物への愛着からか、もしくは、いつか使うかもしれないという考え方からか、いろいろな場面でもったいないという感情が生まれてしまうことがあるかと思います。

最近は、空前の断捨離ブームによって、もったいないという考えは時代遅れな感じに見られています。

しかし、それはもったいないの概念がずれている人の考え方なのです。

よく、もったいないと聞いて、あなたはどのようなイメージを持たれますか?

おそらく、ほとんどの方は物を捨てられない人、お金を使うことに躊躇してしまう人など、このような感じを思いつくと思いますが、実はこれが大きな勘違いなのです。

なぜなら、真のもったいないは、このような人たちではないのです。

特に日本の場合、テレビや雑誌などのメディアなどの影響で、物を捨てられない人や節約生活をしている人などをもったいない精神のある人と思わせられているのです。

テレビや雑誌などのメディアに取り上げられていることが必ずしも正解だと言うことではないのです。

むしろ、嘘ばかり流しているテレビ番組や雑誌のページもあるのです。

つまり、今の日本の中で生きている人の中には、メディアの影響を受けてしまっている人が多いので、正しい情報を正しいと認識している人が少ない可能性が高いのです。

そこで、今回こちらの記事では、もったいないの意味や考え方、精神などの情報をまとめたものになっています。

改めて、もったいないという言葉に関しまして、覚えるようにしましょう。

要は、当然のような言葉ではありますが、実は間違って認識している可能性が高いのです。

なぜかと言いますと、周囲が当然のようにそのような意味で使用されている環境に育ってきたためか、それが当然だと思ってしまっています。

また、この当然と言う概念に支配されてしまっているので、そこから別の意味だと知っても認めたくないと言うことです。

実はこの当然の壁ほど、怖いものはないのです。

当然と思っていると、間違いに気づけないのです。

ある意味、間違ったまま過ごしているというのは怖いですよね。

勘違いを勘違いと気づいていないのです。

そのため、それが原因で仕事を失ってしまう人も結構いらっしゃることも多いのですが、その事実に気づいていない人も多いのです。

そうなってしまっては、意味がありませんよね。

つまり、もったいないなどの簡単な言葉であっても間違った認識をしていると、大変な目にあってしまうこともあるのです。

ぜひ、そうならないためにこの記事を参考にしましょう。

もったいないは格好悪くない?!

もったいないという考え方を他人に見せることを格好悪いことと思っている方は結構多くいます。

しかし、それはあくまでイメージなのです。

どこかもったいないと思うことは貧乏な人と同じ考え方だと思ってしまっています。

そのため、もったいない姿勢を見せると、自分も相手から貧乏人に見られてしまうのではないかという恐怖心があります。

その気持ちから、なかなかもったいないという考え方を見せることを拒んでしまう方が多いのです。

しかし、もったいないという考え方は、格好の悪いことではないのです。

ある意味、節約生活のような感じですが、実はそうではないのです。

まだ、使えるものを最活用しているのです。

要は、使い道や輝かせる方法を身に付けたので、そのようなことができるのです。

ある意味、数年前に流行ったエコブームを活かしたようなものです。

なんでもかんでも捨ててしまうのではなく、利用できるものは最後まで利用すると言うことです。

つまり、もったいないと思ったと言うことは、それに対して輝いている部分を見つけたと言っても過言ではありません。

そう考えると、もったいないは、物を活かすことができる手法でもあるのです。

実は、物の見方や視野が広い人のことをもったいないという考えを持っている人と言うのかもしれません。

また、よく聞いたことがあると思うかもしれませんが、もったいない人という言葉です。

これは、自分の価値を活かしきれていない人のことを言いますが、しかし、言ってくる人は、その人の価値観でしか言ってこないので、自分を下に見ている人から言われるケースが多いのです。

