「あの寂しそうな雰囲気がある人が気になるんだよね…」なんて感じているそこのあなた!

あなたのようにどこか“寂しそうな雰囲気を出している人”に惹かれる人って多いんです。

寂しそうな人を見ると、いつも放っておけなくて何かお世話をしたり、いつもくっついて行動しちゃうって人もいるのではありませんか?

そのようにどうして私たちは感じてしまうのでしょうか。

この記事では、そんな誰もが気になってしまうような“寂しそうな人”について特集しています。

寂しそうな人ってどのような特徴を持っている人のことをいうの?どうしてそのような人に惹かれちゃうのかな?…などをお伝えしています!

この記事を読めば、寂しい人のことがよくわかるだけではなく、それに惹かれてしまったあなたの深層心理まで知ることになるでしょう!

寂しそうな人を見ると惹かれる?!

あなたの身近な人の中に、いつもどこか寂しそうな雰囲気をしている人はいませんか?

元気な人ってよくいるんですが、そんな元気な人で見えなくなってしまう“影”の存在になりやすい人たちでもあるので、なかなかその存在に気付けていない人もいるのではないでしょうか。

とはいえ、この記事を読んでくださっているということは、おそらく少しでも“寂しそうな人”が気になっているということでしょう。

そのような寂しそうな人というのは、なぜだかとっても心惹かれてしまうんですよね。

だって、寂しそうなんですもの。

お付き合いするのであれば、元気のない人よりも元気がある人がいい!暗い雰囲気をしているのではなく、明るい雰囲気をしている人がいい!と思う人も多いし、あなたもそのような話を聞いたことがるはずです。

しかし、実際に実生活で“どうしようもなく気になってしまう相手”というのは、理想とはかけ離れた“寂しそうな雰囲気をまとった人”になった経験もあるはずです。

今まさに、そのような寂しそうにしている人が気になって仕方がない、どうしてあの人はあんなにもいつも寂しそうにしているんだろう、どうすれば助けることができるんだろう…なんて感じている方もいるでしょう。

寂しそうな雰囲気を持っている人って、どこか“憂い”の要素を持っているのではありませんか?

人は“見えないものを持っている人”に興味や関心を抱くものです。

なぜならば、その見えないところを見たくなってしまうからなんですよね。

それに心優しい人であれば、寂しそうにしている人を見ると放っておくことができないこともあるでしょう。

最初はただ“心配”していただけなのに、知らない間にその気持ちが恋心に変わっていた…なんていうのも少なくはないでしょう。

それだけ“寂しそうな雰囲気を持っている人”って惹かれやすいんです。

寂しそうな人の7個の特徴!寂しそうな人は表情に出る?

あなたは、これまでに寂しそうにしている人とかかわったことがありますか?

寂しそうな人って身近にいても、その寂しそうにしている雰囲気からなかなか近づくことができないなんてこともあるはずです。

身近にいても、相手のことが気になってもっと知りたいと感じていても、それができないのです。

しかし、そのような状況では相手のことを知っていくことができないですよね。

相手を寂しい気持ちから抜け出させてあげるにしても、あなたが恋人となって寂しさをなくしてあげるにしても“相手を知ること”が第一条件になります。

あなたは、寂しそうな人の特徴をいうことができますか?

