CoCoSiA(ココシア)

肩すかしとはどういう意味?肩透かしを食う11個のこと


期待していたのにがっかりさせられるというような肩透かしのシチュエーションは、絶対に嫌だと感じる人もいるでしょう。

それでは、人間はどんな場面で肩透かしを感じるのか、肩透かしを食わないようにするためにはどうしたら良いのか見てみることにしましょう。

肩透かしとはどういう意味なの?

肩透かしとは、相撲の決まり手のひとつで、差し手で相手のわきや腕の付け根にに引っかけ、手前へ引きながら体を開き、もう一方の手で相手の肩などをたたいて倒すことです。

事前に予想していた方向とは全く違う方向に物事が進んでいくということになります。

多くは、期待をしていたのに、それががっかりする結果になるというところで、肩透かしを食うという言葉が使われます。

肩透かしを食う11個のこととは


肩透かしを食うようなシチュエーションにはどのようなものがあるのでしょうか。

肩透かしの具体的なシチュエーションについて詳しく見てみることにしましょう。

お願いしてきたことを「やっぱやめた」と言われる

「お願いしてきたことを「やっぱやめた」と言われる」というのは、最悪なシチュエーションですね。

自分から言い出したことで相手の期待を高めておきながら、それをなかったことにすると言うのは、相手に肩透かしを食わせたかったようにしか見えません。

これはひどく相手の心を弄んでいるように見えますね。

悪い病気かと思ったが、ただの風邪だった

「悪い病気かと思ったが、ただの風邪だった」というのも、肩透かしと言えるでしょう。

ただし、この場合の肩透かしは、期待を裏切られたという方向の肩透かしではありません。

事前に抱いていた覚悟や不安が、思いがけない方向で解消されてしまったので、行き場を失ってしまっている状態だと言えばわかりやすいでしょうか。

数ある肩透かしのシチュエーションの中ではまともな方ですね。

誕生日に遊びに誘われたけど何も祝われなかった

「誕生日に遊びに誘われたけど何も祝われなかった」も肩透かしのシチュエーションだと言えますね。

誕生日にわざわざ誘われるのですから、何もないわけがないと思ってしまうでしょう。

特に、相手が誕生日を知っているような相手だと、お祝いをしてもらうことができるはずだと、ある程度は期待をして想像も膨らんでいるはずです。

その中で何もなければ、肩透かしな状態になってしまってもおかしくありません。

大雪が降ると騒がれていたのに雨しか降らなかった

「大雪が降ると騒がれていたのに雨しか降らなかった」と言うのも、肩透かしの一つと言えるでしょう。

もっとも、雪を楽しみにしていたかどうかで、かなり受け取り方が変わって来そうですね。

雪を楽しみにしていた人にとってはがっかりの方向の肩透かしでしょう。

大雪を覚悟していた人にとっては、嬉しい方向の肩透かしかもしれません。

宝くじが当たったと思ったら最後の一桁が間違っていた


肩透かしの例としては「宝くじが当たったと思ったら最後の一桁が間違っていた」というものも挙げられるのではないでしょうか。

宝くじと言うのは、最大限に期待をしますし、できれば当たってほしいという気持ちが強く出てしまうものですよね。

そんな宝くじで、途中まで同じ数字が出ていた時の期待やワクワクは言葉で言い表すことができないほどに大きなものでしょう。

それが裏切られたときの肩透かしのがっかり感もまた、言葉では言い表すことができないほどに大きなものとなってしまうのではないでしょうか。

キャバクラに興味がないと言っていた彼氏が、実はキャバクラが大好きだった

「キャバクラに興味がないと言っていた彼氏が、実はキャバクラが大好きだった」というのも、最悪の肩透かしですね。

まともな彼氏と付き合っていると思っていたのに、最悪のダメンズだったときの女性の気持ちを考えると、肩透かしと言う言葉だけでは片づけられないほどの怒りを感じる方もいるかもしれません。

ですが、誰もが彼氏には期待をしてしまう中で、それを裏切って「ダメンズ」であった彼氏を見たときには、怒り以上に肩透かしの空しい感覚を抱く人もいるでしょう。

それまでの彼氏の態度を見ていて、相手に対する期待や信頼が大きかった人ほど、最初は怒りよりも肩透かしの虚しさとがっかり感が襲ってくるに違いありません。

可愛い!と思っていた女性が画像を加工していて実際と違った

「可愛い!と思っていた女性が画像を加工していて実際と違った」というのは、割と頻繁に遭遇するような肩透かしの事例かもしれません。

アイドルに憧れていて、代わりらしい女の子だと思っていたのに、実際に目の前にしてみると体型も顔も違ったということはよくある話です。

インターネットで異性を知り会おうとしている人も、そう言った経験をしたことがあるかもしれません。

自分を良く見せようとしているインターネット上の画像を見て肩透かしを食うであろうことは、ある程度は覚悟をしていなければいけないのかもしれませんね。

自分のことを好きだと言っていたのに友達としての好きだった

「自分のことを好きだと言っていたのに友達としての好きだった」というのは、こちらが泣きそうになってしまうほどの肩透かしですね。

好きだと言ってくれていたから期待をしたのに、まさかの「友人としての好き」では、自分の恋愛感情が浮かばれません。

相手のことを好きだと思っていた自分の気持ちが大きければ大きいほど、期待に対してのがっかり感に肩透かしの虚しさを大きく感じるのではないでしょうか。

そんな期待を持たせてくる相手に怒りを感じてしまう人もいるかもしれませんね。

肩透かしは時に苛立ちを生むこともあるのです。