みなさんには嬉しいときや悲しいときに、気持ちを“分かち合える人”がいるでしょうか?

喜びや悲しみを誰とも分かち合えないというのは非常に辛く苦しいことです。

特に大きな感情は1人で抱え込むのは大変でしょう。

そんなとき、気持ちを分かち合える人がいれば心の負担も減るはずです。

今回はそんな“分かち合える人がいることの5個のメリット”についてご紹介したと思います。

さらに、“分かち合う瞬間”や“分かち合うことの条件”についても説明していくので、気になる人はぜひ最後まで目を通してみて下さいね!

分かち合える人がいるとこちらも嬉しい!

自分の考えや思いに共感し、気持ちを分かち合える人がいると知ったとき、「こんな風に感じているのは自分だけじゃないんだ…」と安心したり、「やっぱりみんなもそう感じるよね!」と嬉しくなるものだと思います。

だから人は、自分と同じ考えや気持ちを抱いている人に対して良い印象を抱く傾向にあるのでしょう。

気持ちを“分かち合える存在”がいると、人生もより明るくなります。

ですが世の中には、「この気持ちは誰にも理解して貰えない…」と強い孤独を感じている人もいるかもしれませんね…。

信頼できる相手(友達や家族など)に自分の気持ちを理解して貰えなかったor否定されたとか、周りに自分と同じ境遇の人がおらず「こんな状況にいるのも、こんな感情を抱いているのも、自分だけに違いない…」と思い込んでしまえば、「分かち合える人なんていない」と絶望するのも無理はないでしょう。

ですが、例え身近で気持ちを分かち合える存在を見つけられなくても、世界のどこかには自分と同じ気持ちを抱き、自分と同じ様に「誰かと気持ちを分かち合いたい」と考える人がいるはずです!

身近にいないのであれば、ネットを使って探してみましょう。

例えば、ブログやSNSで自分の気持ちを投稿すれば、共感してくれた人から反応が貰えるかもしれません。

気持ちを分かち合える人がいるということが分かれば、孤独感が薄れて希望も再度抱ける様になるはずです。

少し暗い話になってしまいましたが、分かち合える人がいるということは様々なメリットをもたらすと言えます。

詳しいことは後で説明するのでそちらもチェックしてみて下さいね。

分かちあうというのはどんな時?

「分かち合う(わかちあう)」とは文字通り、互いに分ける・分け合うことを指します。

類語には「共有」があり、使い方としては「仲間と喜びを“分かち合う”」とか「苦しみを“分かち合う”」といった感じで用いられるでしょう。

例えば、1人でご飯を食べていて「美味しい!」と感じたとき、1人でドラマを見ていて「良い話だったな!」と感じたとき…

思わず誰かに「このご飯美味しいよ!」とか「このドラマ、すごく良かったよ!」と伝えたくなるものですよね?

それが「誰かと気持ちを分かち合いたい!」という気持ちの表れです。

それでは、実際に誰かと気持ちを分かち合うのはどんな時なのか…?

“分かち合う瞬間の例”をご紹介していきます!

みなさんも以下のタイミングで誰かと気持ちを分かち合えているか、確認しながら見てみて下さいね。

嬉しい時

分かち合う瞬間その1は、「嬉しい時」です。

・仲の良い友達と同じ学校への進学が決まったときに喜びを分かち合う
・大人からお小遣いを貰って兄弟で嬉しい気持ちを分かち合う
・宝くじが当たって家族で嬉しい気持ちを分かち合う
・子供が生まれて夫婦で喜びを分かち合う
・ゲームの協力プレイをしていてボスを倒したときの喜びを仲間と分かち合う
・応援していたスポーツチームが大会で優勝したとき、ファンのみんなで喜びを分かち合う
・周りから「お似合いのカップル」と褒められたときに恋人と喜びを分かち合う

悲しい時

分かち合う瞬間その2は、「悲しい時」です。

・引っ越しで親友と離れ離れになって悲しみを分かち合う
・みんなで進めてきた企画が失敗に終わり悲しみを分かち合う
・恋に敗れて失恋仲間と悲しみを分かち合う
・泣ける映画を見て一緒に観ていた人と悲しい気持ちを分かち合う

