誰だって人から褒められたら嬉しいものです。

自分がした行動や容姿など、なんでも構いませんが自分以外の誰かが自分のことを「すごいね」「可愛いね」「えらいね」と言ってくれたら、それだけで気持ちはハッピーになってしまいますよね♩

しかし、誰かに褒められるというのはそんなに簡単なことではありません。

褒められるためには、それなりに褒められるポイントを自分で作ることと、褒められるためのアピールを上手にすることが重要となってくるのです♩

これをマスターして、明日から褒められ上手になってはみませんか?!

褒められたいときの5個の方法!褒められたいときは存分にアピールを!

誰かに褒められて嫌な気持ちになる人は滅多にいません。

むしろ、自分を褒めてほしいという気持ちは幼少期のころから大人になってまで、どんな人でも生まれる感情です。

今回は、とにかく誰かにどんなことでもいいから褒められたいときの方法についてご紹介していきたいと思います。

じつは、おとなしく黙っているだけでは褒められないって知っていましたか?

褒められるためには存分にアピールすることが大切なんですよ♩

そのアピール方法をマスターして、たくさん褒められるように頑張ってみましょう!

1.アピールをする


人に褒められたいのなら、自分でアピールしないと人はその頑張りを褒めてはくれないものです。

自分が頑張っていれば、きっと誰かが見てくれているとつい思ってしまいがちですが、意外と人は他人のことなんてまったく見ていないものです。

褒められたいのなら、頑張っている自分のその姿が他の人の目に止まるように存分にアピールすることが大切なのです。

「アピールするなんてかっこ悪い」「わざとらしいのは苦手」なんて卑屈に考える必要はありません。

なぜなら、人から良く評価されている人、よく褒められている人はアピール上手だからです。

アピールすることが大切だということをすでに熟知していて、それを実践しているのです。

そう考えると、努力しても評価されない、誰からも褒められない人ってとてももったいないと思いませんか?

恥を捨てて、いざアピールするべしです!

アピールをする人ほど評価されている

人から良く評価されている人は、もちろん評価されるだけの成果を出している人でもあるのですが、そのことを存分に他人にアピールしている人です。

たとえばそれが職場でのことならば、自分の頑張りが上司の目にうつるように行動したり、「頑張っている」「すごい」と思ってもらえるように工夫をしたりしています。

悪いニュアンスだと人はそれを「媚を売る」とも言いますが、媚を売るのではなく自分を売り込んでいるだけなのです。

褒められたいならば格好つけずにアピールするしかありません。

このアピールが上手な人が他人から認められるのです。

2.一言付け加える

褒められるためにアピールする1番簡単な方法が、何かを人に伝えるときに自分が良く思われるために、一言付け加えるということです。

たとえば、仕事が出来上がったという報告のときでも、ただ報告するだけではなく「今回は前回の経験を生かして、前回よりもさらにこんなところを工夫して完成させることができた」と報告するだけで、それを聞いた上司からは、「成長している」と高評価な印象を与えることができたりします。

どんなことでも、自分が褒められるように上手に一言付け加えることが大切なポイントです。

人から評価される人というのは、このあたりの自分のアピール方法がとても上手です。

それもわざとらしくなく、さらっと付け加えるので、上司も先輩も誰でも好印象で受け取ってしまいます。

相手にどう伝えたら好印象を与えられるのかを考えてみて、どんな言葉を付け加えたら良いか考えてから声をかけると良いでしょう。

細かいところは高評価に繋がる

アピールする方法として一言付け加えるときは、なるべく自分が評価されたいポイントの細かいところをさりげなく伝えたりするのもおすすめです。

たとえば、仕事や何かの成果をあげたとき、他人はその大まかな「結果」しか見ることができません。

その成果をあげるための過程や、大変だったこと、工夫したことを知っているのは自分しかいないので、そのあたりを上手に報告に組み込んで、「こんなことをした」「こんなところが大変だったけど頑張った」などと伝えてみると良いでしょう。

