その時の自分の気分によって、行動や言動がコロコロ変化する“気分屋”さん。

気分屋っていうと、ちょっとマイナスなイメージもありますが…人は誰でも、こういった資質を持っているような気もします。

少なからず筆者は、気分が態度に影響することがあります。

もちろん、「自分の気分で周囲に迷惑をかけちゃいけない」とは思っているので、基本的には押えてます。

でも、表情に出ちゃったりしているみたいで…時々指摘されます(笑)

筆者の場合、気分と言うより気温に左右されやすく、寒さにめっぽう弱いんです。

寒い中ずっと外にいると、どんどんテンションが下がり、口数が減り…確かに、ちょっとイライラもしているかも。

それでよく、「怒ってるの?」とか、「機嫌悪いの?」とか聞かれるんです。

ただ、筆者はもともとテンションの高い人ではありませんし、どちらかと言えば落ち着いているほう。

ですので、気分による落差はそんなに無いはずです。

でも、気分屋の人と言うのは、テンションの高いときと低いときの落差が激しいのが特徴ですよね!

接するタイミングによっては別人か!?って思うほどの差があったりして、周囲は戸惑ってしまいます。

気分屋の特徴は10個!

そんな気分屋さんが周囲に居た場合、気分屋だということに気付くまでは、結構振り回されたりもしちゃいますよね。

テンションのギャップに戸惑ったりして、「何か悪いことしたかな?」とまで考えてしまうこともあるでしょう。

筆者にも、以前の職場でかなり激しい気分屋の先輩がいたので、最初はとても戸惑いました。

でも慣れれば、何ら気にすることはない!っていうのが、気分屋さんとの付き合い方だったりしますよね!

ただ、気分屋の全てが悪いかと言えば、そうとは言えませんよね。

よく言えば、正直で素直な人。

良い面も悪い面もあるということです。

今回は、そんな気分屋の特徴を見ながら、気分屋の生態を丸裸!?にしてみたいと思います。

もしかしたら、あなたも気分屋かもしれませんよ?

周囲の人、また自分と比べながら、“気分屋の特徴10個”を見ていきましょう!

①オンとオフがはっきりしている

“オンとオフがはっきりしている”という気分屋の特徴。

これは、どちらかといえば気分屋さんの良い面かもしれませんね!

例えば、仕事とプライベートをはっきり分けられるという点。

オンにすれば集中するし、オフにしたら、だらだら引きずることはありません。

また、やる気のある時は徹底してやり、やる気が無いときにはやらない。

実際、やる気のないときにやっても、何も進まなかったりしますからね。

筆者も、特に仕事に対してはオンとオフがハッキリしています。

営業系の接客の仕事をしていた時には、オンにすれば、自分でもびっくりするぐらいしゃべり倒せるんです。

明るくて楽しい人になれちゃうんですよね。

たぶん、家族や友人がその私を見たら、びっくりするほどだったと思います。

そして、オフにすればテンションも低めだし、自分から話を進めたりはしません。

家族からはよく「覇気がない」と言われています(笑)

そんななので、仕事ではよくお客様に気にいられて、「友達になりたい」とか「プライベートで飲みにいきましょうよ」とか誘われましたが…

プライベートでオンにするのは疲れるし、オンに出来る自信もなかったのでお断りしてました。

今まで意識したことは無かったのですが、筆者は確かに気分屋のようです。

でも、それで周囲を振り回しては…いないはず。

②結構ノリがいい

そして“結構ノリがいい”というのも、気分屋の特徴ですよね!

結構というより、周囲から見ればムードメーカー的な存在の人が多い気がします。

気分屋さんは、自分の気持ちに素直なので、楽しければ楽しい態度を全身で表現出来ます。

ですので、基本的にはノリが良くて明るい人なんです。

これは、気分屋さんの良い面でもありますよね!

