「君は口幅ったいことをいうんだな!」「口幅ったいことをいうようだけどさ…」なんて、日常生活の中で“口幅ったい”という言葉を耳にしたそこのあなた!

その言葉がどんな意味をしているのか、一体その言葉を使った相手はどのような気持ちでその言葉を使っていたのかまったく見当もつかなかったんですよね。

この記事では、日常生活でひょんなことから現れる“口幅ったい”という言葉について、あらゆる説明をしてその意味をご紹介しています。

いったい“口幅ったい”という言葉は、どんな意味があるのでしょうか?

また、どのようにして使うべき言葉なのか。

その言葉を使いたくなった時にスムーズに使うことができるように例文。

有名なあの人が“口幅ったい”という言葉を使ったシーン…。

などなど、あらゆる“口幅ったい”という言葉について触れながら、あなたに解説していきます。

この記事を読めば、いまだ理解することのできない―意味を全く想像することのできない―“口幅ったい”という言葉について深く知ることができるはずです。

口幅ったいとは?

あなたは、日常生活で…もしくは雑誌の記事やテレビに出演しているコメンテーターなどの発言などで…“口幅ったい”という言葉を耳にしたことはありますか?

この言葉に出会ったことがないという方は、この言葉がいったいどのような読み方をするのかさえも想像つかないでしょう。

読み方は、単純にそのまま読めばOKで“くちはばったい”と読みます。

とはいえ、読み方がわかったとしてもこの言葉が意味するものを想像するのは難易なはず。

言葉ってその言葉を構成している漢字を見れば、大体の意味を想像することができるものですが、この言葉ってそうもいかないですよね。

口の幅がでかい…?口が大きいということ?

ビッグマウス(身の丈よりも大きなことを言ってしまうこと)ということ…?

などなど、さまざまな憶測が飛び交っていることでしょう。

この言葉の例文などを知る前に、まずは“口幅ったい”という言葉には、どのような意味があるのかを確認していきましょう。

誰かに「君は口幅ったい」と指摘された方であれば、相手がどのようなことを言いたかったのかがわかることでしょう…。

身のほど知らずの偉そうな口のききようである


口幅ったいという言葉のメインな意味は、“身の程をわきまえていない、その上、大きな口をたたく”というものになります。

要するにまだまだアマチュアな人が、まるでプロが発するかのような指摘をするということになりますね。

ちょっとでも自分の世界に入り込んでしまうと、人というのは“周りと自分との差”だとか、“大きなグループで見た自分の立ち位置”というのを理解できないものです。

そのようなときに、そのような発言をした人に“口幅ったい”という言葉をあてはめることができるんですね。

例えば、まだまだ幼稚園に通うような子供だというのに「あなたは人として間違っている」なんて指摘されるようなものです。

“子供だから”とみくびってはいけませんが、まだまだ様々な経験をしたことがないのに「間違っている」というのは、ちょっとえらそうですよね。

それも自分が身分をわきまえていない状況にも、この言葉を使うことができます。

言うことが身分不相応で生意気だ

もっとわかりやすく“口幅ったい”という言葉の意味を確認していきましょう。

身分をわきまえていないで偉そうなことをいう人は、この世の中にはたくさんいますよね。

まぁ、「君はなんて口の利き方をしてるんだ!」なんてその人に指摘する人も少ないでしょう。

“口幅ったい”というのは、身分にふさわしくない発言をしていて、それまたその発言がとても生意気なレベルであることをさしています。

あなたの周りには、そんな人がいないでしょうか?

いや、もしかしたらあなた自身がそのような人なのかもしれませんね。

まだまだお子ちゃまでこの世の中の仕組みを知らない高校生がこの世の中を知りつくした億万長者の年長者に口をたたくようなものです。

まだまだ、その道のことを何も知らないし、その道のちょっとした部分をかじっただけなのに「あなたはおかしい」なんていう人ってどうかしていますよね。

いや、言われたほうが「この子はなにをいってるんだ、、、まだまだだなぁ」なんて感じることでしょう。

その発言も相手を怒らせてしまうまでに、生意気なこともしかり。

自分の立ち位置をわきまえることって、できているようでできていないものなんですよね…。

口幅ったいの関連語

これまでに“口幅ったい”という言葉の意味を分かりやすく、説明してきました。

あなたの周りには、そのような“口幅ったい”ことを言うような人はいるでしょうか?いや、あなた自身がだれかにそのように指摘されたのかもしれないですね。

ちなみに筆者は、若いころはとても口幅ったいことばかりをいうような人でした。

今となっては、若気の至りとして片づけることができますが、それでもやはり口幅ったいということは人として恥ずかしいことですので、今では気を付けています。

そんな“口幅ったい”という言葉ですが、この言葉の意味をまだしっくりと理解することができていないという方もおられることでしょう。

そのような方のために、ここでは“口幅ったい”という言葉の関連語をご紹介します!