細かいところこそ高評価に繋がることが多いので、そこをうまく売り込んでたくさん褒められちゃいましょうね♩

3.日頃から活躍をする

常に日頃から活躍をしている人は、他人からの評価も自然と高い傾向にあります。

それは、日頃から「あの人はすごい」と思われているので、「まかせておけば安心」というその人への信頼があっての事でしょう。

このくらいのレベルになれば、わざわざアピールをしなくても、何をしても「すごいね」「やっぱりさすがだね」と思われます。

日頃から活躍をし続けることはとても容易いことではありませんが、その努力も成果となるものなので頑張ってみてください。

普段から行動できるように動く

日頃から活躍をするためには、普段から自分で意識的にどんなことでも行動できるように動くことが大切です。

「できるかな?」と不安なときは腰が重たいものですが、「きっとできるはず」とポジティブな気持ちで前向きに取り組めば、出来ないことはありません。

また、その行動力や気配りも、周りへのアピールポイントになるので、ただ行動しているだけで「頑張っている」と思われるでしょう。

普段からの習慣がとても大切になってくるので、自分で意識してみてくださいね。

4.意識を持つ

人から褒められるための行動をとるならば、まずはどんなときでも人に見られてその人に良く思われるような行動をとるよう心がけましょう。

そのために、「見られている」という意識をきちんと持つことが重要になってきます。

意識を持つことで、自分の行動に気を張って考えながら動くことができるので、無駄な失敗も少なくなるものです。

意識を持つことは明日からでもできることなので、ぜひ取り組んでみましょう♩

見られている意識を持つ

人は意外と他人のことを見ているようで見ていない、そして見ていないようで見ていたりもします。

人に褒められるために自分を上手にアピールすることはもちろん大切なことですが、アピールをしなくてもたまたま人が自分に注目していたときに、ぽっかりミスなどをして恥ずかしい思いをしないように、日頃から自分は人から見られているという意識を持って行動しましょう。

これは、モテる人が心がけていることで、人から自分が見られているかもしれないと思うことで、人からこう思われたい!という理想の自分を演じることが自然とできるようになるのです。

意識を変えるだけで自分が見違えるように成長することができるので、ぜひ試してみてくださいね。

5.気を抜かない


人から褒められるためには、常日頃の自分の行動がしっかりとしていないといけません。

そのためにも気を抜かないことが重要になってきます。

人は日頃生活をしていると、ふとした時に「ホッ」と一息ついて気を抜いてしまうこともありがちです。

しかしそのように自分の注意力がかけたときこそ、失敗やミスに繋がりやすくなってしまうのです。

人から常に見られているという感覚をしっかりと持ち、気を抜かずに集中して物事に取り組むようにしましょう。

細かいミスを無くす

人から褒められるためには、大きな成果をアピールすることももちろん大切ですが、まずは細かいミスを無くすことからはじめてみましょう。

細かいミスを無くすことで、仕事の失敗が少なくなり、それだけ仕事の成功度が高まります。

その積み重ねが、上司や他の同僚たちからの信頼へと繋がるのです。

仕事で信頼を得ることができたら、あとは簡単に人から褒めてもらうことができますよ♩

大きな成果を出すことよりも、まずは目先の小さなことで自分に出来ることから取り組んでみましょう。

褒められたいと思うときがありますよね

子供のころは、パパやママに「えらいね」「お利口だね」と褒められるのが嬉しくて、頑張って自分のことをよくアピールしたものです。

兄弟がいる人ならば、下の子に優しくすれば「優しいね、お利口だよ」と褒められ、年齢に対して出来ることが早ければ「すごいね、もうこんなことができるの?」と言われ褒められたものです。

子供の頃は、いとも簡単に大人は自分を褒めてくれたのに、それが大人になった今では褒められるということのハードルが高くなってきています。

もう大人なんだから、子供じゃないんだから褒められなくても平気でしょ?と思う人もいるかもしれませんが、大人になっても人から褒められるということはとても気持ちが良いものなのです。

誰もが褒められたい!

他人から自分を否定されたり、怒られたりして嬉しいという人は1人もいません。

やっぱり「すごいね」「えらいね」と褒められることのほうが嬉しいものです。

誰もが褒められたい!と心の中で思っているはず♩

では、実際に大人になった今褒められることで得られるものとは一体どんなことがあるのでしょう?
褒められることの大切さを知ることで、自分のこれからの活力になるかもしれないので、ぜひチェックしてみてください。

更に伸びる

まず、人から褒められると自分のその行いが正しいものであるという認識が自分の中にはっきりと生まれるので、その事柄において更に向上させることができます。

「褒められると伸びるタイプ」という人がいますが、おそらくこの原理により、多くの人がこのタイプに当てはまるのではないでしょうか?

