何十年も誰かのことを思い続けるって、なかなか辛いですよね。

周囲からは「いい加減忘れなよ」とよく言われつつも「忘れられたら苦労しないよ!」と思ったりするでしょう。

その思いが成就することがないなら、どうすればいいのか考えてしまうものです。

片思いを続けることで本当に毎日が楽しいなら良いのですが、辛くて苦しいことが多いなら、次に進むことを考えてみるのもいいと思います。

その第一段階として、思いを忘れる方法を考えていきましょう。

何十年間も思い続けている人を忘れるのは難しい…

片思いといっても色々な流れがあります。

最初から今までずっと片思い、破局してから再認識した大切さ、友達以上の感情だったことを失ってから気づいた…などなど。

「あわよくば」の可能性が高いほど思い続けてしまいそうですが、いずれにしても、抱え込んだ気持ちを相手に伝えることがなければ何十年経とうと意味を成しません。

当たって砕けて傷つく勇気が持てないなら、その恋心から卒業するというのはどうでしょうか。

もし告白してフラれたのなら、辛いですが次に進む事も必要になってきます。

何十年間も思い続けている人を忘れる10個の方法

忘れるための方法はたくさんあります。

下記で紹介する全てを行ってもいいし、とりあえず出来ることからでも構いません。

忘れることが未来の自分を助けると思って実践していきましょう。

本当に恋心なのかどうかを疑う

何十年も一人の人のことを思い続けるのは、実はなかなかありません。

「好き」という感情はフェニルエチルアミン(PEA)という脳内ホルモンによるものだとされており、同一の相手に対しては3年で分泌しきります。

つまり、3年以上経過すれば、恋をしていると思い込んでいても、ドキドキするような恋愛感情ではなくなっている可能性もあります。

3年以上の片思いに関しては別の感情に突き動かされているかもしれないということを疑いましょう。

ライバルに負けたという劣等感

好きだった人が親友や嫌いな相手に奪われてしまった場合、片思いが長引きやすい傾向があるようです。

自分と同等または自分以下だと思っていた存在に好きな人を取られた瞬間、劣等感が湧き上がることがあります。

敵うはずもない相手を前にしても諦めなければ本物の恋ですが、この条件で諦めない人は希少かもしれません。

費やしてきたものが無駄になることへの恐れ

恋心と損得勘定をゴチャゴチャにしてしまう人は多いです。

人は自分が投資してきた時間やお金を否定する行為を避けたがります。

何十年にもわたる恋心を否定することは、自分が思い悩んできた時間の全てを無に返す行為です。

この精神的損失は尋常ではなく、そのストレスから逃れるために、もうとっくに冷めている恋心を継続中ということにして、緩和させています。

単なる憧れ・好条件の相手

先生や先輩に恋をしたときにありがちなのが、単なる憧れです。

親密な関係に発展しない限り、先生は先生として、先輩は先輩として接するため大人に見えます。

あるいは好条件の相手。

年収、学歴、地位、容姿など今まで出会って来た異性の中で最も条件がよく、さらに付き合えた可能性があるとすれば諦めきれなくなるでしょう。

しかし、どちらの場合でもその人の良い面にしか目が向いていません。

妄想の中のその人はどんどん美化されていき、さらに理想的な人物として印象が塗り固められていきます。

最も手頃な相手

異性との交流が少ない人にありがちなのが、最も手頃な相手という認識です。

その相手以降、好きになれるような異性に出会えず、なおかつ自分が接点を持てる異性すらいないとなればその人が忘れられないのも頷けます。

とはいえ、別の異性と出会うチャンスさえあれば、あっという間に忘れ去られるかもしれません。

連絡を取れないようにする


連絡手段を断つことはとても効果的です。

「何かあれば連絡がとれる」という状況にあると、「もしかしたら」「いつの日にか」と期待してしまいます。

なかなか忘れられないときは、もう連絡がとれないように連絡先を削除してみましょう。

考える時間を作らない

感情というのは脳内再生するたびに蘇る、印象に残るとされています。

これはトキメキに限らず、悲しみも怒りも同様です。

つまり、記憶の焼き直しさえ行わなければ自動的に忘れ去られていきます。

スケジュールを埋める


考える時間がなければ記憶の焼き直しも行われないので、考える暇がないくらいスケジュールを埋めてみましょう。

仕事のときは仕事に集中、帰宅後も趣味に興じたり友達と飲みに行ったり、休日も何かと出かけていけば、新に見たもの聞いたもので脳が刺激され、好きな人のことを考える余白はなくなります。

