搾取という言葉は、ある一定の人たちには、ある種のノスタルジーを感じさせる言葉です。

60歳以上で学生運動の時代と大学時代がかぶっている人たちです。

そのころは今では考えられないほど左翼陣営の強い時代でした。

学生たちはマルクス・レーニン主義をどう解釈するかによって、さまざまなセクトに別れ、それぞれ盛んに活動を行っていました。

そのうち政治活動よりセクト間の内ゲバの方が目立つようになり、運動は下火になります。

しかし左翼学生はもちろん、そうでない学生にとってもマルクス・レーニン主義は大きな影響力を持っていました。

搾取とはその理論の中心にあった概念です。

資本家が労働者を搾取している、資本家を倒し、労働者を搾取される状態から解放しなければならないという主張でした。

これは正義感にあふれた当時の青年の心に、強くアピールしたものです。

しかしマルクス・レーニン主義の目指した搾取のない理想の共産主義社会は、実現しませんでした。

共産主義を標榜していたソ連が、実にズッコケた独裁国家であった影響もあったでしょう。

また日本では資本家といってもみな労働者から出世してきた人ばかりです。

日本中の富を独占している悪辣な地主のようなわかりやすいターゲットはいませんでした。

ともかくそういう時期を過ごしてきた中高年たちには、とても懐かしい言葉なのです。

最近ビジネスマンがよく使う「搾取」とは?

最近ではどのような意味で使われているのでしょうか。

もちろん理想の社会を目指すためのキーワードではなくなっていることでしょう。

きっと仕事や生活に根ざした意味で使われているのに違いありません。

1. 「搾取」のそもそもの意味

辞書で調べてみると、1)乳を搾ること。2)階級社会で生産手段の所有者が生産手段を持たない直接生産者を必要以上に働かせ、そこから発生する剰余生産物を無償で取得すること。

とあります。

階級社会とか、生産手段とかはマルクス経済学の用語です。

これはまだノスタルジー路線を引きずっています。

もう少し現代に近付かなければなりません。

2. ビジネスマン達が使う「搾取」の意味とは?


