あなたの周りには『良いもの』があふれていますか?そう聞かれたとき、どのくらいの人が自信を持ってハイと答える事が出来るのでしょう。

きっと多くの人は心のどこかで『悪いもの』が周りにあるかもしれないと不安になってしまう事もあるでしょう。

自分の行動にすべての責任をもつ事が出来ないからこそ、余計にそのように感じてしまうのかもしれません。

『悪いもの』の定義は具体的に決まっているわけではありません。

犯罪のようなものから小さな不幸まで、ありとあらゆるものが『悪いもの』の中に入るのでしょう。

自分としては大した事が無いような事も、他人から見れば悪いことに見えてしまう事もあります。

だからこそ、その多くの人が思う『悪いもの』は出来るだけ近づかない事が大切です。

近づかないようにする事によって自分を守る事が出来る場合もあります。

しかしながら、自分で近づいているつもりはないのにも拘わらず結果的に自分の周りに『悪いもの』が多くなってしまっているという事もあります。

そうなってしまう原因は、自分の行動に隠されているのかもしれません。

自分の周りに『悪いもの』ばかりが集まるという人は、それだけ日ごろの行いに問題があり自らがその悪いものを引き寄せてしまっているなんて事もあるかもしれないのです。

自分でその問題点に気が付く事が出来ないと、いくら生活を変えていきたいと願ったとしてもなかなか悪いものから逃れる事が出来ない可能性もあります。

まずは、自分の行動を振り返る事が大切です。

何も意識せず過ごしている方にとっては、いきなり行動を変えろと言われても難しい部分があります。

ダメな事が分からなければ直す方法も思いつかないのです。

だからこそ、これからご紹介する特徴などを知る事によって、自分自身を見直すきっかけをつかむ事が出来るようになるでしょう。

そうする事によって気持ちを前向きに変える事が出来るようになることでしょう。

『悪いもの』ばかりに出会ってしまっていた日々も、いつか変わる時がやってくるかもしれません。

どうして悪いものばかり引き寄せてしまうんだろう?

普通にしているつもりなのに、なんだかいつも貧乏くじをひかされてしまう。

悪いものが身の回りで頻繁に起こるなどという事あるかもしれません。

それは、もしかしたら自らが悪いものを引き寄せてしまっているのかもしれません。

それに気が付くのが遅くなればなるほど、どんどんと身の回りにあるものが悪いものになってしまう可能性があります。

悪いものが身近にある事によって喜びを感じる人はそういるものではありません。

多くの人が自分の身の回りから出来るだけ遠くに行って欲しいと思っているはずです。

けれど、中にはその悪いものを自ら引き寄せてしまっている人も居るのです。

そんな人は知らず知らずのうちに自ら悪いものの方へ進んでしまっているのかもしれません。

他の人と同じようにしているのに、自分だけ悪い事が起きているような気がする。

どうしても悪いものがよってきてしまう。

そんな経験をしたことがある方は以外にも多いのではないでしょうか。

それは、周りの人との関係に問題がある場合もありますが人によっては自らがそのように行動してしまっているという事もあるでしょう。

だからこそ、その行動を見直す事によって自分の現状を変える事が出来るようになるかもしれません。

どうしても悪い事を引き寄せてしまうと言う方は、自分の行動をもう一度見直してみてください。

そうする事が、自分を変える第一歩となる事でしょう。

だからこそ、まずはその原因となる行動を知る事が大切です。

行動を見直す事が出来れば、自分を変える事が出来るきっかけを見つける事が出来るようになるかもしれません。

悪いものを引き寄せてしまう人の8個の特徴とは?

