CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

時間を使うのが上手い人と下手な人の6個の違い


時間をうまく使うことができると色々なことができるので、大変良い点が多いです。

人間誰しも1日24時間で日々を過ごしていく必要があります。

同じ時間があるにも関わらず、うまく時間を使える人とそうではない人とかいます。

では、時間をうまく使うにはどのようにしたら良いのでしょうか?

色々な観点から、時間をうまく使うことについてみていきましょう。

あなたは今、時間を上手く使えていると思いますか?

皆さんは時間をうまく使えていますか?

著者は結構だらだらしてしまうということもあり、うまく使えているとは思いません。

ですが、本業をしつつ、このような副業をするということもあるので、割と時間をうまく使っていると思いたいところですが、実際は結構のんびりしたりすることもあることから、ひょっとしたらもっと時間をうまく使えるのではないかとも思っています。

皆さんはいかがでしょうか?

では、どのように時間を使って行ったら良いのでしょうか。

時間を使うのが上手い人と下手な人の6個の違いとは

時間を上手く使うことができる人、あまりうまく使うことができない人とがいます。

同じ24時間を与えられているにもかかわらず、なぜこのような差が出て行くのでしょうか?

では、どのようにして時間をうまく使って行ったらいいのかというのを見ていきましょう。

時間を使うのが上手い人


やはり、まずはうまく時間を使うことができる人の特徴を見ていきましょう。

やはり色々な観点から見ていくと、だからこそ時間を使うのがうまいので感心させられるようなことが多いです。

著者も是非とも見習っていきたいところです。

では、著者を含めて、皆で時間を使うのが上手い人の特徴を見ていきましょう。

1、必ず予定を立てる

時間を上手く使うことができる人は、ただなんとなくとか漠然と時間を使っているということはありません。

必ず「この日のこの時間に、何をするべきか」ということをきちんと予定を立てています。

そしてその予定に沿うように努力をしています。

時間を使うのが上手い人に見習って予定を立てるようにしましょう。

ただ、初めはなかなかうまくいかないかもしれません。

予定通りにしようと思っても、予定と実際の行動と噛み合っていないということはよくあることです。

ですので、もしうまくいかなかったとしても諦めないで下さい。

その場合は、前日の行動に即した予定を立てれば良いのです。

例えばですが、3時間ぶっ続けで勉強するという予定を立てるのは、少々挫折しやすい所があります。

人間の集中力というのはやはり限度があるのです。

ですので、例えば1時間勉強してから15分間休憩するというような感じで自分に合った予定を立てるようにしましょう。

もしかしたら、色々な人の予定の立て方を見て、自分はこんなに集中はできないのかと落ち込むのかもしれません。

ですが、やはり自分の声質に合った予定を立てるということが非常に大切なのです。

2、スキマ時間も大切にしている

最近は隙間時間をうまく使うことができるような、様々なアイテムがあります。

例えば電車の通勤の時間にイヤホンをつけて英語の勉強をするというような感じの隙間時間を使うことができます。

例えばですが社会福祉士の資格を取ろうという時、最近はこのようなスマホを使った隙間時間を使った学習ができるようなものもあります。

社会福祉士に限らず、様々な資格でそのような隙間時間を使うようなサービスもあります。

もちろんこのような資格を取るというのは、人によってはハードルが高いと思うのかもしれません。

ですが、この隙間時間の寄せ集めこそが大切なのです。

そうすることで睡眠時間を削って勉強するというような必要性もなくなってくるでしょう。

都内だと満員電車だと通勤をしながらというのは難しいかもしれませんが、そこそこにスペースがあるということであれば、そのような隙間学習もできるでしょう。

もちろん会社勤めをしている人だけではありませ。

主婦の方であっても、洗濯機を回している間に他の仕事をするということも出来ますし、何かの隙間時間に色々なことをするということで様々なことができるのです。

3、朝活をしている

基本的に、このように時間をうまく使っている人は朝方であることが多いです。

そして必然的に、朝活というものをするようにしている方も多いです。

朝というのは大変貴重な時間です。

ページトップ