人は基本的に組織に属して周囲との関りを築きながら生活してます。

生まれたときから家族という輪の中に加わり、学校への入学を経て社会へと進出していきますが、

いずれにせよ大きな組織の一員となっていることに変わりはありません。

いわゆる集団行動では、それぞれにポジションや役割が与えられます。

ただし、そこで与えられるポジションは必然であり偶然ではありません。

能力や性格など各個人の持つ個性によって与えられるものだったり、自ら適性を見極めて選ぶものです。

あなたはこれまで、集団の中でどのような立ち位置でしたか?

リーダー的なポジションで集団の中心人物だった人、いつも誰かの意見を優先して自分の意見を隠すことが多い人、

集団から外れて一人で行動する人など集団の中にはさまざまなタイプの人がいます。

ただ、中には自ら希望して得たポジションではなく、その場の流れで仕方なく不本意なポジションに収まっていたという経験がある人もいるはず。

そういう人は、たとえ属する集団が変わっても結局収まるポジションは代りばえがないケースが多いんです。

それは一体なぜなのか。

理由は“主体性”というワードに隠されています。

皆さんは自らの“主体性”について考えたことがありますでしょうか。

そもそも主体性と聞いてもあまりピンとこない人もいると思います。

今回は、誰もが持っている、もしくは持つことができる主体性について解説すると共に主体性がある人とない人の特徴や生き方について紹介していこうと思います。

主体性がない人ってどんな人?

あなたは自分に“主体性”があると思いますか?それともないと思いますか?

