あなたは片付けや整理整頓が得意でしょうか?

誰もが散乱した汚い状態よりも、綺麗で整理整頓された状態の方が気持ち良く過ごせる事でしょう。

片付け下手な人でも、これを真似すれば片付け上手になれる片付け上手な人の特徴と絶対真似したい片付けのコツをご紹介していきます。

これを読めば、あなたも明日から片付け上手になれますよ。

片付け上手な人に憧れる

職場などでも、常に個人スペースが綺麗に整えられている人が居ませんか?

そんな人の故人スペースを見ていると、とっても使いやすそうで見ているだけで気持ち良いですよね。

どうしても片付けが出来ないという人からすれば、片付けをできる人は憧れの存在とも言えます。

片付け上手は仕事でも評価されやすい

私生活でも片付けができている人は、仕事などでも高い評価を受けやすいと言われています。

昔から何事も整理整頓から始まると言われてきたように、しっかりと片付けをできている人は自己管理が出来ているイメージが強いためです。

特に、オフィスでは個人スペースを見れば仕事のできる人かそうでないかが良く分かると言います。

片付け上手な人のメリット

片付け上手な人には、身の回りが片付いている事以外にもこんな良いイメージやメリットがあります。

片付いた部屋は幸運を呼ぶ

風水などでも、汚れた部屋には悪い気が溜まり綺麗に片付いた部屋には良い運気が訪れると言われています。

片付け上手な人は風水的に見ると幸運を招きやすい人であると言えますね。

鬼門を綺麗にして厄災を退ける

風水で見ると家の中には必ず鬼門と呼ばれる、悪い運気の溜まる場所があります。

そこが散らかっていると、厄災を呼び運気が下がる他、家族が不健康になってしまうような事もありますね。

片付けを上手にする事で厄災を退ける事もできるのです。

しっかりしていて真面目なイメージ

片付け上手で常に身の回りが整っている人は、しっかりと自己管理が出来ていて真面目な人のイメージを持って貰えますよね。

更に、見た目が派手だったりすると「見た目よりずっと真面目なんだな」とギャップ効果で更にプラスの印象を与える事もあります。

家庭的なイメージ

部屋が片付いていたり、細やかにものを片付ける事のできる人は家庭的なイメージもありますよね。

特に女性で片付けが上手な人は、良いお嫁さんになってくれそうな印象があります。

育ちが良さそう

片付けが上手な人は、幼い頃からキチンと躾をされていて自然と身の回りを綺麗な状態で維持できる様に身についている人が少なくありません。

そのため、いつも周りの綺麗さに気を付けている片付け上手な人は育ちが良さそうな印象を受けます。

片付け上手な人の8個の特徴!こんな人は片付け上手?

片付け上手な人は共通した特徴を持っている事が多いのです。

その特徴を真似すれば、あなたも片付け上手になれるかもしれませんよ。

1.几帳面

片付け上手な人は多くの場合、几帳面である事が少なくありません。

事細かく物事を考えるのが好きで清潔感を大事にする人も多いと言えます。

几帳面な人ほど、物を乱雑にする事が少ないので自然と身の回りが片付いていくのかもしれません。

物の配置を決めている

片付け上手な人は、物の定位置をしっかりと決めていて定位置以外の場所には物を置かないという人が多いのです。

それも几帳面な性格だからこそ成せる事なのかもしれませんね。

最初に置いてあった場所へと使い終わった物を直すという動作を徹底するだけでも身の回りは随分と片付きます。

どんな事に対しても几帳面に行動する

些細なズレや乱雑な状態を見逃さず、どんな事に対しても几帳面に行動していると自然と片付けながら行動していく事になり、身の回りは整理整頓されている状態になっていきます。