ただ、ムードメーカーのような存在ということは、中心的な人物でもあります。

明るい時の気分屋さんはいいのですが…落ち込む出来事や、ムカつく出来事があったら、一転して態度が変わったりするのが厄介なところ。

明るくて盛り上げてくれる人が、急にずーんと暗くなっていたり、怒っていたりしたら…周囲は戸惑います。

この落差が激しいのが、気分屋さんの最大の特徴とも言えるのではないでしょうか。

③裏表がない

また、気の向くままに態度が変わるということは、よく言えば“裏表がない”性格とも言えます。

裏表がない人というのは、どちらかといえば好かれる人ですよね。

ハッキリものを言ったりするので苦手な人もいるかもしれませんが…基本的には、信用できる存在の人だと思います。

迷惑をかけていそうな気分屋なのに、周囲から人が居なくなることがないのは、こういった裏表のない性格が好かれるからかもしれません。

筆者自身も…自分で言うのもなんですが、裏表のなさで同性から好かれやすいと思います。

女性なので、女性からは好かれやすいんです。

その代わり、男性からはハッキリとした物言いが嫌煙されたりもします。

この様に、裏表のない性格は、敵も作りやすいですが、一度仲間となれば絶大な信頼関係が成り立ったりします。

気分屋さんの、良い面と悪い面を含んだ特徴なのかもしれませんね。

④ハッキリとした性格

裏表のない性格であるということは、先ほども挙げたように“ハッキリとした性格”でもあるわけです。

遠慮せずにハッキリとものを言うので、苦手とされている場合も多いと思います。

それに、気分屋の人は気分で左右されるので、あっているか間違っているかよりも、気分や感情でものを言ったりもします。

それでも、本人としては自分の主張があり、自分の筋を通しているのですが…

周囲の人が扱いに困るのは、この辺りかもしれませんね!

ただ、ハッキリとした性格の気分屋の人は、相手の立場や状況によってその主張を変えることはありません。

それが、上司でも部下でも、周囲に仲間が居てもいなくても、自分の主張はハッキリとします。

そういう気分屋さんが上司だった場合、部下としては厳しい反面、頼もしい存在として憧れる存在だったりもしますよね。

上層部からは嫌われる一方で、部下からは慕われていたりして、ある意味世渡り下手な面も。

良い面と悪い面もハッキリと分かれるのが、この気分屋さんの特徴かもしれません。

⑤周りの空気が読めない

気分屋さんの特徴としては“周りの空気が読めない”ことも挙げられますね!

空気が読めない…というよりは、読まないのでは?と、筆者は思います。

気分屋の人は、空気をよんで行動するのではなく、自分の気分のままに行動しているんです。

空気を読むのなら、気分屋ではないのでしょう。

筆者にも、多少こんな一面があります。

全く空気を読まないわけではない…と、自分では思っているのですが、やはり空気を読むより優先すべき気持ちがあれば、そちらに従っているような気がします。

それに、気分屋の人は、その時の周囲の反応を気にもしていないのだと思います。

たとえ嫌われようが、自分の気持ちを無視することが出来ないんです。

あとで、落ち込んだり反省することはあっても、その時は気分に従わずにはいられないのが気分屋です。

ですので、状況によっては白い目で見られるし、状況がハマれば重宝されたりもするかもしれませんよね。

確かに、周囲とのよい関係性を築くのは大事なことです。

でも、気分屋の人には、わかってくれている人が1人でもいれば、それで良かったりもするんです。

⑥気分屋の人は飽き性

気分屋の特徴としては“飽き性”なことも、挙げられるようですね!

…ここまで、気分屋の特徴を挙げてきて、筆者自身が自分で思っていたより気分屋であることに気付いてきたのですが、筆者も確かに飽き性なところがあります。

やはり気分でやる気が沸いたり失ったり、テンションが上がったり下がったりするのですから、当然飽き性にもなりますよね!

気の向くままにやる。

飽きれば辞める。

そして気づいたらもう違うことを始めていたり…周囲にそういう人いませんか?

筆者自身もこういうところがあるんです。

その中には、長く続けていることもあるし、一回やったきりのものもあります。

熱心に取り組むことと、そうでない物の差は激しいほうかもしれません。

ですので、友人や知り合いに久しぶりに会うと、「今は何作ってるの?」とか、「今はどこにいるの?」とか聞かれます。

確かに、筆者は気持ちを重要視しています。

気分の進まない物を無理してまでやることはありません。

自分の中では、絶対に曲げない筋は通しているのですが、周囲から見れば飽き性。

これが気分屋の飽き性気質なんですよね。

⑦自制心が弱い

自制心とは、自分の感情や欲望をコントロールする気持ちや、精神力のことです。

気分屋の人は、もちろんこの“自制心が弱い”と言えますよね。

気分屋の人の場合、欲望よりも、感情に対しての自制心が弱いのでしょう。

自分の湧き上がる感情を抑えることが出来ないのです。

感情とは、突発的に湧き上がるものです。

それをコントロールしようとしないのが、気分屋の人。

コントロール出来ないというよりは、しようともしていないのが気分屋なのではないでしょうか?