悪いものを引き寄せてしまう人は、いくつかの特徴があります。

だからこそ、その特徴を知る事によって自分を変える事が出来るキッカケを掴む事が出来るようになるかもしれません。

悪いものを引き寄せてしまっているという自覚があるかたは、まず自分の行動をもう一度見直してみましょう。

そうする事によって、原因をより明確にする事が出来るかもしれません。

自分の行動を見直すには、客観的に自分を見る事が出来るようになる事が大切です。

そうする事が出来なければ、何が自分にとって本当に大切な事なのかという事が分からなくなってしまうからです。

自分しては普通にしている行動が、大きな問題行動になってしまっている可能性もあるのです。

だからこそ、まず自分の行動を見直してみましょう。

悪いことを引き寄せてしまう体質は嬉しくないはずです。

出来る事ならそんな自分を変えたいと思う事でしょう。

そう思っている人にとってこの特徴を知る事は、自分を変える事が出来る大きなチャンスになってくれるはずです。

だからこそ、そのチャンスを無駄にしないように行動していきましょう。

そうする事によって、自分にとっての最善の行動を見極める事が出来るようになるかもしれません。

思い込みが激しい


思い込みが激しい人の場合、事実をまっすぐにとらえる事が出来ず大きな問題として大騒ぎしてしまう傾向があります。

本当ならさほど騒がなくてもいいような出来事も、この世の終わりのように大騒ぎしてしまうのです。

そうなってしまっては、しなくても良い苦労をする事になってしまう場合もあります。

人間は、勝手な生き物です。

どうしても自分を優先的に考えてしまうものでしょう。

冷静に考えれば自分が悪いような出来事も、まるで相手のせいかのように怒りを爆発させてしまう事もあります。

自分の事を大切にする事は悪いことではないものの、ある程度冷静に判断する事が出来る力を持っておくことも必要です。

思い込みが激しい人の場合には、その冷静さが足りていません。

冷静になって行動する事によって見えてくるものはあるはずです。

にも関わらず、自分本位で物事を見ているせいで見えなくなってしまっている問題点があるのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも、周りをフラットにとらえ冷静になる事を心がける事が大切です。

