CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

無駄にしたな~と思う時間7選!時間を上手く使うには?


生きていれば1度くらいは「無駄にしたな~」と思う時間があるのではないでしょうか。

みなさんにとって“無駄だと思う時間”は何ですか?

今回はそんな「無駄にしたな~」と思う時間7選をご紹介したいと思います!

さらに“時間を上手く使う方法”や“時間の大切さ”についてもご紹介していくので、「時間を有効に使いたい!」とか「自分の時間の使い方を見直したい」と考えている人は必見です。

人生は一度きり!時間を大切に

人生は一度きりで、時間は有限です。

1日24時間というのは長い様で意外と短いです。

特にボーと過ごしているときやダラダラしているときの体感時間は、楽しいことをしているときと同じくらい早く感じるものですよね。

その限られた時間の中で「無駄にしたな~」と思ってしまうような時間を過ごすのは、勿体ないかもしれません。

人生を充実させたいのなら、時間の大切さを意識してみましょう

自分に残された時間があとどれくらいあるか、皆知らない

自分に残された時間があとどれくらいあるかなんて誰にも分からりません。

「その人があと何年生きるか?」というのは、専門家でも正確に判断するのは難しいでしょう。

医師の「余命〇年です」と宣告もあくまで目安で、科学的根拠は薄いと言えます。

実際「余命数か月」と言われた人が、何十年も生きる例もあります。

とにかく、自分に残された時間は誰にも分かりません。

“寿命”とか“残りの人生”…みたいに大げさに捉える必要はありませんが、「あの無駄な時間に、もっと有意義なことをしておけば…」とか「前回の休日に、本当はやりたいことが山程あったはずなのに…」など、後悔をしない為にも、1分1分を大切かつ有効に使うことが大切だと思います。

無駄にしたな~と思う時間7選

それでは“「無駄にしたな~」と思う時間7選”をご紹介していきます!

価値観は人それぞれなので、どんな時間を無駄にしたと思うは、人によって異なるでしょう。

きっと、これからご紹介する“「無駄にしたな~」と思う時間7選”も、見る人によっては、「それは無駄な時間じゃない」と思うものもあるかもしれません。

でも、その中には思わず共感してしまうものもあるはずです。

共感できる・できないかをジャッジしながら見ていっても面白いかもしれませんね。

それでは早速チェックしていきましょう!

人を憎んだり嫌う時間


他人を憎んだり嫌う時間も、「無駄にしたな~」と思う時間に入るかもしれませんね。

例えば、知り合いにとても嫌なことを言われたり、自分を含め周囲を不快にさせる様なマナーの悪い人を見つけたときなど、どうしてもその人の事が頭から離れず長時間モヤモヤしてしまう…なんてことはありませんか?

しかし、その相手をいくら憎んだり嫌ったところで、物事が確実に良い方向に変わる訳ではありませんし、考えた分だけ発生するのは時間のロスとストレスです…。

その人のことはスパッと切って忘れるべき

嫌な人間のことを考えそうになったら違うことで気を紛らわせて、その人のことはスパッと忘れるのが最善でしょう。

イライラが収まらないときは、「自分はあんな人間にならない様に反面教師にしよう…」とか「時間をかけて考える価値もない人間のことなんて忘れてしまおう…」くらいの気持ちで、頭の中で相手のことをバッサリ切り捨てるのもオススメです。

他にも嫌なことを忘れる方法には、嫌な記憶を新しい情報(好きなことや楽しいこと)で上書きしたり、仕事や1つの作業に没頭するなどして忙しい状況を作り出したり、身体を動かしたり、誰かと会話をしたり、ポジティブな言葉を口に出すことなどが挙げられます。

人を憎んだり嫌ったりするのに時間を使うよりも、こっちの方がずっと有意義ではないでしょうか?
気になる人はぜひ試してみて下さいね。

タイマーのかけ忘れで家電が作動せず仕事が遅れた

「タイマーのかけ忘れで家電が作動せず仕事が遅れた…」なんていうのも、「無駄にしたな~」と思う時間の1つでしょう。

こういった“うっかり”は、誰にでも1度はあるものだと思いますが、実際に起こってしまうとその後の予定が狂ってしまうので大変ですよね…。

現代において、家電に全く頼らずに生活するというのはかなり難しいと思うので、やはり上の様なミスを減らす為に自分で注意するのが大事ですね。

タイマーをかけ忘れていないか、きちんと毎晩チェックしてから寝る様にしましょう。

仕事を教えた後輩社員がすぐ退職した


仕事を教えた後輩社員がすぐに退社してしまうのも、時間をかけて仕事を教えた側からすれば、思わず「時間を無駄にしたな~」と感じてしまう瞬間かもしれませんね。

退社理由はそれぞれでしょうし、場合によっては仕方がないのかもしれませんが、引き継ぎの為に使った時間も含め、自分の時間を削ってまで後輩の為に使った時間もあるはずです。

熱心に教えてあげたのなら尚更、退社理由によってはガッカリしてしまうこともあるかもしれませんね…。

休日にダラダラと寝続けること

休日にダラダラと寝続けて気付けば夜…、「貴重な休日を無駄にしてしまった…」と後悔してしまう人は多いのではないのでしょうか?

前日の夜までは、「明日はあれもやってこれもやって…」と色々考えていたのに、当日の朝になったら起きれない…何となくやる気ができない…なんてこともよくあると思います。

あるいは、やろうと思っていたことが頭から抜け落ちてしまい、「何をしようかな…」と考えている内にダラダラと寝続けてしまったり、休日を前にテンションが上がり、徹夜をして休日は寝過ごしてしまう…ということもあるのでは?

どちらにせよ、せっかくの休日=自分の為に使える自由な時間を、惰眠を貪って丸々無駄にしてしまうのは非常に勿体ないですよね…。

リズムが狂い翌日の仕事に悪影響を及ぼすことも

毎日忙しく心身共に疲れ切っていて、心と体を回復させるのに必要な睡眠時間だったのなら、休日に寝て過ごすことが無駄とは言えません。

ページトップ