コミュニケーション能力は、人間関係を築くうえで、もっとも大事なスキルです。

コミュニケーション能力が高い人は、仕事もプライベートも順調に進めることができます。

でも、コミュニケーション能力が低い人は…?

仕事でも恋愛でも、上手に関係を築けずに苦労することが多いのではないでしょうか。

しかし、コミュニケーション能力が高い人と自分に、それほどの差があるとは思えない!そう感じたことってありませんか?

そこで今回は、『コミュニケーション能力が高い人と低い人の違い』をご紹介します。

レベルに違いがあると思えないのに、むしろ自分のほうがイケてる気がするのに…。

仕事も恋愛も上手にこなすことができるあの人と自分のコミュニケーション能力の差とは?

この記事を参考に、コミュニケーション能力の問題点を見つけてくださいね!

あなたはコミュニケーション能力が高いですか?

コミュニケーション能力は、人間関係を円滑にするうえで欠かせないものです。

家族とも友達とも、そして仕事でも、私たちの身の回りは人間関係だらけ。

他人との関係を構築せずに、生きていくことはできません。

そんな人間関係を上手に構築するために必要なスキルこそ、コミュニケーション能力です。

あなたは、コミュニケーション能力が高い方ですか?

ここで自信を持って「私はコミュニケーション能力が高い」と答えられる人は少ないはず。

なぜなら、コミュニケーション能力の高さは、相手の評価にゆだねられるものだからです。

コミュニケーション能力とは、端的に言うと「他人と上手に意思疎通を図る能力」のことです。

つまり、あなたがいくら「上手に会話できた」と思っても、相手に不満が残る会話なら、そこにコミュニケーションは成り立っていないことになるのです。

逆に相手が「有意義な会話ができた」と感じたなら、あなたはコミュニケーション能力が高い人として評価されることになるでしょう。

難しいのは、人はひとりひとり違うというところです。

ある人とは上手にコミュニケーションをとることができても、他の人とは上手にコミュニケーションが取れない場合、あなたのコミュニケーション能力の高さは人によって評価が分かれることになってしまいます。

むしろ、人によってコミュニケーションの良し悪しに差が出るということは、あなたの能力より、相手の能力による違いということにもなります。

相手のコミュニケーション能力が高ければ楽しい会話ができ、相手のコミュニケーション能力が低ければ会話で意思疎通が図れない…ということになるんですよね。

それは結局、あなたのコミュニケーション能力が低いことにもなると思います。

コミュニケーション能力が高い人は、その能力を活かしてどんなシーンでも、どんな人とでも、相手と有意義なコミュニケーションをとることができます。

そのため、家庭でも友人関係でも、会社でも良い人間関係を構築することができ、身の周りには心地よいコミュニティが出来上がっています。

そうした環境は、日々の充実度も押し上げているはずです。

さて、もう一度質問します。

あなたはコミュニケーション能力が高いですか?

もし自分のコミュニケーション能力に自信がないのだとしても大丈夫です。

この能力は、訓練で高めていくことができます。

コミュニケーション能力が高ければ、今までの悩みも、上手くいかなかったことも、どんどん好転していくはずです。

あなたもコミュニケーション能力を上げて、人生を有意義なものに変えて行きましょう!

コミュニケーション能力が高い人と低い人の違いとは?

人間関係の構築に必須のコミュニケーション能力。

この能力に自信を持っている人は、多くはないと思います。

でも、コミュニケーション能力が人間関係を築くうえで、さらには充実した人生を送る上で、とても重要であることは誰もが感じているはずです。

コミュニケーション能力は、磨いていけば向上させていくこともできる能力なのですが、今日学んで明日から上手になれるほど、スキルアップは簡単ではないと思います。

ただ、コミュニケーション能力の高い人と低い人の差は、ほんの少しの差でしかありません。

「コミュニケーション能力が高い人は難易度の高いスキルを使っている」というわけでは全くなく、ちょっとした意識と努力の違いがあるだけです。

とはいえ、長年体に染みついた“意識”はそう簡単には変わらないし、誰にでもやろうと思えばできる“努力”も、やれない人が多いからこそ差がでるわけです。

コミュニケーション能力を上げるには、意識を変える努力をし続けられるか…次第だと思います。

そこでまずは、『コミュニケーション能力が高い人と低い人の違い』を学びましょう。

コミュニケーション能力が高い人と自分の差がどこにあるのか、何が違うのか…まずはそれを自覚することが、コミュニケーション能力を向上させるための第一歩です。

ここでは、コミュニケーション能力が高い人・低い人、それぞれの特徴をご紹介していきますので、それぞれの特徴を見比べてみてください。

コミュニケーション能力が高い人の9個の特徴

まずは、コミュニケーション能力が高い人の特徴を解説していきます。

彼らの特徴は、主に9つ!これらには、コミュニケーション能力を上げるヒントも詰まっています。

自分には出来ていないこと・やっていないことがないかを考えながら、コミュニケーション能力が高い人の意識を学んでいきましょう!

