CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

自業自得だと思った時の5個の対処法


皆さんは自業自得というような経験をしたことはありますか?

それか周りの人で、そのような経験をしてしまったようなことを見聞きすることもあるかもしれませんね。

では自業自得ということについて掘り下げてみていきましょう。

この記事の目次

自業自得って聞くとどんなことを想像しますか?

自業自得と聞くと、どのような想像しますか?

やはり悪いことは返ってくるのは仕方がないことと思いますか?そして、そのような人は仕方のない人と思いますか?

もちろんそのようなケースもあるにもあります。

ですが、人は過ちを犯さないという人はそんなにいません。

やはり様々な過ちから、反省をし乗り越えている人がいるのも事実です。

ですので、皆さんも自業自得という結果になってしまうかもしれません。

では自業自得だと思った時の対処法や、自業自得なことが起こりやすい人の特徴を見ていきましょう。

自業自得だと思った時の5個の対処法とは

やはり、人間は誰しも過ちがあります。

ですので、その過ちを犯したという段階で、修正することが大切です。

ですので、その自業自得だと思ってしまったという時の対処方法についてみていきましょう。

しっかりと償う

自業自得と言っても、様々なケースがあります。

ただ単に自分に返ってきただけというようなケースもあるでしょう。

物事に対して不真面目に取り組んだから、悪い結果が出たとしたら、それは自分だけで完結していることです。

ですが、中には人が絡むようなこともあるでしょう。

もしそのような時であったら、しっかりと償うことが大切です。

初めは嫌な態度を取られたりするかもしれません。

ですが、だんだんと真摯に償っていくことで、もしかしたら相手の方から見た皆さんの印象も変わるかもしれません。

ただ、相手の印象が変わることを期待した、見返りを求めるような償い方はやめましょう。

ますます角が立つだけになりますので、そのような「許してもらおう」という見返りを求めずに償っていくことが大切です。

自業自得になってしまった理由と向き合う

どのようなことでもそうですが、自業自得になってしまった原因をしっかりと向き合うことが大切です。

自業自得だということは、何かにつけ自分に原因があることが多いです。

努力不足だからそうなってしまったのかもしれませんし、相手のことを思いやる気持ちが足りなかったから、そのようになってしまったのかもしれません。

確かに、自分の悪いところと向き合う事は大変つらいことです。

自己嫌悪に陥ってしまうかもしれませんし、自分を責めるようなこともあるでしょう。

ですが、これは人間として成長するために必要な痛みでもあります。

心が弱い人ほど、同じような事態で自業自得というようなことになってしまうこともあります。

著者は掲示板が好きで、様々な掲示板に出入りしていたことがあります。

やはり精神的な疾患を抱えている人ほど、同じようなことで躓いていることが多かったです。

そのような場合は、自分が犯した失敗の痛みを直視するというのは大変難しいのかもしれません。

そのような時は投薬をしながら、カウンセリングを受けて徐々に自分と向き合うようにしましょう。

迷惑をかけた人に謝罪をする


自業自得になってしまうケースも様々ありますが、もし迷惑をかけた人がいるのであれば心から謝罪することが大切です。

ここでポイントになるのが、心から申し訳ないと思って謝罪するということが大切なのです。

納得がいかないけれど、表面的に謝るということだと、逆に迷惑をかけた人にの神経を逆撫でしてしまう結果になります。

そのような様子だと、謝らない方がマシというような事態になります。

ですので、謝罪するとしたら心から申し訳ないと思って謝罪することが大切です。

信頼出来る人に相談してみる

やはりこのような自業自得であることに関することを、相談するのは勇気がいることです。

このような相談事は、相談相手は必ず選ぶようにしましょう。

ベストなのは信頼できる人です。

匿名ということを活かして、掲示板などを生かして相談をする人が多いのですが、基本的には「こうすればよかったのに」とか「信じられません!」というような書き込みで埋め尽くされることになり、あまり前向きな解決方法について導き出されることはそんなにありません。

