CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

思い出せない…どうしても思い出せないことを思い出す方法8個


「覚えているはずなのに、すぐに思い出せない」とか「思い出せそうなのに、全然出てこない…」なんてこと、ありませんか?

誰でも一度は経験したことがあると思いますが、そういう状況が頻繁に起こると困ってしまいますよね…。

そこで今回は、“どうしても思い出せないことを思い出す方法8個”をご紹介したいと思います!

さらに、“記憶力がいい人の特徴7個”や“記憶力を高める9個の方法”も解説していくので、思い出せないことが増えた人や記憶力に自信がない人は必見ですよ。

思い出せそうで思い出せない…!そんな時ありませんか?

「あとちょっとで思い出せそうなのに!」「ここまで出かかってるのに!何だっけ…!?」なんて時、みなさんもありませんか?

例えば、友達と世間話をしていて「“アレ”だよ!ほら、“アレ”!…何だっけ?」となったり、買い物をしていて「そういえば、何か他にも買わなければいけないものがあったような…?」となったり。

そういう時って、思い出せそうな気はするのに、その場ではいくら考えても全く浮かばなくて、しばらく時間が経ってから不意に「あっ!」と思い出すんですよね…。

思い出せなくても大丈夫なことなら良いのですが、肝心な時に思い出せなかったり、何が何でも思い出さなければならないことだと大変ですよね?

例えば、知り合いに話しかけられたけど相手の名前が思い出せなかったり、財布を失くして最後に何処に置いたか思い出さなければならなかったり…。

そういう思い出せないと困る事態に備えて、今回ご紹介する“どうしても思い出せないことを思い出す方法8個”は是非とも覚えておくべきでしょう。

どうしても思い出せないことを思い出す方法8個

それではいよいよ、“どうしても思い出せないことを思い出す方法8個”をご紹介していきたいと思います。

これを覚えておけば、「思い出せそうで思い出せない…!」「あとちょっとで思い出せそうなのに~!」といった歯がゆい思いをせずに済むはずです!

それでは早速確認していきましょう。

焦らない

思い出したいのに思い出せなくなったとき、どうしても「何だっけ…!?」と焦ってしまいがちですよね?

しかし、焦ると余計に思い出せなくなってしまうので注意が必要。

焦ってしまうと、「思い出せないどうしよう!」「絶対に思い出さなきゃいけないのに!」と不安な気持ちや苛立ちや緊張感など様々な感情が頭の中で邪魔をして、思い出したい情報がますます浮かんでこなくなってしまうのです。

なので、思い出すことに必死になっているときは、焦らず冷静になることを心掛けてみて下さい。

冷静になり気持ちに余裕ができれば思い出せる確率も上がるはずです。

ここで焦らず冷静になるコツをいくつかご紹介しておきます。

・思い出せないこと(現実)を受け入れた後、思い出す方法(解決策)を考えてみる
・何を思い出そうとしているのか、自分は今どんな感情を抱いているのか、客観的な視点で状況整理をしてみる
・(緊急でない場合)「焦る必要はない、その内思い出せれば大丈夫…」と自分に言い聞かせる

実際にやってみると少し難しく感じるかもしれませんが、みなさんも試してみて下さいね。

落ち着いて深呼吸

思い出したいのに思い出せないときは、一度深呼吸をして心と頭を落ち着かせてみましょう。

これは先程の「焦らないことが大切」という話で説明した通り、心に余裕がなかったり多少なりともパニックに陥ってしまうと、思い出したい記憶も取り出し難くなってしまうからです。

それに、焦った時に手っ取り早くリラックスできる方法と言えば、深呼吸ですよね?

道具も不要で何処でも手軽に気持ちを落ち着かせる方法です。

そもそも深呼吸で落ち着くのは、深い呼吸を繰り返すことで全身の力が抜け、交感神経(活動している時、緊張や興奮やストレスを感じている時に活発になる神経)の働きが弱まって副交感神経(休んでいる時、安心やリラックスを感じている時に活発になる神経)の働きが有利になるから。

さらに、深呼吸はセロトニンというホルモン(「幸せホルモン」とも呼ばれる)の分泌を促し、精神的なストレスを和らげてくれるのです。

深呼吸の仕方は、1.鼻からゆっくり(5秒間を目安に)息を吸い込む2.限界まで吸い込んだら10秒間息を止める3.口から細く長く(10秒くらいを目安に)息を吐くのが基本になります。

このプロセスを気持ちが落ち着くまで、最低でも5~6回は行って下さい。

深呼吸では、腹式呼吸(息を吸った時にお腹が膨らみ、息を吐いた時にお腹がへこむイメージ)・最後まで息を吐き切ること・吸うよりも吐く方に意識をおくことがポイントになります。

みなさんも是非やってみて下さいね。

目をつぶる


なかなか思い出せないときは目をつぶってみましょう。

目を閉じで視界をシャットダウンすることで、外からの余計な情報が入ってこなくなり思い出したい記憶を辿りやすいのです。

さらに目を閉じることで、思い出したいことを詳細にイメージすることができるので、思い出す確率もアップするという訳ですね。

実は思い出したいときだけでなく、情報を記憶するときも目をつぶると覚えやすいのだとか!
暗記をした後に目を閉じて15分休むと、覚えた記憶を脳に留めるまでの時間ができるので、休まなかった時よりも暗記した内容を覚えているのだそうです。

時間を置く

その場でなかなか思い出せないときは、一旦時間を置いてから再度思い出してみるのも効果的。

緊急なときは使いにくい方法ですが、すぐに思い出さなくてもいいことであれば、時間を置いて気持ちをリセットしてからの方が思い出せる確率は上がるはずです。

時間が空けば気持ちも落ち着くはずですからね。

それから、似た理由で場所を変えてみるのもオススメ!
同じ場所にいると同じ刺激しか受けないので、思考が単調になりどうしても思い出し難くなってしまいます。

ページトップ