世の中にはいろいろな人がいるものです。

自分と考え方が合う人もいれば全く合わないような人もいる事でしょう。

例え考え方が合わなかったとしてもその人が悪いという事にはなりません。

皆それぞれ違った考え方があり、だからこそ多様なものがこの世の中から生まれてくるのです。

みんな同じ事を感がえ行動していれば、新らしいものの発見などないかもしれません。

だからこそ、考え方が違っている事はいい事だと言えるのかもしれません。

けれど、その中でもしょうしょう困った行動をする人もいます。

そんな人が周りにいる事によって自分自身が振り回されてしまう可能性もあります。

例えばケチな人もその一つです。

『ケチ』と言う事は、お金を大切にしているという風に考える事も出来ます。

お金の価値感など、人によって違っていて当然です。

だからこそ、自分と違っているからと言って批判するのもおかしな話なのかもしれません。

けれど、それが自分に害が出るものであった場合には問題となるのうなずけます。

一人で行動している分には、どんな行動を取ったとしても周りに迷惑をかける事はないはずです。

だからこそ、文句を言われる筋合いもありません。

けれど、それが周りを巻き込む行為だった場合、話は変わってきます。

その人のせいで何か問題が起きるような事があれば口を出したくなる事もあるでしょう。

そこで今回は、ケチな人の特徴や考え方を知ると共に彼らとの付き合い方について考えていきたいと思います。

あなたのまわりにもケチな人はいないでしょうか。

その人がいる事によって困ったことに巻き込まれてしまう可能性もあるかもしれません。

だからこそ、上手な付き合い方を身に着けておく事はとても大切な事だと言えるでしょう。

あなたの周りにケチな人はいませんか?

あなたのまわりには、ケチな人はいるでしょうか。

『ケチ』と言うと、どうしても嫌なイメージを持たれるケースも少なくありません。

だからこそ、あえて面と向かって『ケチな人だね』などという事は出来ません。

そんな事をしてしまえば、相手を怒らせてしまう事もあるかもしれないからです。

けれど、わざわざそんな事を言わずとも、みんながみんなケチだと思っているという事はあるかもしれません。

ケチな人自体が悪いわけではありません。

ケチだからと言って、周りの人に迷惑をかける事なく自分の行動の身を律しているのであれば、それは倹約家でありどちらかというと尊敬すべき相手では無いでしょうか。

問題となる場合には、ケチな考え方を他人に強要したり巻き込んだりする事です。

自分一人の行動であればどんな事をしても問題はありません。

ですが、その考え方によって周りにも影響を与えてしまうような事があれば、嫌われてしまうのも理解できます。

ケチな人全てが面倒な人というわけではありません。

けれど、統計的に見ても、個性が強く付き合い方にコツがいるという事はいえるのではないでしょうか。

ケチの意味とは?

ケチとはそもそもいったいどんな意味があるのでしょうか。

ケチとは、辞書で引くと「お金などを使うことを嫌い、生活の便利さなどを犠牲にしてでも、お金を使わず溜めておきたいと思っている人」などと言う風に出てきます。

つまりはお金が大好きな人の事を指します。

勿論、生きていく為にはお金は必要なものです。

無ければご飯を食べる事も、屋根の下で寝る事も出来ません。

だからこそ、誰もが生きていく為には絶対に必要なものだからこそ大切にする事はいい事なのです。

けれど、何事も過ぎてはいけません。

お金を大切にする事と、今の生活をないがしろにする事はつながっているように見えて実は全く違うのです。

いくらお金を大事にするからと言って、今の生活を犠牲にして良い理由にはなりません。

多少の我慢は必要ですが、あまりにもやりすぎた行為は褒められたものではなく周りに迷惑をかけてしまう事にもなりかねません。

だからこそ「ケチ」と言われてしまうのでしょう。

ケチといわれた場合には、良くない意味が込められている可能性の否定できません。

だからこそ、そんな風に言われるような時があれば、その意味を深く考えてみてください。

もしかしたらあなたの行動のせいで迷惑をこうむってる人がいるかもしれません。

どんな人がケチな人?