逆に「これ位良いか」と些細なズレを見て見ぬふりしてしまうと気付かない内に周りが乱雑な状態になって、気付いた時には散らかってしまっているのです。

2.計画的


物事を計画的に進める事ができる人は片付けが得意な人が多いですね。

片付けが苦手な人程、意気込んで片付けを始める時に無計画に掃除を開始してしまいがちです。

どこから片付けるのか?何から片付けるのか?をしっかりと計画できる人は、無駄がなく短時間でしkっかりと片付けをする事ができるのです。

考えて動く

何をする時でも、何も考えずに行動するよりもしっかりと計画を立てて行動を起こす方が効率よく物事を進める事ができるのは当然と言えます。

日頃から、何をする時でも効率を良く考えて行動する癖のついている人は自然と片付けの際にも計画を立てて考えながら効率良く片付けができるのです。

無計画で動かない

何をする時でも無計画で行動してしまうと、後で振り返った時に「もっとこうしていれば良かったな」と思う事でしょう。

特に片付けにおいては無計画で始めてしまうと、自分では片付けているつもりが返って散らかしてしまい収拾がつかない状態になってしまう事もあります。

3.綺麗好き

当たり前ですが、片付け上手な人は綺麗好きな事が多いと言えます。

普段から綺麗な状態を好むからこそ、率先して片付けをします。

好きか嫌いかで言えば、ほとんどの人が綺麗な状態の方を好むでしょうがここで言う綺麗好きは「綺麗な状態にするのが好き」な人の事です。

綺麗好きでも「散らかっている状態の場所に行くのは嫌」という人も居ます。

散らかっているのを見るのが嫌だ

綺麗好きで片付け上手な人は、散らかっている状態を見るのが嫌だと感じる人も少なくありません。

そのため、他人のスペースでも散らかっているのを見て居られずに片付けはじめてしまう事もあります。

綺麗な状態を作るのが好き

綺麗好きで片付け上手な人の中には、綺麗な状態を作る事が好きで綺麗な状態を作りたいから片付けるという人がいます。

散らかっていたり汚い状態を見ると、片付けたくてうずうずしてくるタイプの人は綺麗な状態を自分で作りだすのが好きな人なのです。

4.誠実

物事に対して誠実な人は片付け上手な人が少なくありません。

人にも物にも誠実な人は、物を丁寧に扱います。

丁寧に物を扱う人は、自然と乱雑な状態や散らかった状態にはなりにくいのです。

自分自身に誠実

誠実な人というのは、自分自身に対しても誠実です。

物を散らかしたり、物を出しっぱなしにするという事は自分がサボる事、やらなければいけない事をしないという事です。

そういった不誠実な行動が散らかった状態を作ってしまうと言えますね。

誠実な人は自分自身に誠実にする事で、やるべき事を後悔なくしっかりと行う事ができるのです。

他人にも誠実

誠実で片付け上手な人は、他人に対しても誠実な人が多いです。

特に、片付けにおいては身の回りが綺麗であると同じ場所を共有する人も気持ちが良いですよね。

片付け上手な人は他人にも気持ち良く過ごして欲しいという気持ちから、他人との共有スペースも綺麗に片付けをできる誠実な人が少なくありません。

5.サッパリしている

あまり物事を細かく後ろ向きに考える事なく、さっぱりと簡潔な思考を持った人は片付け上手な人が少なくありません。

片付けが嫌いだったり、苦手な人は物を片付ける際に「面倒だな」などと考えてしまいがちです。

考え方のサッパリしている人は、そういった事を考える事なく本能的に物をあった場所に片付ける事ができるので必然的に身の回りが片付いた状況をキープできるのです。

行動した方が楽と思える

片付け上手でさっぱりしている人は、片付けなければいけない物事を目の前にしても「面倒だな」「嫌だな」と思う前に、「これを片付けちゃえばすぐに終わる」とポジティブに物事を考える事ができます。