それをする事が出来れば、悪いものが周りに集まってくるのを避ける事も出来るでしょう。

相手の事を考えて行動する事を意識する事が出来るようになれば、あなたの周りからの評価も変わるはずです。

それが結果的に自分を助けてくれる事につながる事もあるでしょう。

情けは人の為ならず。

自分がいい事をすれば、その気持ちはかならず周りの人が返してくれるのです。

そんな気持ちで過ごす事ができれば、より前向きな行動をする事が出来るのではないでしょうか。

人をすぐに信用する

人を信用する事はいい事です。

それが出来るという事は、それだけ心の中がピュアな人という証拠なのです。

けれど、今の時代それが必ずしもいい方向に動くとは限りません。

悲しいことではありますが、素直でまっすぐな人ほど悪いものが身近に集まってきてしまうのです。

本来、人間は支えあう事によってより高い力を発揮する事が出来るようになると言われています。

一人でできない事も、多くの人と支えあう事によって出来るようになる。

それが生きていくと言う事なのだと教えられてきました。

だからこそ、人を信用する事は正しいことのはずでした。

にも関わらず、最近では人を信用する事に疑問を感じる場面が多々出てきました。

勿論、人を信用する事は大切な事です。

それは人として必要な事であり、それを否定するつもりはありません。

けれど、それと同時にその信じる気持ちに疑う気持ちをを持つ事が必要な場合もあります。

と言うのも、相手が既にあなたの事をだまそうと思っている場合、すぐに信用してしまう事によって自分が不利な状況に置かれてしまう事もあるからです。

互いに信頼する事が大切だとは言っても、それはあくまでも互いに相手の事を思って行動しようという意思がある場合のみです。

もし、相手がそうではなくだますつもりであなたに近づいているのだとすれば、その人の事を信用する事はおすすめ出来ません。

どんな人なのかを冷静に判断する為にも、疑う心を持つ事が必要な場合もあるのです。

他人の事を信用する事が出来ない人は、かわいそうな人なのかもしれません。

だからこそ、相手の事を信用し、自分が信用する事によっていい人間関係を維持する事が出来るという事もあるはずです。

けれど、その一方相手はが一体何を考えて行動しているのかを考える事も重要です。

それをする事が出来なければ、簡単にだまされてしまう事もあるでしょう。

少し疑いの気持ちを持つ事によって、自然と悪いものを避ける事が出来るようになる場合もあります。

優しすぎる

優し事はいい事です。

優しい人が居てくれるだけで、その場が明るくなる事もあるでしょう。

困っている人がそばに来てくれる事によって、気持ちが前向きになり楽しい気持ちになる事が出来る場合もあります。

けれど、それが過ぎてしまう場合には自分を苦しめる事につながる場合もあります。

優しい気持ちを持っている人の多くは、相手の気持ちを考えて行動しているからこそ、自分の意見を強く言う事が出来ない傾向にあります。

つまり嫌な事を嫌だという事が出来ないのです。

嫌だと言う事が出来ないせいで、周りの人から良いように使われてしまう事もあるのです。

今の時代、優しい人に対してあえて仕事を押し付けたり悪いもののある方へとつれていく人は
珍しくありません。

自分の利益になるのなら、他の人の意見など関係ないと思っているのです。

それは人間として最低な事です。

そんな人とでは無く自分と同じように優しい気持ちを持って行動してくれる人と出会う事が出来たら、人生は幸せなはずです。

けれど、そうもいかない現実がある事も忘れてはいけないのです。

理想はあくまでも理想です。

自分の優し気持ちを否定する必要はありませんが、それを悪用しようとしている人が居るという事を忘れてはいけません優しい気持ちが悪用され、傷つくのを避ける為には周りの人のことを冷静に見る目を持つことも重要なポイントです。

他人を疑うことに抵抗を感じる人も居るかもしれませんが、それをする事が結局自分を守る事につながるのです。

きれいごとだけでは、自分の身を守る事は出来ません。

悪いものを避けたいという気持ちがあるのであれば、まっすぐに行動する事ばかりではなく、行動を意識する事も大切です。

世話好き

優しい人の場合には、周りの人の事を考えて行動する事が多々あります。

自分の利益よりも相手の事を考えて行動しているのです。

それは人間的に大変素晴らしい事です。

それを出来る人が周りに居てくれるだけで心強く感じる事も出来るでしょう。

しかしながら、それを悪用する人が居る事を忘れてはいけません。

世話好きな人の場合、相手の為に様々な行動をしてあげています。

本来であればそうした人がそばに居てくれる事によって安心感を感じたり心強いと感じる事が出来るはずです。

にも拘わらず、人によってはそれを逆手に取り自分の良いように相手を利用しようとしている人も居るのです。

そんな人にかかわってしまうと、自分が善意でしている事も悪いように使われてしまう可能性があるのです。

勿論、全ての人がそのようにするわけではありません。

きっと善意として受け止めてくれる人も居る事でしょう。

ですが、中には良くない人も居るという事です。

すべての人の事を理解する事は出来る事ではありません。

だからこそ、それをやろうとしても無理が出るだけです。

人に対して優しい気持ちを持つ事は素敵な事です。

それを出来る自分の事を認めてあげるべきです。

ですがそれによるデメリットがあるという事を忘れてはいけません。

自分の長所が時に短所になってしまう危険性を感じつつ行動を意識して考える事が何よりも大切な事でしょう。

ネガティブ


考え方が常にネガティブな場合、どうしても悪いものを引き寄せてしまう場合があります。

本当ならさほど気にしなくてもいいような事をうじうじと気にしてしまうからこそ、結果的に行動後ろ向きになってしまいネガティブな行動に繋がっていくのではないでしょうか。

