皆さん割愛という言葉は聞いたことがありますよね。

この割愛という言葉実は間違った使い方をしている人が多い言葉なのはご存知でしょうか?

多くの人は割愛という言葉をたんに省略するときに使用してしまっていますが…実は省略する時に使う言葉というわけではないのです。

割愛します等と省略する時に使用する場合には省略とは違い割愛を使う明確な条件があるのです。

「割愛」という意味をご存知でしょうか?

割愛という言葉は話しの途中で耳にする場合や文章の途中で割愛します等と目にする事が多くあるかと思います。

この割愛なのですが話の内容や文中に出てくるニュアンスなどから想像して単に省略する場合のお洒落な言い方や省略の難しい言い方、畏まった言い方等と思っていませんか?

実は省略すると割愛するとでは明確な条件の違いがあるのです。

また、割愛というのは敬語表現ではないのです。

それでは分かりやすくご紹介していきますね。

「省略」と間違えやすい?

割愛という言葉は先にもご紹介させて頂きました省略と間違えてしまいやすい言葉ですね。

省略と割愛とでは明確な違いと条件があります。

場合によっては省略と割愛を間違えて使ってしまうことで相手に対して失礼になってしまう言葉にもなります。

今の状況だとどちらが最適な言葉なのかを判断する事が必要になります。

似たような意味なので間違えやすい

割愛と省略は基本的な考えとしては話しの内容や文章の内容を省く(一部内容を無くす)という意味でとらえて頂いて良いです。

しかし、割愛と省略とでは明確な使用条件が異なります。

詳しい使用条件はこの後に分かりやすくご紹介しますね。

類語などの確認もしよう!


割愛の類語としてはここまでで出てきました省略が最もらしい類語になりますね。

他には「省く」等ですね。

英語での類語としてはカタカナ語としてよく耳にする「カット」や「スキップ」なども類語になります。

このスキップやカットについては後でその違いを分かりやすくご紹介しますね。

他には英語として「omit」などもありますね。

この「omit」(オミット)は聞きなれない人もいるかもしれませんよね。

ここで少しだけオミットについてご紹介しますね。

オミットとは日本語訳にすると除外するという意味となります。

省略と似た意味ですよね。

英語では前後の言葉などにより文法の決まりが明確になっています。

オミットを使う場面とカットを使う場面スキップを使う場面など英語が分かってくるとこの場合はこの言葉を使うと明確に判断することができますね。

日本語でも同様でその言葉の持つ意味などを理解する事で適切な場面で適切な言葉を使用することができます。

さらに割愛の様に意外と聞きなれている言葉なのに実際に意味は?と聞かれると省略?などと曖昧な意味しか分からないという人も多く適切な場面で使う事が出来なくては字を書いてしまう場合もあります。

場合によっては相手に対して失礼な状況となってしまうこともあるのです。

ここまで見て頂けた人はぜひこの先も読んで頂き割愛の意味などを理解して適切な場面で使えるようになって下さいね。

人に話す場合でもレポートなどで文章を記載する場合でも割愛と省略など使い分けができるとそれだけで評価が上がる事に繋がる場合もありますよ。

「割愛」の意味とはどの様なものがある?使い方などを紹介!


