人の気持ちがわからない人というのは、時に冷酷な人と思われてしまいますよね。

でも、人の気持ちが明確に、正確にわかる人なんて、いるのでしょうか?

筆者としても「人の気持ちがわかりますか?」って聞かれたら、自身を持ってYesとは答えられません。

「気持ちは言葉にしなければ伝わらない」こんな言葉にもあるように、人の気持ちをわかることほど難しいことは無いと思っています。

それでも人は、どうにかして人の気持ちを分かろうとする生き物でもあります。

相手の立場に立ち、出来る限りの想像をめぐらせ、何とか気持ちを推し量ろうとするものです。

人の気持ちがわからない人というのは、そういった配慮が少し足りない人なのかもしれませんね。

それによって、相手を傷つけてしまっている可能性があることを理解する。

それだけでも、少し変わってくるようにも思います。

相手の気持がわからない人に共通する特徴

今回は、“人の気持ちがわからない人”について、その特徴や原因を見ていきたいと思います。

筆者ももちろん、人の気持ちがわかる人ではありません。

決して偉そうなことは言えませんが、自分を理解し、人を理解しようとする努力は無駄ではないと思っています。

自分にも気持ちがあるように、人にも気持ちがある。

その気持ちを尊重し合うことが出来るのが、人間の能力でもあると思います。

人の気持ちをわかろうとする努力を、するのとしないのでは、対人関係にも大きく影響してくるはずです。

ここからはまず、“相手の気持ちがわからない人に共通する特徴”を挙げていきます。

人の気持ちがわからないと悩んでいる人も、人の気持ちについて考えたことが無かった人も、

自分と照らし合わせながら考えてみると、意識を変えるキッカケになるかもしれません。

また、わかってほしいのにわかってくれない!

そんな人が身近にいて関係性に困っている人にとっては、その特殊な価値観がわかれば、関わり方を変えることも出来るかもしれませんね。

深く考えて発言しない

人の気持ちがわからない人の特徴として、まず挙げられるのが“深く考えて発言しない”ことです。

相手の立場や状況を考えることなく発言をしてしまう。

そのため、その場にふさわしくない不用意な発言をしてしまい、相手を傷つけたり、また周囲から反感を買ってしまう原因にもなっているようです。

筆者も…ちょっと耳が痛い特徴でもあります。

発言するときに、何も考えずに言葉を発してしまうことが多々あります。

発言した後の周囲の反応を見て気付く。

そんな経験がいくつか思い出されます。

さすがに、悲しい出来事があった時には配慮する気持ちはあるのですが…そうでもなければ、さらっと本心が出てしまって引かれたり、相手が絶句していたり。

確かにそういうとき、周囲からどう見られるかや、どう思われるか、相手をどんな気持ちにさせるか。
それを意識していません。

つまり、人の気持ちがわからないというより、わかろうともしていない。

それが、発言に表れてしまうということなんですよね。

過度に自分に置き換える

また、“過度に自分に置き換える”のも、人の気持ちがわからない人の特徴のようです。

人は、人の気持ちを想像しようとするとき、相手の立場にたって感じることが必要です。

それはある意味、自分に置き換えて感じてみるということでもあり、間違っているとは言えないのですが…なぜ人の気持ちがわからないことになってしまうのでしょう?