言葉というのは、その関連している言葉を知ることによって、その言葉の本当の意味、ニュアンスを知ることができるものなんです。

では、“口幅ったい”という言葉の関連語にはどのような言葉があるのでしょうか?

この言葉がどんな時に使われるものなのか、また、連想するとどのような言葉があるのかを見ていきましょう。

自分をへりくだって言う場合に使うことが多い


「君は口幅ったいよね」や「あの人ってどこか口幅ったいところがあるよね」なんて発言を耳にして、今回「口幅ったい」という言葉について検索をしている方にとっては、「あれれれ?」と感じてしまうようなサブタイトルかもしれないですね。

そのように、誰かが身の程しらずでその身分をわきまえずに、生意気なことを話しているときにももちろん“口幅ったい”という言葉で説明することができます。

しかし、そのように“誰か”に対して、その人が生意気であるというのは、多く使われるシーンではありません。

ずばり、“口幅ったい”という言葉は、その発言をした“誰か”にするのではなく、多くの場合で“自分”のことをへりくだったり、謙遜したりするときに使う言葉なんです。

あなたも「ああ、自分がこんな発言をするにはまだまだだけど、どうしても伝えたいことがあるんだよなぁ」なんて感じることもあるのではありませんか?

そんなときに、「このような発言をしているけれども、自分自身が生意気なことを言っているのは承知しています」ということを伝えるために使うことができるんです。

この言葉があるのとないのとでは、「自分の立場がしっかり見えているんだな」と周りからの評価もだいぶ変わってきますね。

誰かが生意気なことをいっているときにも、“口幅ったい”という言葉を使うことができます。

ですが、一般的にそれよりかは“自分自身を謙遜するとき”に使う言葉であるという点をおさえておきましょう。

連想される言葉

“口幅ったい”という言葉がどのようなシーンで多く使われる言葉なのかを学んできました。

ちょっと意外性を感じた方もいたかもしれないですね。

そのような使い方だけではなく、さらに“口幅ったい”という言葉の使い方やニュアンスをしっかりとおさえていくために、この言葉から連想することのできる言葉を学んでいきましょう。

あなたは、“口幅ったい”という言葉の意味を知ったうえで、この言葉と同じ意味を持つような言葉にはどのようなものがあるかを想像することはできるでしょうか。

ちょっと考えてみてください。

その言葉が登場するかどうかはわかりませんが、今回はわかりやすく以下の言葉をご用意いたしました。

では、連想される言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

またどのように使われている言葉なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

おこがましい

「おこがましいけど…」なんて発言したことがある人は、意外にも多いかもしれないですね。

「おこがましい」という言葉は、どんな意味を持っているのでしょうか?

大きく分けて3つの意味があるといわれており、「身の程をわきまえていない」「差し出がましい態度をしている」「生意気」などといわれています。

これって今回あなたにお伝えしている“口幅ったい”という言葉の意味と同じであるということにすでに「ピン」ときている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それも“自分のことをへりくだって伝えるとき”に使われる言葉でもあるんです。

「私がこんなこともいうのもおこがましいのですが…」なんて使うことができます。

また、「おこがましい」という言葉には“ばかげている”という意味もありますがその点では“口幅ったい”とは共通しているとはいえません。

文句を言わせない

“口幅ったい”という言葉を使うときには、主に“自分自身をへりくだたせるとき”でしたね。

そのとき、ニュアンス的には“自分がへりくだっていることが「絶対的」である”ということを表現しています。

つまり、あなたの周りの誰かが「私がいうのも口幅ったいけれど・・・」なんて表現している際に「そんなことない!君は口幅ったくはないよ!」なんて否定するのは、あまりよろしくはないんですね。

相手が謙遜していると、どうしてもそうではないという言葉をかけてあげたくなるものです。

しかし、「口幅ったい」という言葉を使っているときには「文句をいわせない」「今自分が言っていることが絶対的である」というニュアンスを含んでいるということを忘れないでください。

