良い習慣はあなたの人生を劇的に変えることができます!

今よりも人生がうまくいくために身につけるべき習慣とは?

徹底解説いたします!

習慣にすると良いことリスト9個!こんなことを習慣にしてみませんか?

1日24時間、1年365日。

人それぞれ様々な活動をし、自分の人生を生きています。

人間の行動は毎日同じことをすることによって習慣化され、無意識にそれを行うようになっていきます。

しかし、習慣には良い習慣と悪い習慣があります。

悪い習慣が染み付いた人間は体や心に悪影響を及ぼします。

逆に、できる限り良い習慣を身につけることで、人生にいい影響を与えてくれるでしょう。

ここでは習慣にすると良いことをご紹介いたします。

一つでも多くの良い習慣を身につけることで、人生が好転するかもしれません。

1.読書をする

良い本に出会うことは、大切な人に出会うほどの価値があります。

読書をする習慣は是非身につけたいものです。

最近はネット社会でスマホなどの普及によって活字の本を読む人の割合も現象しているようです。

ネットでニュースとか見てるから必要ないと言う人もいるでしょうが、本を読むというのはニュースを読むだけではありません。

活字を読むことで創造力も鍛えられるし、読解力や文章力もつくでしょう。

人と話してみると、語彙力のある人とない人では会話の広がりが全く違ってきます。

日頃から読書をする習慣がある人は、話の話題も豊富で聞いていて飽きません。

通勤途中や朝起きてから

社会人になると仕事がありますから1日中読書ができる人はほとんどいないでしょう。

仕事から疲れて帰ってきて本なんか読む元気ないと思う人もいると思います。

ですから読書は朝する習慣をつけるといいと思います。

朝起きて新聞を読むのを習慣にしている人は多いと思いますし、通勤電車は恰好の読書時間となるでしょう。

朝の通勤時間を利用しない手はありません。

その気になれば満員電車で手すりにつかまりながらでも本を読むことはできるでしょう。

数十分だけでもすることで普段と違うような生活ができる?

活字を読むのが嫌いで読書をほとんどしないという人もいますが、読書習慣を身につけることで自分の価値観や考え方などが変わり、人生も変わっていく可能性があります。

数十分、数分でもいいので読書をする習慣をつけていくのがいいと思います。

まずは自分の興味のあるジャンルの本を読んでみて、徐々にいろんなジャンルの本を手にとってみればいいと思います。

また、休みの日などには自分の住んでいる地域の図書館に行ってみることをお勧めします。

図書館には様々なジャンルの本がありますから、興味の沸いたものを手に取って読んでみましょう。

図書館という場所も静かで読書をするのにとてもよい雰囲気だと思います。

2.ランニング


運動の習慣をつけることは心身にとって非常に良いと思います。

夕食の後に歩く人や筋トレなどをする人もいると思います。

ここではランニングをお勧めしたいと思います。

体のスタイルを維持するためには、負荷の少ないウォーキングではなかなかカロリー消費にはなりません。

やはりランニングのほうが代謝もよく、心肺機能の向上にもなると考えられます。

ランニングと言うと、しんどいとか運動神経のいい人でないと疲れると考える人も多いようですが、何も速く走るだけがランニングではありません。

スローランと言ってゆっくり走るのも立派なランニングです。

特に高齢の方は、激しいランニングをすることで膝を痛める人がとても多いので注意が必要です。

あまり膝を高く上げすぎないスローランニングをやっていきましょう。

朝起きてランニングをするとスッキリ!

朝のランニング習慣を持つと一日の始まりとしてはいいのではないかと思います。

朝食前に数分ランニングをして、朝食を食べて、支度をして仕事や学校へ向かうというのはシャキッと気合が入っていいと思います。

朝というと布団から出て眠い顔をこすりながら支度をして家を出て行く人が多いですが、朝から運動をすることで完全に頭も体も目が覚めてくれるでしょう。

最近は健康志向の人が増えたこともあり、ランニング人口も非常に多くなってきました。

若い人からお年寄りまでランニングを楽しむ姿がよく見られます。

東京などの都会ではなかなか街中でランニングというのは難しいかもしれませんが、大きな公園などを利用して走っている人は多いです。

年輩の方は朝にランニングする人が多く、朝のランニングは体を起こすためにも非常にいいことだと思います。

運動をすることで身体も健康的に!