それはきっと、相手の状況に立って、相手の気持ちを想像しようとする段階のどこかで、自分の立場に相手を置くことにすり替わってしまうからです。

本来は、相手のいる場所に自分が立ってみなければなりません。

それがいつの間にか、相手の状況を、自分へ持ってきて考えてしまうのです。

これでは、気持ちを理解しようとしているのではなく、状況を理解するだけになってしまいます。

状況を理解したところで、「私だったら、こうする」「私だったら、こう思う」と、持論を述べることしか出来ません。

それでは、相手の気持ちが置いてけぼりになってしまっています。

自分がどう思うかではなく、相手がどう感じているかを想像すること。

ポイントがずれると、的外れになってしまうのです。

自分自身が一番大切

人の気持ちがわからない人は、無意識だとしても“自分自身が一番大切”だと思っているのも特徴となっています。

相手の立場に立とうとしても、いつの間にか主軸が自分にすり替わってしまう。

それも、相手より自分を大切に思う気持ちのほうが強いからと言えます。

自分より相手を大切に思う気持ちがあれば、それは相手にも伝わるはず。

気持ちへの理解が少しずれていたとしても、一生懸命に察しようとしていれば「全く気持ちをわかってくれない!」と、相手を傷つけてしまうことまでは無いはずです。

自分を一番大切にしている人には、悩み事を相談してもガッカリ。

「私のことには興味ないんだな」と感じて、二度と話を聞いてもらおうとは思わなくなります。

相手の気持ちがわかることをメリットだと思わない

人の気持ちがわからない人が、冷たい人だと言われてしまう所以。

それが“相手の気持ちがわかることをメリットだと思わない”という特徴に表れていますよね。

人の気持ちをわかろうとする人がいる一方で、わかろうともしない人がいるのも事実。

人はよほどの他愛の精神の持ち主でもなければ、自分を優先する人のほうが多いと、筆者は思います。

よほど意識していないと、相手より自分へ意識は向いてしまうものです。

それをハッキリ言ってのけるのが、人の気持ちがわからない人の冷酷さなのかもしれません。

「人の気持ちを感じることなんて出来ないし、感じたところで何の意味があるの?」なんて冷たい部分を、自分でも自覚していたりするわけです。

でも、相手からすれば、「そんなひどいことをわざわざ言うことに、何の意味があるの?」って思います。

人は自分に意識が向いてしまうのを何とか修正しながら、相手の立場や気持ちを理解しようと努力するものなのに…と。

それを最初からあきらめてしまっている人が、「人の気持ちがわからない冷たい人」だと言われてしまうのです。

人と関わらないで生きている

また、人の気持ちがわからない人は“人と関わらないで生きている”傾向が強いようです。

対人関係や、コミュニケーション力は、人と関わり、まみれることで培われます。

その経験が少ない人は、人の気持ちをわかる術を身につけていない。

ということにもなりますよね。

こういう人は、もともと人付き合いやコミュニケーションが苦手で、避けてきたのでしょう。

そうやって苦手なことを避けていった結果、人の気持ちもわからない大人になってしまうということです。

筆者も、どちらかというと人付き合いは苦手です。

ここまでに挙げてきた特徴も当てはまることが多く、やはり圧倒的な経験不足なのかもしれないと痛感しています。

ひとつ前の特徴でも挙げた通り、かなり冷酷な部分もあり、人の気持ちをわかろうとすることを諦めてしまっていると言われれば、確かにそうです。

これでは、信頼の置ける友人に対しても、いつか傷つけてしまうことがあるのかもしれませんよね。

考え方を変えていかないと、いつか一人ぼっちになってしまうのかも…あなたは大丈夫ですか?

人の気持ちが想像できない

最初にもお話した通り、人の気持ちをわかるには、相手の立場にたって想像力を働かせ、出来る限り察しようと努力することが必要です。

この、人の気持ちをわかるために必要な想像力。

根本的にこの力がなく“人の気持ちを想像できない”ことが、ひとつの特徴にもなっているようです。

想像力がなければ、人の気持ちをわかろうという気持ちはあっても、想像することが出来ません。

結果、感覚のずれた人と思われてしまうのです。

人との感覚がズレていると、円滑なコミュニケーションはとれません。

周囲の人のほうが、苦労しているかもしれませんね。

筆者は想像力はあるほうだと思っているのですが、的を得ていないこともあるように思います。

人の気持ちをわかるには、想像する力。

それに想像するポイントがズレていないことも大切ですよね。

相手の気持ちがわからない人はトラブルが起きる

そしてもちろん、人の気持ちがわからない人は“仕事や恋愛にトラブルが起きやすい”のも特徴です。

仕事も恋愛も、人付き合いで成り立つ関係です。

人の気持ちがわからないということは、この人付き合いを、スムーズに進めることが出来ません。

チームで動かなければならない仕事も、周囲のことを考えずに独りよがりになりがち。

勝手な行動をして、輪を乱してしまったり…

互いを思いやる気持ちがなければ成立しない恋愛でも、自分のことばかり。

相手を振り回していたり、悲しい思いをさせてしまっているかもしれません。

この世にたったひとりで生きていくというのは、あり得ない話です。

相手を尊重することが出来なければ、人生は苦難の道のりとなるでしょう。

相手を思いやることで、相手からの思いやりも得られるというものです。

そういった助け合いが出来るのも、人付き合いがあってこそですよね!

言いたいことをズバズバ言う

“言いたいことをズバズバ言ってしまう”というのも、人の気持ちがわからない人の特徴のようですね。

筆者も…この傾向があります。

言いたいことを言うこと自体は、“自分の意見をしっかり持っている人”と捉えられる場合もあります。

しかし、人の気持ちを考えない人は、加減を知らないのでしょう。

相手が傷つくことや、怒らせてしまうこともお構いなしに、ズバズバとモノを言ってしまいます。

そのために、相手を傷つけてしまったり、憤慨させてしまったり…。

結局は、自己中ということ。

言いたいことを全部言える方はいいかもしれませんが、それを受けとめる側の気持ちも考えなければなりませんよね。

空気が読めない

自己中にモノを言えてしまう、人の気持ちがわからない人は結局“空気が読めない人”でもありますよね。

人の気持ちがわからない以上、空気を読むことなんて不可能に近いとも思います。

相手の立場に立つことも出来ないし、相手の表情を読むことも出来ません。

結果、言動も行動も、周囲から見れば違和感しか生みません。

空気を読むことが出来なければ、異質な存在や変わった人と思われるのも当たり前です。

人の気持ちがわからないあなたのように、周りの人もまた、あなたの考えていることが理解出来ずにいます。

周りの理解や想像を超えた人は、変わり者として周囲からは距離を置かれてしまうのです。

筆者もよく「変わってる」とか「何考えているかわからない」と言われるんです。

人の気持ちがわからない特徴のひとつひとつに、納得せざるを得ません。

表面だけの付き合いが多い

人と関わらないで生きているのと同じで、一見関わっているようにしていても実は“表面だけの付き合いが多い”のも、人の気持ちがわからない人の特徴となっています。

人の気持ちをわかるには、人とまみれることで経験を積むことが必要だと、先にもお話しました。

それは、表面だけの付き合いじゃ意味がないんです。

人と深く関わり、人の気持ちをわかろうと訓練することが大事なのです。

その中で、ひとりひとり気持ちや価値観が違うことを学び、それぞれの人の立場に立って気持ちを察する術を、身につけなければならないのです。

確かに人付き合いには、面倒くささもあります。

でも、人として生まれた以上、感情のぶつかり合いも経験しなければ意味がありません。

そういう筆者も、人の気持ちがわからないほうではあります。

それに人付き合いは苦手な方なので偉そうなことは言えませんが…。

でも、人との本気でのぶつかり合いは、何度もしてきました。

一度試して諦める…そんな思いもあったりします。