また、日中が新しい刺激で溢れるようになると、睡眠中に情報を整理するときに見る夢も新しいことだらけになります。

趣味の時間を作る

趣味が無いなら趣味を作りましょう。

好きという気持ちは対人だけに起きるものではありません。

それこそ芸能人のファンになってもいいし、映画やゲーム、読書などのエンタメから資格の勉強、スポーツ、料理など自分のレベルアップにつながることまで何でもOKです。

趣味を継続していると何かしらの知識が増えますし、人との交流の輪が広がっていくため自信を持つことにもつながります。

自信にあふれて魅力が出てくれば、新たな出会いもたくさん待っているでしょう。

仕事に打ち込む

仕事の時間は仕事に打ち込むため片思いの人のことを考えなくて済みます。

しっかり仕事に打ち込めるようになると、自身の改善点、まだまだスキルアップできる余白が見えてくるので、スケジュールも自ずと埋まってくるはずです。

実らない事実を受け入れる

片思いを続けても期待する結果はもう存在しないかもしれません。

何十年という片思いということを、もっと実感するために具体的な年数を設定してイメージしてみましょう。

たとえば20年来の片思い。15歳で好きになった相手はもう35歳です。

20年も経てば価値観や性格も変わっている可能性があります。

見た目なんて見る影もないかもしれません。

自分が恋をしていた相手はもうこの世に存在しないわけです。

面影を追いかけて、理想の姿を勝手に作り上げていると終わりが見えなくなってしまいます。

紙に気持ちを書いて海に流す

書き起こすということは、心理カウンセリングの手法としても用いられています。

頭の中で渦巻く情報を可視化し、冷静かつ客観的に眺めることで整理することができます。

そして、終わったものを何度も見返したところで、出る結論は同じはずですから、結論が見えたら心にしまって紙は破棄しましょう。

好きだった部分・嫌いな部分を書く

何を書けばいいのかよくわからないときは、相手の好きだったところと嫌いだったところを分けて書いてみてください。

妄想の中では良いところばかりが強調されて思い出されていますが「さぁ紙を埋めるぞ」と思って始めると、忘れていた嫌な部分が出てくることもあります。

完璧な人間などいないので、出てきて当たり前です。

出そろったものを冷静に見比べてみると「あれ?何が好きだったんだろう」と思うこともあるかもしれません。

会わないようにする

脈はなくても会える環境下にいると、自分の努力次第でどうにかなると思ってしまうものです。

会えない環境にすることでもしかしたら忘れることもできるかもしれません。

相手関連の品を処分する

付き合っていた相手への未練などの場合、今もなお相手の所持品やもらったプレゼントが家にあるのではないでしょうか。

その品を見るたびに思い出が蘇り、幸せと切なさが押し寄せます。

その呪縛から解き放たれるためには、相手関連の品を思い切って処分してしまいましょう。

捨てるのがどうしても嫌なら売って現金にするのもいいかもしれません。

新しい恋を探してみる

「恋の傷は恋で癒せ」とよく言うように、新しい恋をすれば前の恋を忘れられることも多いです。

傷を癒すという言い方をすると、ぽっかり空いてしまった穴を埋めていくようなイメージをすると思いますが、新しい恋の効果はそういうものではありません。

新しい恋と前の恋は同じ軌道にあるわけではなく、全く別物。

新しい刺激に溢れており、それこそPEAもガンガン分泌されるので、異なる考え方をもたらしてくれます。

言ってみれば、全然違うデータを上書き保存するイメージ。

前の恋のことをなんとなくは覚えていても、上書きしてしまうので詳細を参照することはできません。

こうして比較すらできなくなってくれば、何十年の片思いでも自然と忘れていきます。

一人になる

一人になることは依存心を手放すことにとても効果的です。

世間一般の価値観では「一人では生きていけない」「誰かを愛することの幸せ」を説いてくるので誤魔化されてしまいますが、人は独りで生きていけます。

そのことに気付き、自信を持てさえすれば、誰かを徹底的に愛する必要性がないことを知るでしょう。

一人旅に行く

一人旅に行くのもおすすめです。

誰かに気を遣うことなく、自分が行きたいところに行くことができるのでとても楽です。

温泉にのんびり浸かったり、連泊すれば好きなだけ寝坊もできるし、気の済むまで旅行を満喫できるでしょう。

こうして気ままに過ごしていると、一人きりでも十分楽しむことができると気付けるはずです。