たまに上司と部下の関係や、夫婦などで「モラハラ」という言葉があります。

これはモラルハラスメントと言って、相手の行動や人格を否定することを表します。

このモラハラは、まさに「褒めて伸ばす」とは対照的で、「お前なんてダメな人間だ」と言ってその人を否定することで、相手を伸ばすどころか相手に自信を失わせてしまうのです。

自分を否定されたり、ひどく注意されるばかりだと、だんだんと自分の行動に自信が持てなくなるものですよね。

「自分なんて何をやってもだめなんだ」

「また失敗したらどうしよう」

「また次も怒られるかもしれない」

このように不安な気持ちになることで、その人の成長を止めてしまうのです。

モラハラが問題になっていることから、人は自分を否定されるよりも褒められたほうが良いということがわかりますよね。

褒められることが嬉しい

人から自分のことを褒められると、単純にとても嬉しいですよね。

人から褒められて嫌な気持ちになる人は誰もいません。

もしも嫌がっているように感じる人がいたとしても、それはきっと照れ隠しでしょう。

なぜなら、人間はみんな自分のことが大切で、自分のことが好きです。

そんな自分を他人から認めてもらえたらどんなに嬉しいでしょう?

「すごいね」「えらいね」と言われたら、その褒め言葉をくれた相手に対しても好意的な気持ちにすらなりますよね。

良いことをした気分になる

人から褒められるということは、単純に自分のその行いが正しいことを意味しています。

褒められたことにより、自分の自信にも繋がるわけですが、同時にとても良いことをしたという気分にもなりますよね。

「ありがとう」「すごいね」「助かったよ」そんな感謝と羨望の言葉は、自分が頑張ったことへのご褒美にもなる魔法の言葉です。

自分のしている行動とは、ときに自信がなくて、不安で、周りの評価が気になるものもあります。

そんな不安を打ち消してくれるのが褒め言葉なのでしょうね。

見てくれるという嬉しさ

自分が何か良いことをすると、「私ってえらい!頑張った!」と自分で自分のことを好きになる傾向があります。

「自分はこんなに良いことをしたんだぞ」と自分で自分のことをまずは称賛するわけですが、もしもそれについて他人も同じく見ていてくれたら、とても嬉しいものですよね。

職場などの環境では、自分も忙しいときは他人も同じく忙しくしていると思います。

どんなときでも自分の頑張りを他人が見てくれているとは限りませんが、その頑張りをもしも誰かが見てくれていて、「すごいね」と声をかけてくれたら、それは本当にとても嬉しいものです♩

誰かが見てくれていたなら「また次も頑張ろう」という気持ちにすらなりますよね。

褒められたい人の特徴とは?

人から褒められることはとても嬉しいことです。

それは誰もがそう感じているものですが、とくにその中でも自分が人から褒められたいと強く願っている人がいます。

それは一体どんな人なのか、その特徴をご紹介していきたいと思います。

構って欲しい

人から褒められたいととくに思っている人は、他人に自分のことを構って欲しいと思っている人です。

このように思う人はとても寂しがり屋な人が多く、とにかく周りの人から自分がチヤホヤされたいのです。

おそらく子供の頃に両親から甘やかされ、クラスのみんなからも人気のあったタイプの人が、このように陥るケースが多いようです。

このタイプの人は少しプライドが高い人で、自分が1番注目をされていないと寂しいと思ってしまうのです。

みんなから構って欲しくて、自分が注目を集めるために人から褒めらたいと思っているのです!

いつも他の人ばかり・・・

「いつもあの人ばかり褒められてるな・・」「あの人は仕事ができてみんなから認められてるから羨ましいな」と思っている人も、他の人ばかりじゃなくて自分のこともためには褒めてほしいと思っています。

自分と身近な関係にある人が褒められている場合や、同じ職場の人などがいつも褒められていると、確かにそれがとても羨ましく思ってしまうものです。

褒められる人はそれなりの成果を出しているわけですが、それがとても羨ましいので、自分も褒められるためにどうしたら良いか、と切磋琢磨している人が多いようです。

比べられるのが苦手

他人と自分をよく比べられてしまう人で、比べられることで辛い思いをしている人、比べられるのが苦手な人も、なんとか自分のことも褒めてほしいとおもっています。

それはもちろん、他人と自分を比べられたときに自分はまったく褒められるような良い部分がなくて、相手はいつも他人から褒められているようなタイプの人だったら、自分はただ苦しいだけですよね。

