あなたは他人に何かをして貰う事に対して過剰に恐縮してしまう事はありませんか?

好意がとても嬉しいんだけれども、それを素直に受け取る事が出来ずに遠慮してしまう人は少なく無い筈です。

そして遠慮してしまう人の多くが「相手の気を悪くしてしまわなかったかなぁ」と後からモヤモヤしてしまっているのです。

そんな遠慮がちな人の特徴を解説していきます。

遠慮すべき所や、しない方が良い所など遠慮がちな人に伝えたい改善方法も合わせてご紹介していきますね。

遠慮しがちで損してきた…そんな経験ありませんか?

相手に遠慮ばかりしてしまって自分が損をしてしまったり、後から後悔してしまった経験がありませんか?

遠慮も使い所を間違えると、相手の気を悪くしてしまう事すらあるのです。

遠慮も使い所を間違えないようにしなければ、逆に相手に気を使わせてしまう結果になる事を理解しておきましょう。

遠慮がちな性格な人の14個の特徴とは?


遠慮がちな性格の人の特徴をご紹介していきます。

自分に思い当たる所がないかチェックしてみましょう。

自分の話をしない

遠慮がちな人は、会話の中でも自分が目立つ事を避けて脇役に徹する面があります。

周りは、あなたの話を聞きたいと思っているにも関わらずついつい遠慮して自分の話を避けてしまうのです。

自慢話をしない

自慢話をすると、他の人が嫌な気持ちになったり、自分の自慢話なんか他の人は聞きたくないと思ってあまり自慢話をしなくなるのも遠慮がちな人の特徴です。

謙遜しているその姿勢は好感を持てますが、あまりに謙遜し過ぎるとかえって嫌味だと取られてしまう事がありますので注意したいものですね。

人見知りをしていると思われている


遠慮がちな人は、ただ自分が目立つのが嫌で自分の話をしないだけなのですが周りの人からは、頑なに自分の話をしない様子を見て「あの人は人見知りが強い人だ」と勘違いしている場合が多いのです。

また、個人情報に敏感な人だと勘違いされる事もあり、他人に心を開かない人というイメージを持たれがちです。

基本的に相手に譲る

最後に残ったお菓子や、何か選べるものがあった場合、遠慮がちな人は基本的に相手に譲ったり先に選んでもらったりします。

本当は欲しいと思っているもので「先に選んでいいよ」と言われるにも関らず、遠慮してしまい後から深く後悔してしまうのです。

自分の欲しいものより残り物で良い

基本的に自分が欲しい物を主張するよりも、残り物を選ぶ方が気が楽だと考えている人が多いのも遠慮がちな人の大きな特徴です。

本当は嫌いなものや苦手なものが残っても言い出せず、我慢している人も少なくないでしょう。

競争をしない

例えば、友達と同じ人を好きになったとしても正々堂々戦う意志ははなから無く、最初から諦めてしまっている人が多いですね。

そうして競争をしない割には、そんな自分を好きな人に見ていて欲しいと思っている場合も少なくありません。

競争して負けてしまう事や傷付いてしまう事、そして競争する事で友人に嫌われる事を何より恐れてしまうのが遠慮がちな人の特徴なのです。

輪に自分から入らない

人の輪に自分から入らないのも、遠慮がちな人の特徴です。

自分が入る事で、輪の中で出来上がっている人間関係がおかしくならないかと考えたり、自分が入る事を望まない人がいるかもしれないというネガティブな感情からきている事が多いですね。