おそらく“なんとなく寂しそうにしているから詳しくはわからない”という方が多いはずです。

ということで、相手のことをもっと知っておくために、ここでは寂しそうにしている人の特徴をいくつかご紹介していきます。

以下にあてはまる項目が多いのであれば、あの人は寂しがっているのかもしれません。

また、あなた自身にあてはまるものが多いのであれば、あなたは気づかないうちに周りの人に対して“寂しいオーラ”を出していることも。

では、寂しそうな人にはどのような特徴があるのでしょうか?チェックしていきましょう。

1.いつも暗い雰囲気を出している

さみしそうにしている人の最大の特徴は“いつも暗い雰囲気を出している”ということです。

たまに暗い雰囲気を出しているのであれば、「ああ、なんだか悪いことでもあったのかな」なんて察することができますよね。

しかし、寂しそうな人とはいつでも暗いんです。

それは見た目からしてそのように感じることもありますし、会話をしてみるとどことなく暗く、声も小さく、元気がない様子が見受けられます。

いつも暗い人だと人によっては、話しかけづらいこともあるでしょう。

もともとは本当は暗い性格をしていたり、暗い雰囲気を出している人ではないのかもしれません。

心から寂しいと思うようなことがあるからこそ、暗い性格に代わってしまったなんて言うことも。

表情が暗い

寂しそうな人というのは、特に“表情”が暗いことが多いです。

表情が暗いというのは、笑顔がない、どこか元気がないように見える、顔色が悪い…などです。

そのため、話をしていても相手が楽しそうにしているように見えないので人によって「なんて無礼な人だ」と感じることも。

表情というのは、その人自身の心を映し出す最大の鏡でもありますよね。

元気な時は、とても明るい表情になるものです。

あまりにも心の中がさみしい気持ちで満たされてしまっているので、どんなに明るい表情を作ろうとしても元気のない“暗い表情”になってしまいます。

本人も「笑いたいのに口角があがらない…」なんて悩みを抱えていることもあります。

2.独りが好き

あなたの身近に寂しそうな人がいるのであれば、その人のことを思い返してみてください。

その人っていつも一人で行動していませんか?

周りにはワイワイと騒いでいるグループなどがあって、すぐにでもその会話に入ることができるはずなのに自らひとりぼっちで過ごしている姿を見るのではないでしょうか?

そのように、あまりにも一人で行動している姿を何度も目撃してしまうと、多くの人と関わるのが好きな人であれば「大丈夫かな、1人で寂しくないかな」なんて心配してしまうものです。

しかし、そのように大人数で過ごすことが好きな人もいれば、逆に“ひとり”で過ごすのを好んでいる人もいるんです。

つまり、寂しそうに見えるだけでただ単に独りで過ごすのが好きなだけ…ということもあります。

このような場合に、無理をしてでも声をかけたりするとかなり迷惑に思われることが多いです。

無理して話しかけたりしていませんか?

孤独感が出てしまっている

周りには友達同士で会話をしている人ばかり。

グループでつるんでいる人がいるのに、あの人だけはいつも一人でポツンと席に座っていたりすると、どうしても“孤独感”というのが出てしまいます。

誰かと会話をしていれば、自然と笑みもこぼれるものですが一人でいると笑顔を作ることもなければ、声をだすこともないので無表情でつまらなさそうに見えてしまうんですよね。

また、周りとのコントラストによって、たとえ本人はそのように感じていなくても「なんだかさみしそうに見える」と感じさせてしまうこともあります。

孤独感…それは、周りの人が勝手に作り出している、その人へのイメージになります。

何度もお伝えしていますが、必ずしもさみしそうにしているように見えるからと言って、その人自身が孤独な気持ちになっていることはありません。

誰にも邪魔をされたくない

では、どうして一人を好んでいるのでしょうか?

どちらかというと、一人で過ごすのは苦手でいつも大人数で過ごしているとか、どんなときでも誰かと一緒じゃないと何もできない!という人もいるのではありませんか?

