どんな場面にしても隣に座った人が異性だと意識してしまうことはないでしょうか。

たまたま隣になっただけだろうと思いつつも、好みのタイプだった場合はドキドキしたりもします。

希望的に考えれば、好意を持って座ってくれたようにも感じられますが、実際のところはどうなのでしょうか。

よく電車や席などで隣に座る人が異性だった!なんてありませんか?

今回は、職場や友達とたびたび行く飲み会などではなく、電車の席を筆頭としたの偶発的な場面で隣に座られることについてお話します。

どうも異性が隣になることが多い場合、異性から見て隣に座りやすい特徴や理由があるのでしょうか。

隣に座るのが異性だとドキドキしますよね

全く知らない人でも容姿がタイプの異性が隣に座るとちょっとドキドキする気持ちはわかります。

何かひょんなことが起こって仲良くなれないかなぁなんて妄想したりもするでしょう。

でも、電車などの人の目が多いところでナンパなんてできる度胸はなかなか持ち合わせてはいないものです。

座っている身からすると何故こっちに座ったのだろう?と考えることが多い

自分の隣にタイプの異性が座れば、何か運命的なものを期待して、理由を探ってしまうもの。

できれば好意的な意志を持って座ってくれたものだと考えたくなります。

とはいえ「どうして隣に座ったのですか」なんて聞けるわけもなく、勝手にドキドキするのが関の山。

そして結局何も起こらず、ドキドキしていた自分に虚しさを感じたりします。

他にも空いている席があるのにと感じる

電車などで他にも席が空いているのに、わざわざちょっと歩いて隣に座られたとなれば、気になりますよね。

他の異性の隣も空いている場合はなおさらでしょう。

パーティや飲み会などでも、とくに席が決まっていないのに隣に座られると「あれ?どうして?」と思うこともあります。

ただ、ここは冷静に空き具合と空いている席の状況を見るべきです。

たとえば初対面の人が多い自由席の飲み会で、空席が3~4つほどあったとしましょう。

自分の隣以外の席が、既に酔っ払っている人、大声で話している人、巨漢の隣しかなければ、自分の隣が選ばれる可能性は大です。

好意を持たれているから?

その場限りの相手に好意を持つことは稀です。

小説や漫画では、毎朝同じ電車になる人をなんとなく気にしていて、その後ラブロマンスに発展なんて話もありますが、現実ではまずありえません。

たしかにイケメンや美女だとつい見てしまうことはあるでしょうけど、好意というほどの感情でもないでしょう。

「目の保養だわ」くらいのものです。

一方、飲み会やパーティなどの、知り合いやこれからも会う機会がある人達との集まりでは好意を持っている可能性はあります。

とはいえ、先述のように、他にも席はあるけど実質無いのも同じ状況であれば話は別です。

好みのタイプではない場合は逆にガッカリ?

