CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

地元に帰りたいと思う7個の理由と対処法


一人暮らしをしていると、時には地元に帰りたいと思うこともありますよね。

ずっと暮らしていた場所が恋しくなるのは当然のことです。

しかしなかなか帰ることができない人の方が多いと思います。

この記事では、地元に帰りたいと思う理由と対処法についてご紹介していきます。

帰りたい気持ちを上手くコントロールしていきましょう。

この記事の目次

地元に帰りたいと思う7個の理由!こんな心境になっている!

一人暮らしを始めると、ふつふつと湧いてくるのが「地元に帰りたい」という気持ち。

これは誰もが一度は経験する気持ちだと思いますが、そもそもなぜ、一人暮らしをすると地元に帰りたいと思うのでしょうか。

ここでは、「地元に帰りたい」と思う心境を、ひとつひとつ解説していきます。

1.実家が恋しい

地元に帰りたいと思う理由その1は、『実家が恋しい』ことです。

一人暮らしでも寮生活でも、親元を離れて暮らすようになると感じる「実家が恋しい」という気持ち。

これは、地元に帰りたいと思う一番の動機になっているでしょう。

地元に帰ることはイコール実家に帰りたいということ。

地元に帰りたい気持ちが湧いてきているということは、何より実家が恋しくなっているということです。

帰りたい気持ちが強くなる

慣れ親しんだ実家の景色や匂い、聞きなれた声、親や兄弟の存在など、家を出るまでの十数年の記憶が詰まっているのが実家です。

家を出るまではそれが自分にとっての“当たり前”であり、そこが恵まれた環境であったことも、当たり前ではなく与えられた環境であったことも、気づくのは実家を出てからです。

