皆さんは「ジャニーズ」についてどのような感情をもたれていますか?

イケメンだから好きという人ばかりでは?と思われがちですが、なかにはジャニーズが苦手で嫌いという人もいるようです。

ジャニーズは、今も昔と変わらず熱狂的なファンがいるくらい芸能界にとっても、多くの女性達にとっても影響力のある存在です。

そんなジャニーズのことがとにかく大好きだというファンのことを「ジャニオタ」と呼んだりもしますよね♩

ジャニオタたちは、例えば自分が押しているグループのライブがあれば、たとえ遠方からでもはるばる駆け付けます。

グッズがあれば高額でも保存用、観賞用、持ち歩き様等と、いろいろ理由を付けては複数購入します。

そして、お気に入りのメンバーの番組は毎回録画をしてしまう等、そのはまりっぷりは尋常ではないですよね・・・。

そして、そんな彼女達をこれだけ夢中にさせているジャニーズアイドルの存在とは、とても神々しいともいえるでしょう。

しかし、このような熱狂的なジャニーズファンがいる中で反対に「ジャニーズが嫌い」という人もいます。

「人気者にはファンの倍数くらいアンチがいる」と聞いたことがあります。

その内容と照らし合わせると、ジャニーズのアンチ数も倍数くらいいるのかもしれませね。

今回はそんなジャニーズ嫌いな人の特徴についていくつかまとめてみました。

ジャニーズファンにとってはどこが嫌いなのか、原因が気になるところでしょう。

ジャニーズファンの人も、そうでない人も、客観的に周囲がどう感じているのかを知る機会になると思います。

もしかしたらジャニーズについて見方が変わるかもしれませんよ!?

ジャニーズ嫌いな人もいるのでは?

あなたの周りにはジャニーズが嫌いな人もいると思います。

ジャニーズを嫌う理由としては、そもそもグループ事態が嫌いという人もいれば、応援しているファンが嫌いという人もいます。

またはアイドル系の顔が苦手という人や、最早アイドルそのものが苦手という方も・・・。

さらには家庭環境の影響で嫌いになってしまう人もいるようです。

ジャニーズが嫌いな人にとって、周りの子がジャニーズのファンだと知ると、つい感情が入ってしまい、ファンというだけでその人に苦手意識を持ったり、また嫌いになってしまうこともありますよね。

ジャニーズは、このように人の感情に大きな影響を与える存在でもあるのです。

では、人の感情に影響を与えるジャニーズを嫌いになる理由について、これから深く掘り下げていきたいと思います。

ジャニーズ嫌いな人は、自分がどの項目に該当するのか是非確認してみて下さいね!

ジャニーズを嫌う人が多い?