それならば、自分も同じように褒められるようになれば、もしも仮にまた比べられてもあまり嫌なきもちにはならないはずです。

そもそも人と比べる人は最低ですが、どうしても競争社会の場面では悪気なく比べられてしまう場面もあることでしょう。

どうせ比べられるなら、少しでも自分も良い立場になりたいものなので、なんとしてでも自分も成果を出しそれをアピールして、褒められたいと思っているのです。

自分だけを見て欲しい

自分の頑張りだけを見て欲しい!自分以外の他人のことはどうでもいいから、もっとこっちを見て!と思っているタイプの人も、他人からたくさん褒められたいと思っています。

自分だけを見て欲しいと思っている人は、とても独占欲が強く、自分が自分以外の大勢よりも優位な立場に立ちたいと思っている人が多いようです。

このタイプの人は、性格的にわがままで、負けず嫌いな人が多い傾向にあります。

しかし、負けず嫌いであることは仕事においてとても良いことで、他人に負けないためにそれなりに自分で努力することができます。

頑張っている

「自分だけを見て欲しい」と思って、他人を蹴落としてでも褒められようと思っている人はとにかくそのための努力を惜しみません。

ひたすら頑張っているので、その頑張りを誰も見ててくれなかったときはとても大きな失望を抱きます。

不器用ながらに、自分が頑張っていることをアピールすることが苦手だと、いつまでたっても褒めてもらえません。

それでも、褒めてもらいたいがためにひたすら頑張っているのです。

努力しているアピール

では実際にどのようにアピールしているのでしょう?

たとえば、結果がまだついていない場合でも「努力している」というアピールはとても大切です。

なぜなら、会社は社員にお給与を払っていることから、会社も上司も、同じ就業時間のなかで特別仕事を頑張っている人を好む傾向があります。

同じお給与を払うならば、仕事において真面目に取り組んで、努力を惜しまない頑張りやさんのほうが良いですからね。

そのため、まだ成果や結果が出ていないものでも、「自分がこれだけ目標に向かって頑張っている」という努力をアピールすることがとても大切です。

1番わかりやすい方法でいくと、残業をすることです。

残業をするということは、その仕事が就業時間内に終わらなかったことを意味するのですが、それだけ熱心に取り組んでいるというアピールにもなります。

もちろん残業をしてまで達成させるものなので、それなりのクオリティと成果は求められますが、こうすることで自分がいかに誰よりも真面目に取り組み、努力しているのかが伝わるのです。

普段が評価されていない

褒められたいと思っている人は、何事にも褒められるために真面目に取り組み、とにかく頑張っているのですが、なぜか普段自分がしていることをなかなか評価してもらえない傾向があります。

たとえば仕事で大きな成果をあげる機会というのはなかなかあるものではありません。

特別なプロジェクトや大きな仕事が入ってきたときは別ですが、何よりも仕事の評価で重要視されるのは普段の日常の仕事ぶりですよね。

しかしこの普段の仕事ぶりが、どんなに頑張っていても頑張っているように見えなかったり、成果が他人からわかりにくいものだったりすると、なかなか他人からの高い評価は得られないものなのです。

頑張っているのに褒めてもらえない人は、「これだけ頑張っているのにどうして自分は褒めてもらえないんだろう?」と悔しさを感じることも多いようですが、それは自分のアピールの仕方が上手ではない証拠でしょう。

何気ない日常だからこそ、上手に自分の成果と頑張りをアピールしなくてはいけません。

他の人が活躍している

これだけ褒められたいと自分で思っているのに、自分はまったく褒めてもらえないのに、なぜか他の人が活躍していて、その人は簡単に評価され褒められるというのも珍しいことではありません。

「褒められやすい人」と、どんなに頑張っても褒められない人というのはなぜか決まっていたりします。

あまりに自分の努力が認めてもらえないと、とても辛くなってしまうものですが、それでもいいこともあります!

縁の下の力持ちの存在ということも?

努力して頑張っていてもななかな目立つことができない、上司や周りから褒めらえるのはいつも他の人・・・と思っている人は、じつは縁の下の力持ちの存在になっています。

縁の下の力持ちというのは、その上に立っている人はもちろんその人の力と助けがあるからこそ、成功をおさめることができているわけですが、縁の下の力持ちの存在の人のほうが目立つということはあまりありません。

どんなにいい働きをしても、褒められるのはいつも上に立って目立っている人のほうです。

いつの間にか自分がそっち側になってしまうと、悔しくて、悲しい気持ちになりますよね。

「自分の助けがあるから、あの人は褒められている!」ということがわかると、なんとしてでも自分が褒められる側の立場になりたいと思ってしまうものです。

縁の下の力持ちさんは、とても優しく気がきく性格ゆえにそうなってしまうのですが、それでも人から自分が褒められたいと思っているなら、一度そこのレールから抜け出す努力をしてみたほうが良いかもしれません。