1.相手に関心を持っている


コミュニケーション能力が高い人の特徴その1は、『相手に関心を持っている』ことです。

相手に関心を持つことは、コミュニケーションの基本中の基本です。

なぜなら、相手に関心がなければ会話も膨らまないからです。

それに、関心がないことは、言葉にしなくても相手に伝わるものです。

自分に関心を持ってくれないと感じれば、会話をしていても楽しくありませんよね。

関心を持っていない相手に、わざわざ自分のことを話す気にもなれません。

ましてや、関心がない相手と話しているあなたも、その会話を続けたいとは思わないでしょう。

ですから、相手に関心を持っていなければ、コミュニケーションは成り立たないのです。

コミュニケーション能力が高い人は、常に相手に興味関心を持って接しています。

相手に関心を持つから「もっと知りたい」という欲求が湧いてきて、自然と会話も弾むのです。

関心を持っていることは相手にも伝わるので、相手も嬉しく感じてどんどん自分の話をしてくれます。

そうやって、コミュニケーションは成り立っていくものです。

相手に関心を持っていることは、コミュニケーションの基本であり、コミュニケーション能力が高い人なら誰もが持っている意識です。

2.聞き上手


コミュニケーション能力が高い人の特徴その2は、『聞き上手』なことです。

コミュニケーション能力の高さにおいて、勘違いされがちなことがあります。

それが、コミュニケーション能力が高い人は“話し上手”であるということです。

おしゃべりが上手で、マシンガンのように次から次へと会話を繰り広げる人っていますよね。

そういう人は、「相手を楽しませることができる人」というイメージがつきやすく、コミュニケーション能力が高い人だと思われやすいのですが…実はそうではありません。

なぜなら、“相手との意思疎通”が図れないからです。

お喋りが得意な人は、しゃべることが得意なだけであって、コミュニケーション能力が高い人とは限りません。

もちろん、お喋りが上手でコミュニケーション能力が高い人もいますが、「お喋り上手=コミュニケーション能力が高い」というのは間違いです。

コミュニケーション能力が高い人は、むしろ“聞き上手”な人なのです。

聞き上手な人は、相手がしたい話・聞いて欲しい話を上手に引き出すことができます。

相手は自分の話を思う存分できるので、会話をした後はとても満足することができます。

一方、お喋り上手な人の話を聞いてばかりだったらどうでしょう?

自分の話をすることができず、相手の話を聞いてばかりでフラストレーションがたまってしまいますよね。

しかもそれが、自分の全く興味のない話だったとしたら…。

そこに意思の疎通は全く無いことになります。

コミュニケーション能力が高い人は、相手に心地よく喋らせる環境を提供できる人です。

そもそも人は、自分のことを話したくて仕方がありません。

逆に、人の話なんて聞きたくもないのです。

ですから、コミュニケーション能力を上げるなら、意識すべきは“聞き上手”になることなのです。

3.マナーが身についている

コミュニケーション能力が高い人の特徴その3は、『マナーが身についている』ことです。

マナーとは行儀作法のことで、コミュニケーションを取る上でも欠かせないものです。

なぜなら、行儀作法とは「人への思いやりの心」を表したものだからです。

私たちの生活は、人との関わりの上で成り立っています。

たったひとり、無人島で暮らすならマナーは必要ありませんが、他の人がいる生活環境の中では、マナーを守ることが人間関係を構築する上でも、人と人とが気持ちよく生活するうえでも必要となります。