世の中のジャニーズ市場を検証することは難しいですが、ジャニーズ嫌いが多いというのは否定できません。

嫌う人の立場になって考えてみると、「そもそもどこが良いの!?」と思うところが多々あるのでしょう。

例えば顔がタイプと言うファンもいますが、多少顔が整っているというくらいで皆同じ顔にしか見えないという意見も・・・。

嫌う人からすれば何の特徴もない容姿なのに、どこに引かれたのか理解できないようです。

また、ファンの中には容姿だけではなくその人柄や性格、すべてが可愛く見えて、キュンとくる!癒される!という人もいます。

しかし嫌いな人からすれば、ただの「現実逃避ではないか!?」と考えてしまうのです。

このようにジャニーズを嫌う人が多いと思われているのは、客観的に考えた時のギャップや温度差が理由の一つになるでしょう。

他にも嫌う理由があるとは思いますが、いずれにしても、夢をみることは悪いことではありません。

ただ、夢中になり過ぎると周囲の反感をかう恐れがあります。

熱中するにしても、ほどほどにするのが良いと言えますね。

その人が嫌い

ジャニーズを嫌う人の中にはピンポイントで「その人自体が嫌い」という人もいます。

本人からしてみれば致命的ですね・・・。

確かにジャニーズの中にはやたら感に触る人がいます。

テレビ番組で面白おかしく騒いでみたり、何かと前に出てみたり・・・。

逆を言えばそんな人が以外にテレビにも出演していて、人気があったりするものです。

ファンからすればそんな姿にときめき、キュンキュンしたり、もっと好きになるのでしょう。

そんな人を嫌いになると全てが嫌になります。

その人の容姿、発言、仕草、行動、終いには出演している番組まで・・・。

いずれにしてもその人自体が嫌いということであれば、根本的な問題になります。

その人が露出し続ける限り嫌いになり続ける可能性が高いでしょう。

ファンが嫌いという人も

その人自体が嫌いという人もいれば、ジャニーズが好きな「ファンが嫌い」という人もいます。

こちらについては元々ジャニーズ事態に何の感情も無いことが多いのですが、応援するファンに不快感を感じるため連動してジャニーズが嫌いになってしまうようです。

熱狂的にジャニーズ達を応援しているファンの行動を見て、ちょっと理解しがたいと考えてします人もいるようです。

「ジャニオタ」たちは、自分の日常の時間ほとんどをジャニーズに捧げ、四六時中脳内でジャニーズのことばかりを考えています。

ネットでもリアルでも追っかけをし、全てジャニーズを中心に生きています。

その行動はときに行き過ぎなこともあります。

たとえば、自分の推しのジャニーズが誰かと熱愛交際が発覚したり結婚したりすれば、たちまちジャニオタたちは自分の推しのジャニーズの相手を攻撃し始めます。

自分が付き合えるわけじゃないことは分かっているけど、「とられた」ような気持ちになってとくにかく嫌なのでしょう。

このような行動はジャニーズファンにしか理解できないことなのかもしれません。

普通のファンならば相手の幸せは祝福できるものです。

このような部分も含めて「怖い」と思われていて、嫌われている要因になっていたりもします。

ファンのマナーがなっていなかったり、理解できない行動を目の当たりにしたら「ジャニーズのファンが嫌いだから関わりたくない」と思ってしまい、ジャニーズへの関心も薄れてしまうかもしれませんよね。

ジャニーズ嫌いな人の16個の特徴!こういう人もいますよね

「ジャニーズが嫌い」という人は、多かれ少なかれ世の中に存在します。

ジャニーズやファンからしてみれば衝撃的であり悲しい事実になります…。

ですが、そもそも全ての人から好まれる、愛される、ということは決して簡単なことではありません。

むしろ不可能に近いでしょう・・・。

では、そもそもどんな人がジャニーズ嫌いになるのか、今から一つずつご紹介していきます。

ご紹介する内容に共感できてしまう人は既にジャニーズ嫌いかもしれませんよ!?

