あなたは仕事の場面で、“別人格”にスムーズに切り替えることが出来ますか?

“別人格”になれ切れずに、仕事の難しい場面で躊躇して、スムーズに事が進まない経験はありますか?

仕事モードとプライベートモードとの上手な切り替えが出来ることで、仕事の面で大きな成果を出すことができます。

また、プライベートの面では、頭の中から仕事のことをリセットして、大いにエンジョイすることが出来るようになります。

あなた自身が置かれている立場に応じて、仕事モードとプライベートモードを上手に切り替えることで、人生を今まで以上に充実させることが出来ます。

あなたが社会の中で経験を積み重ねながら成長していくためには、仕事の場面では自分を切り替えて“別人格”になることが必要と言えます。

仕事で別人格になることは、本心を知られないために、『自己防衛本能』が働いていることの表われと言えます。

プライベートの時間を過ごしている時と仕事に臨んでいる時の心理状態には大きな違いがあります。

プライベートの場面では、自分の感情や気持ちを抑えることなく素直にストレートに表現して
快い時間を過ごすことが出来ます。

しかし、仕事の場面では、職場の中での様々な人間関係を乗り越えながら仕事をやり遂げなければなりません。

ビジネスの場面では、時には、自分の感情や気持ちをコントロールしなければ仕事が進まないこともあります。

ですから、“公私”の場面の違いに合わせて、自分を“切り替える”ことが必要になります。

切り替えが上手になることが、仕事をスムーズに熟していく秘訣とも言えます。

職場では、目的を達成するために、人間関係を維持していくことが求められます。

このため、自分の感情をコントロールしなければならない場面も多々あります。

自分の感情をコントロールすることで、ストレスがうっ積します。

うっ積したストレスは、プライベートの時間の中で発散し、気持ちを切り替えることで、感情を平静に保つことができます。

人間は「感情の動物」と言われています。

人は社会から“弾き出されないように”するために、自己防衛本能が働いて、周りの状況に応じて、『人格を切り替える』ことをします。

仕事上の“別人格”は、人が持つ多面性の表われと言えます。

プライベートの時間を過ごすときの、ノンビリとした心持ちと、仕事に取り組んでいるときの張り詰めた心境とでは、“別人格”になっていると言えます。

仕事で別人格な人ってどんな人?