この質問に答えるには、まず主体性の意味をきちんと知らなくてはいけません。

そもそも主体性とは一体どんなものなのかを見ていきましょう。

主体性とは

主体性とは簡単に言うと「自ら考えて行動する」ということ。

これは一切なにも与えられていない状態で、自ら周囲の状況を判断し、なすべきことを導き出して行動することを指します。

ポイントは自分で自分のやるべき行動を決めて動けるかどうかという点です。

主体性は人が生きていく中で必要不可欠な能力であると言えます。

誰からの指示を得ずとも、自分でその場に適した行動をするというのは生活でも社会でも必ず必要になるものです。

自主性との違い

主体性についての概要を大まかにお分かりいただけたところで、よく混同されがちな“自主性”についても合わせて紹介します。

主体性と自主性、聞いた感じだとほぼ同じような意味合いに思われるかもしれませんがこの2つの根本は異なるものです。

自主性は「自らやるべきこと率先して行うこと」です。

主体性との違いは、元よりやるべきことが明確なケースにおいて行動することを指している点。

やるべきことが決まっていれば、あとはやるだけです。

その行動が迅速で積極性に富んでいることを「自主性がある」と言います。

主体性はそのやるべきこと自体を自ら考え行動できるかということになるので、「自主性がある人」と「主体性のある人」では求められていることが違います。

自主性はあってしかるべきもの。

主に企業などが求職者に求めている能力は主体性です。

自主性は主体性の一部だと考えることもできます。

主体性があればおのずと自主性はついてきます。

主体性がない人の7個の特徴を紹介

それではここからは「主体性がない人」の特徴をひとつずつチェックしていきましょう。

自分に当てはまる項目がないかどうか照らし合わせながらご覧ください。

1.人まかせ

まず主体性がない人の大きな特徴として「人任せ」というものがあります。

主体性に欠ける人は、自分で何をすべきか考えることができません。

すると自然と周りの指示を待って行動することが多くなります。

自分から、なにか行動に起こすということがほとんど無いので、自分自身の意見を主張するシーンもほぼなくなります。

自分で考えずとも周りが導いてくれるのであれば、それはもう自分の意志なんてなくとも行動できるので、楽かもしれませんね。

ですがその周囲の人からすると実にいい迷惑と言ったところです。

周りを思うように動かしたい傲慢な人や周りに頼られるのが大好きなリーダー気質の人であれば、

主体性がない人のサポートを率先してするかもしれませんが、世の中はそううまく行きません。

「言わずともやる人」と「言わないとやらない人」であれば、もちろん「言わずともやる人」のほうが社会で求められます。

人に頼ってしまう

なんでも人任せにしてしまう人は日常でも社会でも同様です。

本人に自覚はなくても、人任せにばかりしていると人に頼ることに慣れてしまって自分で考える判断力がドンドン衰えてきます。

人に頼るのは簡単なことです。

とは言え、人に頼ること自体が一概に悪いのではありません。

人の力を借りながらも、自分の成長のために学ぶ姿勢や成長意欲があるのならば、それはいい経験になるでしょう。

意識の持ちよう次第で、人の力を借りながら徐々に主体性を身につけていくことだって可能です。

ですが、頼ることで甘えることを覚えてしまってはいけません。

自分が楽をするために頼るのか。

自分の成長のために頼るのか。

あなたの意識はどちらでしょう。

その意識の違いは頼られている側にもヒシヒシと伝わっているはずです。

人に頼る時には感謝と敬意の気持ちを持ちながら、いつか恩返しをするつもりで挑むようにしましょう。

2.周りの意見に合わせる

主体性がある人は、自分が考えたことを実行しようとしますから、おのずと周囲と意見交換やコミュニケーションを活発におこないます。

この意見交換から生まれる意思疎通能力やプレゼン力というのは社会で生きるうえで強力な武器になるものです。

自分の考えがある人は、その考えを基にしつつ、周囲との調和をとりながら最善の策を導き出すことができます。

しかしそもそもの主体性がない人は議論の場で意見さえも生まれません。

自我が薄いと言ったらそれまでですが、つまりは自分の意識と外の意識をきちんと把握し正確な判断を行うことを放棄しているということです。

人は自分が生み出す考えだけでなく、周りからの情報を取り入れて学んでいきます。

しかし主体性がない人の場合は、自分で考えることをしないので周囲の意見に合わせてばかりです。

責任を負いたくない

人に頼る・人の意見に合わせるイコール、自分の意思ではないという意識があることから、自分の行動に責任を感じていないということもあります。

責任感が薄いと、どんなことにも一生懸命になることができません。

