CoCoSiA(ココシア)

もったいない精神の17個の具体例!どこまで共感できる?


物への愛着からか、もしくは、いつか使うかもしれないという考え方からか、いろいろな場面でもったいないという感情が生まれてしまうことがあるかと思います。

最近は、空前の断捨離ブームによって、もったいないという考えは時代遅れな感じに見られています。

しかし、それはもったいないの概念がずれている人の考え方なのです。

よく、もったいないと聞いて、あなたはどのようなイメージを持たれますか?

おそらく、ほとんどの方は物を捨てられない人、お金を使うことに躊躇してしまう人など、このような感じを思いつくと思いますが、実はこれが大きな勘違いなのです。

なぜなら、真のもったいないは、このような人たちではないのです。

特に日本の場合、テレビや雑誌などのメディアなどの影響で、物を捨てられない人や節約生活をしている人などをもったいない精神のある人と思わせられているのです。

テレビや雑誌などのメディアに取り上げられていることが必ずしも正解だと言うことではないのです。

むしろ、嘘ばかり流しているテレビ番組や雑誌のページもあるのです。

つまり、今の日本の中で生きている人の中には、メディアの影響を受けてしまっている人が多いので、正しい情報を正しいと認識している人が少ない可能性が高いのです。

そこで、今回こちらの記事では、もったいないの意味や考え方、精神などの情報をまとめたものになっています。

改めて、もったいないという言葉に関しまして、覚えるようにしましょう。

要は、当然のような言葉ではありますが、実は間違って認識している可能性が高いのです。

なぜかと言いますと、周囲が当然のようにそのような意味で使用されている環境に育ってきたためか、それが当然だと思ってしまっています。

また、この当然と言う概念に支配されてしまっているので、そこから別の意味だと知っても認めたくないと言うことです。

実はこの当然の壁ほど、怖いものはないのです。

当然と思っていると、間違いに気づけないのです。

ある意味、間違ったまま過ごしているというのは怖いですよね。

勘違いを勘違いと気づいていないのです。

そのため、それが原因で仕事を失ってしまう人も結構いらっしゃることも多いのですが、その事実に気づいていない人も多いのです。

そうなってしまっては、意味がありませんよね。

つまり、もったいないなどの簡単な言葉であっても間違った認識をしていると、大変な目にあってしまうこともあるのです。

ぜひ、そうならないためにこの記事を参考にしましょう。

もったいないは格好悪くない?!

もったいないという考え方を他人に見せることを格好悪いことと思っている方は結構多くいます。

しかし、それはあくまでイメージなのです。

どこかもったいないと思うことは貧乏な人と同じ考え方だと思ってしまっています。

そのため、もったいない姿勢を見せると、自分も相手から貧乏人に見られてしまうのではないかという恐怖心があります。

その気持ちから、なかなかもったいないという考え方を見せることを拒んでしまう方が多いのです。

しかし、もったいないという考え方は、格好の悪いことではないのです。

ある意味、節約生活のような感じですが、実はそうではないのです。

まだ、使えるものを最活用しているのです。

要は、使い道や輝かせる方法を身に付けたので、そのようなことができるのです。

ある意味、数年前に流行ったエコブームを活かしたようなものです。

なんでもかんでも捨ててしまうのではなく、利用できるものは最後まで利用すると言うことです。

つまり、もったいないと思ったと言うことは、それに対して輝いている部分を見つけたと言っても過言ではありません。

そう考えると、もったいないは、物を活かすことができる手法でもあるのです。

実は、物の見方や視野が広い人のことをもったいないという考えを持っている人と言うのかもしれません。

また、よく聞いたことがあると思うかもしれませんが、もったいない人という言葉です。

これは、自分の価値を活かしきれていない人のことを言いますが、しかし、言ってくる人は、その人の価値観でしか言ってこないので、自分を下に見ている人から言われるケースが多いのです。

つまり、もったいないと言うことに共通しているのは、価値を使い切れていないと言うことです。

価値をすべて使い切ったり、活かしたりしていれば、すべての役割を終えることができるのですが、そうならないままに捨てられてしまわれているものがあると思います。

そうなってしまっては意味がありませんよね。

また、最近のブームである断捨離ですが、これはなんでもかんでも捨てればいいと言うことではありません。

片付けしている時にきらめくものは残し、きらめかない物は捨ててしまうと言うのが正しい断捨離方法なのです。

ブームだからと言って断捨離を行う人はいますが、実は、断捨離を行う人ほど、もったいないと言う意味を知っている人が多いのかもしれませんね。

故に、もったいないという考え方は格好悪いことではありませんよ。

つまり、もったいないと思うことを誇りに思いましょう。

もったいない精神の17個の具体例

ここまでの説明でもったいないのイメージがなんとなくわかったと思います。