つまり、もったいないと言うことに共通しているのは、価値を使い切れていないと言うことです。

価値をすべて使い切ったり、活かしたりしていれば、すべての役割を終えることができるのですが、そうならないままに捨てられてしまわれているものがあると思います。

そうなってしまっては意味がありませんよね。

また、最近のブームである断捨離ですが、これはなんでもかんでも捨てればいいと言うことではありません。

片付けしている時にきらめくものは残し、きらめかない物は捨ててしまうと言うのが正しい断捨離方法なのです。

ブームだからと言って断捨離を行う人はいますが、実は、断捨離を行う人ほど、もったいないと言う意味を知っている人が多いのかもしれませんね。

故に、もったいないという考え方は格好悪いことではありませんよ。

つまり、もったいないと思うことを誇りに思いましょう。

もったいない精神の17個の具体例

ここまでの説明でもったいないのイメージがなんとなくわかったと思います。

それでここからは、もったいない精神の具体例をご紹介したいと思います。

要はこのような場面の時にもったいないと相手に思わせてしまうと言う行動やシチュエーションをご紹介します。

もしかしたら、ほとんどの人は、当然のようにしていることがもったいない精神の例になっているかもしれませんよ。

故に、ぜひ、しっかり覚えましょう。

大きくピックアップして、17個の具体例があります。

いきなりすべてを覚えようとしても大変です。

むしろ、途中で覚えられなくなって挫折してしまう危険性があります。

そこで、まずはあなたにとって身近なことから覚えていくことがいいかもしれません。

要は今までは、テレビや雑誌などから見せられていたもったいないと言う概念を覚えてきてしまったので、本当のもったいないの場面を知らない感じなのです。

つまり、知らず知らずにその具体例が習慣化されてしまっている可能性が高いのです。

別にその具体例にはまってしまっていても、何も恥じることはないのです。

なぜなら、先にも説明しましたように、もったいないと考えることは恥ずかしいことではないですし、格好悪いことでもないのです。

そう思ってしまっているのは、メディアなどからイメージを植え付けさせられているからです。

つまり、あなたの考えではない可能性が高いのです。

あなたの考えではなく、植え付けさせられてしまったイメージで判断している危険性が高いのです。

また、ポジティブな面でとらえるのであれば、もったいないと考えることが、物や人を活かす見方をしていると言うことです。

つまりは、物や相手の価値をしっかり見極めているということになるのです。

もったいないと考えられることはいいことなのです。

近年の断捨離ブームでもったいないと考えることはマイナス的な感じになってしまっていますが、そんなことはありません。

もったいないと思えることこそ、最後まで価値を活かすことができる考え方なのです。

ぜひ、これから説明する具体例をしっかり覚えてポジティブなもったいないで生きていきましょう。

断捨離ブームに乗っかるのもいいですが、それが正しい断捨離方法なのかどうか、あなたは見極めることができますか?

もしかしたら、世で広まっている断捨離方法中にも間違った方法がまざっているかもしれませんよ。

つまり、簡単に断捨離ブームに乗っかるのが必ずしもいいということではないのです。

野菜の皮や芯を一切捨てない


もったいない人は、野菜などの普段人が食べない部分も活かそうとするのです。

例えば、ほとんどの人が捨ててしまう野菜の皮や芯を活かそうと考えるのです。

特にこの発想でチャンスをつかんだのが、サプリを開発した人です。

この方は、リンゴの皮がとれた部分から腐ってくるのを見て、中の実よりも皮に栄養素がいっぱい入っているのではないかと思ったらしく、皮や芯などを詳しく調べたら、実よりも貴重な栄養素が入っていることに気づいたのです。

特に最近、新しい栄養素として注目されているファイトケミカルスというものがございますが、これが皮や芯などに多く含まれていることを発見し、サプリの開発を進めたと言われています。

