みなさんは「アジェンダ」という言葉はご存知ですか?

普段仕事などをしていると耳にすることがあると思いますが、意味を聞くと口ごもる人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな今更聞けないアジェンダの意味や、活用方法について解説していきたいと思います。

言葉の意味を知るだけで、普段の会話がスムーズに行えたり、間違った使い方をして恥ずかしい思いをしなくて済みますよ♪

では、気になる「アジェンダ」の意味から始まり、細かく内容を見ていきましょう♪

アジェンダとは?

みなさんも、仕事をしていたり、テレビで政治家が「アジェンダ」という言葉を使っているのを、よく耳にすると思います。

そんなアジェンダの意味ですが、普段使っているのは「スケジュール」という意味ではないですか?

実はちょっと意味が違うんです!

アジェンダとは、大規模なプログラムやプラン、計画という意味で使われます。

例を挙げるとすると、国連のサミットなどで、今後の計画などを提示したものをアジェンダと言います。

みなさんも仕事でスケジュール管理をする時に「アジェンダが~」という使い方は微妙に間違っていますので、

会議で決まった会社全体の指針や、方向性などのことを言う時に「アジェンダが~」という風に使いましょう♪

ちなみにビジネスで利用する場合、検討すべき議題などの意味も持ち、会議のテーマなどにも用いられます。

あくまで個人のプランではなく、全体のという意識を持って使用するようにしましょう。

語源はラテン語

続いては、アジェンダの語源についてご説明しましょう。

自分が普段使っている言葉なので、語源も知らないというのはいけませんからね♪

タイトルにも記載しているように、アジェンダの語源は意外にもラテン語なんですね。

ラテン語で「実行に移されるべき事柄」という意味となります。

見てみると、会議などのテーマも実行に移されるべき、政治家の政策や発表も実行に移されるべき項目で、使い方としてはどちらも適していると言えますね。

使い方がわからなくなった時は、一度語源を思い出してみましょう。

おのずと、正しい使い方が見えてくると思いますよ♪

続いては、アジェンダのシーン別の意味について、ご紹介していこうと思います!

政治においての意味

まず「政治」においてのアジェンダの持つ意味です。

よくテレビなどで目にしますが、政治家がアジェンダという言葉を使っていますが、それはどういう意味で使っているのでしょうか?

政治においてのアジェンダとは、議事日程、行動計画などの意味を持ち、政治家の行動指針とも言えるでしょう。

逆にこのアジェンダがしっかりと作りこまれていなく、曖昧な表現をしていると政治家は世間から、「この人普段何やってるの?」と思われても仕方ないでしょう。

それだけ、政治におけるアジェンダというのは重要だということですね♪

昨今では、アジェンダという言葉を使って議事日程や政策発表を行っている政治家も多いですが、なかなか予定通り行っていないのが、現状ですね。

みなさんも、政治家のアジェンダをよく聞いてみて、行動や計画が通常通り行われているのかチェックしてみてはどうでしょう?

ビジネスにおいての意味

続いては「ビジネス」においてのアジェンダの意味です。

普段働いていると、上司や同僚からアジェンダという言葉を耳にする人も多いのではないでしょうか?

ビジネスの様々なシーンでアジェンダを使うことがあると思いますので、中には間違った使い方をしている人もいることでしょう。

ビジネスにおいてアジェンダとは会議やプロジェクトを始める時に、やるべきことを最初にまとめたものをアジェンダと言います。

実際に使われる例としてですが、あなたが会議の進行役だったとします。

そういった場合、上司から「今日の会議のアジェンダはもう出来てるの?」と言われることがあるでしょう。

これは会議を進めていく為の、大まかなテーマをあらかじめ決め、その内容に沿って会議を進めていく為にアジェンダを作成していると言えます。

また、プロジェクトにおいてもそうです。

プロジェクトというのは、通常何人もの人間が関わりながら、長い年月をかけて1つの目標に向かって、達成する為に動いていくというものです。

何も計画がなく、闇雲にプロジェクトを進めていたのでは、間違いなくプロジェクトは成功しないでしょう。

そういった意味では、ビジネスでのアジェンダは何かをやり始める時に、必ず必要な重要な指標と言えます。

スケジュールとの違いは?

