何年かに1回のペースで時々、「限界だ」と感じてしまうことはありませんか?おそらく生きている限り、この壁にぶち当たることが多いかと思います。

なぜなら、人間は日々、自分がやりたいことができていないとストレスをためてしまうのです。

特に労働者生産国と言われている日本の場合は、夢を叶えるために仕事をしてお金を稼ぐと言うことを考えている人が少ないのです。

ほとんどの人は、生活するために仕事をして稼ぐと考えているのです。

そのため、内に秘めたものをずっと秘めた状態にしているので、ストレスが溜まっていく一方で、いつの日か爆発してしまうのです。

その爆発が、実は結構怖いことで、爆発した時に人間は何をしだすのかわからないのです。

それは何も他人だけとは限らないのです。

実は自分自身も何をしだすのかわかっていない人は多いのです。

暴れている時は無意識で、収まった時に視界が広がると言われています。

つまり、爆発すると本能と感情でしか動いていないので、あなたの考えは無視されてしまうのです。

つまり、限界だと感じた時ほど、しっかり対処しないと危ない目にあってしまう危険性が高いのです。

そこで、今回こちらの記事では「限界だ…」と感じた時の対処法などをまとめましたので、ぜひ、読んでいただきまして、理解して、実践までしていただけましたら幸いです。

ストレスはため込みすぎても意味がありませんし、癌などの難病を引き寄せてしまう危険性もあるのです。

つまり、ため込むのは良くないのです。

耐えることは大切と言いますが、耐えるだけでは意味がないのです。

耐えたうえで、しっかり発散しないと体と心を壊してしまう危険性もあるので、しっかり自分自身をケアしましょう。

自分自身をケアすることができれば、あなたの周囲の人もケアすることができますよ。

そうなると、あなたにとってもあなたの友人や知人などにとってもプラスなことですよね。

ぜひ、対象法をしっかり覚えましょう。

それでは、じっくりどうぞ!

この記事の目次

もう耐えられない!そう感じた時の対処法を教えます!

もう耐えられない!そう感じることはありますが、このことを上司などに相談すると、「仕事ができないお前が悪い」「すべては自分が蒔いた種だろう」など、余計にストレスを与えてくる人もいらっしゃいます。