人には言霊というかんがえ方があります。

自分が口に出して話している事を自分自身が聞く事によって、それを本当の事のように認識してしまう事を指します。

つまりは、自分でマイナスなイメージを自分に植え付けてしまう事になるのです。

本当であれば、自分の事を信じる事が出来るのは自分自身のみです。

だからこそ、本当は無理そうに見えるような出来事の場合でも、あえて無理と言わず出来るはずだと自分を信じる事が大切なのです。

そうする事によって、自分を前向きな場所に導いていく事が出来るようになるのです。

けれど、ネガティブな人の場合にはそれをする事が出来ません。

だからこそ、自分の行動に悪影響を与えてしまうのです。

自分の事をコントロールする事も、自分を悪いことから避けるために必要な行動の一つです。

実際はどうかは分からないけれど、それを自分の物に出来るように意識を変える事が大切なのです。

意識を変える事が出来ない人は、悪いものが自分の近くによって来るように行動してしまっている場合もあります。

悲劇のヒロインぶるのが好き

悲劇のヒロインになる事によって、周りの人が心配してくれる事があります。

本当はさほど辛いと感じていなかったとしても『辛い』『悲しい』『可愛そう』という状況を自ら作り出す事によって、自分を演じる事が出来るようになるのです。

その演じた自分自身の状況によっているのでしょう。

悲しい気持ちも、自ら演出したものであればさほど大きなストレスを感じる事はありません。

そればかりか周りの人が優しくしてくれる状況を感じる事によって自分を守って貰えているような気持ちなる事もあるでしょう。

人によってはどこか特別な人になる事が出来たような気持ちになる事もあるかもしれません。

当然の事ながら、そんな事をしていれば周りの人は直ぐに気が付きます。

本当は多くの人がそれを面倒だと感じているかもしれないのです。

ですが、それをあえて口に出す人は居ません。

むしろ、口に出さない事によって大人としての対応をしてくれているのです。

自分としては周りの人に心配される事によって、一種の優越感を感じているのかもしれません。

けれど、それは自分の勘違いである可能性が多々あります。

周りの人は面倒だから話を合わせてくれているだけであって、実際にはただただ面倒だと感じているだけという事もあるでしょう。

そんな人では、自分周りの環境を悪いものにしてしまっています。

それが結果的に悪いものを引き寄せる事に繋がってしまっているのでしょう。

自分だけが可愛そうだと感じて行動していると、周りの人から引かれてしまう事もあります。

あくまでも自分の状況を冷静に考えて行動する事が大切なのです。

それをする事が出来るかどうかが重要であり、それをすることが出来ない場合には、悪いものが周りに増えてしまったとしても仕方がないのでしょう。

被害者意識が高い

何かが起きた時自分の責任として受け止める事が出来る人と、他人のせいにする人が居ます。

他人のせいにする人の場合には、自分を守りたいという気持ちが強いのでしょう。

誰でも自分が不利な立場になる事は嫌なはずです。

だからこそ、つい自分を守る行動をとってしまう事も理解できないわけではありません。

ですが、だからと言って他人のせいにして良い理由にはなりません。

他人のせいにする事によって、自分自身の信頼を失ってしまう可能性も多々あります。

更に、失敗する事を他人のせいにしてしまうことによって自分自身が成長するチャンスを捨てる事になります。

失敗する事は嬉しいことではありませんが、それをする事によって得る事が出来る事もあるかもしれないのです。

にも拘わらず、反省せず人のせいにしていては何も成長する事は出来ないでしょう。

だからこそ、何度も同じことを繰り返してしまう事もあります。

それが結果的に悪いものを引き寄せる事に繋がってしまうのです。

そうならないようにする為には、自分の責任は自分で引き受けるような気持ちを持つ事が重要です。

視野が狭い

物事を正しく見極める為には、冷静な目が必要です。

どちらかに偏ってしまっていてはただし判断をする事は出来ません。

自分の主観にとらわれるのではなく、あくまでもまっすぐな気持ちを持って行動する事が大切なのです。

にも拘わらず、視野が狭い人と言うものは居るものです。

その人たちがいる事によって、自分を悪い方向に導いてしまう事があります。

正しい目で見る事が出来れば簡単な判断も、冷静に物事を見る事が出来ないからこそ判断を間違ってしまう事があります。

それが何度も続けば、行動はますます悪い方向に進んで行ってしまう事でしょう。

自分の気持ちを前向きに動かす事が出来るかどうかによって今の自分の現状を変える事が出来るようになるはずです。

だからこそ、視野を広く持つことが重要です。

視野が狭い人は、ついつい周りの人の事よりも自分の事を中心に考えてしまう傾向があります。

だからこそ、自分本位の考えばかりになってしまい正しい判断をする事が出来なくなってしまっているのです。

その状況では、自分の行動を悪いものが怒り易い状況にしてしまっているという事実に気が付く事が出来ないかもしれません。

視野が狭い人は、それを自覚していない可能性が多々あります。

だからこそ、まずは自分のその視野の狭さを自覚する事が大切です。

それを認識できるようになるだけでも、自分の気持ちを前向きにするきっかけにする事が出来るはずです。

チャレンジ精神がない

新しいことに挑戦するには勇気が入ります。

すべてが成功する可能性があるわけではないからこそ、マイナスなイメージを抱いてしまう場合にはなかなか行動する事が出来ずにうじうじしてしまう事だってあるかもしれないのです。

