これまで生きてきた中で、辛い思いなどないと言う人は少ないと思います。

どんなに成功されている方でも、必ずどこかで辛い思いを経験してきているのです。

つまり、この辛い思いを経験してどう思うか、どう捉えるかで、この先の人生に大きく影響してくるのです。

そこで、今回こちらの記事では、辛い思いをしてきた人の特徴や魅力などをご紹介します。

あなたの人生に大きな影響になっていただきましたら幸いです。

辛い思いをして嘆くよりも先へ進みましょう。

そうすることで、あなたの人生がより良いものにグレードアップしますよ。

辛い思いをしてきた人って他の人とは違う”強さ”がある!

辛い思いをしてきた人は強いと言う印象がありますが、あながち嘘ではありません。

しかし、しっかりと辛い思いを受け止めてきているかどうかでその強さに影響を及ぼすのです。

要は、辛い思いをして目を背けずにしっかり受け止めて先へ進んだからこそ、強くなったのです。

目を背けて自分はそんな人間ではないと思ってしまった人は、強くなるどころか、余計に弱くなるか、成長しないままになってしまっている可能性があります。

要は、辛い思いは誰でも経験するのです。

しかし、それを受け止めないでいる方は結構多くいらっしゃいます。

臭いものにはふたをしろと言われますが、辛い思いは臭いものではないのです。

あなたを大きく成長させる大切なものなのです。

それに気づいていないだけなのです。

なぜかと言いますと、小さいころからの教育などで、恥をかくことをネガティブなことと言う感じに教わってきたので、自分のみじめさを前に出すことに対して抵抗を持ってしまっている人が多いのです。