昨今ではビジネスマンが会社に搾取されている、という文脈で語られることが多いようです。

やはり今の時代は社会全体の公正を実現するより、自分の待遇が気になるようです。

あるいは不公正はかなりの程度解消され、自分のことに集中できるようになったのでしょうか。

会社に属していて「搾取されている」と感じる原因

日本は会社主義が強いと言われます。

家族よりも会社の方が大事な所属集団と化してしまうワーカホリックも普通に存在していました。

彼らはこき使われているとは感じていたでしょうが、搾取されているとまでは思っていませんでした。

むしろ会社を支えているのだという気概を持っていました。

そうした心を失うと、もはや会社は敵対勢力と感じられるようになるのでしょう。

1. 定時で帰宅できず、自分の時間が削られる


営業の人はお客の都合に合わせなければなりません。

しかしそれ以外には、売上げ利益目標を達成しているかぎり、自由に時間を使えます。

今流行りの副業も可能でしょう。

実績を上げてそういうポジションを確保すればストレスはたまりません。

あなたの会社が、どう頑張ってもそういう立場を許さないブラック企業なら、早めに見切りをつけましょう。

2. 上司から理不尽なパワハラを受ける


これはホワイト企業、ブラック企業を問わず存在します。

上司個人の資質に依っているからです。

もちろんこういう輩が管理職としてのさばる割合は、ホワイト企業の方が少ないはずです。

とにかくアホ上司は仕事の実績以外で存在感を出そうとします。

やたら会議を招集したり、パワハラを行ったりです。

あなたが頑張って実績を上げても手柄は持っていかれてしまいます。

逆に失敗はあなたのせいです。

また能力は低くても社内政治には長けていて、なかなか失脚しません。

短期的には修行と思って我慢しつつ、次の手段を考えます。

3. ストレスが多く精神的に参ってしまう


顧客からのプレッシャー、社内のあつれきなど、会社生活はさまざまなストレス要因にさらされます。

筆者もかつて20万ドルのトラブルにさらされ進退窮まったことがあります。

顧客だけでなく工場からの信頼も失ってしまいます。

寝られない日々でしたが、命までとられることはあるまいと開きなおりもできていました。

しかしこんなことが続けば確かに精神的にズタズタになってしまいます。

4. 嫌いな人とも付き合わなければならない

実社会は役割分担で成り立っています。

仲良しグループではありません。

個人も個性があれば、役割による雰囲気の違いもあります。

いろいろな人と交流することで自分の生き方もはっきりしてきます。

嫌いな人と付き合うことも避けられません。

逆に成長するためには避けてはならないのです。

そういう人たちの存在価値を認めてしまえばかえって楽になります。

5. 転勤などの辞令に逆らえず、家族と離れて生活しなければならない

これは全国展開または、外国と取引きしている会社では避けられません。

今の時代、地方都市の中小企業でも海外売上比率80%異常などのケースはざらです。

逆にそういう会社でなければ生き残っていけません。

若いうちは会社のお金で全国各地や海外にも住める、と積極的にとらえるべきです。

あまり自分に制約を課す人は魅力的に見えません。

敬遠されてしまいます。

どうしても転勤がいやなら、独立自営する。

または食べていける資格を取ることです。

筆者は最近、全国展開の大手ドラッグストアーの店長とお話をしました。

それによると店長以下正社員は、あちこち転勤しますが、薬剤師には通用しないそうです。

簡単にやめてしまうからです。

地元を離れたくなくて薬剤師になった人も多いようです。

やめても引く手あまたですし、パート薬剤師として勤務しても一般店員が時給1000円とすると、薬剤師の時給はその2.5倍だそうです。

同社では実に扱いにくい、と頭を痛めています。

各社同じ悩みを抱えていることでしょう。

薬剤師は実におすすめの資格です。

【転勤が嫌な人は、こちらの記事もチェック!】

6. 仕事のストレスで健康を失った


健康を失うほどストレスを貯めるものではありません。

しかしサラリーマン経験のある人は、その寸前まで行った経験が多いのではないでしょうか。

筆者の在籍していた会社でも面白いケースがありました。

30代の男性社員が40代後半の独身女性上司の下で悩んでいました。

同じことを毎日繰り返し言われるのだそうです。

そのストレスで男性社員の顔は吹き出物で覆われ、すっかり醜くなってしまいました。

ところが定期異動でその女性上司が去ると、あっという間に吹き出物が取れ、本来の肌を取り戻したのです。

これは語り継がれ伝説となっています。

彼はストレスで心と皮膚の健康を害していたわけです。

7. 会社に身も心も捧げるよう強要される

中小企業の経営は社長にかかっています。

魅力的な社長の元で伸び伸び仕事ができれば、なんお拘束も感じません。

また名だたる大企業の一員となれば、その心地よさがつらさを上回るでしょう。

忠誠を強要されるように感じられるとしたら、やはりそこはブラック企業に違いなさそうです。

8. 自分のアイディアや頑張りが全て会社のものになってしまう

これはちょっと高いレベルに過ぎるかもしれませんが、2014年、中村修二氏のノーベル物理学賞受賞のとき話題となりました。

受賞理由となった青色LEDの研究は、氏が日亜化学という会社に属していたときのものです。

日亜化学の収益に大きく貢献しました。

しかし後になって中村氏は、発明対価の増額を求めて裁判に訴えています。

その過去に改めてスポットライトがあたったからです。

しかし低いレベルにおいては、会社の看板のおかげで仕事ができているということもあります。

会社の取り分は本来自分のもの、と勢いよく独立してはみたものの、どこからも仕事がもらえなかった、というのも一方では現実です。

自分の考えていることは正しいのか、業界で通用するのかどうか、利害関係のない相談のできる人に相談するのが一番です。

9. 実際の頑張りに見合うだけの給料を全然貰えない

これは勘違いであることも多いので考え方どう持つかによって変わります。

東日本大震災の直後、全原発の停止による電力逼迫で、東京電力以外の電力会社でも賃金の調整(カット)がありました。