なにかミスやトラブルがあっても自分ではなく周りの責任だと思うことでしょう。

そういう人は何度も同じことを繰り返し、言い訳ばかりが上達していきます。

自分を顧みることなく問題の解決に努めることがないので、なかなか成長することができずじまい。

責任は重圧を伴うものですが、それがあるからこそ人は悩み、考え、成功を生み出すのです。

社会人ともなれば、責任を持たず仕事をしている人と責任感を背負っている人は一目瞭然です。

責任感を持たない人は「何年たっても代わり映えしない成長しない人だ」とジャッジされて昇進や昇格のチャンスを逃すことになるでしょう。

責任を負いたくないから、という理由であえて主体性を持たないようにしている人もいるのではないでしょうさ。

3.自分に自信が持てない

自分に自信をつけるためには、自らの力で成し得た成功や実績が大きなキーポイントになります。

前述で述べたような、「人の力」に依存している人は、「自分の力」で掴んだ成功が圧倒的に少ないはずです。

主体性を持っていれば、人に頼らずとも自ら課題を見つけ出し、考し、そこから導き出した対策を実行する、という行動ができます。

もしもそれが失敗であれ成功であれ、自分の能力でできること、できないことを知ることができるはずです。

仮に失敗だったとしても、失敗までの過程で自分が積み上げた努力や成果というのは、確実に自信となって身につきます。

自分の限界や伸びしろを知っている人は、自分に足りないことや必要なことも見えてきます。

しかしその反面、自分の力で物事に臨まない人は実行力に欠けるだけでなく、自分の考えや行動が正しいのかどうかも分からないままでしょう。

人の意見に流されて、人の言うままに行動して、確証も無く「なんとなく」でやっていることでは、

もし結果に繋がったとしてもなにが成功の鍵だったのか掴み切れないまま終わってしまいます。

それでは自力で掴んだ確かな実績とは言えず、自分の能力を確証し、信じるまでの経験には至りません。

自信を持つためには、自らの意思でやり遂げたという実績の積み重ねが必要なんです。

ネガティブになってしまう

自分に自信がない人は、自信がないがゆえに自分の考えに確証が持てず、他人に頼るという手段を選んでしまっていることもあるでしょう。

なにかの判断に迫られた時に、親や友人など人にまかせっきりの人生を歩んできた人は、

いざ自ら選んだ選択肢で失敗した時に「自分の力ではどうにもできない…」と卑屈になってしまいがちです。

これまで考えることをしてこなかった経験不足からくる失敗もあるでしょう。

自ら考えて行動している人は、幾度失敗しても前向きに次へのステップを考えることができます。

失敗から学ぶ、という術を知っているんです。

ですから、失敗の経験が少ない人ほど一度の失敗で挫けてネガティブになってしまいがち。

ネガティブになって、自分で考えることを放棄してしまうと主体性はいつになっても備わりません。

自分で考えた末に、もし失敗したとしても、そこで思考を止めずにさらに考えて自ら解決のために行動できるようになると主体性はより優れたものになります。

4.積極性がない

ここまで挙げてきた特徴を総じて言うと「積極性がない」ということに繋がります。

自分で考えない、人の意見に流される、ということは消極的な行動です。

主体性がある人は、基本的にやることを自分から探して積極的に行動することができます。

積極性というのは、あらゆるシーンで必要とされる能力です。

積極性がある人のほうが、色々な事柄にアタックしていく機会が多いので、チャンスを掴みやすいというのは言うまでもないでしょう。

消極的だと、折角のいい機会を逃してしまうことも考えられます。

積極的な態度というのは、社会において高く評価されます。

積極性を発揮するためには、失敗を恐れていてははじまりません。

とは言っても、昔から失敗は成功の基というように、なにごとも必ず上手く行くとは限りません。

やる前から消極的な思考で構えていては上手くいくものも上手くいかなくなります。

積極的に行動する人の周りには、同じように積極性を持つ人が集まってきます。

相乗効果で、互いに刺激し合いながら切磋琢磨できるので成長の速度も段違い。

自信がなくても積極性を持って前向きな姿勢を見せていれば、周りは協力的にサポートしてくれるはずですよ。

与えられたことしかしない

主体性がないマニュアル型の人というのは、与えられた指示通り、説明書通りにしか行動することができません。

物事に全てにマニュアルが完備されていればいいのですが、そうもいきません。

臨機応変な対応が求められた時、人は本当の能力を試されます。

マニュアルがなくとも、それまでに身につけた経験や能力があれば自然と行動に現れるものです。

しかし何も考えず、人に言われた通りに行動していた人は土壇場でどうしたらいいか判断ができず、アタフタしてしまうでしょう。