『ケチな人』と聞いていったいどんな人を思い浮かべるでしょうか。

すぐにイメージをする事が出来た人は、きっと周りケチな人がいるのでしょう。

だからこそ、すぐにイメージを持つ事が出来たのです。

しかしそうではない人の場合には、どんな人がケチなのかいまいち想像する事が出来ないかもしれません。

そこで、より分かりやすくする為に、ケチな人の例をいくつか挙げてみたいと思います。

もし、これからご紹介する例を見てどこがいけないのか全く分からないという人がいたら、それはあなた自身がケチだという証拠になるのかもしれません。

ケチだからこそ、この問題点に気が付く事が出来ないのです。

自分の行動を今一度振り返るという意味でも、客観的に状況を見る事はとても大切な事だと言えるでしょう。

ケチな友達の例

ケチな人は、付き合いが長くなればなるほどその特徴が良く分かってきます。

だからこそ、最初は気さくで楽しい人だと思っていたとしても、段々と交流を重ねていく事によってケチだと言う事に気が付き、それが負担となる場合もあります。

友人同士の付き合いでケチだと思う瞬間は幾つかある事でしょう。

たとえば、食事をする際端数までしっかりと割り勘にしたり、クーポン券が使用できるお店しか行かないなんて事もあるかもしれません。

大人数で何かをしようとしているときも、その人だけお金がかかる事を嫌がり参加しないなんて事もあるかもしれません。

友人づきあいをするには、多少のお金もかかります。

一緒に出掛ける事によって生じるお金もそうですが冠婚葬祭など、大人になればなるほど大きなお金が必要になる事も多々あります。

そんな時でもいちいちお金を出す際に渋るような行動があれば、それは間違いなくケチだと言われるはずです。

ケチな恋人の例

恋人は、友人とは違います。

だからこそ、友人同士では問題ないような事も恋人同士の場合にはケチと思われてしまう場合もあるのです。

せっかくカップルになる事が出来たとしても、ケチだと思われる事によって嫌われてしまう可能性もあります。

だからこそそうならないようにする為にも自分の行動にはしっかりと責任を持ちましょう。

例えば、恋人同士の場合には一緒に食事に行く機会もあるでしょう。

その際、毎回キッチリ割り勘にしているとケチだと言われる事もあります。

更に、支払いの際にポイントカードなどを駆使するような行為もあまり良い評判にはなりません。

また、そもそもデートに行く場所もお金のかからない場所しか行かなければケチだなと思われる事もあるでしょう。

いつもいつも、近所の公園でのデートは学生でもない限り嫌がられるのは当然です。

お金を使う事がいい事だとは限りません。

お金がなくても楽しく過ごす事は出来るでしょう。

しかしながら、何事においても限度というものはあるものです。

常識で考える以上に全くお金を使わなければ、それは『ケチ』と言われてしまうのです。

ケチな人の4個の特徴と心理!こんなことを考えている?

