私たちにとって睡眠はとても大事な事です。

生きるためには必要不可欠な行為であり、睡眠をとるという事は日中の活動の質を上げる大事な行為です。

睡眠を行う事で脳と体の疲れを取ることができ、日中に感じたたくさんの疲労を回復することができます。

私たちは知らず知らず様々なことからストレスを感じており、その日々感じているストレスも睡眠をとることによってある程度を解消を行っています。

もちろん体の成長であったり老化の防止なども睡眠を取る上でとても大事な事です。

しかしながら今の世の中は昔と違って様々な誘惑が存在しており、時には睡眠が大切なのに睡眠を削ってでも行いたいことや、睡眠の弊害をもたらすようなことを行ってしまう可能性もあります。

特に寝ようと思えば思うほど気持ちが焦ってしまって寝つきにくくなってしまうことがありますよね。

今回はそのような睡眠に弊害をもたらす様なことや、単純に夜に行ってはいけないとされていることをテーマにして、深夜にやってはいけない事を詳しくご紹介していきたいと思います。

深夜にやってはいけないことってこんなにたくさん?!

深夜に行ってはいけないことは具体的にどの様なことがあると思いますか?

急に聞かれてもあまり多くの事は想像できないかもしれませんね。

純粋に体の構造上で問題を引き起こす様なこともあれば、いわゆる都市伝説の様なものも存在していると思います。

基本的に夜は睡眠をとらなければいけない時間になるのですが、どうしても忙しい現代人にとっては夜の時間は数少ないプライベートの時間ということもあり、ついつい自分が行ってしまいたいことを時間を削ってでも当ててしまう場合が多いですよね。

また何かをするにしても夜に特別に行ったりすることによって普段お昼の時間では味わえない様な感覚を味わうことができるものの存在しているので、夜にしかできないからという理由で睡眠を削ってでも行われる場合があったりします。

若い方であれば比較的睡眠時間が少なかったとしてもそこまで問題はないかもしれませんが、ある程度年齢を重ねている方であれば睡眠時間を削ってしまうと通しても体の疲れが取れないで困ってしまう方もいると思います。

よくよく考えてみるとそういえばいつもこんなことしてるよな、と自分自身で考えられるようなものも多く含まれていますので、深夜にやってはいけないことをご紹介する上で自分が該当しているかいないのか考えながら確認していただくと面白いと思いますよ。

深夜にやってはいけないこととは?


ここからは具体的に深夜にやってはいけないことをご紹介していきたいと思います。

もしもご紹介する中で自分自身が該当しているものを普段を行っている場合は、様々な弊害が起こりうる可能性がありますので、早い段階で改善していただく必要性があります。

特に普段日中の時間に睡眠不足による眠気を感じている方にとっては大きな問題であると捉えることができますので、より気をつけていただく必要性があります。

睡眠が不足してしまうと本来自分が持っている実力を発揮することができなくなったり、極端に集中力が落ちてしまうことが判明しています。

これはビジネスの場面でもそうですが、普段の日常生活においても支障をきたす場合があります。

慢性的な睡眠不足を感じている方はこれらの原因が深夜の行動にあるのかどうか、自分自身を振り返るきっかけに活用してみてください。

肝試し

まずはじめにご紹介する深夜にやってはいけないことは肝試しです。

肝試しとは知らない方はいないと思いますが一般的には人が怖いと思われる場所に足を運んで自分自身に度胸があるかどうか試したりすることを指し示している言葉です。

ある程度年齢を重ねた方が肝試しをする様なことはあまりないと思いますが、比較的年齢が若い方にとっては肝試しは一種の遊びの様な感覚で行われたりすることが多いです。

特に肝試しに関しては夏場の時期に行われることが多く、いわゆる心霊スポットと呼ばれる場所に複数の人数で足を運んだりすることが一般的です。

肝試しに関しては当然ながら昼よりも夜の方が雰囲気が出ますし、日差しが差している昼に足を運んだとしても怖さが半減してしまうため、肝試しを行うそもそもの意味合いが欠如してしまいます。