その結果、片付けを後回しにしないのでその都度しっかりと片付けができて綺麗な状態をキープできます。

6.断捨離を定期的に行っている

物が多いと、散らかりやすくなります。

片付け上手な人は、そもそも片付けるべき物が少ないミニマリストな人が多いものです。

自分の持ち物を必要最低限にしておくために、定期的に断捨離を行っている人っも少なくないでしょう。

断捨離をして持ち物が減れば、スッキリとした気持ちになり、同時に片付けやすくなるため片付けの習慣が身に付きやすいとも言えます。

使うものかどうかの判断をすることができる

定期的に断捨離を行う事で、その物が自分にとって必要なものなのか?そうでないものなのかを的確に判断する事ができます。

一番良く無いのが不必要な物でも「勿体ない」とため込んでしまう状態です。

物を溜めん混んでしまうと、みるみる内に身の回りは散らかりやすい状態になってしまう事でしょう。

物に執着を持たない

片付け上手な人は、物にあまり執着を持ちません。

必要か、不必要かという現実だけで物の価値を判断できるのです。

逆に片付けられない人は「いつか使うかもしれない」「高額で買ったものだから捨てるのがもったいない」と物に執着してしまう傾向がありますね。

7.整理整頓が好き


片付け上手な人の中には「片付ける」という行為が好きな人も少なくありません。

散らかった状態から生理整頓された状態にするのが楽しく、特に引き出しの中や細かい物などを規則的に整えて片付けるのが好きだと言う人がいます。

身の回りは常に整理をする

生理整頓が好きな人は、物が規則的に整った状態を好む人が多く綺麗に片付いた状態を好みます。

そのため、身の回りの物を常に整理している為散らかりにくいのです。

自分に関係のない場所でも片付けられる

整理整頓が好きだという人は、共有スペースや他人の部屋なども片付けるのが好きで、片付ける行為が趣味になっているという人もいます。

他人からは感謝されて喜ばれる上に、自分の片付けたいという欲求も満たされるので一石二鳥であるといえますよね。

8.生活リズムが整っている

朝しっかりと起きて夜は十分に睡眠を取り、三食キッチリ食事を取るような生活リズムの整っている人は片付け上手な事が多いですね。

生活にメリハリをつけているからこそ、片付ける時間をキチンと確保しているのでいつでも片付いた状態をキープできているのかもしれません。

片付けが生活の一部になっている

生活リズムが整っていて片付け上手な人は、食後に片付ける、寝る前に片付けをするなど片付けが生活の一部になっています。

片付ける習慣をしっかりと身に付けられているので片付ける事が苦にならず、当たり前に綺麗な状態をキープできるのでしょう。

片付け上手になるコツとはどういうのがある?これであなたも片付け上手!

片付け上手な人の特徴を見ていると、元々綺麗好きだったり几帳面じゃないと片付け上手にはなれないんじゃないか?と思いがちですがそんな事はありません。

ちょっとしたコツやポイントを押さえるだけであなたの身の回りもドンドン綺麗に片付いていくものなのです。

そんな片付け上手になるコツをご紹介していきます。

定期的な断捨離をする

片付けられない人も一番大きな問題は「不必要な物をため込んでしまう」という所にあります。

片付けなければいけない物が増えれば増える程、片付けが大変になり管理が難しくなるのは当然の事と言えるでしょう。

まずは定期的な断捨離を習慣づける所からはじめてみましょう。

要るもの、要らない物の判断をつけることでスッキリ!

