CoCoSiA(ココシア)

言葉選びが上手い人がやってる6個のテクニック


言葉選びが上手いというのは、つまりボキャブラリーが豊富で機を見て的を得る手法が優れている、という事が言えるでしょう。

同時に言葉選びが上手いという事は、相手に好印象を与える機会を作るのも上手い、という事になります。

つまり「褒められ上手」であり上役からお眼鏡にかなう人物、という評価を得られるという事にもなります。

この記事では、言葉選びが上手い人がやってる6個のテクニックをご紹介します。

ぜひみなさんも取り入れてみてはいかがでしょうか。

言葉選びが上手い人になりたい!

言葉選びが上手い人になったなら、世の中、いい事の連続かも分かりません。

それは一重に相手を「褒めている」事になるからです。

人間、誰だって、けなされたり、悪口を言われるより、褒めてもらえた方が何百倍も嬉しいに決まっています。

褒められる事により、気分はハイになり楽しい気持ちにさせてもらえる事、間違いないですからね。

言葉選びが上手い人になりたいと思う気持ちは、人間のほとんどが密かに抱く、自然且つ欲望に満ちた願望なのです。

言葉選びの上手い人がやっている6個のテクニック!これで言葉選びが上手くなる?

それでは次に参りましょう。

今度は、言葉選びの上手い人がやっているテクニックについてのご紹介です。

これらのテクニックを身につけることが出来たら、きっとあなたもコミュニケーション抜群の人間になれるのではないでしょうか?

全部で6個のご紹介となります。

1.相手のことを考える

言葉選びの上手い人がやっているテクニックの最初の1つ目は「相手のことを考える」です。

言葉を選ぶのが上手い人は必ず相手の事を考えています。

つまりその言葉を使うことによって相手の気持ちを良くさせ、いい気分にさせることを目的としているからです。

人間の気持ちは言葉一つで大きく変わるもの。

相手の真の気持ちに触れるような言葉を使えるかどうかによって、あなたの真価も大きく変わってくる、という訳ですね。

相手の気持ちになって発言をしてみる

とにもかくにも、会話を行う際は相手の気持ちになって発言する事です。

相手の気持ちが今、どういう感情に支配されているのか、それを機敏に読み込むのです。

例えば怒り心頭の相手に火に油を注ぐような言葉を連ねたら、もう収拾のつかない事態になってしまう事は容易に想像できますよね。

相手の気持ちが今、どういった感情になっているのか。

それを察知することが言葉選びの上手な会話にするための第一の条件となるのです。

コミュニケーション能力をつける

そしてこの条件をクリアーできるようになって初めて「コミュニケーション能力」というものを上達させる事が出来るようになるのです。

コミュニケーションというものは片方が一方的に発言していては全く機能しません。

両者が均等にお互いの言い分を言い、そして聞く事によって初めて成り立つのです。

そのためも相手の立場というものを掴まない事には円滑なコミュニケーションは機能できないのです。

言葉選びの上手い人は、まず相手の事を最優先に考える行動を起こしているのです。

2.相手の年齢や立場を考える


言葉選びの上手い人がやっているテクニックの2つ目は「相手の年齢や立場を考える」です。

この特徴は先ほどの「相手の事を考える」から更に一歩突っ込んだ考え方といっていいでしょうね。

つまりより具体的に相手の身になっていけば自ずとどういった言葉を使って会話をしていけばいいか、流れるように頭に描かれてくる、という訳です。

老若男女問わず言うのかどうか?

勿論、相手の年齢や立場、性別までを考慮した言葉の選び方が求められます。

つまり老若男女問わず同じ話し方ではいけない、という事になります。

皆さんは目上の人に対して友達言葉で話しますか?そんな事、学生時代であっても許されない事です。

ノリとか冗談で言葉をめちゃくちゃに使ってはいけません。

言葉というものは相手の年齢、立場、その他諸々の条件を考慮したうえで選択して使うべきものです。

誰彼構わず言いたい事だけを言っていたら、あなたは社会人として「不適格者」という烙印をあっという間に押されてしまうでしょう。

特定の層であればその専門用語を使うことも可能

また、言葉というものは臨機応変に使うシーンに応じて選択したいものです。

例えば特定の層の方との会話となるのであれば、その層の方たちが使用する専門用語も時折、会話の中に交えて行っていきたいものです。