家に帰っても休日でも仕事の事で悩んではいませんか?

仕事で悩みすぎてしまうと、リフレッシュできずに精神的にも疲弊してしまいます。

この記事では仕事で悩みすぎてしまう人の特徴と、悩み過ぎないためのアドバイスをご紹介していきます。

上手に自分をコントロールして仕事をしている時としていない時の切り替えをしましょう。

仕事で悩み過ぎてしまう人の8個の特徴

仕事で悩み過ぎてしまう人には共通する特徴があります。

その特徴を知る事で、自分が仕事について考えすぎてしまう原因が見えてきます。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、自分が行った仕事に対しても自信を持てません。

「これで良かったかな?」「間違っている所はないかな?」「このままで上手くいくのだろうか?」と自分が行った仕事内容に「これで大丈夫!」という自信を持てない事から、四六時中仕事の事ばかり考えてしまうのです。

自己肯定感が低い

自分に自信がない人は自己肯定感が低く、自分で自分の事を認める事ができません。

きちんと指示通りに仕事をこなしていても、自分で自分の事を認める事ができないためにその仕事内容に自信が持てずに思考を支配されてしまう傾向にあります。

自信を裏付けるものがない

自分に自信を持てない人というのは、自信を裏付けるものがない事が殆どです。

例えば、自分が納得いくまでがむしゃらに努力を重ねれば「これだけやったんだから出来る筈」と根拠がなくとも自信を持てるものです。

自信が持てない人というのは、自信を持つに見合う努力を行っていない事が多いと言えます。

傷付きやすい


小さな叱責にも必要以上に傷付いてしまうタイプの人は、失敗を恐れて仕事の事ばかりを考えてすぎてしまう事が少なくありません。

どんな小さな叱責も受けたくないという思いから、仕事でのミスを極端に怖がり悩んでしまうのです。

怒られたり注意された経験が少ない

傷付きやすい人の多くはこれまで怒られたり注意された経験が極端に少ない傾向にあります。

怒られる事になれていないため、相手は少し注意を促しただけにも関らず「怒られてしまった」と過剰に傷付いてしまうのです。

自分のミスを認められない

自分のミスをしっかりと認められる事ができる人ならば、叱責を受けたとしても「自分の責任だから仕方が無い」と思えるものです。

傷付きやすい人というのは、叱責を受けた事に対して「自分はこれだけやったのに」「◯◯のせいなのに」と自分を正当化する傾向があります。

そのために被害妄想のように自分の中で「叱責を受けた」という事実だけがずっと残ってしまうのです。

完璧主義

傷付きやすい人の中には完璧主義の人も少なくありません。

全てを完璧にこなさなければ気が済まない事から、小さなミスを指摘されるだけでプライドが傷付けられて思い悩んでしまうのです。

ネガティブ

ネガティブな人は人生に大きくかかわる仕事について悩みすぎてしまう事が多いですね。

ネガティブな人は仕事の内容というよりも「このままこの仕事を続けても良いのだろうか?」と自分のライフプランを交えて悩み過ぎる事が多いと言えます。

悪い方向に考えるときりがない

悪い状況を想像すると、それはきりがなくどこまでもどん底を想像する事ができてしまいます。

普通は「こんな事考えても仕方ないか」と切り替える事ができる所を、ネガティブな人は切り替える事が出来ず悪い想像ばかりをしてしまいます。

悪い想像をする事を辞められない事から仕事の事ばかりを考えてしまうのです。

不幸を感じやすい

不幸を感じやすい人は思考がネガティブになりがちです。

幸せを「当たり前」と捉えてしまう割に、小さな不幸も敏感に掬い取ってしまうために考え方が否定的になって悪い事ばかり考え込んでしまうのです。

不器用で優先順位を付けられない

不器用え優先順位を付けられない人は、いつまでも仕事が終わらずに仕事の事ばかり考え過ぎてしまいます。

本来ならば終わっている筈の仕事が、不器用で仕事の優先順位をつけられない事から終わらせる事が出来ずに考えざるを得ない状況になっているとも言えますね。

周りに迷惑をかけるというプレッシャー

不器用で優先順位をつける事ができずに仕事の事を考えすぎてしまう人は、仕事が遅れる事で周りの人に迷惑をかけてしまうというプレッシャーを強く感じている場合も少なくありません。