断捨離を定期的に行う事の大きなメリットの1つに、要るものと要らない物の判断をキッチリと付けられるようになる事があります。

物をため込んでしまう人の多くが本当は不必要な物にも「もしかしたらいつか使うかも」という持っておかなければいけない理由を無理矢理作ってしまうのです。

断捨離を定期的に行う事で、捨てられない理由を作る癖を直して要るものと要らない物の判断をしっかりとつける事ができるようになります。

片付けなければいけない物が減る

断捨離をして持ち物を少なくする事は整理整頓の徹底に直結します。

片付けられない人の中には物の管理が苦手な人が少なくありません。

管理しなければいけない物の数を減らす事で、持ち物をしっかり管理し整理整頓された状態をキープしやすくなります。

片付けが楽しくなる工夫をする

片付けができない人の多くは「めんどくさい」「片付けが嫌い」などネガティブなイメージを持っている事でしょう。

片付けが楽しくなる工夫をする事も、片付け上手になるコツであると言えます。

片付け上手な人のブログを見る

個人ブログ等を見ていると、片付け上手な人の収納術などが紹介されていますよね。

関心するようなアイデアが豊富に使われていて整理整頓された状態は見ていて気持ちが良いし真似したくなるものです。

片付け上手になりたいなら、まずは片付け上手な人の真似をしながら楽しんで片付けに取り掛かってみましょう。

テンションの上がる収納グッズを使う

最近では収納グッズも様々な物が販売されています。

小物入れ1つでも、自分のテンションのあがるオシャレな物や可愛い物、面白い物などを意識的に使うようにしましょう。

それを使う事でテンションが上がれば片付けへのネガティブなイメージが軽減されていきます。

整理整頓

片付けられない人が整理整頓と聞くと、物の方向性が一緒に揃えられていたり、物が全て隙間なく埋められているような整然とした状態を想像するかもしれません。

ですが、整然とした状態が必ずしも整理整頓されている状態であるとは言えません。

物のグループ分けをする

片付け上手になるためには、整理整頓をグループ分けと考える事が大切です。

物が見た目で綺麗に片付けられている事よりもしっかりとグループ分けをして使い易く片付けやすい状態を作る事が、片付け上手な人の整理整頓なのです。

一見見た目が綺麗でも、その状態を再現しにくい整然とした状態は片付け上手な人からすれば整理整頓された状態とは言い難いのです。

どこに置くのかを考えることが大事

生理整頓する際に、自分の癖や行動パターン考慮もしてどこに何を置くのかもしっかりと考えましょう。

利き手に合わせて筆記用具を置いたり、同時に使うものを隣合って置いておいたりしましょう。

自分の行動パターンに合わせて物を片付けて行く事で、整理整頓された状態をキープしやすくなりますよ。

常に2割は空きスペースを作る

片付けが得意ではない人は、収納スペースの端から端まできっちりと物を詰めていきたがる物です。

ですが、それでは不意に物が増えた時に散らかり始め、そこからズルズルと散らかった状態が続いてしまいます。

不意に増えた物でもキチンと片付けられるように、必ず収納スペースには2割程度空きスペースを作っておきましょう。

優柔不断にならない!

普段から優柔不断にならない、決断力を持つのも片付け上手になるポイントです。

決断力を強く持つ事で、不必要な物を持たない決断や、片付けを後回しにしない決断など効率の良い判断をする事ふができるでしょう。

片付け上手な人は決断も早い

片付け上手な人は、普段から嫌な事を後回しにしなかったり、自分にとって効率の良い判断を咄嗟にできる事から優柔不断になりにくい傾向にあります。

そんな一面から仕事においても片付け上手な人は信頼が厚かったりしますね。

計画的になる

片付けと計画性は切っても切れない関係と言えるでしょう。

まず、物を増やす段階から片付け上手な人は「これをどこに片付けようか?」と片付ける場所までしっかりと計画してから物を増やします。

無計画に物を増やしていくからこそ、不必要な物まで増やしてしまい、散らかった状態を作ってしまうのです。

1つ増やしたら1つ減らす

新しい物を購入する等して物を増やす時には、事前に何か1つ減らす物を考えましょう。

物が増え続けてしまうと当然片付けが大変になってきます。

購入する時にも物の数が増え過ぎないように計画的に購入する事が大切です。

メモを取るなど

計画的になるためには、まず物事に優先順位をつけましょう。

計画的でない人の多くは、この優先順位をつけるという事が苦手なのです。

まずは必要な物事をメモして視覚化する事で優先順位をつけやすくなります。

また付箋などにメモして順番を変えられるようにしておくと、より優先順位をつけて計画的に行動しやすくなりますよ。

片付け上手ではない人の特徴とは?