定期的な運動は健康を保つために非常に大切です。

若いころはいいかもしれませんが、中年に入ってくると生活習慣病のリスクがでてきます。

運動不足は体の様々なところに悪影響を及ぼします。

定期的な運動習慣というものは長生きするためには必須と言っても過言ではないと思います。

年輩の人もランニングを習慣としている人はたくさんいます。

やはり歳をとっていくと足腰から弱っていきますから、歩いたり入ったりして足の筋肉や関節を鍛えることは大切だと思います。

よく言われることですが「長生きしたけりゃお金と筋肉は蓄えておかなくてはいけない」というものです。

まさにその通りです。

長く生きていくためにはお金はもちろん必要ですし、筋肉も同じくらい必要なのです。

筋肉があってこそ体の支えとなるのです。

3.メモをする

人間は「忘れる」生き物です。

身の回りに起こること、考えついたアイデア、やらなければならないこと、重要な情報など全てのことを覚えておくことなどできません。

気がついた時にはさっき思い浮かんだアイデアを忘れてしまうということも多々あります。

そこで重要になってくるのがメモをとるということです。

メモをこまめにとることで大切なことを忘れずにすむことでしょう。

片付け上手にもなる?

メモをとることで何をしないといけないかも明確になります。

タスクが整理されることになるので頭がすっきりします。

これまで何をすべきかわからず行き当たりばったりで行動してきた人にとっては、メモをとる習慣をつけることで整理整頓もできる人になるかもしれません。

4.ご飯を抜かない

食事は人間が生きていくために必要不可欠です。

何を食べるか、どのくらい食べるかによって健康状態も全く違ってきます。

よく朝食を抜くという人や、一日一食しか食べないといった人がいますが、あまりいいことだとは思えません。

やはりご飯は朝も昼も抜かずに食べるという習慣は是非持っておいたほうがいいと思います。

決まった時間に3食食べるということはルーティン化されることで生活にリズムやメリハリもでてくるのです。

1日3食をちゃんと食べる

まず朝ご飯をちゃんと食べることです。

パン中心の洋食でもいいし、ご飯と味噌汁などが中心の和食でもいいのでしっかり食べましょう。

ランチは仕事中の人ならば弁当や定食ということになるのかもしれません。

しっかり食べておかないと仕事に力が入らないでしょう。

朝と昼にちゃんと食べておかないから、夜に腹が減ってドカ食いしてしまうのです。

スマートな体型を維持するコツは、できるだけ食事を小分けにして食べるということです。

多い人は一日5、6回に分けて食べる人もいます。

そっちのほうが空腹が適度に満たされるのでいいのです。

満腹まで食べないことがコツ!