楽しい時

分かち合う瞬間その3は、「楽しい時」です。

・テーマパークに行き友達と楽しい気持ちを分かち合う
・お酒を飲んでみんなで楽しい気持ちを分かち合う
・お笑い番組を観て家族で楽しい気持ちを分かち合う
・デートをして恋人と楽しい気持ちを分かち合う
・パーティーで参加者達と楽しい気持ちを分かち合う
・セッションをして音楽仲間と演奏の楽しさを分かち合う
・趣味仲間と趣味の楽しさを分かち合う

感動している時

分かち合う瞬間その4は、「感動している時」です。

・子供の成長を目の当たりにして夫婦で感動を分かち合う
・絶景を見て一緒にいた人達と感動を分かち合う
・素晴らしい芝居を見て他の観客と感動を分かち合う
・数十年ぶりに仲の良い友達と再会したときに感動を分かち合う
・みんなの努力が報われたときに感動を分かち合う
・お世話になった人の送別会で感動を分かち合う
・初めて食べる料理の美味しさに一緒に食事をしていた人と感動を分かち合う

緊張している時

分かち合う瞬間その5は、「緊張している時」です。

・受験や面接で他の受験者や面接希望者と緊張を分かち合う
・大事なプレゼンで同僚と緊張を分かち合う
・絶叫マシーンに乗る直前に一緒に乗る人と緊張を分かち合う
・結果発表を聞くときに周りの人達と緊張を分かち合う

辛い時

分かち合う瞬間その6は、「辛い時」です。

・同時期に失恋した人と辛い気持ちを分かち合う
・上司にいびられ、同じく被害に遭った同僚と辛い気持ちを分かち合う
・夢に破れて一緒に夢を追っていた仲間と辛い気持ちを分かち合う
・信頼していた人に裏切られ、自分と同じ境遇の人と辛い気持ちを分かち合う

幸せな時

分かち合う瞬間その7は、「幸せな時」です。

・結婚式の主役と幸せを分かち合う
・お互いの笑顔を見て幸せな気持ちを分かち合う
・家族で美味しい料理を食べてるときに幸せを分かち合う
・友達と贅沢をしているときに幸せを分かち合う
・互いに愛されてると感じて恋人と幸せを分かち合う
・子供の可愛い寝顔を見て夫婦で幸せを分かち合う
・お互いに欲しかった物をプレゼントされて幸せを分かち合う

この様に例を挙げたらキリがありませんが、嬉しい時・悲しい時・楽しい時・感動してる時・緊張してる時・辛い時・幸せな時など、感情を大きく動かされたとき程、「誰かと気持ちを分かち合いたい!」と感じるものなのかもしれませんね。

分かち合える人がいることの5個のメリット!分かち合える人がいて損はない?

分かち合える人が身近にいるとあまり意識することがないかもしれませんが、そういう存在がいることで実は様々なメリットが得られると言えます。

みなさんは“分かち合える人がいることのメリット”って何だと思いますか…?

誰かと気持ちを分かち合う機会が多いのはとても素晴らしいことです。

ですが、それが当たり前になってくるとメリットに気付けなかったり、相手へのありがたみも無意識の内に薄れてきてしまうものです。

分かち合える人を大切にし良好な関係を築く為にも、ここでメリットを知っておくべきでしょう。

先程「メリットが多い」と言いましたが、それどころか「分かち合える人がいて損はない」とすら言えるかもしれません。

という訳で、ここからは“分かち合える人がいることの5個のメリット”をご紹介します!

「分かち合える人なんて不要だ」と思っている人もこれを見れば考えが変わるかもしれませんよ?

それでは見てきましょう!