ケチな人とは一体何を考え、このような行動を取っているのでしょうか。

ケチではない人から見ると少々理解できない部分も多々ある事でしょう。

そこでここからは、ケチな人の特徴や心理についてご紹介させて頂きます。

相手の特徴や何を考えているのかを知る事によって、自分たちとは違った考えの人の特徴を知る事ができるようになる事でしょう。

世の中には色々な人がいるものです。

中には自分と考え方が全く違うからこそ、理解する事が出来ないという事もあるでしょう。

しかし、そこで理解することを諦めてしまってはそこから先に広がる事すらないかもしれません。

大切な事は、自分とは違う人を理解する事なのではないでしょうか。

その為にも、まずはその人の特性について学んでみてはいかがでしょう。

1.貧乏性

お金を大切にする事は正しい事です。

ですが、やりすぎてはいけません。

本当はお金が沢山あるのにも関わらず、全く使わないような人は『貧乏性』なのかもしれません。

貧乏と貧乏性は違います。

貧乏はあくまでも本当にお金がなく、そうするしかないからこそその行動をしているのです。

貧乏性の場合には、貧乏では無いにも関わらず貧乏なように行動してしまっているのです。

普段の生活の中であまりにも貧乏性が目立ってしまうと、なんだか心まで貧しい人のように見えてしまうものです。

それではせっかくの人生が楽しいものではなくなってしまうのではないでしょうか。

使う時は使う。

我慢するときは我慢をする。

そのメリハリがいかに上手に出来るかどうかによってその後の日々が変わってくるはずです。

2.貯金をしたがる


最近では将来の不安から、若い人を中心に貯金を意識する人が増えてきています。

貯金をする事はとても大切な事であり、将来を意識して生活する事はとても大切な事です。

ですが、それはあくまでも今の生活を満たしてこその結果ではないでしょうか。

貯金が目的になってしまった場合、今の生活の質を下げてまで貯金をしたいと思ってしまうものです。

それでは意味がないはずです。

今の生活があってこその将来のはずです。

けれど、ケチな人は貯金が好きという事もありどんどんと今の生活から必要なものをカットして貯金をしようとしてしまうのです。

貯金をする事はいい事ですが、あくまでも今の生活を優先する事を忘れてはいけないはずです。

3.正直者

人にはいろいろな性格があります。

怒り易い人もいれば楽観的な人もいるでしょう。

その中で、ケチな人は、心の中で何を考えているかが分かりやすい傾向にあります。

つまり素直な人が多いと言えるでしょう。

素直な人が多いというと、とても良い事のように感じるものです。

けれど、実際には素直な事が必ずしもいい事だとは限りません。

自分の気持ちを相手にアピールする事によって、理解を深めてもらう事が出来る場合もあります。

しかし、中には迷惑になってしまうことだってあるはずです。

ケチな人の金銭感覚を周りの人に強要する事によって嫌な気持ちにさせてしまっている事だってあるかもしれないのです。

ケチな人は、自分が思っている以上に周りの人にその心理がバレテいるものです。

それが良いかどうかは別にしても、自分の気持ちを考える行動する事によっていい事ばかりではなく、デメリットがあるという事も意識しておいた方が良いのではないでしょうか。

4.割り勘にしたがる


ケチな人あ基本的にお金を出す事を嫌がります。

だからこそ、自分の分だけしか払いたくないという気持ちが多く、出来るだけ無駄な出費を避けたいと思っているはずです。

それが結果として割り勘にしたいという気持ちが大きく出る結果となっているのでしょう。

友人同士などの場合、割り勘にする事はそう珍しい事ではありません。

けれど、1円単位まできっちりと毎回分けるような事があれば、段々と周りも面倒になってしまうかもしれません。

時には少し多めに出したり、少なくなってしまうような事があっても良いはずです。

そんな事を臨機応変にする事が出来るかどうかが、ケチと言われるかそうではないかについて大切な事なんではないでしょうか。

ケチな友達との上手な付き合い方!ケチな友達に対してはどうする?

ケチな人の特性についてなんとなく理解する事は出来たでしょうか。

彼らが何を考えどうしてそういう行動を取るのかという事を理解する事が出来るようになれば、今後どうしていけばいいかについてもなんとなく想像する事が出来るのではないでしょうか。

世の中にはいろいろなタイプの人がいます。

同じ行動を取ったとしても、喜ぶ人もいれば怒る人もいるのです。

それはどちらが良いと言う事ではなく、考え方が違うという事なのです。

だからこそ、その考え方に合わせて自分の行動を決める事は大切な事となります。

自分とは違う考えかただったとしても、その人の考え方をうまく受け入れるように出来るようになれば、人間関係をより円滑に進める事が出来るようになるかもしれません。

友人の中には、ケチな人もいるでしょう。

ケチな人とかかわる事は面倒な場合も多々あります。

けれど自分の気持ちとは関係なくその人とかかわっていかなければならない時もあるのです。

どうせ関わらなければならないのであれば、出来るだけ円滑にかかわっていきたいと思うはずです。

だからこそ、私たちはそれを目指して自分の行動を今一度考え直す必要があるのではないでしょうか。