それでも、ギリギリの所までは我慢することだってあると思いますよ。

自制心が全く無いわけではないのですから。

でも、自制心の弱さゆえ、感情の高まりの方が勝ってしまうのでしょう。

それが、気分屋の特徴でもあるんです。

筆者自身が気分屋だから言う訳ではありませんが…人間らしくていいじゃありませんか!

⑧意外とお人好し

また気分屋の人は、意外と“お人好し”だったりもするようです。

筆者は今この記事を書きながら、自分や周囲を振り返っていました。

…自分が結構気分屋だと気付いたのと同時に、筆者の彼も、相当な気分屋であることに気付きました(笑)

感情の起伏が激しい人だとは思っていたのですが、気分屋だとは思っていませんでした。

このお人好しというキーワードで、まさに彼が思い浮かびました。

気分屋の人と言うのは、裏表が無く正直な人なんですよね。

そのぶん、他人に対しても疑いの目を向けることなく、言葉を真っ直ぐに受け取ります。

見たまんま、言われたまんまを、そのまま受け止めるんです。

つまり、騙されやすいお人好し。

筆者の彼もよく、いたずらや冗談を真に受けて騙されたり、それに本気でキレたりしています。

「そんなのウソに決まってるじゃん」っていうのが通用しない、バカ正直な一面をもっているのも、気分屋さんの特徴なんですよね。

⑨ストレスの耐性が強い

気分屋の良い面と言えそうなのが“ストレスの耐性が強い”こと。

気分屋は気分に左右されるのですから、嫌なことがあっても、次に何かが起これば気分はそちらにシフトされるんです。

嫌なことを引きずり、楽しいことがあっても気持ちを切り替えられないのと違って、さくっとシフト出来ちゃいます。

ひとつのことに囚われることが無いということは、ストレスにも強いということになりますよね!

それに、その時のその感情を、我慢せずに吐き出しているからこそ、いつまでも思い悩んだり、ストレスとして抱え込んだりすることが無いのだと、筆者は思います。

確かに周囲のことを考えれば、何でもかんでも発散させていいものでは無いのかもしれません。

でも、全ての感情を自分の中に仕舞い込むからこそ、現代は鬱の人が増えているとも、筆者は思いますよ。

⑩モノや人に八つ当たりする

気分屋の人の一番迷惑な特徴と言えるのが“モノや人に八つ当たりする”ことかもしれませんね。

…筆者は八つ当たりはしません。

そこには自制心が働きます。

気分で暴れる人というのは、周囲はとても困りますよね。

それに、自分は悪くもないのに、気分屋の人の気分で八つ当たりされたら、たまったものじゃありません。

謝るのも変だし、かといって八つ当たりされるのも嫌。

もう落ち着くまで我慢して待つか、理不尽であることをハッキリ言って戦うか!のどちらかですよね。

筆者は、気分屋の人の機嫌が悪くても、基本的に放っておけばいいと思うのですが、八つ当たりしてくる人はそうもいきませんよね。
絡んでくるのですから。

自分の主張をハッキリ言えるはずの気分屋でも、八つ当たりするタイプだけは別格な気がします。

気持ちや主張を言葉に出来ず、歯がゆくてイライラして、モノや人に当たるんだと思います。

まるで逆効果ではあるんですが、本当は気にかけて欲しいときの行動ですよね。

周囲を威嚇することで注目を集め、自分を気にしてほしいんです。

筆者の以前の職場の先輩は、この八つ当たりタイプの気分屋さんだったので、一旦落ち着くのを待ち、話を聞いてあげてました。

そうすると、泣きながら理由を話してくれたりして、案外可愛かったりもするんです。

ただ、ほとんどの人に嫌われてましたけどね…。

気分屋は厄介!?