そのように“誰かと一緒にいるのが好き”な人というのは、一人でいると寂しいんですよね。

それに一緒にいる人と楽しさなどを共有することができるのを好きなはずです。

しかし、寂しそうにしている人の中には、“誰にも自分の世界を邪魔されたくない”と、自分のペースを乱されるのを嫌う人がいます。

だからこそ、わざわざ無理をしてまでも周りの人と関係を持たないんです。

周りの人と交流することによって、自分のペースを乱されてしまうのを極端に嫌います。

そのため、周りと関係を持たないためにわざと暗い雰囲気を出して、近づかせないようにしていることもあります。

3.現実を受け入れすぎている


あなたは、今の現実を見てどのように感じますか?苦しい時でも楽しいと感じるようにしているでしょうか。

そのようにできる人もいれば、逆に「ありのままの現実を受け止めてしまう人」というのもいるんです。

ずばり、寂しそうにしている人というのは、現実を受け入れすぎて、悲しくてショックを受けて、その結果として寂しい雰囲気を出してしまっていることがあります。

つまり、感受性が豊かな性格をしている、想像力が豊かな性格をしているということでもあります。

今の生活に苦労をしている

寂しそうな、どこか憂いのある雰囲気を出している人のほとんどは、今の生活に苦労していることが多いです。

苦労している人の中にも、そんな苦労を感じさせないような雰囲気を出している人もいますね。

それって、今の状況を変えてやる!とポジティブな気持ちで物事に対して行動していることが多いです。

しかし、今の生活に苦労し、なんとか頑張ってやっていけているけれどもこれからも同じような苦労がやってくることに少しでも“いやな気持ち”“逃げ出したい気持ち”“本当は受け入れたくないという気持ち”を持っていることで、さみしそうな顔になってしまっているんです。

現実が楽しくなくて寂しいんです。

すぐに諦めたりする

少しでもポジティブであれば寂しそうな顔にはなりません。

しかし、寂しそうな顔になってしまうということは、現実を受け入れている中でも、どこか心の中で“諦め”がついていることがあります。

「このまま続けても駄目に違いない」「無理にきまってる」・・そんな気持ちをもちながら、何かにチャレンジしてもうまくいくこともないのですが、どうしても明るく物事を受け止めることができないんです。

そんなネガティブな気持ちの連鎖によって、すぐに諦めてしまったり、仕事や学校を休んでしまうこともあります。

そこでまた罪悪感を感じて、さらに寂しい顔になってしまいます。

4.人間関係に躓いている

寂しそうにしている人のほとんどは、一人で行動していることが多いですね。

誰かと一緒にいる姿を見ても、どこか寂しそうで上の空状態になっているのを感じることもあるでしょう。

その原因のひとつとして“人間関係に躓いている”ことがあることも。

あなただって、友達とうまくいかなかったり、大好きな恋人と別れるかもしれない状態になったり、職場での人間関係をうまく切り抜けることができないような事態が続いたら、落ち込むでしょう?

「どうしたらいいのか」「どうしてこうなってしまったのか」「もう変えることはできないのか」とこれまたマイナスなことばかり考えてしまい、寂しそうな顔になってしまうんですね。