なので基本的に夜の時間に行われる行為になるのでどうしても睡眠時間を削って行われる場合が多いです。

一般的に考えて睡眠時間を削ってまで行う様なことではないと思いますが、自分の人生の大切な思い出の一つとして残すこともできたりしますので、絶対に悪いというわけではありませんが、社会人として仕事を行っている方であれば当然翌日に少なからず影響が出てくる可能性が高いので、わざわざ肝試しをして仕事の質を下げる様な行為はすべきではないと考えることができます。

ホラー映画


次にご紹介する深夜にやってはいけないことはホラー映画を見るということです。

これは先ほどご紹介した肝試しと少し似ているかもしれませんが、夜にホラー映画を見ようと提案する様な場面が存在することが多いです。

当然ながら日差しが差している夜にホラー映画を見るよりも真っ暗な夜にホラー映画を見た方が雰囲気が出ますし怖さも倍増しますので、楽しさでいえば断然夜にホラー映画を観た方が楽しいはずですよね。

特にある程度集団で寝泊まりを行っている時にホラー映画を見るとみんなでわいわい盛りあがることもできますので一つの盛り上がる定番の方法としても確立されています。

怖いシーンに関しても複数の人間と一緒に見ることによってそこまで怖さを感じることなく、感情を共有することによってさらに親睦を深めたりする1つの方法としても用いられていますので、絶対的に悪いというわけではありませんが、深夜にホラー映画を見てしまうと人によっては怖くて眠れなくなってしまう様な場合もあります。

当然ホラー映画なので映画は1.2時間程度ありますので純粋な寝不足になってしまう可能性もあります。

また場合によってはホラー映画を一人で見たりすることが趣味の人も存在していますが、一人でホラー映画を見て怖くて眠れなくなってしまうということがもしある場合は、当然寝不足の原因となってしまいます。

なので状況によっては深夜にわざわざ行うべきではないと考えることができます。

次の日が休みであればそこまで問題はないかもしれませんが、わざわざ仕事が翌日に控えている平日の日に行う様なことではないので注意してください。

テレビを見る

次にご紹介する深夜にやってはいけないことはテレビを見るということです。

これはどういうことかと言いますと、どうしても人によってはテレビを普段から見るのが楽しみの一つであるという方が存在しています。

もちろんテレビを見るのが嫌いな人間はそこまでいないかもしれませんが、あまりにも普段からテレビに張り付きになってテレビ番組を閲覧している人はある程度注意が必要です。

普段からテレビを日常的に長時間見ている方は夜眠る前ぎりぎりまでテレビをつけて閲覧している場合がかなり多いです。

また人によっては寝ながらテレビを見ており、そのテレビの明かりがないと眠ることができないという方も中には存在しています。

一見するとそれが特別な一種の薬になって眠りを促す効果を持っていると勘違いしている方がいるかもしれませんが、基本的にテレビの音や光に関しては睡眠に悪い影響を与える存在として判明しています。

具体的にどういうことかといいますと人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠が存在しており、簡単に言えばレム睡眠の時には体が眠っていても脳は活動している状況です。

つまりレム睡眠は睡眠が浅い状態であると考えることができます。

本当に自分の体の疲れを取る場合は深い睡眠に入る必要があるのですが、テレビなどをつけている場合はその音や光が深い睡眠を取ることの妨げになってしまう可能性があります。

深い睡眠をとることができなければ当然翌日に疲労を持ち越してしまうことにつながってしまいますので、日常で慢性的な疲労を感じている方で普段テレビに貼り付きになって閲覧している方はテレビを見る時間をある程度減らすように工夫する必要性があります。

鏡を見る

次にご紹介する深夜にやってはいけない事は鏡を見るという行為です。

これは知っている方も多いかもしれませんがいわゆる都市伝説の一つです。

鏡を見るといっても複数の方法が存在しており、例えば「0時丁度に合わせ鏡を覗く」ということや、「4枚鏡を合わせる」ということや、「合わせ鏡を見る」という複数の方向が存在しています。