ここまでは気分屋の特徴を挙げてみました。

気分屋と言っても、良い面も悪い面もあるんですよね!それに、人によってタイプも違ったりする。

それでも、周囲の人からしてみたら、予想もつかない行動をし出したりして、扱いに困ったりもするものです。

いくら、良い面があったとしても、振り回されるのはごめんですよね。

それが周囲の人の正直な思いでしょう。

ですので気分屋は…基本的には厄介な存在であることは確かですよね。

筆者も気分屋なところがあるので、厄介者と言われると…ちょっとだけショック。

でも、迷惑をかけていたなら、反省すべき点ですね。

気分屋は主に女性


そう、気分屋の人って女性に多いですよね!

これって、何故なんでしょう。

“女心と秋の空”なんてことわざがあるくらい、女性の心は変わりやすいものと昔から言われています。

それに、女性は感情の生き物とも言われますよね。

それくらい、女性は感情で動くもの。

だからこそ、気分屋にもなりやすく、女性なら誰もが多かれ少なかれ、気分屋気質をもっているのかもしれません。

もちろん、男性にも気分屋の人はいますが、女性の気分屋のほうが厄介なイメージがありますよね?

八つ当たりタイプの気分屋さんも、どちらかと言えば女性に多いイメージです。

気分屋にはデメリットが多い

前項で、気分屋の特徴を挙げながら、良い面もあるとはお伝えしましたが…やはり、デメリットの方が多いのは事実ですよね。

これは特に、周囲の人に与える印象の悪さによるものでしょう。

気分屋の人は、自分の気分に従って行動するので、自分は満足しています。

でも、気分屋の人の良い面は、ほとんどが自分にとって良いことなだけであって、周囲の人にとっては悪いことの方が多いのです。

それでも気分屋の人は、自分と同じように周囲の人も自由にすればいいと考えていたりもするし、

周りがついてきてもこなくても、あまり気にしていなかったりもします。

要するに自分勝手なんですよね。

でもやはり、その気分屋さんに振り回されている人がいるのは確かです。

気分屋自身が気づいていなくても、本人はそんなつもりが無くても、周囲には迷惑している人がいるものです。

結局、空気を読まないことによる弊害があるということなんですよね。

周りから人が離れていく

そうやって、自己満足だけを求めていると、当然周りから人は離れていってしまいます。

誰だって、自分勝手に気分で行動する人に気を遣うなんて、嫌ですからね。

そうやって、周囲から人が離れていった時に、自分の気分屋のせいだと気付けるかどうか…。

空気を読もうとしない気分屋さんにとっては、周りから人が消えた理由が何なのかも、わからないかもしれませんね。

自分のせいかも…と気付いたとしても、この気質は簡単に治せるものではありません。

自分の気質が、周囲に迷惑をかけたことに気付くまで、治さなきゃいけないとも思えないかもしれませんね。

周囲から人が離れていくことを、デメリットと捉えられるかどうか…それが、気分屋が治るか治らないかのカギなのかもしれません。

気分屋の人はとにかく大変!周囲の声

“気分屋”と言われるくらいですから、もちろん厄介者として世間からは認識されているわけです。

それでも「気分屋で何が悪いの」なんて思ってしまう、気分屋の人もいることでしょう。

筆者も少し、その傾向があります(笑)

そんな気分屋さんのために、ここで周囲の声を取り上げてみます。

周囲の人は気分屋をどう思っているのか、どう迷惑しているのか…この声を聞けば、ちょっとは治したほうがいいのかもって思えるかもしれません。

治そうと思わないとしても、周囲が迷惑していることを認識するのは大事ですよね。

コロコロ変わるから疲れる

自分勝手な気分屋さんは「私も自由にするから、あなたも自由にすればいいじゃん」なんて思ってしまうかもしれませんが、周囲の人はそうはいかないんです。

気分屋の人の周りにいる人との関係性は、周りの人によって保たれているといっても過言ではない!かもしれませんよ。

周りに協調性を持った人がいて、気分屋さんとの調和を取ってくれているから、関係がなりたっていると言えるのです。

ですので、周りに相当気を使われている可能性が大きいことに、気づかなければなりません。

周りの人が、コロコロと変わるあなたの気分にあわせて対応を変えてくれていて…

だからこそ、あなたが自分勝手に気分で振る舞えるのではないですか?