3食食べるということは大切ですが、食べ過ぎはよくありません。

腹八分がいいと言われるとおり、満腹まで食べずに少しの余裕を残すくらいが丁度いいのです。

一番いけないのは一日一食で夜にドカ食いです。

夜に過剰にカロリーを摂取してそのまま寝るというのは絶対にやめるべきです。

夜はどちらかというと少し控える意識を持っているほうが体がスッキリとすると思います。

夕食時はお酒を飲む人が多いので、どうしても飲みすぎ食べすぎになってしまう人が多いです。

酒のおつまみには、あまり油っぽいものは食べないようにして野菜などのカロリーの低いものを食べるよう心掛けましょう。

生活習慣病についてよく話題になりますが、大きな原因の一つとして食べ過ぎ、飲みすぎというのがあります。

現代は食べ物が有り余って過食の時代です。

食べたいものは何でも手に入り、何でも好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりできます。

だからこそどこかでセーブしなければ生活習慣病になってしまうのです。

戦後の貧しい時代の日本には生活習慣病の人などいなかったと言われます。

やはり食うや食わずの状態で、お腹いっぱい食事できる人など限られた人しかいなかったのでしょう。

しかしこのことでわかることは、食べ過ぎというのはよくないということです。

やはり満腹よりも腹八分くらいにしておくべきだということでしょう。

5.寝る時間を決める


睡眠というのは生きていく上での基本です。

睡眠をとることで一日の疲れを回復し、覚えたことの記憶を頭に定着させ、全てをリセットすることができます。

睡眠時間が不足すると体や心に変調をきたすというのは当然のことです。

毎日の就寝時間というのは一定にすべきです。

ある日は11時に寝て、次の日は夜中の2時に寝てというように、眠りにつく時間がバラバラだと体がいつ寝るべきかを把握することができなくなり、睡眠が不安定になります。

ですから何時に布団に入って寝始めるかを決め、毎日同じ時間に眠りにつく習慣をつけることはすごく大事です。

22時~2時の間には寝るようにする

仕事を夜間にしている人もいますから全員にというわけにはいかないですが、なるべくなら22時から午前2時くらいの間には眠りにつきたいものです。

人間の体というものは地球のサイクルと調和していますから、やはり日の出と共に起きて夜の暗い時は眠るというのが一番体にとっていいとされています。

例えば午前三時以降の丑三つ時まで起きているのは人間の体にはよくないといくことです。

歳をとるにつれだんだんと早寝早起きになってくるのは、健康を保っていこうとする自然な行動ではないかと思います。

睡眠をとるというのも人間の重要な行動の一つです。

自分の体のために、そして日中のパフォーマンス向上のために、何時に寝て、何時間ほど睡眠時間をとるのかというのも訓練によって体に染み込ませることはできます。

これも良い習慣の一つとなるのです。

毎日ダラダラと夜更かしばかりしている人は心を入れ替えて規則正しい睡眠をとるようにしましょう。

6.顔を洗う

朝起きて一番に何をするでしょうか?

トイレに行って顔を洗うというのが普通のルーティンではないかと思います。

ですが、中には朝寝起きの状態で冷水で顔を洗うのを嫌がる人もいます。

特に冬などの寒い時期は顔を洗うのを躊躇するものですが、洗顔の習慣もちゃんと身につけておくべきものです。

寝ぼけた状態から冷めるのに一番手っ取り早く効果的なのは洗顔です。

顔を洗うという行為をおろそかにしてはいけません。

いつまでも眠い目をこすりながら身支度をしていたのではオンとオフのメリハリがなくなって、結局1日をだらだらあくびをしながら無駄に過ごすことになりかねません。

朝起きて顔を洗うことで1日の始まりを意識する

顔を洗い、今一度鏡に映る自分を見て「今日も一日頑張ろう」と呼びかけて気合を入れるのです。

これをやるのとやらないのでは一日のスタートが全然違ってきます。

朝起きて顔を洗うという行為が一日の始まりの合図であると意識すれば、洗顔を習慣にすることができると思います。

顔を水で洗って清め、一日の仕事や学業に挑んでいくという感覚を持つようにしましょう。

毎朝起きてからまず顔を洗うという人からすると、起きて顔も洗わない人が信じられないかもしれません。

それくらい朝の洗顔が習慣になっている人は、必ず洗わないと気が済まないのです。

7.出る前には鏡でチェックする

自分の顔を鏡でほとんど見ない人がいます。

特に男性は化粧をしないので鏡に向かうことが女性に比べて少ないとは思いますが、朝起きて鏡の前に立って自分の姿を見て、ちゃんと顔を洗う習慣はつけておきたいものです。

毎日鏡の前に立って身だしなみを確認することは凄く大切です。

自分を逐一チェックして気を配っておかないと、だらしない身なりではいい人間関係も築くことはできないでしょう。

鏡に映る自分の姿を見て、客観的にどう思いますか?

魅力がある人間でしょうか?

みすぼらしくはありませんか?

陰気な雰囲気が出ていませんか?

もし一つでもイエスがあるとすれば改善できるよう努力していく必要があります。

自分で鏡を見る時はどうしても自分の好きな角度から見てしまいますが、他人は360度全方位から自分を見ています。

どっちから見られても大丈夫なように気をつけておきましょう。