そのために、価値のある辛い思いを経験してきている人でもそれを受け止めていないので、備わるはずの強さが備わっていないのです。

なぜそうなのかと言いますと、ほとんどの人は、この備わる強さを耐久力だと思い込んでいますが、そうではないのです。

ある意味、辛い思いをするとメンタルが強くなると思っていらっしゃる方が多いのですが、これは正解です。

しかし、勘違いしているのは、メンタルを強くすることは耐久力をつけることではありません。

では、メンタルが強くなると言うのはどういうことなのかと言いますと、感情をコントロールできることです。

つまり、どんな状況でも感情をコントロールできるので、自分を見失わないと言うことなのです。

つまり、辛い思いを経験すればどんな状況にも自分らしくいることができますよ。

辛い思いをしてきた人の10個の特徴とは

それではここからはお待ちかねの辛い思いをしてきた人の特徴をご紹介します。

おそらく今から取り上げる特徴の中には、そんなの当たり前だよという感じになってしまっているものなどあると思います。

なぜなら、当たり前と思っているから軽く見てしまっているのです。

当たり前ほど、重要なものはございません。

つまり、普段は当たり前だと思っていた特徴を持っている人こそ、辛い思いを経験して強くなってきた人なのかもしれませんよ。

そう、つまり、今までは辛い思いにふたをしてきたからこそ気づけなかったのです。

しかし、しっかり辛い思いを経験して受けとめた人こそ、メンタルが強くなってどこでも自分らしく生きることができているのです。

そう考えると、辛い思いを経験してきた人を見つけることってそんなに難しくありませんよね。

なぜなら、当たり前だと思うことの特徴を持っているのですから、ぜひ、周囲からそのような特徴を持っている人を見つけて、一緒にいる時間を長くしましょう。

そうすることで、辛い思いを経験してきて強くなった人の行動や言動などが習慣化されますよ。

しかし、中には辛い思いを経験してきて、その経験を周囲にもさせようとする人がいらっしゃいます。

ある意味、自分がされて嫌なことを相手にしているのですが、それに気づいていないのです。

また、そのような人がいるから辛い思いを経験したくないと考える人もいらっしゃるのです。

しかし、そんな人に惑わされてはいけません。

辛い思いを経験し、受け止めてきたからこそメンタルが強いのです。

そのような人は受け止めたのではなく、投げてしまったのです。

特に今の企業で上司と言う立場にいらっしゃる世代は、詰め込み世代であり、良くも悪くもなんでも詰め込まれた世代です。

つまり、自分が経験したことを相手にも経験させないと気が済まない世代なのです。

故に、辛い思いを経験したくないと思い込んでしまう人が増えたのです。

それがゆとり世代であり、辛い思いから避けるように生きてきたのです。

また、辛い思いを受けても、それを相手に押し付けないようにしているのです。

とにかく、見習うべきは辛い思いをしてメンタルが強くなった人です。

そのような人と長く一緒にいるようにしましょう。

真面目


辛い思いをしてきた人は真面目な人が多いのです。

よく、真面目だと周囲から敬遠されてしまう危険性があるのではと思われる方もいらっしゃいますが、そんなことはございません。

なんだかんだで、真面目な人の方が周囲とうまく掛け合わすことができるのです。

ただ、世間的に言われているバカ真面目だと余計に辛い思いをしてしまう危険性があるのです。

では、真面目な人でもどのような人がつらい思いをしたうえで受け止めて、先へ進んできたのかと言いますと、それは柔軟な姿勢です。

真面目な人は固いイメージがありますが、柔軟な人がいないわけではありません。

柔軟な姿勢を持っていればなんでも受け止めることができますよ。

ぜひ、真面目で柔軟な姿勢を持つようにしましょう。

心が広い

辛い思いをしてきたからこそ、心が広い方が多いのです。

このような方は、辛い思いをしてきた分、相手の痛みがわかるので、自分が受けた辛い思いを相手にはさせないように心がけるのです。

しかし、詰め込み世代の方に多いのが自分が味わったことは後輩も味会わないといけないという変な固定概念を持っているので、相手に対して同じように辛い思いをさせてしまう心の狭い人もいらっしゃいます。

しかし、それは辛い思いを受け止められない人のする行為であり、辛い思いを受け止めて先へ進んできた人は心が広く、誰に対しても柔軟に接してくれますよ。

ぜひ、心を広く持つようにしましょう。

傷ついた分、絆が大きくなるのです。

周りをよく見ることができる

辛い思いをしてきた分、狭いと余計に辛い思いをしてしまうことがわかっているので、周囲をよく見ようとするのです。

なぜなら、辛い思いをして落ち込むタイプの方は自分が見えていることでしか判断ができなくなってしまっているからです。

故に、周囲をよ~く見渡せば、実はそんなに重く感じなくてもいいことだったり、簡単に解決できる問題だったりするのです。

故に、辛い思いをしてきて、それを真に受け止めた人は、周囲をよく見ることに関してかなり重要視しています。

視野の広さが考えの広さと言われていますように、周囲をよく見ないと何も始まらないのです。

ぜひ、落ち込んでその場で立ち止まるのは辞めて深呼吸して周囲をよく見るようにしましょう。

人の痛みが分かる

辛い思いをして受け止めてきた分、人の痛みがわかる人が多いのです。

なぜなら、しっかり経験として受け止めているからです。

要は、このような辛い思いをしっかり経験として受け止められないでいると、相手に擦り付けたくなるのが、人間の性なのです。

つまり、相手に対して同じような思いをさせてしまう人が多いのです。

しかし、これでは負のスパイラルに陥っているだけです。

そうなってしまっては意味がありません。

ある意味、生きづらい世の中を作っているだけですよ。

ぜひ、人の痛みがわかるように辛い思いをしっかり受け止めましょう。

まずは受け止めることが大切ですよ。

辛抱強い

辛い思いを経験するとちょっとやそっとのことでくじけるような感じにはなりません。

ある意味、経験の数だけ忍耐力がつくので、辛抱強くなってしまうのです。

つまり、どんな状況においても嫌だと感じなくなるので、ネガティブ思考が抜けきる感じになりますよ。

ただし、しっかりと辛い思いを受け止めてこそになるので、辛い思いをしたからと言って、そこでめそめそしたり、ぐずぐずしたりして立ち止まってしまうようでは、意味がありません。