実際、一人の仕事が滞ると周りに迷惑をかける事が多く最初の1度ならば周りも笑顔でフォローをしてくれても、何度も迷惑を掛けられれば態度が変わってしまうものです。

そんな周りの態度からもプレッシャーを感じて余計に仕事の事を考えすぎてしまうのでしょう。

周囲の人の目を気にし過ぎる

周囲の人の目を気にし過ぎる人も仕事で悩みすぎてしまう傾向にあります。

周囲の人の目を気にし過ぎてしまう人は2パターンに分かれる事が多いです。

「ちゃんと仕事をしているか見られている」と周りに監視されているような気持ちになって仕事の事を考えすぎてしまうタイプ。

仕事が出来る人だと思われているからこそ、周りの期待に応えるために無理をして仕事の事を考えすぎてしまうタイプです。

どちらにも共通して言えるのは、自分の意志よりも周りの人の意見や意志を重視してしまっているという事です。

自意識過剰

周囲の人の目を気にしすぎて仕事の事で悩みすぎてしまう人の多くは、自意識過剰な人が少なくありません。

周囲の人はあなたが思う程あなたの事を気にしていないし、期待もしていません。

自分自身が周囲の人の視線や言動を深読みして追い込んでいるだけという事も多いと言えます。

失敗を次に活かすことができない

失敗を次に活かす事ができない人は、同じミスを繰り返してしまう事から叱責が重なり仕事で悩みすぎてしまう事が多いですね。

同じ失敗をしないための工夫ができない人や、失敗した事すら忘れてしまうような責任感の低い人に多いと言えるでしょう。

注意力が低い

失敗を次に活かすことができずに仕事で悩みすぎてしまう人の多くは、「何故自分はこんなに仕事ができないんだろう?」と失敗を活かせていないという根本的な事実に気付いていません。

自分自身の注意力が低い事から、前回も同じ失敗をした事を意識できていないのです。

慎重過ぎる

慎重過ぎる人は仕事で悩みすぎてしまう傾向にあります。

慎重過ぎる人の多くは、ミスを恐れています。

僅かなミスさえもないかと慎重に仕事に取り組んでいる内に、探せば探す程ミスや不安な点が出て来て仕事の事ばかり考えてしまうのです。

完璧主義の場合も

慎重過ぎる人の中には完璧主義な性格から悩みすぎてしまう場合もあります。

自分の計画通りに全てを滞りなく行うために、様々な方面から仕事と向き合って考えるものの人間が絡むと全てを自分の計画通りにするのは難しいと言えるでしょう。

他人さえも自分の計画通りに動かし理想の仕事をしたいと思うあまり、仕事に悩みすぎてしまうのです。

生活リズムが不規則でいつも体調が悪い


生活リズムが不規則でいつも体調が悪い人は、自分の思う通りに身体や思考が動かずに、思う様に結果を出す事が出来ず仕事で悩みすぎてしまう傾向にあります。

仕事で悩みすぎてしまった結果、眠れない、食欲が湧かないなどさらに生活リズムを崩してしまう悪循環に陥る人も多いです。

身体全体も運気が滞っている

人には身体から出るエネルギーのようなものがあります。

それが運気です。

運気には人間関係をスムーズにしたり、自分の周りの雰囲気を良い方向に持って行く力があります。

生活リズムが不規則でいつも体調が悪い人は、身体全体で運気が滞り、中には悪い運気が多くなってしまっている人もいます。

悩み過ぎは自滅への道!