…なんて、まさにその点でどこか“生意気さ”が感じられる言葉ですよね。

ひけらかす

“口幅ったい”という言葉をさらに別の言葉で説明するとなると“ひけらかす”という言葉がしっくりくるかもしれません。

“ひけらかす”なんて日常生活であまり使ったことがない方もいるかもしれません。

この言葉には「(そうでもないのに)あたかも得意であるかのように見せかける」「見せびらかす」「自慢をする」という意味があります。

そんなことを伝えると「ええ!?“口幅ったい”という言葉はどこか謙遜しているときに使う言葉だったんじゃないの!?それじゃあ違うじゃん!」と思われることでしょう。

たしかにそうですね。

しかし、ひとつ前の項目でお伝えしたように“口幅ったい”という言葉は、“誰かにこの発言に対して異論を唱えさせない”という意味までも含んでいるんです。

要するにその態度こそが“生意気”で、それを“口幅ったい”というんですね。

それにそもそも、どんなに謙遜していたとしても身分をわきまえずに、相手に何か大きな口をたたくのってどう考えても“生意気”ではないでしょうか。

偉そうに言う

これまでに“口幅ったい”という言葉へのイメージが大きく変わったという方がたくさんおられるかもしれません。

さらにそのような常識を覆すかのような衝撃を感じるかもしれません。

ずばり、“口幅ったい”という言葉を使う際には、多くの方がどこか“偉そうにそのものをいう”んですよね。

さきほどもお伝えしましたように、身分をわきまえず―たとえ謙遜していたとしても―身分以上のものをいうというのは、生意気です。

そして、その生意気さというのも“偉そうに伝える”ことによって、さらにその言葉のニュアンスを助長させます。

つまり、“口幅ったい”という言葉を使う人というのは、身分をわきまえていると相手に伝えながらもどこか偉そうで、傲慢な態度をしていることが多いものです。

とはいっても、どんなに身分が低くても上の身分の者よりも良い結果を残していたり、実績を持っていたりすると周りの人はどうしてもそのように感じてしまうのかもしれません。

一種のひがみを感じさせてしまうような言葉なのかもしれないですね。

嘘っぽい

“口幅ったい”という言葉を使っている人に出会ったことがある人は、その人の発言をどこか信じることができなかったのではないでしょうか。

なぜならば、生意気ながらに謙遜しながらもその気持ちを誰かに伝えるのって、どう考えても“チョット”おかしいからなんです。

何度もお伝えしていますように、もしも本当に謙遜しているのであれば、相手がどんなに悪いことをしていたとしても間違っていることをしていたとしても、それを伝えないはず(だと多くの人は思っているでしょう)なんです。

そのため、そのような常識のままでいると「ええ!?本当に謙遜しているのであれば、自分の意見を伝えるんじゃなくて相手の意見を反対に支持するんじゃないの!?」と思うようになるはずなんですよね。

そこで相手の心と相手の態度にギャップを垣間見るわけです。

そして「ああ、アイツは謙遜しているなんて嘘をついているんだな」と感じるようになります。

あなたも、“口幅ったい”という言葉をもしも周りで使う人がいるようであれば、少しでもそのように感じるのではないでしょうか。

また、“口幅ったい”という言葉を使う人ってどこか傲慢で生意気な態度をしていることが多いので、なおさらそのように感じてしまうんですよね。

鼻高々

謙遜しているにも関わらず、どこか生意気で傲慢で、だからこそ嘘っぽく感じてしまう“口幅ったいという発言”…。

その発言をしている人ってどこか“鼻高々”であることが多いものです。

傲慢であるということは、自分を大きく見せており―いや、自分自身をどこか大きな存在だと感じていることが多いですね―、さらにその気持ちを誰かに伝えているわけです。

それって、自分で自分を高くみせようとしている、まさに“鼻高々な態度”ということができるでしょう。

“鼻高々”という言葉には、“とても得意そうにしているさま”という意味を持っています。

つまり、“口幅ったい”という言葉には、ただ単に生意気に謙遜しているだけではなく、どこかその発言のなかに得意げな気持ちまでも表現されていることになります。

なおさら、「この人の発言は嘘に違いない」と思わざるを得ないですよね。

差し出がましい

まだまだ“口幅ったい”という言葉の関連用語があります。

“差し出がましい”という言葉も、“口幅ったい”という言葉の意味に関連しているということができます。

この言葉には、「必要以上に相手にかかわろうとすること」「出すぎる」という意味があります。

ことわざで「抜き出た杭は打たれる」なんて言葉がありますが、“口幅ったい”という言葉を使う人、またその言葉で表現できるような人というのは、打たれることはないものの、どこか“ほかの人よりも抜き出ている”、それも自分自身でどんどん前に顔を出していっているような人たちになります。

自分をわきまえない

これまでにいくつか“口幅ったい”という言葉の関連用語をお伝えしてきましたが、“口幅ったい”という言葉にあまり良いイメージを抱かない人が多くなっているかもしれないですね。