寂しがり屋

人から褒められたいと思っている人は、とても寂しがり屋な性格であることが多いようです。

よく小さな子供が、母親からたくさん褒められたいがためにお利口にしようとしたりしますが、これと似た原理と言っても過言では無いでしょう。

褒められるということは、そのとき褒めてくれた相手は自分に少なからず好意の気持ちを寄せています。

好意の感情というのは、恋愛ではなくても自分をそのとき認めてくれたことになるので、そこに愛情を感じるものなのです。

そのため、寂しがり屋な性格の人はその愛情欲しさゆえに、他人から褒められたいと思っている人も多いようです。

独りでいることが多い

人から褒められたいと思っている人は寂しがり屋でもあるのですが、そもそも人間関係を築くことがとても苦手で、職場でも孤立しがちだったりします。

そのため社内で独りでいることが多かったりするのです。

自分が独りで寂しい思いをしているときに、周りの同僚たちは楽しそうにみんなでおしゃべりをしていたり、ときに上司からからかわれたりしているのを見ると、とてもいたたまれない思いに駆られることでしょう。

友達が多かったり、上司とも仲が良かったりすれば、それほど評価や褒められることに対しての執着もないものですが、寂しいからこそ仕事面でだけは評価されたいと思ってしまうのです。

また、独りでいるということは自分の仕事についての悩みを話す相手もいませんし、自分の頑張りを認めてくれる仲間もいません。

もしも仲の良い同僚がいたりすれば、共に励ましあったりできるのでそれほど「褒められる」ことに対しての執着もなかったかもしれませんよね。

動物で例えるならば「うさぎ」

寂しがり屋な人のことを動物に例えると「うさぎ」と表現したりしますが、うさぎは寂しいと死んでしまう動物であると言われていたりもします。

そんなに極端に精神的に病んでいたら大問題ですが、それくらい孤独とは人を追い詰めてしまうものだということでしょうね。

「褒められたい」という感情は孤独な人にとってのとても分かりやすい愛情を求めているサインだと思います。

褒められるということは、たとえ友達のように仲が良くなくてもその瞬間は、自分を認めてくれたということになるので、仲良くなることは無理でも自分のほうを向いてほしいということですよね。

寂しがり屋な人の「褒められたい」という感情は他の人が思っているよりも、きっと深い感情なのでしょう。

気分の上下が激しい

人から褒められたいと思っている人の特徴に、気分の浮き沈みが激しいというものがあります。

まさに、上記でご紹介させたいただいたように寂しさからくる情緒不安定な一面の表れかもしれませんよね。

気分の浮き沈みがある人は、とにかく自分のことで精一杯で、大きな不安を日頃から抱えていることが多いので注意が必要です。

こんなとき、誰かがきちんとフォローしてくれたり、そばにいてくれる環境ならば良いのですが、まずは職場のみんなで支えてあげることが望ましいでしょう。

「あなたはよく頑張ってるよ」と一言言葉をかけてあげるだけでも救われるかもしれません。

極端に変わることが多い

気分の浮き沈みが激しい人は、その浮き沈みが極端に突然変わることが多いので周囲はとてもびっくりしてしまいます。

たとえば、さっきまで普通に話をしていたのに、突然号泣してしまった!ということがあったり、それは突然に起こることなので、事前に防ぐことはなかなか難しいのです。

周囲のサポートがあれば望ましいですが、そういうときは情緒不安定になっているときなので、周囲がどれだけサポートをしてあげても、本人が変わらない限りは改善は厳しいでしょう。

気分の浮き沈みを少しでもよくするためには、何よりも本人が自分に自信をもって生活することが1番の薬なのでしょう。

褒められたいときは行動をしっかりとしよう!

今回は、褒められたいと思ったときの方法についてをご紹介させていただきましたが、人から褒められて嬉しくない人はいません。

褒められるということは、自分のその行動に対する成果が正しいことを意味していますし、努力を認めてくれたということにもなります。

自分が頑張っていることは誰よりも自分が1番わかっていますが、それを第三者が認めてくれることは自分のとっての大きな自信にも繋がりますよね。

しかし、人から褒められるということは、少なくとも褒めてくれる誰かが自分のことを見ていてくれないと成立しないため、意外と難しいということがわかりますよね。

どれだけ自分の頑張りやその成果を上手にアピールでいるかがとても重要になってくるので、日頃からの自分の行動と意識もとても大切だと思います。

褒められたいときこそ、自分から頑張って言葉を付け加えたり、ミスをしないように慎重に行動してみたりと、いろいろと工夫をしてみましょう。

その頑張りを誰かが見てくれるかは、自分の行動にもかかっているので、ぜひできることを取り組んでみてくださいね♩

「悩んでいる事には必ず原因と解決方法があります」

記事下_カリス電話占い