CoCoSiA(ココシア)

安心できる人の10個の特徴。いるだけでほっとするのはなぜ?

一緒にいるだけで安心して何だかほっとする人っていますよね。

何でも受け入れて包み込んでくれるような懐の深さのある人は、人としての厚みもあるような気もします。

「自分もそんな人になれたらな」と憧れる人も多いと思いますが、安心できる人というのは実際にどのような特徴があるのでしょうか。

そこでこの記事では、安心できる人の10個の特徴についてご紹介していきます。

一緒にいると安心する人というのは、自分だけでなく周囲の人の感情をきちんとくみ取れる人も多いもの。

安心できる人の特徴を知り、自分も大切な誰かの「安心できる人」になりましょう。

どんな人といると安心する?

ここで質問です。

冒頭分でもおたずねしましたが、「あなたにとって“安心できる人”というのはいったいどのような人でしょうか?」…答えはさまざまでしょう。

ただ一緒にいるだけで理由もわからないけどなんとなく安心できる人、自分の意見をすべて受け入れてくれるとわかっているから安心できる人…などなど。

あなたにとっての「安心できる人」というのは、どんな人でしょうか?私たちは、自分では気づいてはいないものの、毎日なにかしらのストレスにさらされている生活をしているものです。

そしてそのストレスは次第にたまってゆき、やる気のなさにつながったり、反対に誰かを攻撃するチカラに代わってしまうこともあります。

しかし、そのようなストレスにさられている生活の中でも誰かと一緒にいることによって、そのストレスを解消することができることがあります。

それは“安心できる人”と一緒にいるときです。

どうして安心することができる人と一緒にいるとストレスを感じることなく、安心できるのでしょうか。

そもそも、安心ってなんなのでしょうか。

まず、ここでは世間一般では、どんな人といると安心することができるのかをしっかりと確認していきましょう。

自分らしく居れる人

あなたが子供の時には、“あなた自身”を等身大で受け入れてくれる人がいたはずです。

それはあなたの両親であり、兄弟であり、保護者の立場の人。

しかし、大人になり社会に出て、自立し、自分自身で生計をたてるようになるとそのように等身大の自分を認めてくれる人ってなかなかいなくなってしまうんですよね。

そりゃあ保護者だった方に会えば、今でも等身大の自分を認めてくれるかもしれません。

でも会社や勤め先、友達、知り合いではどうでしょうか?あなたのことを批判する人、あなたがすることに対して口出ししてくる人…などもいるのではありませんか?

そのため、自分らしくいることができることってできなくなってしまうんです。

むしろ、自分らしくいることのほうが“おかしい”、周りの合わせるのが一般的…そんな“空気を読め”という風習さえ生まれているのが現代社会でもあります。

そのため、どんなときでも自分らしくいれる環境ってなかなかないんですよね。

自分のままで居させてくれる

社会に一歩出れば批判されまくりの方もいるでしょう。

そのような方にとって、心が安まるところなんてほとんどないはず。

しかし、いつでもどんなときでも等身大の自分を受け入れてくれる人がいればどうでしょうか?自分のままでいさせてくれる。

それ以上のことも求めないし、それ以下になれともいわない。

そんな人がいたら、心地よくいることができますよね。

もしかしたら、今この記事を読んでくださっている方の中には、家族がまだ生存していて自分のことを100%受け入れてくれるところがあるから“安心できる感覚がわからない”とおっしゃる方もいるかもしれません。

そのような方もいれば、幼いころから存在を否定され、自分の居場所がないと勘違いしている方もいるのです。

ありのままの自分でいることができる、こんな簡単にできることのように思えることでも現代社会では“やりにくい”“生きにくい”社会になっているということを理解すると、わかりやすいかもしれません。

気を遣わなくていい人

一歩家から外に出れば(なかには家の中でも)、誰かに気遣いをして生きていることがあるかと思います。