、自分で生活を送っていく中でももちろん悪影響がありますが、悪影響を及ぼす対象は自分だけではありません。

潔癖症のような状態になってしまうと、周囲の人間とのかかわりの中でも不便に感じてしまうところが出てくるはずです。

特に、恋人とは接触することも多くありますし、関係性を深く築く必要がある相手でもあります。

もし恋人が潔癖症であり、衛生面や清潔であることに強くこだわりを持っていると、どのようなところに苦労をすることになるのでしょうか。

また、潔癖症の人と付き合うことになった場合には、どのようなところに気を付けると良いのでしょうか。

潔癖症の彼氏と上手に付き合うために覚えておかなければいけないところなどを見てみることにしましょう。

潔癖症の人って意外に多い?

潔癖症と言うと病気の一種のように思えてしまうため、なかなか周りにはいないように感じている人もいるかもしれません。

ですが、実はある調査では潔癖症の男性は世の中の4~5割いるということが分かっています。

もちろん、病的なまでに潔癖症になってしまい、心療内科似通っている人間と言うわけではありません。

ただ、日常生活の中で嫌だと感じてしまうようなところが多く、人よりも綺麗好きに拍車がかかったような生活をしているような人を含めての数字が、全体の4割程度ということです。

これらの中には、普通の生活の中で「我慢することはできるけれど、恋人や結婚相手には理解を求める」「多少不便であっても自分の心のままに動きたいので、できればそれを理解してほしい」という男性が多く含まれています。

潔癖症の自覚があるような人の場合には、他人との接触を拒むようなこともありますし、できれば自分の近しい人間には、きちんと配慮をしてほしいのです。

理解をしてほしいとまでは思っていなくても、きちんと受け入れたうえで、嫌だと思うことを無理強いしないでほしいと思う人は珍しくありません。

これらの男性とお付き合いをするときには、潔癖症の傾向がない人と付き合うよりは大変なところも多く出てくるのではないでしょうか。

潔癖な彼氏と付き合って大変だったこと10個!

潔癖な彼氏と付き合うことはそう簡単ではありません。

普通の人では気にしないようなところが気になってしまうので、普通のカップルであれば普通にしていることができないということもあるのです。

彼氏にしてみれば「あなただから嫌なのではなくて、誰であってもしてほしくない」と思って要求しているようなことが、彼女の心をひどく傷つけるということもあります。

彼女は「自分が拒絶されているのではないか」と思ってしまうのです。

実際に潔癖症の場合は、特定の人間だから許せるというようなことは滅多にありません。

ですが、そこの部分を理解し合うことができなければ溝になってしまうようなことがたくさんあるのが、潔癖症の彼氏とのお付き合いです。

理解はしていても面倒ということもありますし、潔癖な彼氏と付き合って大変だったことを挙げてもらうと、立て板に水のように出てくるのではないでしょうか。

ここでは、潔癖な彼氏と付き合って大変だったことのうち、10個を挙げてみました。

手を繋げない


潔癖傾向のある彼氏と付き合って大変だったことの一つ目は、手をつなぐことができないというところなのではないでしょうか。

恋人同士であれば当たり前のようにする手をつなぐ行為は、潔癖症の彼氏にとっては、とてもハードルの高い行動です。

手は、自分の身体の機能の中でも最も普段から利用しているものです。

外界の色々なものに触れているので、色々な雑菌を持っている場所だとも言えます。

潔癖症の人が一番除菌をするのは手ですし、手と言うのは、潔癖症の人にとっては重要な場所であり、一番汚れやすい場所と言認識になっているのです。

そんな手と手が触れ合うというのは、考えただけで難しいことのように感じますね。

まして、手を繋いでいると汗をかくこともありますし、体液関係に嫌悪感のある潔癖症の人にとっては、かなりハードルが高く感じてしまうでしょう。

手をつなぐ前に除菌をすればだいぶハードルは下がるかもしれませんが、彼女がその行為に「私を嫌がっているのだろうか」「そこまでしなくても」という想いを抱いてしまうこともあります。