それをある九州電力の社員が、そのせいで娘たちにプレゼントも買ってやることもできない、とブログで嘆いたそうです。

するとたちまち炎上しました。

被災者たちが大変な目にあっているというのに何を寝ぼけたことを言っているのだという非難と、もうひとつは地元・九州からのものです。

「おまえは九州で九州電力以上に恵まれた、待遇もよい職場がどれだけあると思っているのだ。」という内容です。

この人は二重にうかつだったのです。

世間の風を全然理解していませんでした。

このようにならないよう、自分世の中の標準に照らしてどうなのか、という視点は必要です。

10. 結局都合よく会社に利用されサービス残業をさせられている

宅配便最大手のヤマト運輸の動きが最近話題となっています。

労働組合がこれ以上仕事を受けないように要求したり、時間指定配達の一部取り消し、未払いの残業代の支払いについて、などがニュースとなりました。

残業代は数百億円にも上ります。

急速に改善が進んでいます。

やはりトップ企業が姿勢を正すことの影響は大きいものがあります。

世の中は正しい方向へ向かっているようです。

また労働基準法でも残業時間が制限されることになりました。

無駄を省く効率的な業務が求められる時代となっています。

サービス残業は拒否するのことが、会社の経営にとってもプラスです。

11. 会社ではさばき切れない仕事を家に持ち帰ってやっている

パソコンを家に持ち帰って作業したために、これまでどれくらいのデータが流出したことでしょうか。

よく話題となるのは学校の先生です。

生徒の住所、名前はおろか、成績や内申書の内容まで流出してしまい、その都度全国規模のニュースとなりました。

中小企業のデータ流出 は ニュースにはなりませんが、あってはならないことなのは同じです。

今ではパソコンを持ち出さなくてもデータだけ持ち出すことは簡単です。

流出の恐れがあるとして、会社が自宅作業を禁止すべきです。

危機管理のできていない会社だとバレてしまいます。

12. ノルマ主義で成果を強要する

これは営業担当であるかぎり避けられません。

数字は常につきまといます。

そして扱う商品のデータや数字に精通していなければ営業活動そのものがうまく進みません。

その成果も数字でしか表現できません。

ですから逆に会社から数字で攻められることは苦痛になります。

しっかりした営業方針も立てずノルマばかりで攻める会社は、いずれ長続きはしないはずです。

13. マニュアル通りの仕事をさせられ機械のように扱われる

営業の人のマニュアルとはトラブル時の危機管理が中心でしょう。

しかし生産現場の人にとっては日がな一日、生産マニュアルを繰り返すことになります。

そこが何の人間的な工夫も生かされない部署ということなら、やがて耐えられないものと化すに違いありません。

そうなる前に転職を考えましょう。

14. 毎回会社の業績が悪いからと言ってボーナスを出さない

これも中小企業にはつきまといます。

景気の動向に直撃されるからです。

かつてはパナソニックのような大企業でも、不況時にはボーナスを自社製品で現物支給したことがあります。

パナソニックはまだいいですが、法律書の出版社が現物支給した、と話題になったこともあります。

今では大企業は内部留保が厚く、現物支給などの事態はあり得ませんが、中小企業ではいつどうなるかわかりません。

中小企業の人は、ボーナス月の返済を厚くしたローンを組まない方がよいのです。

大企業または成長企業の従業員でない限りつきまとうストレスです。

15. 退職金制度をそもそも作ろうとしない会社

日本の会社の多くにはゴーイングコンサーン(存在し続けるという前提)でなり立っています。

例えば京都では創業150年くらいでは老舗と認められません。

おとなりの中国では市場経済が始まったばかり(1979年から)ということもあり、老舗企業はほとんど存在しません。

また中国人の特性として儲かったらすぐ、不動産や金融に向かいがちです。

儲からなくなったら創業事業でも未練どはなく、すっぱり廃業します。

つまり長生き企業が多いのは、日本のすばらしい長所です。

経営者がその日本の伝統に沿っているかどうか、そこを見極めましょう。

退職金制度などはそのよい物差しとなりそうです。

16. 大企業の下請け会社はいつまでも下請けでしかない

今の時代では、下請け会社どころか、連結決算対象の子会社であっても、親会社からの自立を要請されています。

親会社からの発注に頼らず自分で営業し、自分で稼ぎグループに貢献しなさい、というわけです。

一方では新潟中越地震や東日本大震災のときなどに、ものすごい技術をもった中小企業が被災します。

するとそこで自動車部品の世界的サプライチェーンが切れてしまい、世界の自動車清算に大きな支障が出ました。

トヨタ自動車などは数百人単位の人員を派遣し、復旧を支援していました。

安泰なのはこのような珠玉のような一部の企業だけです。

17. 派遣会社に自分の労働した分が横取りされる

派遣会社はどのくらいマージンをとっているのでしょうか。

全国平均の資料があります。

これは業種別に派遣料金から派遣賃金(交通費含む)を引いた残りの額の割合です。

IT関連の高給な業種では40%くらいになっています。

その他業種では20%代後半から30%代前半のところが大半です。

この中には派遣社員の社会保険や、派遣会社そのものの経費も含まれます。

これに働く期間を選べるなどのメリットを加えれば、30%代前半であれば高くはないと思います。

それがいやなら直接雇用の正社員を目指せばよいでしょう。

18. 社員間の競争を煽られる

ブラック企業では指示された業務を実行するだけでへとへとです。

筆者は元ユニクロの元店長とお話をしたことがあります。

2000年代前半に大卒で定期入社した人です。

ところがあまりの激務のせいで50~60人いた同期はすでに2~3人しか残っていないそうです。

平日でも発注や在庫整理で夜遅くまで帰れず、週末は販売で忙しい。

年末、正月になるとみんな死んだ魚の目のようだった、と言っていました。

それでも柳井会長は、店舗を巡回すると、店長たちはいつも肝心な日に休みを取っているではないか、と感じていたそうです。

今はもちろん改善されているでしょうが、本当に忙しい会社は、社員間の競争どころではありません。

「搾取」か?「義務」なのか?