もちろん、コミュニケーションもマナーの上に成り立っています。

たとえば、目上の人に対して友達と接するような話し方をしていたら?相手は不快な思いをしますよね。

コミュニケーションを取る上で、「相手を尊重する」ことや「目上の人を敬う」ことは、マナーなのです。

また、相手に興味関心をもち、相手ときちんと向き合って会話をすることも、コミュニケーションにおけるマナーと言えます。

相手と目を全く合わせない…興味もなく返事も適当…という態度は、相手に対して失礼です。

「相手に不快な思いをさせない」という思いやりの心がなければ、コミュニケーションも成り立ちません。

コミュニケーション能力が高い人は、こうした最低限のマナーをしっかり守って人と接しています。

だから人と気持ちの良いコミュニケーションをとることができ、相手に高い満足度を提供することができるのです。

4.人によって態度を変えない

コミュニケーション能力が高い人の特徴その4は、『人によって態度を変えない』ことです。

コミュニケーション能力を高める上で、厄介なのが“感情”なのだと思います。

私たちには、「好き・嫌い」という感情がありますよね。

これは、他人に対しても持つ感情です。

コミュニケーションを取る際、この感情が強く影響を及ぼしてくるから、コミュニケーションの得意不得意が出てくるのです。

たとえば、好きな人と会話するとき。

気持ちはウキウキして笑顔になるし、興味関心も自然と湧いてきて、楽しい会話ができますよね。

“好き”という意識がベースにあってコミュニケーションをとるので、たとえ言葉数が少なかったとしても満足度の高いコミュニケーションがとれると思います。

しかし、嫌いな人とコミュニケーションを取るときはどうでしょう?

苦手意識があって、それを隠そうとすればするほど上手に会話ができなかったり、話を繋げたくても会話が見つからなくて途切れたり…無言の時間に気まずい思いをしますよね。

嫌いな人や苦手な人と話す時、それを隠そうと頑張るならまだいいかもしれませんが…。

嫌いだからと避けてしまったり、「早く終わらないかな」と適当にしゃべったりするようでは、コミュニケーション能力が高いとはいえません。

コミュニケーション能力が高い人は、人によって態度を変えません。

もちろん、コミュニケーション能力が高い人にだって、嫌いな人もいれば苦手な人もいるでしょう。

そんな人とコミュニケーションを取るときでも、態度を変えずにきちんと相手に向き合うことができるのです。

それは、「マナーができている」ことが一番の理由だと思います。

自分の感情で相手に不快な思いをさせないよう、嫌いな人へも思いやりの気持ちをもつよう心掛けているから、人によって態度を変えることもないのです。

相手の気持ちを考えることは、コミュニケーション能力が高い人が常に意識していることです。

自分の感情を優先しないことが、コミュニケーションを円滑にしているということです。

5.リアクションが大きい

コミュニケーション能力が高い人の特徴その5は、『リアクションが大きい』ことです。

リアクションが大きい人と、小さい人。

あなたなら、会話していてどちらの人のほうが満足度が高いと思いますか?

きっと、リアクションが大きい人ですよね?