人は、プライベートの時間の中に身を置いている時は、自分の感情や心の赴くままに任せて、ユッタリとした時間に身も心も包まれて至極の時を過ごすことがあります。

プライベートの時間は、自身の気持ちや感情が“縛られずに”ユッタリとした時間の流れを味わうことができます。

しかし一方、仕事の場に身を置いたときは、責任感や義務感で心が包まれてしまいますので、気持ちが張り詰めた状態になります。

この時点で、“仕事で別人格な人”になっているのです。

身体の内では、アドレナリンが沢山出ている状態になっています。

仕事に取り組んでいる姿は、ミスを犯して責任をとる事態を招かないようにするために、“自己防衛本能”が働いていると言えます。

ここでの“自己防衛本能”とは、自分の生活の拠り所となっている職場から“弾き出されない”ように身を守ることを言います。

つまり、「自分は常に職場から必要とされる存在で居たい」という本能の表れが、“仕事で別人格”になることなのです。

仕事とプライベートで性格が違う

プライベートの時間は、“自分中心”に時間が流れていきます。

しかし、仕事の時間は、“仕事中心”に時間が流れていきますので、自分の気持ちや感情は、“二の次”になって仕舞います。

人が社会の中で生きていくためには、自分の置かれている状況に応じて、自分の性格を切り替えることが必要になります。

自分が身を置いている立場から疎外されないように“自己防衛本能”が働いて、仕事とプライベートでは性格が違ってくるのです。

様々な経験を乗り越えながら人生を歩んでいくためには、自分の立場を守るために、そのときの状況に応じた『性格』を表現していくことが必要になります。

仕事上の『性格』は、社会の生存競争の中で自分を守り、生き残るための『鎧』の役割を果たします。

よくある別人格の例

人は、プライベートや仕事の場面に於いて、必要とされる存在で居続けることで生活意欲が湧いてきます。

特にビジネスの場面では、自分の立場と仕事上の責任を果たすために、心身のエネルギーを注ぎ込みます。

仕事の場面では、責任感と義務感を果たすために、“集中力”を注ぎ込みます。

一方、プライベートでは、自分自身の“素”が自然に出ている時間です。

人は、置かれている状況に応じて、性格を切り替えます。

例えば、職場では、顔の表情が硬く、鋭い視線を放って仕事に打ち込んでいる姿を見せます。

しかし、プライベートの時間を過ごしている時は、柔らかい表情で、気持ちが落ち着いて、心が平静になります。

このような、別人格の切り替えは、自分の“心を守りながら”人生経験を積み上げていくために大切なことです。

どんな状況でも対応できる

人生の中で繰り広げられる様々な場面を乗り越えていくためには、自分の“心が痛まない”ようにするために、仕事の場面では自分の性格を切り替える心掛けが大切です。

心が痛むことで自信を失い、ウツになるケースもあります。

社会の中で人生を歩み続けるために、仕事の場面では自分の性格を切り替える心掛けが必要です。

自分の心身を守りながら乗り越えていかなければなりません。

仕事に取り組む際には、“仕事モードの性格”に切り替えながら人生を歩むことで、どんな状況でも対応できるようになります。

性格の切り替えは、『人生の処方箋』です。

公私混同にならない

プライベートでは、自分の“本心”を気兼ねなく表現することができます。

一方、仕事など公的な場では、人間関係を築き保つための心遣いが欠かせません。

このため、公私混同にならないような性格の切り替えが求められます。

職場など公の場で公私混同にならないように、自分が置かれている立場に応じた性格の切り替えを行うことが、人生を快く歩み続けるための『処方箋』と言えます。

仕事とプライベートを上手く切り替えると良い理由とは?

