楽しい時間を過ごす時には、誰かと一緒にいた方が楽しさは倍になりますし、また悲しい気持ちは半分にすることもできます。

けれど、誰かと一緒にいることで気を遣ってしまうため、時には一人だけで静かに過ごしたいと思うこともあるでしょう。

誰かと一緒にいることは、メリットもあればデメリットもあります。

それらがどんなものなのか、また一人でいるのが好きな人の特徴などをご紹介します!

誰かと一緒にいることが好きな人って意外と少ない!?

誰かと一緒にワイワイ楽しむのって、誰でも好きなイメージがありますよね。

仲の良い友達同士でつるんだり、大人数でバーベキューやパーティーをしたりすれば、騒々しくも充実した、楽しい時間を過ごせるでしょう。

しかし、四六時中誰かと一緒だったり、いつも大人数でワイワイやったりすることには抵抗がある、という人も実は結構います。

誰かと一緒だからこそ楽しめるようなイベントや遊びであれば、もちろん一人切りよりも誰かと一緒の方が満足した時間を送れるでしょう。

ですがその一方で、「いつも誰かといるのは疲れる」や「一人の方が気を遣うこともなくて楽」という考えを持つ人もいます。

カフェやファーストフードへ行くと、一人だけで過ごしている人を見かけることが多いように、実は誰かといるよりも、一人で過ごす方が好きな人は案外多いです。

大抵の人は「遊びやイベントは誰かと過ごし、それ以外の時間は一人で過ごす」と場面に合わせて過ごし方を変えていますが、心底一人の空間を好む人は、カラオケやボーリング、レストランなどの複数人に対応している場所でも平気で一人で楽しんでいます。

日本人は集団の中にいる時には、周りに合わせて行動することが多いため、協調性がある一方で気疲れしてしまうことが多いです。

そうした精神的なストレスを感じたくないという人が、特に一人だけの時間を好むのかもしれません。

誰かと一緒にいることの6個のメリット

誰かと一緒にいると、相手にある程度の気を遣いますが、それ以上にたくさんのメリットが得られます。

自分だけではできないことも、誰かと一緒だったらできますし、また誰かの存在があるからこそ自分が心に余裕を持って過ごせることもあります。

例えば旅館やホテルの宿泊は、二人からなら利用料金がお得になることが多いですが、その一方で一人だけの利用だと割高になってしまうことがあります。

また、ワイワイ楽しめるような映画を観に行くときには、一人よりも誰かと一緒に観に行った方が、上映後には映画の話で大いに盛り上がれることでしょう。

バイキングのような場所に行くときにも、一人で行くとなんとなく浮いてしまいますが、誰かと行けばごく自然に周囲に溶け込んで楽しめます。

誰かと一緒だからこそのメリットや、誰かと一緒でなければ味わえないメリットなどがたくさんありますので、それらのメリットのいくつかをご紹介していきます。

寂しくない

一人切りだと寂しさを覚える瞬間が多いですが、誰かと一緒にいればそんな寂しさを覚えることもありません。

時には「一緒にいるのに気持ちがすれ違っていて寂しい」と感じる瞬間もあるかもしれませんが、少なくともそんなことがない限りは、誰かと一緒にいることで寂しさを感じることはないでしょう。