仕事でもプライベートでも何か一つでもいいので、自ら考えて前向きに取り組めることが見つかるとステップアップの第一歩になります。

5.向上心が無い

主体性を持っていないということは、自分自身の進退について興味が薄いということでしょう。

「もっと上のポストを狙いたい」「周りから頼られる存在になりたい」というようなキャリア志向の人は、向上心が高いので主体性を持ちながら自らを高めていきます。

しかし向上心が無く、キャリアビジョンや将来プランが思い描けない人は停滞したままです。

現状に満足しているということならばいいのですが、主体性がない人の場合はそうであるとは言えません。

ただ、自分の置かれている状況を正確に把握できていないだけということが考えられます。

周りから自分はどのように評価されているのか、将来を考えたときに自分は本当にこのままでいいのか。

きちんと自分のために考えることが出来れば、向上心が生まれないはずがありません。

立派な目標でなくでも、まずなにか行動を起こすための動機を見つけることが重要です。

与えられた仕事が終わったら何もしない

ここで一つの例を見てみましょう。

ある会社でAさんに「この書類のチェックをお願い」と仕事を依頼したとします。

しかしその後、いくら時間が経ってもAさんから報告があがってくることはありません。

見てみればとても暇そうにしていました。

なんとAさんは依頼された仕事が完了しているにも関わらず何の報告もせず、ずっと待機していたんです。

その理由を聞いてみると「書類のチェックはお願いされたが、報告しろとは言われていない。」と言います。

これはマニュアル型人間と呼ばれる人の典型的なパターン。

マニュアル人間は自ら考えて行動できない人への皮肉として使われます。

そう呼ばれる人はマニュアル通り「指示されたこと“しか”」できない柔軟性に欠けるタイプが多い傾向があります。

依頼された仕事が終わったなら報告する、次の指示を自ら仰ぐ、というのは少し考えれば分かること…だと思う人もいると思います。

しかし主体性がない人にはその判断能力や考える力が欠如しているのです。

6.臆病な性格

内向的で臆病な性格の人は、主体性が弱い傾向があります。

性格というのは、生まれ育った環境や培ってきた経験から形成されるものですが、性格だからといって主体性を持たなくてもいいということにはなりません。

臆病な人は、どうしても周囲からの視線や評価を気にしてしまいます。

「嫌われたくない」「鬱陶しがられたくない」というような気持ちが心の奥底にあると、人に流されるがままになり、

自分の意見を主張したりすることが少なくなってしまいます。

臆病な人は警戒心が強く小心者。

自分を守ろうとするあまり、あえて主体性を持たないようにしている人もいるのではないでしょうか。

失敗を恐れている

失敗をしないように、嫌われないように、と回り道をしている内に成功はドンドン遠のいていきます。

行動する前に予めトラブルシューティングをおこない、リスクを想定することはとても大切です。

しかしリスクは恐れるために見出すものではなく、リスク回避のためにマネジメントに繋げるものです。

顕在化しているリスクを管理しておけば、ミスやトラブルを未然に防ぐことができます。

それこそ、主体性を持ってリスクマネジメントに努めていけば、予期せぬトラブルにも対処できる柔軟な対応力も必然的についてきます。

7.解らないことは解らないまま

主体性を持たず、行動力が無い人は、解らないことをそのまま放置しがちです。

何かを解き明かすための探求心というのは主体性があってこそ生まれるものです。

疑問を持ったら、その疑問を解くための方法を自ら編み出し、行動して確かめる。

この一連の行動こそ主体性のあるべき姿。

主に研究者など、ある分野を突き詰めて着々と探求を続けている人は主体性に長けていると考えられます。

解からないこと、つまりは疑問と対面した時に解明しようと自ら行動を起こせるかどうかというのは、研究者にとってなくてはならない素質の一つです。

最終的に途中で投げ出す

解らないことをそのまま放っておくことに、なんの抵抗もない人は知的好奇心が不足しているのかもしれません。

人は興味を持って自らの力で調べて物事を知ることで知識を蓄えていきます。

人伝てに見聞きするよりも自分で見て学ぶことで奥深さに触れてこそ、知識はきちんと定着します。

物事を断片的にとらえて上辺だけしか見ていない人は、本質を見極める力が身につきません。

自分が面白いと感じるジャンルでも趣味でもなんでも構わないので、いちから自分の力で調べること、最後まで投げ出すことなくやり抜くということを貫いてみてください。

そこからさらに生まれる疑問や必要な行動に対しても、努力や手間を惜しまずに実行して、

何か一つを極めることに徹底してみると、自ら行動するということの大切さや難しさが分かるようになるでしょう。

主体性を持つにはどうしたらいいの?