電車などの極めて偶発的な場面においては、好みのタイプが隣に来る機会の方が少ないでしょう。

好みのタイプというプラス要因がなければ、席が狭くなったことにガッカリすることが多いと思われます。

とくに太っている人が隣にくると肌が密着するので勘弁してほしいものです。

座っているときの仕草がやたらとウルサイ人も避けられがち。

ガッカリというよりは、単に迷惑なので、隣で耐えることに限界がきて離れていきます。

若い人達に多い傾向があるのがこの考え方

若い人は、よほど好みの相手でもない限り隣に座られただけで残念な気持ちになります。

とくに、そこそこ空いている車内にも関わらず隣に座られると、運が悪いとすら思ったりします。

この考え方が若い人たちに多いのは、年齢が高い人ほどマナーが悪い傾向にあるからです。

「最近の若い奴」の方がよほどマトモだと思える場面はいくらでもあります。

年配の方々は、会社で偉い立場になっている人が多いためか、立場の関係ない人に対してまで態度がデカイことが多いです。

あるいは、年配にはなったものの社会的に認められた経験に乏しく、自分のことを知らない人にだけ高圧的な態度をとるクレーマー体質の人もよくみられます。

こういう人は金輪際会うこともない相手と思うと横暴になるようです。

平気で新聞を広げたり、人様のスマホを覗きこんだり、太い図体を無視して体をねじこんできたりします。

あとは周囲におかまいなしにベラベラベラベラ、デカイ声で話し続ける集団や鞄の中をガサガサ漁って肘をぶつけてくる人も多いです。

若い人はこのような迷惑人間にイライラしているので、隣に誰が座ろうとまず身構えます。

「コイツはマトモか!?」と疑ってしまわざるをえないのです。

マトモじゃなければ席を立ちます。

それでも異性だから少し姿勢を正すなどをしてしまう人も

単にタイプではないだけでマトモな人であれば、隣に座った異性に迷惑がかからないように姿勢を正すこともあります。

とくに男性の場合、隣に座った女性にセクハラだと思われることを懸念して、手の位置はやたらと気を遣うことがあるでしょう。

身を守るような体勢をする人もいる

偏見によるものではありますが、セクハラをしそう、盗みをやりそうという印象を相手に対して抱いてしまうと、自然と身を守る体勢をとります。

荷物を抱え込んで小さくなることでガードを固めるわけです。

ちょっと変な人が隣に座ってきたときも身を守ります。

音楽を聞きながら首を振ってノリノリだとか、歌っちゃっているとか、なんか息が荒いとか、酔っ払いすぎているとか…。

このような“ヤバめの人”が隣に来ると、露骨に席を立つのも何だか怖いので「何も起こらないでくれ!」と祈りながら縮こまって耐えたりします。

ガッカリどころか気持ち悪いこともある

電車に関しては、女性はとくに、空席が目立つ車内にも関わらず男性が隣に座ってくると若干の恐怖を覚えることがあります。

過去に嫌な思いをしたことがある人が多いからです。

仕事で疲れ果ててついウトウトしたときに触られたとか、向かいに座った男性がスカートの中を覗こうとしていたとか…。

隣に座った男性がそのような下心を持っていなかったとしても、過去に嫌なことをしてきた男の容姿や臭いに似ているだけで気持ち悪くなることだってあります。

一部の男のせいでそのようなストレスを抱えなければ電車に乗れないなんて不幸です。

避けられた男性からすると嫌な気持ちになるかもしれませんが、その女性に対して苛立つのは可哀想なので、態度には出さないであげましょう。

隣に座る6個の女性・男性心理!好意がある場合とない場合がある?