恋人と喧嘩して落ち込んでいる時でも、友達が側にいて話を聞いてくれていれば、寂しさで泣いてしまうこともありません。

また、複数人で楽しむイベントに参加している時でも、誰かと一緒なら周りの目を気にすることなく思い切り楽しめるでしょう。

誰かと一緒にいると寂しくないだけでなく、「一緒だから大丈夫」という安心感や心強さもあります。

それは一人切りでは決して味わえない感覚でしょう。

協調性が身に付く

人と一緒にいることで、協調性を身につけることができます。

一人だけで行動している時には、自分の都合やタイミングだけで動けばいいため、誰に気を遣う必要もありません。

しかし、複数人でいざ行動する場面で同じことをやってしまうと、周りからは「空気が読めない」や「自分勝手な行動ばかりする」などと非難されてしまうでしょう。

一方で、適度に誰かと行動している人は、自分の都合だけでなく、相手の都合やタイミングにも合わせて動きます。

相手の用事を待ったり、相手の行きたい場所へ付き合ったりと、自分主体ではなく、相手のことも考えて行動できますので、自然と協調性が身につきます。

一人だけで協調性は身につくものではありませんので、時には集団行動や誰かと一緒に行動することも必要でしょう。

会話が得意になる


一人で過ごしている時には、誰かと会話をすることはありません。

そのため、一人の時間が長い人ほど、他人と会話をする機会が減ってしまい、いざ会話をする時にはぎこちない話し方になってしまうでしょう。

一方的に自分の話ばかりをしてしまったり、相手の話に上手な相槌を打てなかったりして、相手に嫌な思いをさせてしまうこともあります。

何より一人で過ごす時間が長いと、まともに他人とのコミュニケーションがとれなくなってしまうため、社会に出た時に非常に大変な思いをすることになるでしょう。

しかし誰かと一緒にいる時間が長い人は、自分の話をする時にも相手の反応をよく観察し、相手に合わせて話題を変えたり話の内容を考えたりすることができます。

また、相手を喜ばせたり、自信をつけさせたりすることもできますし、会話が弾めばそれだけ盛り上がり、会話を通して相手との心の距離を近づけることもできます。

誰かと一緒に過ごすことで会話が得意になり、初対面同士でも上手にコミュニケーションがとれるようになりますので、一人だけで過ごすのではなく、適度に人と関わる時間も大切にした方がいいでしょう。

感情を共有できる

誰かと一緒にいることで、その相手とお互いの感情を共有することができます。

人それぞれに個性があるため、性格に大きく差がある人同士が一緒にいる場合には、考え方や価値観も違ってあまり共感出来る部分がないかもしれません。

けれど、お互いに共通のものや出来事に対しては意見が一致することもありますし、会話を通してお互いを深く知ることで、やがては感情が共有できるようになることもあります。

お互いに「楽しい」や「嬉しい」といった感情を共有できればその感情は倍になりますし、また「悲しい」感情を共有することで、お互いを良き理解者だと認識することもできるでしょう。

感情を共有できるようになれば、人とのコミュニケーションも巧みになりますし、協調性や話術をより一層磨けるようにもなるでしょう。

一人じゃ味わえないことが味わえる

誰かと一緒にいると、一人では決して味わえないことが味わえます。

例えば美味しいご飯を食べた時に、一人でももちろん存分に味わうことはできますが、その美味しさを「美味しいね」と言い合って分かち合える相手がいません。

美味しいと思う気持ちは、誰かと一緒に笑顔で味わうことで、よりその美味しさを増すでしょう。

一人で食べて、その美味しさをSNSなどに投稿すれば、友達やフォロワーは何かしらの反応をしてくれるでしょう。

しかしそれも、美味しいものを食べた瞬間に一緒に誰かと分かち合う喜びに比べれば、たいしたものではなくなってしまいます。

一人でも複数でも、やれることは同じだとしても、そこで味わえる喜びや充実感は、大きく違ってきます。

「誰かと一緒に味わわなければならない」というものではありませんが、誰かと一緒だからこそ味わえるものは確かにあります。

そしてそのメリットが得られるのは、誰かと一緒にいる時だけなのです。

弱音を吐ける存在ができる


どんなにタフで強く見える人でも、時には辛くて挫けそうになってしまうことがあります。

一人切りでいる時に、誰に言うでもなく愚痴を吐いてスッキリ出来る人はそれでもいいですが、やはり誰かに愚痴を吐いた方が、より気持ちがスッキリとして落ち着けることでしょう。

他人のことを信用していない人は、例え自分が辛い時でもなかなか弱音を吐くことができません。

「もし弱音を吐いて、それを馬鹿にされたり言いふらされたりしたらどうしよう。」という不安があるため、本音で話すことができないでしょう。

その一方で、親しい人や信頼関係のある相手であれば、弱った時には相手に愚痴や弱音を聞いてもらって、共感してもらったりアドバイスをもらったりできます。

例え悩み事が解決できなかったとしても、自分が弱音を吐くことによって気持ちがスッキリして落ち着きますし、改めて悩み事に向き合える心の余裕を作ることもできるでしょう。