また、最近多いブラック企業などには、「限界は自分が決めている。

つまり、今、お前が限界だと思えばそれまでだ」と言う感じに、その人の限界を認めないと言う上司もいらっしゃいます。

ある意味、名言をうまく利用してブラック企業化しているようなものなのです。

ここまでの話からすると、耐えるしかないのかと思ってしまう方は多いかもしれませんが、そんなことはございません。

耐え切れないのであれば、耐える必要がないのです。

なぜなら、耐えるだけあなたの人生の時間を無駄にしているのと同じなのです。

それよりかはさっさと気にせずに、先へ進んだ方が良いのです。

しかし、日本は古くから耐えることを美徳のような感じに見せてしまっているために、耐えることこそ、価値のあることと思ってしまっている人が多いのです。

そのために、とにかく耐える耐えるという感じの環境になってしまっているのです。

そこから勘違いされているのが、メンタルの強さです。

メンタルの強い人=耐える力がある人という感じに見ている人がいらっしゃいますが、それは大きな勘違いです。

真にメンタルの強い人は、感情をコントロールできる人なのです。

つまり、耐えることでメンタルが強化されるというのは間違いなのです。

また、科学的にも立証されていません。

ただ、誰かが言っていてそれが全国に伝染しただけなのです。

つまり、耐えることは美徳でも何でもないのです。

耐えることで得られることはそんなに多くはありません。

むしろ、皆さんが嫌っているストレスばかりを得てしまう危険性が高いのです。

つまり、耐えなくていいのです。

そこで、ここからは限界を感じた時の対処法をご紹介します。

じっくり覚えましょう。

「限界だ…」と感じた時の8個の対処法

それではお待ちかねの限界だと感じた時の対処法をご紹介します。

おそらくほとんどの方は、対処法を対処法として知らなかったのです。

つまり、しっかりと対処法として覚えることで、限界だと感じても、しっかり対処することができるのです。

何度も言いますが耐える必要はないのです。

耐えてもストレスをためてしまうだけです。

もうすぐ平成も終わり、新しい時代が来るのです。

昭和の時のようになんでもかんでも耐えればいいと言う時代は終わったのです。

いつまでも「欲しがりません。勝つまでは」の時代ではないのです。

耐えるのではなく、しっかり対処して感情などを見ださないようにするのが大切なのです。

感情をコントロールできるようになれば、メンタルが強くなった証拠です。

つまり、限界を感じる機会を減らすことができるのです。

そのためにも、ピックアップされた8個の対処法をお教えいたしますので、ぜひ、しっかり覚えましょう。

間違ってもいきなりすべてを覚えようとして限界を感じないようにしてください。

ゆっくりゆっくり1つ1つ確実に覚えていくことが大切ですよ。

ぜひ、しっかり覚えましょう。

もしかしたら、もうすでに知っている対処法があるかもしれませんが、対処法として覚えていないので、対処できていない可能性が高いのです。

しっかり対処法として認識して行うことで、限界を乗り切ることができますよ。

誰かに話す


限界を感じたら、まずは、誰かに悩みを打ち明けるなどして、たまっているものをアウトプットしましょう。

アウトプットすることで、少しは心が和らぐのです。

不思議な感覚かもしれませんが、言葉にして出すことで体内にあったストレスも少しは軽減されるのです。

いつまでも誰にも話さずに自分だけでため込んでいると、ストレスが増幅するだけなのです。

そうなってしまっては意味がありません。

そうなる前に、気が許せる友人にご相談などをするようにしましょう。

この時に大切なのは、何かいい方法を頂けると言うような考えを持つのではなく、聞いてくれることに関して感謝をして話すようにしましょう。

つまりは、会社内でなんでも打ち明けることができる知人を作っておくことが大切ですよ。

そうでないと、ストレスをため込んでしまう危険性が高いので、自分を苦しめるだけです。

自分で自分を苦しめるなんて、これほど意味のないことはございません。

しっかりアウトプットするようにしましょう。

言葉にして出す!意外と侮れない行動なのです。

気分転換をする

限界だと感じていると気がめいってしまっている危険性が高いので、意識をずらすことが大切です。

そのために、気分転換が大切になってくるのです。

まあ、よく簡単に気分転換とは言いますが、侮れません。

要は意識がそっちに向いているせいで、休みの時でもそっちばかり気にしてしまっているので、ストレスがたまるだけなのです。

気分転換をして意識をずらして、心をリフレッシュさせることが大切です。

では、具体的にどんな気分転換方法があるのかと言いますと、それはあなたが決めることです。

これと言った絶対的なことはないので、あなたにとって気分が良くなることをするようにしましょう。

このような時に、大きなことを考えようとする人がいらっしゃいますが、そんな必要はございません。

小さなことでも結構です。

あなたの心がリフレッシュされればなんでもいいのです。

ぜひ、気分転換を大切にして、限界を突破するようにしましょう。

体を動かす


体を動かすことで、ストレスが軽減されるのかと言いますと、軽減されます。

要は、人間の体もマシンのようなものなので、動かさないと腐ってしまうのです。

よく体の衰えを感じると言われますが、それは年齢を重ねたからということではないのです。

年齢を重ねながら体を動かしていなかったから体の衰えを感じてしまうのです。

つまり、体を動かすことでは、気分転換と同じでリフレッシュすることができるのです。

要は、リフレッシュしないといけないのは、心だけでなく、体も必要なのです。

つまり、適度に体を動かしていると体に衰えを感じづらくなるので、体からの限界を感じることが少なくなるのです。