誘われ待ちしてしまう

遠慮がちな人は自発的に輪に入る事が出来ずに、ついつい誰かが自分を誘ってくれるのを待ってしまいます。

しかし、社会人ともなると皆を平等に扱うという意識は薄くなっているので誘われないまま寂しい気持ちになってしまう事も少なくありませんね。

誘われても入らないことも

自発的に輪に入らないだけでなく、誘われても遠慮して輪に入らないという人も居ます。

これは、誘ってくれた相手に遠慮してしまっており断った後に大きく後悔してしまう事も少なくありません。

低姿勢

遠慮がちな人は低姿勢で腰の低い人が多いのもと特徴の一つですね。

いつでも人より下手に出て相手の出方を窺っている事も少なくありません。

相手に過剰に気を使っている

遠慮がちな人は自分に自信が無い事や、自分の中で相手をランク付けし自分より上位の人だと思い込んでしまう事で過剰に気を使って腰が低くなってしまう人も多いのです。

自分の意見を言えない

遠慮がちな人は、自分の意見を相手に伝えるのが苦手で自分の意見を言えない人が少なくありません。

思っている事は色々とあるのですが、それを強く主張する事ができないのです。

喧嘩ができない

自分の意見を言えない事から喧嘩が苦手だという人は遠慮がちな人に特に多いと言えるでしょう。

特に相手がヒートアップすればするほど、遠慮がちな人は委縮してしまい自分の意見を言えないまま相手の主張ばかりを聞いてしまうのです。

空気が読める

遠慮がちな人は、周りの様子をよく見ているので空気を読むのが上手く人の希望を察する事のできる人が多いですね。

いつも陰で裏役に回っているものの物事が円滑に進んでいるのは、そんな遠慮がちな人のおかげなのかもしれません。

周りの行動をよく見ている

遠慮がちな人が空気を読めるのは、常に周りの行動をよく見ているからです。

更に、その場にいる人の些細な仕草や表情から気持ちを察する事もでき、その場にいる人に気持ち良く過ごして貰おうと思って行動してくれるので良い空気で物事がすすむのです。

声が小さい

遠慮がちな人は自分の主張をあまりしない為に、声が小さい人が多いですね。

それも、意図して小さい声を出しているというよりかは元々の声量が小さい人が多い印象です。

自己主張が弱い

遠慮がちな人は声が小さかったり、感情が表情に出にくい事から自己主張が弱い事も特徴の一つです。

あまり自己アピールを上手くする事ができず、他人の印象に残りにくい人が多いですね。

消極的

遠慮がちな人はどちらかというと消極的な人が多いのです。

あまり強く自分の主張を通したいと思わない部分があり、周りに流されやすいために消極的な人だと判断されてしまいます。

ネガティブ

遠慮がちな人が消極的なのは、根本的な性格がネガティブなせいだと言えるでしょう。

自分に自信を持つ事ができず、自分の行動にも自信を持てない事から積極的に前に出る事ができないのです。

オドオドしている

遠慮がちな人は自分に自信があまりなく、オドオドしてしまいがちです。

あまり人の目を見て話せない人や、大勢の前で話す事が苦手な人も少なくないですね。

友達が少ない

遠慮がちな人は、あまり社交的でない人が多く友人関係も浅く広くというよりは深く狭くを選ぶ人が多いのです。

そのため友達は少ないですが、お互いの事を深く信頼し合える友達である事が多いですね。

我慢強い

遠慮がちな人は、自分の意見を押し殺す我慢の人です。

何事にも我慢強く、嫌な事や皆が進んでやらない事でも引き受ける事のできる忍耐強さを持っていますね。

ただし、だからといってストレスを感じていない訳ではないので、あまり我慢が続くと負担になってしまいます。

弱音を吐かない

遠慮がちな人はが我慢強いのは、周りの人に頼る事で気を使わせてしまう事を最も恐れているからです。

落ち込む事や悲しい事があったとしても、弱音を吐ける程周りの事を信頼する事ができず、自分の中にため込んでしまう人が多いのも特徴的ですね。

気遣い上手

遠慮がちな人は常に周りを見ている気遣いの人でもあります。

その場にいる人の中に、嫌な思いをしている人がいないか?常に目を配っているので、人の機嫌にもとても敏感なのです。

女性らしい

遠慮がちな人は、周りへの気配りは配慮がとても行き届いているので特に男性から見ると遠慮がちな女性は古き良き日本の女性のイメージが強く好感をもたれやすいです。

内助の功のように陰から控えめに男性を支えてくれるようすも高評価のようですね。

目立たない

遠慮がちな人は、裏方や黒子のようにメインの人達を気持ちよく動かすために尽力できる人が多いため目立たない事が多いですね。

しかし、実はその人達がいなければ物事が円滑に進まないという重要な人物である事も少なくありません。

陰で努力している

遠慮がちな人は自分の才能や努力をあまりアピールしない為に、一見見落とされがちですが、実は陰でしっかりと努力していてここぞという時に活躍する人も少なくありません。

愛想笑いが上手い

周りの空気を敏感に察する事のできる遠慮がちな人は愛想笑いも上手です。

周りの人はきっと、遠慮がちな人が愛想笑いをしている事にも気付かないのではないでしょうか?それ位に、遠慮がちな人は空気を読んで相手を良い気分にする事が上手だという事でもありますね。

遠慮がちな性格を直す改善法教えます!