ここまでで割愛と省略を混同しないようにという事でお話をさせて頂きましたが、実は割愛には省略するという意味合いとは別に違う意味でも使用するケースがあります。

この事もふまえて割愛という言葉をご説明していきますね。

惜しいと思うものを省略したりする行為

割愛という言葉を使う場合最も多い活用方法としてこの省略という意味での使用が殆どかと思います。

では省略と明確に違う条件に付いてご説明していきますね。

割愛には単に省略する事と一緒に次の意味合いが付属します。

省略する内容について本当はとっても大切な内容で省略するのは惜しいのですが時間や文字数の関係で仕方なく省略をせざるを得ないという意味が付属するのです。

単に省略するというのとは明確な違いがありますよね。

省略というのは必要ない場合でも省略すると使う事が出来ますが必要無い事を省略する場合に割愛するとは使いません。

というより使えません。

先にご説明した時間が無くて省く場合でも省く内容が省くには惜しい内容の場合は割愛と使い説明しなくてもあまり問題の無い内容(不必要な内容)であれば省略と使います。

省く内容が本当は話したいけど(記載したいけれど)やむない事情で省く場合に割愛と使うのです。

省く内容が省いても差し支えなくて話しても話さなくても(記載してもしなくても)さほど問題の無い内容は省略しますと使って下さい。

この付属する条件こそが割愛を使う上で最も重要な意味となります。

その省く内容は本当は省きたくない内容であれば割愛と使って下さいね。

それでは分かりやすく例を用いてもう少しご紹介していきますね。

例1.「他にも言いたいことはあるけれど、ここでは割愛します」

この場合には本当はもっと伝えたい事はあるのに時間や様々な都合によって省かざるを得ない状況で使用することができますね。

もっと言いたい内容がある場合には最適な使い方になります。

逆に話したい内容をすべて話してしまい少し雑談をしていたら時間がきて途中まで話した雑談内容を最後まで話さないで省く場合には「この続きはあるのですが、ここで省略します」と省略を使います。

省く内容によって使い分けて下さいね。

また、この言葉の後に補足などとして「割愛(省略)した内容が気になる人は後で直接聞きに来て下さい」などその場の状況に応じて補足を入れてあげると尚良いです。

例2.「時間の関係上、割愛します」

先の例では割愛する意味として先に言いたい事はあるけれどと、補足して割愛しますと伝える方法でしたが、この例の場合は時間の関係上と本当は話したい(伝えたい)内容があるのですが、時間の関係でこれ以上は大変惜しいのですが話すことはできません。

と言った内容の言葉になります。

先の例と同様に省く内容は本当は省きたくない内容ですと伝えながら最後に割愛という言葉を使う事で省いた内容が明確に惜しい内容であったと相手に伝えることができます。

逆に省く内容がそこまで重要性が無い場合には省略を使います。

この使い分けが出来るようになると様々な場面で相手に対して明確に自分の意図を伝えることができます。

例えば省いてしまう内容が聞いている人の事についての内容であれば省略しますと使ってしまうとあなたの事は必要ないので省きますと相手に対して非常に失礼な言い方となってしまうのです。

相手に対しての礼儀などを考えると折角来て頂いたのですが諸々の諸事情によって省かざるを得ませんという意味を込めて割愛と使って下さい。

割愛を使う事で本当は話したいのですが諸事情などにとよって話すことが出来ない旨を相手に伝えることができます。

この様に割愛と省略を混同して浸かってしまうことで相手に対して非常に失礼な言葉となってしまう危険性もあるのです。

言葉の意味を理解して適切に使えるようにして下さいね。

具体例としてパワーポイントなどでプレゼンをする場合にスライドを使用してプレゼンをするかと思いますが時間の都合によってパワーポイントで作成したすべてをご紹介できない場合にこの「時間の都合上、割愛します」と使います。

