CoCoSiA(ココシア)

強い自分になるための8個のポイント


強い自分になりたい!そう願う人は多いはず。

あなたも、きっとそのひとりですよね?

あなたから見れば、強い自分を持っている人は、特別な人に感じるかもしれません。

自分以外の人は、みんな強い自分を持っているようにも見えて、自分だけがひとり…孤独感にさいなまれているような気さえしますよね。

しかし、強い自分を持っている人って、それほど多くはないのではないでしょうか。

あなたから見て強く見える人も、きっと落ち込むこともあるはずです。

では、強い自分って…?

今回は、『強い自分になるための8個のポイント』をご紹介します。

強い自分になりたいと強く願う人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

弱い自分から卒業したい…!

落ち込むような出来事があったとき、精神的に辛いことがあったとき、ストレスを抱えてどうしようもなく苦しいとき…人は、「強くなりたい」と思ったりしますよね。

それはつまり、落ち込んだり、辛いことに耐えられなかったりする自分が「弱い自分」だと感じているからです。

そんな弱い自分から卒業したい!もう、辛いことがあっても、苦しいことがあっても、そんなことで落ち込まないようになりたい…。

そう願ってやまないのは、その辛さや苦しみが耐えられないものだからでしょう。

そして、弱い自分から卒業した暁には…辛いことも苦しいこともなくなって、毎日がハッピーでいられる!

そんな自分を想像しているのではないでしょうか。

漠然と憧れる「強い自分」。

でも、強い自分になったら本当に、辛いことも苦しいことも消えてなくなるのでしょうか。

辛さや苦しみを感じずに、幸せな気分で毎日を過ごせるのでしょうか…?

「強い自分」がどういう自分なのか。

それは人それぞれ違うのだと思います。

しかし、強い自分になったとき、「辛いことも苦しいこともなくなる」というのは、ちょっと違うのではないかと、筆者は思います。

では、強い自分になるって、どういうことなのか?

今回は、強い自分になりたい人のために、強い自分と弱い自分について考えていきたいと思います。

自分って弱いな…と思う瞬間とは?

あなたは、「自分って弱いな」と思うのはどんな瞬間ですか?

自分が弱いと感じる瞬間を自覚することは、強い自分になるための第一歩になると思います。

なぜなら、弱い自分も、まぎれもなく自分だからです。

その弱い自分から目を背けていては、きっと本当の強さを手に入れることはできません。

まずは弱い自分を受け入れ、強い自分になるためには何が足りないのか。

何が必要なのかを考えていきましょう。

ここでは、自分を弱いと思っている人たちが、自分の弱さを感じる瞬間をまとめました。

自分の弱さを感じ、そんな自分を嫌だと思う…。

そのときの自分とは?どんな自分なのでしょうか。

他人に何でも合わせてしまう時

自分って弱いな…と思う瞬間として、まずご紹介するのは『他人に何でも合わせてしまう時』です。

本当は嫌なのに他人に合わせてしまったり、自分は全く違う意見なのに、他人に合わせて賛同してしまったり…そんな瞬間に、自分を弱いと感じる人は多いようです。

あなたも、思い当たる節があるのでは?

「他人に何でも合わせてしまう」ことに対し、自分の弱さを感じるということは、「本当は自分の意見を言いたい!」「他人に流されたくない!」と思っているということですよね。

これは、みんながみんな、思うことではないのだと思います。

中には、他人に合わせることで調和を図り、それで満足している人もいると思います。

また、他人に合わせることで、自分の意見を言わなくていいので、それを楽だと感じている人もいるでしょう。

でもあなたは、「他人に何でも合わせてしまう自分」が嫌で、そんな自分を弱いと思っている…。

それは、主張したい自分がいるのに、主張する勇気がないことへの、自分への憤りなのではないでしょうか。

つまり、他人に何でも合わせてしまう自分ではなく、他人に流されない自分こそが、強い自分像なんですよね。

多くの人が感じるように、他人に何でも合わせてしまうのは、確かに弱さなのかもしれません。

でも、いつでも自分の意見を言えることだけが、強い自分とも限りませんよ。

嫌なことを断れなかった時

自分って弱いな…と思う瞬間として、2つ目にご紹介するのは『嫌なことを断れなかった時』です。