まず一つ目の「0時丁度に合わせ鏡を覗く」という行為に関しては、合わせ鏡に映る姿が自分の未来の姿が映ると言われています。

しかしながらそこに映る自分の姿の中には単純な未来の姿だけではなく死んだ時の顔が写り込むという場合も存在しているそうです。

単純に手前に写っている姿ではなく手前から数えて何番目か奥に写っている姿が死んだ時の顔であるといわれている説も存在しています。

また「4枚鏡を合わせる」場合に関しては、4枚の鏡と蝋燭を1本用意した状態で、真上から見て一辺の長さが15cmの正方形を作る様に東西南北に合わせて鏡を立てた状態で、深夜0時46分になった時に作った正方形の中心に火のついた蝋燭を立てて、そのままに27分間火をつけっぱなしにします。

そうすると27分後にとても恐ろしいものが映ると言われています。

あまりの恐怖に言葉を話すことができなくなってしまった方や、恐怖による奇行を行う恐れがあると言われています。

そして、「合わせ鏡を見る」という行為に関してはそもそも風水的に良くないと言われています。

元々鏡という存在は1枚だけでもかなりの影響力が存在しているものであり、良いものも悪いものも反射してしまうため合わせてしまった場合に、様々なものが反射し合い、混じり合って変な空間が生まれてしまうといわれています。

すべて都市伝説もひとつではありますが、一般的に悪い行為であると言われていますので注意する必要性があります。

コーヒーを飲む

次にご紹介する深夜にやってはいけないことはコーヒーを飲むということです。

これに関してはある程度認知度が高い話になりますので知っている方も多いと思いますが、コーヒーはそもそも眠気を覚ます作用を持っている飲み物になります。

なぜ眠気を覚ますのかと考えた時に一番の原因はコーヒーに含まれているカフェインが原因です。

カフェインは摂取することによって一種の覚醒作用が引き起こされてそれが原因で眠りを妨げると言われています。

またそれ以外にもカフェインを摂取することによって利尿作用が引き起こされます。

コーヒーを日常的に摂取している方ならわかると思いますが、コーヒーをある程度飲んでしまうと突然尿意が催されることが多いです。

これはカフェインによる利尿作用が働いている結果であり、睡眠前にコーヒーを飲むと言うことは睡眠を妨げる行為に繋がると考えることができます。

カフェインのそもそもの持続効果時間は5時間から7時間程度とされていますので、必ず寝る前の7時間前からはコーヒーを摂取しない様にする必要性があります。

例えば夜の12時に睡眠を行うのであればその7時間前の5時以降はコーヒーを摂取しない様にすれば問題はありません。

しかしながらどうしてもコーヒーを飲まなければ落ち着かないと考えている方であれば、飲み方を工夫して牛乳がたっぷりのコーヒーを飲むことをお勧めします。

牛乳にはコーヒーと違って安眠効果が高いと言われており、牛乳の比率を多くすることによって眠りを妨げる効果よりも安眠効果を得ることができやすいと言われています。

もちろん一番良いのは牛乳だけを飲む方法なので、最終的な裏技程度に思っていただいた方が良いです。

ネットサーフィン

次にご紹介する深夜にやってはいけない事はネットサーフィンです。

これはパソコンに関してもそうですが現代においては比較的たくさんの割合の方が自分専用のスマートフォンを持っている場合が多いです。

スマートフォンの場合は簡単にインターネットブラウザに接続することができますので、寝ながらインターネットを楽しんだりすることが可能になります。

しかしながらパソコンやスマートフォンを使って眠れ前にネットサーフィンをする事は眠りに関して弊害をもたらす行為になります。

今現在の世の中では数字にして若い方の90%以上がスマートフォンを自分のベッドの真横において眠りについていると言われています。

なのでこの内容を見ている若い方に関してはほぼスマートフォンを寝る前に扱っている可能性が高いです。

しかしながらスマートフォンなどを寝る前にギリギリまで扱ってしまうとスマートフォンの画面から発せられる光によって体のバランスが崩れてしまう可能性が高まります。

なぜ体のバランスが崩れてしまうのかと考えた時に、スマートフォンの画面から発せられる光によってメラトニンというホルモンが分泌されることが原因です。

人間はそもそもどの様にして生活バランスを保っているのかと考えた時にそれは光の影響がとても大きいのです。

本来であれば夜は光が発生しない時間帯になりますので、当然に光が発生するのは朝日が差し込む朝です。

私たちはその光を感じて朝が来たと認識し眠りから目を覚まします。

しかしスマートフォンから発せられる光によって人間の体は錯覚し、睡眠弊害をもたらす可能性があります。

普段なかなか眠りにつきにくい体質の方は夜寝る前にネットサーフィンなどを行っていないか確認した上で、もしも行っているのであれば改善するように努める必要性があります。