どんなに強くて上に立っている人でも、誰にも弱音が吐けなければ心が弱ってしまいます。

それよりは、適度に弱音を吐ける相手に頼ることで、自らの心身の健康を維持することができるでしょう。

自分以外の人の意見が聞ける

自分だけだと、何かにつけて当然ですが自分の価値観や考えだけで物事を判断することになります。

自分の価値観や判断に自信を持っている人は、どんな場面でも堂々と自分の意見を主張できるかもしれません。

しかし、その主張が世間一般的なものとずれていた場合には、自分一人だけで過ごしていると世間とのギャップに気付くことができなくなってしまいます。

自分に自信がない人は、物事に対して周りの意見や情報、噂などを根拠にして「これはこうだ!」と自信を持って主張します。

一方で自分に自信がある人は、周りの意見とは違っていても、自分の思う意見を堂々と主張するでしょう。

しかし集団社会の中に入った時には、自分が思う意見だけでは物事が上手くいかないこともあります。

自分にとっての正解は、世間一般では誤りだとする見方もあるでしょう。

それに早めに気付くことができれば、周りから浮いてしまうこともなくなります。

誰かと一緒にいると、自分以外の人の意見が聞ける機会に恵まれるため、自分と他の人との意見の食い違いや、価値観の違いなどを知ることができます。

誰かと一緒にいることの6個のデメリット

誰かと一緒にいることで、自分以外の人の考えを知ったり、協調性を身に付けたりすることができます。

また、楽しさは倍に増え、悲しさは半分に減らすこともできます。

しかし、だからといって四六時中誰かと一緒に過ごしていると、自主性や自分らしさを見失ってしまう恐れもあるでしょう。

また、自分以外の人がいることで神経を擦り減らしたり、感情を振り回されてしまったりすることもあるかもしれません。

誰かと一緒にいることで、メリットもありますが少なからずデメリットも生じてしまいます。

どの様なデメリットが生じてしまうのかを挙げていきます。

好きな時に行動できない

誰かと一緒にいると、自分の好きな時に行動できなくなってしまいます。

自分一人だけなら、自分の好きなタイミングで出かけたり、ふらりとお店に入ったりすることもできるでしょう。

しかし、誰かと一緒の場合には、相手と行動を共にすることが多いため、予め一緒に行く場所やすることが決まっていることが多いです。

予定外の行動を取れば相手に迷惑がかかってしまいますし、何より相手に勝手な行動を取られれば自分自身もストレスに感じてしまうでしょう。

誰かと一緒にいると好きな時に行動できずに、「縛られている」「自由がない」と窮屈に感じてしまうこともあるでしょう。

そうした窮屈さに耐えられない人は、度々自分で好きなように行動してしまって、相手や周りの人たちとの関係が悪くなってしまうことがあります。

気を遣う

誰かと一緒にいると、相手に対して少なからず気を遣ってしまいます。

例えば友達と一緒に遊びに出かけ、ランチをとる時にお店選びで多少なりとも時間がかかってしまうことはありませんか?どちらから問いかけるにせよ、「何が食べたい?」という質問に対して「何でもいいよ」という返しがあると、そこからお店を決めるのに時間がかかってしまうでしょう。

相手に「何でもいい」と言われたところで、自分の好きなお店で決定してしまうのは悪いという気持ちや、相手に食の好き嫌いがあるか分からない、またランチの予算がどの程度かなど、それなりに相手に気を遣ってランチの場所を決めなければならないため、その気遣いが面倒に感じてしまうことがあるでしょう。