主体性がないということは、自分の為にも周りの為にもどうにか改善したい問題です。

主体性を持つことで、きっとあなたの可能性はより大きく広がっていくことでしょう。

主体性があるだけで、これまでとは、全く違う視点で物事が見えてくるようになるはずです。

その変化は、自分だけでなく周囲との人間関係やコミュニケーションにもいい影響を与えてくれるものです。

ここまで紹介してきた内容に少しでも心当たりがある人は、ぜひこの機会に自らの「主体性」について今一度考えなおしてみましょう。

ここからは主体性を身につけるために意識して取り組むべきポイントを紹介していきましょう。

指示を待たない

なにごとも受け身でいてはいけません。

まずは人からの指示を待つだけの姿勢を改善していきましょう。

指示を与えられたら、その指示を全うすることはもちろんです。

これは自主性が働くところなので、いかに効率よく進めるかという点を意識しましょう。

主体性を磨くにはその前後の行動が肝になります。

指示がなく、手透きの状態になった場合、待ちの姿勢に徹してはいけません。

周囲を見て自分が今しなければならないことを判断しましょう。

判断を仰ぐべき上司や先輩がいる場合は、自ら指示を貰いに行くことが大切です。

「指示を貰いに行こう」と考えられるようになること自体が主体性の芽生えに繋がっていますから。

自分で考えて行動する

自分で考えた末に行動を起こすことはとても大切なことです。

しかし、なんごとに対しても新人の内は、自分で導き出した答えが正しいとは限りません。

どうしたらいいのか分からない時は、無理に行動に移すのではなく聞くことを徹底しましょう。

この時に注意すべきなのは、「同じことは何度も効かない」ということ。

基本的なことですが、一度聞いて学んだことは、経験として蓄積し、自らできることの幅を広げていく努力をしなければなりません。

まずは「次はなにをすればよいでしょうか?」を聞くことから、求められていることを察知する能力を身につけ、

ゆくゆくは「次はこれをすればよいでしょうか?」というように主体性を持った聞き方へと変化させていくと良いでしょう。

自分の意志をしっかり持つ

主体性を持つということは、自分の意思や感情をきちんと表に出すことにも繋がります。

集団行動の中で、自らの意思を提示して意見を仰いだり、議論することはより深い考えや選択肢を得るために必要なことです。

失敗を恐れて意思を隠すようなことはせず、どのように自分の意思をアウトプットするかという方法を考えましょう。

考えをそのままひけらかすようなことをすると、反感を買ってしまうこともあります。

主体性を持つということは、時と場合に応じて賛同することも否定することもあるということ。

他人と異なる考えを出すということは討論が必要になることもあるでしょう。

しかしそこで、自分の意思に根拠を持たせていかに相手を納得させるトークができるかというのは非常に重要なことです。

自分の意見を押し通そうとするのではなく、あくまでも理論的に、具体性を持った話し合いができるように努めましょう。

最初は難しさや疲弊を感じることがあるでしょうけれども、その経験と大変さこそが成長のための礎となるんです。

多数派に入ろうとしない

自分の意思があるにも関わらず主張をすることなく、その場の雰囲気や流れに身を任せているのは、結局のところ保守的な自衛行為です。

折角、主体性を持って、自分の考えや意思ができたとしても小心者であるがゆえに積極的になれなかったら意味はありません。

そのままだと、いわゆるサイレント・マジョリティー(物言わぬ多数派)となりあなたの意見はどこにも反映されません。

こういった人が増えていくとノイジー・マイノリティ(声高な少数派)が優勢になってしまいます。

このノイジー・マイノリティは積極的な姿勢の人が多く、過激な行為が目立つことの象徴ともなっているので反論したり、異議を申し立てることは勇気のいる行動です。

しかし優勢な力に屈するばかりでは、何も変化が起きません。

自分の中で編み出した意見がきちんと筋が通っていて正しいと思うことなのであれば、口に出してみましょう。

