CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「限界だ…」と感じた時の8個の対処法


何年かに1回のペースで時々、「限界だ」と感じてしまうことはありませんか?おそらく生きている限り、この壁にぶち当たることが多いかと思います。

なぜなら、人間は日々、自分がやりたいことができていないとストレスをためてしまうのです。

特に労働者生産国と言われている日本の場合は、夢を叶えるために仕事をしてお金を稼ぐと言うことを考えている人が少ないのです。

ほとんどの人は、生活するために仕事をして稼ぐと考えているのです。

そのため、内に秘めたものをずっと秘めた状態にしているので、ストレスが溜まっていく一方で、いつの日か爆発してしまうのです。

その爆発が、実は結構怖いことで、爆発した時に人間は何をしだすのかわからないのです。

それは何も他人だけとは限らないのです。

実は自分自身も何をしだすのかわかっていない人は多いのです。

暴れている時は無意識で、収まった時に視界が広がると言われています。

つまり、爆発すると本能と感情でしか動いていないので、あなたの考えは無視されてしまうのです。

つまり、限界だと感じた時ほど、しっかり対処しないと危ない目にあってしまう危険性が高いのです。

そこで、今回こちらの記事では「限界だ…」と感じた時の対処法などをまとめましたので、ぜひ、読んでいただきまして、理解して、実践までしていただけましたら幸いです。

ストレスはため込みすぎても意味がありませんし、癌などの難病を引き寄せてしまう危険性もあるのです。

つまり、ため込むのは良くないのです。

耐えることは大切と言いますが、耐えるだけでは意味がないのです。

耐えたうえで、しっかり発散しないと体と心を壊してしまう危険性もあるので、しっかり自分自身をケアしましょう。

自分自身をケアすることができれば、あなたの周囲の人もケアすることができますよ。

そうなると、あなたにとってもあなたの友人や知人などにとってもプラスなことですよね。

ぜひ、対象法をしっかり覚えましょう。

それでは、じっくりどうぞ!

もう耐えられない!そう感じた時の対処法を教えます!

もう耐えられない!そう感じることはありますが、このことを上司などに相談すると、「仕事ができないお前が悪い」「すべては自分が蒔いた種だろう」など、余計にストレスを与えてくる人もいらっしゃいます。

また、最近多いブラック企業などには、「限界は自分が決めている。

つまり、今、お前が限界だと思えばそれまでだ」と言う感じに、その人の限界を認めないと言う上司もいらっしゃいます。

ある意味、名言をうまく利用してブラック企業化しているようなものなのです。

ここまでの話からすると、耐えるしかないのかと思ってしまう方は多いかもしれませんが、そんなことはございません。

耐え切れないのであれば、耐える必要がないのです。

なぜなら、耐えるだけあなたの人生の時間を無駄にしているのと同じなのです。

それよりかはさっさと気にせずに、先へ進んだ方が良いのです。

しかし、日本は古くから耐えることを美徳のような感じに見せてしまっているために、耐えることこそ、価値のあることと思ってしまっている人が多いのです。

そのために、とにかく耐える耐えるという感じの環境になってしまっているのです。

そこから勘違いされているのが、メンタルの強さです。

メンタルの強い人=耐える力がある人という感じに見ている人がいらっしゃいますが、それは大きな勘違いです。

真にメンタルの強い人は、感情をコントロールできる人なのです。

つまり、耐えることでメンタルが強化されるというのは間違いなのです。

また、科学的にも立証されていません。

ただ、誰かが言っていてそれが全国に伝染しただけなのです。

つまり、耐えることは美徳でも何でもないのです。

耐えることで得られることはそんなに多くはありません。

むしろ、皆さんが嫌っているストレスばかりを得てしまう危険性が高いのです。

つまり、耐えなくていいのです。

そこで、ここからは限界を感じた時の対処法をご紹介します。

じっくり覚えましょう。

「限界だ…」と感じた時の8個の対処法

それではお待ちかねの限界だと感じた時の対処法をご紹介します。

おそらくほとんどの方は、対処法を対処法として知らなかったのです。

つまり、しっかりと対処法として覚えることで、限界だと感じても、しっかり対処することができるのです。

何度も言いますが耐える必要はないのです。

耐えてもストレスをためてしまうだけです。

ページトップ