しっかり受け止めてこそ、自分のものになるのです。

最近は、しっかり受け止められない人が多いので、辛抱強い人が減ってきているような感じがするように見えるようですよ。

詰め込み世代の方から言われますと…。

故に、まずは良くも悪くもしっかり自分のモノにしましょう。

そうすることで、良いことがありますよ。

前向き

辛い思いをされている分、前向きな性格の方が結構多くいらっしゃいます。

要は、辛い思いの反動の分、思いっきり先へ飛んでしまったのです。

そう、つまり、反動を食らえば食らうほど、人間は強くなることができるのです。

高く飛ぶために助走は付けますよね。

この助走を多く取ることによって、高く飛ぶ確率が増えるのは理解されている方が多いと思います。

つまり、辛い思いをすればするほど、前向きになることができるのです。

しかし、ここでもしっかり受け止めなければならないのです。

受け止めてこそ、人間は強くなれるし、前向きになることができるのです。

ぜひ、がんばりましょう。

辛かったことを明るく話すことができる

辛い辛いと言いますが、要はこの辛いかどうかはあなたがどう受け止めるかです。

世の中に幸と不幸と言う概念がないのと、同じで「辛い」という概念が存在しないのです。

すべてはあなたがどう思うかによりますよ。

故に辛いと思ったことでも見方を変えれば、楽しいと思えたりすることもあるのです。

そう、すべてはあなたのとらえ方次第なのです。

辛いと思った経験も、そのまま辛いにはせずに、見方を変えて笑い話にするくらいにしましょう。

そうすることで、あなたの中からネガティブな情報は消えますよ。

当たり前のことに感謝できる


辛い思いをしてくると、日々当たり前に生きていることに関して、感謝することができるのです。

なぜかと言いますと、世の中には自分以外にも苦労されている方や辛い思いをしている方が多くいることに気づくことができるからです。

特に健常者の方は、障がい者の方に比べたらいろいろと恵まれていることに、気づいていない方は多いですよね。

歩ける、見える、耳が聞こえる。

など、これらは当たり前のことのように見えて、実は当たり前ではないのです。

つまり、日々の暮らしで当たり前だと思うことに感謝できたのであれば、どんな辛いこともそんなに大きく思えないのです。

影で努力している

辛い思いをしてきた人は、あまり表立って自分をアピールすることはありません。

というか、勝手に有名になってしまうパターンの方が多いです。

なぜかと言いますと、あまり意識していないからもありますが、日本人の精神にやどう陰で活躍する美徳が無意識に身についてしまっているのかもしれませんね。

つまり、辛い思いをされてきた方はとにかく影で努力をされる感じの方が多いのです。

そのためにどこで頑張っているのかわからないと言った感じになっているのです。

表立ってよりも陰で活躍する!まあ、自分に対して報いを求めなければ自然とそうなっていきますよ。

しっかりしている

辛い思いをしてきた分、とにかくしっかりしている方が多いのです。

まさに経験の差ともいうべき感じに、それだけ辛い思いを経験してきたのだからこそ、あらゆる場面でしっかりしないといけないと感じているのです。

プラスとマイナス関係なく、しっかりしていることで、最悪の事態を回避することができる可能性が高いのです。

なぜなら、しっかりしていないと何か想定外のことが起きたとしたら、その場でパニックになってしまって、先へ進むことができないからです。

しかし、しっかりしていれば、まずパニックになることは防ぐことができるので、何とか先へ進むことができます。

そう、つまり、しっかりしているだけで周囲にも安心感を与えることができるのです。

なぜ、そこまでしっかりできるのかと言いますと、辛い思いを人が考える想像以上にされてきたのかもしれませんよ。

しっかりしないと、また、辛い思いをしてしまうという感じに体に染みついてしまっているのかもしれませんね。

ある意味、防衛反応のようなものです。

ぜひ、しっかりしましょう。

しっかりすることで、最悪の事態はどうにでもなりますよ。

謙虚

辛い思いをされてきた人はとにかく謙虚です。

なぜかと言うと、出すぎると打たれてしまうことを知っているからです。

出る杭は打たれると言いますが、まさに出すぎて打たれて辛い思いをしたから謙虚な姿勢を保つことができるのです。

謙虚が一番と言いますが、それは出すぎたことを経験しているからこそ言えることです。

何も行動をせずに、謙虚、謙虚と口にしていても意味がありません。

なぜなら、出る杭の選別ができていないと限界がわかっていないで謙虚と言っているのです。

そのため、普段から控えめで行くような感じになってしまうのです。

そうなってしまっては、あなたの意見を言うことができませんよね。

謙虚と控えめに行くと言うことは全く違うのです。

謙虚と言うのは、あなたの意見をしっかり持って相手の意見を聞いたうえで結論に出す姿勢を言います。

つまり、自分を押し殺していては意味がないのです。

ぜひ、一度は辛い思いをしたうえで謙虚な姿勢で行きましょう。

そうすることで、あなたの意見や考えを押し殺さずに進めていくことができますよ。

苦労は買ってでもしろと言いますが、まさにこのためなのです。

ぜひ、辛い思いをしたことを反動だと思って、目いっぱい先へ進むようにしましょう。

そうしてこそ、真に謙虚な姿勢と言えますよ。

ピンチをチャンスに変えることができる

辛い思いをされてきた人はピンチをチャンスに変えることが上手いのです。

というより、ピンチこそチャンスと思っているのです。

なぜなら、ピンチの時はあれこれと考えなければいけないので、自分の考えを活かすチャンスでもあるのです。

ピンチになると逃げだしちゃう人は、それだけまだ辛い思いをされていないと言うことになります。

辛い思いを経験した分、どんなことに関しても乗り切れるようになるのです。

つまり、辛い思いを経験する分、チャンスを多く活かすことができるのです。

よく、チャンスが来たらと言いますが、チャンスはすでにいているのです。

ただ、それを活かしきれていないからピンチもチャンスにすることができないのです。

ぜひ、たくさんの辛い思いをしてピンチをチャンスに活かすようにしましょう。

そうすることで、普段からあなたの周りにあるチャンスを活かすことができますよ。

つまり、辛い思いをたくさんすればするほど、大きく飛躍することができるのです。

ぜひ、大きく飛躍しましょう。

辛い思いはあなたを大きくさせるチャンスです。

そう思えるようになれば辛い思いにも感謝の気持ちを持つことができますよね。

辛い思いをしてきた人の6個の魅力って?