電車などの偶発的なシチュエーションにおいては、好意をもって座ったのか否かはハッキリ分かれます。

少なくとも第一印象で「うわっ近寄りたくない!」と思われていないことはたしかですが、これといった感情を持ち合わせていないケースがほとんどでしょう。

むしろ好意を持つとしたらどんな場合なのでしょうか。

1.好意があるから


一度も話したことがない相手に好意を持つなんてかなり稀だと思いますが、毎朝一緒の電車になるような人がいるとすれば無きにしもあらず。

もちろん、一目惚れ以外の理由はとくにありません。

飲み会などの場においては別です。

そういった会が開かれるからには、今後も会える可能性が高いし、上手くすれば連絡先を交換できるかも、と期待して座ることがあります。

とはいえ、初対面であれば隣に座られる理由はとくにわかりませんよね。

その好意とはどこからくるのかを見てみましょう。

可愛い子の隣に座りたい

「可愛い子の隣に座りたい」と文言化すると気持ち悪い感じがしますが、やっぱりブスの隣よりは可愛い子の隣の方が、テンションが上がるものです。

とはいえ、多くの男性は可愛い子の隣に最初から座ることができません。

飲み会などの雰囲気を見ながら、ちょっと離れた席でも声をかけて会話をし、段々と距離を詰めるのが普通です。

最初から可愛い子の隣に座れる人は自信家で、可愛い子を相手にしても委縮したりはしません。

電車などにおいては単純に下心とは言い切れない節があります。

“可愛い子”というのは一般論としての可愛さなので、太っていたりもせず、ケバケバしい感じでもないため、安心して座りやすいというのも理由として挙げられます。

イケメンの隣に座りたい

女性もやっぱりブサイクよりはイケメンが隣の方がテンションが上がります。

ただし、女性がいうところのイケメンは、多くの場合ワイルド系ではなく清潔感溢れる好青年を指すことが多いです。

いわゆる雰囲気イケメン。

雰囲気イケメンは身なりをちゃんとしています。

ですから、臭いもしなさそうだし、ちゃんと足を閉じて座ってくれるだろうという期待値が高いわけです。

そして雰囲気イケメンならモテるであろうから、よく知らない相手にセクハラをしたりはしないだろうという安心感もあります。

パッと見の印象が好みだったから

可愛いわけでもイケメンなわけでもないとしても、その人にとって好みだったら隣に座るということもあるかもしれません。

それ以外の心情は可愛い子やイケメンの隣に座るのと同じです。

バーであれば好意の可能性が高い

偶発的な出会いとはいえ、空席の目立つバーで隣に座ってきたら口説きにきていると思って差し支えありません。

マスターを通した会話から話しかけようとする気満々です。

それが不快であれば、すぐさまお勘定にして店を出るのが無難です。

来たばかりの人ならマスターの手前、追いかけてくることはないでしょうから。

2.単純に空いていたから

最も多いのはコレでしょうね。

単純に席が空いていたから。

ただそれだけ。

逆に隣の人に意識されてチラチラ見られたら「なんだコイツ。ヤバイ席座っちゃったな」と思ったりします。

早めに座っておこうという考え

電車であれば早めに座っておこう以外の理由はとくにないでしょう。

ラッシュ時の席争いはとんでもない速さで行われていますから、気づいたら迷う暇なく座らないと埋まってしまいます。

後からギュウギュウに押しつぶされることを思えば、隣の人が誰かなんて気にしている間もありません。

飲み会やパーティであれば、その場に来た順で自然と隣に着座するでしょう。

最初に来た人が入口に陣取るのは妙ですし、同じ場にいる人と最初から物理的距離を取りすぎるのもどうかなと思うからです。

遅れてきた場合は空いている席に座るしかないので、とくに考えていません。

隣が誰であろうと気にしない

コミュニケーション能力が高い人はパーティにおいて誰が隣になっても会話を続けられる自信を持っています。

ですから、誰が隣かなんてことをいちいち気にしたりはしないのです。

仮に相性が悪い人が隣になったと気付いたとしても、それを表に出すことはなく、とても良い雰囲気のまま続けてくれます。

そういう人に出会うと、話した側としては「好意を持ってくれたかも」と期待してしまうのですが、連絡先の交換を求められなければ脈無しと判断すべきでしょう。

3.疲れていたから


電車やバスでササッと座る人は疲れているから座っただけです。

もう足の裏が痛いしむくんでいるし、腰も痛いし頭も痛い、早く座らなきゃ倒れちゃうという状況。

その他にも、出社などのために満員電車に乗らなければならない状況ながら、人混みが苦手すぎて貧血を起こしやすい人もいます。

とにかく座りたい

上記のような状態にあれば、隣が男とか女とかを気にしていられる余裕はありません。

座ることが最優先課題で、周りのことを見てはいないのです。

心の中では「頼むから目の前の席よ空いてくれ」と思い続けているので、空いた瞬間に腰を下ろします。

寝たいという人もいる

疲れがマックスだと、立っていられないほど眠いってこともあります。

でも家に帰らなければならないし、この電車を逃したら後がない、降りてはいられない…というのなら席が空いたらとりあえず座って寝始めます。

ガチで寝ると首をコックリコックリやる人がいるので、隣に座られた人はもたれかかられることを不愉快に感じるでしょうし、わざとじゃないかと思ったりもしますが、大体の場合において下心ではなく単に寝ています。