1.アイドルが苦手

ジャニーズ嫌いな人の特徴として、そもそもアイドル自体が苦手という事があげられます。

そんな人は、「アイドルって何者!?」というくらい理解できない存在なのです。

一般的にアイドルの魅力を考えてみると、容姿くらいしか思い浮かばないことが多いでしょう。

ある程度整った顔立ちで、すらっと伸びた手足に細身で高身長・・・。

このようなアイドルは夢見る女の子からすれば、白馬の王子様のように見えてしまうといっても過言ではありません・・・。

しかし、アイドルが苦手という人はそんな特徴も不快に感じてしまいます。

甘い夢よりも現実思考であり、そもそもアイドル事態に興味が無いため、乙女のような可愛い夢をみることに共感すらできないのでしょう。

このような思考はアイドル自体に苦手意識を持つようになり、次第に嫌いになっていくのです。

アイドルの笑顔が苦手

アイドルが苦手という人の中には「アイドルの笑顔が苦手」という人もいます。

苦手な理由としては、簡単にいうと「作られた笑顔」と感じてしまうようです。

普通に考えてみればファンとは言え、ジャニーズからすると相手は見ず知らずの他人です。

人は心を許した人にしか心から笑いません。

つまりアイドルの笑顔は仕事だから笑っているのです。

中々興醒めですね・・・。

中には、心から笑っているアイドルもいると思いますが、それは数少ないでしょう。

アイドルの笑顔が苦手という人は、そんな義務的に作られた笑顔に不快感を感じ、苦手意識がでてしまうのです。

2.イケメンが苦手


ジャニーズ嫌いな人の中にはイケメンが苦手という人も含まれています。

確かに一般的に見ればジャニーズはイケメンが多いのかもしれませんね。

イケメンが苦手な理由としては、元々普通の容姿な人がタイプであるからです。

今はイケメンよりも普通の人に魅力を感じ、癒されたりする人がどんどん増えてきているのも事実です。

このような好みによりイケメンが苦手になるのは仕方が無いことでしょう。

その一方で、イケメンに対して良いイメージが無いため苦手になる人もいるようです。

チャラそうであったり、性格が悪そうであったり、騙されそうであったり・・・。

このようなイメージを持っている人は、過去にイケメンとトラブルがあった可能性があります。

もしくは周囲の影響が関係しているといえるでしょう。

いずれにしてもジャニーズが嫌いな人の中には一般的に好まれるイケメンが本当に苦手という人も含まれているということです。

イケメンより普通な人

最近の女性がイケメンよりも普通な人を好むのは、「普通な人に対するイメージがイケメンよりも上回っている」からです。

無理して相手に合わせたりせず、自然体の自分でいられたり、背伸びをしないでありのままの自分を受け入れてくれそうなイメージがあるようです。

また、普通な人はイケメンではない分、中身を磨いている人が多く、外見の地味な部分をフォローする魅力的な個性が、女性を引きつけるようです。

このようにイケメンより普通な男性を好む女性は、そもそもイケメンという存在に興味や感心が湧かない為、一般的にイケメンが揃っているアイドルにも同じく冷たい対応なのかもしれませんね。

カッコイイ人は無理

そもそもカッコいい人が無理という人も中にはいます。

この場合、イケメンがもともと好きでは無いため、アイドルも嫌いになってしまう傾向にあるようです。

しかし最近のジャニーズは、全くイケメンでない人(ブサイク若しくは普通)もアイドルグループの一員として活動しています。

カッコイイ人が無理という場合は、このようなイケメンでないジャニーズに興味を示してみるのもありかもしれませんね。

意外とはまる可能性ありです。

3.個性が強い

一般的にジャニーズは万人受けするイメージがありますが、ジャニーズ嫌いの人の中には個性的な方もいます。

例えば比較的マイナーなアイドルを好む人の場合、ジャニーズという存在にライバル心を燃やし、「自分が育てる」、「メジャーにする!」等、このような思いでひたすら応援をしているのです。

