人は基本的に組織に属して周囲との関りを築きながら生活してます。

生まれたときから家族という輪の中に加わり、学校への入学を経て社会へと進出していきますが、

いずれにせよ大きな組織の一員となっていることに変わりはありません。

いわゆる集団行動では、それぞれにポジションや役割が与えられます。

ただし、そこで与えられるポジションは必然であり偶然ではありません。

能力や性格など各個人の持つ個性によって与えられるものだったり、自ら適性を見極めて選ぶものです。

あなたはこれまで、集団の中でどのような立ち位置でしたか?

リーダー的なポジションで集団の中心人物だった人、いつも誰かの意見を優先して自分の意見を隠すことが多い人、

集団から外れて一人で行動する人など集団の中にはさまざまなタイプの人がいます。

ただ、中には自ら希望して得たポジションではなく、その場の流れで仕方なく不本意なポジションに収まっていたという経験がある人もいるはず。

そういう人は、たとえ属する集団が変わっても結局収まるポジションは代りばえがないケースが多いんです。

それは一体なぜなのか。

理由は“主体性”というワードに隠されています。

皆さんは自らの“主体性”について考えたことがありますでしょうか。

そもそも主体性と聞いてもあまりピンとこない人もいると思います。

今回は、誰もが持っている、もしくは持つことができる主体性について解説すると共に主体性がある人とない人の特徴や生き方について紹介していこうと思います。

主体性がない人ってどんな人?

あなたは自分に“主体性”があると思いますか?それともないと思いますか?