4.大丈夫そうだから

先述のように、危害を加える可能性が低そうに見える人の隣は真っ先に埋まります。

友達がたくさんいる人、周囲から「一緒にいると安心する」と言われる人は、隣に座られることが多いはずです。

過去に嫌な思いをした人は隣を選ぶことが多い

電車で出会ったおかしな人、飲み会でセクハラをしてきた人、説教マンなどなど、過去に嫌なことをしてきた人に似た服装や体形、顔立ちの人は避けがちです。

避けられた人自体には問題がないことも多いので気にしないようにしましょう。

逆に、今までの嫌なことをしてこない人の傾向を経験から導き出していれば、それに該当する人の隣には比較的安心して座ることができます。

服装が大人しい、表情が柔和、友達と座っているけどお互い静かにしている、などの安心材料が揃っていれば大丈夫だと判断しやすいです。

この人の隣なら何もされないという安心感がある

飲み会で重宝されるのは隣にいても安全な人です。

その集団の中にセクハラ親父がいても、サッと話題を切り替えてくれる人が隣なら安心だし、ましてやその人がセクハラをしてくることなんて考えられません。

セクハラ以外のことも同様に、この人には何もされないという過去の経験に基づく判断があれば、隣に座らせてもらいたいと考えるでしょう。

女性は隣に座られやすい

男性はどうも足を広げて座る人が多いので、隣になると窮屈な思いをしてしまいます。

知らない人の足が触れるなんて気持ち悪いですもんね。

電車やバスでは女性の隣の方が快適に過ごせることが多いので、男性の隣と女性の隣が空いているとしたら女性の隣が選ばれやすいです。

5.目的地まで長いから

これもまた電車やバスなどの公共交通機関の話です。

目的地までが長ければ、ずっと座っている方が楽ですからね。

乗車駅からすぐには座れなかったとしても、服装や年齢層から「あの駅で降りそう」と判断しやすい人がいれば、その人の前に立って席が空くのを待ちます。

立っている状態だと疲れるため

目的地までの距離が長いのにずーっと立っているのはシンドすぎます。

乗車率の高い電車なら、座席の前で空くタイミングを待っていないと入れ替わり立ち替わりで座られてしまい、足に限界がきます。

しかし、この空き待ちはしばしば隣の異性に誤解を与ることがあります。

「どうしてこの席を狙っているんだろう。まさか…」という感じです。

でもそんな他意はありません。

単に山が外れたのです。

だからといって別の席の前に移動した矢先に、さっきまでの席が空くと悔しいからそのまま立っています。

6.仕事をしたいから

業界人が集まるパーティなどで隣に来る人は、仕事のチャンスとして来ているに過ぎません。

その相手が異性であっても、そこはビジネスマン同士として居合わせているのですから性別のことなど気に留めていないのです。

むしろ、相手が異性であるだけで警戒をするくらいなら、そういうパーティには向いていないので来ないでくれと思われるでしょう。

仕事関連のことを座ってする人もいる

先ほどは仕事関係の出会いについて記載しましたが、今度は電車で座って仕事をする人の話です。

わりと混んでいる電車でも座ってノートパソコンをカタカタやっている人っていますよね。

コンプライアンス的にお前はそれでいいのかよ、とも思いますが、移動中ですらメールやら見積もり作成やらをしないと間に合わないのでしょう。

あるいはバリバリビジネスマンアピールがしたいだけかもしれません。

仕事の情報を他人に見られるかもしれない場所でやっている時点でビジネスマン失格ですけどね。

実は多くの人が隣を気にしていない?

特段の理由なく、ただ席が空いたから座っただけという人が大半ですから、いちいち隣がどんな人かを気にする人はあまりいません。

気になることがあるとすれば、見るからに不潔であったり、異臭を放っていたり、隣の席に誰かが座るのを阻止するために足を広げて座っているなど、誰がどう見ても危険度高めな人の場合だけです。

それですら、疲れ切っているときにはおかまいなしに座ることだってあります。

気にしているのは隣に座られたと思う人たち

隣の人を気にするのは、座った人より座られた人です。

パーソナルスペースというのがあって、個人的な関係を持たない人との間に取る距離、これを公衆距離というのですが、平均は3.5mとされています。

それ以外にも、業務上の相手であれば失礼のない1.2~3.5mを保とうとする社会距離、親しい友人なら不快ではない45cm~1.2mの個体距離、そして家族や恋人になら許せる0cm~45cmの密接距離があります。