人は、一つの事ばかりに集中して考えていると、間違いに気づき難くなります。

物事を正しく捉えていくためには、自分の視点や考えを客観視することで、誤りや勘違いに気づき易くなります。

何時も仕事に追われて忙しい日々を過ごしていると、無駄な手順で仕事を進めていることがあります。

忙しさに追われていて、無駄な進め方に気付かないまま繰り返してしまうのです。

仕事を離れたプライベートの時間を過ごしている中で、仕事の進め方を客観視して振り返ることで、誤りに気付き易くなります。

自分の立場を、仕事とプライベートを上手く切り替えることで、物事の観方や考え方も切り替えることが出来るようになります。

物事に左右されない

人は、一つの物事に集中し過ぎると、考え方が凝り固まってしまいます。

集中している物事が思い通りに進まない時は自信を失くし、「原因は自分にある」と思い込んで、マイナス思考に陥ることがあります。

日々の生活の中で仕事のことが頭から離れない生活を続けていて、仕事が思う様な結果を出せない状況になると、自分自身を責める心理状態になることがあります。

しかし、仕事が忙しくとも、プライベートの時間を過ごすことを心掛けることで、“仕事をしている自分の姿”を客観視することが出来るようになります。

自分自身を客観視することで、“仕事漬け”の自分の姿を第三者的な視点で俯瞰することができます。

日常の自分の考え方を客観視して振り返ることで、自分自身を責めるような、狭い心理状態から抜け出すことが出来るようになります。

仕事とプライベートを上手く切り替えることで、メンタル面に余裕が生まれ、物事に左右されない心理状態になります。

物事に左右されないことで、冷静に仕事に取り組む余裕をもつことが出来るようになります。

その場その場を楽しめる

日常生活の中で、プライベートから仕事モードへ、または仕事モードからプライベートへ自分自身を切り替えることで、気持ちも切り替わります。

気持ちが切り替わることで、物事への視点も切り替わります。

その場に応じて、物事への視点が変わることで、強い拘りを持つことが少なくなってきます。

強い拘りが少なくなることで、気持ちに余裕が生まれてきます。

気持に余裕を持つことで、その場その場の快い面に気付くことができて、楽しめるようになります。

日常生活の中で、自分が身を置く仕事の場とプライベートの場では、心境が大きく違ってくることが多々あります。

1つの事に固執することなく心を開放することで、その場その場の雰囲気を楽しめる気持ちの余裕が生まれます。

仕事とプライベートを上手く切り替えることは、人生の中から楽しみを見つけ出すための秘訣と言えます。

ひとつのことに集中できる

仕事に集中し過ぎる日々が続くと、心が疲弊して集中力が鈍ってきます。

集中力が鈍ると、仕事が思う様に進まなくなり、良い結果を出すことが難しくなります。

人の心は、1つのことに集中し過ぎると疲弊し、無気力に陥ることがあります。

無気力に陥らないようにするためには、仕事とプライベートを上手く切り替えて、“固執”する心理状態から気持を解放してあげることが大切です。

気持を解放させることで余裕が生まれ、1つのことに集中できる気力が湧いてきます。

周囲に迷惑がかからない

日常生活で強い拘りを持ち、1つの事に固執した生活を送っていると、気持ちの余裕が失せて、楽しみを見つけることが出来なくなります。

楽しみを持てない生活は、周りの人の心境にも影響を及ぼして迷惑を掛けることがあります。

1人の心理状態が、周囲に迷惑をかけるのです。

家庭であれば、親が抱く気持ちが家族の雰囲気を変えて、子供の心境に大きな影響を及ぼすことがあります。

また、職場であれば、1人の従業員の感情の変化が職場の雰囲気を変えることがあり、周囲に迷惑を掛けることになります。

一個人の気持ちが周りに及ぼす影響の大きさを考えるとき、仕事とプライベートを上手く切り替えて、ストレスを溜めないようにする心掛けが大切です。

あなたがストレスを溜めない清々しい気持ちで仕事に取り組むことで、周囲に迷惑がかからなくなります。

仕事で別人格な人の7個の特徴

仕事には、責任と義務が必ず付きまといます。

責任と義務を果たすためには、自らの知識と能力と技術力をフル稼働させて発揮しなければなりません。

自分の持つチカラを発揮するためには、プライベートの時間を過ごす心境とは違った、気持ちの集中力が必要となります。

仕事の中で自分に与えられた目的を達成するためには、自分の持つチカラを発揮させるための集中力が求められます。

このため、仕事に臨む際の人格は、プライベートの時間を過ごすときのユッタリした心理状態とは異なる、別人格になることが必要です。

自分の置かれた立場を全うするためには、仕事モードでは、チカラを最大限発揮させるために、別人格に切り替える必要があるのです。

1.集中力がある

仕事は職種や職場を取り囲む状況の変化に関わらず、日々達成しなければならない目標が生じます。

この目標を達成するためには、自分自身がもつ知識や能力、技術力を発揮して臨む必要があります。

自分のもつチカラを発揮するためには、目標に向けた集中力が必要不可欠です。

仕事に限らず、色々な物事を達成させるためには、目標にベクトルを合わせるための集中力が大切です。

目標達成に向けた集中力は、的に向かって放たれた“弓矢”と同じ役割を果たします。

自分を“仕事モード”にするためには、プライベートの時間を過ごしているときに味わう、ユッタリとした開放感から切り替える必要があります。

自分自身のモード切り替えをスムーズに出来ることは、モードに合わせた対応をするための集中力がある状態を表しています。

仕事モードやプライベートモードなどその場で集中できる

自分を取り囲む状況に応じて、モードの切り替えが出来ることは、仕事の目標を達成させるために欠かせません。

仕事への一途な目的意識を持つことで、強い責任感が芽生えてきます。

強い責任感は、集中力を生み出し、自分を“仕事モード”に導いていきます。

仕事モードに入ると、気持ちの中に義務感が生まれ、程よい緊張感に包まれながら、目標達成に向けて集中します。

このとき、集中した心理状態が長く続くと心が耐え切れずに疲弊し、ストレス状態に陥ることがあります。

ですから、心を平静に保ちストレスに包まれないようにするためには、タイミングを見計らって、プライベートモードに切り替えていく心掛けが大切です。

仕事モードやプライベートモードなど、その場の状況と自分自身の心理状態を振り返りながらモードを切り替えていくことで、大切な場面で冷静に集中できるようになります。

仕事の場面で目標を達成すると、責任感を果たした安堵感から、プライベートモードに切り替わります。

目標を達成し、仕事から解放された時には、自由な心持ちに包まれて安心感に浸ることが出来ます。

2.オンとオフの差がすぐに分かる


人は長い時間にわたり集中力を注いでいると、気力が維持できずに散漫になることがあります。

気力が散漫になるとミスを誘発する原因にもなります。

仕事上のミスを起こさないようにするためには、気力を長く維持できるようにしなければなりません。

気力を長く維持するためには、仕事モードのオンとオフの切り替えが効果を発揮します。

気力を長く維持できるようになると、仕事など大切な場面でも、長時間に亘って集中力を継続できて、良い結果を出すことが出来るようになります。

また、気力を長く維持できるようにするためには、日頃からストレスを溜めないように、気持を切り替える心掛けが大切です。

ストレスを溜めないためには、仕事モードを“オフ”にして、プライベートモードを“オン”にすることで、気持ちを集中状態から解放して自由にしてあげることです。

オンとオフの差がすぐに分かるようなメリハリを持たせることが大切です。

オンとオフとの切り替えを適切に行うことで、ストレスを溜めずに、効果的な効率の良い仕事が出来るようになります。