これは一部にしか過ぎませんが、そんな個性的なパターンはいろいろあります。

つまり、好みには人それぞれ偏りがあるという事です。

それもその人の個性と考え、対立せず、受け入れてあげるのも良いでしょう。

「私はジャニーズより◯◯が好き!」という人も多い

ジャニーズ嫌いな人は別のアイドルのファンである可能性も高いです。

例えば最近流行のご当地で活躍するアイドルや海外のアイドルなどもいます。

アイドルグループの中のではジャニーズが有名かもしれませんが、他のアイドルについても独特な魅力的や世界観があり、着々とファンを増やしているようです。

このように同じアイドルという括りでも、人それぞれ興味があるものや、好みによって違ってきます。

しかしながら、このようなファンのおかげでアイドル界が下火になることなく常に盛り上り続けているのでしょう。

5.ワイルド系男子が好き


ジャニーズ嫌いの人は、そもそもワイルド系男子がタイプという場合もあります。

そのため相反するジャニーズが好きでは無い傾向にあるのでしょう。

ジャニーズのように爽やかな男性よりもワイルドな男性が好きな人は、男らしさや逞しさに惹かれるようです。

確かにワイルドなジャニーズってなかなかいませんよね。

ジャニーズはどちらかと言うと色白で可愛さや王子様っぽさが目立つ一方で、男らしさや逞しいイメージに欠けてしまいます。

このようなことから、ワイルド系男子を好む女子には好かれないのでしょう。

もちろんこの場合、ジャニーズ好きなファンからすると、ワイルド系の男性が苦手という可能性も考えられますね。

いずれにしても自分の好みにあった芸能人を応援したくなるようです。

爽やか系や可愛い系の男性が好きじゃない

好みは人それぞれですが、爽やか系や可愛い系の男子が好きではない為、ジャニーズが嫌いという人もいます。

ジャニーズはどちらかと言うと清潔感がある爽やか系や、母性本能をくすぐるような、あどけなさがある可愛い系が多いのは間違いないでしょう。

むしろそれを売りにしていると思われます。

しかし、このようなタイプはワイルド系を求める女性からしてみれば全然物足りなく、それほど興味をそそられないようです。

そうは言っても、「好き・嫌い」は相手のことを良く知らないから、という可能性もあるので、一概には言えませんよね。

嫌いなタイプであっても相手のことを知ることで次第に好意を持つ可能性もあるでしょう。

いずれにしても、自分の好みで判断するのではなく、ジャニーズ自体を知った上で判断してみるのも悪くないかもしれませんよ♩

6.芸能人に興味がない

ジャニーズが嫌いというという人の中には、そもそも芸能人に興味が無いという方もいます。

そんな人は普段から芸能人に興味がない為、ジャニーズが嫌いというよりも、興味自体がないのでしょう。

確かに興味が無ければ好きでないのは当たり前ですね。

そんな人は芸能人以外に夢中になれることがあるのでしょう。

しかしながら、逆に芸能人に敏感でミーハーな人達もたくさんいますが、そんな人達はある意味情報に敏感なのかもしれません。

このように情報に敏感になることは周囲とのコミュニケーションにも役立ちます。

情報に興味が無さ過ぎると周りの話しに付いていけない・・・!等と、取り残される可能性もあり、社会人になってから困ることもあるでしょう。

この機会に少しずつ芸能人に興味を示してみるのも良いかも知れませんね。

情報を取り入れるだけで少し意識が変わってきます。

騒いでいる女子たちが理解できない

芸能人に興味がないので、ジャニーズに限らず、芸能人を見て騒いでいる女子達の行動がとても理解できないようです。

そんな人は、そもそも彼女達が何故騒いでいるのか、何故追いかけ回すのか、他にやることが無いのか、暇なのか・・・?

等、とても疑問に思ってしまうようです。

確かに熱狂的なファンの行き過ぎた行動を見た時には理解できない時もありますよね。

「そこまでするか!」と驚くこともあるでしょう。

しかしながら確実に言えることとして、騒いでいる女子達はその芸能人に興味があり、少なからず気になるのでしょう。

気になる相手がいれば、人は誰でもテンションが上がってしまいます。

そしてついついはしゃいで、大きく騒いでしまうのです。

7.偏見がある

ジャニーズ嫌いには、多少偏見もあるようです。

例えば「どうせジャニーズでしょ・・・?」「ジャニーズのどこが良いの・・・?」というように・・・。

人は先入観が入ると誤った判断をしてしまうことがあります。

もちろん想像通り本当に嫌いなタイプであったり、受け入れられないこともあります。

このように、先入観からくる偏見でジャニーズが嫌いという人は、一度じっくりジャニーズが出演しているバラエティやドラマ等を見てみると良いでしょう。

もしかしたら今までのイメージが覆されるかのしれませんね。

友達の影響でライブに行って好きになる人も多い

ジャニーズを好きになるきっかけとして多いことは、友達の影響でライブに行き、好きになるというパターンです。

最初はそんなに興味が無かったのに、ライブ終了後にはグッズを購入してしまうまでに変わってしまいます。

そこまで変えてしまう要因としては、ライブへ行き体感したことにあるでしょう。

直接目と耳と身体で感じることで、その魅力に引き込まれてしまうのです。

また、ライブ中に観客とジャニーズが急接近するというファンサービスも感情を盛り上げている要因となっているのでしょう。

このようなことから、偏見によりそこまでジャニーズに興味が無かった人でもライブに行くことで衝撃を受け、ジャニーズのファンになってしまう事が多いのです。

8.芸能人にハマったことがない

今の世の中にはいろんな芸能人がいまよね。

例えば芸人であったり、俳優であったり、アーティストであったり、アイドルであったり、たくさんの芸能人が溢れている中で、芸能人にハマったことがないという人もいます。

ハマるかどうかは人それぞれではありますが、人生の中で1人くらいいても良さそうなものです。

ですが、このような人は芸能人にハマったことがないという時点で、残念ながらジャニーズにも興味・感心が無いのです。

テレビ自体にもあまり興味がないのでしょう。

しかしながら、最近では人生100年という言葉を良く耳にします。

ジャニーズに「ハマれ!」とは言いませんが、100年経つ間に1人くらい気になる芸能人を見つけてみるのも悪くないでしょう。

きっと少しだけ、人生が行き詰まったときの拠り所になるかもしれませんよ。

9.サバサバしている

ジャニーズは意外と昔から活動しており、それこそ自分のお父さんやお母さんが若いころから・・・。

考えてみれば、昔から活動しているジャニーズメンバーは、今や、若い頃の面影は無く、むしろおじさん化しており、たまにテレビで見かけるとショックを受けることもありますよね。

