仕事は人生を左右する大きな要素でもあります。

できるだけ長く続けるには、自分に合った理想の仕事を選ぶ必要があるでしょう。

きっとこれを見ている人の中にも、就職活動を控えている学生さん・転職を希望している社会人の方・子育てが一段落して新しい仕事を始めようと考えている主婦の方など、理想の仕事を探している人がいると思います。

そこで今回は、“理想の仕事を見つけるための7個の方法”をご紹介!

みなさんのお役に立つ情報もあるはずなので、ぜひ最後まで目を通してみて下さいね。

理想の仕事を見つけたい!

人間は理想を追い求める生き物なので、仕事選びをする上で多くの人が「理想の仕事を見つけたい!」と考えるものではないでしょうか?

ですが一口に仕事と言っても様々な業界・職種がありますし、同じ職業でも企業によって雰囲気はかなり異なると思います。

そもそも、何を重視(=理想と)するかで仕事の選び方や探し方も変わってくるでしょう。

世間一般で理想とされる一流企業が自分にとって理想の仕事とは限りません。

仕事内容・労働条件・待遇など他にも、やりがいや人間関係を重視する人もいると思います。

理想の仕事を闇雲に探す前に、まずは自分の理想(=仕事に求めるもの・仕事選びで重視すること)を明確にする必要がありますね。

ここで、1つ注意しなければなりません。

それは高過ぎるレベルを求めてしまうこと。

理想とする基準があまりにも高ければ、いくら探しても自分の思い描いた仕事は見つからないでしょう。

ただし勘違いしないで欲しいのが、これはあくまでレベルの話であり、「重視するものを減らすべき」という話ではないということです。

そうやって我慢してしまっては「理想の仕事」とは言えませんからね。

恐らく大抵の人が仕事選びをする際に「何かしら妥協(我慢)しなければならない」と考えていると思います。

例えば、「給料を重視するなら業務内容・時間・休日の面に多少の不満があってもある程度は我慢しなければならない」とか「プライベートな時間が確保できる(=残業なしで休日がしっかり確保できる)仕事を重視するなら、業務内容や給料の面で我慢しなければならないだろう」などと諦めているのでは…?

話を戻しますが、仮に仕事内容・労働条件・待遇・やりがい・人間関係の全てを重視すること自体は、ここで言う「高過ぎるレベル」には当てはまりません。

問題はそれらに求める“基準”です。

「仕事内容・労働条件・待遇・やりがい・人間関係に大きな不満がなく、ある程度満足できる仕事」なら理解できます。

しかし、「簡単で少ない仕事量・短い業務時間・ノルマや残業一切なし・いつでも休みが貰える・年収1000万越え・簡単に昇進できる・やりがいが感じられる・上司や部下が神様みたいな人達で人間関係が良好…」こんな仕事はいくら探しても見つからないでしょう。

これでは理想というよりワガママとすら言えるかもしれませんね…。

そういった意味では仕事選びにはある程度の妥協も必要です。

現実もしっかり見据えた上で、自分にとっての理想の仕事がどんなものかをよく考えてみて下さい。

若いうちは苦労をする?

若い内は特に仕事で苦労するものなので、「理想の仕事に就きたい」と考える若者が多いと言えるでしょう。

最初は「理想だ」と思って就いた仕事も、やっていくうちに現実とのギャップが見えてきて「思っていたのと全然違った…」なんてパターンもよくあると思います。

例えば、やりたい仕事をやらせて貰えなかったり、努力をしても思う様な成果が表れなかったり…。

もちろんこれらは経験不足によるものもあるので、時間をかければ理想に近付ける可能性もと言えます。

(時間だけでなく本人の努力も必要ですよ?)

ただ、仕事自体に不満はなくても、人間関係や職場の雰囲気が悪いせいで苦労するケースもあるでしょう。

特に若いうちは先輩や上司から理不尽な扱いを受けることも珍しくありませんからね…。

定職に就くまで安定しない

今の時代、様々な理由で定職に就かないor就けない若者も多いです。

最初から定職に就く気がない場合は別ですが、そうでない若者の場合は特に「理想の仕事を見つけたい」と切に願っているのではないでしょうか?

