CoCoSiA(ココシア)

充実感を感じる6個のコツ!つまらないと感じたら試してみて!


あなたは毎日、充実した生活を送れていますか?

充実感のある日々を送っていると、毎日が楽しく前向きに過ごせますよね。

一方で、まったく充実感の感じられない日々を送っていると、毎日がつまらなく感じたり、何事にもやる気が起こらなかったりします。

せっかく自分の人生を生きているのなら、毎日楽しく充実感を感じながら過ごしたいと誰もが思うことでしょう。

日々の生活の中で、たくさん充実感を得るのちょっとしたコツをご紹介します!

充実感を感じない?そんなこともありますよね

毎日充実感を感じながら生活をしている人もいれば、そうでない人もいます。

もしもあなたの周りで、いつも前向きに楽しそうに過ごしている人がいれば、その人の毎日はきっと充実しているのでしょう。

一方で、いつも溜息をついていたり、暗い表情でだるそうに過ごしていたりする人がいれば、きっとその人は自分の生活に充実感を感じてはいないのでしょう。

充実感を感じているかどうかは、その人の言動や行動を見ていれば客観的にもよく分かります。

けれどどんな人でも、365日いつでも充実感を感じているというわけではないでしょう。

どんなに明るく前向きな人であっても、充実感を感じられず、無気力になったり怠かったりする時があります。

日頃からあまり充実感を感じていないという人の場合は、充実感を感じることが多い人よりももっと無気力になることが多いでしょう。

充実感を感じたい人は多い

充実感を感じる時間が多いか少ないかは人それぞれです。

しかし充実感の有無や頻度に関わらず、充実感そのものを感じたいと思っている人はとても多いでしょう。

世の中のほとんどの人が、充実感を感じたいと思っているといっても過言ではないでしょう。

誰しも自分にとって嬉しいことや幸せなこと、充実感を感じられることを得たいと考えています。

そうでなければ人生は楽しくありませんし、気持ちのメリハリをつけることもできないでしょう。

「休日があるから平日の学校や仕事を頑張れる」ことと同じように、充実感があるからこそ、人は辛い時や苦しい状況にも前向きに耐えていくことができるのです。

充実感とは、人が自分の人生を逞しく生き抜いていく上では必要不可欠なものですので、それだけ充実感を感じたいと思っている人も多いでしょう。

充実感を感じる6個のコツ!大事なことは好きなことをすること!

充実感を得るためにはどうすればいいのでしょうか?

少なくとも、自分が嫌なことや抵抗のあることをやったところで、充実感を感じることはできないでしょう。

充実感とは、自分の心が満たされている状態や、満ち足りている自身の心情をいいます。

何かをすることによって、自分が幸せを感じたり、楽しいと思えたりしているのなら、それは充実感を感じている状態と言えるでしょう。

そんな状態になるためには、自分の好きなことや興味のあること、夢中になれることなどをすることが大切です。

好きなことをしている時には、誰しも気持ちが明るく前向きで、行動に積極性も生まれます。

また、自分の心も充実感で満たされていますので、そうした時間をできるだけたくさん作ることで、日々の生活でも充実感を得ることができるようになるでしょう。

では具体的にどんなことをすれば充実感を得られるのか、その方法を以下にご紹介していきます。

1.休暇を入れて遊ぶ


もしも休暇が得られるのなら、あなたはどんなことをして過ごしますか?

旅行へ出かけたりアウトドアを楽しんだりと、人によってさまざまな休暇の過ごし方が思い浮かぶことでしょう。

それらの休暇の過ごし方は、あなた自身にとってとても楽しいことやリラックスできることです。

そのため、実際に休暇を過ごすことになったら、きっと充実した時間を送れることでしょう。

休暇が充実した時間になるのなら、忙しい日々の中でも時には休暇を入れて遊んだり、心身をリフレッシュさせたりしましょう。

そうすることで、休暇の最中にはとても充実した時間を過ごせます。

思う存分休暇を楽しんだのなら、また次の休暇を心の励みにして、日々の学業や仕事を頑張りましょう。

1日だけでなく2日と連休を入れること

せっかく休暇をとるのなら、1日だけでなく2日間は連休を入れるようにしましょう。

もちろん時間やお金が許すなら、思い切って一週間程度は休暇をとって、海外旅行などに出かけるのもいいでしょう。

そこまでは休めないという人でも、せめて連休をとって休暇を過ごしましょう。

1日だけの休みでは、単なる休日や有休と変わらない実感になってしまいます。

本来は仕事の日にわざわざ連休をとるからこそ、ドキドキワクワクとした気持ちの昂りを味わうことができます。

連休ならば思い切り羽を伸ばして遊んだり休んだりすることもできるでしょう。

趣味などの時間を多くとって遊ぶ

休暇では、とにかく自分の好きなことだけをして過ごしましょう。

読書が趣味の人ならば、時間を忘れて一日中読書に集中するのもいいでしょう。

また、体を動かすのが好きな人は、休暇を使って山や海へ遠出をしたり、丸一日は思い切りスポーツで体を動かして、残りの休みは体の疲れをとったりするのもいいでしょう。