CoCoSiA(ココシア)

「割愛」とはどういう意味?誤用されがちな使い方や、「省略」との使い分け方を解説


皆さん割愛という言葉は聞いたことがありますよね。

この割愛という言葉実は間違った使い方をしている人が多い言葉なのはご存知でしょうか?

多くの人は割愛という言葉をたんに省略するときに使用してしまっていますが…実は省略する時に使う言葉というわけではないのです。

割愛します等と省略する時に使用する場合には省略とは違い割愛を使う明確な条件があるのです。

この記事の目次

「割愛」という意味をご存知でしょうか?

割愛という言葉は話しの途中で耳にする場合や文章の途中で割愛します等と目にする事が多くあるかと思います。

この割愛なのですが話の内容や文中に出てくるニュアンスなどから想像して単に省略する場合のお洒落な言い方や省略の難しい言い方、畏まった言い方等と思っていませんか?

実は省略すると割愛するとでは明確な条件の違いがあるのです。

また、割愛というのは敬語表現ではないのです。

それでは分かりやすくご紹介していきますね。

「省略」と間違えやすい?

割愛という言葉は先にもご紹介させて頂きました省略と間違えてしまいやすい言葉ですね。

省略と割愛とでは明確な違いと条件があります。

場合によっては省略と割愛を間違えて使ってしまうことで相手に対して失礼になってしまう言葉にもなります。

今の状況だとどちらが最適な言葉なのかを判断する事が必要になります。

似たような意味なので間違えやすい

割愛と省略は基本的な考えとしては話しの内容や文章の内容を省く(一部内容を無くす)という意味でとらえて頂いて良いです。

しかし、割愛と省略とでは明確な使用条件が異なります。

詳しい使用条件はこの後に分かりやすくご紹介しますね。

類語などの確認もしよう!


割愛の類語としてはここまでで出てきました省略が最もらしい類語になりますね。

他には「省く」等ですね。

英語での類語としてはカタカナ語としてよく耳にする「カット」や「スキップ」なども類語になります。

このスキップやカットについては後でその違いを分かりやすくご紹介しますね。

他には英語として「omit」などもありますね。

この「omit」(オミット)は聞きなれない人もいるかもしれませんよね。

ここで少しだけオミットについてご紹介しますね。

オミットとは日本語訳にすると除外するという意味となります。

省略と似た意味ですよね。

英語では前後の言葉などにより文法の決まりが明確になっています。

オミットを使う場面とカットを使う場面スキップを使う場面など英語が分かってくるとこの場合はこの言葉を使うと明確に判断することができますね。

日本語でも同様でその言葉の持つ意味などを理解する事で適切な場面で適切な言葉を使用することができます。

さらに割愛の様に意外と聞きなれている言葉なのに実際に意味は?と聞かれると省略?などと曖昧な意味しか分からないという人も多く適切な場面で使う事が出来なくては字を書いてしまう場合もあります。

場合によっては相手に対して失礼な状況となってしまうこともあるのです。

ここまで見て頂けた人はぜひこの先も読んで頂き割愛の意味などを理解して適切な場面で使えるようになって下さいね。

人に話す場合でもレポートなどで文章を記載する場合でも割愛と省略など使い分けができるとそれだけで評価が上がる事に繋がる場合もありますよ。

「割愛」の意味とはどの様なものがある?使い方などを紹介!


ここまでで割愛と省略を混同しないようにという事でお話をさせて頂きましたが、実は割愛には省略するという意味合いとは別に違う意味でも使用するケースがあります。

この事もふまえて割愛という言葉をご説明していきますね。

惜しいと思うものを省略したりする行為

割愛という言葉を使う場合最も多い活用方法としてこの省略という意味での使用が殆どかと思います。

では省略と明確に違う条件に付いてご説明していきますね。

割愛には単に省略する事と一緒に次の意味合いが付属します。

省略する内容について本当はとっても大切な内容で省略するのは惜しいのですが時間や文字数の関係で仕方なく省略をせざるを得ないという意味が付属するのです。

単に省略するというのとは明確な違いがありますよね。

省略というのは必要ない場合でも省略すると使う事が出来ますが必要無い事を省略する場合に割愛するとは使いません。

というより使えません。

先にご説明した時間が無くて省く場合でも省く内容が省くには惜しい内容の場合は割愛と使い説明しなくてもあまり問題の無い内容(不必要な内容)であれば省略と使います。

省く内容が本当は話したいけど(記載したいけれど)やむない事情で省く場合に割愛と使うのです。