1.共有することができる


分かち合える人がいることのメリット1つ目は、共有です。

上でも説明しましたが、分かち合うということは“気持ちを共有する”ことでもあります。

「共有」とは、1つのものを二人以上が共同で持つこと。

つまり、自分と相手が同じ気持ちを抱かなければ分かち合うこともできない訳です。

ただし、他人と“全く同じ”思いを抱くということは不可能に近いです。

「楽しい」「悲しい」という様に感情を大まかに分ければ、「感情を共有することは可能だ」と言えるのかもしれません。

ですが、「どう楽しいのか?」「どう悲しいのか?」と細かく分ければ感情にも違いが出てくるはずです。

例えば、AさんとBさんはある歌を聞いて、2人とも「楽しい」という感想を抱いたとします。

この段階では、共有してる(=分かち合えてる)と捉えることもできますよね?

ですがよくよく聞いてみると、Aさんは「この歌の歌詞が楽しい」と答え、Bさんは「この歌のメロディーが楽しい」と答えました。

この場合、“全く同じ”という定義からは外れるので、厳密には「共有できていない」ということになります。

とはいえ、先程も言った通り対象に他人と全く同じ感情を抱くのは難しいので、ここでの「共有」は「大まかな気持ちの共有」とか「お互いの気持ちを分かり合うこと」という意味として話を進めますね。

分かち合うことは相手と共有することができる

人間は感受性も性格も価値観も人によって様々なので、同一の状況・対象に抱く感情が他人と自分とでは異なることの方が多いと言えるでしょう。

例えば、周りの人に誕生日を祝われて「嬉しい!」と感じる人もいれば、「嬉しくない…」と感じる人もいますよね?

普段から「誰かと気持ちを分かち合えている」と実感できてる人にとっては驚きかもしれません。

分かち合う機会というのはある意味、運が良くなければそう簡単に訪れないものなのです。

つまり、分かち合う=相手と気持ちを共有することができるのは、それだけ貴重な機会でもあるということを覚えておかなければいけませんね。

感情を分かち合うことで効果がある?

そもそも、他人と感情を分かち合うことでどんな効果があるのでしょうか?

まず、感情を他人と共有することができると人間関係が円滑になります。

逆に気持ちを分かち合えなければどうでしょう?

例えば、知り合いとウインドウショッピングをしていて素敵な服を見つけたとします。

こちらが「この服素敵だね!」と感想を伝えたとき、その知り合いに「自分は素敵だとは思わない」とバッサリ否定されたら、思わず不満を抱く人は少なくないはず…。

お互いの気持ちを理解しようとしなければ、関係が悪化するのも時間の問題です。

そこでお互いの気持ちを理解し分かち合うことができれば、信頼関係も生まれますし良好な関係が築けるでしょう。

分かってくれる相手がいる

自分の気持ちを分かってくれる相手がいるということは、大きな心の支えになります。

感情を分かち合うことで、「自分のことを分かってくれる人がいる」「自分と似た考えの人がいる」という実感が湧いて、安心したり自信がついたりしますよね?

ただし、分かち合える存在というのはいつもそばにいる訳ではありません。

だからこそ、自分の事を理解し受け入れてくれる相手が身近にいるなら、その人を大切にすべきでしょう。

2.嬉しさや幸せは倍増


分かち合える人がいることのメリット2つ目は、プラスの気持ちが倍増すること。

上の「気持ちを分かち合う瞬間」の話でも「嬉しいとき」や「幸せなとき」の例を挙げましたが、そういったプラスの感情を他人と分け合うと気持ちは倍増します。

例えば、同性の友達と一緒にいる時に周りの人から「すごくイケメンor美人だね!」などと自分だけ褒められる状況では、何となく喜びにくいですよね?
(これでは嬉しさも半減してしまいます)

ですが、そも友達も一緒に褒められる状況であれば素直に喜べると思いますし、喜びを友達と分かち合うことで嬉しさも倍増するでしょう。

嬉しいことは相手も嬉しい

価値観や感受性は人によって違うとは言っても、「嬉しい!」と感じる瞬間はやはり似てくるもの。

もちろん全てに当てはまる訳ではないですが、自分が嬉しいことは相手も嬉しいと感じることの方が多いのではないでしょうか?

嬉しい気持ちというのは直接的な言葉にしなくても、表情やテンションの高さなどに表れるものなので、「相手も自分と同じ(嬉しい)気持ちなんだな」というのも分かりやすいかもしれませんね。

どんどん幸せになることができる

1人で幸せを感じるよりも2人で幸せになった方が、幸せな気持ちがどんどん膨らみます。

例えば、恋人とハグをしていて1人で幸せを感じる(相手の反応が素っ気なさすぎる)状況では、少しだけ物足りなさを感じるのでは…?

