CoCoSiA(ココシア)

仕事で悩みすぎてしまう人の8個の特徴と悩みすぎないためのアドバイス


家に帰っても休日でも仕事の事で悩んではいませんか?

仕事で悩みすぎてしまうと、リフレッシュできずに精神的にも疲弊してしまいます。

この記事では仕事で悩みすぎてしまう人の特徴と、悩み過ぎないためのアドバイスをご紹介していきます。

上手に自分をコントロールして仕事をしている時としていない時の切り替えをしましょう。

仕事で悩み過ぎてしまう人の8個の特徴

仕事で悩み過ぎてしまう人には共通する特徴があります。

その特徴を知る事で、自分が仕事について考えすぎてしまう原因が見えてきます。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、自分が行った仕事に対しても自信を持てません。

「これで良かったかな?」「間違っている所はないかな?」「このままで上手くいくのだろうか?」と自分が行った仕事内容に「これで大丈夫!」という自信を持てない事から、四六時中仕事の事ばかり考えてしまうのです。

自己肯定感が低い

自分に自信がない人は自己肯定感が低く、自分で自分の事を認める事ができません。

きちんと指示通りに仕事をこなしていても、自分で自分の事を認める事ができないためにその仕事内容に自信が持てずに思考を支配されてしまう傾向にあります。

自信を裏付けるものがない

自分に自信を持てない人というのは、自信を裏付けるものがない事が殆どです。

例えば、自分が納得いくまでがむしゃらに努力を重ねれば「これだけやったんだから出来る筈」と根拠がなくとも自信を持てるものです。

自信が持てない人というのは、自信を持つに見合う努力を行っていない事が多いと言えます。

傷付きやすい


小さな叱責にも必要以上に傷付いてしまうタイプの人は、失敗を恐れて仕事の事ばかりを考えてすぎてしまう事が少なくありません。

どんな小さな叱責も受けたくないという思いから、仕事でのミスを極端に怖がり悩んでしまうのです。

怒られたり注意された経験が少ない

傷付きやすい人の多くはこれまで怒られたり注意された経験が極端に少ない傾向にあります。

怒られる事になれていないため、相手は少し注意を促しただけにも関らず「怒られてしまった」と過剰に傷付いてしまうのです。

自分のミスを認められない

自分のミスをしっかりと認められる事ができる人ならば、叱責を受けたとしても「自分の責任だから仕方が無い」と思えるものです。

傷付きやすい人というのは、叱責を受けた事に対して「自分はこれだけやったのに」「◯◯のせいなのに」と自分を正当化する傾向があります。

そのために被害妄想のように自分の中で「叱責を受けた」という事実だけがずっと残ってしまうのです。

完璧主義

傷付きやすい人の中には完璧主義の人も少なくありません。

全てを完璧にこなさなければ気が済まない事から、小さなミスを指摘されるだけでプライドが傷付けられて思い悩んでしまうのです。

ネガティブ

ネガティブな人は人生に大きくかかわる仕事について悩みすぎてしまう事が多いですね。

ネガティブな人は仕事の内容というよりも「このままこの仕事を続けても良いのだろうか?」と自分のライフプランを交えて悩み過ぎる事が多いと言えます。

悪い方向に考えるときりがない

悪い状況を想像すると、それはきりがなくどこまでもどん底を想像する事ができてしまいます。

普通は「こんな事考えても仕方ないか」と切り替える事ができる所を、ネガティブな人は切り替える事が出来ず悪い想像ばかりをしてしまいます。

悪い想像をする事を辞められない事から仕事の事ばかりを考えてしまうのです。

不幸を感じやすい

不幸を感じやすい人は思考がネガティブになりがちです。

幸せを「当たり前」と捉えてしまう割に、小さな不幸も敏感に掬い取ってしまうために考え方が否定的になって悪い事ばかり考え込んでしまうのです。

不器用で優先順位を付けられない

不器用え優先順位を付けられない人は、いつまでも仕事が終わらずに仕事の事ばかり考え過ぎてしまいます。

本来ならば終わっている筈の仕事が、不器用で仕事の優先順位をつけられない事から終わらせる事が出来ずに考えざるを得ない状況になっているとも言えますね。

周りに迷惑をかけるというプレッシャー

不器用で優先順位をつける事ができずに仕事の事を考えすぎてしまう人は、仕事が遅れる事で周りの人に迷惑をかけてしまうというプレッシャーを強く感じている場合も少なくありません。

実際、一人の仕事が滞ると周りに迷惑をかける事が多く最初の1度ならば周りも笑顔でフォローをしてくれても、何度も迷惑を掛けられれば態度が変わってしまうものです。

そんな周りの態度からもプレッシャーを感じて余計に仕事の事を考えすぎてしまうのでしょう。

周囲の人の目を気にし過ぎる

周囲の人の目を気にし過ぎる人も仕事で悩みすぎてしまう傾向にあります。