喧嘩をしたなど

人間関係に躓く原因ってたくさんありますよね。

喧嘩、裏切り、自分の本当の気持ちを誰にも伝えることができず、言いなりになっている自分がいや…などなど。

生きる上で、だれでも誰かと関わる機会をもつものです。

学校でも会社でも、人と関わりますね。

最低限の付き合いしかしなかったとしても、そこで“関係をこじらせてしまう”ことがあれば、自分のすべてが失われてしまったような気持ちになってしまう人もいるんです。

つまり、寂しそうな人というのは、周りの人の気持ちを察するのが上手な方であり、そして深く物事について考えすぎてしまうということでもあります。

5.悲しい気持ちになっている


悲しい出来事が起きてしまったとき、いつもは明るい雰囲気を出して明るく行動している人でも落ち込んでしまうものです。

だって、心に衝撃が走るような悲しい出来事が起きてしまったからです。

これと同じように、さみしそうな人がそのような雰囲気になってしまっているのは、この上ない悲しい出来事に出会ってしまったからなのかもしれません。

何かを失敗したとか、大好きな人に裏切られたとか、大切な人をなくしたなどなど、いろいろな理由をあげることができます。

そんなとき、少しでも気分転換をはかって前向きな心意気にかえることができればいいのですが、あまりにも悲しすぎるのでそれができなくなっています。

悲しい気持ちになっているときに、慰めてほしい人もいれば、なかにはそっとしておいてほしいと感じる人もいますよね。

相手を見極めて接するようにしましょう。

表情に表れやすい

ずばり、さみしそうな人って思ったことがすぐに表情に表れやすいんです。

ポーカーフェイスになることができれば、そんな悲しい気持ちを相手に察せさせることもないですよね。

そのようにふるまおうとしても、どうしてお顔に出てしまうんです。

そこに悩みを抱えていて、さらに悲しい気持ちになっていることも。

悲しい気持ちが顔に出ていることに気づいていない人もいます。

6.哀愁が漂う

寂しそうな雰囲気を出している人ってどこか“哀愁感”が漂っていませんか?

相手から「何があった」とか「どんな人生を生きてきたのか」なんて聞いたことがなくても、なんとなくとても厳しい人生を生きてきたのかな…とか、今まさに人生の逆境に立ち向かっているのかな…、悲しい出来事があって立ち直ることさえできなくなってしまったのかな…などなど感じているかもしれません。

たしかに多くの場合で、さみしそうな雰囲気を出している人のほとんどは、周りに伝えることはないもののそれなりに悲しかったり、受け入れることのできないような現実を見てきています。

だからこそ、それが体からしみだしてしまっているんです。

その悲しかった出来事をパワーに変えて、ポジティブな方向へ人生を変えていくことができればいいのですが、さみしそうな雰囲気の人はネガティブであることが多く、それができません。

周りに気づかいされたいわけでもない

なかには、周りの人に「なにかあったの?」と聞かれたくて寂しそうな雰囲気をわざと出している人もいます。

しかし、多くの場合で回りに気遣いされたくないけど勝手にそんな雰囲気になってしまっている…ということがあります。

そのため、寂しそうにしているからといってそれだけですぐに「何かあったの?」なんて気安く声をかけないようにしましょう。

まずは相手を観察してみてくださいね。

7.ネガティブ思考

ひとつ前の項目でも触れましたが、寂しそうにしている人はネガティブ思考です。

たまに急にポジティブ思考になることもありますが、長く持ちません。

そのため、どのような出来事が起きたとしても“悪い方向”にどんどん考えていってしまいます。

子供のころから、そのようにマイナスに物事を考えていくことが不通になってしまっており、クセになってしまっているんですよね。

ポジティブに考えることが苦手

もしもネガティブだったら、常にポジティブに考えるように変えていけばいいじゃないか!と思われる方もいるでしょう。

あなたのように、なんでもポジティブに考えることができる人もいれば、寂しそうな顔をしている人のようにポジティブに考えること自体が苦手で、ポジティブな考えになりそうなときになぜかネガティブな考えに戻してしまうという方もいるんです。

不思議な感覚かもしれませんが、“ポジティブになれない”んです。

そのように考えるのが苦痛で、しかも考えたことを実行できなかったらどうしよう…とネガティブにどんどん変換されていきます。

そんなとき、少しでも背中を押してくれる人がいれば助かるのになぁなんて考えていることもあるので、さりげなく背中を押してあげるようなコメントをしてあげるといいかもしれないですね。

寂しそうな人に惹かれる6個の理由!実はあなたも寂しがり?

これまでに寂しそうな人の特徴についてご紹介してきました!

そんな特徴を持っている寂しそうな人たちに惹かれているそこのあなた!

あなたは、どうして惹かれているのでしょうか?その理由を説明することはできますか。

多くの場合で「なんとなく気になる」「ほうっておけない」という理由でしか答えることができないはずです。

ずばり、それくらいに寂しそうな人というのは、“不思議な魅力”があるからなんですよね。

もしかしたら、あなた自身もさみしがりやな一面があるからこそ、今さみしそうにしている人に惹かれているのかもしれません。

あなたがその人に惹かれている理由を見ていきましょう。

「ああ、たしかにこれだ!」と納得できるはずです。

1.自分自身も寂しいから

ここ最近、あなたには寂しいと感じたり、悲しい出来事があったのでありませんか?

