CoCoSiA(ココシア)

付き合うまでのベスト期間は?流れやデートの回数などの気になる男女の実態


付き合うまでの期間ってどれくらいがベストなの?そんなお悩みを抱えていませんか?

好きな人がいて、良い雰囲気にはなっている場合、付き合うタイミングには慎重になりますよね。

だって、絶対にこの恋を逃したくないですから!だけど、早すぎると遊び人と思われる心配があったり、イマイチ決め手に欠けていたり…。

そもそも、その勇気がなかったり!?

人はさまざまな理由で、告白のタイミングを逃してしまいがち。

タイミングを逃すということは、失恋を意味します。

そうならないために今回は、『付き合うまでのベスト期間は?』を題材に、付き合うまでの流れやデートの回数などを徹底解説します。

付き合うタイミングを逃したくない!だけど、タイミングがわからない!そう悩んでいる男女必見の内容です。

付き合うタイミングって大事!

「付き合うタイミングを逃して恋が実らなかった」という経験をする人も少なくありません。

多少のズレがあっても大丈夫そうに思う付き合うキッカケですが、実は“タイミング”こそ全て…といっても過言ではないほど、付き合うタイミングって大事なのです。

ただ、難しいのは、「付き合うベストなタイミング」がハッキリしていないことです。

「今がその時」というタイミングは、人によって違います。

恋愛には当然相手がいますから、自分のタイミングと相手のタイミングにも違いがあります。

さらに、ふたりの関係性によっても、そのタイミングは変わってくるのです。

恋愛は生もの。

その時と場合は刻一刻と変わるし、相手や自分の感情も常に変化しています。

その変化をとらえ、ベストなタイミングで付き合うことが恋愛成就のカギとなります。

あまりに早いと軽いと思われる

付き合うまでのタイミングを逃したくない!そう思うと、多くの人は焦りますよね。

相手が心移りする前に…自分の気持ちが盛り上がっているうちに…告白して付き合ってしまいたい!と思う人は多いはずです。

ですがその結果、その恋を逃すこともあります。

この場合は、付き合うまでのタイミングとしては時期尚早だったということになります。

付き合うことに焦って相手を逃してしまう場合、原因のひとつは「軽い」と思われてしまうこと。

お互いの事をあまり知らないうちに告白してしまうと、「相手は誰でもいいのでは?」と思われたり、「ただ遊びたいだけなのでは?」と、遊び人だと思われたりするのです。

このように、あまりに早いタイミングで告白すると、付き合うことを軽く考えているとみなされて失敗してしまいます。

あまりに遅いと興味がないと思われる

付き合うまでのタイミングは、早いと軽いと思われるリスクがある一方、遅いのも問題です。

付き合う前に…軽く考えていると思われたくないし、自分も相手をしっかり見極めたい。

もちろんお互いにとって、付き合う前に熟考する時間が必要だ!と考える人もいますよね。

こういう人は、はやる気持ちを押さえてじっくり検討してから行動に移すタイプなのでしょう。

ただ、じっくりじっくり検討して「いざ」というときに、相手の気持ちはすっかり冷めてしまっていることも少なくありません。

原因は、恋愛が進展しないことで「興味を持たれていない」と思われてしまうこと。

とくに、消極的な人や、せっかちな性格の人が相手だと、遅すぎるタイミングを待つことができません。

自分は興味を持たれていないようだから…と、早々に諦めてしまうのです。

諦めてしまったら、後から思いを告げられても後の祭り。

失われた恋心は、そう簡単に取り戻すことができないのです。

自分にとっては「今がタイミング」でも、相手にとっては早すぎたり、すでに過去の事になっていたり…付き合うまでのタイミングは、早すぎても遅すぎても恋を逃すのです。

付き合うまでのおすすめベスト期間!


付き合うまでのタイミングは、早すぎても遅すぎてもダメ…。

となると、その中間のちょうどいいタイミングを狙いたいところですよね。

しかし、分からないのがそのちょうどいいタイミングです。

先ほどもお話ししたように、付き合うまでのタイミングは刻一刻と変わります。

相手によっても違うので、ハッキリ言ってしまえば正解はありません!でも、そんなことを言われても困ると思うので、参考までに「付き合うまでのベストな期間」としておすすめのタイミングをご紹介していきます。

平均的なのは出会ってから2ヶ月

付き合うまでのおすすめベスト期間として、まずご紹介するのは「出会って2ヶ月」です。

これは、一般的な平均値。

人によって付き合うまでのベストな期間は変わってくるものの、平均の期間を参考にするのは無難な選択と言えます。

なぜなら、多くの人が“ふつうのタイミング”を気にしているからです。