電車やパーティなどの場は、密接距離に他人が入り込んできます。

本来であれば赤の他人なので公衆距離の3.5mを保ちたいところなのですが、そういうわけにもいきません。

そのため、多くの人は特殊な場においてはパーソナルスペースのスイッチを切っています。

スイッチをオフにできない人が異常に気になるというわけです。

また、このパーソナルスペースが極めて狭い人もいます。

普段から人との距離が近すぎる人は、どこであっても他人と密接することに抵抗がなく、何も考えずに隣に座ってくるでしょう。

変に警戒をするのではなく座ってきたと思うだけで良い

相手が見るからに怪しい人でない限り、隣に座られたことを警戒する必要はありません。

空席だったから座ったのだろう、くらいに思っておけば良いでしょう。

警戒するとそれが視線に出るので、やむおえず座った側からすると居心地が悪くなってしまうし、因縁をつけられると思って警戒し返してくることがあります。

せっかく座れたのにお互い嫌な気持ちになってしまうので、隣に座られても仕方がない状況にあるときは、警戒心を解くべきといえます。

もし嫌な思いをするのであれば移動をする

最初は警戒心を持たずに、ただ隣に人が座ったなと認識しただけだったとしても、その後で嫌な思いをするなら移動しましょう。

電車で言えば、スマホやカバンを漁り出して肘鉄される、電話で話し出す、やたらと見てくるなどです。

パーティなどでは、いきなり説教や自慢話をする、見下してくる、下心丸出しなどが挙げられます。

露骨に立ち上がると文句を言われるかも

嫌な思いをするってことは、その隣人は多少なり変な人です。

マトモではないと考えると、嫌悪感を露骨に示しながら立ち上がるのは控えた方が良いでしょう。

文句を言われたりするかもしれませんから。

周囲に多くの人がいるなら人の中に紛れ込んで逃げればいいですが、そうでなければ用事があるフリをしましょう。

電車なら次の駅で降りて車両を変えるのが最も良さそうです。

中には本当にヤバイ奴もいる

上記までは、特別な意味を持たずに隣に座ってくる人の話が中心でした。

しかし世の中には本当にヤバい奴もいることはたしかです。

どう見ても他に席がたくさんあるのに隣にあえて座っているとしか思えない人には注意しましょう。

「トナラー」と呼ぶらしい

ガラガラの電車や喫茶店でわざわざ隣に座ってくる人のことを「トナラー」と呼ぶそうです。

駐車場でぴったり車を隣に寄せてくるのも該当するのだとか。

たしかにガラガラなのに隣に来るのは気味が悪いし、妖怪のように名前をつけたくなる気持ちはよくわかりますね。

ちなみにその行為自体は「トナリング」というのだそうです。

何もしてこないのが逆に怖い

トナラーは隣に座るだけで、とくに何もしてきません。

ジロジロ見てくることもなく、それが返って不気味です。

特殊な性癖をもつ変態なのでしょう。

とくにバスの2人掛けの席なんかで通路側を塞がれると恐怖でしかありませんよね。

「どいてください」と言おうものなら何をされるか…。

ガラガラの車内ならトナラーを回避するために予め通路側に座って対処するしかないようです。

男子トイレで隣に来る奴の怖さは最強クラス

男子トイレで用を足していたら、ガラガラなのに隣に立つ奴が到来…。

たまにいるらしいんですよね。

想像するだけでもめちゃくちゃ怖いです。

見比べているのだとしても失礼極まりないし、無防備な状態なので近づいてくるだけでもゾッとします。

図書館で迫りくる静かな恐怖

図書館で読書に熱中していて、隣に人が座ったことは目の端で認識してはいたものの「混んできたんだろうな」くらいにしか思わず読書を続行。

読み終えて顔をあげると周囲にはその人だけ…怖いですね。

自分にしか見えていない幽霊なのかなって思いますよね。

速攻で逃げた方が良いです。

ジムにもいる

トレーニングジムにもトナラーはいます。