つまり、普段みんなが当然のようにし捨ててしまう部分に何かチャンスが眠っている可能性が高いのです。

ある意味、野菜に対してもったいないと思えることから、体に必要な栄養素を発見したのですから、ここでもったいないと思えたことは大きな価値なのです。

つまり、もったいないと思えることが、もしかしたら、大きなチャンスを活かすことができるのかもしれないのです。

そう考えると普段捨てている部分を見直す必要があるかもしれませんね。

野菜スープやカレーに入れて使う

では、実際に野菜の皮や芯を捨てないで活かすにはどのようにしたらいいのかと言いますと、意外と簡単ですよ。

最近、テレビなどにも取り上げられていますが、野菜スープにしたり、カレーと一緒に煮込んだりなど、様々な活用方法があるのです。

要は、みんなが捨てていたから捨てるものだと思い込んでしまっているので、活かすという考え方まで頭が働かないのです。

つまり、皮や芯は捨てるものだと思い込んでしまっているので、大きなチャンスを逃しているという現実に気づけていないのです。

何度も申していますが、当然と思っているからこそ視野が狭くなってしまっているのです。

また、間違ったままの認識になっているからそうなってしまっているのです。

知らないと言うのがどれほど怖いものなのかを知らないからそうなってしまっているのです。

まずは、当然を疑うことが先決なのかもしれませんね。

ティッシュを2枚に分けて使う

ポケットティッシュやティッシュボックスに入っているティッシュは2枚重ねになっています。

実はこの2枚重ねが当然だと思ってそのまま使っている人は多いのです。

しかし、もったいないと考える人は、このティッシュを2枚に分けて使用しています。

確かに薄くなってしまいますが、使えないことはないのです。

2枚が1枚になるというのは、実は結構な価値になるのです。

要は2枚セットで100円のものが1枚に分けることによって、2枚セットと大して差がないのであれば、お得感があるように思えるのです。

また、他の人よりもティッシュの消費量が減るので懐にも優しいですよ。

外から見れば貧乏くさい感じはしますが、それでも節約につながるのではあれば問題はないと思います。

要は恥を忍んで先へ進むことが大切なのです。

あなたの周囲の人の考え方に惑わされてはいけません。

その考えが必ずしも正しいとは限りませんので、気を付けましょう。

トイレットペーパーは最小限の目盛に限定して使う


戦争が起きそうな時に高騰する代名詞であるトイレットペーパーですが、最近は戦争に関係なく日に日に値段が上がっていると言えます。

そのため、必要最小限度に使用するようにしないと家計簿に大きな影響を与えてしまうアイテムになっています。

そのために、もったいないと考える人は、トイレットペーパーに印をつけるなどして、最小限の目盛り使用するようにしている人は結構多くいらっしゃいます。

つまり、1回で使う限度を決めていると言うことです。

人によって1回で使う量に差がでてしまうので、そうならないようにするために、印をつけるなどして節約しているのです。

ある意味、これから必要になっていくのかもしれません。

お風呂に入る時はペットボトルなどで量増しする

お風呂の水は結構な量の消費をしてしまうので、結構水道代に響きます。

そこで、知恵を絞ってできたのが、ペットボトルをお風呂にいれて、水の量を増やすと言うことです。

実際にお風呂に入っている量は変わりませんが水面のラインがいくらか増えるので、体全体を湯船につかせることができるので、体を芯から温めることができますよ。

昔、流行ったホームドラマ等でもこのような光景を見せていたこともあり、意外と実践されている方は多いのではないでしょうか。

まあ、友達などが泊まりに来た時などに、お風呂場がこのようになっていたらちょっと引かれるかもしれません。

あまり一人暮らしの方には向かないのかもしれませんね。

ただ、効果は抜群です。

ガムを1時間近く噛んでいる

1個のガムでもかなり貴重なのです。

もったいない精神の方はとにかくガムを噛み続けます。

かみ続けて、味がなくなってもかみ続けます。

要は、ガムを味わうだけでなく、ガムを噛むことにも価値を置いている可能性もあるのです。

ある意味、頑張れば、1日で1パック持たせることもできるのかもしれませんね。

昔、似たようなことでは、落ちているタバコを拾って、残りの部分で喫煙をすると言うことがありました。

この光景が流行っていたのが、貧乏人が多く集まると言われている都内の某大学です。

昔はこのようにもったいない精神を持っていても普通のことだったのです。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定