そのせいで、行動が後ろ向きになってしまう場合もあります。

チャレンジする事は大変な事もあります。

それをする事によって、自分にとって良くない事もあるはずです。

ですが、かと言って何もせずにそのままで居れば何も起こる事はありません。

良くないことも怒らないかもしれませんが、それと同時に成長する事も出来ないのです。

成長する事が出来ない人間は前向きな行動を取る事が出来ない傾向にあります。

それが結果的に自分を苦しめる事に繋がってしまう場合もあります。

チャレンジ精神を持つ事が出来れば、それだけで自分を大きくしていく事が出来ますチャレンジするからといってそれが全て成功する必要はありません。

あくまでも自分が出来る事を意識してやってみる事が大切です。

例え上手くいかなかったとしても、成長する事によって前向きな行動を取るきっかけする事が出来る事でしょう。

逃げ癖がある

悪いものを引き付けてしまう人の多くは、諦め早く逃げ癖がある人が多いと言われています。

少しでも嫌な事があるとすぐに辞めたくなってしまうのです。

その為、壁が出来るとそれを乗り越える前に逃げてしまうのです。

生きていれば、つらい事に直面する事もあるでしょう。

時には逃げ出す事によって自分を守る事につながる場合もあります。

それが必要な事だってあるでしょう。

全ての壁を超える必要はありません。

自分には無理だと諦める事も、強さの一つです。

けれど、だからと言っ何でも間でも逃げていいという事にはなりません。

逃げない事が自分の為になる事もあるのです。

辛い出来事が目の前に切った場合、逃げ出したい気持ちになる事も分かります。

逃げる事によって自分の心の中の平和を守る事が出来るのです。

ですが、だかと言って何もも逃げていいという事にはなりません。

乗り越える事によって得る事が出来る達成感や成長するチャンスを自ら捨てているという事になるのですから。

辛い出来事も、それを超える事によって得る事が出来るものがあります。

だからこそ、それに挑戦する気持ちを持つ事が大切です。

なんでもかんでも逃げてしまってはいけません。

悪いものを引き寄せてしまわないようにする対処法を教えます!

ここまでは悪いことを引き寄せてしまう人の特徴についてご紹介させていただきました。

それを知る事によって、思い当たる行動があった人も居るのではないでしょうか。

そんな人の場合、知らず知らずのうちに自分を悪い方向に進ませてしまっている事もあります。

そのせいで、しなくてもいいようないやな思いをしているかもしれません。

悪いものを引き寄せる行動を取ってしまっている場合には、それを改善する行動を意識して取る事が大切です。

それをする事によって、今の現状を少し改善する事が出来るようになるかもしれません。

すぐには変化を感じる事が出来ない場合でも改めて行動する事によって自らを変えるチャンスを得る事が出来る場合もあります。

だからこそ、自分が出来る事を意識して行動する事が大切なのです。

自分を変えたい。

その気持ちがある人はそこで行動する事が出来るかどうかが大切です。

いくら気持ちとして持っていても行動する事が出来なければ意味がないでしょう。

だからこそ、行動を意識して変える事が出来る人はそれだけ自分を変える事が出来る事につながるはずです。

自分を変える事が出来るのは自分だけです。

その事をしっかりと意識して行動していきましょう。

規則正しい生活を送る

心身ともに健康でいる為には、規則正しい生活する事が何よりも大切です。

それをする事によって、気持ちが前向きになる手伝いをする事が出来るようになります。

不健康な体と心では、無意識のうちに後ろ向きな行動をする事になってしまいます。

だからこそ、そうならないようにする為にも、まずは健康な体と心を手に入れるのです。

心の栄養が足りないと、考え方もネガティブになってしまうものです。

それでは自分にとって本当に良い行動など取る事が出来なでしょう。

多少難しい事も、前向きな気持ちを持っているからこそ出来る事もあります。

それを意識して出来るかどうかが大切なのです。

忙しい毎日を送っていると、つい規則正しい生活をする事が出来なくなってしまうものです。

そのせいで正しい判断が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも、まずは規則正しい生活を心がけましょう。