家族と食卓を囲むこと、帰ると「おかえり」という声が聞こえてくること、家族がそこに居ること、ずっと過ごしてきた場所が一番安心できること…。

一人暮らしをして、ひとつひとつが当たり前ではないことに気付くと、家族の存在や実家という場所が、とてもありがたく感じられるものです。

そんなありがたみに気付いたとき、無性に帰りたくなるのが人の心理です。

当たり前だと思ってありがたみに気付かずに過ごしていた自分を悔やみ、ありがたみを知ったうえで、もう一度その幸せを肌で実感してみたいと思うからです。

とくに、新しい土地での生活に馴染めない時は、帰りたい気持ちも強くなるでしょう。

いわゆる、ホームシックです。

ホームシック

ホームシックとは、地元を離れて過ごす違う土地での生活に馴染めず、地元が恋しく憂鬱な気持ちになることです。

一人暮らしを始めて寂しさを感じるとき、思い出すのが安心感と幸せに満ちていた記憶です。

実家のありがたみや、慣れ親しんだ地元での安心感を思い出すと、帰りたい気持ちが強まるのです。

ホームシックになってしまうと、もうそればかりを考えて、帰れない現状と自分の気持ちのはざまで、苦しい思いをすることになります。

気分は落ち込みがちで、新しい生活を楽しむどころか、ふさぎ込んでしまうこともあります。

そんな自分を情けなく思ったりもして、どう気持ちを落ち着けたらいいのか分からず悩んでしまう人も多いでしょう。

でも、ホームシックは誰もが一度はなるものです。

長年慣れ親しんだ場所を離れて生活するのは誰だって不安。

決して珍しいことでも、情けないことでもありません。

むしろ、地元や実家のありがたみを知り、それを恋しく思えるのは、それだけ幸せな人生を送ってきたということです。

それはとても嬉しくて、誇りに思うべきことです。

そんな喜びを感じながら、寂しさに負けずに頑張ってみるもよし。

どうしても寂しいときは、地元の友達や親に連絡を取ってみるのもいいのでは?地元はきっと、あなたの活力となる場所です。

無理せず連絡をとったり帰ってみたりすれば、きっと憂鬱なホームシックも解消するはずです。

2.寂しくなる


地元に帰りたいと思う理由その2は、『寂しくなる』ことです。

初めての一人暮らしなど、それまで家族と生活していた人が一人で生活するようになると、急に寂しくなることがあります。

当たり前にあった家族との生活や、近所に親しんだ友人がいる地元での生活が懐かしく、一人でいる自分に寂しさを感じてしまうのです。

そんな寂しさを感じると、地元に帰りたい気持ちが強くなることもあるんですよね。

就職や進学などで、親元を離れて一人暮らしを始めるとき、初めはワクワクする気持ちのほうが大きいものです。

でも、いざ一人で生活を始めると、分からないことがいっぱい。

家に帰って何気なく相談できる相手もいないし、生活面を支えてもらうこともできません。

気持ちには焦りや不安を感じているのに、家に帰ってもホッと安らぐことができずに不安だけが募ってしまうのです。

とくに、一人暮らしが初めての人は、家族との生活と一人での生活に大きなギャップを感じて、地元に帰りたくなってしまう人が多いでしょう。

一人暮らしが初めて

一人暮らしが初めてだと、慣れない土地で慣れない家事をやりながら、慣れない仕事や学生生活を送らなければなりません。

学校でも職場でも、まだまだ仲の良い人がいない状態な上、家に帰っても一人。

身近に頼れる相手もいないと、一人の寂しさや不安が襲ってきます。

そんな時に「地元に帰りたい」という気持ちが強まりますが、それはあなただけではありません。

最初の内は、誰もが同じような思いをしているものです。

就職・進学シーズンには、多くの人が親元を離れて一人暮らしを始めます。

あなただけが一人ぼっちなのではなく、みんな一人の寂しさと戦っているのです。

しかしそれも、一定の時期を過ぎれば馴染んできます。

だんだんにその土地での生活に慣れ、友達ができ、一人暮らしの要領も掴めてくると、寂しさも薄れていくものです。

初めての一人暮らしは不安や寂しさでいっぱいになりますが、その時期を乗り越えれば地元に誇らしい自分になりたいと前向きになれるもの。

最初は辛いですが、乗り越えればひとまわりも、ふたまわりも、成長している自分に出会えるはずです。

3.友達が少ない

地元に帰りたいと思う理由その3は、『友達が少ない』ことです。

進学や就職などで一人暮らしを始めるとき、最初は友達がいない状態になります。

その状態というのも、これまでとは大きなギャップですよね。

地元になら小さいころから親しんだ友達がいるし、家に帰れば家族がいます。