気遣いに慣れている人は、最初から相手に予算や「和洋中ならどれがいい?」など、いくつかの選択肢を与えることであまり時間をかけずにランチの店を決めることができます。

しかし、時間がかかるにせよかからないにせよ、相手に気を遣うことには変わりないため、相手への気遣いで疲れてしまうことが少なくはないでしょう。

静かに過ごせない

誰かと一緒にいると、静かに過ごせないことが多いです。

同じ空間にいながら、それぞれ別のことをやっているのであれば、静かに過ごすこともできるでしょう。

しかし、勉強や読書、調べものや仕事といったそれぞれの目的がない場合には、誰かと一緒にいることで相手に気を遣ったり、会話をしなければならなかったりして、静かに過ごすことができません。

一人だけであれば、誰にも邪魔されることなく、思う存分静かに過ごすことができますが、誰かと一緒にいることでそれが叶わなくなってしまうため、静かに過ごせないことでストレスに感じてしまうことがあるかもしれません。

もしも勉強や読書など、自分が集中したい時に周りで誰かが騒いでいたらイライラしてしまうように、一緒にいる相手が話しかけてくることに対しても、イライラやストレスを感じてしまうことがあるでしょう。

自立できない

常に誰かと一緒にいると、周りに誰かがいることが当たり前になってしまいます。

すると困った時には直ぐに誰かに相談したり助けを求めたりしてしまい、自立できなくなってしまいます。

結婚するギリギリまで実家から出たことがない人は、いざ結婚生活に入っても配偶者に何かと甘えたり、あれこれやってもらうことが当たり前だと思ってしまったりするため、早々に夫婦喧嘩が起きてしまうことも多いでしょう。

また、一緒にいる相手に対して上手に気遣いができたとしても、一人切りで過ごさなければならなくなってしまった時には、寂しさや孤独感に耐え切れなくなってしまうこともあります。

誰かと一緒にいることが当たり前になっていた人ほど、一人だけになった時には自立がし難く、一人暮らしをしても直ぐに実家に帰ってしまうことがあるでしょう。

自分の世界を崩される

自分一人の時には、自分だけの世界をそのまま日常にも反映させることができるため、精神的なストレスが少なく、また充実感や充足感を覚えることもできます。

しかし、誰かと一緒にいると、自分の世界に誰かが土足で踏み込んできたり、相手が無自覚な状態でこちらの世界を荒らしたりすることがあるため、精神的に苦痛を感じてしまうことがあります。

例えば自分の部屋がそのまま自分だけの世界になっている人は、その場所に他人が入ってくること自体に抵抗がありますし、誰かが自分の定位置の物を動かしたり、触ったりすることでも自分の世界を崩されるような気がして、とても不快な気持ちになることがあるでしょう。

自分の世界とは、いわば自分のテリトリーです。

自分のテリトリー内に他人の存在があれば嫌な気分になるのは当然のことですので、誰かと一緒にいることでそうした精神的なデメリットを負うこともあるでしょう。

ガス抜きができない

誰かと一緒にいると、近くに他人の存在があることによって、自分のガス抜きができないことも多いです。

例えば一人だけの時には、疲れを感じたらオリジナル体操をして自分なりのガス抜きをしていた人も、誰かと一緒にいる時には恥ずかしくて体を動かせないため、中々ガス抜きをすることができなくなってしまいます。

また、ちょっと過激な動画を見ることでガス抜きをしていた人も、誰かが側にいればその存在が気になってしまって、動画を見られなくなってしまうこともあるでしょう。

他人の存在があると、相手への気遣いや見栄、羞恥心などの感情が働いて思う存分ガス抜きをすることができなくなってしまうため、それで余計にストレスが溜まってしまうこともあります。

一人でいるのが好きな人の特徴とは

世の中には、誰かといるよりも一人でいる方が好きな人がいます。

一人でいるのが好きな人は、その理由の大半が「誰かといることのデメリット」を自分が負いたくないからでしょう。

誰かといると過剰に気を遣ってしまう人や、ガス抜きができずに疲れが溜まってしまう人、騒々しい空間にいたくない人など、誰かといることでメリットよりもデメリットを多く感じている人は、自ら望んで一人になろうとすることが多いです。