失敗を次に生かす

悪い状態になると、自分はダメな人間なのだと自己嫌悪に陥ってしまうものです。

ついつい自分を責めてしまうでしょう。

ですが、自分を責めてばかりだと、どうにもなりません。

大切なことは次に生かすことです。

もしかしたら、この自業自得な失敗によって人間関係をダメにしてしまったということもあるかもしれません。

ですが、壊れた人間関係は元に戻らないかもしれませんが、新たな人と新しい人間関係を築くことはできるかもしれません。

ですので、こういうことがあったから自分はダメだと自己嫌悪に陥るわけではなく、そのような失敗を次に活かすぐらいな気持ちで、前向きにとらえていきましょう。

とはいっても、同じ環境にいると、噂などが流れることによって新しい人間関係の構築が難しいということもありえます。

やはり人間は、どうしても前にそのような一面があるということが分かると、先入観を持って見てしまうところがあります。

ですので、新しい人間関係もうまく構築できないことがあります。

そのような時は、思い切って引っ越しをするなどをして、新しい環境に身をおくのも良いでしょう。

怖い!自業自得なエピソード9選紹介します!


では、自業自得とはどのようなケースを言うのかというのも気になるところでしょう。

自業自得なエピソードというのは、非常に多岐にわたります。

では、その中のケースを何個か見ていきましょう。

お酒を飲み過ぎて路上で寝てしまいお財布を取られた

お酒が好きな人にとっては、たくさん飲むことも喜びの一つでしょう。

少量では酔いが回らないということから、ついつい楽しいとお酒を飲みすぎてしまうということもあります。

お酒を飲むと、理性をコントロールするのが難しくなりますので、路上で寝てしまうということもあるでしょう。

その時に残念ながら、お財布を取られてしまうということもあります。

確かにお財布を取るほうが悪いのは確かです。

ですが、路上で寝るという無防備な状態でいるというのは好ましいことではありません。

きちんと鍵をかけ、家の中で眠っていたら起こらなかった事と思って間違いないです。

そのようなことから、お酒を飲みすぎたという悪い行いから、悪い結果を生み出したという例の一つです。

ただこのケースも考えようによっては、財布だけで済んで良かったとも言えます。

例えば、北海道などの寒い地域で、路上で寝てしまうと凍死してしまうといいます。

ですので、命は助かったという事で前向きに捉えて、次はお酒を飲み過ぎないように気をつけるということが大切です。

子供を愛さなかったので老後に面倒を見てもらえなかった

親子関係というのは、非常に難しいところがあります。

著者自身も、母と娘の「娘の立場」を経験しましたし、現在二人の娘の母親です。

ですので、この関係というのは非常に興味深く見ています。

よく掲示板で見るのは、母と娘の距離が近すぎるがために、うまくいかなくなっている例や、複数の子供がいる場合は一方の子供は相性が合い可愛がるけれど、もう一方の子供はどうしても相性が合わないというような相談事もよく見ることがあります。

著者の子供時代は、母子家庭ということから、母と娘の距離が非常に近いところがありました。

やはり正直色々思うところはあります。

それと同時に、自分は母として二人の娘の良い母親かどうかというのは、自分では分からないところがあります。

大きくなったらそれぞれに判断してくれることでしょう。

まだ著者が娘の立場というケースでも、娘の母親というケースでも、まだ「老後」には達していないことから、よく分からない所があります。

ただ多くの例を見てみると、介護状態になった時、愛されなかった子供が面倒を見ないというケースはよくあることです。

先ほども触れたように、片方の子供だけを可愛がり、もう片方の子供を邪険に扱うというところはあると、邪険にも扱った子供の介護拒否はよく見られることもありますが、それと同時に非常に可愛がった子供も介護状態のしんどさから、介護を拒否するということで、結局複数の子供から面倒見てもらえなかったというようなケースもあります。

ですので、子供を愛さないだけではなく、片方の子供だけを溺愛するようなことも、子供から介護拒否をされてしまうケースもよくあります。

ただ中には、子供を愛せないということで、悩みを抱いている人がいます。

気づいているということであれば、改善のチャンスがあるということです。

やはりせっかく縁があって親子になったのですから、お互いにお互いを愛し合えるようにしたいものです。

子供を愛せない理由としては、母親もしくは父親の生育歴が影響していることがあります。

そして非常に残念なことですが、どうしても親子間でも相性があるというのもあります。

ですのでそれを克服し、お互いを認め合えるようにカウンセリングを受けるなどをして、前向きに改善に向かうようにすることで、このような自業自得を防ぐことができます。

悪い食生活を続けていたら病気になった

甘いものや脂っこいものなど、美味しいものは非常に体に悪いものが多いです。

もちろん身体に良いものが好きだという人もいるにはいますが、病気になってしまうという方の中には、そのような悪い食生活をついついしてしまうというところがあるのかもしれません。