相手の反応がイマイチだと、「自分だけが相手の事を好きなのかな…?」とか「相手は自分とハグをしても何とも思わないのかな?」といった不安になったり不満を抱くのも当然だと思います。

逆に、恋人とハグをしてお互いに幸せな感情に浸ることができれば、幸せな気持ちが倍増するだけでなく2人の愛もより深まるでしょう。

分かち合うことが何よりも大事

「嬉しい」とか「幸せ」といったプラスな気持ちこそ、他人と分かち合うことが何よりも重要だと言えます。

ポジティブでハッピーな気持ちの人が増えれば、全体の雰囲気も自然と良いものに変わっていくはずです。

何か「嬉しい」「幸せ」という気持ちを抱くことがあれば些細なことでも構わないので、気持ちを分かち合ってくれる相手が周りにいないか探してみましょう!

3.悲しさや辛さは半減

分かち合える人がいることのメリット3つ目は、マイナスな気持ちが半減すること。

先程「プラスの感情は誰かと分かち合うことで「嬉しさ」や「幸せ」が“倍増”する」と話をしましたが、「辛い」とか「悲しい」といったマイナスな感情の場合は、誰かと分かち合うことで“半減”するという効果があるのです。

つまり、プラスな感情もマイナスな感情も誰かと分かち合った方がお得な訳ですね。

辛いことを話して半減しよう!

辛いことがあったときは1人で抱え込むよりも、誰かに話した方が気分もスッキリするものです。

黙って話を聞いて貰うだけでも心は軽くなると思いますが、もし自分が抱える辛い気持ちを話を聞いた相手が共有してくれたら、さらに負担は減るでしょう。

「辛いのは自分だけじゃないのだから頑張ろう」と思えるはずです。

悲しさなどは一人より分かち合う人がいると吉

悲しさも辛さと同じで、1人で我慢するより周りと分かち合った方が心の負担は少ないと言えるでしょう。

ただし、マイナスな感情ばかり分かち合うのはあまり良くないかもしれません。

誰かと分かち合うならマイナスな感情よりもプラスの感情の方が好ましいです。

マイナスな感情ばかり分かち合ってみんなでネガティブになってしまえば、場の雰囲気もどんどん暗くなっていきますからね。

「嬉しい」「幸せ」といったポジティブな感情は積極的に分かち合い、「辛い」「悲しい」といったネガティブな感情は1人で抱えきれなかったときだけ分かち合うのが、理想と言えるでしょう。

4.達成感を感じられる

分かち合える人がいることのメリット4つ目は、達成感が得られやすいということ。

これは、分かち合える人がいることのメリット2つ目の「嬉しさや幸せは倍増する」というのと似ているかもしれませんね。

共同作業では特に統一感が生まれる

共同作業中は特に、メンバー同士で気持ちを共有する機会は多いでしょう。

同じ作業を通して同じ苦労を味わい努力を重ねてきた…そうなれば統一感が生まれるのは当然ですね。

そんな同じ気持ちを共有し一丸となった仲間との作業だからこそ、目標を達成したときに得られる達成感も大きいのでしょう。

仕事でも分かち合うことは必要

プライベートだけでなく、仕事でも誰かと分かり合うことは必要です。

例えば、仕事で成功した時に職場の人達と喜びを分ち合えれば、モチベーションも上がり作業効率もますます向上するでしょう。

他人と気持ちを分かち合うというのは人生をより良く充実したものに変えてくれる、というのが最大のメリットと言えるかもしれませんね。

5.親しみやすくなる

分かち合える人がいることのメリット5つ目は、親しみやすくなるということです。

メリット1つ目のところでも、「感情を他人と共有すると人間関係が円滑になる」と説明した通り、人間は自分と同じ感情を抱く人(あるいは価値観が似ている人)に対して好意を抱きやすい傾向にあります。

それが親しみやすさに繋がっているのでしょう。

交流が増える

周りから「親しみやすいな」「この人と仲良くなりたいな」と思って貰えれば、自然と他人との交流は増えるもの。

上手くいけばそこから仲間が増え人脈はより広がるでしょう。

つまり、他人と気持ちを分かち合えれば友達が多くなるという訳です。

分かち合うことの条件とは?