それはなぜなら、リアクションしてくれることで相手の感情が伝わってくるからです。

人はコミュニケーションをとるとき、“相手の反応”をとても気にしています。

「自分の話で楽しんでくれているか?」「喜んでくれているか?」「飽きていないか?」…相手の表情や態度で、安心したり不安になったりしているのです。

このとき、「楽しんでくれている」と分かれば安心し、それは喜びに変わります。

逆に「つまらなさそう」と思えば、不安になってコミュニケーションどころではなくなってしまいます。

リアクションを大きくすることは、相手に分かりやすく感情を伝えることに繋がります。

言葉ではなく態度で表すので、相手の話を遮ることもありません。

相手はあなたの感想を聞くことなく安心して話を続けられるので、気分も乗って楽しくコミュニケーションを取れたと感じることができるでしょう。

リアクションの取り方は、コミュニケーションの質を大きく変えます。

もともとリアクションが大きめの人は、それだけでもコミュニケーション能力が高いと言えます。

逆にリアクションが小さめの人は、感情をリアクションで表現してみるだけでも、コミュニケーションの質が良くなるのを実感できると思います。

実は筆者も、リアクションが大きい方ではありません。

プライベートでは、「感情がまったく読めない」と言われることもしばしばです。

しかし、営業職をやっていたとき、リアクションをとることだけは心がけていました。

成績はそこそこでしたし、お客様とのコミュニケーションも上手なほうだったと思います。

リアクションをとることは、ほとんど無意識にやっていました。

ところがあるとき、後輩に「チーフっていつもお客さんと爆笑してますよね。

何話してるんですか?」と聞かれたことがありました。

その後輩は、お客さんと楽しい雰囲気が作れなくて悩んでいたんです。

筆者は、そこで初めて、自分のリアクションの大きさに気付きました。

お客さんと話しているのは、ほんとうに他愛もない話です。

リアクションをとることで、周囲から見ても楽しそうに見えるほど雰囲気が良いことを知ったのです。

ですから、コミュニケーションを取る上でリアクションの大きさは、非常に重要であり、かつ取り入れやすい方法だと思います。

普段は「無感情」とまで言われる筆者ができるくらいですから、コミュニケーション能力が低くて悩んでいる人には、本当におすすめできます。

とはいえ、わざとらしいリアクションでは不信感を煽るだけです。

あくまでも、感情を表に分かりやすく出すことが重要です。

おそらくコミュニケーション能力が高い人は、リアクションに出すことを自然とやっているのでしょう。

もちろん、意識的にやっている人もいるとは思いますが…。

どちらにしても、リアクションをすることで相手の気分が良くなり、話が盛り上がる…というのは、コミュニケーション能力の高い人がやっている会話術なのです。

6.よく笑う

コミュニケーション能力が高い人の特徴その6は、『よく笑う』ことです。

リアクションを大きくすることが、楽しいコミュニケーションの雰囲気を作ることをお話ししましたね。

そのためには、感情をリアクションに乗せることが大切だとお伝えしました。

でも、嫌な感情をリアクションに出せば、もちろん楽しくはなりません。

出していいのは、相手が不快な思いや、不安な思いをしないリアクションだけです。

感情をリアクションに表すとき、嫌な感情を表さないのも、コミュニケーションのマナーなのです。

つまり、リアクションをする上で一番効果的なのは、よく笑うこと。

コミュニケーションの時によく笑うようにしていれば、それだけで雰囲気はグッとよくなります。

相手も嬉しくなるし、自分も楽しくコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

たとえば、大好きな恋人と話しているときを想像してみてください。

そのときはきっと、表情は常に笑顔ですよね?

些細なことでも声を出して笑ったり、ちょっとしたことに笑い転げたりするのではないでしょうか。

お喋りが苦手でも、よく笑っていれば、コミュニケーションに不満は生まれません。

コミュニケーション能力が高い人は、よく笑うことで楽しい雰囲気を演出しているのです。

7.いじられキャラになれる

コミュニケーション能力が高い人の特徴その7は、『いじられキャラになれる』ことです。

いじられキャラになれる人は、コミュニケーションが上手です。

それが意図的でも、無意識でも、いじられキャラは愛されキャラ。

コミュニケーションを図る上で、強力なテクニックになることは間違いありません。

ただ、いじられキャラって、出来ない人はできませんよね。

なぜなら、いじられキャラは、ときにプライドが傷つくからです。

人にいじられるということは、嫌な言い方をすると「バカにされている」ことにもなります。

そのため、プライドが高い人は、いじられキャラにはなれないし、周囲の人もいじろうとはしないでしょう。

いじられキャラの線引きは、とても曖昧なものです。

愛されるいじられキャラもあれば、イジメの延長にいじりがあることもあります。

その違いは、いじられる本人の受け止め方次第。

いじられる本人がいじられることを嫌がっていればイジメになるし、いじられることを強みにできれば、コミュニケーションスキルとして活かすことができます。

コミュケーション能力が高い人は、ときにいじられキャラになって、周囲を楽しませることができる人です。

いじられキャラになれるかどうかが、相手との関係を左右することもあるのです。

8.会話の引き出しが多い

コミュニケーション能力が高い人の特徴その8は、『会話の引き出しが多い』ことです。

コミュニケーション能力が高い人は、“聞き上手”であることをお話ししましたね。

ただ、“聞き上手”は、ただ話を聞いていればよいということではありません。

聞き出し上手でなければ、聞き上手にはなれないのです。

そして、聞き出し上手になるためには、いかに会話の引き出しを多く持っているかが重要です。

コミュニケーション能力が高い人は、会話の引き出しをたくさん持っている人なのです。

たとえば、自己紹介で出身地の話になったとします。

相手が「〇〇県出身です」と言ったとき、その県についての知識がゼロなら、「へぇ~」くらいしか返事ができませんよね。

何も知らなければ、「その県ってどこにあるんですか?」「その県の特産物はなんですか?」と質問をすることはできますが、ただただ質問するだけでは会話は広がりません。

質問されるばかりで、相手も困惑してしまうでしょう。

でも会話の引き出しが多い人なら、その県に関する情報を瞬時に引き出して、「茨城県といえば水戸ですよね!

