仲間4人で居酒屋でお酒を飲んでいた時に、そのうちの1人がある大型家電量販店のサービスコーナーでお客が店員ともめていたのを目撃して、その話題で盛り上がった。

お客と店員のやり取りを聞いていると、どうやら先日購入したビデオカメラのバッテリーの容量が、購入時に聞いた物よりも小さくて驚いて来たらしい。

お客は、間違って説明したのを信じて購入したからお店側のミスなので、容量の大きなバッテリーに無償で交換しろと要求し、お店側は差額分を払って欲しいとのこと。

30分以上にわたって口論していたらしい。

お店側は責任者と担当者の2人だが、お客はガンとしてゆずらない姿勢だ。

結局は、とうとうお店側が折れて、新品に交換したが、この時のお客の態度が「男気がある」との意見だった。

こういう強引な交渉ができることを、男気があると言うのだろうか?
一方では、エスカレーターもエレベーターもない階段で、お年寄りが重い荷物を持って上を見上げてため息をついている。

そこに出くわした青年が、その荷物を持って上まで運んであげた。

通りすがりの人達は見て見ぬ振りだが、この青年は違っていました。

思案する間もなく、声をかけて荷物を持ったのです。

これも男気のある人と言えるのでしょう。

男気ってどんな意味?

「おとこぎ」とは、漢字で書くと「男気」または「侠気」と書きます。

「侠気」は「おとこぎ」または「きょうき」とも発音します。

この侠気という漢字を見ると、古い時代の仁侠映画を思い浮かべてしまいます。

辞書によると、「男気・侠気」の意味は、犠牲を払って人に尽くしてやる気性。

義侠心(ぎきょうしん)と説明されています。

自分の損得を顧みず弱い者のために力を貸す気質なのです。

ちなみに、男気の反対語は女気(おんなぎ)で、女らしい気質のことです。

男気の人の立ち向かう相手は、無慈悲な権威を持つ強者で、弱者がその犠牲になって苦しんでいる中で正義を貫こうと頑張るのです。

こういう意味では、女性でも男気を持つ人もいますが、一般的には男性の気質を差し、女性でも男性でも惚れてしまう気質なのです。

最近では、弱者もいろいろです。

高齢化が進んで、お年寄りも弱者と言えます。

女性も現在の社会の中では、まだまだ弱者と言えます。

ということは、男気を発揮する機会は増えていると思いますがいかがでしょうか?

男気がある人の13個の特徴


男女を問わず、惚れ惚れとしてしまう男気のある人とは、どのような人でしょうか?現代の男気の意味は、どのようなものでしょうか?亭主関白の家庭のように、「黙って俺について来い!」という勇ましい男性なのでしょうか?そこまで男らしい性格でなくても、日常の生活の中で、男気を発揮するチャンスはいくらでもあるようです。

些細なことでも、充分男気を感じて、改めて惚れ直すことにもなるのです。

逆に、つまらないようなことでも、女性から見ると男気がないつまらない男、とレッテルを貼られてしまうこともあるのです。

そこで、男気がある人について考えてみたいと思います。

1.責任感がある

男気がある人と言うと、まずは弱者の味方であるはずですから、きちんとやりかけた仕事を済ませるという「責任感」があるはずです。

人が困っている時に割り込んできて、さんざんかき回しておいてその場を離れていくような、無責任な男では誰からも頼られることはありません。

何か困っていることがある場合、そこに助けに入れば、何らかの結論を導き出して改善策を提案したリ、解決に結び付くまで寄り添ってサポートすることは、最低限必要なことです。

あの人が来てくれたから、もう大丈夫だ!とみんなが安心感と信頼感をもって見つめている人こそ、男気のある人だと思えるのです。

後輩や部下の責任までしっかり持つことができる


貴方が勤めている会社の組織のリーダーが、男気のある人でしたらどうでしょう。

何か大きなプロジェクトに貴方の組織が参加することになると、組織のメンバーは、どんなことをすることになるのか、どんな責任を担うことになるのか話題になります。

困難な仕事だという噂が広がれば、自分達の能力で突破できるか不安になります。

最終的な完成の期限が設定されるでしょうから、休日出勤やら残業やらと忙しくなるのは目に見えています。

忙しいのは覚悟ですが、本当に自分達の能力で完遂できるのかものすごく不安になります。

重大な欠陥やミスが後で発覚するようなことがあった場合、会社に損害を与えることになれば自分達の評価ダウンや責任問題は発生するのだろうかと、色々考えてしまい、萎縮してチームワークも乱れがちになりそうです。