人間は嫌な事ばかりでは頑張れないものです。

嬉しい事や幸せを感じるからこそ、辛い事でも乗り越える気力を持つ事ができます。

仕事は現代に生きる上で必要不可欠な事ですが、仕事に思考を支配されて悩みすぎてしまうと精神を病んでしまったり、体調を崩すなど自滅への道を辿ってしまうと言っても良いでしょう。

仕事で悩みすぎてしまう人が増えている

特に近頃の若い人は失敗経験が少なかったり、コミュニケーション能力の低下から仕事で悩みすぎてしまう人が増えています。

仕事は大事ですが、世の中には様々な仕事があります。

どうしてもその分野の仕事で上手くいかないのであれば転職なども視野に入れるべきですが、失敗経験が少ないと転職を「失敗」と捉えてしまい決断できずに悩み続ける人も増えていっているようです。

仕事の内容も人間関係も複雑になっている

現代では仕事においても様々な分野に広がっています。

専門的な分野になればなる程仕事は複雑になっていきます。

また、人間関係においても昨今ではハラスメントが問題となっている事で下手な事は言えません。

そんな複雑化されている社会にっどう対応して良いのかを悩み過ぎる人も多いですね。

考えすぎればすぎるほど仕事はうまくいかない

悩んだ分だけ仕事が上手くいけば何も問題ありませんが、大抵の場合考えすぎれば考えすぎるほど仕事はうまくいかないものです。

それ所か、仕事の事をそれほど深く考えずにプライベートを充実させている程仕事がうまくいっている傾向にあります。

妬むのではなく習う

自分が悩みに悩んでいるにも関わらず仕事が上手くいかないのに、プライベートを充実させているにも関わらず仕事がうまくいっている人を見ると「何であの人ばかり仕事がうまくいくんだ」と妬んでしまう人もいるでしょう。

