CoCoSiA(ココシア)

ありがとうを伝えるべき16個の場面


人間は感謝を忘れては生きて行くことができないでしょう。

人と人とのつながりの中で、とても大切な感情が感謝です。

日本語には「ありがとう」という言葉がありますので、これを使わなければいけない場面、使った方が良い場面について知ることにしましょう。

「ありがとう」と感謝の言葉を伝えることの大切さ

何気ない感謝の言葉である「ありがとう」ですが、これを伝えることの重要さはきちんと理解しているでしょうか。

感謝の言葉は誰もが簡単に口にすることができるものの、日常生活の中で「当たり前になってしまっていること」に対しては、使うことを忘れているかもしれません。

感謝の言葉は、口にしなければ伝わることがありませんよね。

せっかく「ありがとう」という大切で素敵な言葉があるのですから、この言葉の持つ影響力についてしっかりと知り、普段から使えるようにしなければいけません。

1日1回「ありがとう」と言えていますか?


「ありがとう」という言葉をやみくもに頻発する必要はありませんが、日常生活の中で人に関わっていると、使う機会が多い言葉であることは確かでしょう。

一日一回、必ず誰かに「ありがとう」と伝える機会はあるはずなのです。

全く人に合わない一日でもない限りは、誰かに感謝をする機会はいくらでもあります。

もう何週間も「ありがとう」という言葉を口にしていないというような人は、言わなければいけないところで、口にできていないということかもしれません。

自分は一日に一回は「ありがとう」と口にしているのかどうか、自分の生活を振り返ってみてください。

相手から「ありがとう」と言われるとどの様な気分になりますか?

「ありがとう」という言葉が偉大なのは、言われた方の気分がとても良くなるというところではないでしょうか。

「ありがとう」という言葉の人ことがあるだけで、相手側の気持ちが様々に変わります。

「ありがとう」という言葉が、言われた方の気持ちをポジティブにしてくれるということなのです。

こちらも感謝をしたくなる!

誰かから「ありがとう」と言われると、そう言ってもらえたことに対して、こちら側からも感謝をしたくなりますよね。

自分のしたことに対して感謝してもらえるというのは、とても嬉しいことなのです。

それは、自分のしたことが良い効果をもたらしたということを知ることができるだけではなく、自分の価値に誰かが気づいてくれたという意味にもなるからです。

「ありがとう」と一言言われるだけで、誰かから認めてもらえたような気分になり、そのために、こちら側からも「ありがとう」と言いたくなってしまうということですね。

嬉しい気持ちでいっぱいになる

「ありがとう」という人ことを言われると、嬉しい気持ちでいっぱいになるという人もたくさんいます。

自分は感謝されるようなことを慕側だったとしても、「ありがとう」と言われると、心の一部がくすぐったい様に感じるのです。

親切に対して素直に感謝されると「この行動をして良かった」と思いますよね。

そう言った心の動きがあるからこそ、「ありがとう」と言われると、心から嬉しくなってしまうのです。

相手が自分に感謝してくれていることが一言で伝わるのが「ありがとう」です。

何気ない一言ですが、言われた側にとってはとても大きな一言となるのが「ありがとう」だと考えると良いでしょう。

「ありがとう」と言いたくなる場面って?

「ありがとう」という言葉は大事ですが、言えるようなシチュエーションがなければ、口にすることはできません。

もちろん、「ありがとう」という言葉は、大袈裟なものではありませんから、特別なシチュエーションが必要なものと言うわけではありません。

ですが、普段から口にしていない人の場合だと、どんなときに感謝の言葉を言って良いのか分かりませんよね。

普段から感謝の言葉を口にすることに対して忌避感がない人は、どのような状況にあると、「ありがとう」という言葉を言いたくなるのでしょうか。

「ありがとう」という言葉を言いたくなるような場面は、日常の中を探すとたくさん転がっていますが、それを拾えなければ、口にするような機会もなくなってしまいますよね。

皆さんはどんな時に思いますか?

「ありがとう」という言葉を普段、使い慣れていない人は、どのようなところで使ったらよいのか、周囲の人に確認してみると良いかもしれません。

周りの人に聞くのが恥ずかしいのなら、周囲の人が使っているところを観察してみると良いかもしれませんね。

気軽に使っている人もいれば、きちんと相手に心を伝えようと大事に使っている人もいるでしょう。

周囲の人々を観察してみると、「ありがとう」という言葉を大袈裟にならず、どのように使えばよいのかについて理解することができるはずです。

ありがとうと感謝の言葉を伝えるべき16個の場面!こんなことがあります

ありがとうという感謝の言葉は、人間のコミュニケーションの時にはとても大切なものです。

相手がしてくれたことに対して、ありがとうと伝えることは当たり前のマナーでもありますし、お互いに気持ちが良くなる付き合いをするためにも役立つからです。

ここでは、ありがとうという感謝の言葉を口にすべきいくつかの場面について見てみることにしましょう。

ありがとうという感謝の言葉を口にすることになれていない方は、まずはこうした場面を逃がさないようにしていれば、感謝の言葉を口にせずに問題になることや、感謝の言葉を言い損ねてしまって失礼な人間だと思われるようなこともなくなるはずです。

1.助けてもらったとき


誰かに助けてもらったときというのは、感謝の言葉を言うにはぴったりのタイミングだと言えるのではないでしょうか。

誰かが献身的に自分を助けてくれた時に、ありがとうと言う言葉が出ないのは失礼だというだけではなく、人間として間違った行動だと言えます。