何がしたいかわからない


そして、気分屋な人は「いったい何がしたいの!?」とも思われています。

気分によって、行動も言っていることも、コロコロ変わったりしてしまう気分屋さんに対しては、「結局どうしたいの?」なんて、周囲の人はイライラ。

特に、チームワークが必要な仕事なんかでは、気分屋な人に振り回されて仕事が進まなかったりもします。

意見をまとめようとしてもまとまらない、せっかくまとめたと思っても、また違う意見を言って来たり…意見が通らなければ怒ったり。

自分の意見を通したいのか、場を引っ掻き回したいのか…「何がしたいの!!?」と、最終的にはキレられることでしょう。

自分ひとりのことなら好きなだけ気分で変わってもいいけれど、やはり周囲がいるのなら、多少でも協調性を身につけるべきですよね。

自己中!

気分屋の人は自分勝手であることをお話ししましたよね?

これがつまり、自己中と言われる部分でもあります。

「気分屋の人って、結局自己中だよね!」周囲からはそう思われていることを意識しなければなりません。

何度も言うように、自分ひとりでいるのなら好きなようにすればいいでしょう。

でも、気分屋の人は周囲に人がいてもお構いなしです。

むしろ、周囲を振り回すことを楽しんでいるんじゃないか?とも思えたりします。

筆者の私は、気分屋といっても、周囲を振り回したり、迷惑をかけようとはこれっぽっちも思っていません。

でも、振り回すことを楽しんでいる人も、確かにいる気がします。

自分中心じゃなきゃ嫌!自分の思うように周りも動いてくれなきゃ嫌!と、周囲を巻き込むことを前提にしている気分屋さんもいるのかもしれませんね。

そうなるともう、確信犯ですよね。

気分屋と言うより、自己中なだけのようにも思えますが…。

気分屋の人と上手く付き合っていく方法


それでは最後に、身近に気分屋の人がいて困っている人達の為に、

“気分屋の人と上手く付き合っていく方法”を、お伝えしていきます!

もし、自分が気分屋の人に振り回されていると気付いたら、もちろん、そのまま振り回され続ける必要はありません!

気分屋の人が気分で動くように、あなたにはあなたの気分や気持ちがあるはずです。

あなたの自由にしていいんです。

気分屋の人は、ある意味分かりやすくもあると思います。

コツさえつかめば、振り回されず、罪悪感など抱かずに、さらっとかわせるようになると思いますよ!

なるべく放っておく

そう!気分屋の人が落ち込んでいても、イライラしていても、放っておけばいいんです。

きっと、身近にいる優しいあなたは、気になって「どうしたの?」と声をかけてしまうのでしょう。

親身になって話を聞いてあげて、回復まで気にかけてあげなきゃ…なんて思っていても、次に顔を合せたら、何事も無かったかのようにケロッとしていたり。

それに「さっきはありがとう!聞いてもらえて元気がでたよ」なんていう一言もなかったりしますよね。

さっきはあんなに落ち込んでたのに…と、びっくりするとともに、気にかけていた自分が馬鹿らしくなってしまったりするでしょう。

だからこそ、気分屋の人相手なら、放っておいてもいいんです。

放っておいても、気分が変わってケロッとしている可能性は大いにあるのですから。

気分屋を理解する

今回の10個の特徴を読んでいただいていれば、気分屋のこともだいぶ理解出来たのではないでしょうか?

気分屋と言っても、人によって少しタイプが違ったりもするんですよね。

それによって、放っておいていいか構ってやったほうがいいかも、少し変わってくるかもしれないのですが…それでも、基本は放っておいていいんです。

あなたが無理をする必要はありません!

気分屋を理解すれば、感情で動く人なんだということがわかるでしょう。

そしてその感情は、周囲が理解出来る物だったり、理解出来ない物だったりすると思います。

そんな感情の気分屋さんに対応するなら、こちらも感情でいいんです。

理解出来ないことには、ハッキリNoを突きつけてください。

その時ぶつかったとしても、それがわだかまりとなって関係性が悪くなることは無いのが気分屋です。

この際だからと、自分も思い切り感情を吐き出しちゃってください!