労働のことを日本国、憲法では勤労と呼んでいますが、これは国民の義務の一つです。

近代社会は実に細かい分業で成り立っています。

この役割分担に参加して、モノやサービスの価値創造に積極的に携わりましょう。

その労働分配率が正しいかどうかが問題です。

あまりにも労働者への分配が低ければ、それは搾取といえます。

1. 給料をもらうためにはある程度我慢が必要である

昨今の人手不足により、労働市場をめぐる環境は、日々変化しています。

小売り業や外食産業では人手不足倒産や、営業時間の短縮が進みつつあります。

正月営業や深夜営業は短縮の方向です。

宅配業界も健全化に向けて動き出しました。

労働基準法の改正で残業時間も法的に規制されます。

各企業、取引慣行や業務内容の見直しが迫られます。

これまでは給料をもらうためには、と我慢していたことから解放されるかも知れません。

2. 社員を大切にする会社を選ぼう

こうした社会のトレンドから取り残されている会社には見切りをつけ、早めに社員を大切にする会社へと移動しましょう。

最近ヤクザの平均年齢が50歳を超えたという記事を見かけました。

この業界も魅力のない斜陽産業になってしまったのでしょう。

若い人たちが"入社"し、世代をつないでいかなければどのような組織も存続できません。

警察が頑張るまでもなく自然に消滅へと向かうでしょう。

若い人が正しい会社選びをすれば、産業社会から質の悪い会社を早く退場させることができます。

これは正義にかなっています。

会社に搾取されるのが嫌なら

現在の状況はブラック企業を追い込む、千載一遇のチャンスと言えます。

法改正や人手不足だけではありません。

つい最近まで日本を代表する企業だった東芝は、歴代3社長たちの個人的な野心のため、会社存亡の危機にまで追い込まれました。

実績を作るため、社員に過大なノルマを押し付け、粉飾決算にまで手を染めていた実態が明らかになっています。

かつての栄光は見る影もありません。

他所でも十分通用する有能な人材は大方逃げ出しているでしょう。

別の会社に生まれかわるしか道はありません。

歴代3社長の悪行は、裁判で明らかにすべきでしょう。

検察は無罪になれば、自分たちの失態とされることをおそれているのでしょう。

たとえそうなったとしても、それを上回る意義があります。

ノルマの押しつけが大企業を崩壊させた、これに勝る教訓はちょっと考えられないからです。

1. 良い会社に転職すべし

もしあなたの会社がブラック企業なら、早々に見切りをつけて、ホワイト企業に転職しましょう。

人を絞りつくさなければ利益の上がらない企業など今の日本に必要ありません。

その種のブラックな会社は人手不足倒産に追い込むべきです。

幸い現在の有効求人倍率は高いところで推移しています。

大都市住民の方なら、別業界に飛び込むなどあらゆる選択肢が拡がっているでしょう。

2..独立、起業しよう

独立・起業はほとんどの場合失敗に終わります。

この現実を受け入れることが前提です。

自分は失敗した人たちに比べ、どのようなアドバンテージを持っているかどうか、確認してみましょう。

それには冷静な第三者の意見も必要です。

思い込みや入れ込みを慎重に排除しなければなりません。

といって失敗を避けるため、あまり資金集めに時間をかけていても時期を失してしまうかも知れません。

とにかく独立・起業とは大変なことです。

365日休みなしに働く覚悟が必要だ、という人もいます。

その通りだと思います。

独立をすると、状況は一変します。

仕入れ先は現金払いでなければモノを売ってくれません。

これまで会社の看板で仕事をしていたことを痛感します。

起業して成功している創業者たちは、当初の想定通りに事業を発展させたわけではありません。

悪戦苦闘する中で新しい需要を発見し、すばやくモデルチェンジしていったのです。

こうした先入観にとらわれない腰の軽さも必要です。

また運を味方につけることも必要です。

あなたには起業に必要なこうした素養を備えた人といえるでしょうか。

3. 自分が会社を利用するという意識で働く

会社は傘のような存在と思えばよいでしょう。

会社の信用やお金を利用して、自分の構想を実現する、と考えてみましょう。

個人事業主ではできないことが実現できます。

会社に供出する利益は、システムの利用料というわけです。

モチベーションも上がり、搾取されているなどという考えにとらわれるようなことは、なくなるはずです。