そして、誰かと一緒にいなければならないという固定観念や虚無感が失せていきます。

思いっきり泣く

「辛いことがあっても泣かずに歯をくいしばれ」という根性論もありますが、泣くことにはちゃんと意味があります。

自然と流れてくる涙は、人体が必要だと判断しているから出しているので、我慢する必要はありません。

泣くことによって交感神経が活発な状態から副交感神経にスイッチが切り替わります。

副交感神経はリラックスしているときに働くので、泣いた後はすっきりしていると思います。

引っ越す

どうしても気持ちが吹っ切れないなら環境から変えてしまうのもひとつの手です。

引っ越しとともに思い出の品々にも別れを告げ、身軽になりましょう。

プレゼントだけでなく「あの人が可愛いって言ってくれた服」も全部手放すことが大切です。

引っ越しをするとなれば、そこから数日はかなり忙しい時間が過ぎていきます。

物件探し、荷物の選別、引っ越し屋探し、家具家電の新調など、あれこれやっている内に達成感も得られて、思い続けていた人のことを忘れられる可能性もあります。

自分磨きをする

自分磨きをすることによって自分に自信を持つこともできます。

自分のできることからで構わないので挑戦してみましょう。

心機一転!新しい恋をする為にやることを教えます!

先述通り、「恋の傷は恋で癒す」とよく言われますが、正確にいえば「別の恋で塗りかえる」です。

傷を癒そうとする恋は、失恋した相手に近しい人を選んでしまう傾向にあります。

もっといい人を見つけるつもりで全く別の新しい恋を掴みましょう。

気持ちを入れ替える

まずは気持ちを入れ替えることから始めてみましょう。

先述の方法をいくつか試して、前の恋は終わったものと考えるようにします。

それができたら、今度は新しい恋のことを考えます。

身近な人の中に恋ができそうな相手はいないか考えたり、いなければ自分はどんな人が好きなのかを書き出したりしましょう。

憧れの芸能人などを参考にしてもOKです。

そうして恋愛感情を新たな方向に進ませることで、自分が恋愛に何を求めていたのかもハッキリしてきます。

自分に自信をつける

自信がなくてクヨクヨしてる人と付き合いたいという人は男女ともに少数派でしょうから、堂々と自分の魅力を示せるようになりましょう。

自信をつけるというと、何かを頑張って力をつけようとする人が多いのですが、それよりも先にすべきなのは「できないことを認める」ことです。

自分のダメなところを認めないと、どんなに「できること」を増やして上塗りしても自信のなさは拭えません。

認めた上で、ダメなところもひっくるめて自分の個性だと思うことが大切です。

誰だって何かしらダメなところはあって、それと付き合いながら生きています。

振られたことは大したことじゃない

好きな人に振られると「何がダメだったんだろう」と考えがちですが、ダメだったのは相性です。

頑張って相手の好みの人間になりきったところで、そんなに長くは続かないと思います。

好きになった人と最後まで添い遂げるのは奇跡的なことです。

どんなに好きでも、相手のことを深く知るには時間が必要だし、その中で見えてきた部分が合わないと感じることもあります。

「自分を選んでくれなかった」ということは、相手が早い段階で“合わない部分”を感じ取ってくれたということです。

それに気づかず長く付き合ってから破局するより、ダメージが少なく済んだとポジティブに考えるようにしましょう。

自分の魅力を考える

さて、上記までで自分を認めることができたら、今度はアピールポイントを考えてみましょう。

異性に何が刺さるのかは千差万別ですが、自分自身が魅力的だと思うことを挙げていきます。

たとえば、外見にコンプレックスがある人も、顔は美しくはないけどボディラインは綺麗だなとか、髪の状態は良いなとか色々あると思います。

内面に関しても同じです。

悪い所で相殺するのではなく、良いところだけを抜き出してみましょう。

その全てがアピールポイントになります。

若い内は元気で可愛い女の子がモテたり、イケメンがモテたりしますが、そんな価値基準は大人になると変わっていくものです。

長く生きている中で自分ならではの価値観が生まれます。

元気で可愛い女の子が好きだった男子も、大人の男性になると落ち着いた頭の良い女性を好きになる、といった変化は少なくありません。

つまり、価値観が合致する相手には、ありのままの自分でも十分に魅力を感じてもらえる可能性があります。

「悩んでいる事には必ず原因と解決方法があります」

記事下_カリス電話占い