普段当たり前の様に分かち合えていると気付きにくいかもしれませんが、他人と上手く気持ちを分かち合うには条件が揃っていないとダメなのです。

では、“分かち合うことの条件”とは一体何でしょうか…?
次から説明していきます!

分かち合う人がいないといけない

分かち合うには気持ちを共有できる相手がいなければいけません。

楽しいとき・悲しいときといった瞬間に、自分の傍にいて態度(言葉・表情・動作)から感情が確認できる人が分かち合える相手になることが多いでしょう。

その相手は家族・友達・恋人・職場や学校の人など身近な人だけでなく、その場にいる知らない人や目の前にいない人(電話やネットを通して会話をしている相手やテレビに出ている人など)がなり得る場合もあります。

分かち合う人を見つけるには、自分がどんな時に気持ちを共有したいかを明確にすることが大切です。

これは、何を分かち合うかによって分かち合える相手が変わってくるからです。

例えば、部活動の試合で勝利したときはチームメイト、仕事で成功したときは職場の人達と喜びを分かち合うことができますよね?

他にも、同じ病気で闘病している人同士で苦しみを分かち合ったり、芸能人の引退でファンの人達と悲しみを分かち合うこともあるはず。

分かち合いたいことが決まったら、まず身近な人を思い浮かべてみましょう。

家族・友達・恋人・学校や職場の人・近所の人など、自分の気持ちに共感し分かち合ってくれる人がいないか探すのです。

もし身近でそういう人を見つけられなかったときはもう少し視野を広げてみて、上でも話した様にネットなどを使って探してみても良いでしょう。

例えば、「仕事の悩みを誰かと共有できたら気持ちも楽になるかも…」ということなら、ネットで同じ職業の人のブログを読んだり仕事の悩みに関するサイトを探せば自分と同じ悩みを持つ人を見つけられるかもしれません。

「ダイエットの辛さを誰かと分かち合えたら頑張れるかも!」といった場合も同様に、ダイエット経験を綴ったブログやダイエットのエッセイ本を読むことでその筆者と同じ気持ちを分かち合えるはずです。

一人ではできない

先程も説明した通り、1人では分かち合うことはできません。

まずは気持ちを分かち合える相手を見つけましょう!

「そういう友達や恋人や家族が傍にいない…」という人もいるかもしれませんが、そもそも身近な人なら必ず気持ちを分かち合えるとも限りませんよね?

決まった人でなくても、その時その場にいて自分と同じ気持ちを抱いている人でOKです。

誰かと分かち合いたいからといって、「あなたも自分と同じ気持ちでしょ!?」と無理に詰め寄ったり相手を洗脳するのはもちろんNG。

分かち合いというのは、相手の気持ちに(あくまで自然に)共感したり、心の底から同じ気持ちを抱いたときに起こるものです。

なので、自分と価値観の似ている人と一緒に行動したり話をしたりすれば、自然と分かち合える機会も増えるかもしれませんね。

あるいは、自分の共感力を高めるのもオススメ!

相手の気持ちに共感する(あるいは理解し受け入れる)ことを習慣化すれば、それは他人と同じ気持ちを抱くことにも繋がるので分かち合えることも多くなるのです。

ちなみに共感力を鍛えるには、相手の立場になってその人の気持ちを考えたり、他人の体験を自分に置き換えて想像してみたり、感情移入の仕方を学ぶ為に読書(特に文学的小説がオススメ)をするのが効果的と言えるでしょう。

常に分かち合うのはNG?