定職に就くまでは経済的にも安定しないので苦労するからです。

アルバイトやパートでも生計を立てることは可能ですが、同じ労働時間でも貰える給料は選社員と比べるとやはり低いので、全く苦労しないということはないと思います…。

それに将来のことを考えて「安定した生活を送る為にも理想の仕事を見つけて早く就職したい」と思う若者は多いでしょう。

理想を求めて転職を繰り返す人も多い

理想の仕事を見つけて実際に就職できる人は限られていると言えます。

上でも「大抵の人は仕事選びで妥協をしている」といった趣旨の話をしましたよね?
妥協しないと簡単には就職できないというのも事実です。

なので初めから「就活中に理想的な仕事を見つけられなかったから、生計を立てる為にとりあえず別の仕事に就いて、その仕事をしながら理想の仕事探しを続けよう」と考える若者もいると思います。

上の様な状況かつ1度の転職で理想の仕事に就ければ何も問題なのですが、妥協して選んだ仕事に就いてみて「思ってたのと違ったから」とか「自分に合わないから」という理由で数年もしない内にすぐに辞め、次々と転職を繰り返す若者もいるでしょう。

では、理想の仕事を求めてあまりにも短いスパンで転職を繰り返す若者が多いのは何故なのか…?
答えは簡単、本人が自分の理想・やりたいこと・得意or不得意(=向きor不向き)をちゃんと把握し切れていないからです。

自分では分かっているつもりでも実際は分かっていないから、色々な仕事を転々として「あれでもない、これでもない」と迷ってしまう訳ですね。

逆にそれらが分かっている若者は自分に合った仕事を見つけられていると思いますし、少なくとも次々と転職を繰り返すという事はしていないでしょう。

理想の仕事を見つけたい・・・でも転職をしたくない


「理想の仕事を見つけたい」という思いはあっても、転職することに不安を感じている人も多いと思います。

特に今の仕事を長く続けている人は、転職という選択はかなり大きな決断になるかもしれませんね。

今までと全く違う仕事を選ぶとなればキャリアも1からになる訳ですし、そうでなくても新しい職場で仕事をするということは精神的に多少なりとも負担が掛かるものです。

何より「転職をして失敗してしまったら…」という思いが1番邪魔をしているのではないでしょうか?

今のところより苦労しそうという不安

転職することに対して、「今のところより苦労しそうで不安」といった声も多いでしょう。

新しい環境で新しい仲間と仕事をしていく訳ですから特に最初の内は気を遣うでしょうし、仕事に慣れるまではそれなりに苦労もあるかもしれませんね。

それに、転職先が今の職場よりも苦労するところだったら、長く続かない可能性が高いです。

そして、我慢して無理に続けたとしても限界がくれば体や心を壊してしまう(そうなれば外に出て働くことすら困難になってしまう)恐れもあります。

「今の仕事よりも圧倒的に理想的だしラクだ!」という確信があるのなら別ですが、大抵の場合は実際に働いてみないと分からないこともあるでしょう。

特に今の仕事に大きな不満がない(でも満足もしていない)場合は、転職に踏み切るまでに多少時間がかかっても仕方がないのかもしれませんね。

自分に合うのか不安だという人も

例え「理想の仕事を見つけた!」と思っても、実際にやってみなければ自分に合っているかどうかも分からないのが現実です。

なので、「その仕事が本当に自分に合うのか不安だ…」と考える人も少なくないでしょう。

実際、「趣味や好きなことだから大丈夫!」と自信を持っていても、仕事となると求められるスキルやクオリティは桁違いなので、「いざやってみたら全然ついていけなった…」なんてこともあるかもしれません。

また、趣味や好きなこととしてやっていた時の様に、自分のやり方で作業が進められる訳でも自分好みに仕上げられる訳でもありません。

やりにくくても上の指示通りに作業を進め自分の好みに関係なく仕事を仕上げなくてはならない状況では、「思ったより楽しくない…」と感じてしまう場合もあるでしょう。

そんな風に「理想と現実が全然違った…」と幻滅しない為には、転職前によく調べ考える必要があります。

その上で自分に合わない場合も想定し、ある程度の覚悟を持って転職に望むべきなのかもしれませんね。

理想の仕事を見つけるための7個の方法!様々な方法を試してみよう!