運動不足とはいいますが、何も、激しいことしないと運動とは言えないと言うわけではありません。

ウォーキングだったり、誰でもできることでも構いませんよ。

最近ではゆるいスポーツという感じでニュースポーツが誕生したりしているので、もしかしたらこれからは国として体を動かすことを奨励される可能性もございますね。

要は、体を動かして要介護になる時を少しでも遅くすることで、国が負担しないといけない社会保障費の負担を軽減させることを目的にしている場合もあります。

自分は関係ないと思っていても、何十年経てば、あなたも老人になり、もしかしたら要介護になる可能性があるのです。

その時にしっかり社会保障費があればいいのですが、何があるかわからない状況です。

今の状況で、未来を考えてはいけないのです。

ぜひ、ストレス軽減以外のためにも、体を動かすようにしましょう。

嫌なこととしばらく距離を置く

嫌なことが目につく場所にあったり、常に気にする位置にある状況下にいると、ストレスがたまるだけです。

つまり、自ら火の海にいるような状況なのです。

それでは限界が早く来てしまう危険性が高いのです。

そのために、どうすればいいのかと言いますと、嫌なことから距離を置くようにしましょう。

仮に会社内で距離を置くことができないのであれば、上司に相談したりして、異動を申し出るなどをしてみてもいいのではないでしょうか。

耐えろと言われるケースもありますが、耐えることで、会社の仕事が進まなくなるなどがあれば、責任は上司になります。

また、どうしても距離を置くことができないのであれば、辞めることも視野に入れることがいいかと思います。

やめることに関して抵抗がある方もいらっしゃいますが、あなたの人生で自ら身を削って寿命を減らす必要はございません。

会社の仕事がスムーズに進むために、努めないといけない上司の方が耐えろと言ってくる時点で、会社の未来はわかりますよね。

ストレスをためながら仕事をしてもいいことはありません。

あなたにとって、最高の気分で仕事ができる環境に身を置くようにしましょう。

深呼吸をする

人間にとって最も大切なものは空気です。

空気を循環させないと人間の体内にも悪影響を及ぼすのです。

また、新しい空気を吸うことで、少しは頭もスッキリするのです。

つまり、限界だと感じた時は、深呼吸をすべきです。

また、この時に屋上など、広い景色を見れる場所で行うと気分のスッキリ具合がだいぶ違いますよ。

深く呼吸をするから体の隅々まで新しい空気が行くので、詰まった個所も治してしまう可能性もあるのです。

要は、ストレスが溜まってしまうのは、気の通り道がつまってしまっているからストレスになってしまっている危険性が高いのです。

つまり、深呼吸はしすぎて困ることはないのです。

ちょっと疲れたなと思ったら深呼吸をしましょう。

深呼吸をして体と心をリフレッシュして、イキイキした感じになりましょう。

追記として呼吸に関して言いますと、人間は寝ている時に激しく呼吸をしていて、それと同時に細胞を生まれ変わらせているのです。

つまり、この時にしっかり呼吸しないといけないのと一緒に、質の良い空気を吸うことが大切なのです。

部屋の中の空気は意外と汚れていることに気づいていない人は多いのです。

つまり、部屋の空気を整えるだけで、実は気分を変えることができるのです。

空気を整えましょう。

断捨離をする

最近流行りの断捨離ですが、実は限界に似ているような感じの飽和状態を緩和する効果があると言われています。

なぜかと言いますと、要はごみやいらないものが溜まっているとその物たちからの影響を受けてしまっているのです。

要はいらないのに近くに置いているというような状況なので、いらないものを引き寄せてしまう可能性があるのです。

そのためにもう限界と言った状況でも、必要のないものを引き寄せてしまってストレスを感じてしまうのです。

故に限界だと思ったら断捨離をしてみましょう。

大声を出す

よく昔、夕日に向かって叫べと言った感じの青春ドラマが流行りましたが、実はこれ!結構な効果があるのです。

なぜかと言いますと、大声を出すと言うのは、アウトプットなので、外に出すのです。

たかが声と言いますが、声に出して外に出すことで、いらないものが外に出るので、限界状態を少しは緩和してくれるのです。

故に、なんか限界だという感じに陥っている時は、思い切って大声出してみてはいかがでしょうか。

ただし、みんながいる場所とかでは控えましょうね。

一人旅に出る

限界になってしまうことの原因にはいつも同じ場所にいることが原因と言われています。

要はいつも同じ場所にいるので、視野を広げることができないのと、新しい考え方を吸収できないのです。

そのために、いつものを繰り返してばかりいるので、限界状態になってしまうのです。

故に新しい考えや視野を広げるために、いつもの人たちに影響をされないためにも、自分が知らないところに一人旅に出てみるのもいいのではないでしょうか。

よく自分探しと言って旅に出る人はいらっしゃいますが、自分探しではなく、自分の限界状態を解き放つために旅へ出ましょう。

逃げる

場合によっては逃げてもいいのです。

日本の場合、逃げることはネガティブな感じに見られてしまっていますが、それが大きな勘違いなのです。

逃げるが勝ちと言うことわざにもあるように逃げてもいいのです。

限界状態になっている時にいつまでもその場に身を置いていても、逆に身を滅ぼしてしまうのです。

限界ならば逃げればいいのです。

最近のブラック企業に多いのが、従業員に対して限界は自分が決めているといった感じに言って、そう思わなければ限界じゃないと言った感じに仕事の量を増やしていくことです。

限界は自分で決めれるので、逃げていいのです。

上司の言葉に惑わされてはいけませんよ。

ストレスをためやすい人の特徴とは?