辛い思いをされてきた人の特徴はいかがでしたでしょうか?おそらくポジティブに考えられた方が多いかと思います。

しかし、なかなか自ら辛い思いをしようと考える方は少ないと思います。

なぜなら、人間誰しもつらい思いをしたくないと考えているのです。

無意識に防衛反応が出てしまうのです。

しかし、メリットを知るとその防衛反応も少しは抑えることができます。

そこで、ここからは辛い思いをしてきたの人の魅力をご紹介します。

魅力はメリットでもありますので、ぜひ、理解しましょう。

困っている人を放っておかない

辛い思いをされてきた人は、とにかく困っている人を放っておけないのです。

なぜなら、ご自身も困った経験をしてきているからです。

さらにそこで立ち止まらずに先へ進んだことでつかんだものを知っているからこそ、それを教えたいという親切心があるのです。

ある意味、真の優しさを兼ねそろえた方ですよね。

色気がある

辛い思いをされてきた人は、実は異性を引き付ける魅力のようなものを持っているのです。

なぜかと言いますと、辛い思いをされてきた分、経験を積んでいるので、相手からすると安心感を持つことができるのです。

相手を安心させることができるなんて最高ですよね。

ぜひ、辛い思いをして色気をたくさんつけましょう。

とにかく優しい

辛い思いをされてきただけあって、とにかく半端ない優しさを持っています。

そのため、どんな人にも差別することなく、優しさをふるまうことができる人なのです。

よく、人によく思われようと優しく接する人はいらっしゃいますが、それは優しいふりをしているだけです。

真の優しい人は誰に対しても優しく接することのできる人のことを言います。

芯がある

辛い思いをしてきた分、ものすごく太い芯を持っています。

なぜかと言いますと、芯をしっかりしていないと周囲に流されてしまって、また、辛い思いをすると言うことをわかっているからです。

軸がぶれないと言いますが、まさに軸を持っていないと周囲に流されてしまい、自分で判断できないまま辛い思いを経験してしまうのです。

辛い思いをよく経験すると思われる方は、まずは芯を持つようにしましょう。

経験してきた内容が濃い

人間は経験してきたことでしか物事を考えられないのです。

つまり、濃い経験をしてきた人ほど、その分、辛い思いをしてきているので、普通の人よりも経験値が高いのです。

つまり、辛い思いを経験してきたことをしっかり受け止めているので、あらゆる場面で力が発揮されてしまうのです。

故につらい経験をした場合は、素直に受け止めるようにしましょう。

少しの事じゃへこたれない

普通の人よりも経験値が高いのです。

少しのことでもへこたれたりはしません。

要は、普通の人から見れば、大きいことで重大なショックを受けることであっても、辛い思いを経験してきた人からすれば、そんな大きいことでもないのかもしれませんね。

要は、人間にとって経験は大きな財産になっているのです。

しっかり経験を積んで受け止めていくようにしましょう。

落ち着いている

辛い思いを経験して受け止めているので、普通の人よりも、経験値が高く、またあらゆる場面を知っているので、普通の人よりかは落ち着いた感じになっているのです。

なぜかと言うと、そのような場面を経験してきているから緊張することがないのです。

つまり、落ち着いていられるかどうかは、経験したかどうかの差が大きく影響をしてしまうのです。

故にとにかく生きている間は多くの経験を積むようにしましょう。

辛い時に試してほしい!対処法を教えます

それではここからはお待ちかねの辛い時にどうすればいいのかなどの対処法をお教えします。

ただ、あくまで対処法ですので、みんながみんなに通用するものではありませんので、そこは承知のうえでお願い致します。

生きている間に辛い思いをしたくないと言う人は多いと思いますが、それはなかなかできないことです。

それならば、辛い思いを辛いと思わないようにするか、辛い思いをしたときにしっかり対処して受け止めることができるのかどうかです。

そこで、ここからの説明でしっかり対処法を覚えて、自分にあったやり方を編み出しましょう。