そんな時に、リーダーから「万一のことがあったら仕事の責任は俺が持つので、心配しないで俺の指示通りに動いてくれ!」などと訓示があると、気が落ち着くのです。

「よし、この人について行こう!」「頑張って仕事をしよう!」となるのです。

後輩や部下の責任までしっかり持つことができる人は、男気のある人だと言われるのです。

2.逃げない

何か大きな問題が発生して、責任問題や保証問題などに話が及びそうになると、俺は関係ないんだとさっさと逃げ出してしまう人がいます。

そんな人は、人前では格好をつけて良い話や自慢話をするのですが、周りの人もそのような性格の人だと認識しているようです。

周りの人は、口には出さないのですが、もともとそんな人には真剣に相談したリアドバイスを求めに行かないのです。

男気のある人といえども、何でもかんでも首を突っ込むことはないのですが、これは道理に合わないと感じると、居ても立っても居られない性格でその問題に割って入るのです。

そして、問題が解決するか、または解決できなくても改善策の目途が立つまで決して逃げないのです。

トラブルが起こっているからこそ、現状に配慮して考えることができて、決して逃げないのが男気のある人なのです。

多少のトラブルがあっても自分の力で解決できる

仕事でトラブルが会った時に、自分だけの力ではうまく行かないと弱気になると、ついつい仲間や先輩、上司に相談する人は多いようです。

もちろん、自分の担当する領域外でのトラブルではしようがないことなのですが、つい誰かに頼ってしまうのです。

もしも、誰かのアドバイスや力を借りて実行した結果がうまく行かなかったときは、その人のせいにすることもできるからです。

力を借りることで、逃げ道を作ってしまうのです。

これに対して、男気のある人は決して人のせいにすることがないのです。

それと共に、多少のトラブルは全て自分の力で解決してやるという、強い信念と正義感を持っているのです。

3.曲がったことが大嫌い


私の友人が男気が強いと自慢していました。

そんな彼とドライブに行った時に、彼がハンドルを握りながらポツリと言った言葉に驚きました。

「俺は曲がったことが大嫌いだよ。だから、曲がりくねった道路よりは、一直線の道路が大好きだよ!だから、北海道は大好きだよ!」内心、道なりに曲がってくれと心に祈ったのですが、本人は単に直線でスピードを上げて走りたいだけらしいのですが。