遠慮がちな人には良い面も悪い面もあります。

そんな遠慮がちな性格を改善したいと思っている人もいる事でしょう。

ここでは遠慮がちな性格を治す改善策をご紹介していきます。

自分の意見を大切にする

遠慮がちな人は周りの意見に流されやすく、自分の意見を軽視しがちです。

「私の意見なんて」と思っている部分が大きく、強く自分の意見を主張できないのです。

しかし、あなたの意見で変わる事もある筈です。

採用されても、されなくても良いので自分が持った意見は大切にしてまずは主張する事から始めてみましょう。

責任を追う覚悟をする

自分の意見を持たないのは、自分が意見した時に発生する責任から逃げたいという思いのあらわれです。

しかし、責任を持つからこそ自分の言葉を信じて進める事や成長できる事がありますよね。

自分の意見を持つという事は自分の責任を認めるという事です。

まずは自分の意見のためならどんな責任も担ってみせるという気概を持ちましょう。

嫌われる勇気を持つ

遠慮がちな人は、人に嫌われる事を極端に恐れている事があり、そのためついつい自分を殺して周りの事ばかりを優先してしまうのです。

しかし、あなたが守りたい人は、本当にあなたを大切にしてくれる人なのでしょうか?全ての人に好かれるなんて無理な話です。

時には嫌われる勇気を持って自己主張や指摘をしなければいけませんね。

八方美人はしない

誰にも嫌われないようにしようとすると、どうしても八方美人になってしまう事でしょう。

しかし、八方美人になるという事は誰からも信頼して貰えなくなるというリスクを背負っています。

本当に大切にしたい人を見極めて、不必要として切り離す事を決めた人には嫌われる覚悟を持ちましょう。

他人の目を気にしない

遠慮がちな人は常に他人の目を気にしてしまい、本来自分がしたいと思っている事をできない人も少なくありません。

しかし、周りはあなたが思っている程、あなたの事を意識している訳ではありません。

「私の事なんか誰も気にしていないか」と思う気持ちを持ちましょう。

他人の事を見過ぎない

他人の目を気にし過ぎてしまうのは、自分が他人をよく見ているからです。

自分が他人をよく見ているからこそ、他人も同じ位自分の事を見ているんじゃないかと思ってしまうんですよね。

まずは、自分が他人を見るのを止めてみましょう。

そうすると思っているよりも他人が自分を見ていない事に気付いてくる事でしょう。

自分で考えて行動する

遠慮がちな人は、嫌われたり浮いてしまう事を恐れて他人の意見に流されがちです。

しかし本当は誰よりも周りを見ているため、皆が気付いていなくても「正解」の行動が見えています。

それを最初に行動して目立つのが嫌で、他の人の意見や行動に便乗してしまうのです。

あなたの考えに自信を持って、自分で考えて行動してみて下さい。

きっとあなたの行動は一目を置いてもらえるはずです。

達成感を感じる

人の意見や行動に乗っかった結果、得たものというのは自分1人の成功ではありませんよね。

最初から最後まで自分1人で考えて行動すると、それで得られた成果は全てあなただけのものです。

そんな「自分の力でやりきった」という達成感を感じられるように行動してみてはいかがでしょうか?