最近では一人カラオケや一人焼肉など、「一人○○」というおひとり様が当たり前になっていますので、一人でいたとしても周りはさほど気にすることも、やたらと視線を向けることもないでしょう。

そんな一人でいるのが好きな人には、どのような特徴があるのでしょうか?一人でいるのが好きな人の特徴をご紹介していきます。

コミュニケーション能力が低い

一人でいるのが好きな人は、基本的にコミュニケーション能力が低いことが多いです。

中には人とのコミュニケーションに長けていながらも、一人の方を好む人もいますが、自ら進んで一人になりたがる人は、それだけ他人との接触の機会を避けていることが多いです。

他人との接触を避ける人ほど、人とコミュニケーションをとるのが苦手だったり、人と関わること自体が苦手だったりします。

コミュニケーション能力が低いから一人になろうとするのか、それとも一人になった結果コミュニケーション能力が低くなってしまったのかは人それぞれですが、どちらにしてもあまり人と関わることは得意ではないでしょう。

また、コミュニケーション能力が低い人は、自らそれを自覚しているため、より誰かといるよりも一人でいようとすることが多いです。

マイペース

マイペースな人は、誰かと歩調を合わせたり、集団の中で協調性を出したりするのが苦手です。

マイペースな人は基本的に何事に対しても自分のペースでやろうとしますので、集団の中にいたり、誰かと一緒にいたりすることで自分のペースが乱されることを酷く嫌がります。

周りから協調性を求められれば、マイペースな人はそれをがんじがらめで窮屈だと感じることでしょう。

社会の中で生きていくためには、多少なりとも協調性が必要ですので、学校や仕事では渋々マイペースさを封印して、周りに合わせることをしています。

しかし一方で、プライベートの時くらいは自分の好きなペースで過ごそうとする気持ちが強いため、誰かと過ごすよりも一人で自由に過ごそうとすることが多いでしょう。

趣味がある

趣味がある人は、プライベートでは自分の趣味を満喫させようとします。

それが例えば、大人数で楽しむイベントやアクティビティの場合には、趣味を誰かと一緒に楽しむことが多いでしょう。

しかし趣味の内容が、自分一人だけで楽しめるものであるのなら、わざわざ誰かと一緒に過ごして気を遣うよりは、自分だけで思い切り趣味の時間を楽しもうと考えることでしょう。

パズルや模型作りなどの、一人で黙々と集中できる工作作業が趣味の人はもちろん、読書や美術の鑑賞、ネットサーフィンなどの趣味でも一人で楽しめるため、自分一人だけで好きなだけ趣味に没頭しようとするでしょう。

その結果自然と誰かといるよりも、一人でいる時間の方が長くなります。

気遣い屋

気遣い屋の人は、周りの人たちの様子をよく観察して、周りに合わせて行動したり、気遣ったりすることがとても多いです。

他人を気遣うことが当たり前の習慣になっているため、気遣いし過ぎて疲れてしまうこともよくあります。

しかし、気遣いし過ぎて疲れてしまっても、だからといって一切他人を気遣わないようにすることはできないため、誰かと一緒にいればつい気遣いしてしまうでしょう。

友達と一緒に過ごしていれば、友達の様子をよく観察しているため、もし友達が不機嫌そうにしていたら、「どうしたら機嫌が良くなるかな」と考えてあれこれと気を遣います。

また、出かける時も食事に行く際にも、まずは相手の行きたいところを聞いてから、それに合わせる形で行動することが多いです。

気遣い屋の人は、わがままで自己中心的な人とは正反対のタイプと言えるでしょう。

しかしだからこそ、周りに気を遣うことで自分が精神的なストレスを抱えてしまうことが多いため、気遣いをしている内に「何でこんなに気を遣っているんだろう・・」と自分自身の行動に対して嫌気がさしてしまうこともよくあります。