この質問に答えるには、まず主体性の意味をきちんと知らなくてはいけません。

そもそも主体性とは一体どんなものなのかを見ていきましょう。

主体性とは

主体性とは簡単に言うと「自ら考えて行動する」ということ。

これは一切なにも与えられていない状態で、自ら周囲の状況を判断し、なすべきことを導き出して行動することを指します。

ポイントは自分で自分のやるべき行動を決めて動けるかどうかという点です。

主体性は人が生きていく中で必要不可欠な能力であると言えます。

誰からの指示を得ずとも、自分でその場に適した行動をするというのは生活でも社会でも必ず必要になるものです。

自主性との違い

主体性についての概要を大まかにお分かりいただけたところで、よく混同されがちな“自主性”についても合わせて紹介します。

主体性と自主性、聞いた感じだとほぼ同じような意味合いに思われるかもしれませんがこの2つの根本は異なるものです。

自主性は「自らやるべきこと率先して行うこと」です。

主体性との違いは、元よりやるべきことが明確なケースにおいて行動することを指している点。

やるべきことが決まっていれば、あとはやるだけです。

その行動が迅速で積極性に富んでいることを「自主性がある」と言います。

主体性はそのやるべきこと自体を自ら考え行動できるかということになるので、「自主性がある人」と「主体性のある人」では求められていることが違います。

自主性はあってしかるべきもの。

主に企業などが求職者に求めている能力は主体性です。

自主性は主体性の一部だと考えることもできます。

主体性があればおのずと自主性はついてきます。

主体性がない人の7個の特徴を紹介

それではここからは「主体性がない人」の特徴をひとつずつチェックしていきましょう。

自分に当てはまる項目がないかどうか照らし合わせながらご覧ください。

1.人まかせ

まず主体性がない人の大きな特徴として「人任せ」というものがあります。

主体性に欠ける人は、自分で何をすべきか考えることができません。

すると自然と周りの指示を待って行動することが多くなります。

自分から、なにか行動に起こすということがほとんど無いので、自分自身の意見を主張するシーンもほぼなくなります。

自分で考えずとも周りが導いてくれるのであれば、それはもう自分の意志なんてなくとも行動できるので、楽かもしれませんね。

ですがその周囲の人からすると実にいい迷惑と言ったところです。

周りを思うように動かしたい傲慢な人や周りに頼られるのが大好きなリーダー気質の人であれば、

主体性がない人のサポートを率先してするかもしれませんが、世の中はそううまく行きません。

「言わずともやる人」と「言わないとやらない人」であれば、もちろん「言わずともやる人」のほうが社会で求められます。

人に頼ってしまう

なんでも人任せにしてしまう人は日常でも社会でも同様です。

本人に自覚はなくても、人任せにばかりしていると人に頼ることに慣れてしまって自分で考える判断力がドンドン衰えてきます。

人に頼るのは簡単なことです。

とは言え、人に頼ること自体が一概に悪いのではありません。

人の力を借りながらも、自分の成長のために学ぶ姿勢や成長意欲があるのならば、それはいい経験になるでしょう。

意識の持ちよう次第で、人の力を借りながら徐々に主体性を身につけていくことだって可能です。

ですが、頼ることで甘えることを覚えてしまってはいけません。

自分が楽をするために頼るのか。

自分の成長のために頼るのか。

あなたの意識はどちらでしょう。

その意識の違いは頼られている側にもヒシヒシと伝わっているはずです。

人に頼る時には感謝と敬意の気持ちを持ちながら、いつか恩返しをするつもりで挑むようにしましょう。

2.周りの意見に合わせる

主体性がある人は、自分が考えたことを実行しようとしますから、おのずと周囲と意見交換やコミュニケーションを活発におこないます。

この意見交換から生まれる意思疎通能力やプレゼン力というのは社会で生きるうえで強力な武器になるものです。

自分の考えがある人は、その考えを基にしつつ、周囲との調和をとりながら最善の策を導き出すことができます。

しかしそもそもの主体性がない人は議論の場で意見さえも生まれません。

自我が薄いと言ったらそれまでですが、つまりは自分の意識と外の意識をきちんと把握し正確な判断を行うことを放棄しているということです。

人は自分が生み出す考えだけでなく、周りからの情報を取り入れて学んでいきます。

しかし主体性がない人の場合は、自分で考えることをしないので周囲の意見に合わせてばかりです。

責任を負いたくない

人に頼る・人の意見に合わせるイコール、自分の意思ではないという意識があることから、自分の行動に責任を感じていないということもあります。

責任感が薄いと、どんなことにも一生懸命になることができません。

なにかミスやトラブルがあっても自分ではなく周りの責任だと思うことでしょう。

そういう人は何度も同じことを繰り返し、言い訳ばかりが上達していきます。

自分を顧みることなく問題の解決に努めることがないので、なかなか成長することができずじまい。

責任は重圧を伴うものですが、それがあるからこそ人は悩み、考え、成功を生み出すのです。

社会人ともなれば、責任を持たず仕事をしている人と責任感を背負っている人は一目瞭然です。

責任感を持たない人は「何年たっても代わり映えしない成長しない人だ」とジャッジされて昇進や昇格のチャンスを逃すことになるでしょう。

責任を負いたくないから、という理由であえて主体性を持たないようにしている人もいるのではないでしょうさ。

3.自分に自信が持てない

自分に自信をつけるためには、自らの力で成し得た成功や実績が大きなキーポイントになります。

前述で述べたような、「人の力」に依存している人は、「自分の力」で掴んだ成功が圧倒的に少ないはずです。

主体性を持っていれば、人に頼らずとも自ら課題を見つけ出し、考し、そこから導き出した対策を実行する、という行動ができます。

もしもそれが失敗であれ成功であれ、自分の能力でできること、できないことを知ることができるはずです。

仮に失敗だったとしても、失敗までの過程で自分が積み上げた努力や成果というのは、確実に自信となって身につきます。

自分の限界や伸びしろを知っている人は、自分に足りないことや必要なことも見えてきます。

しかしその反面、自分の力で物事に臨まない人は実行力に欠けるだけでなく、自分の考えや行動が正しいのかどうかも分からないままでしょう。

人の意見に流されて、人の言うままに行動して、確証も無く「なんとなく」でやっていることでは、

もし結果に繋がったとしてもなにが成功の鍵だったのか掴み切れないまま終わってしまいます。

それでは自力で掴んだ確かな実績とは言えず、自分の能力を確証し、信じるまでの経験には至りません。

自信を持つためには、自らの意思でやり遂げたという実績の積み重ねが必要なんです。

ネガティブになってしまう

自分に自信がない人は、自信がないがゆえに自分の考えに確証が持てず、他人に頼るという手段を選んでしまっていることもあるでしょう。

なにかの判断に迫られた時に、親や友人など人にまかせっきりの人生を歩んできた人は、

いざ自ら選んだ選択肢で失敗した時に「自分の力ではどうにもできない…」と卑屈になってしまいがちです。

これまで考えることをしてこなかった経験不足からくる失敗もあるでしょう。

自ら考えて行動している人は、幾度失敗しても前向きに次へのステップを考えることができます。

失敗から学ぶ、という術を知っているんです。

ですから、失敗の経験が少ない人ほど一度の失敗で挫けてネガティブになってしまいがち。

ネガティブになって、自分で考えることを放棄してしまうと主体性はいつになっても備わりません。

自分で考えた末に、もし失敗したとしても、そこで思考を止めずにさらに考えて自ら解決のために行動できるようになると主体性はより優れたものになります。

4.積極性がない

ここまで挙げてきた特徴を総じて言うと「積極性がない」ということに繋がります。

自分で考えない、人の意見に流される、ということは消極的な行動です。

主体性がある人は、基本的にやることを自分から探して積極的に行動することができます。

積極性というのは、あらゆるシーンで必要とされる能力です。

積極性がある人のほうが、色々な事柄にアタックしていく機会が多いので、チャンスを掴みやすいというのは言うまでもないでしょう。

消極的だと、折角のいい機会を逃してしまうことも考えられます。

積極的な態度というのは、社会において高く評価されます。

積極性を発揮するためには、失敗を恐れていてははじまりません。

とは言っても、昔から失敗は成功の基というように、なにごとも必ず上手く行くとは限りません。

やる前から消極的な思考で構えていては上手くいくものも上手くいかなくなります。

積極的に行動する人の周りには、同じように積極性を持つ人が集まってきます。

相乗効果で、互いに刺激し合いながら切磋琢磨できるので成長の速度も段違い。

自信がなくても積極性を持って前向きな姿勢を見せていれば、周りは協力的にサポートしてくれるはずですよ。

与えられたことしかしない

主体性がないマニュアル型の人というのは、与えられた指示通り、説明書通りにしか行動することができません。

物事に全てにマニュアルが完備されていればいいのですが、そうもいきません。

臨機応変な対応が求められた時、人は本当の能力を試されます。

マニュアルがなくとも、それまでに身につけた経験や能力があれば自然と行動に現れるものです。

しかし何も考えず、人に言われた通りに行動していた人は土壇場でどうしたらいいか判断ができず、アタフタしてしまうでしょう。

仕事でもプライベートでも何か一つでもいいので、自ら考えて前向きに取り組めることが見つかるとステップアップの第一歩になります。

5.向上心が無い

主体性を持っていないということは、自分自身の進退について興味が薄いということでしょう。

「もっと上のポストを狙いたい」「周りから頼られる存在になりたい」というようなキャリア志向の人は、向上心が高いので主体性を持ちながら自らを高めていきます。

しかし向上心が無く、キャリアビジョンや将来プランが思い描けない人は停滞したままです。

現状に満足しているということならばいいのですが、主体性がない人の場合はそうであるとは言えません。

ただ、自分の置かれている状況を正確に把握できていないだけということが考えられます。