CoCoSiA(ココシア)

仕事で別人格な人の7個の特徴と切り替えが上手くなる方法


あなたは仕事の場面で、“別人格”にスムーズに切り替えることが出来ますか?

仕事モードとプライベートモードとの上手な切り替えが出来ることで、仕事の面で大きな成果を出すことができます。

ビジネスの場面では、時には自分の感情や気持ちをコントロールしなければ仕事が進まないこともあり、“公私”の場面の違いに合わせて、自分を“切り替える”ことが必要になります。

切り替えが上手になることが、仕事をスムーズに熟していく秘訣とも言えます。

この記事では、仕事で別人格な人の特徴と切り替えが上手くなる方法をご紹介します。

プライベートとの切り替えが苦手な人は参考にしてみてくださいね。

仕事で別人格な人ってどんな人?


人は、プライベートの時間の中に身を置いている時は、自分の感情や心の赴くままに任せて、ユッタリとした時間に身も心も包まれて至極の時を過ごすことがあります。

プライベートの時間は、自身の気持ちや感情が“縛られずに”ユッタリとした時間の流れを味わうことができます。

しかし一方、仕事の場に身を置いたときは、責任感や義務感で心が包まれてしまいますので、気持ちが張り詰めた状態になります。

この時点で、“仕事で別人格な人”になっているのです。

身体の内では、アドレナリンが沢山出ている状態になっています。

仕事に取り組んでいる姿は、ミスを犯して責任をとる事態を招かないようにするために、“自己防衛本能”が働いていると言えます。

ここでの“自己防衛本能”とは、自分の生活の拠り所となっている職場から“弾き出されない”ように身を守ることを言います。

つまり、「自分は常に職場から必要とされる存在で居たい」という本能の表れが、“仕事で別人格”になることなのです。

仕事とプライベートで性格が違う

プライベートの時間は、“自分中心”に時間が流れていきます。

しかし、仕事の時間は、“仕事中心”に時間が流れていきますので、自分の気持ちや感情は、“二の次”になって仕舞います。

人が社会の中で生きていくためには、自分の置かれている状況に応じて、自分の性格を切り替えることが必要になります。

自分が身を置いている立場から疎外されないように“自己防衛本能”が働いて、仕事とプライベートでは性格が違ってくるのです。

様々な経験を乗り越えながら人生を歩んでいくためには、自分の立場を守るために、そのときの状況に応じた『性格』を表現していくことが必要になります。

仕事上の『性格』は、社会の生存競争の中で自分を守り、生き残るための『鎧』の役割を果たします。

よくある別人格の例

人は、プライベートや仕事の場面に於いて、必要とされる存在で居続けることで生活意欲が湧いてきます。

特にビジネスの場面では、自分の立場と仕事上の責任を果たすために、心身のエネルギーを注ぎ込みます。

仕事の場面では、責任感と義務感を果たすために、“集中力”を注ぎ込みます。

一方、プライベートでは、自分自身の“素”が自然に出ている時間です。

人は、置かれている状況に応じて、性格を切り替えます。

例えば、職場では、顔の表情が硬く、鋭い視線を放って仕事に打ち込んでいる姿を見せます。

しかし、プライベートの時間を過ごしている時は、柔らかい表情で、気持ちが落ち着いて、心が平静になります。

このような、別人格の切り替えは、自分の“心を守りながら”人生経験を積み上げていくために大切なことです。

どんな状況でも対応できる

人生の中で繰り広げられる様々な場面を乗り越えていくためには、自分の“心が痛まない”ようにするために、仕事の場面では自分の性格を切り替える心掛けが大切です。

心が痛むことで自信を失い、ウツになるケースもあります。

社会の中で人生を歩み続けるために、仕事の場面では自分の性格を切り替える心掛けが必要です。

自分の心身を守りながら乗り越えていかなければなりません。

仕事に取り組む際には、“仕事モードの性格”に切り替えながら人生を歩むことで、どんな状況でも対応できるようになります。

性格の切り替えは、『人生の処方箋』です。

公私混同にならない

プライベートでは、自分の“本心”を気兼ねなく表現することができます。

一方、仕事など公的な場では、人間関係を築き保つための心遣いが欠かせません。

このため、公私混同にならないような性格の切り替えが求められます。

職場など公の場で公私混同にならないように、自分が置かれている立場に応じた性格の切り替えを行うことが、人生を快く歩み続けるための『処方箋』と言えます。

仕事で別人格な人の7個の特徴

仕事には、責任と義務が必ず付きまといます。

責任と義務を果たすためには、自らの知識と能力と技術力をフル稼働させて発揮しなければなりません。

自分の持つチカラを発揮するためには、プライベートの時間を過ごす心境とは違った、気持ちの集中力が必要となります。

仕事の中で自分に与えられた目的を達成するためには、自分の持つチカラを発揮させるための集中力が求められます。

このため、仕事に臨む際の人格は、プライベートの時間を過ごすときのユッタリした心理状態とは異なる、別人格になることが必要です。