それではいよいよ、“理想の仕事を見つけるための7個の方法”をご紹介していきます!

実際に試してみないと自分に合った方法が分からないと思うので、出来そうなものから色々と実践してみて下さいね。

1.転職サイトを見る


理想の仕事を見つけるには、転職サイトの求人情報を見てみるのもオススメです。

「自分の理想とする仕事が決まっていない…」という人も、とりあえず転職サイトを眺めてみてはいかがでしょうか?

自分の頭だけでは考えるのも限界があります。

転職サイトに載っている情報を参考に様々な仕事について知るのも仕事を選ぶ上で重要なヒントとなります。

また、求人情報を眺めている内に自分が理想とする仕事の形が見えてくるかもしれません。

ただ、転職サイトにも様々な種類があります。

自分にあった転職サイトを探すなら、転職サイトの比較や転職サイトのランキングを乗せているサイトを参考にするのが良いでしょう。

中でも『転職サイト比較.net』(http://tenshoku-nabi.net/)は、簡単な診断で自分に合った転職サイトを導き出してくれます。

それから、2019年現在20代~50代転職希望者に人気の転職サイトもいくつかご紹介しておきますね!

・『doda』(デューダ)公式サイト:https://doda.jp/
・『マイナビエージェント』公式サイト:https://mynavi-agent.jp/
・『JACリクルートメント』公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/
・『type転職エージェント』公式サイト:https://type.career-agent.jp/
・『リクナビNEXT』公式サイト:https://next.rikunabi.com/
・『BIZREACH』(ビズリーチ)公式サイト:https://www.bizreach.jp/

みなさんも自分に合った転職サイトを探してみて下さい。

様々な求人情報がのっている!

転職サイトには様々な求人情報が載っているので、既に理想の仕事が決まっていても最初は業種を一通り眺めてみるのがオススメです。

的を絞り過ぎるとどうしても視野が狭まり、理想にピッタリな仕事を見逃してしまう恐れがあるので注意しながらチェックしていきましょう。

また転職サイトによっては以下の様な機能やサービスがあるので、ぜひ利用してみて下さいね。

・業種・地域だけでなく、就業環境や福利厚生や待遇からの指定検索
・企業ごとのSPIや適性テストの有無・選考期間・面接情報の閲覧
・担当者による模擬面接or面接対策指導や履歴書のアドバイス
・経験やスキル、性格などから診断するマッチングシステム
・自己分析・適性診断ができるシステム
・企業から直接連絡が来るスカウトサービス
・サイトから直接応募ができるシステム
・現在の職場や取引先などに自分の情報が行き届かない様にするブロック機能etc…

企業によっては仕事内容・労働条件・待遇・やりがい・人間関係など、色々な情報を載せいますがその情報だけで判断せず、気になる企業を見つけたら自分で色々と調べてみた方が良いでしょう。

時期によっては出るものと出ないものがあるので要チェック!