やはり病気は非常にしんどいものです。

ですので、病気を防ぐためにも、そのような嗜好食品はほどほどにして、健康的な食生活をするべきです。

著者の親戚で非常にタバコが好きな人がいまして、その人は「死んでもタバコをやめん!」ということは言っていたようです。

ですが、実際に大病を患い、あっさりと禁煙に成功したのだそうです。

初めからそのような生死をさまようような病気をせず、健康に気を付けられるのが一番ですが、やはり人間は気づかないと、そのようなことができないのかもしれませんね。

ただ、まだ病気になっていないということでしたら、そのような恐怖体験を味わうことなく健康的な食生活にしたいものですね。

彼氏に偉そうにしていたらフラれた

やはり恋愛関係においては、惚れた弱みというものがあります。

ですので男性から告白されたということになると、ついつい高飛車な態度に出てしまうところがあります。

著者も結構覚えがあり、申し訳ないなと思っています。

幸い振られることはなく結婚にまで至りましたが、思い出すと当時彼氏だった旦那には非常に悪いことをしたなと思います。

やはりいくら惚れた弱みとはいえ、限度というものがあります。

ですのでもし悪いことをしたなと思ったら、素直に反省するということから始めましょう。

著者もこのような経験から素直に謝るということは大切だなと思っています。

何でも人のせいにしていたら自分一人で何もできなくなった

女性の方でしたら、色々な女性と友達になったりすることもあるでしょう。

著者はそんなに友達がいるというわけではありませんが、やはり学生時代はそれなりに友達付き合いもしました。

そんな中でも、何でも人のせいにする人もいましたね。

悪いことが起きたら、何でも相手のせいや人のせいにするのです。

本人にも指摘したことはあるのですが、やはりそのように悪いことが起きたら、何でも人のせいにするので、反省をすることなく、同じような過ちを繰り返すことが多かったです。

そしてその人は、悪い友達と友達をやめることで新しい友達ができるというような考え方でした。

ですが、やはり悪い友達というのも、どちらかと言うと彼女は勝手に定めている所がありました。

本当に悪い友達と思うのであれば、さっさと友達をやめるという選択肢もあったのに、そのような人を利用して友達を作ろうとしていたところがあったので、人を斬りまくることによって最終的には一人になってしまうというところがあったのです。