本当は心のどこかで“寂しい気持ち”を感じているからこそ、いまそのように寂しそうにしている人に惹かれているのかもしれません。

あなたの心と向き合ってみましょう。

いつもは明るいふりをしているのに、本当はどこか寂しいのではありませんか。

相手に感情移入している

人は、相手に感情移入するとその人のことを放っておけなくなります。

だって、まるでもう一人の自分を見ているかのような気持ちになってしまうからです。

映画でもドラマでも、自分と同じ境遇を生きている主人公のものというのは見入ってしまうのではありませんか?

それと同様に、相手は自分であり、自分は相手という状態になっています。

これ以上自分自身も寂しい思いをしたくないがために、その相手をこれ以上寂しい思いにさせないようなフォローをすることもあるでしょう。

辛いと感じてしまっている

既にあなたは悲しい出来事や辛いと感じる事態を抜け出すことができているかもしれません。

しかし、その傷跡があなたの心の奥底に眠っていると、どうしても昔の自分と同じような境遇にいる人をみると放っておくことができないんです。

「ああ、あの人はあんなに辛い思いをしているのかもしれない」と相手の身になって、相手の状況を把握できてしまいます。

そしてあなたもまた“辛い”気持ちを感じるんです。

「大丈夫かな?」なんて心配するようになりますよね。

2.同じような経験をしている

ひとつ前の項目でもお伝えしたように、これまでにあなたの身近にいる寂しそうな人がたった今体験していることをこれまでにあなたが経験したことがあるときにも惹かれてしまいます。

あなたが相手なんです。

そして、こんなときはこのように切り抜けていけばいいんだよ、なんて自分自身がこれまでに培ってきた経験でアドバイスをしてしまいたくなることもあります。

寂しそうな人がどうして寂しそうにしているのかその理由を知らなかったときには、相手のことをなんとも感じなかったことでしょう。

しかし、相手がどうしてそのように寂しそうにしているのかを知ってしまったとたんに気になり、あなたの姿とかぶるのであればこれが理由のはずです。

類友のような感覚になる

人ってどうしても自分と似ている人だとか、似ている境遇を生きてきた人、まさに今同じような状況にいる人だと“親近感”を感じるものです。

今あなたは、辛い経験などをしていないかもしれませんが過去にそのような状況になったことがあるだけで、寂しそうにしている人を他人に思うことができず、まるで“類友”のような感覚になってしまうんですよね。

そこで会話が盛り上がって、いつもだったら交流することのないような相手でも、お話が盛り上がることも。

3.相手の気持ちが理解できる

自分自身もそのような経験をしたことがあったり、あなたがとても感受性が豊かな性格をしていることがあれば、相手がどうして寂しい思いをしているのかを理解できてしまうでしょう。

その気持ちを理解することによって、これまたなんだか他人事のように思えないのです。

相手が少しでもそのような悲しい気持ちなどから解放される手段はないのか?と考えて行動してあげたくなったり、何もできないけれどもそっと見守りくなる存在になることもありますね。

あなたも、気になっている“寂しそうな人”の気持ちを理解しているのではありませんか?そのように他人の気持ちを理解できるのは、とても素晴らしいことです。

しかし、人によってはあまり入り込んでほしくないこともあるので相手の状況を見て、近寄るようにしましょう。

辛い、悲しいなどを共感できる

あなたは、映画やドラマなどを見ているときに登場人物たちに同情することはできますか?