頑張って手をつないだとしても、潔癖症の彼氏から「我慢している」「頑張っている」という雰囲気を出されると興ざめですし、無理をさせて嫌な気分になることもあります。

結局、お互いの精神の安定のためには、手をつなぐことは諦めた方が良いのではないかと言う結論に至るカップルもいますよ。

家に行けない


潔癖系の彼氏と付き合っていると、彼氏の家に行くことも難しくなるかもしれません。

潔癖症の人にとっての「自宅」と言うのは、かなり特別な空間だと考えると良いでしょう。

自分の家の中では好きなだけ自分のルールを作って過ごすこともできますし、そのルールを誰からも破られることがありません。

つまり、外の世界よりも我慢しなければいけないことが少なく快適に過ごせるのが自宅ということになりますね。

そんな空間には、彼女であっても部屋に入れたくないと思ってしまっておかしくありません。

おうちデートというのは潔癖症の彼氏にとってはハードルが高く、相手に家に行くまではまだ良いけれど、自分の家には絶対に入れたくないという気持ちが強く出るものです。

彼女にとっては拒まれているように感じるかもしれませんが、自分の安心して過ごせる空間を壊したくないという気持ちが強く出ているのなら、仕方ありません。

お泊りができない

お泊りができないというのも、潔癖症の彼氏と付き合っていて大変なところの一つかもしれません。

お泊りと言っても、セックスができないというだけではありません。

お泊りにはたくさんのハードルがあり、それを全て越えないとお泊りと言う段階に至ることができないのです。

お泊りで感じるハードルのいくつかを見てみることにしましょう。

人の家のお風呂に入れない

まず、お泊りの一つ目のハードルは、人の家のお風呂に入ることができないという点です。

潔癖症の人にとって、他の人が普段使っているような水場は雑菌で汚れているように思えてしまいます。

ただでさえ、水場は菌が繁殖しやすいイメージがあるのに、普段自分で使っていない、しかも、普段自分で掃除していない水場は汚いもの以外の名のものでもありません。

どんなに磨き上げていようと「目に見えない部分」を気にする彼氏には関係なく、このために、人の家のお風呂には入ることができません。

人の家の布団で寝れない

普段誰かが寝ている布団も、潔癖症の彼氏にとっては「汚いもの」となってしまいます。

まして来客用の布団は、不特定多数の人間が使っているものですよね。

きれいに洗っていたとしても、彼氏の中では「誰かの痕跡がついている布団」というだけで使えなくなってしまいます。

お泊りをしたところで布団が使えなくては、自分が疲れるだけですね。

エレベーターやエスカレーターが苦手

潔癖症の彼氏の場合には、エレベーターやエスカレーターが苦手ということもあります。

手すりに摑まることなどできませんし、エレベーターは閉鎖空間のため、気を付けていてもどこかに触れてしまうこともあります。

また、自分の降りる階のボタンを押さなければいけないところもかれしにとってはハードルの高い行動と言えるかもしれません。

行ける場所が限られる

潔癖症の彼氏と付き合っていて大変だと思うことの一つは、デートの場所がかなり限られてしまうというところではないでしょうか。

人によって症状は異なりますが、彼氏に合わせていると、いつでも同じ場所でデートをしなければいけないということにもなるかもしれませんね。

温泉に行けない

潔癖症の彼氏であれば温泉に行くことはできません。

他の誰かも裸になって入っているような温泉に泊まるのは、彼氏にとっては苦痛以外の何物でもないでしょう。

温泉に行って温泉に入れなければ、その場所をデートに選んだ意味がありませんよね。

レストランの箸を使えない

潔癖症の症状によってはレストランも難しいかもしれません。

レストランの箸は、誰が使ったともしれないものであり、口の中の雑菌がついているかもしれないものです。

それらをつって食事をすることは、彼氏には難しすぎるのです。

食べ物がシェアできない

恋人同士であれば「一口ちょうだい」とやるなどしたいかもしれませんが、潔癖症の彼氏とそれは難しいですね。

鍋も分けなければ食べられないかもしれません。

スキンシップが取れない

潔癖症の彼氏は、できれば誰とも触れ合わずに生きていきたいと思っています。

人間はたくさんの菌を保有していますし、それを考えると、大好きな彼女であったからと言ってスキンシップに積極的になれるわけではないのです。