「常に誰かと分かち合っていたい!」と考える人もいるかもしれませんが、自分の気持ちを“全て”他人と共有するのは流石に難しいです。

「気持ちを分かち合いたい」という欲求の根底には様々な思いがあると考えられます。

例えば、「分かち合う(=共感・共有)することで仲間意識を持ちたい」とか「自分と同じ気持ちを持つ人がいることを確認して、1人じゃないのだと安心したい」とか「自分の気持ちを周りに受け入れて欲しい」など…。

ですが、他人の気持ちを“全て”理解・共感することができないのと同様に、周りもこちらの気持ちを“全て”理解・共感することはできません。

上でも説明しましたが、分かち合うには同じ気持ちを抱く必要があります。

また、常に誰かと気持ちを分かち合うには、お互いに「分かち合いたい」と意識していなければ難しいでしょう。

そもそも、簡単・難しい、できる・できない、という問題以前に、常に分かち合おうとするのはNGです。

例えば、空気を読んで無理やり周りと合わせたり、本心とは裏腹にSNSの「いいね」ボタンを押す人も少なくありません。

それに、誰かと分かち合わずに“自分だけが持っておきたい気持ち”というのもあるでしょう。

無理に気持ちを分かち合おうとするのではなく、自然と気持ちを分かち合えた瞬間1つ1つを大切にしていけば、十分に満足できるはずですよ。

場合によっては不快にさせてしまうこともある

常に分かち合うのがNGなのは、場合によっては相手を不快にさせてしまうことがあるからです。

嬉しい・幸せ・楽しいといったポジティブな感情なら良いのですが、悲しい・辛い・苦しいといったネガティブな感情ばかり分かち合うのは、相手もウンザリしてしまうでしょう…。

こちらは心の負担が減るので、つい「誰かと分かち合って気持ちを軽くしたい」と考えてしまうのも仕方がないのです。

ですが、相手からは「この人と一緒にいるとこちらまでネガティブになるから嫌なんだよな…」などと思われてしまう可能性もあります。

また「分かち合う」からは少しずれますが、他人の気持ちに共感しすぎるのも場合によっては相手を不快にさせてしまう恐れがあるので気を付けなければなりません。

人間には「分かって欲しい」という承認欲求がある一方で、「他人の癖に自分の気持ちを理解した気にならないで欲しい」とか「自分のことをそんなに簡単に分かって欲しくない」という矛盾した気持ちを抱くこともあるのです。

例えば、誰よりも必死に努力して苦しいことを乗り越えた人に対して、同じ努力をした訳でも苦しい思いをした訳でもないのに「自分もその気持ち、分かるよ」などと言うのは、(例え本当に共感できたとしても)その相手に失礼とも取れるのではないでしょうか?

その相手だって、他人にそんな簡単に共感されても腑に落ちないでしょう。

相手の気持ちを察した上で、ただ黙って話を聞いたりアドバイスや意見交換ができる(=相手が求める適切な対応が取れる)関係なら、良好なお付き合いを継続できる可能性は高いです。

しかし、ただ共感するだけではお互いに成長は見込めませんし、常に同じ気持ちを抱いていたら自分がもう一人いるみたいで付き合うのも億劫になってしまう場合もあります。

だからこそ相手に共感するだけでなく、“適度に”気持ちを分かち合える関係を築くのが理想なのです。

先ずは分かち合う人を見つけよう!

今回は“分かち合える人がいることの5個のメリット”に加え、“分かち合う瞬間”や“分かち合うことの条件”について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

上でも説明しましたが、気持ちを分かち合うには相手を見つける必要があります。

家族・友達・恋人といった身近な人はもちろん、気持ちを共有できるなら普段は関わりのない見ず知らずの人でも構いません。

「赤の他人と気持ちを分かち合う機会なんて、そうそうないんじゃない…?」と思われるかもしれませんが、そういう機会は意外と多くあると言えます。

例えば、SNSに投稿された動物の可愛い動画を見て、それに寄せられた「可愛い!」「癒される」といった他の人達のコメントに共感するのも立派な気持ちの分かち合いです。

好きなアーティストのライブで他のファンと一緒に興奮や楽しさを感じるのも、知らない人と気持ちを分かち合う瞬間の1つでしょう。

分かち合える人を見つけたらその存在を大切して下さい。

そうすれば相手も「もっとこの人と気持ちを共有したい」と感じて、分かち合える機会も自然と増えるはずです。