席ではないのですが、トレーニングマシーンに空きがあるのにわざわざ隣のものを使い始めるのです。

こういう人は話しかけるタイミングを計っている可能性が高いので要注意。

全く興味のない相手だったら素早く回避しましょう。

もし捕まったら延々と筋肉の話をされたり「この後のご予定は?」なんて踏み込んできます。

筋肉がついたことで変な自信を持っちゃう人って少なくないんですよね…。

トナラーに狙われやすいのは大人しそうな人

悪意や下心を持ったトナラーは大人しそうな人を狙います。

騒いだりしないだろう、反撃してこないだろう、もしかしたら黙って座っているかもしれないと思える人を選んでいるのです。

そんなつもりはないのにトナラーだと思われているかも

さて、上記まではヤバい人を見てきましたが、気づかぬ内に自分がトナラー認定されていることがあるかもしれません。

日頃の行動を思い出しながら、下記に当てはまってしまった人は注意するようにしてくださいね。

座席へのこだわりが強い

映画館や喫茶店などの座席にこだわりが強い人はトナラーになっているかもしれません。

窓際の席が良いとか、行きつけの店で定位置があるとか、映画は絶対ど真ん中の席で見たいとか…。

わからなくはないですけど、ガラガラの時くらいやめておけばいいのに…。

隣にピタッと寄られた側からしたら気分は最悪なので勘弁してあげてください。

こだわりを振りかざす前に周りをよくみましょう。

両サイドを挟まれる可能性を徹底的に避けたい人

電車にもよるとは思いますが、東京都内の電車の多くは長い座席が2・3・2の7席になっています。

これを左から1~7番とした場合、1と7が昇降口と接しています。

で、この1と7をなんとしても死守したい人がいるのです。

たとえば前の駅で多くの人が降りたために、2番と6番に座っている人が多く、3~5が空いていたとします。

ガラガラなんだったら4番に座ればいいものを、次の駅で混むかもしれないからといって、1や7に座ったら、既に座っている人はギョッとするでしょう。

勘の良い人なら「端っこに座りたいんだな」と気づいてくれるかもしれませんが、「ヤバイ奴が来た」と思って慌てて席を変える可能性も高いです。

次の駅での乗客に両サイドを人に挟まれる可能性を考え、それは避けたいという気持ちはわかります。

でも次の駅で誰かが降りてから移動すればいいですよね。

断固としてどかない人

先ほどとは逆で、前の駅までは満席だったのに多くの人が降りていき、自分が座っている2番と知らない人が座っている1番にしか人がいなかったとしましょう。

普通は3番にサッとスライドするものだと思いますが、どうでしょうか。

わざわざ1番の人が立ちあがって席を移るといのも妙な気がしますしね。

ガラガラになったのに断固としてどかないのはやめておきましょう。

あまりにスマホに集中しすぎていると、周りがガラガラになっていることにすら気づかなかったりもするので要注意です。

パチンコはやってしまいがち

パチンコパチスロに出かける人は、なんだか当たる気がする台というのがあるので、お目当ての台に座ろうとします。

当たるか否かが大事であって、隣に人がいようがそんなことはどうでもいいというわけです。

とはいえ、その台が当たる保証なんてないのですから、こだわりがない人からすれば理解不能でしょう。

隣に座る人達はあまり気にしていない人が多いです!

最後は「ヤバイ」認定されやすいトナラーについて記載しましたが、よっぽどガラガラの状態でなければほとんどの人は隣に座られても気にしません。

むしろ意識しすぎてチラチラ見る方が変な人認定されるので気を付けましょう。

ただし、なんでもかんでも「私が気にし過ぎているのだろう」と思い込むのもおすすめしません。

「好意があるのかな」なんていうのは考えない方が良いですが、「この人は危険だぞ」という自分の嗅覚は大事にしましょう。

本当に危ない人かどうかわからなくても、危なくなってからでは遅いですからね。