食事

次にご紹介する深夜にやってはいけない事は食事です。

食事に関しては注意しなければいけないことがたくさん存在しています。

どうしても現代の世の中は忙しい社会人の方が多いので、夜遅くまで仕事を行って帰るのが深夜になってしまう人も中には存在しています。

その様な形であれば深夜に食事を取ってそのまま眠ってしまう方が多いと思います。

しかし深夜に食事を行う場合は特に注意すべき点が多いです。

一般的に1日の終わりにとる食事はゆっくりとリラックスしながら食べることができますし、日常の疲れを癒す時間にもなりますので、1日の中でも比較的カロリーが高いものを摂取しがちになります。

しかしながら本来夜に取るべき食事は1日の中で一番カロリーが少ないものを取る必要性があります。

人間の体は本来夜になると眠りを行うこと以外に激しい運動は行わないので、一番1日の中で活動する時間も内容も少ないはずなのです。

なので夜にエネルギーを取ったところでエネルギーを消費する様な行動をとっていないので、単純にエネルギーを取る意味がないのです。

しかしながら夜に食べる食事が一番豪華になってしまいがちで、なおかつ夜の遅い時間の食事が習慣化してしまうと血糖値や中性脂肪の値が上昇してしまいやすくなり肥満になってしまいやすいです。

単純に消費される量が少なく脂肪として蓄積される可能性が高まりますので、普段から深夜に食事を取る習慣がある方は注意してください。

炭水化物はNG

深夜に食事をとる際に更に注意していただきたいのが、いわゆる炭水化物を多量に摂取することを注意する必要性があります。

なぜ炭水化物をとってはいけないのかと考えた時に、まず淡水化物の本来の役割を知る必要性があります。

炭水化物は体内に取り込まれると分解されて糖質で変わり、その糖質はすぐにエネルギーとして消費されるのですが、使い切れなかったものは中性脂肪変化して体内に蓄えられるという性質を持っています。

これを考えていただくと分かると思いますが、夜はそもそも寝るだけなのでエネルギーを消費する活動時間にはなりません。

なので一日の中でも一番中性脂肪として変化しやすい時間帯になります。

また炭水化物を摂取した状態ですぐに睡眠についてしまうと、本来体を休めなければいけない時間帯に胃が消化を行い続けるので、当然ながら消化を行う労力が発生する分睡眠が浅くなってしまいます。

結果的に朝起きた時に胃もたれになってしまったり、体の疲れが取れていない状態が発生してしまうことが考えられますので注意する必要性があります。

勉強

次にご紹介する深夜にやってはいけないことは勉強です。

学生の方であったり社会人の方に関しては勉強熱心な方は夜中まで勉強を行っている方が多く存在しています。

特に社会人に関しては日中の時間帯が仕事に時間を奪われてしまうこともあり、夜しか勉強する時間帯がないと考えている方も多いと思います。

当然朝早く起きるよりも起きている状態でそのまま勉強を行う方が自分の感覚的に楽だと感じている方も多いと思います。

しかしながら夜勉強するよりも基本的には朝勉強した方が良い効果を得ることができます。

そもそも夜は一日の疲れがピークに達する時間帯になりますので、当然ながら日中の疲労が襲ってくるため眠気を感じながら勉強する場合があります。

そのような状況で勉強を行うところで集中して行うことはできませんので自分の頭の中に様々な情報をインプットしにくい状況になってしまいます。

人間の集中力は驚異的なもので、状況によっては1時間勉強するよりも10分集中して勉強した方がはかどる場合もあります。

なのでわざわざ疲れている時間帯に勉強するよりも、朝早く起きてきっちりと睡眠をとってスッキリした状態で集中して勉強を行う方が様々なことを勉強できる様になります。

通しても人間は朝起きるのが辛いと感じてしまう方が多いと思いますが、早い時間に睡眠につく様に習慣を改善し、なるべく朝方の生活を迎えて朝勉強することを習慣化させる様に行う事をおすすめします。