求人は時期によって出るものと出ないものがあるので見逃さない様にしましょう。

ちなみに中途採用の求人が多い時期は3月・6月・9月です。(特に3月と9月)

これは上期・下期の期初である4月と10月、四半期の初期である7月に合わせて多くの企業が転職者の中途採用を行う為。

6月は3月と9月に次いで求人数が多くなる時期ですが、これは新人教育が一段落する時期であり、夏のボーナスを機に退職する人が多いからだとされています。

また、職種によっても求人数が増える時期は違う様で、ざっとまとめると…

3月・9月に求人が多い職種→営業・販売・サービス

4月に求人が多い職種→建築・土木

6月に求人が多い職種→企画・管理・経理

変動があまり見られない職種→ITエンジニア・クリエイティブ

※これはあくまで目安として見て下さいね。

希望する職種を分析していけば転職のベストなタイミングも分かってくるはず。

それから、「転職サイトに登録してから毎日求人情報をチェックしている」という意欲的な人もいるかもしれませんが、求人チェックは毎日ではなく大丈夫です。

サイトによって週に2回程度求人が追加更新されると思うので、そのタイミングで見ていけばOKになります。

また、「もっと色々な求人を見てみたい!」という場合は、他の転職サイトに登録するのも手です。

ただし、管理が大変になるので2つ(多くても3つ)までに抑えておいた方が良いでしょう。

2.様々な経験をしてみる

様々な経験をしてみることで視野も広がりますし価値観も変わってきます。

何より自分の得意不得意や向き不向きが分かりますし、今ままで気付かなかった才能に気付くきっかけになることもあるでしょう。

それらは自分に合った理想の仕事を見つける手助けにもなるはずです。

上でも説明しましたが、「自分に合う理想の仕事が分からない…」というのは自分自身についてよく理解していないのが原因とも言えます。

理解していない状態でいくら自己分析や適性検査を行っても、それで分かるのは表面的なことばかりで肝心なことまでは分かりません。

そもそも、自己分析や適性検査を過信するのも良くないでしょう。

それに何度も言いますが、実際にやってみなければ分からないこともあるでしょう。

苦手だと思っていたことが意外と楽しく感じたり、自分に向いてると思っていたことが案外つまらなく感じたり…。

だからこそ、自分を知る為に様々な経験をしてみることが大切なのです。

気になるもの、やりたい事をとりあえずやってみる!

失敗を恐れて挑戦を避け続ければ自分のことも分からないままですし、経験値も増えないので成長もできません。

それでは理想の仕事を見つけるのも難しいでしょうし、例え見つけたとしてもその仕事を続けていけるか微妙なところ…。

理想の仕事を見つけたいのなら失敗を恐れず積極的に行動する必要があります。

特に気になるもの・やりたい事はとりあえずやってみましょう!
それは仕事以外のことでも構いません。

日常生活を送る上で「楽しそう!」「面白そう!」と感じる瞬間があるはずです。

そういったことにチャレンジすればOK。

もし気になるもの・やりたい事がないなら、新しいことを始めてみるのもアリです!

例えば、習い事の体験教室に参加してみたり、ボランティア活動をしてみたり、日記を書いてみたり…。

そういったことから自分の気になるもの・やりたい事が分かってきて、最終的には理想の仕事探しの役にも立つはずですよ。

転職を繰り返して理想の仕事を探す

先程は仕事以外の話をしましたが、気になる仕事・やってみたい仕事を実際に体験するのも理想の仕事を探す方法の1つと言えます。

様々な仕事を経験することによって自分に合った仕事も分かってくるでしょう。

ただ、正社員として雇って貰うとなると理想の仕事に辿り着くまでに転職を繰り返すことになります。

転職を繰り返す人に対していい顔をしない企業もあるので(「仕事が続かない人」「雇ってもすぐ辞められる」と思われる為)、転職回数が重なれば採用して貰える確率も下がるということだけは覚えておきましょう。

だから、なるべく少ない回数の転職で理想の仕事を探し出せるのが理想ですね。

3.スキルを伸ばす

スキルを伸ばすのも理想の仕事を見つける方法の1つです。

天職・理想と言える仕事があっても、必要な資格を持っていないせいで働けない、候補から外れてしまう、では勿体ないですよね?