パワーポイントで作成した内容は作成した際に全て重要だと思うことのみを集約して作成した内容かと思います。

この為省略では無く割愛を使用するのがベターですね。

さらにプレゼン相手に対して言う場合には敬語表現で伝えるとベストになります。

割愛自体は敬語表現ではありませんので、「時間の都合上、割愛させて頂きます」や割愛いたします等その場に合った敬語表現で伝える事が出来ればベストな対応となります。

ここまで考えられるようになると良いですね。

大学の教員が他の大学へ移籍をすること

割愛という言葉をここまでは省略する、省くという意味としてご紹介をさせて頂きましたが実は他の意味合いで使用するケースもあるのです。

一般的な意味としては内容を省くという意味としての仕様で間違ってはいませんが大学や公務員などの間で使用する場合は次のような意味合いで使用するケースもあります。

公務員などで使用する場合やされた場合にはこの意味も一緒に考えて頂くと間違った意味としてとらえてしまい恥ずかしい思いをしなくて済むようになります。

この意味を知らずに省くという意味だけで考えていると何を言ってるの?使い方間違っているよ?なんて思ってしまいます。

場合によってはその使い方違うよなんて指摘してしまい恥をかいてしまうなんて事にもなりかねません。

割愛の別の意味も正しく認識しておいて下さいね。

公務員でなくても知っているということは無駄ではありません。

いつどこでこの意味でつかわれるか分かりませんよ。

移籍するという意味で使われる

教員、特に大学の教員の間では割愛するという言葉をこの移籍という意味として恒常的に使われている場合も多いです。

例えば今いる大学から他の大学へ移籍する(籍を移す)場合に割愛を使用します。

他にも大学に教員をやめて民間の企業へ移籍(入社)する際に割愛人事と使用する場合もあります。

この場合の割愛も先の省略の付随する意味と同じように惜しいという意味が付随します。

本当は大学に留まっていて欲しい、手放すにはとても惜しくて勿体ない人材なのですが、やむを得ず手放してしまう場合に割愛人事等と使う事があるのです。

本当は手放したくないと惜しい場合に割愛と使うのは省くという意味合いとして使う場合と同じですね。

人事異動の際に本当は惜しいという場合にも割愛は使う事が出来ると覚えておきましょう。

教員等でなくても移動の際に割愛を適切に使う事が出来ると語彙力に優れる人物として評価されるかも…しれませんね。

公務員などもこの意味を使う

大学の教員以外にも公務員の間でも恒常的に使用する言葉でもあります。

所謂社交辞令…という場合もありますよね。

本当は異動になって清々するという場合でも上司やお世話になった人に対して割愛を使用するケースも多いですよね。

大人の事情として大人の対応に割愛を使う場合も正直多いですね。

大人になると思ってもいないことでも言葉ではその場面に合った適切な言葉で対応しなければいけないケースも多くありますよね。

割愛もこのケースに該当するのかもしれませんね。

割愛の意味を正しく理解して大人な対応と言葉使いができるようになって下さいね。

例1.「割愛願い」など

一般的な異動願いとはその意味や使い方が異なりますので間違えないように注意して下さい。

異動願いと言うと自分からする願いなのですが、割愛願いというのは異動先から異動元へお願いをする為の書類になります。

多くの場合は大学の教員を他の大学が欲する場合に現在所属している異動元の大学へ欲しい(異動先の)大学から割愛願いを届け出ます。

この割愛願いが届いた大学はその教員の異動を教授会で了承を受けることによって割愛願いに対する返答書類として承諾書を移動先の大学へ送ることになります。

この割愛願いから教授会での了承を得て承諾書が届くことで正式に教員の異動が受理されるのです。

割愛の意味が分かっていないとこの割愛願いも全く逆の意味にもなってしまいます。

正式な意味合いとしては「現在在籍中の教員はとても優秀で貴重な人材であることは承知しておりますが、余人を持って代えがたき人材です。

どうか私共の大学への異動を許可いただけないでしょうか?」などといった意味合いになりますよね。

しかし、間違った解釈の省略となりますと…「現在在籍中の教員は今の大学には不必要ですよね。

私共の大学では必要な教員ですので異動をお願いできますか?」なんて内容となってしまいます。

少し乱暴な言い方をしてしまうと「あなたの大学ではその教員を上手に扱えないですよね?私共の大学では上手に扱えますので譲って下さい。」等の意味にもなりかねませんね。

割愛の本当の意味が分かっている人であればとっても惜しくて手放したくないのは重々承知しておりますがどうか譲って頂けないでしょうか?と捉えることが出来ます。

言葉の本来の意味を理解していないと全く逆の意味にもなりかねません。

送る側は勿論ですが受け取る側も本来の意味を理解していないとトラブルになってしまうこともあります。

人事異動はとてもデリケートな事ですので割愛願いの届けはもちろんですが、割愛届を贈る前に異動元の学部長などへ事前に直接お電話などをしてご挨拶をする事も重要になります。