思い切り泣く

とにかく思い切り泣くことをおススメします。

泣く姿を相手に見られるのは嫌だと言う方は、トイレなどに隠れて泣くことをおススメします。

要は泣きたいときに泣くのを我慢すると余計にストレスが溜まってしまうのです。

そうなると余計に苦しくなってくるのです。

つまり、思い切り泣くことがいいのです。

一人旅に行く

とにかく気分を変えたい!辛い思いをしたときはそのように考えてしまう人は多いのです。

そのための対処法としては、一人旅に行くことをおススメします。

一人旅は自分でプランニングできるので、ある意味、誰にも縛られていないので、自分の時間を持ったような感覚になるので、気分がリフレッシュしますよ。

ぜひ、たまには一人旅に出てみるのもGOODな手段ですよ。

最近、大人の方がよく自分探しと言って一人旅に出る人が多いのは、まさにこのためなのかもしれませんね。

もしくは、自分よりもつらい思いをしている人を見て、まだ自分はまともだと思い込む人もいらっしゃるそうです。

誰かに話す

辛い思いをするととにかくストレスの原因になってしまうネガティブな思いをため込んでしまう傾向にあります。

これはよろしくありませんので、誰かに話すことをおススメします。

要は、何を話しても大丈夫な人に話すのをおススメします。

その際にアドバイスなどを求めてはいけませんよ。

SNSを見ない

匿名で相手の誹謗中傷などが書かれているSNSなどを落ち込んでいる時に見ると、まるで自分のことを言われているような感じになってしまうので、余計にストレスを抱えます。

そんな時はSNSなどは見ずに、現実の世界を見ましょう。

最近のSNSは誹謗中傷だらけになっているので気を付けましょう。

頑張りすぎない

辛い思いをしたときに、反動で余計に頑張ってしまおうと思う方は多いのですが、実はこれがあまりよろしくないのです。

なぜかと言うと、頑張りすぎると言うことは、無理やりな感じになってしまっているので、余計にストレスを抱えてしまいます。

それよりかは、たまには頑張らないということも必要なのです。

ぜひ、頑張りすぎないようにしましょう。

好きなことをする

人間好きなことをしているときほど、幸せホルモンが分泌されているので、ハイな気分になっているので、何が起きてもへっちゃらなのです。

つまり、辛い思いをしたときほど、とにかく自分が好きなことをするべきなのです。

ぜひ、好きなことをしてストレスフリーを目指しましょう。

辛い思いをしたときにやってはいけない4個のこと

ここまでは対処法をお教えしましたが、ここからは逆に辛い思いをした時にやってはいけないことをお教えします。

おそらくこの辺りを勘違いしてやってしまっている人も多いと思いますので、ぜひ、しっかり理解して辛い思いをした時に、ストレスを増幅させないようにしましょう。

家に引きこもる

辛い思いをして自分をふさぎ込んでしまって、家に引きこもる方もいらっしゃいますが、これはよろしくありません。

引きこもると言うことは、そこで立ち止まってしまうことを意味します。

それが辛い思いをしたままの状態になっているのです。

そうなっては意味がありませんよ。

自分を傷つける

辛い思いをして、自分はダメな人間だと思い込んで余計に自分を傷つけようとする方がいらっしゃいますが、これはよろしくありません。

自分を支えることが自分だけです。

辛い思いをしたときほど、自分を支えるようにしましょう。

他人に八つ当たりをする

辛い思いをしてストレスが溜まって、その解消法として相手に八つ当たりをする人はいらっしゃいますが、これはよろしくありません。

他人を傷つけても意味がありませんので、辞めましょう。

やけ食いをする

ストレスを忘れるためにやけ食いをされる方はいらっしゃいますが、これはよろしくありません。

自分を傷つけいるだけですので、やけ食いは辞めましょう。

同時にやけ酒も辞めましょう。

辛い思いをしてきた分だけ輝いている!

辛い思いをしてきた人はいかがでしたでしょうか?そうです。

辛い思いをしてきた分だけ人間は強くなれるのです。

つまり、辛い思いから逃げてはいけないのです。

ぜひ、前を見続けましょう。