そのように“共感力”というのは、人間関係をよくする上でとても重要なスキルですよね。

ずばり、寂しそうな人の気持ちも―たとえその経験をしたことがなくても想像をすることで、自分自身がその状況にいると置き換えることで―共感することができます。

楽しいなどの明るい気持ちを共有することができればいいのですが、この場合では“辛い”とか“悲しい”という気持ちを共有することになります。

共感することによって、あなたまでも本当に寂しい気持ちになってしまうことも。

4.心配になる

いつも一人でいたり、いつも寂しそうでなんだか辛そうな雰囲気を出している人をみたら、誰もが心配してしまいますよね。

すぐにでも元気で明るい姿を見せてくれたらいいのですが、ずっと暗い状態が続いているんです。

声をかけようとまでは思わないものの、あまりにもひどいのでいつでも目を離すことができないなんていうことはありませんか?

心配しているからこそ、惹かれるんです。

いや、その人の人柄などにひかれているからこそ、心配するまでにいたっているのかもしれません。

大丈夫かな?と思うようにも

具体的にどのように心配するかというと、「あの状況は大丈夫なのか?」「精神的に大丈夫なのか?」と、相手の今の気持ちを中心にして心配になることが多いようです。

あなたも、気になっている“寂しそうな人”のどこかに心配しているのではありませんか。

そりゃあいつでも暗くて、元気のない姿を見てしまうとそのように感じてもおかしくはないですよね。

あなたって優しいんですね♪

5.話しかけたい気持ちがある

いつも寂しそうにしている人を見ると、自分が話しかけることによって少しでも元気をあげることができたらいいな!なんて誰もが考えるでしょう。

しかし、寂しそうにしている人というのは、さきほどご紹介した特徴にもあるように“少し近寄りがたい雰囲気”を持っています。

そのため、すぐに声をかけることができないんですよね。

でも本当は話しかけたい…。

そんな気持ちの葛藤から、相手のことが気になって仕方がないこともあります。

その気持ちのまま、寂しそうにしている人に声をかけてみてはいかがでしょうか?

6.哀愁漂う雰囲気が好きだから

あなたは、根っからの“哀愁感が好き”な性格をしているのではありませんか?

季節であれば、春夏よりも秋冬がすき・・とか、明るい映画よりも悲しくてしんみりできるような映画が好き…などなど、そのような傾向があるのであれば、おそらくあなたは哀愁漂う雰囲気がお気に入りなのでしょう。

そのため、そのような雰囲気を持っているものであれば、なんだって気になって仕方がないはずです。

ちょうど今は、その“寂しそうな人”の哀愁感が気になって仕方ないんですよね。

クールに見えることもある?

哀愁漂う人、寂しそうにしている人というのは、時としてクールで冷たい印象を与えることもあります。

だからこそ近づきにくいし、なんだかとっつきにくい雰囲気を持っているんですよね。

しかし、またそこがいいんです!

ミステリアスな雰囲気があれば、もっともっと相手のことを知りたいと思うようになり、今まさに相手に惹かれているのかもしれません。

寂しそうな人を見かけたら声をかけてみては?

今回は、寂しそうな人について特集してきました!

あなたの身近にいる“寂しそうな人”のことを、これまで以上に理解することができたでしょうか?

どうして寂しそうにしているのか、どうしてそのような性格なのか、気になって仕方がなかったはずです。

でも、彼らがいったいどのようなことを考えているのかを知ることができたので、とても近づきやすく親近感を感じることができるようになったのではないでしょうか?

相手が寂しそうな雰囲気を出しているからといって、必ずしもすべての人が本当に悲しい、寂しい気持ちになっているとは限らないということでしたよね。

この点を理解して、寂しそうにしている人から声をかけられるのを待つのではなく、あなたから声をかけてみてはいかがでしょうか?

きっと、あなたが感じたことのないような価値観を知ることができるでしょう。

また、あなたに声をかけてもらうことによって、とてもうれしい気持ちになり明るい人に大変身するきっかけをもらうことができる人もいるはずです♪