いきなりすぐに生活を変える事が出来ないとしても、意識を変えることによって変わる事が出来る事はあるはずです。

だからこそ、まずは意識を変える事が大切です。

思い込みをやめる

自分の考えている事が全てではありません。

だからこそ、思い込みを止めるようにしましょう。

自分が正しいと思ったことも、実際には間違っている可能性もあるのですから。

また、自分が勝手に勘違いをしてしまっている可能性も否定する事が出来ません。

実際には何も起きていないにも拘わらず、自分の行動を冷静に見る事が出来ないからこそ、さほど大きな出来事では無い出来事では無いことに関してもとてもひどい事が起きているような気持ちになってしまうのです。

思い込みが強すぎる場合、自分で自分の事を苦しめてしまっている可能性が多々あります。

そのせいで、起こらなくてもいいトラブルが起きている可能性もあります。

だからこそ、そうならないようにする為にも、自分の行動を考えて実行していきましょう。

それが出来るようになれば、自らの環境w正しい道に進めることが出来るようになるはずです。

自分自身の言葉が世の中の全てではありません。

考え方は人によって必ず違うはずです。

その
違いを正しく受け止める事が大切なのです。

本を読む

人間一人が体験できる事などたかが知れていません。

その為、実際に自分では体験する事が出来ない事がこの世の中にはあふれているのです。

だからこそ、それを前向きに受け入れる事が出来るかどうかを意識する事も大切な事です。

たとえば、本を読む事もその一つです。

自分が出来ない行動も一つの知識として本を読む事によって得る事が出来るのです。

本を読む事は誰でも出来る行動の一つです。

問題なのは、それをする気持ちがあるかどうかです。

どんなに素晴らしい本も、当然の事ながら読まなければ意味がありません。

自分の物にしたいという気持ちを持つ事によってはじめて自分の物にする事が出来るのです。

だからこそ、本を読む際には前向きな気持ちを意識して行動してください。

本を読む事を習慣づける事が出来れば、どんどんと新しいちしきを自分の物にしていく事が出来るようになります。

義務感では無く、あくまでも楽しみながら行動する事が何よりも重要な事なのでしょう。

だからこそ、まずは一度本を読んでみてください。

苦手だと思っている人も、それをする事によって前向きな気持ちを持つ事が出来るようにるかもしれません。

良いことは自分で引き寄せることができる!

悪いことを引き付けてしまう人は、そんな状況に嫌気がさしている事でしょう。

そうならないようにする為にも、自分を変えたいと思っているはずです。

ですが、実際の原因を理解する事が出来なければ前向きな行動を取る事は出来ません。

だからこそ、まずは自分の意識を変える事が大切です。

何をすれば、自分を前向きな気持ちにする事が出来るかを考えるのです。

自分の行動の悪い所を知る事によって、おのずと問題点を知る事が出来るようになる事でしょう。

だからこそ、その後の行動を変える事も出来るようになるのです。

自分の行動を意識して変える事が出来るようにんあれば自然と周りに起きている環境を変える事が出来るようにもなります。

悪いことばかりが起きてしまっている人も、行動を変える事によっていい事が引き起こされるように行動する事が出来るようになります。

それが出来るようになれば自分に自信を持って行動する事が出来る用になるかもしれません。

少しでも自分を変えるキッカケを掴む事が出来る事が出来ればいい事が沢山起きるように行動する事も出来るのです。

悪いものが引き寄せられてくるのであれば、同じように良いものも引き寄せられてくるのです。

だからこそ、悪いものでは無く良いものを意識して引き寄せるようにしていきましょう。

そうする事によって、自らの人生をより良いものにしていく事が出来るでしょう。