寂しさとは無縁の生活を送ってきたので、知らない土地で、一人で新しい生活を始めるときは、不安で地元に帰りたくなるのです。

地元では、幼稚園、小学校、中学校、もしくは高校まで、たくさんの慣れ親しんだ顔がありますよね。

それぞれどこかのタイミングで出会いや別れがありますが、全く見ず知らずの人の中に、一人で入っていかなければならないことはほとんどありません。

小さい頃なら親が一緒に居てくれたし、地元の学校に通っていれば、いつまでも同じメンツが周りにあったのですから。

しかし、進学や就職で違う土地に行く場合、知っている顔ぶれがゼロな状態です。

しかも、親のサポートもありません。

ゼロから友人関係を構築していかなければならないし、その上一人での慣れない生活や仕事、勉強に取り組まなければなりません。

これって、今までには経験していない環境での生活になるんですよね。

一人暮らしの最初は友達がいない

進学や就職で一人暮らしを始めると、今までにない環境での生活で、最初は友達もいない状態という初めて尽くしです。

初めてのことには誰だって不安を感じるし、寂しさを感じます。

とくに友人の存在が大きかったことを実感するのがこの時期。

近所にも、学校にいっても慣れ親しんだ友達の顔ぶれが見えないというのは、とても寂しいものです。

なんだか、自分だけ一人ぼっちで取り残されている…そんな感覚に陥る人もいるでしょう。

自ら輪を広げる勇気がない

慣れ親しんだ友達がいないうえ、自ら輪を広げる勇気がないと、益々孤独感が強くなります。

最初はみんな友達がいない状態から始まりますが、社交性の高い人はあっという間に友達を作ってしまいます。

そんな人を中心に、いつの間にか出来上がっていく交友関係の輪。

そこに入れないと、ワイワイ楽しんでいるグループを横目に自分はひとり…。

とても孤独感を感じる状況になってしまいますよね。

ただ、友達はいずれできるものです。

最初にできる友達は、まだまだお互いに寂しさを埋めるだけの上辺だけの関係です。

寂しい者同士がなんとなくくっついているだけなので、そのグループに入れなかったからといって気に病む必要はありません。

確かに最初は辛い時期になるかもしれませんが、いずれ落ち着くところに落ち着きます。

一人暮らしを始めると、最初は友達が少ないことが悩みの種。

寂しくなって地元に帰りたいと思うこともありますが、それも一時期だけです。

やるべきことに集中していれば、本当に必要な友達が自然と出来ていくものですよ。

4.不安だから

地元に帰りたいと思う理由その4は、『不安だから』です。

一人暮らしを始めるとき、誰もが最初は不安になります。

生活していけるかどうかの不安、金銭面での不安、友達ができるかどうかの不安…。

自分一人で生活していけるのか、不安なことだらけです。

そんな不安な気持ちでいると、どうしても元の生活が恋しくなり、地元に帰りたいという気持ちが襲ってくるものです。

一人でやっていけるのか不安

進学や就職するときは、夢や希望がある一方で、一人で生活していくことへの不安を感じます。

それまでは、家族が生活を支えてくれていて、困ったときは相談できる友達が身近にいる状態。

地元にいるときはあまり意識していませんが、実際に一人になってみると、さまざまな面で大変さが身に染みてきます。

疲れて帰ってきてもご飯ができているわけでもなく、自分がやらなければ洗濯物は溜まっていくばかり。

学校や仕事で、ただでさえいっぱいいっぱいなのに、家でもやることが山積みです。

そんな日々を過ごしていると、この先どうなってしまうのか、未来がまったくみえてきません。

不安と戦うだけの日々に、精神状態も不安定になっていくのです。

何があっても一人でやっていかないといけない

一人暮らしでは、何があっても一人でやっていかなければなりません。

風邪をひいても、看病してくれる人はなく、病院に行くのも薬を買いに行くのも自分です。

一人で生きていくことの大変さは、一人暮らしをしてみて初めて実感することが多いのです。

でも、そんな不安も、いずれは乗り越えることができます。

最初は初めてのことだらけで不安になりますが、ひとつひとつ、経験していくことでできることが増えていきます。

それに、一人暮らしを始めたとしても、一人ぼっちになってしまったわけではありません。

生活はひとりでも、家族がいなくなってしまったわけでも、友達を失ってしまったわけでもありません。

ただ、距離が遠くなってしまっただけです。

身近には頼れる人がいなくなってしまいますが、地元には家族や友人の存在がしっかりあるはずです。

それを支えに頑張れば、いつしか不安な気持ちも乗り越えられるようになりますよ。

5.地元の友達と連絡をした