大学以外でも人事異動や転職など様々な異動があるかと思います。

この際にどのように立ち回るのかで後の評価にもつながってきます。

上手な立ち回りで円満に移動が出来る人は通常のお仕事でもスムーズに事を運ぶことのできるスキルを持っていると言っても過言ではありません。

相手の気持ちを理解できる人は割愛などの思いやりのある言葉を適切に使う事が出来ます。

割愛の意味を理解する事はとっても良い事で自分自身の成長にも繋がってきます。

間違えないようにして下さいね。

愛着する気持ちを断ち切ること

割愛するという言葉は仏教用語と養蚕からきているとも言われています。

割愛の語源としてはこの仏教と養蚕の2種類があります。

愛着する気持ちを断ち切るというのもこの2種類の語源の意味に繋がっています。

まずは仏教用語からご説明していきますね。

仏教用語では割愛という言葉は出家と同等の意味として扱っていました。

現在では出家する人も少なく出家する場合はそのまま出家と使い割愛を使用することは殆どなくなってきています。

出家とは自分自身の大切な家族や友人、知人などから離れる事に加えて住み慣れた故郷から離れて旅立つことを出家と言います。

この事から愛着する人や場所から気持ちを断ち切って新しい自分自身として新たな出発をする事が出家するという事になります。

愛する人と愛する場所から離れる事から「愛を割く」と考えて割愛とも言われていました。

この事から愛する人や愛する場所から離れる事はとても惜しむ事で本当は離れたくない反したくないという気持ちを断ち切って手放すと言って意味でも使われるようになったとされているのです。