適切に自己主張してみる

しっかりと周りの状況や、人の気持ちが分かる遠慮がちな人は本来皆が納得できる答えを出せる筈です。

あなたが自己主張する事で、喜ぶ人や円滑に進む事があるという事を信じて下さい。

恥ずかしさや自信の無さで自己主張を避けてばかりでは、あなたはいつまで経っても変われないのです。

人の意見に流されない

人の意見に流されるのは何の責任も持たなくて良いので楽ですよね。

しかし、それではあなたの意思や考えがどこにも残らないのです。

人の意見に反発してしまう結果になるとしても他人の意見に流されず自分が間違い無いと思える意見を自信を持って発言してみましょう。

愛想笑いはしない

遠慮がちな人は、常に相手の機嫌を窺って愛想笑いをしてしまうものです。

しかし自分が取り繕って接している相手とは、いつまでとっても心の距離が縮まらないものです。

あなたが愛想笑いをしている限り、真実のあなたを理解してくれる人は現れません。

自分を知って欲しいと思うのならば、まずは自分をさらけ出して愛想笑いをやめてみましょう。

嫌いな人は嫌っても良い

遠慮がちな人は、真面目で正義感の強い人が多く自分が苦手としていたり嫌っていたりする相手でも「仲良くしなければいけない」「嫌ってはいけない」と強く思っている面があります。

しかし人間ですから、全ての人と100%分かり合うのは不可能なのです。

嫌われる方にも原因がある、と割り切って嫌いな人を嫌える自分も受け入れてあげてはどうでしょうか?

我慢しすぎない

遠慮がちな人は、いつも自分は我慢をして相手を優先させてしまがちです。

しかし、相手がいつあなたに我慢する事を強いたのでしょうか?それはあんたが自発的にしている無駄な気遣いかもしれません。

本当にあなたの事を想っている人は、あなたのワガママを聞きたいと思っているかもしれませんよ。

我慢してしまいそうになったらその後の後悔を考える

遠慮がちな人は、反射的に遠慮している事が少なくありません。

そのため不意に選択を迫られたりすると無意識に我慢してしまう事も多いでしょう。

しかし、自分が我慢してしまいそうになった時には少し冷静になってその後の事を考えてみましょう。

それを我慢する事で後悔しないか?その選択を最善のものと考えられるか?冷静にそう考える事で、我慢し過ぎない自分になれる筈です。

考えすぎない

遠慮がちな人は物事を無駄に難しく考えがちなのです。

単純な事でも最悪のパターンを予測してしまって、問題をややこしく考えるあまりに自分のやりたいように物事を進められないのです。

時には「何とかなるか」と見切り発車で物事を始められるような大胆さも必要なのです。

衝動に身を任せる

人間は誰しも衝動的な部分を持っているものです。

考えすぎてしまう時には、自分の野性的な考えや本能的な部分によく耳を傾けてみて下さい。

理性でばかりものを考えずに、衝動に任せて行動してみる事が大切ですね。

貰えるものは貰っておく

時には厚かましい位のずうずうしさも人には必要です。

遠慮がちな人からするとこれが一番難しい事かもしれませんが、自分を可愛がって自分を優先する事をもっと覚えましょう。

厚かましさも大事

周りを見ていると、やや厚かましい位の人の方が可愛がられていたり愛されているような事はありませんか?

周りに遠慮しないという事は壁を作らない事であり、ありのままの自分でいる事でもあるのです。

失礼にならない程度に厚かましい部分も時には必要という事ですね。

気を付けて!遠慮して良い所と悪い所

物事には、遠慮すべき所と、遠慮してはいけない所がありますよね。

この匙加減を間違えてしまうと相手を不快にさせてしまったり自分が後から後悔してしまう結果に陥ってしまいます。

遠慮しても良い所と遠慮すべきではない所を的確に見極めましょう。

遠慮から入るのは好印象

何事でも厚かましくし過ぎず、相手に配慮するというのは日本人の古き良き文化でもあります。

勧められた事に対して、相手の負担を考慮してまずは遠慮するというのは決して悪い事はなく相手に好印象を与える事でしょう。

初対面の人、親しくない人には遠慮する

親しい間柄の人なのであれば、多少の甘えが出ても良いでしょうが初対面の人や親しくない人に対して遠慮をしないと「この人は厚かましい人だな」と勘違いされてしまったり「礼儀のなっていない人だ」と自分自身の評価を落とす事もあるかもしれません。