自然体で付き合う

裏表のない気分屋さんには、何も警戒することはありません。

気分屋さんの態度や言動を、深読みする必要もないんです。

そういう気分屋さんとは、自分も自然体で付き合いましょう。

気分屋さんの方も、相手を疑うことなく真っ直ぐ見ています。

気分屋さんは時に厄介な存在かもしれませんが、仲間やパートナーになれば、強力な絆が生まれたりします。

気持ちを大切する気分屋さんは、情も大切にしていたりするのです。

一度絆が生まれれば、あなたのために戦ってくれることもあるのが、裏表のない気分屋さんですよ!

機嫌がいい時に絡む

一番上手な付き合い方と言えそうなのが、“機嫌がいい時に絡む”ことですね!

機嫌がいい時の気分屋さんは、とても明るくて社交的だったりします。

気分屋さんのいいとこどりをする!これこそ、頭のいい付き合い方ですよね♪

気分屋さんの、状況や態度の変化を見逃さないようにしなければならないのが…少し面倒ではありますが、しばらく観察していれば傾向も見えてくるはずです。

気分屋さん研究をして、楽しい付き合いだけするのもいいかもしれません!

きっとあなたが困っている隣で、こういう上手な付き合い方をしている人がいるのではないでしょうか?

そういう人を見て腹立たしく思うこともあるかもしれませんね。

でも、腹を立てるより、あなたもそうしちゃえばいいんです!

相手に合わせない、常に冷静

気分屋の人に、あなたが心をかき乱される必要はありません。

気分屋の人がイライラしていたり、怒っていたりすると、つい「自分が悪いのかな?」とか思ってしまうかもしれません。

でも、気分屋の人は気分で怒っているのです。

相手に合わせることなく、あなたは冷静でいてください。

そして、状況判断してみてください。

きっと、あなたが悪いのではないはずです!

そうと分かれば、「あの人気分屋だからな」くらいに受け流せるはずですよ。

無理に機嫌をとろうとしない

それに、気分屋の人の機嫌を取ろうとしても、その気分が変わらない限り変わりません。

そんな気分屋の機嫌を取ってあげるなんて、馬鹿らしいと思いませんか?

気分屋の人に対し、あなたが気を使ってあげる必要はないのです。

無理に関わろうとして、とばっちりを食らう可能性だってあるんです。

気分屋なら、待っていればいずれ機嫌は直るはず。

そっとしておきましょう。

相手の態度に振り回されないようにする

これまで、気分屋の人に振り回されてきてしまったあなたも、「相手の態度に振り回されない!」と決めて、徹底してください。

いつも周りが振り回されることで、気分屋の人を調子に乗らせている可能性もあります。

周りは冷静に、振り回されないようにしていれば、気分屋の人も何かを気づくキッカケになるかもしれません。

たとえ本人が気づかなくても、あなたの反応が悪ければ、自然とあなたに絡むこともなくなっていくかもしれませんよ!

あなたも気分屋になってしまっていない?

さて、今回は気分屋の人の特徴や、その付き合い方について解説してきました。

筆者はこの記事を執筆する中で、自分も気分屋であることに気付かされたわけですが…あなたは大丈夫でしたか?

気分屋とは、基本的に嫌われる存在でもありますよね。

それはやはり、周囲の迷惑を考えられていないからです。

筆者は、気持ちに正直に生きたいと思っているほうなので、「気分屋と思われていたとしても自分の気持ちを尊重したい」とも思っていたのですが…

気分屋に迷惑している人の声や、気分屋とどう付き合っていけばいいのかと真剣に悩んでいる声を聞けば、そうもいかないなと。

やっぱり、考えを改めなければいけない部分もあるなと感じました。

自分の気持ちに正直ではいたいけど、それによって周囲を見ようとしないのは良くないですよね。

自分の気持ちを大切にするのなら、相手の気持ちも大切にしてあげなきゃ!

人はひとりでは生きていけません。

気分屋だって、ひとりぼっちは寂しいはずです。

周りに居てくれる人のことも考えて、時には自分をコントロールすることも必要ですね。