どうしても周りを散らかしてしまう人や、片付けるつもりが余計に物を散乱させてしまうという人にも、共通する特徴がいくつかあるのです。

片付け上手でない人の特徴は以下の通りです。

大雑把

大雑把で細やかな事が苦手な人は、物を元々あった場所に正確に片付けたり細やかなものを片付けるのを苦手としています。

大雑把な人は、物を片付ける時に「後で片付けるからここに置いておこう」と物を散乱させていく傾向にあります。

物を散らかす

物を散らかす人は要領の悪い人とも言えます。

あれもこれも、必要でないものまで引っ張り出していく事で、本当に必要なものの行方が分からなくなり、さらに物が散らかっていくのです。

片付け上手な人は本当に必要なものだけを、使う順番に出していく事で物を散らかさないようにしているのです。

適当

片付けが苦手な人は、その多くが適当な人である事が少なくありません。

物を細やかにあった場所に返すのと、物があった場所付近に直すのとは似ていても全然違います。

ほんの少しのズレが物の散乱を招いてしまうのです。

それが出来ない適当な人というのが片付けられない人なのです。

いい加減

いい加減で出したものを出しっぱなしにしたり、使ったものを適当な場所に置いてしまう人は物を散らかしやすいのです。

片付け上手な几帳面で細やかな人の正反対の位置にいるのが、いい加減な人なのです。

自己中心的

片付け下手な人は、あまり周りに配慮する事が出来ず自己中心的な人が少なくありません。

物が散らかった状態というのは、自分自身だけでなくその空間を共有する人にも迷惑になります。

しかし片付け下手な人は自分の事しか考える事ができずに周りに迷惑をかけている事に気付いていない事が多いですね。

余分に無いと不安

片付け下手な人は、持ち物が多くなりがちでその大きな原因が「もし必要になったらどうしよう」という不安感です。

もしもの事を考えて余分に物を持ってしまうのですが、その時はなかなか訪れる事がなく結果として部屋を散らかすだけの物になってしまうのです。

「勿体ない」が口癖

片付け下手な人の多くが「勿体ない」が口癖である事が少なくありません。

使わない物でも、捨てるのは勿体ない、誰かがお下がりで使うかもしれない、と物に見合わない価値を与えてしまう事で不必要な物を増やしてしまうのです。

生活リズムが乱れがち

生活リズムが乱れてくると、ついつい堕落した生活を送りがちです。

自分が楽な事、自分がしたい事にばかりシフトしていった結果、片付けという「やりたくない事」を後回しにし続けて片付けられないのです。

片づけ上手な人が実践している片付けテクニック

片づけ上手な人は様々なものを上手に使って、綺麗な状況をキープしています。

そんな片付け上手な人が実践している片付けテクニックをご紹介していきます。

小物入れを多用してグループ分けして片付ける

片づけ上手な人は引き出しの中にたくさんの小物入れを設置しています。

そして、グループ分けをして細やかな物を片付けているのです。

いくら片付け上手といっても、毎回細かいものを丁寧に片付けるのは面倒なものです。

そのため、片付け上手な人ほど簡単に綺麗に片付けられる仕組みを作っているものなのです。

折り紙の箱や牛乳パックを利用している人も

小物入れは、引き出しの中に隙間なく設置できればそれに越した事はありません。

しかし、市販の小物入れではなかなかフィットする物が見つからない場合もありますよね。

片づけ上手な人は見栄えよりも利便性を重視します。

折り紙や厚紙で作った箱や牛乳パックの底部分を切り取って小物入れにしたりするアイデアも利用しているようです。

ラベルを使って物の住所を決める

物の定位置を決めたは良いものの、片付けが下手な人はどこが定位置だったか忘れてしまったり、頻繁に定位置を変えてしまったりします。

置き場所をコロコロと変えてしまうと物は散らかりやすくなるものです。

物を直した場所にラベルを張り、物の住所を正確に記名する事で可視化しましょう。

目で見て正確に物の置き場所を決める事で、物をしっかりと定位置に片付けやすくなります。

衣服は吊り下げ収納に