しかし、妬んだ所で他人の事が気になり悩みの種は増えるだけなのです。

妬むよりも、他人に習う方が悩み過ぎる人にとっては大切な事なのです。

割り切って気持ちを切り替えることも大切

仕事がうまくいっている人の多くはプライベートとのオンオフをしっかりと切り替える事ができています。

プライベートで仕事の事を考えず、しっかりと休息の時間を持ったりリフレッシュする事で、仕事に良い影響を与えていると考えられています。

仕事について深く考える事は大事ですが、必要以上に悩みすぎずに割り切って気持ちを切り替えることも大切です。

悩みが表面化してくると危険

思い悩む程度ならまだしも、悩みがストレスとなって身体的に変化を起こしているならばそれは危険信号です。

不眠、体調不良、ストレス性脱毛など悩んでいる事が身体的に表れるという事は確実に悩み過ぎているという事です。

仕事で悩み過ぎないためのアドバイス

仕事で悩み過ぎてしまわないためには、自分の考え方を変える必要があります。

考え方を変えるのはそう簡単な事ではありませんが、まずは変えようという意識を持って日々を過ごす事が大切です。

悩みに向き合う

悩み過ぎてしまう人の中には、一つの悩みから派生して様々な小さな悩みを随時悩み続けてしまう人がいます。

一つ一つの悩みに対して向き合ってみるのも悩み過ぎない為には必要な事です。

悩みを全て書きだしてみる

自分が悩んでしまっている事を細かな事まで全て紙に書き出してみましょう。

紙に書き出して可視化する事で「自分はこんな事に悩んでいたのか」「本当にこれって、そんなに悩む必要ある?」と悩みに対して冷静に向き合う事ができます。

タイマーをセットする

悩む時間を制限してしまうのも、悩み過ぎる人には有効です。

仕事の悩みを考え始めた瞬間、タイマーをセットしましょう。

そのタイマーが鳴ったら次の行動を起こすようにする事で悩み過ぎる事を防げます。

小さな成功を積み重ねる

自分に自信がない事で仕事に悩みすぎてしまう人は、成功体験が足りていないと考えられます。

まずは、小さな成功を積み重ねて「自分はできる」という成功体験からの自信を持つ必要があります。

小さな成功とは実益を伴わなくても良いので、小さな目標を設定してそれを着実に達成していくのも効果的だと言えるでしょう。

少しずつ自分に自信が付く

成功体験を積み重ねる事で少しずつ自分に自信を持つ事ができます。

自分に自信がない人の多くは自己肯定感が乏しく「自分にはできる筈がない」と最初から不可能を前提としている事が多いのです。

成功体験を繰り返して「目標を達成できる自分」を認める事で着実に自信を持つ事に繋がります。

誰かに褒めてもらう

小さな成功を積み重ねるのと共に、誰かにその話をして褒めてもらうのも自分に自信を持つ上で有効です。

自分自信でなく、他人に自分を良く評価してもらう事で自己肯定感はグンと高まりますよ。

気軽に話せる相手なら「ちょっと話聞いて、取り敢えず褒めてくれない?」なんてお願いした上で話すのも良いかもしれません。

自己分析をする

悩み過ぎる人の多くが、実は自分を過大評価、もしくは過小評価している事があります。

自分に見合った仕事ができていないと答えのない悩みを持つ大きな原因となります。

まずは、自分のスペックをしっかりと把握できるように自己分析をして自分を知りましょう。

他人に自分のイメージを聞く

自己分析をすると過小評価してしまうそうだという人は、他人に自分を評価してっもらうのも良いでしょう。

仕事においてのスペックなどは、自分よりも他人の方が見えやすいものです。

他人に自分を分析して貰えば第三者からの評価を知る事ができます。

自分ひとりで抱え込まない

悩み過ぎる人の多くはひとりで悩んでいる事が多いです。

自分ひとりで悩んでいると、思考は悪い方向に向きやすくなります。

また悩んでいる事に解決策があったとしても、その解決策が分からないから悩んでいる訳です。

ひとりで悩み続けても解決策が見えてくる訳ではないので、ひとりで抱え込むのではなく悩みを他人と共有する事で早期解決を目指しましょう。

信頼できる友人や先輩に相談してみる

悩み過ぎる人の多くは、他人に頼るのが苦手です。

悩みを打ち明ける事が相手にとって迷惑になると考えるからです。

しかし、自分が信頼する友人や後輩から悩みを打ち明けられたとしたら、それを迷惑だと思いますか?力になって解決してあげたいと思うのではないでしょうか?