それが続くと自分で自分を嫌いになってしまうこともあるため、自分を守るための防衛反応として一人でいることを好む人もいます。

連携プレイが苦手

一人で黙々と何かをしたり、自分で作業を進めたりするのが好きな人は、その反面連携プレイが苦手です。

連携プレイでは必ず自分以外の人に気をまわして、周りと歩調を合わせて行動しなければならないため、それが面倒くさいと感じる人は、一人で何かする方がよほど気楽に思えるでしょう。

例え一人でやるよりも、数人でやった方が早く終わる場合であっても、「周りに合わせて気を遣うくらいなら、大変でも最初から最後まで自分だけでやった方がましだ」と考えるため、常に個人プレイを優先しようとするでしょう。

個人プレイが許される状況であれば好きに出来ますが、否応なしに皆で連携プレイをしなければならない時には、自分が縛られて窮屈に感じますし、また勝手に行動すれば周りから批判されるでしょう。

綺麗好き

綺麗好きな人は、自分が綺麗にした場所を他人によって汚されることを酷く嫌います。

友達が遊びに来るからと部屋を綺麗に掃除したのはいいものの、一度綺麗になったら友達が外から埃を持ち込んだり、お菓子の食べかすを床に零したりすることに対してやたらと気になってしまい、ストレスに感じてしまうこともあります。

学校や仕事で、トイレ掃除を終えた直後に誰かがトイレを使うと少なからず不快な気持ちになるという人は、とくにその傾向が強いでしょう。

自分が綺麗にした場所は、自分で汚すことはそうありませんので、他人によって汚されることに抵抗がある人は、他人の存在を疎ましく思い、自分一人だけでいたいと思うことが多いです。

自分のペースを乱されたくない

自分一人だけの時には、自分の好きなタイミングで好きなことができます。

しかしそこに誰かの存在が加わると、自分の予定通りには行動できなくなってしまうことがあります。

例えば「今日は午前中に書類作成を終わらせて、午後は外回りの挨拶を済ませて受注した仕事にとりかかろう。」と一日のスケジュールを立てるとします。

予定を組んだ時には、終業時間までに余裕を持って仕事が終わらせられるようにもなっています。

しかしいざ書類作成に取り掛かった時に、上司や同僚からあれこれと話しかけられたり、急な用事を頼まれたりすると、書類作成が午後まで伸びてしまうことがあります。

また、外回りに行った先で、相手の無駄話に付き合わされて時間を大幅にロスしてしまったら、会社に戻ってから作業に取り掛かる頃には、既に終業時間が近くなってしまっているかもしれません。

自分だけで動く分には余裕があっても、そこに誰かが介入してくることで、自分のペースを乱されてしまいます。

自分のペースを乱されるとついイライラとストレスが溜まってしまう人は、無駄を省き自分が予定通り行動するためにも、できるだけ一人でいたいと考えるでしょう。

人に合わせるのが苦手

人に合わせるのが苦手な人は、誰かといるよりは自分一人だけでいた方が気楽だと考えます。

協調性がない人や、周りへの気遣いができない人など、自分本意で他人のことを考えない人、または考える余裕がない人は、誰かと一緒に行動する時にはつい自分勝手に動いてしまい、相手とトラブルになったり、気まずくなったりしてしまうことが多いです。

人に合わせようと思うと、そう考えること自体がストレスに感じますし、また窮屈で居心地の悪さも感じてしまいます。

そのため、できるだけ人と関わることを避けて、一人だけで過ごそうとすることが多いでしょう。

誰かと一緒にいるのは悪いことではない!

誰かと一緒にいることで、自分だけでは決して味わえない充実感や楽しさを味わうことができます。

気持ちの面で盛り上がれるだけでなく、旅行などに行けば誰かと一緒なら割安になることも多いですし、困った時には誰かが自分の助けになってくれることもあるでしょう。

誰かと一緒にいるのは決して甘えや悪いことではないため、自分が頼る場面があるのなら、同じく誰かに頼られた時には相手を助けられるよう尽力しましょう。

そして誰かと一緒にいることに疲れてしまった時には、一人の時間を作って息抜きをすることも大切です。

誰かと過ごすのも、一人で過ごすのも、バランスよく適度にすることで精神の安定を保つことができるでしょう。