出家をするというのはそれほどの覚悟を持っておこなっていた事なのです。

ではもう一つの養蚕からの語源についてご紹介していきます。

養蚕とはその漢字のままで蚕を養う(育てる)事を言います。

養蚕の目的は蚕を養う事で絹を作ることになります。

この養蚕の過程で絹を量産するために蚕を増やさなくてはいけません。

この際に交配をおこなうのですが、蚕の交配はとても長く長時間にわたって交配がおこなわれます。

しかし、この長時間の交配はそのまま続けさせてしまうと雌(メス)の体力が無くなってしまい交配が上手くいかなってしまいます。

この為、蚕の雌(メス)が弱ってしまわないように人間が手助けをして交配中の雄(オス)を引き離すことをします。

この雌(メス)から雄(オス)を引き離す行為を養蚕用語として割愛というのです。

愛し合っているその時に人間の手によってその仲を割かれるという事から割愛と呼ばれています。

現在の割愛の意味として惜しみつつ割くという意味としてはどちらの語源もあっていますよね。

この語源となった愛着する物や人、場所などを断ち切ることを割愛としても使います。

基本的な意味としては惜しいと思う気持ちがあるという事と考えて頂くと良いですね。

類語

割愛するという言葉の類語もご紹介していきます。

混同しやすい言葉でもありますので、それぞれの意味と違いについても理解しておくと良いですね。

省略する

省略するという言葉は割愛するという言葉と混同されてしまうことの多い言葉になります。

簡単にご説明しますといらない内容を省くと言った意味になります。

この省略と割愛についてはとても間違いが起きやすい言葉で混同している人も多い言葉になります。

後で詳しく割愛と省略についてはご説明させて頂きます。

スキップする

スキップするという言葉も割愛するという言葉と同じと考えてしまう人もいます。

カタカナ用語としてスキップは常用されることも多い言葉ではありますが本来の英語と同様の意味として使われています。

スキップとはそのまま飛ばすという意味ですね。

例えば「この部分はスキップしますね」なんて時には単純に部分的に飛ばすときに使います。

スキップする運動を思い浮かべてみて下さい。

通常に歩くよりも歩幅が大きく1歩で行くところをスキップする事で2歩3歩分1スキップで行けますよね。

この状態と同じと考えて頂いて良いです。

一連の流れがあってその一部分をスキップするということはスキップした私費部分を単純に飛ばすことになります。

スキップした部分は需要な部分でもあり不必要な部分でもあります。

どちらの場合でも単純に飛ばすときに使用する言葉になります。

スキップして飛ばす部分の内容は加味されません。

どの様な内容だとしてもスキップするという言葉は2~3歩分飛ばすときに使用します。

逆に大幅に飛ばす場合はスキップとは使わずにカットや省略、割愛等その内容などによって使い分けをします。

内容によってではなく飛ばす部分の間隔などと考えて頂くと良いですね。

例えば30分の内容の話などの場合は数秒程度飛ばす場合にはスキップすると使いますね。

逆に10分以上の内容を飛ばす場合にはカットや省略、割愛を使用します。

スキップは一部分を飛ばす時に使用する言葉になります。

カットする

カットするという言葉もスキップと同様にカタカナ語ではありますが英語の意味と同様に切るという意味として使います。

例えば「話す内容の一部分をカットする」という使い方であれば無くしても問題の無い部分を切って無くしてしまうことを言います。

通常のカットと同様ですね。

例えば紙に書いた絵を切り取る場合のカットと同じで絵をカットしていきカットした部分は必要ない部分ですよね。

カットして出来た絵そのものが重要で他のカットしてしまった破片は必要ない部分ですよね。

乱暴な言い方をするとカットした破片はゴミですよね。

話す内容の一部をカットするという事でも同様でカットした部分は不必要な部分であったら話す価値もないゴミな内容で、話さない方が本来の内容が分かりやすい時に使用する言葉になります。

絵であれば描いてあるだけの平面よりもカットして立体にした方がより鮮明に分かりやすくなりますよね。

割愛とは明確に違いがある事が分かりますね。

メディアの世界ではカット割りという言葉があります。

この際のカットでは編集して一つの動画を作るうえで目的の形を作り上げるために必要な部分を部分毎に切り分けて後から繋げて完成させるという方法です。

絵に例えると分かりやすいですね。

完成図があってその完成図に向けて頭の部分をカット割りで作ってその後に胴体や手、足など作りやすい部分や今できる部分をカット割りで作っていきます。

全ての部分のカットが完成したら最後に編集作業をおこなって一つにつなげて完成をさせるのです。

絵であればそれぞれをテープでとめて絵を完成させるということですね。

一つの部分だけでは何を作っているのか分からなくても全てが繋がることで分かる(完成させる)方法がカット割りの方法ですね。

この方法をおこなうメリットとしてはそれぞれが部分的に対応する事によって途中で完成図を変えようと思った際に全てをかえることをしなくても一部分の変更で完成させることが出来るのです。

例えば手だけを変えたいと思った時には手の部分だけを差し替える(作り直す)事で完成させることが出来ます。

またゼロからはじめなくて済む方法ですね。

途中をカットする場合でも同様でもう一度新しく作り直すことはしなくても必要ない不要な部分のみをカットして無くすことで理想の形を作る事が出来る方法がカットになります。

また、カットして途中に新しいものを付け足すことも簡単にできる方法です。

もっと手を長くしたいと思った場合にでも片方だけを長くする事も出来るのです。

省略とも割愛とも違いがあります。

カットは部分的に省く場合や部分的に作る場合に使用する言葉になります。

除外する

除外するという言葉は割愛とは明確な違いがあります。

除外はその漢字から推測する事が出来ますよね。

「除く」「外す」という言葉ですね。

この部分は除外しますなんて使う場合では単純にその部分を排除する場合に使います。

取り外して無くしてしまう場合に使う言葉ですね。

割愛とは違いいらない部分を取り除く場合に使います。

「省略」の意味にはどの様なものがある?

省略について分かりやすくご紹介していきますね。

既に分かっている人もおいかと思いますがご確認しながら見て頂けたらなと思います。

簡単にするために一部を取り除く

話しや様々な内容を省略する事で本来の意味を分かりやすく簡単に説明するために一分¥分を取り除く際に使用します。

例えば説明する内容の本題を説明する前にそこに至るまでの経緯やそれに付随する内容を付け加えて面白おかしく興味を持ってもらえるように話す場合がありますよね。

ただ、この場合は付随する内容は興味を示させる内容等で本来の目的の内容とは異なり本来の目的には必要ない(無くしても関係ない)内容となりますよね。

この興味を示させる部分や面白くさせる部分内容に至るまでの経緯などは本来の目的とは違い無くても本来の目的を説明するうえでは無くても問題ない内容の場合は省略すると使う事が出来ます。