このように自分の責任で物事を選ばない人は、一人では何もできないところがあります。

実は著者も、一人で何かを選び取っていくというのは苦手なところがあります。

やはりそのようなところはよくないなと思いますね。

一人で何かをしろといわれた途端に、何もできないというところがあるのです。

ですので著者もそこは今改善を試みているところです。

人のことをいじめたら自分に返ってきた

学生時代に、いじめを経験したという人もいるでしょう。

やはり見ていて思うのは、いじめている人は極悪人かと言うと、そうでもないケースが多く、集団意識になると気が大きくなるところがあるのです。

男子の場合はまた違うのかもしれませんが、女子の場合はボスキャラの子が意外とターゲットになる事もありました。

それは、その他大勢の子が結託することによって、最終的にはボスの座を追われているというようなことを見聞きすることは結構あります。

ですので、女子の場合は特に、人のことをいじめていたら自分に返ってきたというのはよくあることです。

そして、昨今の傾向としては、いじめのサイクルがあり、ある時は自分がターゲットになり、またある時は他の人がターゲットになるというような形のいじめもあるといいます。

ですので、このように人のことをいじめていたら人に自分に返ってきたということはよくあることなのです。

不倫をしていたらバレて慰謝料を請求された

不倫をしている人は意外にも不倫自体を楽しんでいるというよりかは、どちらかと言うと好きな人がたまたま既婚者だったというようなこともあるようです。

ですので、意外にも誰にでも足を踏み入れてしまうような可能性もあります。

ついつい感情にブレーキが効かず、不倫関係を続けてしまったということになると、その後に痛い制裁が待っているケースが多いです。

刑法では違反にはなりませんが、民法で違反になるために、そのお相手の配偶者の方に見つかってしまうと慰謝料を請求されるケースがあります。

ですので不倫関係だと気づいたらすぐに清算するぐらいの気持ちが必要です。

ゲームばかりしていたら目が悪くなった

ゲームが好きで、ずっとやっていたがばかりに目が悪くなってしまったという話はよく聞くことです。

特に子供の頃は学校から帰って毎日ゲームばかりやっていたという人も多いでしょう。

そのような人は目が悪くなる可能性が高くなります。

ホストに貢いでいたら借金ばかりになった

女性の中にはホストが好きという人もいるでしょう。

好きなものにお金を使うということは悪くありません。

公に言えるような趣味ではないのかもしれませんが、ホストが好きであることが悪いことというわけではありません。

ただ問題は、借金をしてでもホストに貢ぐことです。

趣味に使うお金は、基本的に収入に見合った金額にしたり生活を圧迫しないようにすることが大切です。

ただホストと言うと、非常にお金がかかります。

ですので、ホストが好きなことというのは悪くはないですが、もしそれによって借金をしないといけないということであれば考え直さないといけません。

自業自得なことを起こしやすい人の特徴って?

このように自業自得なことというのは、誰にでも起こり得ることです。

ただ中には、そのようなことを起こしやすい人というのも残念ながらいます。

ここからは、自業自得なことを起こしやすい人の特徴をご紹介します。

ケチ

人間関係というのもやはり心だけというきれいごとばかりというわけにもいきません。

交際費としてお金をかける事も大切です。

例えば出産祝いについても、相手からはそれなりにもらっていたのに、自分はそんなに金額をかけていないものということになると、人間関係にヒビが入ります。

このようなことから、人にかけるお金をケチることによって、人間関係にヒビが入り最終的には孤立してしまうということもあります。

嘘つき

嘘をつく人というのはだんだんと人が離れてしまうところがあります。

同じ嘘と言っても冗談とかで済むようなことであれば、「またしょうもないことを言ってる」と流してもらえることもあるでしょう。

ですが、金銭に関することの重要な嘘とか、人を陥れるような嘘をつくような人であれば、だんだんと人が離れてしまうでしょう。

嘘をついてしまう人というのは、つい見栄を張ってしまうという人もいるかもしれませんし、劣等感からかもしれません。

そのようなことから、ついつい嘘をついてしまうということであれば、大抵逆の結果になることが多いです。

見栄を張りたいということであれば、実はそこまでお金がないということがバレて恥ずかしい思いをするかもしれませんし、劣等感から嘘をついたりしてしまうということであれば、逆に可哀想な人だと思われ憐れまれるだけでしょう。

人のことを馬鹿にしている

やはり基本的に人をバカにしている人は、周りの人が離れてしまうところがあります。

馬鹿にされてまで一緒にいたいとは思わないでしょう。

噂話や悪口が大好き

噂話や悪口が好きという人は、どの世界にもいるものです。

例えば学生時代もそうですし、社会人になってもそうでしょう。

そのような世界から離れて、専業主婦になりママ友の世界に囲まれても、そのような人はいます。

学生時代は、そのような発言に影響力がある子についていくということもあります。

しかし、だんだんとそのような人からは人が離れていくところがあります。

そして、社会人やママ友ぐらいにもなると、そのような人は適当にあしらいつつ警戒をするというような扱いをするようになります。

初めは敵に回すとめんどくさいということで仲良くしてもらえることもあるかもしれませんが、その人の立場が弱くなったり困った時に助けてくれるかと言うとそうではないことが多いです。

気に入らない人は仲間はずれにする

そしてそのような人は気に入らない人は仲間外れにするところがあります。

ママ友などの世界でもそのように気に入らないお母さんを仲間外れにするという話はよくあります。

影響力のある人だったら、それに付いていくママ友もいるようですが、やはりそのような人もお子さんが同じ学校に通っているというような結束がなくなると、権力が弱まり弱体化したり解散することがよくあるようです。

思いやりの気持ちがない

やはり人間関係の基本は思いやりの気持ちです。

それがないと人間関係を円滑に構築することができません。

ですので、思いやりの気持ちを持つというのは大切であることは言うまでもありません。

思いやりの気持ちというのが、どのようなものなのかというのを今一度しっかりと考える必要があります。

気分屋

気分屋の人もまた、人間関係の構築が難しいところがあります。

機嫌によって人を叱り飛ばしたかと思ったら、急にすり寄ってくるというところがあり、だんだんと利用されているのではないかというような気持ちになることがあります。

このような気分屋というのは、親子関係においても悪影響を及ぼします。

例えばある時は全く言わなかったようなことでも、機嫌が悪い時はとってつけたかのように説教をするということがあると、だんだんと反抗期になったり親の悪い所が見えるようになった途端に親子関係が冷え込む原因にもなります。