部屋が散乱する大きな原因の1つに、衣類が散らかっている事があげられます。

大抵の人は畳んで片付けるのでしょうが、片付けが下手な人ほど衣類を畳んで片付けるのを面倒くさがったり、畳み方が雑で雪崩を起こし余計に散らかしてしまうのです。

そんな時は、衣類を全て吊り下げ収納に変えてしまうのがおすすめですよ。

洗濯したらそのまま収納

吊り下げ収納の大きなメリットは、洗濯して取り込んだ衣類をそのままクローゼットにかけるだけで片付けが終わる事です。

洗濯物を取り込んでハンガーから外して畳んで片付けるという手間を大幅に省く事で、片付け下手さんも簡単に片付いた状態をキープできるようになるのです。

見た目の綺麗さよりも実用性を重視する

片づけをする際に、片付けが下手な人ほど見た目を重視して物を片付けます。

結果、使いにくい場所によく使う物を片付けてしまったり、それを出す為に他の物を散らかしてしまうのです。

片付け上手な人は見た目を重視する事より実用性を重視します。

使用頻度の高い物は出しやすい場所に収納するのが片付け上手な人の実践している大きなコツなのです。

シーズン毎の断捨離

片づけ上手な人は、常に物を増やさない意識ができていますが、片付け下手な人にとってはそれこそが最大の難関なのです。

頻繁に断捨離できればそれに越した事はありませんが、なかなかそれを習慣づけるのは難しいものですよね。

それならば春夏秋冬のシーズンごとの断捨離をおすすめします。

断捨離は期間があけば空く程大変になります。

だからこそ、1シーズンに1度の断捨離をする事で物を増やさないでいられるのです。

物を3つに分ける

断捨離を上手に行うには、物を3つに分けるのがおすすめです。

「必要なもの」「要らない者」「迷っている物」に分類します。

そして、迷っている物に関してはそのまま箱に入れてしまっておきましょう。

次のシーズンまで、その箱を開ける事がなければ中身をチェックせずに捨ててしまうのがおすすめですよ。

フリマサイトなどに出品してみる

物を増やしてしまう人におすすめなのが、フリマサイトです。

今では簡単に登録、出品できますしサイトを通じて匿名で安全に品物をやり取りする事もできますよね。

要らない物がお金になるのは嬉しいですし、一度物が売れる喜びを知るともっと物を売りたくんるものです。

遊び感覚で要らない物を処分していけるので、フリマサイトを活用する断捨離はとても有効ですよ。

紙類はボックスを上手に利用して

最も散らかりやすい書類などの紙類は、A4サイズのボックスを用意して一括でそこに片付けていきましょう。

書類などの紙類はその都度片付けようと思っていても溜まっていってしまうものです。

ボックスの中にまとめてしまって1週間ごとに不要な物を捨てていけば散らかる事なく片付ける事ができますよ。

片付けるのは日曜日の夕方に

片づけられない人は、元々片付けるのが嫌いで嫌な事から逃げる性格である事が少なくありません。

そのため時間に余裕があるとついつい「後でやろう」と片付けを後回しにしてしまうのです。

片付け上手な人は自分のそんな心理もしっかり把握しています。

日曜日の夕方から片付け始めれば、何としてでも片付け終わらなければ1週間が始まって大変な事になってしまいます。

散らかった部屋で1週間を過ごさないためにも、日曜日の夕方から片付けを始めれば片付けきらなければと必死で片付ける事で最後までしっかりと逃げる事なく片付けきれるのです。

頻繁に人を招く

片づけ上手な人でも気持ち的にどうしても、片付ける手が動かない時もあるでしょう。

そんな場合でも否応なしに片付けなければいけない状況があります。

それが、来客がある時です。

片付け上手な人や、部屋が綺麗な人は頻繁に人を家に招いています。

頻繁に人を招く事で否応なしに片付けなければいけなくなり、綺麗な状態をキープできるのです。

片付け上手な人になろう!

片付け上手な人と、片付け下手な人ならばもちろん片付け上手な人の方が良いでしょう。

片付け上手になるには、ほんの少しの几帳面さと細やかさを見につけるだけで良いのです。

自分の意識を変えて、あなたの片付け上手な人になりましょう。