続いてはアジェンダのスケジュールとの違いです。

このスケジュールという言葉とアジェンダという言葉がごっちゃになっている人はたくさんいることでしょう。

まずスケジュールの大まかな意味としては、予定、日程、予定表、日程表などのことを言います。

先ほども記載しましたが、アジェンダは会議やプロジェクトを進めていく上での1つの大まかなテーマといった感覚です。

みなさんこの違いはわかりましたか?

スケジュールは今後の行動ややるべきことを自分の中で組み立て、計画を立てたもの、

アジェンダは、会議やプロジェクトなど、比較的大きなテーマを大人数で円滑に進める為に、作られているものです。

なので、個人のスケジュール管理をする上で、「まだ自分のアジェンダが出来ていないから動けないな~」などの使い方は間違っています。

そういった恥ずかしい間違いをしない為にも、意味を知っているというのは大切ですね。

ちなみに、正解例としては「今度会議の進行を任されているんだけど、アジェンダになる内容って最近何かあったっけ?」など、テーマを決める上での使い方が正解ですね。

しっかりと使い方を理解し、間違った使い方をしないようにしましょうね♪

レジュメとの違いは?

続いてはレジュメとアジェンダの違いです。

レジュメって使う人もいますが、最近はあまり聞かない言葉ですよね?

しかし、ビジネスにおいて利用する場面は出てくるので、しっかりと意味を理解しておきましょう。

まず、レジュメとは、「要旨・要約・摘要・概要・梗概・概論」などの意味を持ちます。

少しわかりづらいので、具体的に説明すると、論文発表やセミナーなどがあると思います。

そのテーマについての内容を、簡潔にまとめたものをレジュメといいます。

また、あまり使うことはないと思いますが、履歴書としての意味も持つようです。

この使い方は、知らない人が多いので、逆に間違ってるんじゃない?と思われるかもしれませんので、あまりおすすめできないですね。

アジェンダとの違いはわかりましたか?

イメージとしては、セミナーで配られた資料の各タイトル「○○について」などの部分がアジェンダで、その内容を簡単に説明書きしたものがレジュメです。

しっかりと言葉の違いを理解しておきましょうね♪

ビジネスにおいての使い方

普段からビジネスでも活用シーンの多いアジェンダですが、みなさんは正しく使うことが出来ていますか?

間違った使いかたをしてはいけないと、どこかで使うのを控えているのではないでしょうか。

そんな人は、これからアジェンダのビジネスにおいての使い方を細かく説明していきますので、この機会にちゃんと覚えちゃいましょう♪

覚えた単語は、使っている人も多いので活用する場面は必ずあるはずです。

では項目別に内容をご紹介しますので、是非ご覧ください♪

アジェンダを共有する

まずは「アジェンダを共有する」ということです。

みなさんも普段仕事をしていて、「アジェンダみんなに事前に配っといてね」とか「会議に参加しない人にも、アジェンダ共有しておいて」など指示が出ることがあると思います。