自分の非を認めない

やはり人は自分が正しいと思っているだけではうまくいかないことがあります。

中には自分の非を認めないといけないこともあります。

やはり、誰しも間違う事はありますので、非を認めるというのは決して悪いことではありません。

ですが、そのような人はなかなか自分の非を認めることができません。

非を認めないためにますます相手を責めたりすることによって、人間関係が壊れてしまうということはよくあることです。

人の話に耳を貸さない

自分の非を認めないということは、すなわち人の話を基本的に聞かないというところがあります。

もちろん自分がやりたいようにやっていくというのが大切なシチュエーションもあります。

ただ相手が関係することに関しては、必ず人の話を聞くことが必要です。

そうしないとその相手との人間関係は悪くなっていきます。

過去を根に持つ

やはり起こった物事によって、考える必要があります。

例えば、もし自分の子供が何か犯罪に巻き込まれたとしたら、その犯罪者のことを一生許すことはできないでしょう。

それは人間として当然の心理です。

ですが、中には小さなことでずっと根に持つような人がいるのも確かです。

そのような人は、何かにつけそのようなことを蒸し返して責めるようなところがあります。

もちろんそうではないという人もいますが、心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

夫婦喧嘩の時に、ついつい過去に夫がしたことを蒸し返してしまうということです。

そのようなことをすると、過去に戻る事はできませんので、責められるたびに嫌な思いをし、それが度重なると離婚にまで発展してしまうかもしれません。

例えばよくあることは、過去に夫の不倫が発覚し、それを許し再構築をしていこうという時によく起こりがちで、夫婦喧嘩をしたり何かあると、すぐにその不倫のことが蒸し返されてしまうというのです。

初めは夫からも構築するために頑張っていこうと、それを謝っているのですが、だんだんとそれが苦痛になると離婚しようという話になってしまうケースもあると言います。

ですので不倫をしてからの再構築をした夫婦であっても、離婚しているケースが結構多いと言います。

同じ過ちを何度も繰り返す

やはり過ちというのは、人間誰しもあります。

ですので、それを反省しやっていくというのは重要なのですが、ついつい懲りずに同じ過ちを繰り返してしまうというところがあります。

一回ぐらいの過ちでしたら、まだ大目に見てもらえるところがあります。

ですがそれを繰り返しということになると、「また、こいつか」という風になり、だんだんと距離を置かれてしまうところがあり、最終的には一人になってしまうところがあります。

人の悪いところばかりを見ている

あとよくあることが、人の悪いところばかりを見ているというところがあります。

そしてそのような悪いところを指摘し続けるというのは良くないところです。

そのような人はだんだんと人が離れてしまうところがあり、最終的には一人になってしまいます。

人の悪いところを見ていますが、そのような人は大抵自分の悪いところはあまり目がいかないところがあります。

ですので、人に関しては良い部分を見るように努力をし、自分は悪いところを見つめつつそれを改善していくということをしていくと人間関係も安定するでしょう。

裏表がある

やはり大人になると大なり小なり建前と本音というのがあります。

例えば、気が進まない誘いを断る時は「用事がある」と言ったりすることでうまく回避することもあるでしょう。

大人になっても「その集まりは嫌だから行きません。」とか「あなたのことが嫌いだから遊びたくありません。」とはっきり言う人はそんなにいません。

ですが、あまりにも裏表が激しいというのは考えものです。

プライベートにおいても、非常に仲良くしている人の悪口を陰で言っているというところがあると、「この人の本音はどこにあるのだろう?」と警戒されてしまい、人が離れてしまうところがあります。

マナーがない

やはり人間関係において、ある程度のマナーが必要です。

ですのでマナーに関しては、あらかじめ調べておきましょう。

そして人を不快にさせない振る舞いをするということが大切です。

自業自得になる前にしっかり自分自身を見直そう!

皆さんはどれぐらい自業自得になりやすい人の項目に当てはまりましたか?

大切なのは、客観的に自分を見て改善していくということです。

ですので、そのような悪いところを改善していき、自業自得というような事態になる前に自分自身を見直していきましょう。

ページトップ