CoCoSiA(ココシア)

絡んでくる男性の5個の心理と対処法


絡んでくる男性っていますよね。

女性が男性に絡むことがあまりないだけに、「一体何を考えているの?」なんて思ってしまいます。

絡んでくる男性には彼らなりの心理が隠されているようです。

この記事では、そんな絡んでくる男性の心理と対処法をまとめました。

絡んでくる男性に困っている人も、絡んでくる男性のことが気になっている人も、ぜひこの記事を参考に男性の心の内を知りましょう。

絡んでくる男性の5個の心理

男性が絡んでくる状況はさまざまあります。

たとえば、道端やバーで知らない男性が絡んでくる。

また、仕事中に職場で、会社での飲み会で、同期の男性が絡んでくる。

学校で、何かというと絡んでくる男友達…。

などなど、女性に絡んでくる男性は、関係性も状況もさまざまです。

そのため、女性としては絡んでくる男性を、迷惑に感じることもあれば嬉しく感じることもあるんですよね。

“絡んでくる男性”というと聞こえは悪いですが、それが気になっている男性だとしたら、嬉しく感じるのが女性です。

もちろん、道端で絡んでくる見ず知らずの酔っ払いの男性には、迷惑している人が多いと思いますが…。

関係性も状況もさまざまな、絡んでくる男性。

ここでは、そんな絡んでくる男性の態度や状況から、隠された心理を読み解きます。

絡んでくる男性に困っている人も、絡んでくる男性が気になっている人も、ぜひ参考にしてください。

1.好意がある


絡んでくる男性の心理その1は、『好意がある』ことです。

好意がある女性とは、何かと関わり合いを持ちたいと思うのが男性です。

少しでもおしゃべりしたいし、チャンスがあれば触れ合いたい。

その気持ちが押さえ切れずに絡んでしまうわけです。

好意があって絡んでしまう男性の場合、関係性も状況もさまざまです。

道端で突然絡んでくる人だって、バーで絡んでくる人だって、たまたま見かけたあなたに一目惚れして絡んでくる場合があります。

もちろん、たまたま通りすがった男性から絡まれて、好意があるとは思えない女性のほうが多いとは思いますけどね…。

絡んでくる男性で、そこに好意がある可能性が最も高いのは、職場の人やクラスメイトなどの身近な男性でしょう。

何かとちょっかい出してきたり、何かと絡んできたりする場合は、それは好意の可能性が高いと思います。

あなたのことが好き

絡んでくる男性に好意がある…ということは、つまり「あなたのことが好き」ということです。

好きだから、からかいたくなる。

好きだから絡みたくなる。

と、好きな人に対しては小学生男児なみの行動をしてしまうのも男性なのです。

女性としては、絡んでこられることに好意があるなんて…ちょっと分かりづらいですよね。

絡まれることを嫌がる女性も多いはずで、“好きな人に嫌がることをする男性の心理”ほど理解できないものはありません。

ただ、よく考えてみれば分からなくもないのでは?

女性だって、気になる男性がいても簡単には告白できませんよね。

直球で勝負するよりも、まずは仲良くなりたいと思うはずです。

でも、好きな気持ちがバレるのが恥ずかしくて、気持ちとは裏腹な行動をとってしまうことがあるのではないでしょうか。

たとえば、遊び半分なノリでからかったり、負けまいと勝負を挑んだり…。

男友達のようなノリで振舞ったり、あえて敵対したりして、本当の気持ちをひた隠しにしたくなることもありますよね。

そんな複雑な恋心を持っているのは、男性も同じです。

むしろ男性のほうが、恋愛に対して臆病です。

プライドがあるので自分からは告白できないし、「振られたらどうしよう」と不安があるから好きな気持ちを簡単には伝えられません。

でも、どうにか自分の存在を大きくしたいし、自分を知って欲しい。

何より、少しでも絡みを持ちたい。

そう思う気持ちが、女性に絡むという行為になってしまうということです。

身近な男性で、よく絡んでくる男性がいる場合は、きっとあなたのことが好きなのでしょう。

彼の言動や行動をじっくり観察してみれば、どこかにサインが表れているはずです。

しつこい場合は別の理由

身近な男性で絡んでくる人の場合、女性に対して好意があることも多いと思います。