遠慮できる女性はモテる

男性からの好意に対して適度に遠慮できる女性は好感を持たれやすくモテると言えるでしょう。

男性だからと当たり前にエスコートする事を望まず、些細な事に感謝ができる控えめな女性を男性は好むものです。

特に恋愛より結婚を考えた時に、遠慮がちな女性を選ぶ男性が多いのです。

好意を当たり前と取らない

遠慮がちな女性に共通するのは、相手からの好意を当たり前の事とせずに何度でも感謝できる所です。

男性はそういった感謝のできる女性に尽くしてあげたい、甘やかしてあげたいと強く思う部分があるため遠慮がちな女性が結婚相手として長く一緒に過ごすパートナーに選ばれるのでしょう。

2度目は遠慮しない

遠慮がちな人は、大抵1回目は反射的に遠慮してしまいます。

これは日本人の控えめな性格が出ていますし好感を持たれやすいので構いません。

しかし先方が遠慮しても尚勧めてくるようであれば、「ありがとうございます」と感謝の言葉を添えて自分が折れるようにしましょう。

相手が2度も勧めているにも関わらず遠慮し過ぎるのはかえって失礼に当たってしまいますよ。

目上の方からの好意は素直に受け取る方が好感度アップ

あまりに遠慮ばかりしていると先方に「可愛げがないな」と思われても仕方ありませんよね。

特に目上の人からの好意を断るのは失礼に当たるし、相手の気を悪くさせてしまう事があります。

自分より優れた人からの好意は受け取って支障のないものであると割り切って感謝しながら受け取る方が相手も喜んでくれる事でしょう。

自分の意見に自信がある時には遠慮しない

明らかに自分の意見が正しいと思っている時には、遠慮してはいけません。

それを言わないという事は確かに正解でも不正解でもありません。

しかし、絶対的に自分の意見に自信があるにも関らず遠慮して答えなかった場合、後から必ず後悔してしまう事でしょう。

自分が後悔する選択をしていると自己肯定感の減少や自信喪失につながりますます遠慮がちになっていってしまうのです。

自分が意見しない事がチームのマイナスになる可能性を考える

遠慮がちな人は、自分が意見を言う事で周りに支障が出るかもしれないと過大に配慮してしまう一面があります。

しかし、自分の意見を自分の中でしっかりと考えてみて下さい。

あなたの意見を知れない事で、チームにマイナスな要素は発生しないか考えてみましょう。

チームに配慮するならば、自分が遠慮してしまう事で起こるチームのマイナスへと配慮した方が効率が良いという事が分かるでしょう。

親しい間柄の人には遠慮しない

あなたの親しい人は、遠慮がちな面も含めてあなたの事を好きで居てくれるのかもしれません。

しかし、いつまでも遠慮し続けてしまうと、相手はあなたとの間に壁を感じてしまう物なのです。

あなたが相手を想って遠慮し過ぎてしまう事で大切な人との心の距離が離れてしまうのだとしたら、そんな悲しい事はありませんよね。

あなたが相手を思っているのと同じように、相手もあなたの事を思っているという事を信じてみましょう。

頼れるのは信頼の証

人は好意を持っている人から頼られると、相手の力になれているという事に喜びを感じます。

遠慮がちな人は、人に頼ると言う愛情表現が苦手なのです。

遠慮する事では伝わらない愛情があるという事を分かっておきたいものですね。

自分が権力者なら遠慮する事で周りに気を使わせてしまう

その場の中で、自分が一番年長者だったり権力者だったりする場合、あなたが遠慮してしまう事で、周りが余計に気を使ってしまいます。

一番上座に座る事を勧められても「こっちの方がリラックスできるし」なんて遠慮してしまっていませんか?あなたが遠慮する事で、周りは、とても困ってしまうかもしれません。