地元に帰りたいと思う理由その5は、『地元の友達と連絡をした』ことです。

地元を思い出すキッカケがあると、地元が恋しくなり、地元に帰りたいという気持ちが強まります。

普段は寂しさを感じていなくても、地元の友達と連絡をとるなど、懐かしい話をすると、急に地元が恋しくなってしまいます。

人は、過去の懐かしい記憶や、楽しい記憶にすがりたくなる生き物です。

それは、先の見えない未来が不安だから。

この先どうなるか分からない未来に進んでいくのは不安や恐怖を感じるけど、すでに手にしているものには安心できるのです。

地元に帰りたいという気持ちは、言うなれば過去の記憶にすがりたいという気持ち。

未来が不安で仕方ないから、安心できる地元の生活に戻りたいと感じるのです。

一人暮らしに慣れている人は地元の友達との連絡で会いたくなるということも

とくに、一人暮らしに慣れている人は、地元の友達との連絡で急激に地元に帰りたくなることが多いよう。

普段は意識していなくても、地元の友達と連絡をとると懐かしく感じ、過去の良かった記憶がよみがえって恋しくなってしまうのです。

過去は過去。

私たちは今、未来に向かって生きていかなければなりませんが、今が苦しいときほど過去に戻りたくなります。

地元によい関係の友達がいるほど、その気持ちも強く、地元で今でも仲良く遊んでいる仲間たちがうらやましく感じます。

それでも、地元にいるままでは何も変わりません。

進学や就職を機に一人暮らしを始めたということは、未来に向かって新たな一歩を踏み出したということです。

過去に戻るよりも、初心を思い出して未来を切り開いていくことのほうが、自分が本当にやりたかったことなのでは?

地元はとても大切なものですが、その場を離れても地元は地元です。

消えてなくなることもないのですから、大切な場所として心に閉まっておくのもひとつです。

帰れば懐かしい地元はいつでもそこにあるので、元気を補給してくれる場所として大切に、地元での生活を糧に今の生活を切り開いていきましょう。

6.辛いことが多い

地元に帰りたいと思う理由その6は、『辛いことが多い』ことです。

一人暮らしを始めるときは、仕事や学校など、生活環境がガラッと変わります。

学業に仕事、一人暮らしなど、慣れない環境に辛い気持ちになることも多いんですよね。

とくに、新社会人として就職するのを機に一人暮らしを始める場合は、仕事をすること自体が初めてです。

要領を掴めずに、思い描いていたような社会人生活ができず、苦戦する人も多いのではないでしょうか。

そんなときにふと、「地元に帰りたい」という弱音が湧き上がってきてしまう人もいるのです。

仕事が上手くいかない

新しい土地での生活が始まるとともに働きだす場合、誰もが最初は上手くいかないことばかりです。

辛い思いに、全て投げ出して地元に帰りたい気持ちになるのは、きっとあなただけではありません。

誰だって働き始めるときは不安だし、上手くいかない仕事に自分が嫌になってしまうもの。

ましてや、生活環境も変わっているのですから、不安定になるのも当然でしょう。

また、新しい環境では、仕事以外にも辛くなってしまうことがあります。

それは、人間関係。

人間関係が上手くいかないことも、辛い気持ちに追い打ちをかけるのではないでしょうか。

人間関係がうまくいかない

仕事が上手くいかなくても、人間関係が構築できていれば、さまざまな場面で支えてもらえるし、心強いですよね。

でも、なかなか人間関係を構築できずにいると、いよいよ一人ぼっち。

困っても相談する相手もいなく、辛くても頼れる相手もいません。

家に帰っても一人だし、近所に愚痴を聞いてくれる友達もいない…。

となれば、耐えられないほどの孤独感に襲われてしまうでしょう。

それまでの生活が、いかに恵まれていたのかに思いを馳せては、辛い現実との狭間で「地元に帰りたい」という気持ちとの戦いになってしまいます。

辛いという気持ちは自分の一番弱い部分。

新生活に馴染めずにいることで、弱い部分がどんどん出てきて押しつぶされそうになるのです。

人間関係が上手くいかないと、とくに新しい生活では辛いですよね。

辛さに耐えきれずに地元に帰りたくなる気持ちも分かります。

でも、そこで地元に帰ってしまったら、やりたいと思っていた夢も、叶えることの無いまま終わってしまいますよね。

地元は安心できるし居心地がいいけれど、そこにやりたいことがないからこそ離れたはず。

今は人間関係が辛くてくじけそうな気持ちかもしれませんが、目的は人間関係ではないことを思い出せば少しは強くなれるのでは?やりたいことに集中していれば、いずれ良い人付き合いにも恵まれます。