そんな時間の経過もファンからしてみれば「ジャニーズの歴史」なのかもしれません。

しかしながら、ギャルや今風の子等、新しいものに敏感で切り替えが早い子達からしてみると「ジャニーズ=ダサい」というイメージがあるようです。

つまり、ジャニーズは昔からいるイメージが強い為、古くさく感じてしまうのでしょう。

確かに新しいアイドルが続々と登場する中で、ジャニーズは昔からいるアイドルだとダサく思われてしまうのも仕方のないことかもしれません。

これは切り替えが早いサバサバした今時の子ならではの理由かも知れませんね。

そんなイメージも、ジャニーズ嫌いにさせてしまう要因なのでしょう。

10.チャラチャラしてる人が嫌い

ジャニーズ嫌いには、チャラチャラしている人が嫌いという方もいます。

確かにジャニーズを見ていると、もちろんみんな自分がかっこいいことを自信にしている人が多いせいか、チャラチャラしているように見えることも多々あります。

中にはそれが良いと言う子もいますが、実際のところ、チャラチャラした部分だけを見ると、ダラしなさも感じ、良いイメージはありません。

このようなイメージがジャニーズ嫌いな人を増やしている原因なのでしょう。

今後はアイドルの「質」も必要になってくるかもしれませんね。

11.実はオタク気質

そもそも興味あるのはアニメやフィギュア等、実は「オタク気質」な傾向にある為、ジャニーズが嫌いという人もいます。

確かにオタクになると現実世界から離れることが多い為、ジャニーズに興味を持つことすら無いでしょう。

オタク気質な人たちはジャニーズという存在よりも、いつでもどこでも1人で会いに行ける、2次元の世界に心を癒されるのだと思います。

最近では熱狂的なファンを「ジャニオタ」と呼ぶようですが、アニメ好きのオタクとは「オタク」違いなだけで、もしかするといろいろと共通する部分があるかもしれません。

そういった部分をお互いに共感しあう事が出来たら、少し世界が変わるかもしれませんね。

ジャニーズよりアニメ!という人も

実はジャニーズより「アニメ」という方も続々と増えてきています。

そんな方たちを「アニオタ」と呼びます。

確かにアニメにはたくさんの夢や希望があります。

現実ではありえないようなことがアニメでは叶ってしまうので、夢がありとても素敵な事ですよね。

最近ではバーチャルリアリティーを使用し、ネット上でアニメのキャラクターに扮して、交流を深めるという、まさにオタクにとっては夢のような事が世の中で広がりつつあります。

また、昔は否定的だった「オタク」の存在も、今では公認されつつある為、人目を気にすることなく夢を見ることができるのです。

このような要因からジャニーズを含む現実世界のアイドルよりも、アニメが好きなアニメファンが増えてきたのかもしれませんね。

12.大人の男性に魅力を感じる

ジャニーズ嫌いの中には「大人の男性に魅力を感じる」という方もいるようです。

ジャニーズを考えると10代~20代のイメージをされる方が多いと思います。

確かにジャニーズは少年のような子供っぽさや、幼いところが見受けられます。

そうなると、もともと大人の男性に興味のある方はジャニーズに魅力を感じたり、トキめいたり、ということはないのでしょう。

もちろんジャニーズにも爽やかさや、初々しさ等、心くすぐるような魅力はたくさんあります。

しかしながらそんな魅力も、大人の男性の魅力には敵わない時があるのです。

13.親がジャニーズ嫌いだった

自分の親がジャニーズ嫌いで自分もジャニーズが嫌いになってしまった人もいるようです。

親が発言する影響はとても大きなもので、幼い時から「ジャニーズは嫌い」と聞き続けていると、それが自分の頭に刷り込まれ、自分自身も暗示にかかったように嫌いになってしまうようです。