水戸って納豆が有名ですけど、やっぱりみんな納豆食べてるんですか?」なんて聞くことができます。

「茨城県といえば稀勢の里ですよね!どこの出身でしたっけ?近いですか?」なんて話を広げることもできますね。

会話の引き出しが多いと、会話の幅を持たせることができますし、相手の興味のある話題に対し、関心を持っていることを印象付けることもできます。

コミュニケーション能力が高い人は、常にアンテナを張って情報収集し、会話の引き出しを多くしておくから、コミュニケーションの際に困ることがないのです。

9.声のトーンが明るい

コミュニケーション能力が高い人の特徴その9は、『声のトーンが明るい』ことです。

コミュニケーション能力を上げようと思うとき、多くの人はいかにして会話を展開させるかを考えてしまいますよね。

確かに、会話の内容も大事です。

でも、コミュニケーションの満足度は、雰囲気作りのほうがもっと大事だと思います。

よく笑うことも、リアクションを大きくすることも、良い雰囲気づくりのひとつ。

そして、声のトーンを明るくすることも、コミュニケーションを図る上で、大切なことなのです。

人と会話するとき、入ってくる情報は話の内容だけではありませんよね。

相手の表情や仕草、そして“声”も、コミュニケーション要素です。

声が明るければ明るい雰囲気に、暗ければ暗い雰囲気になります。

声の低い人、張りがない人などは、いくら会話の内容を考えても、雰囲気はよくならないことの方が多いはずです。

コミュニケーション能力が高い人は、人と会話するときには、声のトーンを明るくしているのです。

それによって、楽しい雰囲気や前向きな雰囲気を演出し、相手の警戒心を取り払っているから、良い関係性を築くことができるというわけです。

コミュニケーション能力が低い人の4個の特徴

さて、ここまではコミュニケーション能力が高い人の特徴をご紹介してきました。

ここからは、コミュニケーション能力が低い人の特徴をご紹介していきます。

コミュニケーション能力が低い人の特徴は4つ!

これらの特徴があると、人とコミュニケーションを上手にとることができないし、誤解を生みやすいでしょう。

コミュニケーション能力を上げたい人は、能力が高い人の真似をするより前に、能力が低い人の特徴を直していくのが先決です。

当てはまる特徴がないか、自分を振り返りながら読み進めてみてください。

1.人見知り

コミュニケーション能力が低い人の特徴その1は、『人見知り』なことです。

人見知りとは、知らない人に対し恥ずかしがったり、嫌ったりすることです。

つまり初対面の人に対して、心を開けないのが人見知りな人です。

恥ずかしい気持ちや嫌う気持ちは、コミュニケーションを取る上では邪魔にしかなりません。

ですから人見知りな人は、コミュニケーション能力においては、低いとしか言えません。

2.人に心を開かない

コミュニケーション能力が低い人の特徴その2は、『人に心を開かない』ことです。

人見知りの人がそうであるように、人に心を開かないことも、コミュニケーションを阻害します。

心を開いて会話することは、コミュニケーションの基本。

不信感を持って相手を見れば、相手も不信感を持つ。

心を開かないで接すれば、相手も心を開かない。

この方程式は、絶対です。

人と良好なコミュニケーションを図りたいと思うなら、まず自分が心を開く必要があるのです。

3.人の話を最後まで聞かない

コミュニケーション能力が低い人の特徴その3は、『人の話を最後まで聞かない』ことです。

人の話を聞かない人も、コミュニケーションはとれません。

コミュニケーションは相手との意思疎通があって成り立つもの。

相手が話しているのにも関わらず、それを最後まで聞かずに自分の話をしてしまうようでは、コミュニケーションを取る意思がないと思われても仕方がないでしょう。

4.会話の広げ方が分からない

コミュニケーション能力が低い人の特徴その5は、『会話の広げ方が分からない』ことです。

コミュニケーションを取る上で大切になってくる会話。

聞き上手になるのにも、会話を広げることができなければどうしようもありません。

きっと、コミュニケーション能力が低い人は、ここで躓いてしまう人が多いでしょう。

会話の広げ方が分からなくなってしまう原因は、会話の引き出しが少ないことがひとつ。

もうひとつは、相手に興味関心を持っていないことが原因だと思います。

会話の幅を広げて盛り上がりたいなら、知識と興味を持ちましょう。

コミュニケーション能力は身につけて損なし!

いかがでしたか?今回は、『コミュニケーション能力が高い人と低い人の違い』をご紹介してきました。

コミュニケーション能力が高い人と低い人の差は、比べてみると些細な違いでしかありません。

でも、コミュニケーションにおいて、そのほんの小さな差が命運を分けるのです。

それは、“人”がそれだけ敏感で、繊細な生き物だからなのだと思います。

ちょっとした意識の違いを感じ取り、些細な心遣いに大きく気持ちが揺れ動くのが人間です。

コミュニケーションを上手にとりたいなら、そんな相手の変化に意識を向けておくことが大切です。

コミュニケーション能力は、言い換えれば“思いやりの能力”です。

相手を思いやる気持ちを忘れなければ、きっとコミュニケーション能力が高い人になれるはずですよ。