あるいは今持っているスキルをさらに伸ばせばワンランク上の仕事ができる訳ですから、自分が理想とする働き方に近付ける(=自分のやり方で仕事ができる、自由度が増す)可能性も出てくるでしょう。

それにスキルや資格は多い方が就職や転職に有利です。

時間やお金に余裕があるなら尚更、理想の仕事を探す前に資格習得やスキルアップを目指すのが良いかもしれませんね。

取りたい資格など自分を磨くことで選択肢も広がる

資格やスキルが増えることは自分磨きに繋がりますし、同時に理想の仕事選びの幅も広がります。

逆にスキルや資格が少ないと、いくら可能性や才能を秘めていても仕事の選択肢はどうしても限られてしまうものなので、理想の仕事も見つけ難くなってしまうのです。

上でも「様々な経験をする為に気になるもの・やってみたいことをとりあえずやってみるべき」という話をしましたが、興味がある・取りたい資格の習得もその1つと言えるでしょう。

「年齢的に今からは…」とためらう人もいるかもしれませんが、今からでも遅くありません!
迷うなら思い切って挑戦してみましょう。

できる仕事は1つではないと考えるようにする

「この仕事に興味がある・あの仕事もやりがいがありそうだけど、実際に自分ができるのはもっと別の仕事だろうな…」と考え、自分で選択肢を狭めていませんか?

「できる仕事は1つではない」と考えましょう。

限られた選択の中から理想を見つけ出すのは難しいです。

自分の可能性を信じ、もっと視野を広げてみて下さい。

そしたら案外すんなり理想の仕事が見つかるかもしれませんよ?

4.様々な本を読む

理想の仕事を見つけるには様々な本を読むのも効果的。

読書は知識を養うだけでなく視野を広げてくれます。

そして、理想の仕事を探すのにも広い視野は必要不可欠ですよね?

忙しいなら寝る前の5分間だけでも構わないので、読書を毎日の習慣にしてみて下さい。

本のジャンルは問いません。

ただし、興味のあるもの・読みやすい本ばかり選ぶとどうしても偏ってしまうので、満遍なく色々な本を読むのが好ましいですね。

身近な人にオススメの本を聞いたり、ネットで紹介されている本を参考にするのも良いでしょう。

本を見ることで情報を取り入れる

様々な本を見ていると、直接関係はなくても仕事のことや仕事選びに必要な情報を得られることがあります。

たった1冊の本で価値観が驚く程変わることもあるでしょう。

だからこそ、できるだけ沢山の本を読むべきなのです。

自分の理想に近いものが見つかる可能性が高い

読書は知識を養う最も手っ取り早い方法とも言えますし、実際に体験・経験しなくても本の内容を通して様々なことを考え感じることができます。

だから読書もスキルアップ同様、自分磨きに繋がり仕事の選択肢の幅を広げてくれるでしょう。

また、読書で得た情報により、自分の理想に近い仕事が見つかる可能性も高まるはずです。

5.チャレンジ精神を持つ

理想の仕事を見つけるには積極的に行動すること、同時にチャレンジ精神を持つことも重要です。

失敗を恐れてチャレンジすることから逃げていたら、どんなに必死で探しても理想の仕事には見つからないでしょう。

「この仕事理想的だけど、未経験だし続けていく自信がないな…」と逃げ腰では、理想の仕事に辿り着けないのも当然ですよね?

少しの努力と成功だけで理想に辿り着こうというのは甘い考え。

理想の仕事を見つけている人の多くは、他の人より沢山努力し失敗して多くの経験値を得ているのです。

もちろん失敗は避けられるのがベストですが、どんなに万全な準備と努力を尽くしても失敗するときは失敗します。

色々なことにチャレンジする以上多少の失敗はつきものだと覚えておきましょう。

つまり、理想の仕事を見つけるということは、チャレンジする勇気と失敗することへの覚悟が必要という訳ですね。

新しいことにチャレンジをすることで自信にも変わる

チャレンジすることが好きな人は限られています。

きっと大半の人が失敗を恐れ新しいチャレンジに不安を抱くものでしょう。

ですが、結果に関係なく新しいことにチャレンジすることは自信に繋がります。

(それが成功なら尚更ですね)

自分に自信がつけばさらに積極的に行動できる様になるはずです。

経験値が増えれば理想とする仕事の選択肢も広がるでしょう。

最初は小さなことからでも構いません。

そうやってチャレンジを重ねていけば少しずつでも自信になるはずです。

苦手としていたものが天職だった可能性も?