逆に、親がファンで「大好き!」と昔からよく言っている家庭では、子供もそのアイドル等が好きになる傾向にあるようです。

いずれにしても、芸能人が「好き」・「嫌い」という感情も家庭環境や親の発言、行動がとても重要になってくるという事ですね。

14.男性アイドルを恥ずかしいと思っている

嫌いになる理由の一つとして、そもそも男性アイドル自体が恥ずかしいと感じている方もいるようです。

確かにきらびやかでド派手な衣装を身にまとい、歌って踊って走り回っていたり、考えてみると少々恥ずかしい光景ではあります。

また「そもそも男性アイドルって何?!」「男性のアイドルって必要あるのか?!」という根本的な疑問もあるのでしょう。

しかしながら、男性アイドルを恥ずかしいと思っている人がいる一方で、世の中には男性アイドルに心を奪われ、必要としている人や、また心の支えにしている人がたくさんいるのも事実です。

むしろ、きらびやかであるからこそのアイドルです。

そんな方々がいる以上、当面男性アイドルの需要は衰えないでしょう。

15.テレビをあまり見ない

最近テレビをあまり見ない人もいるようです。

そういった人たちはパソコンやスマートフォンでゲームをしたり、ネット上で映画やドラマをみたり、ひたすら趣味に明け暮れたりしています。

現代人らしい暮らし方ではありますが、このようにテレビを見る機会が激減した事も、ジャニーズ嫌いが増えた理由の一つでしょう。

今や必要のないものはどんどん消えていく時代です。

つまり「ジャニーズ=必要無い=嫌い」となる可能性もあり、もしかすると今後ジャニーズ嫌いがさらに増えるかもしれませんね。

16.ドラマの役で嫌いになってしまった

ドラマの役をみてジャニーズが嫌いになる方は多いでしょう。

ドラマの役柄があまり好きなキャラクターじゃなかったり、嫌いな役回りだったりすると、必然的にそのジャニーズに対しても嫌悪感を抱いたりしてしまうものです。

また、そのジャニーズの演技力に疑問を抱いて嫌いになったという人もいるようです。

中には映画やドラマで活躍しているメンバーもおりますが、現在活躍しているメンバーも場数を踏んだからこそ今があり、大きな成果を残しているのでしょうね。

若いうちは誰でも失敗はあります。

嫌いだからといって一回で見切りをつけるのではなく、成長の過程を楽しむつもりで長い目で見てあげるのもありかもしれませんね。

ジャニーズ嫌いな人も見方を変えてみては?

ジャニーズに対する見方は人それぞれ感じ方も捉え方も全くちがいます。

好きであろうと、嫌いであろうとそれは個人の自由であり、自分の中に閉じ込めておく限りどのように考えていても大きな問題にはなりません。

しかし、物事を嫌いと思っている時は過剰な固定観念に縛られているケースが多いですよね。

たとえば、ジャニーズを嫌いになるきっかけが何かあったのだとしたら、それからテレビで見かけたちょっとかっこいいなと思った人が、実はジャニーズだったと知った途端にあまり好きではなくなってしまったり…。

ジャニーズであるということにとらわれ過ぎているということもありませんか?

ジャニーズが大好きだというファンもいるように、そこまで女性を夢中にさせ、感情を一喜一憂させるだけの魅力が彼らにあるということなのです。

すごいことだと認めてあげて、一度見方を変えてみてはいかがでしょうか?

ジャニーズが嫌いだと思っている人も、まずは「ジャニーズ好きは何故好きなのか」とその魅力を考えてみると、意外と興味を持つきっかけになるかもしれませんよ♩

まとめ

世の中にはジャニーズに限らずたくさんの芸能人がいます。

今回はジャニーズに限定してご紹介てきましたが、他のアイドルやアーティスト等にも同じことが言えます。

人は一度嫌いになると、なかなか好きになることができません。

それは勉強でも、仕事でも、同僚でも、友達でも、家族でもなんでもそうです。

しかし、それは自分の思い込みによる可能性も多いのです。

相手をすべて否定するのではなく、認めてあげられるところは自分なりに認めてあげみてください。

そうすることで思いがけない楽しいことがまっているかもしれませんよ。