手料理を食べてもらえない

手料理を食べてもらえないというのは、彼女にとってはかなりショッキングな出来事ですよね。

他の潔癖の症状を許すことができても手料理を拒絶されるのは何となく許しがたいと思っている女性も多いでしょう。

ですが、自分の口に入るものを、彼女とは言え誰かが触れていると考えると、気持ち悪くて食べることができないのです。

素人の手料理はプロのような衛生環境で調理したものではないですし、潔癖症の人はできれば避けたいと思っているでしょう。

バスや電車が乗れない

潔癖症の彼氏といて困るのは、バスや電車などの公共交通機関に乗るのが難しいというところです。

公共交通機関は多くの人が利用していますよね。

つまり、菌が繁殖しやすい場所であるとも言えます。

吊革につかまるようなことなどできませんし、人との接触が多いというだけでも、かなりハードルが高いように思える行動なのではないでしょうか。

ドアを開けてもらえない

彼氏にエスコートしてもらいたいと思う彼女もいるかもしれませんが、潔癖症の彼氏には難しい話ですね。

潔癖症の人は、ドアノブに忌避感を抱いていることがほとんどです。

彼女のためにドアを開けることなど以ての外で、むしろ、自分のために開けてほしいと思っているかもしれません。

潔癖症の彼氏と付き合うために気を付けることは?

潔癖症の彼氏は、ある程度自分の中でルールを作っているはずです。

このルールは、潔癖症の人でも一人一人違います。

「ここまでは許せる」というラインが違っているのです。

潔癖症の彼氏と付き合うときには、この彼氏の中でのマイルールを理解してあげることが一番です。

ですが、最初は踏み込んでマイルールについて聞くというのも難しいですよね。

そうであれば、まずは、潔癖傾向の人の多くに当てはまるような対策を取ってみると良いでしょう。

潔癖症の人が気にしがちなところを気遣ってあげれば、次第に彼氏の中で「何が許せて何が許せないのか」ということを理解することができます。

また、彼女が「理解ある行動」をとってくれると、彼氏にとっても自分の中にあるルールについて話しやすい雰囲気になるのではないでしょうか。

彼氏と上手に付き合うために最初に気にして置かなければいけない基本のラインについて見てみることにしましょう。

除菌シートを持ち歩く

潔癖症の彼氏を持っているときには、除菌シートを持ち歩くことを忘れないようにすることも大切です。

潔癖症の人にとって雑菌は脅威です。

潔癖傾向が強い彼氏の場合には、「他人が持っていた除菌シート」と言うだけで使えない人もいますが、そこまでのこだわりの強さでないのなら、彼女が除菌シートを持ち歩いているというのは安心感がありますね。

何かあったときにでももらうことができますし、また、彼女がきちんと理解を示してこまめに除菌している姿を見ること自体にも安心感があります。

潔癖症の彼氏がどのようなところを気にするのか分からない以上、気になったときに除菌することができるように、常に持ち歩くようにしてください。

持ち運び用のウェットティッシュなどは便利で良いかもしれません。

ただし、選ぶときにはアルコールで除菌できるようなタイプにしてください。

ただ濡れているだけのウェットティッシュは、逆に雑菌が繁殖して良そうで嫌がられてしまう可能性もありますよ。

理解してあげる

彼氏が潔癖症のときには、まずは理解してあげるということも大切です。

普段から潔癖症に対して偏見がない人であっても、実際に潔癖的な行動をとっているところを見ると、ドン引きしてしまうということもありますよね。

目の前でこだわりの強すぎるような姿を見ると、「そんなことまで必要なの」と言いたくなってしまってもおかしくありません。

彼氏自身も、そのことは分かっているはずです。

ですが、だからこそ、きちんと理解しているという姿勢を見せることも必要なのです。

潔癖症の人は「理解されにくい」ことを理解していますが、だからと言って「理解されていない」ことを、何も思っていないわけではありません。

やはり、普段から傍にいる人にはきちんと分かってほしいと思っています。

だからこそ、きちんと理解してあげる姿勢を見せることで、彼氏が安心してくれるはずです。

潔癖症の人と付き合うときには、こうした姿勢を見せなければ、本当に相手が心を開いてくれることはないでしょう。