これは、アジェンダの使い方の1つで、アジェンダというのは、単に取り決めるだけでは意味を持ちません。

プロジェクトや会議の内容であれば、会社全体に関わってくることですので、

どんな内容のプロジェクトをしているのか、会議で何を話しあっているのか共有しなければなりません。

そういった場面で、アジェンダを共有すると言います。

みなさんも、アジェンダを作成することがあると思いますが、そういった場面で、

「いつまでに共有すればいいですか?」などの発言がこちらから出来れば、

ちゃんとアジェンダを理解していると思われるかもしれませんよ♪

アジェンダに目を通す

続いては「アジェンダに目を通す」ということです。

会議などでよく使われるのが、このアジェンダに目を通すということです。

他にもプロジェクト発表に参加する前に、事前にアジェンダに目を通しておいて!と指示されることもあるでしょう。

これは、会議で言えば、今日どんな内容で会議を進めるのか把握しておくことで、

自分が発言する場所や意見を事前に考えることができ、より円滑に進めることができるでしょう。

また、プロジェクト発表でも同様のことが言えます。

事前にどんな内容でプロジェクト発表がされるのか把握しておくことで、

その内容について自分でわからないことを調べて参加したり、当日の流れを把握し頭に入ってきやすくなったりと、プラスに働くことばかりです。

作成したアジェンダに事前に目を通すということは、とっても重要なことなので、是非みなさんも活用してみてくださいね♪

会議のアジェンダ

続いては「会議のアジェンダ」についてです。

これは言葉の使い方というよりは、行動の上での使い方ですね。

会議をする上で、何も資料がなく会議を進行する会社はまずないと思います。

会議をする前から、誰かが必ず会議のアジェンダを作成しているから、当日滞りなく進行しているんですね♪

そんな会議を進める上でのアジェンダですが、あなたが作成することもあるでしょう。

どうやってアジェンダを作成すればいいの?という疑問ですが、まず上司などに今度の会議で話し合うべきテーマを聴取しましょう。

そこから、内容に沿って、同僚や先輩、後輩などの意見も聞きアジェンダを作成します。

それから上司に見せて承認をもらって、全体に共有するというのが基本的な流れですね。

会議をする前から、これだけの作業が行われ会議のアジェンダが作成されているんですね。

今度の企画のアジェンダを用意する

続いては「今度の企画のアジェンダを用意する」ということです。

みなさんは新しい企画を準備する時に、なにから始めますか?

正しいのは、アジェンダをまず始めに作成することが正しいです♪

今までのご説明ですでにおわかりだと思いますが、アジェンダは大まかなテーマを設定して、そのテーマに沿って円滑に内容を進めることができるものです。

企画というのは、いかにその内容がいいかプレゼンテーションすることが重要ですよね?

そんな企画を作成する時に、何もテーマがなく1から漠然と内容を作っていては支離滅裂になる可能性が高いです。

そうならない為にも、まずアジェンダを作成することが大切です。

もし時間があるのであれば、アジェンダを作成してから作成した企画とそうでない企画書を見比べてみてください。

内容のわかりやすさから、組み立てまで全ての面で全然違った内容になっているはずです。

ビジネスで新しい企画に取り組む時は、まずアジェンダの作成をしてから実際の内容に入るようにしましょう!

会議においてのアジェンダの役割

続いては「会議においてのアジェンダの役割」についてご紹介します。

会議って堅苦しくって参加するのが、憂鬱という人も多いのではないでしょうか?

そんな会議が長引くと、その他の仕事にも支障が出てしまったり、内容が雑になってしまい意味がないものになってしまう可能性もあります。

それだけ会議をする上で、アジェンダは重要な役割を果たしているということですね。

では、実際にアジェンダが会議に生み出す効果はどのようなものがあるのでしょうか?細かく見ていきましょう♪

会議がスムーズに進む

まずは「会議がスムーズに進む」ということです。

アジェンダを作成して、大きなテーマを設定することにより、話しをする内容がより明確になり、間違った方向に進むということがあまりなくなります。

その為、不用な部分の話し合いであったり、内容とは関係ない事柄について会議中に
浮上することが極端に減るでしょう。

必要なことがあり、会議で話し合うべき内容であっても、次回のアジェンダに加えるなど会議を円滑に行う上で、必ず必要なことになります。

スムーズな会議の進行をしたいのであれば、まずアジェンダをしっかりと作りこむことです。

それが出来ていない会議というのは、どうしても内容が薄いものになってしまうでしょう。

参加者が事前準備をすることができる


続いては「アジェンダを早めに作成することで参加者が事前準備をすることができる」ということです。

先ほども記載しましたが、アジェンダというのは事前に全体に共有しておくものです。

それによってどんな効果を生むかというと、事前に参加者が内容を把握し、テーマについてわからないことがあれば調べる、