ここからは限界を感じてしまう主な原因であるストレスをためやすい人の特徴をご紹介します。

完璧主義

完璧主義の人はストレスをためやすい傾向があります。

完璧を目指す人はいても、完璧な人はいません。

人間なので、間違いは必ずあるのです。

つまり、完璧主義でいるだけでストレスをためてしまうのです。

故に完璧を目指すのはいいけど、自分は完璧だと思っているとストレスをためてしまう危険性は高いのです。

失敗もあるんだくらいに柔軟にいきましょう。

真面目

真面目な人は意外とストレスをためてしまうのです。

真面目なため、なんでもかんでもルールに沿っていないと気が済まない傾向があります。

真面目なことは悪いことではありません。

良くないのは、真面目なうえに頭が固いということです。

このようなタイプは押し付けタイプなので、うまく行かないことが起きるとストレスをためてしまうのです。

真面目を保ちながら柔軟に行きましょう。

悩みを溜め込む

何かにおいて悩んでしまって、悩みを溜め込んでしまう人は結構多くいらっしゃいます。

なぜかと言いますと、友人や知人などに相談することが弱い自分を見せるようなことになってしまうからです。

そのため、悩みを溜め込んで、同時にストレスをため込んでしまうのです。

悩みは溜め込むよりも素直に相談しましょう。

相談する時に大切なのは、アドバイスをもらおうと思わずに話を聞いてくれることに感謝しましょう。

頑固

頑固な人は自分の考えに縛られすぎているので、ストレスをためやすい傾向があります。

なぜなら、自分の考えに固執して他人目線での考えができないので、自分の考えと違うことが起きるとストレスを感じてしまうのです。

しかし、世界は広いのです。

あなたの考えだけで世界が収まることはないのです。

違いを受け入れることができないとストレスをためやすくなりますよ。

ネガティブ

ネガティブな人はストレスをためやすいのです。

良いことが起きないと理解しておきながらも、実際にマイナスなことが起きるたびに嘆いているのです。

そのためにポジティブな人に比べてストレスをためやすい傾向があります。

ネガティブほど、ストレスを引き寄せる強烈なものはございません。

是非、ネガティブにならずに、ポジティブに行きましょう。

そうすることで、何に対してもストレスを感じることが減りますよ。

はっきり意見が言えない

考えたことに関して相手にはっきり言えないとストレスをためてしまう危険性がものすごく高いのです。

なぜなら、要は考えたのに外に出していないので、ため込んでしまっているのです。

要は部屋のごみを処理しきれていない状況と同じなのです。

また、言えなかったことで、なんであの時に言えなかったのかという感じに後悔をしてストレスをため込んでしまう原因にもなるのです。

ぜひ、はっきり意見を言うようにしましょう。

限界と感じる瞬間ってどんな時?

ここまでで、ストレスをため込んでしまう人の特徴をご紹介しましたが、ここからは、限界を感じる瞬間などをご紹介します。

おそらく人それぞれで、限界だと思うことに違いがあるかもしれませんが、よくよく考えていくと意外と共通になっている可能性もあるのです。

まずは、その瞬間を覚えて、そのような現場に遭遇しそうであるのであれば、回避するようにしましょう。

意外と日常的なものもございますので、じっくり拝見しましょう。

職場の環境

職場の雰囲気や環境などは人によって合う合わないはあります。

ただし、そんなことを言い訳に仕事をしないとかあってはいけないのかという感じに思ってしまい、そんなことを考えないようにしようと思わせてくる企業は多いのです。

しかし、合う合わないはものすごく影響を及ぼします。

この時に有利になるのが日本では、経験年数などになってしまうのです。

結局、よかろうが悪かろうが、勤続年数が多い方が優先されるのです。

いくら自分がしたい仕事であっても環境が合わないと限界を感じてしまいます。

人間関係

職場環境で一番問題になってしまうのが、この人間関係です。

十人十色と言いますが、まさに人間は人それぞれで色が違うのです。

そのために、合う合わないが発生してしまうのです。

この場合、首都圏などでは、出会う人の数が多いので、自分と合わないタイプの人がきてもうまく対応できるのですが、地方の場合は、出会いが少ないためか自分と合わないタイプが来ると何とかしようと考えてしまうのです。