ただ、この場合には本来の目的がどこにあるのかで省略では無く割愛となる場合もあります。

ただ、内容を伝えたい場合はその内容とは関係ない内容であれば省略で良いのですがその先に目的がある場合には先の目的に必要な部分で様々な理由から無くさなくてはいけない場合には割愛になりますよね。

単純に一部分を省くことが省略にはなりますが省略した部分に本当は必要だったと思う場合は割愛となるのです。

省いた部分の内容に何が付随するのかで使う言葉を変えられると良いですね。

例1.「説明を省略する」

本来話す予定であった内容の一部分を無くす場合に省略すると使います。

この省略した部分の内容が同のような内容なのかで割愛などtp使い分けができると良いですね。

類語

省略の類語についても少しご紹介させて頂きます。

簡略化する

簡略化するというのは話す内容を単純に無くす省略とは違い内容そのものを変えて分かりやすくまとめ上げ必要な部分のみをピックアップして分かりやすくすることになります。

同じような意味ですとレジュメ等がありますね。

単純化する

単純化も内容を簡単にして分かりやすくするという事に関しては簡略化と同じようなことなのですが、単純化とは物事を単一化してより分かりやすく一つにまとめることを意味します。

例えば人間の顔は鼻や目、口に髪の毛など複雑な形をしていますよね。

コレを単純化するということは○にしてしまうという事です。

「割愛」と「省略」の違いは?使い分けなど

ここまでで割愛の使い方や意味などが分かったかと思います。

最後に割愛の再確認として使い分けなどを分かりやすくご紹介していきます。

一般的な意味では「省略をする行為」は同じ

割愛と省略とは一般的な意味では一部分を無くして省くという意味として考えて頂いてOKです。

しかし割愛と省略との違いはその省いた内容がどのような内容なのかの違いなのです。

この省く内容を考えずに省略と割愛を混同して浸かってしまっている人も多いです。

間違えないようにして下さいね。

意味のニュアンスを間違えている人が多い?

単純な意味として文中や話の内容から察して内容を省いた(無くした)と思っている人が非常に多いです。

単純に考えると合ってはいるのですが、省いた内容によってその違いがある事には気付いていない人も多いです。

本来の省略と割愛の意味が分かっている人は、どちらの言葉を使ったのかによって省いた内容がどのような内容なのか判断することができます。

分かっていない人の多くは必要ない内容だったんだなと思ってしまいますが、割愛とある場合にはその省いた内容はとっても重要な内容でその内容があれば分からなかった内容でも理解できる有益な内容なのかもしれないのです。

大事なのはどの様に省略をしているのかを見ること

内容を省く場合には省略と割愛で省いた内容がどのような内容で本当は記載(話し)したかった内容なのか判断することができます。

どちらを使うのかは省く内容に注目して使用して下さい。

「割愛」では「惜しいと思うもの」を手放している

簡単に言ってしまうと割愛を使用する場合には省いてしまうのが惜しいと思う内容である場合に使うという事です。

詳しくは先に説明させて頂きました内容ですね。

「省略」では「簡単にするため」に手放している

省略を簡単に言ってしまうと本来の内容には不必要で無くしてしまっても問題ない内容や無くしてしま多方が分かりやすい場合に使用する言葉です。

逆に省いた内容が惜しい場合や大切な内容の場合は省略としてしまうと相手にとって失礼な場合やトラブルにもなりかねません。

省く内容はどのような内容なのかを考えてください。

割愛の意味を間違えないようにしよう!

割愛という言葉を省略するという意味と捉えている人がとても多いのが現状です。

自分が使う際には省略と割愛の違いを理解して省いた内容によって適切に使い分けが出来るようにして下さい。

自分以外が使っている場合にはその言葉の意味を正しく理解して割愛なのか省略なのかによって省いた内容がどのような内容なのか判断できると良いですね。

正しく使えるようになると自分自身の成長にも繋がります。

相手の意図も理解できてより自分を成長させることができます。

割愛の本来の意味を理解して正しく使えるようになりましょう。