それがもし否定されたとしても、その否定を覆すための次の手を投じるなど行動的な姿勢を崩さないようにしましょう。

自分の意見をしっかり通す

自分の意見をしっかり通しぬくためには、それ相当の根拠が必要になります。

仕事に関する意見交換の場で発する考えというのは、根拠もなく押し通せるような簡単なものではありません。

どうしてその意見が生まれたのか、その裏付けとなる根拠や仮設を確かなものにしておけば自信を持って考えを述べられるでしょう。

人を納得させる意見というのは、一筋縄ではいきません。

相手からどんな質問が投げかけられるか、どんなリスクが想定できるかというのを予め予見して対策を練っておくことが大切です。

さらに、意見は根拠はもちろん伝える順序や話し方などのプレゼン力がカギになります。

根拠が足らず自信なさげに持ち掛けられた意見と、きちんと根拠が整っていて自信を持って持ち掛けられた意見では同じ内容でも印象が大きく異なります。

自信を持って提示できるように事前に抜かりなく準備しておきましょう。

人の意見に左右されない

人が発信した意見をそのまま鵜呑みにしたり、自分の意見に投影させたりすることはできるだけ避けましょう。

人の意見に賛同することや、その意見に寄せることは簡単です。

しかし、社会では簡単な道を選ぶのではなく、正しい道を選択することが求められます。

人の意見に簡単に左右されない、意思の強さを持てるように精進していきましょう。

最初から、うまく自分の意見を伝えて形にできる人はほんの一部です。

主体性が薄く、いざこれから変わっていこうという時期は、思考の巡らせ方や意見のまとめ方がまだまだ未熟の場合が多いですし、

それまでの経験やセンスというものも関わってきます。

自信を持とう

意思を持ち、意見を発言していくことには責任が伴うものです。

自分の言動には責任を持たなくてはなりません。

無責任に投げやりな行動は、自分を亡ぼす結果になりますから要注意です。

自分の意見を明確に発し、責任を果たせるようになるためには自分の強みを見つけて自信をつけていくほかありません。

そのためにも、自分で考えること・行動することを怠らず色々な場面で積極的に経験を積んでいくことが必要になるんです。

経験の中で培う知識・価値観・努力があなたを支える基礎となっていくでしょう。

成功を想像しよう

成功を掴むためには成長を目指すこと。

成長を目指すには自らを知ること。

そして、自らを知るためには、考え行動し学ぶことです。

逃げの姿勢を取ることなく、少しずつでも前向きな努力をしていけばチャンスを掴む機会が回ってくるはず。

なにも変化することなく、主体性を欠いた生き方をしていては、いつか自分に嫌気が差す時がくるでしょう。

複雑に考えず、できることから一つずつクリアしていけば意識は自然と変化していきます。

環境は人を変えます。

自分が変わる環境を自ら作り出すことも、時には必要です。

多少無理やりにでもスタートラインに立ってみると、意外と進む方向が見えてくるでしょう。

最後に

「主体性を持つ」イコール「自分の意見を押し通すこと」ではありません。

自分の意思を主張するだけだと、ただのワガママであり自己中心的な人になってしまいます。

主体性を持つことで、考える力と行動力を養い、正しい判断力を身につけていくようにしましょう。

主体性を持つためには自立することが大切

まず人に助けてもらえる環境から抜け出すことが、主体性を持つ切欠になります。

誰かに頼りっぱなしのライフスタイルを止めて独り立ちすることで、必然的に自分で考えなければいけない状況になりますから。

意識的に「自分の力」を用いて行動することにしましょう。

自立と言うのは、しようと思わないとできないものです。

状況的にも気持ち的にも人の手を借りずに生きていくという意気込みを持ちましょう。

これを機に一人暮らしをしてみよう

自ら環境を作り出すことが大切と言いましたが、手っ取り早い自立の方法に「一人暮らし」という手があります。

最も近しい家族という存在から離れることで、いかに自分が人の力で生きていたのか、頼っていたのかが分かることでしょう。

他人のありがたみを実感するとともに、自分に今必要な能力が見えてくるものです。