これは冗談としても、男気の人は曲がったこと、つまりは筋が通らないことには我慢ができないようです。

とは言え、本当の男気のある人と、男気らしい性格の人がいるのです。

ここであえて区別しているのは、意味があるのです。

それは、自分にかかわる損害が発生する問題には、筋が通らないとクレームをつけて強引に訂正させる性格のことです。

なるほど、理に合わないことは堂々と申し入れするべきなのですが、自分に影響のあることだけに注力するのは、本来の男気とは異なります。

男気とは、理に合わないことで弱者が強者に強引に押さえつけられて、弱者が泣き寝入りするような場面で発揮されるものです。

自分だけでなく、世の中の弱者に対して起こす正義の行動なのです。

自分にかかわる損害だけでなく、見返りを期待しないで正義を貫く勇気を持った行動なのです。

曲がったことが大嫌いとは、こういう見返りを期待しないで、世の中の正義を守る勇気ある行動なのです。

仕事のシーンでは、自分とは直接関係のない部署で起こった出来事でも、筋が通っていないと知った時には、その部署のリーダーにも抗議をするのです。

恋愛の場面では、自分の彼女の親友の恋人が、実は隠れて二股をかけているとします。

このことを知ったら、その親友の恋人とは面識が無くても、堂々と二股の行為はおかしいと直接文句を言うのです。

おせっかいかも知れませんが、黙って見過ごすことができないのです。

相手が目上の人だろうと間違ったことをしていればしっかり注意をする

仕事での先輩やら目上の人から、道理に合わないことを要求されると、普通の人は独り言のように文句を言いますが結局は逆らわずに行動してしまいます。

そんな無理難題を時々押し付けられている人達は、仲間同士で集まって酒を飲んで日頃のうっぷんを晴らしたり、愚痴を言うのがせいぜいです。

無理を言い渡す上司や先輩も、愚痴を言いながらも結局はやってくれることを期待しているのです。

自分達が辛い目に合っているだけならまだ我慢できるのですが、その無理な欲求で目上の人や先輩が、隠れたところで別途恩恵を受けていることが分かると、不満も限界を超えてしまい、大事な伝達事項をあえて報告しなかったり、誤った報告をしたりと、多少の嫌味をしてしまうのです。

この程度の仕返しで、納得しているのです。

しかし、男気のある人がその職場に社内異動でやってくると、雰囲気が変わるのです。

上司や先輩が、いつもの通りに道理に合わないことを指示すると、たちまち男気のある人はテンションが上がるのです。

「差し出がましいようですが、それは納得がいきません!理由を説明してください!」などと抗議するのです。

上司や先輩はその抗議に驚きます。

いままで、そんな事は言われたことが無かったからです。

理由を聞いてからも、納得がいかないと男気のある人は食い下がって行きます。

理屈で抗議するので、上からの圧力だけでは引き下がりません。

男気のある人は、単なる損得では動かないので、多少の脅しにも平気なのです。

ブレないのです。

何らかな改善なり修正を獲得するまで続けるのです。

単なる感情と威厳だけでは、抑えられないのです。

4.素直に謝ることができる

男気がある人は、 日常に起こる些細なことについては寛容なのです。

あまり細かい事には首を突っ込んで来ないのです。

無視もせず暖かく見守っているのです。

それだけ男気のある人は器が大きいと言えます。

しかし、自分が間違ったことをやってしまった時は、気が付いた時に直ぐに間違いがあったことを告げて、素直に謝るのです。

自分のせいで、子供や弱い立場の人に迷惑がかかると、すぐさま謝って間違いを修正します。

どれだけ迷惑がかかったのか、詳しく調べて十分な償いをするのです。

それによって、自分がぶざまな格好になって笑われても構わないのです。

そんな姿を見ると、器が大きくてかえって信頼されることになるのです。

自分の非はしっかり認め反省することができる

正義感の強い人は、自分の行動にも注意を払っています。

自分が筋の通らないことを強要することは、許されることではないからです。

男気のある人は、自分の行動や考えについては、客観的にみることと、周りの人の意見を聞くことに心掛けているのです。

そして、男気のある人は、自分の非はしっかりと認め反省することができるのです。

5.約束は必ず守る


男気のある人にとって、約束したことは必ず守るのが鉄則です。

相手にも自分にとっても、いろいろと条件は変わりますが、基本的な約束事はきちんと守ります。

何らかの事情で約束を実行できなかった時でも、3年後でも5年後でもチャンスが来れば、きちんと守ることができるのです。

約束をしてもらった本人が忘れていても、キチッと思い起こさせてから約束を実施するのです。

義理堅いと言えますが、それが第一だと思っているのです。

男気の人には、約束すると期限は関係ないようです。

たとえ、相手が小さな2~3歳児であっても、約束したことは必ず守って上げるのです。

 

些細で小さな約束でもしっかり覚えている

男気のある人は、大きな約束も小さな約束も、気持ちの中では同じレベルの約束と考えているのです。

約束を果たした後の利益や得については、考えないのですから。

そして、些細で小さな約束でも、しっかりと覚えているのです。

周りの人も、うっかりすると忘れてしまうようなことでも、彼の頭の片隅には、はっきりとそのことをインプットしており、明確に輝いているのです。

それをきっちりと果たさないと、男気のある人は生活のリズムが狂ってしまうかのように、消化不良を起こしているのです。

そのことをやり終えると、イカツイ感じの男気のある男は、子供のように嬉しくなってほほ笑むのです。

些細で小さな約束でも、ひとつの大事な約束ですから。

6.困った人は放っておけない

男気のある人の特徴は、弱い者や困っている人を見過ごすことができないのです。

大きな荷物を抱えたお年寄りが階段の手前で立ち止まっていると、つい声をかけてその荷物を運び揚げてあげるのです。