遠慮しない事が配慮になる

時には、自分が遠慮してしまう事で周りに気を使わせてしまうような状況に陥る事もあるでしょう。

周りのメンバーを良くみて、自分が年長者だったり権力者だったりする場合には遠慮しない事が一番の配慮になる事を理解しましょう。

プライベートでは遠慮するとテンションが下がる事も

プライベートで盛り上がっている場面で、自分が遠慮してしまうとせっかく盛り上がっていた雰囲気が台無しになってしまう事もあります。

そんな時こそ、空気を読んで遠慮しないという選択をするべきかもしれませんね。

何度も続くと疎まれる事も

自分が遠慮してしまう事で場の雰囲気を悪くしてしまう事が何度も続くと「あの子と一緒だと盛り下がるよね」と仲間から疎まれてしまうかもしれません。

あなたは嫌われたくないと思って遠慮しているかもしれませんが、その遠慮が嫌われる原因になっている事を理解しましょう。

遠慮しすぎる人が後悔した体験談

遠慮がちな人が、遠慮し過ぎてしまい後から後悔した体験談をご紹介します。

あなたのこんな体験をした事がありませんか?

上司に遠慮しすぎて報告が遅れ大きなミスに

仕事で小さなミスを見つけ上司に報告しようと思ったものの、上司が今作業をしているのを見て「今、声をかけたら失礼かな」と上司に遠慮している内に、違う仕事を頼まれたり報告しようと思っていた事を忘れてしまった事はありませんか?

気付いた時には小さなミスだったにも関らず、時間が経つと共に大きなミスに成長してしまう大失態を犯してしまった体験が遠慮がちな人あるあるかもしれません。

優先順位を間違えた事が原因

上司の仕事は、業務を円滑に進めて成果をあげる事です。

それには、あなたが迅速にミスを報告する必要がありましたよね。

その優先順位を間違えて、過度に上司に対して遠慮してしまったのが今回の失敗の最大の原因ですね。

友達に遠慮しすぎて自分の行きたい所を言えずに後悔

友達と遊びに行く計画を立てた時に「どこに行きたい?」と聞かれたにも関らず、相手に遠慮して「どこでも良いよ」と言ってしまった経験はありませんか?

そこで相手の希望に合わせて予定を計画したにも関わらず「やっぱり、違う所に行きたいって言えば良かったなぁ」と上の空で遊びの日を楽しめずに後悔してしまう人は少なくありません。

親しい人に遠慮は不要

親しければ親しい人程、本当はあなたが遠慮している事に気付いています。

あなたが勇気を出して一言言えば嫌な顔をせず「いいよ」と言ってくれるので友人に遠慮する事なく自分の希望を伝えるべきでしょう。

親しいからこそ気を使わないといけないという声もありますが、遠慮する事と不躾にならない事は似ているようで全く違います。

その違いを間違えないようにする必要がありますね。

皆に遠慮した結果八方美人になってしまう

皆に嫌な思いをさせずに、どんな事にも共感している内に八方美人になってしまって「あの子、言ってる事が違うじゃない」と反感を買ってしまった事はありませんか?

確かに共感しあ合える人と親しくはなれるかもしれませんが、その意見が一貫していなければ逆に信用を失ってしまう事でしょう。

皆を嫌な気分にさせないための配慮かもしれませんが、その遠慮が自分の首を絞めてしまっている事に早く気付けると良いですよね。

自分の意見を持つ

誰の意見にも賛同してしまうから八方美人になってしまうのです。

まずは、自分の意見をしっかりと持ちましょう。

その意見と通じる部分があるものだけに賛同して、それ以外の意見には共感しない事で八方美人になる事を避けられます。

そうする事で対立してしまう人も出て来るかもしれませんが、あなたが常識的で筋の通った意見を持っているのならいつか必ず分かり合える筈です。

好きな人に遠慮して気持ちに気付いて貰えなかった

遠慮がちな人が最も後悔しやすいのは恋愛についてです。

好きな人に対しても相手に遠慮してしまい、連絡を取れなかったりデートに誘えなかったりする事で、相手に自分の好意が伝わらず気付いた時には好きな人に恋人が出来てしまっているなんて事も少なくありませんよね。

遠慮しすぎるのはNGでも好かれることは確か!

遠慮するという事は日本人の根本的な考え方です。

基本的には嫌悪されるという事はないでしょう。

しかし、遠慮するという事は相手との意間に一枚の壁を隔てているようなものです。

相手と本当に分かり合いたいのなら、遠慮する自分を変えてみた方が良いかもしれませんね。