たしかに、“口幅ったい”という言葉だけの意味を見てみると、自分のことを謙遜しており、その上で相手に何かを伝えようとしているという意味があるように感じるので“なんて性格の良い人なんだ”なんて思われていたかもしれません。

しかし、その言葉には裏に付随するニュアンスがとてもたくさんあるとのことでした。

最終的にすべてをまとめますと、“口幅ったい”という言葉には、“自分自身をわきまえていない”ともいうことができるかもしれませんね。

自分をわきまえていたら、どんなに謙遜していたとしても相手に何かを主張すること、目上の人の発言を覆すようなことをしないものです。

だからこそ、自分をわきまえていないんです。

“口幅ったい”という言葉には、見えないところにこのようなニュアンスがあるということを知っておくことによって、使う際には気を付けることができるでしょう。

口幅ったいの使い方

あなたは、“口幅ったい”という言葉にはどのような意味があるのか、またどのようなニュアンスをもっているのかを知り、この言葉についての理解を深めることができたでしょうか。

おそらく多くの方が“口幅ったい”という言葉についての意味については、深く知ることができたかと思います。

しかし、いざこの言葉を使うとなったときには「どのようにして使えばいいんだろう?」「なにか注意する点はあるのかな?」なんて、気になることが出てくるかと思います。

それに意味を知っていても、正しい使い方ができていない人ってとても多いんですよね。

誰かに指摘されて恥ずかしい思いをする前に、ぜひとも“口幅ったい”という言葉の使い方までもしっかりとチェックしていきましょう。

これを読んでおけば、“口幅ったい”という言葉には鬼に金棒ということができるでしょう。

例文

ここでは、まず“口幅ったい”という言葉が使われている例文をご紹介します。

その文章では、いったいどのようなニュアンスで強く“口幅ったい”という言葉が使われているのかをお伝えし、その使い方を確認していきます。

それぞれの例文を読んでみて、すぐに解説を読むのではなく、まずはあなたなりにその例文における“口幅ったい”という言葉の使い方を探ってみてください。

そして、そのあとの解説を読み、その意味はあっていたのかをチェックするとなおさら理解が深まります。

では、さっそく“口幅ったい”という言葉が使われている例文を見ていきましょう。

そのまま日常生活で使うこともできるので、頭の片隅に入れておくとよいかもしれませんね♪

口幅ったい責め文句すら、主張できないでいた

これはいったいどのようなシチュエーションで発言された、もしくは脳内で発言された言葉なのでしょうか。

この発言者は誰かに“口幅ったい責め文句”を言われている状況になりますね。

相手は、自分は謙遜しているとしながらも、この発言者のなにかしらの間違いなどを指摘したのでしょう。

また、指摘するだけではなく、その問題についてくどくどと―謙遜しているふりをして―堂々と抗議をしている状況になります。

そんな相手に対して、相手が謙遜しているとわかっていながらも、その意見に反対することもできず、自分の意見を主張することもできないんですね。

つまり、それくらいに相手から“押されている”状態になるわけです。

押されている、ということは、相手の態度や気持ちのどこにも“謙遜している”気持ちというのは本当は存在していないということは理解できるでしょう。

私ならばそんな口幅ったい話はしない

この発言者は、だれか第3者の発言をきいてこのような発言をしていると考えられますね。

誰かが“口幅ったい”発言をしていて、その発言に対してあまり良い気持ちを抱いていないことがわかります。

おそらく、謙遜しているというていでずかずかと相手のことを反対したり、批判するような意見を伝えていたのでしょう。

そのような状況を見るのってとても心苦しいものがありますよね。

そこで「私」という発言者は、自分がもしも誰かに批判するとしたら、そのような言い方をしないし、そもそも身の程をわきまえずにそのような発言をしない、という意味になります。

これこそ本当に“謙遜している人”の気持ちといえますね。

口幅ったいようだが、私もそうしてきた

この発言者は、誰かに対して何かのやり方を伝えているところでしょう。

おそらく、この発言者自身はなにかの方法で現在の地位までやり遂げてきたし、これまでやってきたのです。

そこで、同じような悩みを抱えている―例えばなかなか昇進できないとか、恋人とうまくいかないとか―人に対して、相手が地位としては立場としては、目上の人であったときに発言しています。

自分自身はそのようなことをいえる(えらい)立場ではないものの、そのようにして切り抜けてきたんですよ。

と。

ここには“君もそのようにしてみたらいいのではないか”というニュアンスまでも含まれていることになります。

口幅ったいことを言わず、早く帰ってくれ

誰かと討論になっているとき、それも目下の人から謙遜していることを前提にして“批判”だったり、“何かを主張する”意見を延々と聞かされることになった時のことを想像してみてください。

そのような意見を真摯に受け止める人もいる一方で、目下の意見は絶対に聞き入れないし、そんな意見を聞くに値しないと感じている人もいるものです。

そのように感じているどこかの上司だったり、立場が上である人というのがこのような発言をしたと思われます。

とはいっても、口幅ったい発言をされてその都度落ち込んでいるよりかは、これくらいに言い返せたほうが良いのかもしれないですね。

あえて口幅ったい言い方をした

あなたは、目上の人が発言したこと・行動したことに対してなにかを伝えたくなることってありませんか?