最初に躓いても、踏ん張れば未来も開かれます。

辛いと地元に帰りたくなることも多いとは思いますが、そう思った時こそ踏ん張り時なのかもしれません。

7.気分が晴れない

地元に帰りたいと思う理由その7は、『気分が晴れない』ことです。

新しい生活環境に馴染めずにいると、「なんだか気分が晴れない…」「理由は分からないけど、気持ちが沈む…」そんな気持ちになる人もいます。

モヤモヤした気持ちが消えなくて、地元でのハツラツとした自分を取り戻したくなる。

そんな時、地元への思いは強まり、「帰りたい」という気持ちになることもあります。

ずっとモヤモヤした気持ちでいる

新生活が始まるとき、その前後で環境は一気に変わります。

まるで人生を駆け足で走り抜けるかのように、バタバタとした日々が続くのです。

大学入試や就職活動から始まり、新生活の拠点探し、引っ越し、別れ、新しい生活のはじまり…と、立ち止まる暇もなく毎日が慌ただしく過ぎていきます。

そんな中、新生活が始まって少し過ぎると、モヤモヤした気持ちでいることに気付くのです。

そのモヤモヤ、実は気づかないうちに、ストレスをためていたことが原因かもしれません。

毎日に追われるように生活する日々が続くと、自分のストレスに気付くことができません。

だけど、新生活ではさまざまなシーンでストレスを感じるものです。

学校での授業も、慣れない仕事環境も、友達付き合いも、一人暮らしも…初めてのことが一気に始まる新生活では、急激にストレスも溜まっていくもの。

それなのに、ストレスを発散する時間も、リラックスして心のメンテナンスをする時間もないどころか、自分がストレスを抱えていることに気付く暇すらありません。

新生活のモヤモヤは、こうして気づかないうちに心を蝕んでいくのです。

気づいたときには、自分ではどうしようもないほど精神状態が不安定に…鬱を発症してしまうこともあります。

そうなってしまうと、もう「地元に帰りたい」の一点。

その環境に身を置いていられない気持ちになってしまいます。

地元の空気を吸いたい

気分が晴れないままの新生活は、苦痛でしかありません。

息苦しくて、辛くて、そのままでは自分がおかしくなってしまうような気持ちにもなるでしょう。

そんなとき、思うのは「地元の空気を吸いたい」という気持ち。

新鮮でパワーみなぎる地元の空気を吸いに、地元に帰りたくなるものです。

また、地元に帰って肺一杯に空気を吸い込みたい!そんな気持ちになるということは、実際にストレスで呼吸も浅くなっているのだと思います。

忙しかったりすると呼吸が浅くなりがちで、酸素が足りずに息が詰まるような感覚になるのです。

息苦しければ、気分が晴れないのも当然。

モヤモヤした気持ちになるのも、十分に呼吸ができていないこともひとつの原因になっているでしょう。

モヤモヤする。

息苦しい。

そんなときは、ストレスを抱えているサインです。

意識的に休息を心がけ、ゆっくり深呼吸する時間を取ってみましょう。

時間が許すなら、日帰りでも地元に帰ってみるのもいいかもしれません。

何も考えずに深呼吸すれば、モヤモヤも少しは晴れるはずですよ。

地元に帰りたいと思うときの3個の対処法

地元に帰りたくなるのには、ご紹介したような理由があるからで、どんな心境に陥っているのかは人それぞれでしょう。

ただ、共通して言えるのは、今、少し弱っているということです。

寂しさや不安、慣れない生活でのストレスから、心はちょっと弱り気味。

心が弱っていると、体調面も優れません。

今を踏ん張る気持ちが湧いてこなくて、「地元に帰りたい」という気持ちだけで一杯になってしまいます。

でも、本当はもっと今を頑張りたいはずです。

だって、夢や希望を持って、自分で選んだ新生活なのですから…。

そこでここからは、『地元に帰りたいと思うときの対処法』をご紹介します。

ちょっと心が弱っているときは、ご紹介する方法でパワーをチャージして、“今”を乗り切って未来の自分を切り開きましょう!