相手も同じです。

思い切って信頼できる友人や先輩に相談してみる事で、解決する方があなたにとっても周りにとっても良い事だという事を理解して下さい。

全く違う業種の人に相談する

自分と全く違う業種の仕事をしている人に仕事の相談をするのもおすすめです。

自分とは全く違う業種の人に相談する事で、目から鱗が落ちるような斬新なアドバイスをもらえる事もあります。

広い視野を持つ

自分ひとりで抱え込んでしまうと、視野が狭くなり余計に仕事で悩み過ぎてしまいます。

意識して広い視野を持つ事で見えてくる解決方法や逃げ道というものがあります。

目の前の事だけが人生の全てではないという事を肝に銘じておきましょう。

行政の相談窓口を利用する

人間関係や仕事の仕方に悩み過ぎてしまう場合には、行政の相談窓口に相談してみるのも良いでしょう。

匿名で相談できる相談窓口や、法律などもからめて相談にのってくれる相談窓口もあります。

法律に触れる場合も

特に初めての就職で他社や他業種を全く知らないまま仕事をしていると、その会社のやり方が当たり前だと思うものです。

そんな中で仕事のやり方や人間関係に悩んでいると、自分自身で「こういうものだから仕方ない」と思い込んでしまう傾向にあります。

しかし、行政の相談窓口に相談する事で違法性を発見できる事もあります。

まずは第三者からの意見を聞くというのは、そういう意味でも必要な事なのです。

悩む時間をアイディアを考える時間にする

悩みというのは「なんでこうなってしまうんだ」と事実に対してネガティブな事を考える事が多いと言えます。

その悩む時間をアイデアを考える時間にあててみましょう。

「こうすると良いんじゃないか?」「今より良くなる方法は?」とポジティブなモチベーションでアイデアを考えるのがポイントです。

時間を有効に使うことを意識する

悩んでいる時間は無駄であるという事を意識しましょう。

悩んでいる間、立ち止まっています。

その立ち止まっている時間に何ができるか?何ができたのか?を考える事で悩みすぎる事を防ぐことができます。

常に時間は有限であること、時間を有効に使うことを意識しましょう。

悩むだけでなく行動に移す

悩み過ぎる人の多くは、考えるだけで何かのアクションを起こす事がありません。

行動を起こさなければ現状は全く何も変わらないものです。

仕事について必要なスキルが伴わない事で悩んでいるなら資格取得を目指して勉強してみたりセミナーに参加するのも良いでしょう。

悩みに直結していなくても良いので、何かしらの行動を起こす事で悩み過ぎを防ぐ事ができますよ。

プライベートを充実させる

仕事で悩み過ぎる人の多くは、プライベートが充実していません。

友達が少なかったり無趣味だったりと、熱中できる事が仕事しかないために仕事に悩み過ぎる事が多いのです。

仕事の悩みをひとまずおいて、友達と会ったり、新しい趣味を探したりとプライベートを充実させる事で悩み過ぎる時間を作らないようにしましょう。

リフレッシュすれば新しい考えが閃く

プライベートを充実させてリフレッシュし、思考をリセットする事で悩んでいた事に対しての改善策が急に浮かんでくるという事も珍しくありません。

日常生活やプライベートの時間のフとした瞬間に、悩みを解決できるアイデアが浮かんでくる事もあるでしょう。

悩みに捉われて狭い視野でいるよりも、のびのびとした広い視野を持つ方が閃きを見つける事ができます。

定期的に身体を休める

健全な精神は健全な肉体に宿るものです。

身体の調子が悪いと、意識していなくてもイラついてしまっていたりネガティブな考え方をしてしまうものです。

そんな時に悩みだしてしまうと必要以上に悩み過ぎてしまう事もあるでしょう。

身体の不調というのは症状が出るまで気付きにくいものなので、疲れを感じていなくとも定期的に身体を休める時間をとる事が大切です。

ジムに通う

悩み過ぎてしまう人の多くは、ネガティブな考え方をしやすい人です。

身体のメンテナンスと共に定期的にジムを通う事で、興奮作用のあるアドレナリンや、幸せを感じやすくなるセロトニンと呼ばれるホルモンんが分泌されます。

それらのホルモンで満たされていると、ネガティブになりにくく悩み過ぎる事を防げますよ。

悩み過ぎるのはデメリットだらけ!