首都圏で働いていた人が地方に行って苦戦するのはそのためです。

このような状況だと限界を感じてしまうのです。

通勤時間

会社に向かっている時間はものすごくストレスがたまります。

なぜかと言いますと、これから嫌な職場に行くのかと思うと、吐き気をもよおしたり、憂鬱な気分になってしまうのです。

特に会社に近づくにつれそれが激しくなってしまうのではないでしょうか。

ある意味、働いている時よりも恐怖の時間になってしまっている危険性があります。

ある意味、職場でストレスを感じてしまうと職場を離れていてもストレスになってしまうのです。

長時間労働

一応、労働基準法では1日の労働時間は8時間と決められてはいますが、そんなの関係なく8時間以上平気で働かせる企業は多く存在します。

中には残業代を支給しない企業もあるなどして、長時間労働で頭がおかしくなったり、体に異常をきたしたりしている人は結構多くいらっしゃいます。

日本は世界でも自殺率が高い国です。

その原因のひとつが労働です。

しかし、労働に対して何かを物言いを言うことをタブー視しているので、なかなか指摘できないのです。

結局、最悪な結末を迎えているところは結構多いのです。

ノルマ

ノルマがあるとキツイからと、最近はノルマなしと言った感じにうたっている企業は多くありますが、果たしてそれは本当にいいことなのでしょうか。

ノルマがないのであれば、月にどれくらいの成績を収めればいいのかわからないので逆に差が出てしまうこともあります。

実はノルマがないことがある意味限界を感じさせてしまっているのです。

求人広告などで、ノルマがないとでかでかと出しているところはいっぱいありますが、ある意味要注意です。

パワハラやセクハラ

パワハラとセクハラがあるとそこに行きたくないですよね。

しかし、実際にそのような行為を行っている人は、意識がなくやってしまっている危険性が高いのです。

つまり、相手に指摘しても意味がないのです。

また、そのような環境下で働きたいとも思えないので限界を感じてしまうのです。

ある意味、社会問題化されていますが、まだまだ解決の兆しが見えない問題でもありますので、限界を感じる前にその場から離れることもいいと思いますよ。

睡眠不足

人間の三大欲求の1つでもある睡眠ですが、睡眠が良く取れないとものすごくストレスをため込んでしまうのです。

なぜなら、睡眠をとることで体の疲れなどがとれて、またあなたを作っている細胞が生まれ変わるのです。

これがしっかりできていないと起きた時にものすごく疲れをため込んでしまってストレスになり、限界を感じてしまうのです。

しっかり睡眠をとることで日常でも限界を感じなくなりますので、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

友人関係

友人関係は意外とシビアな問題です。

なぜなら、意外と脆いからです。

今の友人などは、たまたま学校が一緒だったとかの偶然の出会いでできた仲なので、知っているようで隅々まで知らないと言うケースはあります。

特に幼馴染と関係性を壊してしまうとかなり限界を感じてしまうのです。

今まで信じてきたのにという感じに見てしまっているからです。

しかし、そう思っているのは、あなたなのです。

友人関係は意外にシビアだと言うことに気づきましょう。

恋愛関係

限界をものすごく感じてしまう事柄なのが恋愛関係です。

男性と女性は別物なので考えが合わないのは仕方がないことなのですが、付き合っていくうちにこの人無理という感じに見てしまう人も多く、そうなってしまうと、相手との恋愛に限界を感じてしまってこじれてしまうことが良くあります。

DV

暴力的な人と一緒にいるとストレスを感じてしまうので、おかしくなってしまい、限界を感じてしまうのです。

誰だって暴力的なことを受けるのは嫌だと思います。

DV問題はかなり深刻ですので、ぜひ、そのようなことに巻き込まれないようにしましょう。

恋人の浮気

最近何かと騒がれるのが浮気の問題ですが、浮気をされると男性でも女性でもショックを受けるのは当然です。

そのために、浮気をされた時はこの人と一緒にいてもうまく行かないのかなと思ってしまうのです。

それだけ浮気はお互いに限界を感じさせてしまうのです。

恋人からの束縛

恋人からあれこれ言われたり、指示されたりすることに関してものすごくストレスを感じてしまう人は多くいらっしゃいます。

そのために過度な押し付けはよろしくないのです。

いつしか、逃げられてしまうこともあり得るのです。

束縛はお互いに良くありません。

されている方だけでなく、している側も限界を感じてしまいますよ。

限界と感じた時は無理をしないのが一番

いかがでしたでしょうか。

限界を感じた時は無理をせずにゆとりを持ちましょう。

そうすることでストレスを感じなくなりますよ。

せっかくの人生です。

楽しく生きなくてはもったいないですよ。