1.定期的に帰る日を決めておく

地元に帰りたいと思うときの対処法その1は、『定期的に帰る日を決めておく』ことです。

「地元に帰りたい」という気持ちがあるなら、定期的に帰ってみるのもひとつの対処法です。

実際に帰省してみることで、良いガス抜きになるでしょう。

地元に帰りたいという気持ちがあるのに帰らずにいると、本当の意味で帰ることにもなってしまいます。

いわゆる出戻りです。

でも、それは望んでいませんよね?そうならないためには、定期的に地元に帰って「帰りたい」欲求を満たしてあげる必要があるのです。

数ヶ月に1回のペースで帰ると安心

新生活でのストレスを抱えがちな人の多くは、頑張り屋さんです。

一人でもしっかり自立していこうと、誰にも頼らず、弱音を吐かずに頑張りすぎてしまうから急激にストレスを溜めてしまうのです。

地元に帰ることも、「元気のない姿を親に見せたくない」「上手くいってない仕事の話を聞かれたくない」という気持ちから我慢してしまいがちですが、そうやって無理して頑張り続けることで、状況はさらに悪化してしまうのです。

地元が恋しいとき、帰りたい気持ちがあるときは、無理せずに自分の気持ちを満たしてあげましょう。

ストレスを溜めがちな人は、数か月に1回のペースで帰る予定を立てておくと、「次の予定まで踏ん張ろう」という気持ちにもなれるのではないでしょうか。

定期的に帰省することは、悪いことでも恥ずかしいことでもありません。

地元に帰って元気を補給したら、また今の生活に戻って頑張ればいいんです。

帰りたいと思う時は帰る!意地を張らずに自分に素直になることで、辛い気持ちからも解放されるはずです。

2.友人と遊ぶ

地元に帰りたいと思うときの対処法その2は、『友人と遊ぶ』ことです。

地元に帰りたい理由のひとつには、地元の友達の存在があると思います。

ですから、地元の友達と遊ぶことで、気持ちが落ち着くこともあるでしょう。

地元が遠くても、同じように近くで一人暮らしをしている友達がいるなら、そんな友達と遊んでみてはいかがですか?懐かしい思い出話に花を咲かせる時間は、地元に帰ったも同然の感覚を味わうことができるはず。

懐かしい顔を見るだけでも、「地元に帰りたい!」という気持ちが少しは解消されるでしょう。

3.不安なことは相談する

地元に帰りたいと思うときの対処法その3は、『不安なことは相談する』ことです。

新生活では不安なことだらけですが、それを一人で抱え込んでいたら、気持ちが不安定になるのも当然です。

本当は、「地元に帰りたい」のではなく、ストレスを抱えて苦しいだけ。

地元が恋しく、寂しくなってしまっているだけで、今の生活を頑張りたいはずです。

そんな時は、不安なことを相談してみるといいでしょう。

地元の友達にでも、親にでも、話を聞いてくれる人はたくさんいますよね。

「心配をかけたくない」「弱みを見せたくない」という気持ちもあるかもしれませんが、友達や親は、何も言われなくても心配しているものです。

時には弱みを見せて欲しいとも思っていますよ。

どんな些細なことでも、不安を抱えたまま押しつぶされてしまうよりは、不安なことを相談して、ストレスを溜めないようにしていったほうがいいと思いませんか?地元の親や友達は、いつだって気持ちを受け止めて、パワーをくれるはずです。

地元に帰りたいときは無理をしないように!

いかがでしたか?今回は『地元に帰りたいと思う7個の理由と対処法』をご紹介してきました。

地元に帰りたい気持ちがあるときは、気持ちも弱りがち、多くはストレスを溜めている状態です。

そのまま無理をすれば、本当に地元に帰ることになるかもしれません。

でも、それは望んではいないですよね?

地元に帰りたいという気持ちは、ストレスのサインです。

無理せず上手にガス抜きをして、一人暮らしを有意義な経験に変えていきましょう!

ページトップ