部屋の片付け

次にご紹介する深夜にやってはいけないことは部屋の片付けです。

そもそも部屋を綺麗にするということはとても大事なことであり、汚い部屋で何かの物事に集中して行うよりも、綺麗な部屋で集中して作業する方が精神的にもリラックスして取り込むことができますので、とても素晴らしいことではあるのですが夜に行うべきではありません。

なぜ部屋の片付けを夜に行ってはいけないのかと考えた時に、当然部屋の片付けを行う場合は部屋のあちこちを駆け巡って様々な作業を行うことが想定されます。

当然ながら睡眠を行う前の時間帯はリラックスした状態で体を徐々に休ませながら深い眠りについていくことが理想的です。

しかしながら部屋のあちこちを駆け巡って、次はどこを片付けようとかどこにどこを直せば良いのかと頭の中で様々なことを考えたりしているうちに自然と作業をすればするほど自分の頭が活性化してきて、変に頭が冴えて睡眠をとることができなくなってしまう場合がありません。

重ねてお伝えしますが部屋の片付けは深い睡眠をとる上でも何かの作業をする上でも必ず必要なものであり素晴らしいことではあるのですが、わざわざ夜に行う必要性はありません。

通しても部屋の片付けをしないとすっきりしないと思っているのであれば、朝早く起きて部屋の片付けをすれば良い話です。

むしろ朝起きて部屋の片付けを行う方が自分の頭が活性化されて眠い朝もすっきりと目覚めることができる様になりますので、夜に行わずに朝や休みの昼間なのに行う様に工夫してください。

仕事

次にご紹介する深夜にやってはいけないことは仕事です。

仕事熱心な方に限って深夜遅くまで自宅に仕事を持って帰って仕事を行っている方が多く存在しています。

もちろん仕事熱心なのは良いことですし、高い意識をもって仕事に取り組むことは素晴らしいことなのですが、深夜に仕事を行うことはあまりお勧めができません。

なぜかと言いますとこれが先ほどご紹介した勉強の項目でを似ていることになりますが、そもそも深夜は一日の疲れがピークに達している状況になりますので、当然ながら集中力が低下する傾向があります。

なので集中力が低下している状態で仕事を行ったとしてもあまり質が良い仕事を行えるとは限りません。

眠い目をこすりながら仕事をしたところで時と場合によってはそれがミスに繋がってしまう可能性もありますので、本末転倒な結果に終わってしまう可能性もあります。

しかしながらどうしても仕事をしなければいけないと考えている方に関しては夜ではなく朝早く起きて作業する様に工夫する必要性があります。

朝の方が集中して作業も行えますし、朝余裕をもって行動することもできますので、場合によっては朝習得した新鮮な知識がその日の業務の中で活かされる可能性もあります。

なので仕事に関しては極力朝行う様にしてください。

ゲーム

次にご紹介する深夜にやってはいけないことはゲームです。

人によっては自分の趣味がゲームという方がいると思います。

もちろんテレビゲームの場合もあればパソコンで行うゲームもありますし、場合によってはスマートフォンなどで配信されているゲームアプリを利用している方もたくさん存在していると思います。

しかしながら夜寝る前までゲームを行っていると、先ほどご紹介した様にテレビやパソコンやスマートフォンの光が自分自身の体に悪影響を及ぼす可能性が高まります。

光や音によって自分の脳が覚醒されて、だんだんと眠りを妨げてしまう効果を得てしまう可能性があります。

またゲームに関してはどうしてもきりが良いところまで進めたくなる性質を持っていますので、自分の中では早く寝ないと次の日に影響が出てしまうとわかっているのにやめられない可能性などが多いので、ゲームなどをしたい場合は必ず時間を決めて行なったり、そもそも夜には行わないという自分なりの決まりを作って取り組む必要性があります。