悩み過ぎてしまっても、そこにメリットがあれば悩む価値もあるかもしれませんが、基本的に悩み過ぎるのはデメリットばかりです。

具体的に悩み過ぎる事でのデメリットを知る事で悩み過ぎてしまう事を防ぎましょう。

いつもビクビク仕事をし続けることになる

悩み過ぎている時というのは、自分自身を疑い続けるという事でもあります。

自分自身で自信を削り取っているとも言えます。

結果として疑心暗鬼になり、いつもビクビク仕事をし続ける事になります。

余計に失敗が怖くなる

悩み過ぎる事で自信を失っていくと、余計に自己肯定感が失われていき悩めば悩む程に失敗すっる事が怖くなってきてしまいます。

基本的に一個人の失敗で、取り返しのつかないようなミスに発展する事は少ないと言えます。

しかしm失敗を恐れて悩み過ぎる事で、自分の失敗が会社の存在さえも揺るがす大事のように思い込んでしまうのです。

意識が散漫になって新たなミスを生む

いつもビクビク仕事をしていると、仕事そのものに集中する事ができずに注意が散漫となり新たなミスを生んでしまう事も少なくありません。

また、そのミスに悩んでしまう事で悩み過ぎの悪循環を生んでしまうとも言えますね。

周囲の雰囲気を悪くする

悩んでいる様子というのは、他人の目から見ても何となく分かるものです。

ため息が多かったり、表情が暗かったりと周囲の雰囲気を悪くする事も多いでしょう。

あなたが雰囲気を悪くする事で、周りの悩みの種になってしまう事もあります。

モチベーションが下がる

モチベーションというのは、他人の影響を受けやすいものです。

特にチームで仕事に取り組む場合、一人でもモチベーションが低い人がいると周囲もそれに引きずられるようにモチベーションが上がりにくい状態になってしまいます。

あなたが悩み過ぎている事で周りのモチベーションを下げてしまう事もあるのです。

なかなか成長できない

悩み過ぎる人は、悩んでも仕方のない事や、過去の事にこだわって悩んでいる事が少なくありません。

悩んでも仕方のない事や、過去の事にこだわって悩んでも成長には繋がりません。

一緒にスタートした人が、どんどん成長していくにも関らず自分だけが取り残されてしまっているのならば悩み過ぎているのが原因かもしれませんよ。

見限られる事も

社会に出ると、学生の頃のように「平等」という訳にはいきません。

足並みを揃えられなかったり、成長できない人は見限られても仕方がないのです。

現在の日本の社会は労働者の権利を大事にしているので解雇される事は滅多にありませんが、大きな仕事を振られなくなったり、期待されなくなったという事は見限られてしまっていると言えます。

仕事で悩んでいるのに、悩み過ぎる事で会社で必要とされなくなるのは辛いですよね。

仕事で悩み過ぎた時はここに行こう!おすすめスポット

仕事で悩み過ぎていると感じた時には、会社から離れてみるのが良いでしょう。

おすすめのリフレッシュスポットをご紹介します。

自然の多い場所

公園や自然の観光スポットなど、文化的な社会から離れた自然の中に足を運んでみましょう。

雄大な自然の中に足を踏み入れる事で、自分が悩んでいた仕事の事が小さな悩みだったと思えますよ。

っまた、自然の中ではマイナスイオンが多く出ておりストレスを軽減してくれる効果もあります。

実家

自分が生まれ育った実家に行く事で、心から安心する事ができるでしょう。

仕事が上手くいかなくても、自分に幻滅しない人が居てくれるというのはそれだけでも心の支えになるものです。

実家で親と話をしたり、ゆったりした気持ちで過ごす事で悩み過ぎて疲れた心を癒す事ができますよ。

ハローワーク

仕事で悩んでいる時には、他の仕事に目を向けてみるのも良いかもしれません。

実際に転職を望んでいる訳じゃなくても、他にも様々な仕事がある事を知れば広い視野を持って思い詰める事が防げます。

また、他の職業よりも恵まれている環境ならば、「この会社でもっと頑張ろう」というモチベーションを挙げるきかっけにもなります。

自分の欲しい物が売っているお店

仕事とは結局お金を稼ぐための行動です。

お金を稼いで仕事をしたり、欲しいものを買うために仕事をしているのです。

仕事で悩み過ぎた時には、自分の欲しいものが売っているお店に足を運んで「これを買うために仕事を頑張っているんだ」と、そもそも自分が何の為に仕事をしているのかを再確認しましょう。

高額なものであればある程モチベーションを上げる事ができます。

まとめ

仕事について真剣に取り組むのは良い事ですが、悩み過ぎる事でメリットは何もありません。

仕事の事を考えるにしてもプライベートとオンオフをしっかりとって健康な精神状態で仕事に取り組める自分作りをしましょう。

仕事は大切だけれども、仕事だけが全てじゃないという事を常に意識しておくのが考えすぎない最大の方法なのかもしれませんね。