今まで苦手・向いていないと拒んでいたものが、チャレンジしてみたら実は得意だったとか向いていたというケースはそう珍しいことではありません。

食わず嫌いと少し似ているかもしれませんね。

それに「苦手」「無理」と思い込んでいると、最後まで苦手や無理なままで終わってしまいます。

例え苦手なものでも「どうしたら楽しめるか?」とか「少しでも自分に向いている部分はないか?」と考えながら取り組むのが理想ですね。

なので、最初から「無理…」と決めつけず、思い切って苦手なことにチャレンジしてみるのも自分を大きく成長させてくれるきっかけになるはずです。

6.上司の話を聞く

実際に働いている人に話を聞くのも理想の仕事探しの参考になるでしょう。

身近なところで言うなら自分の上司に話を聞いてみるのが良いかもしれませんね。

ただし転職関係の話に踏み込む場合はなかなかデリケートなことなので、なるべく2人きりで話せる機会を確保し、口が固く信頼できる相手を選ぶことをオススメします。

また、自分が興味のある仕事をしている人に話を聞けると、自分が働いた時のイメージも湧きやすいかもしれませんね。

実際に働いている人なら面接官と違ってこちらの質問(面接官には聞き難いこと)にも正直に答えてくれるはずです。

また、仕事のことだけでなくその人の仕事観について聞いておくことも忘れずに。

社長に相談をするというのも1つの方法

アルバイトやパートならまだしも、正社員となると自分の職場の社長に理想の仕事について相談するというのは、遠回しに「転職したい」と言っている様なものなので、少し言い辛いかもしれませんが、思い切って話をしてみるのも1つの方法と言えます。

やはり、平社員と社長とでは仕事の見方も異なりますし、自分の知らない貴重な話が聞けるはずです。

また、その相談がきっかけで今の仕事が自分の理想に近づくという奇跡が起こる可能性もあるかもしれませんね。

様々な人にどの様な経験をしてきたのかを聞く

色々な人の経験談や考え方に触れることで、自分の考え方が変わったり視野が広がることがあります。

これは読書と同じですね。

職場の人・家族・友達・先輩など、できるだけ多くの人に話を聞いて自分の理想と向き合ってみましょう。

理想が明確になれば仕事探しもしやすくなるはずです。

7.フリーターとして活動をしてみる

上で「転職を繰り返して理想の仕事を探す」という方法を紹介しました。

「正社員として転職を繰り返すのは大変…」ということであれば、フリーターとして活動をしてみるのも方法の1つです。

正社員と比べると収入は不安定になってしまうかもしれません。

ですが、転職を繰り返すと就職し難くなるというデメリットもあるので、あえてフリーターとして活動する人も少なくありません。

ただし、フリーター歴があまりにも長いとかえって就職しにくくなってしまうので、期間はできるだけ短い方が良いでしょう。

また、融通の効くフリーターなら様々な仕事の掛け持ちをすることも可能なので、短期間で様々な経験ができると思います。

理想の仕事が見つかるように頑張ろう!

今回は“理想の仕事を見つけるための7個の方法”をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

理想の仕事を本気で見つけたいなら、とにかく行動あるのみです。

求めるものによってはなかなか見つからない場合もあるかもしれませんが、それでも諦めずに探し続ければ必ず見つかるはず。

また、思わぬことがきっかけで見つかったり、意外な場面で見つけることもあると思うので、常にアンテナを張り視野や人脈を広げつつ、様々な方法で探してみて下さいね。

みなさんも今回ご紹介した“理想の仕事を見つけるための7個の方法”を実践して、理想の仕事を見つけて下さいね!