時間を確認する

次にご紹介する深夜にやってはいけない言葉時間を確認するという行為です。

なぜ時間を確認するという行為を行ってはいけないのかと考えた時に、時間を確認するということは大抵の場合は夜眠れられないのであとどれくらい眠れるのかということを確認する場合が多いです。

しかしながら人間は焦れば焦るほど緊張感が高まり眠れなくなってしまう可能性が高まります。

時間を何度も確認して自分の精神を焦らせてしまう様な行為を行ってしまうと余計に眠れなくなってしまいますので、眠れられない時ほど時間を気にせずにリラックスして体を休めるようにしてください。

深夜にやってしまうと・・・

ここまでは様々な深夜にやってはいけないことをご紹介していきました。

ご紹介した項目を自分なりに振り返って頂いた時に、おそらく一つや二つは該当するパターンが存在していた可能性が高いと思います。

もしも今回ご紹介した内容が該当しており、さらに日中に睡眠不足による慢性的な眠気を感じている方は普段の生活習慣を改善する必要性があります。

今回ご紹介した内容もしも深夜にやってしまった時に様々な弊害が出ると言うことも合わせて簡単にご紹介していきましたが、その弊害に関してもここからさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

習慣になる

深夜にやってしまってはいけないことを行ってしまった場合、危険性の1つとしてそれが習慣化してしまうということが挙げられます。

例えばスマートフォンを夜寝る前に扱って寝ている方に関しては、たまたまその日だけを使っていたということではなく、おそらく普段寝る際には毎日触っている可能性が高いと思います。

これはその行為が習慣化してしまっていると考えることができます。

通しても普段私たちが行ってる行動が何度か重ねて行ってしまうとそれが習慣化してしまいやすくなります。

これは良い行動も悪いことも同じであり、何度か繰り返すことでそれをすることに慣れてしまって無意識のうちに行ってしまう場合がありますので、もしも今回ご紹介した内容で習慣化してしまっている悪い行為があれば直ちに改善するようにシャットダウンしてください。

最初はつらいかもしれませんが、数日実践すればすぐになれます。

昼夜逆転してしまう

深夜にやってしまってはいけないことを行ってしまった場合、危険性の1つとして昼夜逆転してしまうということが挙げられます。

人間の体には本来体内時計が存在しており、適切な時間に起きて適切な時間に眠るという機能が備わっていますが、もしも深夜にやってはいけないことを行って眠りにつく時間帯が様々な時間帯になってしまうと、最終的に朝に寝て夜に起きるという生活になってしまう可能性があります。

仕事をしている方であれば仕事が始まる前に多少無理をすることで、その日は寝不足から夜きちんとした時間に寝ると言う行動を取って生活習慣を無理やりに戻すことができるかもしれませんが、仕事をしていないから家ある程度時間に余裕がある方については一度壊れてしまった生活習慣を元に戻すのはかなり労力がかかります。

また人間の体は本来夜に寝て朝起きるという性質になりますので、当然ながら健康的な被害を受ける可能性もあります。

なのでなるべく昼夜逆転してしまわない様に夜に行ってはいけないことはしない様にしてください。

深夜にやってはいけないことはやってはいけない!!(まとめ)

今回は深夜にやってはいけないことをテーマに、様々なタブーとされる行為とその弊害についてご紹介していきました。

今の世の中は便利なものがありふれた存在しているため、その分私たちはその便利なものに頼って生活を行ってしまっているので、悪い意味で考えればそれに依存してしまっていると考えることができます。

しかしながら悪い部分に関してはその影響をなるべく受けない様に扱い方や捉え方などを工夫して上手に扱う必要性が求められます。

睡眠不足は健康にとっても大敵であり、様々な活動を阻害してしまう原因になります。

大切な睡眠時間を削ってまで行わなければいけないことは本来そこまで多くは存在していません。

自分にとって何が一番大切なのかということをよく考えた上で行動を行う様にすれば、自然と睡眠を優先できる考え方が身につくと思います。

日常的に行ってはいけない事を行っている方は意識を改善して、行動なども変化させられるように工夫してみてください。