それも周りの気持ちを考えずに身勝手に行動している人に対しては、なおさらそのように感じたことがあるのではないでしょうか。

この発言者は、まさにそのような相手に対して―周りの人の気持ちを考えない人―、“わざと”口幅ったい言い方をしたといっています。

相手のことを考えていない人というのは、自分は相手のことを考えてはいないはずなのに、自分の立場を尊重されないでいるととても気に障る人が多いんですよね。

その核心をついたのでしょう。

そのような相手に対して、“わざと”口幅ったい言い方をすることによって、目下の人たちや部下たちが本当はこういう気持ちをしているのだということを主張したということになります。

ときに、このように誰かが声をあげないと何も問題が解決されないこともあるので、その際にはどんどん“口幅ったい”発言をしていきたいものですね。

口幅ったい物言いが、本当に口幅ったかったのだろうか

これは発言者の前に“口幅ったい”発言をした人が現れた状況になります。

その口幅ったい発言をした人は、あたかも“生意気になにかを主張する”様子だった、しかし、後々考えてみたらそのようなことをいうような人でもない。

もしかしたら、本当に“生意気になにかを主張するような人だったのか?”、“本当に謙遜する気持ちの強い人なのではないか?”という疑心暗鬼になっている気持ちを表現しています。

たしかに、身の回りに口幅ったい発言をする人がいたとしても、そのようなことをいうような人でないと分かっていると「あの発言そのものが間違っていたのではないか」なんて感じてしまいますよね。

このように感じさせることこそ、本当の意味での“口幅ったい”人なのかもしれません。

あの人は常々、口幅ったいことを言う

これは発言者が“あの人”に対してどのように感じているのかを伝える文章になっています。

あなたの周りにも、なにかにつけて“口幅ったい”(謙遜しているというていだけれども、どこか生意気な発言をする人)というのがいるのではないでしょうか?

そのような人のことを表現しているんですね。

要するに“あの人”というのは、いつでもどこでも“口幅ったい”発言をする人であり、そのことに対して発言者はどこか否定的な意見を持っているのでしょう。

口幅ったいを使った有名なコメント

これまでに“口幅ったい”という言葉を使った例文をご紹介してきました!

あなたがすでに使ったことがあるような文章、または誰かに言われたことがある言葉なども含まれていたかもしれませんね。

しかし、なかには“口幅ったい”という言葉なんてどこでも聞いたことがないよ!なんて方もおられることでしょう。

そのような方には、誰もが知っているあの有名人が“口幅ったい”という言葉を使ったことをお伝えしましょう。

王貞治さん引退時

ずばり、誰が“口幅ったい”という言葉を使ったのかといいますと野球界のレジェンドともいえる王貞治さんなんです。

まさかあの人がこんな言葉を!?なんて驚かれたかもしれませんね。

「口幅ったい言い方ですけど、王貞治としてのバッティングができなくなったということです」

実際に王さんは、王さんの引退の際にこのような発言をしています。

彼はバッターとして偉大なる活躍を見せていました。

その姿をファンやサポーターだけではなく、野球に興味のない人までも楽しみにさせていました。

本人も“バッターをしている自分”というのが好きだったのでしょう。

そこで、王貞治としてバッティングできなくなったということ、王貞治というバッターは素晴らしい存在であったということ、その存在が終わりになったということを伝えようとしています。

ここまで主張できるくらいにやりきることができるのってとても素敵ですよね!

口幅ったいを正しく使おう

今回は、あまり聞きなれないかもしれないですが“口幅ったい”という言葉について特集してきました。

謙遜しながらも、どこか傲慢で、生意気に目上の人たちに“身分をわきまえず”になにかを主張・批判する人のことを表現している言葉でしたね。

このような人が周りにいるのであれば、そこまで本気で相手にしないことです。

また、もしもあなた自身がそのように言われてしまったのであれば、そのスタイルを貫くかどうか再検討したほうがいいかもしれませんね。

とはいえ、あまり馴染みのない“口幅ったい”という言葉だからこそ、使う際には気を付けて正しく使うように心がけましょう。